5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本を亡国に導く「ゆとり教育」を廃止させよう!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 03:49 ID:jDQ8sORa
アメリカでは個性化教育の方向性が生徒の成績をあげなかったということを重視し、
科目教育重視、特に理数教育重視、家庭学習重視、
試験重視の教育改革を行い、かなり学力のかさあげに成功しました。
イギリスも同様ですし、また北欧も理数教育重視政策の結果、
インターネットの普及率が世界のトップレベルになりました。
 現在のゆとり教育は、世界の教育の方向性に完全に逆行しています。
そして、その象徴が2002年からの新指導要領です。
現在、京都大学の西村和雄教授ほかが行なっている
2002年からの新指導要領の中止を求める国民会議では
反対の署名活動を行っています
(インターネットでの署名は、http://www.naee2002.gr.jpで受けつけています)。
 今後も日本の教育の改悪と戦い、
日本の子どもたちの知的レベルを再建するために戦い続けていきたいと思っていますので、
応援をよろしくお願いいたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――― 
できたらいろんなところで宣伝してください。


2 : :02/01/18 03:53 ID:P4Mm7dk6
>できたらいろんなところで宣伝してください。

この一言は余計。
とりあえず署名しとくけど。

3 ::02/01/18 03:54 ID:9xQxGgJE
2( ´∀`)

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 03:59 ID:qS8Krr7B
宣伝は必要でしょう。おいらもあちこちで宣伝するよ。
>>1さん、がんばろう。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 04:08 ID:o/x7hFbT
署名しといたYO!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 04:13 ID:phg/WsXW
これはやばい…

――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.naee2002.gr.jp/present/index4.html
日本と中国の大学生の実力比べ - 中国の圧勝
現在の日本の大学生と中国の大学生とで、計算の実力を比較すると、・・・中国の圧勝です。
以下の表は、日本と中国の大学生に、小学校と中学校の問題を中心とする25点満点テストをおこなって、
満点をとった学生の割合です。
Xは中国の大学、A2、B2は日本の国立大学のトップ校、
a2、b2は私立大学のトップ校です。
ここまで日本の大学生の学力が低下しているのに、日本の教育政策はなにも変えようとは努力しません。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 04:30 ID:G5Fg50qt
>>6
本当にやばいね。
これでまた円周率が「3.14」から「3」になるって言うんだから。
鬱になるね。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 04:36 ID:w5ux/KxQ
>>6
現在日本では少子化問題で大学進学率が約50%となり、大学生の平均が下がるのはむしろ自然であると言えます。
この調査が日本全体の学力低下と直接結び付くという物では無いように思えます。
しかし将来という事であれば教科書改定も含めて危険な状態でしょう。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 06:12 ID:FNd1T8/d
漏れは ゆとり教育というのは ”教員にとってゆとりができる”と言う意味で解釈してる。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 06:16 ID:/PIshRBL
■分数,小数ができない大学生が増えている
中1レベルの問題で3〜4割が不正解

驚くことに中1レベルの小数の問題の正答率は,
・国立最難関大…91.4%
・旧帝国大  …66.6%
・地方国立大 …59.4%
であったということです。
問題は,{1+(0.3−1.52)}÷(−0.1)^2 (注.^2は2乗) です。

 
■「分数ができない大学生」のなかでは,中学生レベルどころか,
次のような小学生レベルの問題でも1〜2割の大学生が正解できなかった
ということが報告されています。
 
3×{5+(4−1)×2}−5×(6−4÷2)
・私大トップ経済学部 …89.8%(正答率)
・  〃  人文系学部…81.1%(正答率)

http://kids.gakken.co.jp/campus/parents/news/n12_p5.html

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 06:39 ID:zeORrWUP
>9が正解
結局、教師が楽したいだけなんだよね。
ゆとり云々は建前。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 06:50 ID:AhuJFSSc
NHK「クローズアップ現代」で報じられた兵庫県の山口小学校での基礎知識重視の取組み。
・算数の時間には、まず15分間、全員で暗算の競争。
・国語では漢字の書き取り、
・社会の授業では歴史年数暗記カルタと白地図の地名埋め。
これらによって徹底して基礎知識を子供達に(有無を言わせず)刷り込む手法を
全校全クラスで展開している。当然、今問題の学校崩壊・学級崩壊など、どこにもない。
毎朝、子供達は元気に挨拶して登校して来る。机に向う姿は皆真剣で、熱中して授業を受けている。
 ゆとり教育が、いかに時代に逆行しているかは、この学校を見てみれば疑問の余地はない。
「学ばない」→「分らない」→「授業に身が入らない」
                       ↓
                「授業のレベルを落とす」
                       ↓
                 「なお学ばなくなる」

この悪循環こそが「ゆとり教育」そのものなのだ。
 
だったら、学校を立て直すには「学ばなくてはならない」という状況を作り出すしかない。
もちろん、小学校の段階ならいざ知らず、高校に入ってしまうとこの荒療治で
2,3割の子供は着いて来れず、脱落するだろう。しかし、それでよいではないか。
逆に言えば、これで7,8割の子供は救われるのだ。全員が沈没するより、
少数を切り捨てても大多数を救うべきである。
 校長先生いわく、「子供達は中学高校に進めば、嫌でも受験に直面する。
だったら、今の内に少しでも高いレベルにしてやらなくてはならない」(主旨)
 全くその通りだと思う。競争なきところに進歩なし。競争なきところに活力なしが、
実証された学校である。全国の教育委員会からひっきりなしに見学者が訪れるのも当然だろう。

13 :WAW:02/01/18 06:50 ID:ao++ZePC
公立を廃止して全部私立にすれば
良いんじゃない?教育方針とかは
国が大まかに決めて細かい所は
各学校に任せるとかさ。
多種多様な学校が出来ると
思うけどね。って無理か…。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 07:04 ID:IPCrukh8
署名してきたよ。本当に何を考えているんだろう。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 07:24 ID:vnmy83wa
学校には、行くべき奴がちゃんと行ってちゃんと学べばいいだけのこと。

16 :僕は小学生。:02/01/18 07:35 ID:ScV6YSYP
これからの日本は絶対的な階級社会になることが
国の方針なんですね。お金持ちの子は私立の学校で
従来どおりの高度な内容が学べるのにも関わらず、
貧しい子は公立の広告の見出しのような教科書で
低レベルな勉強しか出来ない。
学歴社会は消え去ったという嘘をマスコミは付き続け、
それを信じきってしまった(低レベルな教科書を見れば
信じてしまうよね...)可愛そうな子供たちはますます
勉強しなくなり、大人になって気付いた時には覆す事の
出来ない大きな差(壁?)になっている。
そうすれば日本自体の国際的な競争力も落ちているから
生活レベルを留めるために富める者、学識を有する者は
海外へ流出する...勉強しとこ....

17 :9:02/01/18 08:56 ID:FNd1T8/d
私さー 結婚1年目なんだけど、嫁さんと
「自分たちの子供の勉強について」前に話したんだけど。

・お受験なんてさせなくて良い。
・だからといって子供がバカじゃ困る
と言う考え方から出てきた答えが
「自分らが勉強教えてやればいいやん」と言う結果に。


結局、教育を他人任せにいしちゃいけないってことら。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 09:17 ID:IPCrukh8
>>17
何かそれはそれで不安だぞ…

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 09:23 ID:gnBN9Mcw
http://www.sankei.co.jp/paper/today/itimen/18iti001.htm
■文科相 異例の「学びのすすめ」
「習熟度別」に授業/宿題増や朝の読書/土曜の補習もOK
ゆとり教育転換も
 今年四月からの新学習指導要領の実施を前に学力低下への懸念が高まっていることから、遠山敦子文部科学相は十七日、「確かな学力の向上のための2002アピール・学びのすすめ」と題する異例のアピールを発表した。
宿題や課題を推奨するなど、「学ぶ習慣」づくりに向け細かい点にまで踏み込んだ上で、「できる子」をさらに伸ばすための発展的学習や習熟度別授業の導入、「つまずきのある子」への放課後の補習など、学力対策に本腰を入れるよう強く求めている。
アピールをきっかけに、同省は新学習指導要領への批判や学力低下への懸念の声を一掃したい考えだ。(以下続く)

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 09:29 ID:eqnDW3iL
ゆとり教育を廃止しても、二極化の波はさけられないのでは?。
日本の食糧の自給率は30%から、いくら頑張っても、40%
どまりです。それなのに、日本が豊かにみんなが食べてこられたのも、
工業立国としてゆるぎない存在があったからです。でも、今は、
それも、韓国や中国へと移行していき、その地位は失われつつあります。
そして、二極化はそれと平行して起こっている現象のように思います。
この二極化のなかで日本が行くべき道は、二つしか用意されて
いないのでは?って思ったりもするんですね。(もちろん、この意見には
反対で、全く別の考え方を持っているという人もいるでしょうけど)
南北格差のような状況が日本という一国のなかに生まれてしまうのか、
つまり、貧富の差ということなんですけどね。
で、もうひとつは、英・米のような厳然たる階級社会です。
日本が、国家の繁栄と存続をのぞむなら、どうしても、欧米の
ような、階級社会を作るしか道はないのでは?と思います。
英米の階級社会において、上流階級が中流階級の人たちを
見下すことはありませんし、そんなことをしたら、人間性を
疑われるくらいの規律があります。なぜなら、自分が裕福な
恵まれた環境に生まれたのなら、それはたまたまの出来事で、
人より恵まれたぶん、社会のためになるようなことをする義務が
あるという考えた方です。ですから、逆に中流階級のひとは、
上流階級の人たちへ嫉妬することはありませんし、そういった嫉妬
はむしろ、中流階級の人からも軽蔑されます。嫉妬するくらいなら
一生懸命がんばって、社会のためにしなさ〜い!ということでしょうね。
もちろん、上流階級から中流階級になってしまう人もいますし、その
反対もあります。

ちなみに、みなさん、一度イギリスの小学校を覗いてみるのも
いいかもしれませんね。日本の教育とはぜんぜん違いますし、
初等教育においては、イギリスの教育が世界最高だといわれているくらい
ですから。なんたって、教科書なんて存在してないんですもの。
日本だって、教科書なんかなければ、教科書問題で、つつかれること
なんかないのになぁーって、いつも思うんですけど・・・。
日本の教育は、6・3・3・4制と一本線で表すことができますが、
イギリスの教育は、複線式教育ですし、エリートを養成する
パブリックスクールなるものもありますしね。


21 :65537 ◆65537JPY :02/01/18 09:31 ID:OnS/qKii
>>19
遠山敦子文部科学相偉い!
習熟度別授業は大賛成!!

ウチの中学バカ学校でさ、中学になっても分数の計算できないヤツがいて
数学の授業が遅れて大変だったっけ。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 09:41 ID:eqnDW3iL
>>20で言い忘れましたけど、
義務教育の開始は、日本では6歳からですが、イギリスは5歳からです。
そして、11歳で日本で言う中学生になるわけですが、入ってすぐに
外国語と数学は、4段階の能力別にわけて授業がなされていました。
一番下の数学のクラスは、小学校の算数を学習していましたけど、
トップクラスは、え?11歳で微分積分?・・・びっくりしました。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 09:54 ID:QKlR1R5z
ゆとり教育はつくづく良いことなし。
寺脇研がなぁ…。ナムナム

24 :日本人でよかった:02/01/18 10:02 ID:VGrl6eD7
今はほんと呆れる。学生も教師も親も文部省も甘えきってる。
まぁ、こういうのは”子供の人権を守れー” ”体罰はんたーい、話せばわかる”
なんてほざいてた日狂粗や、腐れサヨ人権屋・マスコミの努力のたまものだろうけどさ(w
そもそも、やる気のない奴でも、ケツをぶっ叩いて勉強させるのが
親や学校の義務だよな。日本国民には教育の義務があるんだぞ!
そしてできる奴は、さらに能力を磨いてやるのは当たり前だ。
それなのに、今の公立学校は何故か劣等生であればある程得する仕組みだ。

25 :日本人でよかった:02/01/18 10:05 ID:hLDb0YZW
漏れさ、単なるサボりが"不登校"なんて言葉で正当化されるのがすげえ胸糞悪いんよ。
親もガキも教師も逃げてるだけじゃん。
体罰ひとつで大問題。それじゃ学校が荒れ放題になるの当たり前じゃん。
あの年代のガキなんてさ、ガツンとやられないと取り返しのつかない勘違いするぞ。
(自分もそうだったからさ・・)
漏れらの頃なんてさ、多少の風邪ひいてても布団ひっぺがされて
学校行け!とぶっ叩かれたもんだよ。先生に殴られるなんてのも日常茶飯事だったじゃん。
親にさ、「先生に殴られたよ〜」なんて言おうもんなら
「てめえ恥ずかしいことしやがって!先生にお詫びしろ!」と
問答無用で倍以上殴られたもんだよな(w

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 10:17 ID:hXIHcVdo
階級社会ねぇ。
イギリスなんて7割は日本の珍走みたいなもんだけど。
日本の個性ってみんなほど良く頭が良いことだと思うんだけどなぁ。
個々の能力を伸ばすのはいいと思うけどね。

なんにしろゆとり教育はいいとこ無しだね。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 10:19 ID:IPCrukh8
不登校でもサボリでも好きにすればいい。その結果は当人が担う
だろう。
問題なのはそんなどうでも良い事にばかり熱意を持ち、肝心要の
教育をおろそかにする事ではないか。漏れは全て検定制度にする
事を提案する。

小学検定試験、中学検定試験、高校検定試験、大学検定試験を
設けて、3歳児でも小学検定に合格すれば中学入学資格を得る。
いかに東大を入ったとしても、大学検定試験に合格できなければ
卒業できず、また院にも進めない。
名前ばかりの「高等学校」だの「大学校」が多すぎないか。

28 : :02/01/18 10:23 ID:6cwlUJYk
俺、高卒ドキュソだけど、ゆとり教育なんざぁ亡国への第一歩だと
思うぞ。わざわざレベル低いほうに合わせてどうするって感じ。
徒競走のビリの子をわざわざ1位にさせて
みんなで走りましょうね、といってるようなもん。

29 :日本人でよかった:02/01/18 10:27 ID:mVzEDWbg
>>28
>徒競走のビリの子をわざわざ1位にさせて
> みんなで走りましょうね、といってるようなもん。

まさにその通り。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 10:30 ID:q8c2qq3i
なんのテレビでか忘れたけど文科省分かってやってるんだよ。
ゆとり教育は学力低下のため。
反発が多くなったらゆとり教育やめて
イギリスみたいな階級社会にしたいらしい。
エリートは自分たちだけで(・∀・)イイ!ってことでしょ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 10:52 ID:eqnDW3iL
>>26
今となってはそれも、幻かもよ。なぜかというと、不況不況で、
大学出ても就職がないないと叫んでいるわりには、IT革命に
乗り遅れたら大変なことになるということで、いつだったか
新聞で、5年間だったかな?それをメドに、優秀なIT技術者を、
主にインドと中国から60万人、日本に受け入れる計画だと
あったのね。みなかった?。それって不思議だよね。なんで
就職できないでいる日本人がいっぱいる現状で、日本人で
まかなえないの?。やっぱり学力低下が原因?。もはや、
日本の経済や国家をささえるためには、外国人の力をかりなく
てはだめってこと?。いままでは、日本の一般のほどよい優秀性で
十分、社会の先端をはしることができたけれど、ますます高度に
発達する文明のなかでは、そのレベルの優秀性よりも、もっと
レベルの高い知力が要求されるってことなのかなぁー。


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 10:59 ID:WudicYSx
甘えん坊は強くは育たない。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 11:01 ID:eqnDW3iL
>>31間違えました。「社会の先端」ではなくて、世界の先端
でしたm(__)m。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 11:32 ID:a9hDu6lf
つーか欧米と同じことして勝てるわけないじゃん。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 11:36 ID:rtYez6fx
>>10のような問題だと、計算方法がそもそもわかってないのか、計算ミスした
だけなのか分からんぞ。
前者なら問題だが、後者なら別段大した問題じゃないね。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 11:52 ID:0588ZzLI
>>12
兵庫の学校いいねー。


37 : :02/01/18 12:16 ID:DL5e9Rr2
今の学校には勉強は教えても何故勉強をしなくてはならないのかを
子供らに教えることが出来る教師は少ないと感じている。

無論、親が勉強の必要性を説いても良いのだが、やはり日常の勉学の師である
教師から発せられた言葉の方がより強く勉強と関連付けることが出来てなおベター。

「社会出て働くためには勉強が必要。」こんなの小学1年生でも分かる。
しかし勉強と己と社会構造がどのように結びついているか、ハッキリと言える奴は少ない。

そしてゆとり教育だが、あんな物間違ってる。断言出来る。
何故なら学校に行く時間を減らし、家庭に留まる時間を増やした結果
親にその時間分しわ寄せが来た。しかし、今の多くの親が家庭の時間を使って子供を正しく教育出来るのか?
疑問だ。








38 :サルトル2世:02/01/18 12:42 ID:3l52r2Oe
私は先程署名しました。その山口小学校のように、小学校では「読み書きに計算」
を重要視したほうがいいです。それと、体罰しても、訴えられないように法律を
変えるべきですし、教師の勤務評定をすべきです。それに逆らう、日教組は消し
ても構いません。それと、大学入試などの英語はTOEFLにすべきかもしれません。
英語は初めは文法と会話と聞くことなどを重視して、それから会話を中心にした
方がいいと思います。そして、クラスは能力別に分けた方がいいと思います。だ
って、オリンピックに出れる水泳の選手が、カナヅチの人と一緒にやっても、上
達できるわけではないですからねえ。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 12:50 ID:0588ZzLI
日本全体が広島みたいになるんだろうか・・・。
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガク

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 12:52 ID:IPCrukh8
つーか、よく考えたら学問が必要な職業に就く人間は少ないから、
イパン大衆はどうでもいいのかもな。欧米流に。

41 :化学兄弟:02/01/18 13:04 ID:DL5e9Rr2
miss education....

最近の若い奴らは斜に構えて真面目に勉強するのがダセーだってさ。
芸能人までが「学校で覚えたことは意味がない!」なんて歌詞に乗せて歌いますな。

まあ亡国の暁にはアメリカや中国に出稼ぎに行く覚悟があるんだろうな?

不法入国で香港に入って女は中国人やアメ人相手に売春して男は単純労働で日本に仕送り。
これが馬鹿左翼や馬鹿教師共のヴィジョンかよ?


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 13:13 ID:RrjM4dnM
先ほど、イギリスでは、教科書がないといいましたけど、
じゃあ、いったいどんな教育をしてるんだ?って疑問に
思いませんか?。イギリスの学校でやっていることを知ったなら、
きっと、驚きとともに、たくさんの発見があることでしょう。
そうです。日本の授業とはまったくちがいますから。

日本の教育改革について考えるとき、外国ではどんな教育が
なされているかを知った上で、考えるのが正解かと思うんですね。
(すみません、今日は暇で、この板にはりついております。汗)


43 :日本人でよかった:02/01/18 13:22 ID:VGrl6eD7
サヨは日本を徹底的に弱体化させたいんだよ。
満足な教育を受けさせずに、子供達の未来を奪う。
教育レベル低下→社会秩序の低下→優秀な人材の海外流出
→国内犯罪増加→密入国者やり放題→日本乗っ取り
なんてことがさらに加速するんだろう。
このまま逝ったら、10年後あたりにには
夜間は迂闊に外出できない程、治安が乱れてるかもな。
それ以前に、まだ日本国は存在してるかな??
国力とは結局、国民の資質がものを言うからさ。

44 : :02/01/18 13:30 ID:HQbGF5hi
 俺もこの最近の日本の「ゆとり教育」やら「個性重視」ってのは、
朝鮮半島から指令をうけた日教組の陰謀でないかと思う。
左翼教師の言う「平等」なんてのは社会に出たら一発で
潰される。国際社会ではただの幻想だ。

 勤勉で真面目な日本人を、幼少からの教育で堕落させてやろう
という魂胆ではないか。現にそれは効果を現してきているし。

 結局のところ、国際社会も競争社会であるし、競争競争で
底を上げていかないとこの国は終わっちゃうような気がするよ。

45 :化学兄弟:02/01/18 13:33 ID:El3JIFNI
>>43
そうだよな。資源のない日本は国民こそが財産だよ。
だから日本は他国よりももっと教育を強化してもおかしくないだろう、むしろ当たり前だよ。

それをむざむざゆとり教育とやらで国民の質を落として日本の財産は一体何が残る。

更に残念なのはメディアがこれを伝えようとしないことだよ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 13:39 ID:M83mSHwA
>>41
>最近の若い奴らは斜に構えて真面目に勉強するのがダセーだってさ。

そう、この意識がまずヤバいよな。
勉強できないヤツや努力しないヤツがダセーって価値観にしていかないと。

まあ、クラスを能力別にして飛び級有りにするのが一番簡単で近道だと思うんだが。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 13:43 ID:RWZjaSxi
勉強出来無くなってる人間が多いから、
(まあ社会では常かも知れないけど 一握りの上層が〜とかね)
そういう人間が、自分たちを相対的に正当化するために(劣等感か知らないけど)
勉強できる奴を逆に見下してるような気がする。
で、そういう価値観わざと振りまいてるのでは。

>>46さんの言うように、こういう価値観(意識)が出てくること自体
が問題だと思う。

48 :47:02/01/18 13:44 ID:RWZjaSxi
出来なくなってる→出来ない、ね
(最近の教育事情の変化か知らないが)

49 :化学兄弟:02/01/18 13:46 ID:El3JIFNI
個性個性言うけど個性の意味をはき違えてる奴らが多いな。

義務教育や高等、大学の教育から道を踏み外してアウトロー気取るのは個性じゃない。

個性ってのは自らのアイデンティティーの依り所だと思うんだよ。




50 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 13:49 ID:RrjM4dnM
>>43
1995年の時点で、中国の国家主席江沢民が、オーストラリアの要人と
会見した時に、こういってたのね。
「あの国は(日本)だめだ。放っておいても自ら衰退していくだろう。
後、15年かな?」
本当は、滅びるという言葉だったかもしれませんけれど、あの当時
の私にはその意味を理解することができませんでした。ですけど、
普通の人が言った言葉ではありません。中国という一国の最高指導の
言葉ですから、その意味は重いのだろうなとは思いました。
でも、今では、何となく理解できます。あまりにも早いスピードで
高齢化と少子化が進む。日本の社会をささえるために、優秀な人材を
外国からさがしてくる。日本経済を支えてきた工業が、韓国中国へ
移りつつある。ある人がテレビでいっていました。小泉内閣が
構造改革に失敗して、未来のビジョンが見出せなかった時には、
日本の繁栄は終わりかもと。。。
あの中国でさえ、すでに95年に、日本の近未来をシュミレート
していたということになると、公表は決してされないけれど、
アメリカは?と思ってしまう。日本がそうならないように、密かに
小泉内閣に期待している私です。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 13:50 ID:M83mSHwA
>>47
そうだよね。
世の中まともに勉強できないヤツの方が多いんだよな。
それで、多数の方に比重が置かれるからおかしな事になる。
単純に考えれば何事に置いてもできるヤツの方が偉いのにな。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 13:56 ID:M83mSHwA
>>50
それ言ったの江沢民ではなくて李鵬じゃなかったかな。
あと、日本の状態がヤバイってのはその通りなんだけど、
ちょっと中国を持ち上げすぎのようなのが気にかかります。
中国は日本よりイッパイイッパイとも言える。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 14:00 ID:RrjM4dnM
>>52
間違いを直してくれてありがとう。あなたの言うとおりです。
中国は日本よりやばいと思います。

54 :化学兄弟:02/01/18 14:06 ID:cLn18Pgn
まあ、しかし問題は中国ではないよね。

日本も過剰な自虐教育で自国の為に考えを持つこと解出来る若い人間が
中韓と比べてどれほど少ないことか。

55 :日本人でよかった:02/01/18 14:33 ID:hLDb0YZW
「個性」や「人権」とやらが、怠け者に都合よくはき違えられている現状。
真面目に努力した成績優秀な者が、多くの怠け者から妬まれ、足を引っ張られる。
広島に代表されるような日狂組教育の弊害ですね。

”自分らより上”を足引っ張って叩いてばかりで、そいつが上に立つために
いかに努力したか?っていうのを全く伝えないんだよね。
だから、真面目に勉強して努力してエリートになることが悪い事じゃないか、
なんて錯覚しちまう奴が多いんじゃないかな。でも実際そういう風潮強くないか?
こんな状況じゃ、希望も向学心も萎えるだけじゃんか。
池田小事件なんてその象徴のような気がするよ。 

いちリーマンとしては、志のある若者が、堕落した大勢に足を引っ張られずに
強い信念を持ち、伸びていってくれることを祈るしかない。
まぁ、ここ見てると結構危機感もってる奴が多いし、期待はしてるんだけどね

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 14:38 ID:RrjM4dnM
私は、ひょんなことから、帰国子女をお持ちのお母さん達との
知り合いがおおいんですね。かるく10人はこえるんでけれど、
たとえば、アメリカに5年とかいて、日本に帰ってきますよね。
その時、お子さんはどうしたかという話の中で、まだ、小学生
の場合は、日本につれて帰ってきて、私立の中高一貫教育の学校へ
いれるんですね。でも、中学生や高校生のお子さんはそのまま
アメリカへ残してきて、そのままアメリカの大学へいれてしまう
のだといっておりました。
ところで、こんな例もありました。スイスに子供の頃から住んで
いる日本人のお子さんがいらして、ご両親は、日本人なんだからと
日本の大学に、子供さんを入学させたんですね。でも、一年で
やめて、やっぱり欧米の大学のほうがいいと、欧米の大学に
入りなおしたんです。その子は、ドイツ語・英語・日本語が
堪能ですけれども、一体、日本の大学のどこが不満だったの
でしょうね。ちょっと気になります。

57 :化学兄弟:02/01/18 14:52 ID:Iq9wuMNM
「見下してんじゃねえよ。」DQNほどこの言葉を使いたがる。
ドラマでもこの言葉を主人公なんかがよく使ってる。
これは変に人間上も下も無いって意識が根付いちゃってるからだと思うんだよな。

良い大学出て良い暮らししてる奴には努力に裏打ち裏打ちされた実力の結果だろう。
競争社会に足を踏み入れていく根性は並じゃない。

昭和の職人や企業人等はまさに今風に言えばダサイのだが、カッコイイんだよな。


58 :化学兄弟:02/01/18 14:57 ID:Iq9wuMNM
それは日本の教育が原因の根本とは考えにくいよ。

彼は日本人の考えとは違い欧米式の考え方を持ってるんだろうね。

例えば在日韓国人が韓国の大学を目指すケースは日本の大学に行くケースと比べてどれくらい有るだろう?

彼らは意識的には日本人に非常に近いんだよね。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 15:00 ID:RrjM4dnM
>>58
たぶん、そうかもしれない。日本人でもアメリカナイズ
されちゃったりしているんでしょうね。

60 :名無しさんは@ネチズン:02/01/18 15:09 ID:LF65zqiT
 >>50
 本当に今の中国は過大に持ち上げ過ぎてると思う。なんか最近の中国
経済に対する評価は、通貨危機以前の東南アジアに似ているような気が
してならない。中国経済もアキレス腱だらけなのにね。中国崩壊論は
最初から論外としても中国脅威論もかなり「まえ唾」ものだと思うが。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 15:22 ID:ivRFCodw
思うんですけど、私の周りでゆとり教育に賛成のやつなんか誰一人いないのに、
それどころか全員大反対なのにどうしてこういう法律が決まろうとしてるんでしょう?
やっぱりバカサヨのせい?

62 :名無しさんは@ネチズン:02/01/18 15:30 ID:LF65zqiT
 そう日教組のせい・・・・。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 15:34 ID:RrjM4dnM
>>60
う〜ん、難しいですよね。見えないところでは何が起こってるか
なんていうのは、私にはちょっとね。そういう点では、60さんって
詳しそうですね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 15:51 ID:xPAS0gmM
eqnDW3iL=RrjM4dnMですか?
お詳しいですね。いろいろ勉強になります。

それにしても山口小学校は偉いな〜。
公立がみんなこうだったらいいのに。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 15:52 ID:xPAS0gmM
下げちまった。スマソ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 16:02 ID:M83mSHwA
実はオレ、国立の小学校行ってて、試験的に「ゆとり教育」をやられた学年だった。
消防時代は土曜日とか授業無かったし。(学校は行くけど)
ただ、今回文部省がやろうとしているのと必ずしも同じ「ゆとり教育」だとはいえないけどな。
そんでまぁ、ウチの学年に関して言えば高校も大学も進学結果は良かったらしい。
だからといって、これから文部省がやろうとしている愚行は支持できんが。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 16:12 ID:RrjM4dnM
今日は暇だったので、この板にはりついていて、よかったです。
いろんな人の意見をきいて、勉強になりました。
最後に、この板をはなれるにあたって、もうひとつイギリスのことを
話させてくださいね。

イギリスの大学では、学生は全員どこかのカレッジに属して、その
寮にはいります。そして、寮費も、食費も、授業料も、確か、
全部、国からでているってききました。ですから、家庭の経済事情
に関係なく、大学で学びたいという意志とそれだけの学力があれば、
誰でも勉強ができるシステムになっています。つまり、経済的に
親から自立してお勉強できるわけです。もちろん、大学に入るには
国が出す試験に合格しなくてはいけないのは言うまでもありません。
そして、オックスブリッジなどでは、
半分はパブリックスクールの出身者ですけれども、あとの半分は
普通の公立の学校から、やってきます。公立学校のクラスに一人か
二人でしょうか。大学まで進学する子供の人数は。なぜ、政府が学生の
経済的な面をバックアップできるかというと、大学の数が日本に比べて
少ないということもあるかもしれません。
日本では4年生の大学でも500を越えるんでしたっけ?。
でも、イギリスでは100もなかったように記憶しております。
そして、大学と平行して、イギリスでは、職業学校とか
専門学校が充実していました。


68 :サルトル2世:02/01/18 16:17 ID:7x8wkI+R
私は、私大の多くを潰すべきです。なぜなら、資格などを目指すなら、専門
学校の方がいいからです。そして、国立大学の民営化もすべきだと思います。
これは、憲法問題に関わるからです。また、理系でも哲学は必要だという話
を聞きました。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 16:18 ID:Hcjqeqjx
>>61
どうでもいいけど日教組が強い地域は荒れてますね。

権力に刃向かうこと一生懸命教えたら
真っ先に自分たち(教師)が矛先にされてるだけダターリして。

70 :化学兄弟:02/01/18 16:21 ID:uwwZ9Ukr
>>67
生徒の学びたいという意欲が満たされる環境というのは本当に重要なんだよね。
ただイギリスの大学連中は極端にエリートに固まりすぎてるって感じもするけどね。
それでも向上心を持たせるのには成功していると思う。

日教組は子供に勉強に対する意欲を持って欲しくないようで・・・


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 16:37 ID:8cRRPQas
最近、教育関係者や経済学者などの間で、さかんに教育2002年問題ということが
論じられている。いろいろな要因があるにせよ、大学生(そして、小中学生、高校生)
の学力が大幅に低下しているまっさなかに、2002年度から始まる新学習指導要領
の導入によって、教育内容が約3割削減され、授業時間が2割も削減される。その
中で、教科の枠にはとらわれない反面、まだカリキュラムもノウハウもはっきりして
いない総合学習という新しいシステムが導入されようとしている。こんなことで、日本
の子供たちの学力は大丈夫なのかというのが、教育2002年問題である。

実際、日本では、中学生が2次方程式しか学ばない中で、シンガポールでは微分や積分、
指数や対数関数を中学生に教えているし、イギリスでも対数や三角関数も中学生
に教えている。こんなことで外国に勝てるのかというのは、率直な心配である。


72 :日本人でよかった:02/01/18 16:52 ID:VGrl6eD7
あのさ、マジで「ゆとり教育」って極めて悪質だよ。
立派な陰謀だよ、ここまでくると。そもそも誰が言い出したわけ?
シナチョンからみの奴??

ちょっと拾ってきた。

広島は日本一のドキュソ都道府県
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/youth/1002081260/l50

@@ゆとり教育の末路@@
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1003367520/l50

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 16:54 ID:FIy1/cuw
一番言われるのは寺脇タンでない?HPあるけど
映画なんて見てる場合じゃないぞ寺脇めッ!

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 17:03 ID:PBe3lWmM
ttp://www.mainichi.co.jp/edu/mori/gakkou/2001/0820.html
小野さんは真っ赤っ赤。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 17:06 ID:3YqkDNDs
こんな日本に誰がしたんだ?

・・・


団塊の豚どもか・・・

76 :日本人でよかった:02/01/18 17:13 ID:hLDb0YZW
>>74
http://www.mainichi.co.jp/edu/mori/gakkou/2001/0820.html
こいつ何なの?万死に値するよ?
教育の責任者ともあろう者が・・・

>無理をしない。それでもなんとかなるさ、と思うのです。
だと。”なんとかなるさ”(゚ Д゚ )?それでこのザマですかい。

きわめつけはコレ。

>大学では過激な学生運動をしていて、「権力を倒すには暴力が必要である」と本気で考え、
>デモもした。しかし、本当に世の中を変えるには「内部に入ってやらねば」と公務員になりました。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 17:20 ID:vQDhW4e7
【駅弁大学は理系も馬鹿】中1の計算問題が解けない4割

>今度は理工系の大学生に対して調査を行いました。
>その結果,驚くことに中1レベルの小数の問題の正答率は,
>国立最難関大…91.4%
>旧帝国大  …66.6%
>地方国立大 …59.4%
http://kids.gakken.co.jp/campus/parents/news/n12_p5.html
(「分数ができない大学生」(東洋経済新報社)の西村教授/戸瀬教授調べ)

  ハハハ
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ^∀^)<  あほか
 ( つ ⊂ ) \_________
  .)  ) )
 (__)_)     (^∀^)ゲラゲラ


78 :サルトル2世:02/01/18 17:21 ID:7x8wkI+R
そういえば、よしりんは「日常に帰れ、プロの職場で勝負しろ」と言って
いましたが。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 17:22 ID:DmK/TK4e
>>76
小野さんは京大でもかなりヤバいとこに属していたらしいです。

普通の企業に就職出来ないサヨ学生が公務員になるんでしょうね。
亡国まっしぐらですわ。

80 :日本人でよかった:02/01/18 17:23 ID:mVzEDWbg
11 :実習生さん :01/11/06 12:12 ID:y7Qwi9vn
文部科学省の思い通りだね。これで、日本は中国と同じ国力に
おち、社会主義を導入できるね。留学生受け入れ10万人計画とか、
日本人の入学枠を故意に減らし、順調に国民総愚民化が進行してるね。

12 :実習生さん :01/11/06 12:38 ID:0R7c5u3G
おいおい10万人計画ってホントかよ。
ホントなら文部科学省は全く日本経済についても恐ろしく知らないということになる。

13 :実習生さん :01/11/06 12:47 ID:IsflIOy0
>>12
留学生受入数第一位が中国人。文部省は中国の国益のことしか
頭にない(w

14 :実習生さん :01/11/06 12:56 ID:0R7c5u3G
>>13
建前上留学生はバイトなどしてはいけないことになっているが、そんなルールなど
へいちゃらで無視する奴も多い。不法残留で労働し、金を本国に送る人口が多くな
るとどうなるか、生産に多少かかわっても消費の部分が他国へ逃げれば当然その国
の経済は打撃をこうむることになる。
文科省の改革派ってのはやっぱりバカなんだな。

15 :実習生さん :01/11/06 14:24 ID:WHyZTQbM
文部省は中国の犬!!!

81 :化学兄弟:02/01/18 17:39 ID:5EvLbeuM
日本人愚民化計画とでも言おうか、学力低下の影響はジワジワと現れて来るだろうね。

今のガングロ見たときは本気で亡国がそこまできたって考えたモンな。
・・・今もたいして変わらないけどさ。

82 :化学兄弟:02/01/18 17:40 ID:5EvLbeuM
ガングロはチョイ前だよね。

いかんなあ・・・20代前半で俺もオッサンだよ。

83 :日本人でよかった:02/01/18 18:14 ID:mVzEDWbg
小野って奴、どうやったら更迭できると思う?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 18:43 ID:6tPOsv+Q
みんな誤解してるけど、ゆとりの時間は子どもが塾に行く時間を確保して
少しでもキティサヨ教師=日教組の影響から逃がし、なおかつ子どもの学力を
塾の教育で向上させようという日教組潰しの一環なのさ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 18:47 ID:XrUoLIXG
小野元之、内部からテロを実施しているのか。
まさに万死に値するな。
投書っつーのもうざいしな。
真の国益主義者っていないのか?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 18:51 ID:L1YRDjOY
>>80
留学生10万人構想は中曽根が首相時にぶち上げたんだ。
>>85
小野の正体は「諸君!」2月号の「宮地正人とその一派」に書いてある。

87 :日本人でよかった:02/01/18 18:55 ID:hLDb0YZW
教育は日本の非常に優れた点だったはず。
安い授業料の公教育で、貧乏な家庭でも
ある程度水準の高い教育を受けることができる、
というものだったのに・・・。
塾も必要だけどさ、あくまでも学校の補助的なものじゃないと意味ない。
政策的に塾が命綱になるようじゃ終わってるよ。
ここまであからさまな、国民をバカにした愚民化政策、亡国政策、
なんとかしなきゃヤバイぞ!!マジで!!!


88 :  :02/01/18 18:55 ID:ZJ6J6Yxs
ワッショイ

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 19:12 ID:ZwmrqeJF
つうか、もう競争とかダサイよ・・・。
日本もヨーロッパみたいにゆとりある文化的な
生活を楽しもうよ。
競争はアメリカ、韓国、中国、東南アジアに任せて、
日本及びヨーロッパ先進諸国はマターリ暮らしましょ!

90 :日本人でよかった:02/01/18 19:15 ID:mVzEDWbg
許せん

http://kaba.2ch.net/news2/kako/993/993136152.html
ゆとり教育について語ろう。
1 名前: おちゃら 投稿日: 2001/06/22(金) 00:09

石原慎太郎の友人(アサヒビールの会長だったかなあ)の本を読んだら広島、神奈川でゆとり教育思考の官僚がゆとり教育をしたらどうなるかというものを実験していたらしいです。
で、その著者が言うには、その結果ハイレベルの大学に入る率がだいぶ減ったそうです。
それで落ちこぼれといわれる人たちがとても多い県になったと。
神奈川、広島の文部省関係の人は子供を絶対に公立には行かせずに私立に通わしてるそうだ。
神奈川、広島で実験やっといて公立に自分の子を行かせない、これでゆとり教育の答えが出ていると思うがどうだろうか。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 19:15 ID:GYQQnv0M
>>89
在日発見!

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 19:16 ID:P5YKfjTO
資源は無い、土地も狭い、人多い。
頭を使う以外生きていくすべはないよ、日本人。


93 :日本人でよかった:02/01/18 19:22 ID:VGrl6eD7
ここのページは全部見たほうがいいかも。

http://homepage1.nifty.com/1010/newpagekakiko.htm

94 :( `ハ´):02/01/18 19:23 ID:DNTVC999
>>89
君のような人もいていいが、高等教育を受ける権利を奪うな!!
これからは、がんばる人は、高等教育が受けられ、君のような人は
高等教育に取り残される。競争を避けるのは君の権利だが、
競争を好む者の権利までは、奪うな

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 19:24 ID:GYQQnv0M
>>94
全面的に同意。

96 :日本人でよかった:02/01/18 19:27 ID:hLDb0YZW
>>93より抜粋。イライラしてる奴は見ないほうがいいぞ(w

●森首相の「教育改革国民会議」や石原都知事の「心の東京革命」に対抗して、
日教組は「子どもが生き生きする学校再生プラン」というのを発表しました。小さな冊子にして全国の組
合員に配布したのですが、メディアではいっさい取り上げられていないようなので、ここで紹介します。
(前書き)
森首相の「教育改革国民会議」では子どもたちの問題行動だけを取り上げ、「上から」抑えこもうという
復古的な改革論が主流になっています。私たちは子どもの声に耳を傾け、保護者・
地域・学校が力をあわせて教育改革を進めたいと思います。
(アピール文)
 子どもは自分から学び、自分のことは自分で決める権利を持っています。
 子どもはみんなそれぞれ固有自分らしさを持ち、自分たちで学校生活を作りたいと願っています。
私たちはこのことを誠実に受けとめ、子どもが生き生きと学び、遊び、成長していく場として学校を受けとめ、
子どもの声に耳を傾け、子どもと手を携えて歩んで行きたい。

     わくわく心をはずませて登校し、
     いきいき目を輝かせて学び
     にこにこ笑顔で明日への希望を胸に下校する

 子ども一人ひとりがそんな充実した一日が過ごせるように、心を開き、立場を超えて力を合わせていきたい。
大人としての責任と義務を果たしたい。そのために、広く各界の知恵と力を
合わせたい。
(引用終わり)
 やはり……というか、いつまでたっても「権利」ばかりで「義務」や「モラル」を教える気持ちはまったくないようです。

97 :ななすぃー:02/01/18 20:01 ID:e8xn+E+q
俺もゆとり教育には断固反対。
っていうか、これ以上馬鹿を増やしてどうするって言うのよ。日本。

学級崩壊 = 詰め込みすぎの教育

って公式はぜんぜん成立せんと思うのよ。
学級崩壊の直接的な原因は、家庭内できちんと躾されてないからだと思うんだよね。
家庭内できちんと躾がされていれば、学級崩壊なんかも起こらないわけだし。
ゆとり教育なんかを実施したら、坂道を転げ落ちるがごとく日本の教育水準は
凋落の一途をたどると思うし。

ってことで、ゆとり教育を推し進める馬鹿は逝ってよしだ!ゴルァ!

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 20:08 ID:6VbMpLHU
学校で厳しくして欲しい親のが多いと思う。
でもそういう人たちは騒がないからなぁ。
バカほど声が大きい…ヽ(`Д´)ノウワァァァァン

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 20:14 ID:NriFx/KS
寺脇は確信犯


100 : :02/01/18 20:29 ID:JVFNdP3m
寺脇は大槻教授と顔がクリソツ

101 :日本人でよかった:02/01/18 20:30 ID:mVzEDWbg
子供はブン殴って育てるもんだ。
”話し合い”で 理解できねえん場合は殴るしかねえだろ!
漏れでさえそうやって育ったぞ!
悪ガキだったから、親父には毎日ブン殴られてたよ。
でもさ、ちゃんと筋がとおってたし、親父のことは信頼してたよ。
そりゃ過度の暴力はいかんけどさ。やる時やんなきゃどうすんのよ。
今のバカ親は、サヨの言い分を間に受けて
「ブン殴り=即虐待」だと思い込みろくに叱ることすらできねえでやんの。
それか、超極端に殴りっぱなし虐待親かどっちかだよな。

先生だって同じだよ。。
サヨの理屈(暴力ヌキ!話あえば平和になる!)が通るなら、
そもそも学級崩壊なんて起こるわけないよな。
それが、どうよ?? 今の凶逝く現場。

102 :名無しさん@基地外:02/01/18 20:31 ID:hixoI1U0
94>俺は落ちこぼれだが、正直ゆとり教育なんていらんよ(´Д`;)
俺みたいな糞学校にいるはずも無いような(頭は良いがダルイ等)人間どもがいる時点で。
泣けてくるYO!

103 : :02/01/18 20:35 ID:jEm/mKFJ
去年、ノーベル賞を受賞した野依さんは「灘⇒京大」という学歴なんだから
「詰め込み教育」の申し子みたいなものだろ?それと、野依さんの学生時代の
カリキュラムは今のそれとは比較にならない位の分量だったはず。
今の文部省の見解では、こういう教育を受けた人からは独創的な発想は生まれない
はずなんだよな。でも、現実に野依さんはノーベル賞を受賞してるし、他の
ノーベル賞受賞者もいわゆる「学歴エリート」。
要するに、「詰め込み教育=悪」とうい図式は日教組が作り出した幻想であり
まったく根拠がない事。常識的に考えれば分かる事だけど、詰め込み教育を
して一定量の知識を蓄えなければ、物事を考える事すら出来ない。ましてや、
学問の世界で基礎的な知識が無ければ、ノーベル賞どころじゃないだろ。現に、
学生のレベルが落ちて大学の授業が成り立たなくなっているというし。
まったく、文部省はこの国を亡国させたいのか?


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 20:37 ID:6VbMpLHU
>>100
ほんとだ(藁)
ttp://www.cmp-lab.or.jp/MFF/98ffm/gif/IMAGE048.JPEG

映画評論家なんていう肩書きもお持ちなんですねぇ。
寺脇くんの創価説はまじですか?

105 :   :02/01/18 20:38 ID:x8g+ADuz
個性、個性っていうけど本当に個性的な人間はどんな教育をしても
出てくるし、9割以上いる普通の人間のためにもちゃんと教育して
ほしい。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 20:41 ID:6VbMpLHU
>>105
禿げ同意。

107 :日本人でよかった:02/01/18 20:46 ID:Z9FhsWug
>>103
激しく同意。
詰め込み教育は逆に、学生の可能性を広げる。
無理やりにでも膨大な知識に触れることができるのは贅沢なことだぞ!
だからこそ、自分でも予想外の新しい発見があるんじゃないか!
”学ぶ楽しみ”とは、そういうものではないのかね!?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 21:19 ID:rtYez6fx
>>103
京大の入試問題は詰め込みじゃなくても解けるよ。
つーか、丸暗記野郎じゃ解けない。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 21:31 ID:Q/Ul49E6
>>108
物理とか、考えさせられる問題が出るからね。
>>103
灘→京大コースの連中は詰め込まれてるんじゃなくて、
思考能力を高度に鍛えている連中だと思うよ。

110 :109:02/01/18 21:39 ID:Q/Ul49E6
追加:
完璧な基礎学力があって、初めて高度な思考能力や理論構築力が
身に付くと思う。ノーベル賞、フィールズ賞をとった日本人の
殆どが進学校出身なのは、その傍証。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 21:59 ID:IcEvTDJW
>>108
うん、私もそう思う。それに、もう随分昔になるんですけど、ゆとり教育が
まだ実施されてない、詰め込みの教育をやっている頃のことだったと
思うんですが、ある東大の先生が
こんなことをいっていました。「自分が教えている東大生をみてみると、4つの
タイプがいる。まず第一は、自分が何も全く教えなくても、素晴らしい論文を
もってくるもの。二番目は、ちょっとヒントを与えるだけで、素晴らしい
論文を仕上げてくるもの。三番目は、手取り足取り教えて、やっと素晴らしい
論文が仕上がるもの。そして、四番目は、手取り足取り教えても、だめなもの。」
そしてね、この三番目と4番目が多いいことを、詰め込み式の教育に原因が
あるのではという指摘だったような、、、。詰め込み式の教育は、思考力を
育てるという意味では、問題がありそうですよね。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 22:00 ID:qI+4J5Kf
要するに寺脇某の提唱するゆとり教育ってのは、
落ちこぼれを作らないために、レベルを底辺に合わせる
ってことだろ。
限りなく馬鹿馬鹿しい発想だ。
氏ね寺脇。


113 : :02/01/18 22:22 ID:jEm/mKFJ
>>108
京大の入試の特殊性は聞いた事ある。数学の採点では余白に残されてる
答えを導き出す為に使ったと思われる図とか計算なども考慮に入れてる
らしいね。英語なんかでも未だに英文和訳に固執してるし、国語なんかでも
明治期の文語文なんかを出してるしね。
でも、日本のトップレベルの大学の入試で「詰め込み」だけで解ける
ものはないでしょう。評判の悪い早稲田の入試だって詰め込みだけでは
解けないよ。もっと言えば、(言葉は悪いが)低レベルな大学の入試でさえ
詰め込んだ知識を各問題応じてアウトプットする時には、それなりの
思考力が要請されるわけだし。
俺が言いたいのは上記のような枝葉の議論ではなくて、「どんな分野でも
トップレベルを目指そうとすれば、その分野における基礎的な知識の詰め
込みは絶対に必要だ」という事。
そこを疎かにしては、どんな分野でも優秀な人間は出てこないという事。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 23:02 ID:ceXoUC9R
小野さんテレビ露出して自爆しないかなぁ。
こんなこと(>74)新聞で言っちゃうんだから賢くはなさそう(藁

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 23:47 ID:JBZwb9b/
「ゆとり教育」関連スレ もっとあったら教えてね。

ニュース議論板
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1010921585/
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1011286126/
ニュース極東板
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1011293348/
教育・先生板
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1003367520/
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/997320612/
数学板
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/math/969526539/
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/math/1010382031/
国際情勢板
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1011293440/

116 :   :02/01/18 23:51 ID:x8g+ADuz
>>110
 野球とかでも一流選手ほど素振りとかの基本練習をみっちりやるもんだしね。

117 :名無しさん23:02/01/18 23:55 ID:ih1S3Elb
20代後半以上は、体罰はあったし、受験競争も激しかったし、詰め込み教育だった。
でもそいつらは個性がないのか?想像力がないのか?心の貧しい人間なのか?
その答えを考えたら、寺脇とサヨの言う「ゆとり教育」と「ゆとり教育の目的」に
因果も相関もないことは明らかだ。あと、自分が塾講師した経験で言うと、教える
レベルと(いわゆる)落ちこぼれの割合は、ほとんど無関係だったりする。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/19 00:01 ID:RUbibHW5
>>117
確かに学ぶことは多かった。
それを基本的なところを理解して、それを発展させるという風に学習した人間は
創造性を発揮するような人間になると思うが、単に全部丸暗記し様とした人間は
つぶれるんだと思うね。
数学の公式や物理の定理なんて奴は全部暗記しなくてもある程度基礎を理解して
おけば自分で導き出せるもん。
ゆとり教育とかほざいてる奴は多分丸暗記派だったんだろうね。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/19 00:02 ID:Ch1XqmyG
>>117
>教えるレベルと(いわゆる)落ちこぼれの割合は、ほとんど無関係だったりする。
それが正しいことは、教育学の実験で示されいているんだって。
議論板のスレにありました。
「○○の法則」みたいな感じで、人の名前で呼ばれている。
どうしても、約10%は落ちこぼれる。

120 :名無しさん23:02/01/19 00:14 ID:T0lOARpB
丸暗記させてるのは教員の教え方でもカリキュラムのせいでもなく、
生徒が目先の楽(試験を乗りきる等)のために丸暗記してるケースが多々ある。
そのあげく「××は暗記教科だ」とかホザくからたまったもんじゃない(鬱

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/19 00:18 ID:RUbibHW5
>>119
やっぱりそうなのか。
俺は全体のレベルを下げるよりも、留年させて再度履修させる方が理に適ってると
思ってるんだけどね。人の成長速度なんて個々人で違うわけだし。
留年することと、何も分かってないのに無理やり進級させられるのとでは後者の方が
本人にとって不幸だと思う。

122 :化学兄弟:02/01/19 00:45 ID:tf+44n3u
俺が小学生の時は国体出場経験ありのゴツイ教師毎日にぶん殴られてたよ。
日教組が言うような権利だ何だなんて子供に充分な理解なんて出来るわけがない。

学級崩壊の原因も「怒るとコワイ先生」が居なくなったからだと思う。
人間生まれたままから倫理、道徳観持ってりゃ義務教育なんて半分で良い。

だけど現実はそうじゃない。

ところで同年代の若いDQNと話をする機会が何回かあるんだが、一度日本の危機的要因について聞いてみたんだが
「は?お前日本をショッってるつもりかよ?オっさんみたい。俺には関係ねーよ。」だとよ。

悲しむべくはコイツは決して例外では無いってことだ。ほぼ同じ考えを持った奴らがそこら中にいる。

どうしてくれんだよ、日教組。




123 ::02/01/19 00:52 ID:rMODYy3K
>学級崩壊の原因も「怒るとコワイ先生」が居なくなったからだと思う。
怒る先生が居なくなるのと軌を一にして、切れるDQNが量産されているもんなぁ。
怒る親がいなくなったのも無論原因だが。
子供の頃は、近所のオッサンやオバハンに怒られまくったぞ。

124 : :02/01/19 00:57 ID:LYUtPW52
ガキの頃イイ子ちゃんだったから俺自身が殴られたことは無いが、見てて思った。
小学生の教育なんて調教みたいなものだし、体罰は必要だ。

とりあえず、教育云々以前に、生きてる世界に興味のないガキを生産するのはどうにかならんか。

125 :   :02/01/19 01:04 ID:lmVZWbz+
俺の中学の頃は宿題忘れたりすると教壇の横で先生にケツを木の棒で
叩かれたな。3,4人いたけど中三になった時に急にみんな止めた。
きっと苦情があったんだろうね。
 俺もよく叩かれたけど、授業が始まる前のショーみたいに盛り上がって
楽しかったという良い思い出しかないな。

126 :ななち:02/01/19 10:07 ID:3dLrPpHO
そういや小学校の頃、好きじゃない先生の授業で友達と喋ってばかり、
席は立つわ授業なんて聞いてないわ、好き放題やってたらいつもは温厚な担任に
怒られた。その剣幕があまりにもすごかったんで恐ろしくなり、罪悪感を感じた
我々は担任に「すいませんでした、もうしません。許して下さい」と謝りに行ったとさ。
それ以降あれほど騒がしかった授業はすっかり静かになった。

あと、余談だけど甲子園出場経験のある知人が、
「最近は野球の監督も甘くなった。怠ける奴にはケツバット喰らわすくらいで
ないと強くはならんし精神的にも成長はしないのに」
とよくぼやいております。

127 :定住者:02/01/19 11:31 ID:OQ9xCm+q
かって、中国の李鵬がオーストラリアへ行った時、
日本について「あの国は三十年後にはなくなっています」ってコメントしたそうです。
その理由として、誰も国家というものを考えない、そんな国は滅びて当然だというものです。
(違う解釈もありますが、櫻井よし子の解釈)

わしはフランスの様に出きる奴と出来ない奴は分けて授業を行えばいいと思う。
そもそもバカと利口を一緒にする自体が間違っている。
そして、授業が崩壊している言われるが最低限ルールは守り、
出来なければ教師の権限で教室から出て行ってもらえばいいと思う。

江戸時代、
二宮忠八はライト兄弟よりも早い時期に今の飛行機の原型を設計しモデルを作り、
数学者の関孝和は西洋の微分積分に匹敵する数学の理論をまとめ、
彼の弟子である建部賢弘は小数点53桁までの円周率を西洋の学者より15年早く、発見しています。
又、江戸時代の識字率は、世界でトップレベルをいき、女性で25%、男性で35%で、
これが世界有数の出版文化を生み出したらしい。
明治人は突然偉くなった訳ではなく、前準備が十分になされていた訳です。

かって、松下村塾のわずかな人たちが、
画一教育でなく私塾のような少数精鋭部隊が国を動かした。
そして、日本は昔から大工日本一とか陶工日本一とか分野別にあった訳だから、
勉強嫌いな人は無理して勉強続ける必要はないと思う。

瀬戸内寂聴氏は占領されて50数年でここまで悪くされた教育が元に返るには、
倍の100年では足りないそうです。
教育は全て塾、つまり寺子屋式にするしかないと事。
ここままではオーバーだと思うが、普通科学校以外の各種専門学校を奨励すべき。
そのほうが双方にとって幸せだと思うね。

今後必要な事は、画一教育の破壊と道徳の強化、そしてサヨク教育の破壊だと思うがな。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/19 11:40 ID:jbuOGX5v
ガキを怒るのは疲れるモンでネ。なかなか体力が要るナ。
真剣に怒らないとすぐガキに見透かされてナメられるしナ。
真剣に怒る教師を見て、ある瞬間、
不意にガキはなにかを感じるのだ。
ガキだけになかなか感じることはないけどな。
近頃の成人式が荒れるのは、親・教師・近所の大人など
真剣に怒る大人が居なくなったからだな。
こういう大人は、怒らない方がラクだからサボッてっんだよ。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/19 11:41 ID:KHq9kpdl
http://au.geocities.com/newyorksnk

130 : :02/01/19 11:49 ID:SJOa1dcv
左翼教育反対、
少年犯罪厳罰化、
靖国参拝支持、
自衛隊明文化、
ODA見直し(特に中韓)
の政党って今どこですか?

131 :日本人でよかった:02/01/19 11:53 ID:Iv+5W+ob
文部省の寺内って奴と小野って奴を引きずりおろしたら変わるかな?

132 :George ◆FNLDGocM :02/01/20 01:21 ID:p0UnaHgw
シンガポールって今から思うとすごいなぁ。徹底した選別主義だもんなぁ。
それに乗れなかったら、国を出ろって今思うと、いいと思う。リークワンユーは、
先を見る眼があったよ。

133 :いってよし:02/01/24 00:07 ID:iOQZQ7mO
教育改革に対して文句言ってるやつって
結局
「概して我々日本人は反権力をほざいておきながら権力にゆだねる傾向がある。」
だけのはなしだろ。(↑コピペだが)

学習内容を削除したゆとりの教育だろうと、
思いっきり学習内容を増やした詰め込み教育だろうと、ただ文句言ってるだけだろ。
ほとんど建設的な意見は出てこないし、二言目には狂信とか基地とか言って。
もう少し建設的な意見を言ってみたら?

あと教育ってのは学校だけの問題じゃないんだよな。
最近の子はしつけさえできてないし、家庭での学習は極めて少ない。
学校だけが教育じゃないんだよ。わかってる?
地域と家庭と学校が三位一体で取り組まなきゃだめ。

それから学力低下がゆとりの教育のせいってなんで決め付けるんだよ。
家庭の教育力は落ちてないのか?学校教育だけが学力低下の原因か?


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 00:13 ID:GP6B/Ctt
それはそれとして反対。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 00:41 ID:JYMww1Tq
地域と家庭の教育力が落ちてるのは人口の移動が激しいのと核家族化
が進んでいるためだ。そうなったのは産業社会の要請を受けて大人を
地域や家庭から引き剥がしたからだ。大人が働きすぎを変えない限り
学校が丸抱えする方が現実的。

136 :支持者:02/01/24 00:48 ID:83oxrHFz
明治の先達は「教育の普及は浮薄の普及なり」と云ったが当時の日本の首脳にこの言葉は届かなかった。
教育の普及こそが国家発展のための急務だと考えられていたから。

そして現在、教育は十分に普及しているが、これはいわゆる中間知性ってやつじゃないのか?
本屋にいっても腐った方法論が書いてある本やら何やら、文化レベルも下がってきてるとおもわん?
知の中産階級みたいなやつらが増えた結果、糞マスコミに思考停められてる馬鹿も増えたし。
中等・高等教育が普及した結果、真の教養を身につけるための大学に「とりあえず逝く」て奴らが増えすぎた気がしないか?
全入時代が来るけど、マジでありえない。大学教育は目的そのものになるべきだ。
つまり、もっと苦学しろってこと。ゆとり教育の下、真にモチベーションあるやつだけが高校も学費の高い私立に行って
良い教育をうけ、そして大学に入っていく。金がなかったら奨学金でも何でも利用しろ。
それくらいのリスクは背負え。自分は何をやりたいのか、考えて考えて考え抜いて、それから大学に入れ。

あと、ゆとり教育の結果、階級分化が起こるとして
それはそれで「マジで勉強したい!」てやつが増えるかもよ。
勉強しなかったら貧しい暮らしが待ってるわけでしょ。これは若造を動かす原動力にならんかな?
で、金が足りないやつのために奨学金制度を充実させて、都道府県ごとにいくつか
特別に高い教育を受けられる公立校を作る。これで実はうまくいくんじゃないかな?

それでも「別に勉強しなくていい」ていうやつは、まぁ時間があるわけだから
自分の得意分野に特化できたりして、うまく2分化していくんじゃないだろうか。

あとはメディアがいかに宣伝するか。
「勉強しないとおめーら食い扶持も稼げなくなるぞ!」って。

ちなみに漏れはサヨだったり北の工作者だったりするわけじゃない。
れっきとした愛国者です。

137 : :02/01/24 00:50 ID:mpq3Gsn1
でも働きすぎないことには今時、子は育てられない。
勤め人が増えて自営率が戦前より下がったのかな。
昔多かった農民も自営業の一種だから
子供の目に届く距離に、昔は規範となる大人がいたのだろう。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 02:41 ID:aQ3fbGbi
亡国の使者リスト

小野元之
寺脇研

他はだれだ?


139 :日本人でよかった :02/01/24 07:52 ID:ju3lfUcI
>>130
維新新党・新風という政党がある。
しかしあまりにも泡沫すぎて・・・・・(´Д`; )

140 :すきすき日経サイエソス:02/01/24 09:51 ID:dwvXLK9E
詰め込み被害者(馬鹿)として一言。

馬鹿に詰め込んでも無駄。馬鹿は馬鹿なんだから、早めに見切りをつけて、
馬鹿は馬鹿なりに科学が嫌いにならないような教育に切り替えるべし。

馬鹿は大抵数学や物理化学ができないから、その後一生それらの大切さを
わからないまま過ごしていくことが多い。相撲はとらないが相撲を楽しむ
たにまちがいるように、さっぱり仕組みはわからんが科学雑誌を読んで
楽しめるような教育をしておくれ。そうすりゃ政府も、将来を見越した
研究とかに金を落とせるようになるし、大学とかの研究に関心が広まれば
同時に象牙の塔への監視も強くなって、アホ教授どもが減る気がする。

見切りをつけるのは、高校1−2年でよろしく。微分積分なんて、一生
使いそうにないや。中学の数学で十分。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 10:04 ID:0RvKHvzS
正直、中学レベルの数学すら、一生使わない。二次方程式など
日常生活でどう活用すればよいのか。


142 :九州男児@正義の味方:02/01/24 10:13 ID:Jp4C1F8w
>>141=ドカタ
ドカタじゃ方程式どころか九九も必要ないからな。
正直羨ましい(藁

143 :サルトル2世:02/01/24 11:25 ID:7y966nC3
小学校の段階では、読み書きソロバンを基本とした教育をやるべきです。だから、国
語は本の音読や漢字を重視すべきです。それから、遅刻者や授業妨害者は廊下に立た
せるとかぶん殴るしか方法はありませんね。それから、英語教育は、初期では文法を
中心にやり、高校ではリーディングに会話中心の授業をやりましょう。それで、大学
入試はTOEFLにしましょう。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 11:40 ID:0RvKHvzS
>>142
土方でも工事の現場では九九ができないとだめだ。
一方、二次方程式を日常的に何に用いるのか説明してみい。


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 11:43 ID:0RvKHvzS
>>143
日本語による表現能力の試験を重視すべきではないか。
考えてみれば、日本語でろくろく表現できない者が英語で何を
表現できるというのか。単なる日常会話としての英会話である
ならば、むしろ入試には無用ではないか。


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 11:46 ID:lXDYoxRh
社説1 弥縫策捨て「学力重視」へ転換を
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/

147 :日本人でよかった:02/01/24 11:50 ID:ju3lfUcI
こういうのを全国的にやってほしい。
http://homepage1.nifty.com/1010/newpageyutori.htm
●デスザウラーさん(11,1)
昨夜のNHK「クローズアップ現代」で報じられた兵庫県の山口小学校での基礎知識重視の取組み。
ご覧になった方も多いと思うが、素晴らしいの一言に尽きる。
 算数の時間には、まず15分間、全員で暗算の競争。国語では漢字の書き取り、
社会の授業では歴史年数暗記カルタと白地図の地名埋め。これらによって徹底して基礎知識を
子供達に(有無を言わせず)刷り込む手法を全校全クラスで展開している。
当然、今問題の学校崩壊・学級崩壊など、どこにもない。毎朝、子供達は元気に挨拶して
登校して来る。机に向う姿は皆真剣で、熱中して授業を受けている。
 ゆとり教育が、いかに時代に逆行しているかは、この学校を見てみれば疑問の余地はない。
「学ばない」>「分らない」>「授業に身が入らない」>「授業のレベルを落とす」>「なお学ばなくなる」
 の悪循環こそが「ゆとり教育」そのものなのだ。
 だったら、学校を立て直すには「学ばなくてはならない」という状況を作り出すしかない。
もちろん、小学校の段階ならいざ知らず、高校に入ってしまうとこの荒療治で2,3割の子供は着いて来れず、
脱落するだろう。しかし、それでよいではないか。逆に言えば、これで7,8割の子供は救われるのだ。
全員が沈没するより、少数を切り捨てても大多数を救うべきである。
 校長先生いわく、「子供達は中学高校に進めば、嫌でも受験に直面する。
だったら、今の内に少しでも高いレベルにしてやらなくてはならない」(主旨)
 全くその通りだと思う。競争なきところに進歩なし。競争なきところに活力なしが、
実証された学校である。全国の教育委員会からひっきりなしに見学者が訪れるのも当然だろう。
 NHKにしては、久方に良い番組であった。


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 11:50 ID:eF4mnLvP
>>143
日常会話ならともかく、仕事で英語を使うのなら読み書き中心のほうがよい。
マニュアルや契約書が読めないようじゃ話にならないからね。
外国人と商談する場合は、通訳を使うほうが確実。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 11:55 ID:0RvKHvzS
>>147
忘れてしまって一向に痛痒を感じない「基礎知識」(忘れて構わ
ない事から基礎知識ですら無いが)の詰め込みよりも、幼少時か
らのある程度専門性を持った体系的教育を受けられる環境の
整備による興味関心の喚起はできないか。


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 15:24 ID:QeqR9awh
こちらのスレもあわせてどうぞ。特に「日常生活で使わないものは学ぶ必要がない」
という主張をしてる方は是非。

マスコミ板:最近偉そうな曾野綾子さんですが
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1006870397/

教育・先生板:最近偉そうな曾野綾子さんですが
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1006919856/



151 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 02:33 ID:R+l+S04K
【教育】学力低下に配慮、文科省が検定で指導要領超す内容容認
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1011891603

なーんだこりゃ。さっさとカリキュラム元に戻せばいいんだよ。 

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 02:59 ID:aQ+qeYBw
>>150
学習というものの性質の側面から、非日常的なものを学ぶ事に
意義はあろう。
問題はDQNの大半には必要無いどころか、そもそも「学んで」
すらいないのだから、一部の者にだけ学ばせておけば良いと
いう事だ。全員が学ぶ必要はない。
その結果階級化しても、何の痛痒があるものか。
正直、文部省の「ゆとり教育」も、それが本心ではないのか。
エリートクラスには無関係とたかをくくっているように見える。


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 03:17 ID:g85TGi9c
子供ってのは覚える・暗記するってのが一番得意。この能力を利用
しない手はない。楽しく暗記するという方法論でよいと思う。
子供に思考力や問題解決能力を求め過ぎるのは幻想だと思う。
暗記すべき基礎知識を何にすべきかというのは結局今は大学入試を
元に決まっているから大学を改革しない限り本当に必要な基礎知識
を教える事は出来ない。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 06:54 ID:TNU7JsOE
 
文部科学省の大臣はチ●ン系帰化人。
「ゆとり教育」を進めるワケだw
 


155 : :02/01/25 07:49 ID:MAyAPs3a
覚えるとか暗記か。それっておもしろいか?
基本と言えば基本だけど、それで今の時代やってけるのか?
自分で考えて目標に到達することも大事だろ。

156 : :02/01/25 07:51 ID:MAyAPs3a
ゆとり教育ってのは、ただの甘やかしにつながったことが
失敗なんだろ。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 07:54 ID:j3e4pZ5T
>>155
小中高で習うような基礎的な知識は
若いうちに暗記しちゃうのがいいんだよ。
知識は使ってるうちに理解できてくるもの。

158 : :02/01/25 08:13 ID:MAyAPs3a
基礎的な知識を理解することと暗記すりゃいいってのは別だろ。

159 : :02/01/25 08:19 ID:aVUKTKG9
日本弱体化計画の一環ですが何か?

160 ::02/01/25 08:31 ID:tyjDw5nH
>>155
暗記でも、覚えといて損はないよ。
ただ覚えるだけで、意味がなさそうに思えても、あとあと別の知識と繋がることがある。
単独の知識だとパーツだが、線で繋がると回路になる。

161 ::02/01/25 08:33 ID:tyjDw5nH
……回路を変に繋ぐとデムパになるがな。

162 : :02/01/25 09:52 ID:/aA1n1qN
>>157

同意。
アメリカに出張した時、英語なぞ論文読むだけで喋ったこともなかったんだが
以外と意志の疎通(かなりの低レベルだが)がはかれた。

何でだろうと考えてみたら、出てくる単語や文型が中学時代に学んだ英語だった。
批判ばっかりの日本の英語教育だがそれほど馬鹿にしたものではないと思ったね。


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 10:49 ID:89Nto76m
暗記マニアってクイズ王みたいだな。

164 : :02/01/25 11:02 ID:XQirvzFT
無知より、暗記で知識の土台を作って置けば良い

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 11:53 ID:aQ+qeYBw
暗記できているのは、せいぜいテストが終わるまでで、テストが
終わればほどなく忘れるというわけだから、単なる丸暗記は全く
意味が無い。
従って短期的記憶力だけ推し量っても無意味である。物事は分
けて考えるんだね。

1.記憶力、思考力ともに高いエリート
2.記憶力だけある優秀な子供
3.記憶力、思考力ともに低い普通の子供

つまり1,2,3に同じ教育で対処しようというのがそもそも間違
っているのだ。天才と馬鹿を同じ教科書で教えるなという事。


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 12:33 ID:YsvNmsRN

ある、ブックセンターの店長さんとお話していた時のこと。。。
本屋さんというのは、万引きがけっこう多いらしく、彼のお店も
頻繁にあるそうで、そのため、店員が目を光らせて、万引きをした
現場を取り押さえるんですが、中学生の万引が多くて困ったもんだと
おしゃったんですね。そのお店に一番近い中学校が、二つあって、
どちらも私立なんですが、そこの生徒さんなんですか?ときいてみたら、
「三年間、ここに勤めているが、そういえば、その二つの私立中学の生徒
さんをつかまえたことがない」ということ。みんな、あっちこっちの
公立の中学校の生徒さんだということでした。なんでも、万引きした
人には、ノートに、住所・氏名・学校のなどを書いてもらい、
そして、父兄か担任の先生か警察に必ず、連絡来て貰うといってました。

学級崩壊、学校崩壊は、学力低下だけではなくて、モラルの低下にも
繋がっているのでしょうか?。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 12:44 ID:VgY5kOMb
>166
もちろんなってる。
まあ、子供がDQNならたいてい親もDQNだから。


168 :  :02/01/25 12:45 ID:siqth4Xv
>>166
普通、自分の経歴にキズつけたくないからそういうことしないでしょ。
私学ともなればそれだけ将来見据えてる奴だから
将来に響くようなことするやつはすくないでしょうね。

169 :んー:02/01/25 12:53 ID:eEQ8iODQ
科目によっては暗記もいいんだけどさ、
やっぱり自然科学系の分野では暗記はダメだと思うんだよね。
物理や化学は意味を理解しないと意味がないんだよ。
高校時代有機化学は丸暗記しろって言われたんだけどさ
(教師が生物学科出身なのに化学教えてたから
自分がわかってなかったんだ、今思えば)
大学行って、専攻で専門の教授に習ったとき
あーこういうもんだったんだってはじめてわかったよ・・・。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 13:03 ID:lCXDz7eu
>>165
 毎日こつこつやってればテストが終われば忘れる、なんて事はないぞ。若い時は特に。

 >>152でも主張している「すべての者に均一な教育は必要ない」と言うのもなんだかなぁ
って感じ。高校から先は全然均一じゃないし。望めば小、中学でも私立学校がある。

 >>165の主張と義務教育のレベルを落とす必要性というのは全くつながらないと思うが。
ゆとり教育に対する懸念って基礎学力の低下(計算機の使用等)や物事に興味を持つとっか
かりさえ奪ってしまう事になりかねないこと(理系分野の大幅な先送り)じゃないの?




171 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 09:59 ID:wh0w3mfg
学級崩壊がどういうものか、具体的に知ってますか?。
ある学年が、4から5クラスくらいに分かれているとします、すると、
そのうち一クラスぐらいは、どうしようもないクラスが出現するみたいです。
つまり、授業妨害をする生徒がいて、授業にならないんですね。先生が
注意すると逆切れして、先生も授業が成り立たないので、教室をいったん
出て行くんですね。そしたら、その後ろ姿に、向かって「何もたもたしんだよぉー
とっとと行ってしまえ。お前太ってるんだから、転がっていったほうがはやいぞ」と
浴びせるわけです。

「お前みたいなのが、何で、勉強ができるんだよぉー」と持続的に行われる
いじめという暴力行為もあれば、ちょっとでも逆らうとかなり激しい暴力行為に
でてくる生徒さんもいるようです。ですから、ある転校生は、こう忠告を
受けたそうです「あいつだけには絶対逆らうな。さからってみろ、ナイフが出てくる
かもしれないぞ」。

あまり、おおっぴらにいうと、身の危険を感じるから、誰も話そうとしない
様々な実態があるみたいです。ある生徒さんは、「あそこは勉強をするところ
ではない」と言っていましたし、学校の門を一歩入ると、そこは無法地帯、
もしくは戦場だと表現していた生徒さんもいました。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 10:23 ID:wh0w3mfg
171でのべたことは、学級崩壊が起こっているクラスのことについて
あって、学級崩壊がおこっていないクラスのことではありませんので、
念のため。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 10:47 ID:Rv5OllF5
世の中さー
何かを得るためには何かを犠牲にするっつーのが普通じゃない?

っつーわけで ガキを学校で甘やかすというのはガキにとって「楽を得る」と言うことだと思うのれす。
その分何が犠牲にしなくちゃ。
犠牲にするのは学力ではあかん。

最近のガキは勉強しないは、社会のルール知らないわ。礼儀知らないわ。なので

ゆとり教育と引き替えに徴兵制復活きぼんぬ。

174 :日本人でよかった:02/01/26 12:10 ID:Gg5h37Ox
NHKみろ!
日教組のサカキバラが狂っているぞ!!
しかもこんなもん放送するNHK・・・・・

175 :日本人でよかった:02/01/26 12:11 ID:Gg5h37Ox
見てなかった人のために。
『学力重視転換は、子供達に過度の負担を強いることになる』

だってさ。宮崎で電波集会が開かれている模様。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 12:13 ID:Agwp7JIr
結局、自分らが楽したいだけ。自分達のことしか考えちゃいない。

日教組なんとかしてほしい・・・・・

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 12:15 ID:GXT+KZ5e
3月24日〜27日に立命館大学BKCに田中洸人氏が来ます。
http://210.172.69.179/jps_search_02au
http://nara.cool.ne.jp/mituto

178 :日本人でよかった:02/01/26 12:21 ID:Gg5h37Ox
立命館って物凄いアカ大学らしいよな。京都だっけ?

179 ::02/01/26 12:48 ID:J+8SdoZa
もっと勉強させなアカン。個人重視のゆとりなんかするから毛は茶色なるわ、ひったくりするわ、
おっさんをどつくわ、ホームレスに火つけるわ、ろくなことせーへん。
働らかへんで、楽ばっかり考えてコンビニの前で来る人来る人を睨み付けて、ぷー太郎になんねん。
寝ててお金はもーからへんの。手早く楽に万引き、ひったくりする子、これ以上増やしてどないすんのん。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 13:06 ID:+IIDixk8
>>170
テストが続く間はいざ知らず、社会に出ればすぐ忘れるさ。まだ
若い内はウロ覚えでも覚えているが、30過ぎてみろ。習った事す
ら忘れている。

実は、中学、小学でも均一じゃない。できない者はできないし、や
る気が無い者はやる気が無い。現実に均一ではないのだから、
その能力があってしかもやる気がある者にはいくらでも高度な内
容を教え、そうでない者は適当に常識レベルの事を教えて放って
おけば良いのではないか。
現実に結果的にはそうなっているのだから、現状の追認にすぎな
い。何も新しい発想でも何でもない。

ゆとり教育の問題は、結局は後者に合わせてカリキュラムを作
成するというものだろう。
車のAT免許と同じように、「ゆとり教育」と「尋常教育」を分けて
しまえば害が無いではないかという事だ。
結局は、優秀な生徒が「ゆとり教育」に引きずられるのは損失
だという事から、みなゆとり教育に反対しているのだから。


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 13:09 ID:+IIDixk8
>>171
教育関係者の方ですかな。
それなら、日本で最も治安の悪い無法地帯は、学校(特に小中
学校)だという事を認識して頂きたい。
それは教師が治安を乱す者を保護しているからであり、あたか
も教師は悪魔ででもあるかのようだ。

182 : :02/01/26 13:59 ID:mRz5TGhY
「三つ子の魂百まで」と言う風に
若い頃に一生懸命勉強したり、考えたりする事は
社会人になってから、大いに役に立っています。

役に立ってない、と思っている人は
昔から見る目もやる気も無かったのでしょう・・・

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 14:05 ID:4eYQthLv
日本の子供は生意気。
ろくにしつけもされていないし
知識も経験もないのに
口だけは達者なガキども。
と、それを支援するバカな団体。

184 :  :02/01/26 14:11 ID:fgSY9g9L
この前戯れに計算機無しで仕事しようとして、三桁の割り算が
出来なくて心底震え上がった。おいおい俺理系だったのに。
みんな、脳みそは鍛え続けないと衰える一方だぞ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 14:18 ID:+IIDixk8
正直、役に立っておりません。どうして専門外の職についたのかは
当時の情勢がそういう情勢だったからとしか言いようがない。


186 : :02/01/26 14:35 ID:5tBnCQKM
俺はペンで字を書くのが下手になったし、常用漢字のメモリーも
消えつつある...

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 17:24 ID:DOFMjg3N
署名AGE

188 : :02/01/27 00:44 ID:wYW9mWSA
>>184
暗算で出来なきゃ、筆算しろよ。
理系以前に常識じゃないか。



189 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 00:57 ID:bUQLQwBW
>>188
それがだな、筆算の方法すら忘れて久しい(w。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 01:03 ID:ZpkcLsR/
>>189
割り算の筆算方法忘れちゃったんでしょう?(w
ノ ̄ ̄ ̄ってやつね(w 漏れも此間忘れてて思い出すのに10分掛かった(w


191 :とおりすがり:02/01/27 01:58 ID:XINpMENy
>>189
よかった.....俺だけじゃなかったんだ。
この間子供に聞かれてあせってしまった。



192 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 02:09 ID:diE++QNE
俺の身近にゆとり教育賛成派は一人もいない。
ここのスレでも大半は反対のようだ。
賛成しているヤツの本当の目的ってなに?
きな臭いニオイがぷんぷんするっ!

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 02:21 ID:ZpkcLsR/
「ゆとり教育」と言う企画名の企画は今までやったことはないことなんだよね。
しかしね、"ゆとり教育"と言うモノならここ最近ずーーっとやって来たことなんだよね。
「ゆとり教育」と言う企画名でやってきたことではないけどもここ10年以上、
ずーーっと授業時間、授業量ともに減らしてるんだよね。
だから、生徒にゆとりを!ってもう既にかなりの余裕を与えてるんだよね。
で、実際にその「ゆとり」とやらを増やした結果どうなったか?
学力低下、学級崩壊ですよ。なに?「ゆとり」が増えたから学級崩壊した訳じゃない?
そうだろうねぇ。だからなんなのか?これ以上「ゆとり」とやらを増やせば解決されるのか?
んなこたーない。じゃあ、今後も「ゆとり」を増やしたいった場合どうなるか?
益々もって学力が低下しバカが増えるだけ。
だから、最近の荒んだ子供たちを救う為に「ゆとり」を!と言うのはマチガイ。ただの詭弁。
しかもね、この「ゆとり教育」とやらを強力に推進しようとしてるのがどういう訳か
教職員組合の"労働者"の連中やら思想的に左巻きの盲目平等主義者ばかりなんですな。
で、各方面からこれだけ批判が噴出しているにも関わらず強引に推し進めようとする文部省。
何時もみたく思い付きでやっつけ仕事でもってぶち上げたプランならとっくに撤回してるわな。
何故、今回に限ってこんなに強引に推し進めようとするのか。不気味で仕方ない。
その上で延びるヤツ"だけ"には規格外の高等教育も施す。ちぐはぐですなぁ。
ま、何れにしろ現段階に措いての「ゆとり教育」なんて百害あって一理なし。これ、確実。
色々と深読みし過ぎてるかとは思うけど、ここまで強引に推進する理由などどこにもない。
即刻撤回すべき。まだ間に合う。ヤメロ、と。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 02:28 ID:bUQLQwBW
漏れは反対だが、同時にアホは放っておいてやれ派だ。
IT教育にも反対だ。道具の使い方は、もっとトシいってからでも
憶えられる。漢字は忘れるは、字は下手になるはで子供向きの
ものではない。


195 :192:02/01/27 03:10 ID:R7CJvwvE
>>194
>IT教育にも反対だ。道具の使い方は、もっとトシいってからでも
>憶えられる。漢字は忘れるは、字は下手になるは...

あー,それ俺もちょっと思った。最近は漢字も忘れ気味だし目は悪くなるし。
まぁ,道具は与えて子供が使うかどうか決めればイイんでないの。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 03:34 ID:qMQVt/7U
http://akizuki.pr.co.kr/kabe.htm
http://nihongo-online.org/tree12/treebbs.cgi
反日日本語教師も問題。

197 : :02/01/27 03:45 ID:Q+rqbIp/
ゆとり教育の賛成者は現役小中学生だろう

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 04:20 ID:sJBB+JyM
>>197
多分(w
今高3なんだけど週休二日羨ましーとしか思ってない(゚∀゚)アヒャ

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 04:34 ID:Fi+vvEi9
>>197
今でこそゆとり教育は亡国への第一歩ォォ!なんて言ってるけど、
俺の場合、高校最後の半年だけ隔週休二日になったけど、
当時は(ラッキー、なんでもっと早く始まんねーんだよ)
程度にしか思ってなかったよ。
休み増やしても一部のガリ勉と多数のDQNが生まれるだけ。
学生などの弱者にこび続けていては、いつかは大失敗になると思う。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 04:44 ID:llB5Roz8
戦争で亡国に導いた軍事官僚は受験秀才で試験の順位が後の人事
にまで影響した。画一的試験至上主義ではエリートの質が低下する
のは明らか。要はエリートとその他大勢の教育を分けた方がいい
のだが日本は「平等教育」の幻想があるから「ゆとり」という言葉
で誤魔化した。真の狙いは出来る子にはもっとやらせることだろう。
しかしこのごまかし的対処療法はホントにただ勉強しなくなるだけ
で狙い通りにならない可能性の方が大きいだろう。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 05:53 ID:HefPwjbi
どーでもいいが、「義務教育」とかいって大切な時間を費やさせるなら、
効率よくやってくれ。
とりあえず、
約束、時間、マナーなどの集団における規則を守ることができる。
やりたいことが出来た時にその道へ進めるだけの基礎学力を持っている。
有事に年下の子やお年寄りを守る判断力、知識が備わっている。
後は英語で自国の文化が説明できる、とかさ。
小中でこれだけは身に付いた、っていえるものが欲しい。

私は遊びほうけてたからナ〜。。。チョと後悔。


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 07:25 ID:bUQLQwBW
だから、もっとエリートコースに乗っていないのに図抜けた者は
どんどん採用し取り立てるというシステムがいるのではないか。
旧軍は学生軽視と学歴偏重(軍大学、士官学校等)でパラノイア
のようで、その悪弊は随所で指摘されている通りだ。
にも関わらず、その反省が現代日本に生かされていないのは
全く不思議で仕方がない。


203 : :02/01/27 07:42 ID:aPYfBfme
悪いことした場合は体罰なんだろうけど、サヨやアホ体罰教師のせいで、
体罰=悪という事実が世間に知れ渡ってしまった。

どうしようもない底辺校では仕方なしにしても、それ以外の学校では
結構「気に入らないから」という理由で殴るやつが多くてまいった。
みんな来年飛ばされてたが、別の学校でまたやってるんだろうな。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 07:50 ID:bUQLQwBW
そもそも底辺校なる存在が必要ないかと思われ。


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 12:12 ID:Izytf13i
日教組といい日本はどうなるんだろ。。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 12:33 ID:CKBpoTjL
>>202
結局、人材の流動性を高めないといけない。
レイオフ、中途採用をどんどんできるようにする。
まず、そういうふうに、会社や官庁が変わる。
そうすると、会社で教育しているヒマがないから、
大学生に即戦力を求めるようになって、
入学試験より、卒業時学力が重視されるようになるし、
やり直しのきく社会システムになる。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 13:16 ID:Xt7ERcqE
「中学生亡国論」という本がオススメ。
http://village.infoweb.ne.jp/~otsutaka/hon.html

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 11:09 ID:ly9jjs+o
IT社会の発展のために詰めこみ教育を
http://it.nikkei.co.jp/it/njh/index.cfm?i=20020129s2000s2


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 20:26 ID:N0CYzN52
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20020203CCCI044303.html



塾を体験活動の受け皿に・文科省が協力要請
 4月から完全学校週5日制が始まるのを前に文部科学省は3日、
全国の学習塾関係者を集めた会合を都内で開き、勉強だけでなく、
子どもの体験活動の受け皿になるよう協力を求めた。
同省が塾の存在意義を認めて連携を模索する姿勢をとったことに歓迎の声が上がる一方、
「学校に補習を奨励しながら、塾に体験活動を求めるのは矛盾」といった批判もあった。
この日の会合に文科省が出席を求めたのは、地域の学習塾経営者や業界団体の代表ら。
私立中学の受験期と重なったが、100人余りが出席した。
 同省担当者は「夜遅くまでの塾通いや、
低年齢化は学校5日制の趣旨から好ましくない」と過度の進学指導にクギを刺す一方、
参加・体験型の理科実験や科学教室、野外活動などを行う学習塾についてはその取り組みを評価。
地域での子どもの体験活動を促すようなプログラムを広げるよう協力を求めた。

もうあほかと・・・・・鬱


210 :名無しさん@お腹いっぱい:02/02/03 23:15 ID:pun0ycuP
まず、道徳からきっちり教えるべきだな。
それと、教師の権威を認めんと駄目だ。
もちろん、日教組等のクズ教師の排除が前提だが。

俺が中学生の頃は教師は恐いものだったが。
いたずらすると、廊下に並べて正座させられて、
説教しながら、足で頭をこずかれると。
怒ると、生徒をジャリなんて言ってたっけ。
だが、悪い事をした時しかそんな事はされない
から、怒られた方はくそーと思う反面、俺が
悪かったんだろうと反省した。
それで、親もなにも言わなかったし、それが当然だった。
もちろん、怪我するような体罰はなかったしな。

結局、集団なんてなんらかの強制力もしくは
暴力装置がないとまとまらんだろ。
警察がなく、犯罪をおかしても罰せられなければ、
社会が乱れるのと同じだ。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 23:42 ID:r1lRtUIF
2月24日に京都市国際交流会館に田中洸人氏が来ます。
http://www.astroarts.co.jp/news/2002/02/01lecture/index-j.shtml
http://nara.cool.ne.jp/mituto

212 :あふぉ?:02/02/03 23:52 ID:AvoEsu8d
公務員の中で週休二日の実現が遅れていた教員のための制度だろ?
子供をダシに使うんじゃねぇよ、バカ。ゆとりって教員のゆとり
じゃないか。
学校教員こそワークシェアリングの先頭を走るべき。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 23:53 ID:I5tIP7Ui
なんで国立大学の授業料が20年で三万から五十万にあがってるんだよゴルァ!!
タバコでも150%UPなのになんだこのあがり方は!!!!
文部省の予算減らすなDQN官僚。
まずODA減らせよ、ケタが違うんだから。
このままじゃあ能力があっても
本当に一部の選ばれた人しか大学にいけなくるぞ。
あ、もしかしてODAでシナの学生を肥やして日本の学生を干す作戦ですか?


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 00:00 ID:v0Bmow2N
>>213
禿同
国立大の授業料上げるなら、くだらん私大の私学助成金やめて潰せ。
酒田短大に代表される日本の治安を乱すバカ短大なんてもってのほか。

215 : :02/02/04 00:05 ID:ksCwlCgF
>>214
私学助成金は変ですよねえ。
助成するなら、学生にすればよろしい。(ただし、成績を監視する必要あり)

216 : :02/02/04 00:58 ID:9zAPr/vy
それなりの趣味を持ってる奴には詰め込み教育は自らの専門性を伸ばす為には
阻害要因にしかならないと思う。
真面目な子ほど専門性を失うってのはかわいそうだな。


217 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 00:59 ID:8hHbmQbI
参考スレをみつけたので参考までに。


最近偉そうな曾野綾子さんですが

http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1006870397/


218 :George ◆FNLDGocM :02/02/10 01:36 ID:4Kz5OWku
公立小、中、高:詰め込み
私立小、中、高:エリート教育
大学:アメリカに行く
これ最強

ちなみに、アメリカは、今、公立で詰め込みを徹底させようとしているよ。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/16 17:54 ID:2a8Tl9Uz
 

220 :この国の:02/02/16 18:14 ID:nf04uwZq
 改革は、ウソばっかりです。 口先小僧小泉の化けの皮
も剥がれつつありますが、改革、改革とのたまう割には、
結局市民から金を巻き上げること(健保窓口3割負担や
増税案)しか具体化していません。 なぜなら、80年代
に財政が悪化したEC諸国やアメリカが、財政改善のために
真っ先に断行した公務員の大幅な人員削減について、小泉
の口から今だ一言も発せられておらず、相変わらず小泉自身
が無駄飯食い無駄銭ばらまきの役所側の立場にいるからです。
同様に、改革と言うなら今こそ教育レベルを向上して、次世
代の国民の能力を高めて、国際産業競争に勝つ教育体制を敷く
べきなのに、小泉はさらなる低脳化ゆとり教育を、放置しよ
うとしています。 今こそ、危機感を持った我々は、立ち上
がらければなりません!



221 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/16 18:28 ID:1Rs6sEgd
教師は週休二日に夏休み・冬休み付。有給も全部取れるのが
当たり前ですが、何か?

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/16 18:32 ID:q1hQITnN
小泉というよりは、権力に根付いた基地外左翼が問題なのだろう。
"僕たちみんな仲良し地球市民"て感じの役所のCMを観かけると、虫酸が走る。
なんでわざわざ、子供を作りたくなくさせる政治ばかり行うんだろうか。
街中では不良爺婆ばかり、ガキの学費だけインフレ並、風邪にかかっても
3割負担、DQNがたむろする未来の世の中では気が滅入るだけ。

223 :ken:02/02/16 18:56 ID:kwWGxNmu
>>215
 今はやっている資格取得助成金みたいなもんがいいね。
個人に学費を貸しつけて無事卒業や進級したらもらえるけど
そうでなければ返済義務が生じるんだったら勉強するだろう。


224 :ken:02/02/16 18:58 ID:kwWGxNmu
政治家や経済人の偉いさんの子供は海外の大学によくいっているよね。
日本の大学が駄目だってこと一番知っている。


225 : :02/02/18 21:18 ID:R+4ND0Qz
今テレ朝でゆとり教育やってるよ

226 : :02/02/18 21:24 ID:R+4ND0Qz
恐ろしい話をきいた。
擁護学校や、普通学校の特殊学級に逝くような奴らが
普通学級にくるようになるんだと。

自閉の子供がギャーギャーわめこうが、おかまいなし。
底辺の人間に引きずられてデキのいい子がダメになる。

227 ::02/02/18 21:29 ID:a8rqlK3o
ゆとり教育の「ゆとり」は、ゆとり返済の「ゆとり」

みんな、あとで苦労するんだよ。


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/18 23:37 ID:Fnk5yzZB
>>227 うまいですな。

>>226
鼻が垂れて「ぼ、ぼ、ぼくぁ〜」なんていうちょっとしたヌケ作程度は昔もいたが、
授業妨害になるほどではなかった。今はその比じゃないね。逆差別という差別が横行中。

229 :(゚Д゚ )コヴァギコ:02/02/18 23:56 ID:E28uUZkq
>>226
自閉ってわめくのか?
脳性麻痺とか知恵遅れじゃねーのか?
別にこれは差別発言じやねーぞゴルァ!

230 :日本人でよかった :02/02/19 00:15 ID:r60U1zDD
>>229
いきなりヽ(`Д´)ノウワァァァァン!! ってわめく奴だよ。
それで何するかわかんない。はっきりいって、危ない(w 
差別じゃなくてもかなーり危ない。物理的に。

馬鹿サヨ&日狂粗の悪平等主義、ここに極まれり。

231 :うんうん:02/02/19 00:38 ID:3mutHpiF
完全週5日制は要するに日教組の主張である。
これは日教組が1972年より求めてきたもので、
文部省と日教組が和解した翌年の1996年に中教審が
学校週五日制導入を答申している。また、三十人学級というのも同様である。
つまり労働者の発想に由来するもので、教育とは無関係である。
ゆとり教育云々は後付けである。むしろ教師側にゆとりが生じる。
三十人学級には雇用の確保というねらいもあるだろう。
五日制によって様々な弊害が出るだろうが、問題なのは
公教育を労働組合の都合に合わせている官僚の存在である。

232 :棄て:02/02/19 00:52 ID:RW9EpxcD
週休5日にしたら。
夏休み、冬休み、春休みを返上して勉強させろ。
休みすぎなんだよ!

学生も教師も。
教師は休みの間も働いているなんて言うなよ。
実状はひでーってこと、知られているのだからな。
研修と名付けられた物見遊山の旅行とかを勉強というんじゃねー!

233 :  :02/02/19 08:50 ID:1sorZ9v0
>>231

つーか、この間TVのニュースをみていたら空いた土曜日をどうするかというと
塾に協力して貰って学力の向上を云々とかヌカしていたぞ>文部省

思わず舐めとんのかとTVに突っ込んじまったよ。


234 :名無しさん:02/02/19 09:27 ID:6WxgsAB8
え、この間見たニュースだと塾にもゆとり教育に協力を、ていう話が
行ったってやっていたよ。地域社会の見学やら自然とのふれあいを塾
でもやって欲しいらしい。塾の教師が我々の業界は実力主義なのに..
と露骨に嫌な顔してたぞ。


235 :ななち:02/02/19 10:07 ID:YS6/wBz3
>>226
そりゃヤヴァイよ。
同級生に知恵遅れの奴がいたけど、はっきり言って教室にいると授業にならん。
普通学級と特殊学級の両方に在籍してて、たまに普通学級の方でも授業を
うけてたんだけど、わめくし、近くの席の奴にちょっかい出しに行くし、うるさい。

そいつも今じゃ普通の青年に育ってるけど、双方のために普通学級と特殊学級は
分けるべきだと思うよ、ほんと。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/19 10:25 ID:h6Fz7hCG
>>226
そこは現行制度に変更はないはず。心配しなさんな。

237 :とおりすがり:02/02/19 11:09 ID:0nkpph5r
>226,229,235
脊髄反射ですまんが、自閉症の事ろくに知らないで勝手なことはいわんでくれ。
自閉症の子供を持つ身としてはつらい..


238 :ななち:02/02/19 11:33 ID:YS6/wBz3
>>237
そうだね、確かに私は自閉症のことに関しては知識がない。
乱暴な書き方で勝手なこといってごめんね。

でも、自分たちは別にその知恵遅れの同級生を完全に隔離して、差別していた
わけではないのはわかってくれてる?
彼のことは今でもいい友人だと思ってるけど、授業中彼にいきなりクラス全員分
(30人くらい)のノートで頭殴られて大泣きしたり、頭から思い切り水を
かけられたりしたことは多分一生忘れられない。
恨みに思っているとかそういう事じゃなく。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/19 17:42 ID:e6A9JFTJ

日教組をなんとかしぇーーー


240 ::02/02/19 18:22 ID:DRD8JFrE
日本がだめなものの
TOPテンに教育は必ず入っていると思われ。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/19 18:44 ID:MzSPqQC3
公立高校の教員ですが週休完全2日な上、
英国数の主要三教科ではないので補習も少なく、
夏休みと冬休みなんてほぼ生徒並に休める。
クラブ活動もそんなにやってはいけないってお達しがあったしね。
午後5時を過ぎたら生徒は居残り禁止で帰宅しなければならないので、
帰りも早くなった。確かに一般企業ではありえないゆとりかも知れない。

242 : :02/02/19 19:08 ID:bAZY2qA8
どこで見たか忘れたんだけど、
最近、福島の公立小学校で、在日チョン(民団の社員)が
授業やったってマジですか?
重松の娘に匹敵するヤバさじゃないですか?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/19 22:04 ID:L5/qsPHw
>>238
スレとは違う話のようで恐縮ですが、せっかくレスもらったので。
いわゆる知恵遅れ、は自閉症の症状の一部です。自閉症とひとくくりにするのは無理なくらいに
自閉症の定義は最近広くなっています。ですから普通人とみかけは全く変わらない患者も、実は
かなり多いです。
ななちさんの知り合いの人はかなり重症といえると思いますが、そういう人ばかりではないという
こともご理解下さい。、もっとも個人的にはそういう奴には殴り返してもかまわんと思ってます。
自閉症だろうが何だろうが、悪い事は悪い事ですので、ナアナアですますのは本人をスポイルする
という教育方針で私はやっております。


244 :ありゃ?:02/02/19 22:17 ID:L5/qsPHw
すいません243は237です。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/19 22:59 ID:v/UJwf5k
日教組がゆとり教育を求めていたのだから。
日教組の子弟だけゆとり教育をやればいい
じゃないか。
その結果、日教組のいうとおり、有能な人材
がゾロゾロでてきたら、日本全体に広げれば
いいのに。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/19 23:03 ID:Kf0FePUl
>>237
2ちゃんねらー自体が自閉症みたいなもんだから

247 :243:02/02/19 23:11 ID:CWvK/+qj
>>246
げ、そうするとうちは親子で自閉症ということに...(汗、汗

248 :そんな狭い子供部屋で、、:02/02/19 23:15 ID:ybIUMAr0
狭ーーい子供部屋で教育も何もありませんぜよ、。

>http://www2.asahi.com/national/birth/K2001120100651.html
>誕生に備えて、皇太子夫婦が栃木・那須御用邸で静養中の8月、
>「皇子(おうじ)室」と呼ばれる子ども部屋のうち、紀宮さんの
>部屋だった部分を改修し、付き添いの看護婦の部屋とに分けられた。
>子供部屋は8畳ぐらいで、床は自然素材のコルクをはり、
>浴室やトイレ、空調も一新したという。
>8畳の子供部屋の改修費がたった2900万円。
>28歳平均貧乏サラリーマンの8人分の年収でしかない。
>皇室用財産の修繕費などを賄う公費「宮廷費」から支出される。

>アルバイト生活者様の贅沢さと比べても考えられない様な質素振りである。
>雇用対策を、などとわめいている387万人の、金正日天皇様の北朝鮮貧窮国民様、
>じゃなかった日本失業者様の甘ったれ共もその質素振りを
>少しは見習ったらどうなんだ。
>貧乏国民様のくせに、一体、何様だと思ってるんだ。
>http://members.tripod.co.jp/esashib/fukasaku07.htm

8畳の部屋の改修費がたった2900万円。


249 :(゚Д゚ )コヴァギコ:02/02/19 23:23 ID:u/bxlhaz
「ゆとり教育で学力が低下する!」と親たちは何故、政府や学校ばかり叩くのか。
日教組が悪いと言える親はいないのかゴルァ!

250 :とおりすがり:02/02/19 23:24 ID:L5/qsPHw
>>248
よく見るコピペだな。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/19 23:25 ID:h1Niu90G
>>248
なにげに「紀宮さん」だねえ。朝日まじで芯で下さい。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/20 00:29 ID:BHobZ0iJ
なんと言っても文科省なんて中央省庁の中では最DQN省の一つだからなあ。
期待してもムリムリ。
日教組のよく言うヴァカな悪しき「何でも平等主義」を唱える奴って、
挫折や屈辱を味わいながら努力の末に何か困難なことをやり遂げたことって
あるのかな?多分ないような気がするんだけど。
そーゆーこというやつって、きっとプライドだけ強くてちょっとの失敗で
すぐにくじけて現実を見られない奴のような気がするな。
努力なんかしなくても快楽や安逸を保障してほしいと思ってる奴ら。


253 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/02/20 00:32 ID:YI2Htoql
とりあえず日本弱体化諸悪の根元である日教組を解体しましょう。
話はそれから。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/20 06:14 ID:zAvcMY48
>>248
それにしても、なんて基地外なサイトなんだ…
反日華僑と不逞鮮人と日教組と自称市民団体とがフュージョンしたとした
思えない電波っぷり。
こういう奴に限って海外ではさも一般的な日本人を装ってるんだろな…鬱
ま、こんな輩のために死ぬくらいなら、天皇のためと称して
死んだ方がよほどマシだ。俺は。

255 :すこぶる会長:02/02/20 10:12 ID:5g5B6Hh4
>>241
私の知り合いの公立高校(一応進学校)の先生は
>夏休みと冬休みがほぼ生徒並に休める
なんてことはあり得ません。
補習やらなんやらで平常月とほとんど同じですよ。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/21 00:08 ID:M4fUsgnH
日本の学力低下はゆとり教育のせいばかりではないと思うんだけど。
主にマンガしか読まなくなった日本人にも関係があるのでは?。
東大生の読書で1番多いのがマンガなんでしょ?。
専門書以外に読むもので1番多いのがマンガってきいたような。。。どこの
大学生もそうらしいですけどね。
マンガというのはどんなにたくさん読んでも、中学レベルの思考力しかつき
ませんから。
うただひかるがコロンビア大学でどんな勉強をしているのかって聞かれたとき、
一年生はとにかくいろんなジャンルの読書をさせられる。しかもその量は
半端ではないっていっていました。イギリスなんかは読書そのものがイギリスの
文化で、あちこちに図書館があって、しかも図書館のない田舎にはわざわざ
移動図書館が巡回しているほどです。
日本の歌謡界をみてもわかるけど、若さを売りにできる国って日本だけだとか
聞いたことある。つまり良い意味でも悪い意味でも大人自体の精神が子供っぽい。
今の日本の文化といえば、マンガとゲームと茶髪。後楽園遊園地で子供向けの
ショーをやっていますよね。最近は子供そっちのけでお母さんがキャーキャー
いっているそうな。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/21 00:14 ID:M4fUsgnH
若さでなくて幼さを売りに出来るの間違いでした。

258 :すこぶる会長:02/02/21 00:28 ID:k1OwLS7K
マンガは想像力を高めるなど良い面もあるんだけどね。
マンガさえ読まない学生も困ったもんだ。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/22 17:53 ID:DPa5qfby
AGE AGE AGE

260 :nimda:02/02/24 12:53 ID:5oGD7q/2
http://www.asahi.com/paper/front.html
文部科学省、新学習指導要領PRへ全国行脚
 「学力低下」「土曜休み」不安解消狙いシンポ 
 新学習指導要領 文科省によると、「知識詰め込み」型教育の反省から、
小中学校の教育内容を、重複をなくしたり、上の学年に先送りしたりするなど
して各教科とも3割ほど減らした。
その結果できる時間的なゆとりで、基礎基本を繰り返し学習し、自分で考え
学ぶ力(生きる力)をつけることを目指す。(後略)
--------------------------------------------------------
時間的ゆとりでだぁ?アホか。
学校がやらんかったら、その分、子供は塾に行くわい。
まぁだ「ゆとり」とか言ってるんかい?!

こら、朝日!「試験問題に出る」が売りじゃなかったんかよ?
そんなに愚民化させたいんか?そりゃそうだろうな。
日本人が頭良くなったら、朝日の記事が駄文だってことがバレるもんな(w

261 : :02/02/24 12:55 ID:kOrWbrO1
2001年国際数学オリンピックアメリカ大会

順位 国
1 中国
2 アメリカ ロシア
4 ブルガリア 韓国
6 カザフスタン
7 インド
8 ウクライナ
9 台湾
10 ベトナム
11 トルコ
12 ベラルーシ
13 日本
14 ドイツ
15 ルーマニア
16 ブラジル
17 イスラエル
18 イラン

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/24 13:00 ID:vPve4ecc
>>256
日本では、若いのにマンガも読まないようなヤツは
本なんかほとんど読みません。
例外は活字だけ大好きな特殊例。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/24 13:09 ID:5KAvovhi
マンガも読めない上にゲームも文字が出たら飛ばす奴ばかりだもんなあ。

時々2ちゃんで厨のDQNのと罵ってるけど、ホンモノのDQは2ちゃんに来ない。

団塊が「なんかガキが勉強できるのムカつく〜」とか思ってるのが諸悪の根元。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/24 13:20 ID:GYCOkg8M
同意。本物のDQNなんてネットには来ないよ。
ド田舎の高校なんて自分の名前が漢字で書けたら合格、
授業も「この人物は何を考えているのか」ではなく、
「この人物を君はどう思うか」なんてとこさえあるんだから。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/24 13:46 ID:zaL4nBEr
某アーケード専門誌を覗いたゲームやらない友人が、
「何でゲーム雑誌なのに文字ばかりなの?」と引いていたのを思い出したよ。

266 : :02/02/25 09:03 ID:Jh5JlorQ


∧∧ /\ガチャ
(,,*゚/ /|> ,◇
ノつ、/||◇γ
(_,,う▲□□凸□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

∧ ∧ 〜♪
(*゚ー゚)
、ノ つC□
(_,,う▲□□凸□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★★
口◇口口☆ ■ age!!
□ ☆口口◎口 ∧ ∧
口 ▽ ▼ ◎ (*゚ー゚)
○ 口 / |
▼ ○ ~(,_,,ノ


267 :珍はテロリスト ◆FpNpQH6E :02/02/27 19:26 ID:GGWqfUcA
「平和憲法」「少年法」「人権」の裏にある凄惨な恐怖
日本国家・市民の銃武装自衛権剥奪自体は欧米壮大な日本破壊作戦ね(w  
>>1隊長! 戦況は危機的状況であります
日本の社会は、いわば蟻や蜂のような集団社会が基本になっています。
いいかえれば、軍隊のように一糸乱れぬ統一行動をとることで、ひとつ
の強固な組織を形成しているわけです。
数年前、日本企業を称して護送船団方式だといって諸外国から批判さ
れましたが、これは農耕文化の伝統から生まれた生活様式なのです。
逆に欧米社会は個人主義が基本で、狩猟生活から生まれたものです。
この蟻のように殺しても殺しても次から次から集団で現れる、蟻の巣
をどうしたら破壊し、蟻の幼虫を手にいれるかを考えたのです。
そのために、まず個人意識の概念を持ち込み、自意識に目覚めさせる。
そうすると蟻同志がお互いに反目し、統一した行動様式が破壊される。
 非政府組織(NGO)などはその一端で、中央政府の統制の及ばない
組織を大量生産し、秩序立った活動を分裂させる。
同時に、一部の蟻を洗脳し、因果を含めて蟻の巣に送り込み、中枢神経
に侵入させ、要衝を占拠し内部から破壊活動をさせると、蟻の巣は容易に
自ら崩壊すると言う作戦なのです。 
攻撃目標が1カ所に集中していない蟻や蜂のような集団生活を営む生物を
攻撃するにはこの方法が最適と考えて編み出した戦略なのでしょう。
◎その要諦をまとめますと、次の3点になるでしょう。
1.お互いを反目させる。(分断作戦)
2.スパイを潜入させる。(裏切り・トロイの木馬作戦)
3.蟻の巣コロリを餌として持ち込ませる。(自滅作戦)
★敵も知らず、己も知らなければ、百戦は危うしといえます。
これって、アングロサクソンだけじゃなくて、漢人・朝鮮人もやっているな。
要するに、日本に対する破壊工作という事だろ?


268 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/28 09:44 ID:lU4tC/FR

     ∋oノノハヽo∈                         @ノハ@
      ( ´D`)                   シャカ    /(‘д‘ )
     _(   つ            シャー  ┓     シャカ /⊂    )
     し'ヽゝ )         - = ≡ (>>1)      巛  (__)ヽ__)_


269 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/28 09:45 ID:lU4tC/FR
>>268 について
ゴメン1さん上げようと思っただけなの


270 :2ch卒業(元厨房):02/02/28 23:16 ID:ytnb0k2D
青少年凶悪化幻想
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1013400154/l50
青少年凶悪化がマスコミ等ではしきりに言われているが、凶悪化し
たと言う事実はない。以下、参考URL
プロファイル研究所
 http://profiler.hoops.ne.jp/bus_jack.htm
少年犯罪について
総武線猿紀行第61回
「気になる二つの統計」
 http://www.1101.com/saeki/2000-09-30.html
メディアと「青少年凶悪化」幻想
 http://www.jca.ax.apc.org/toudai-shokuren/dekigoto/000824a.html
法務省
 http://www.moj.go.jp/
白書・統計にある犯罪白書
警察庁
 http://www.npa.go.jp/
統計:少年犯罪は増加、凶悪化?
(犯罪白書を読んで)
 http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news/toukou6.18.html
テレビが視聴者の現実認識に与える影響
−ワイドショー等、番組タイプ別の培養分析−
 http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~nakamura/cult.html
中高年犯罪こそ社会を映す鏡 疎外感が生むリスク行動
http://www.mainichi.co.jp/eye/kishanome/200101/19.html
少年犯罪が増えた減った、と言う抽象的な感覚で法制度をいじるべきではないだろうね。
@個人の生き方など(例 コピペ先生など)はもちろん抽象的な感覚で決定
していい。むしろその方がおもしろい。
A法律はわれわれの幸せの為にあるのだから、現状に合わせて変えるのは当然。
 ただ、この場合は実証的な数字をベースにすべき。 教育基本法改正だの日の
丸君が代問題然り、強制的ボランティア論議など 「凶悪な青少年」といったイ
メージが前面に出過ぎだな。したり顔でコメントしていた評論家たち「子供たち
は変わった」、そのうちの何人が、例えば  青少年が加害者になった殺人・傷
害致死の年間件数を言えただろう?(近年は百件前後)。大人のほうが危ないョ


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/04 09:54 ID:eswD7zp6
  

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/04 12:29 ID:KSAHFeBE
ゆとり教育が云々というまえに、
高校卒業時にトップレベルだったはずの学力が、
社会人になるとなぜか下から数えたほうが早くなってしまうという
惨状を気にしたほうがいいんじゃないの。<ソースはちょっと前のニュー速

十代中後半なんて、青春真っ盛り、やりたい(恋したい)盛り、遊びたい盛り、
思春期は勉強より人格形成上そっちが大切と思うよ。
(思春期が親の海外転勤とかの理由ですっぽぬけると、人格、感情や、
コミュニケーションの面で相当な悪影響を受けるって研究もある。)

つーわけで、高校まではゆとり教育大いに結構。
ただし大学以降を整備して、神国日本の戦士を養成するに足る
世界一流エリート教育を施しなさいってこった。
そして高卒→ブルーカラー、ミュージシャン、板前etc..
職業訓練校(カレッジ)→イラストレータ、料理人、IT、その他専門分野
みたいに住み分ければよろし

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/04 12:36 ID:HfoP0a5U
ゆとり教育大賛成です。時間数と日数はどんどん減らして下さい。
公立学校の無能な教師(特に理数系)の授業はなんのためにもなりません。
塾・予備校の方がよっぽど本質的で面白い授業をしています。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/04 13:29 ID:W5C0J8Pg
先生達にとってはゆとり教育マンセーでしょうな
他の公務員の方々と同じ週休二日制になるんだから
教師は聖職ではなく単なる労働者というわけだ

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/08 13:54 ID:qLXKYiUa

     ∧∧ /\ガチャ
    (,,*゚/ /|>  ,◇
     ノつ、/||◇γ
    (_,,う▲□□凸□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      ∧ ∧  〜♪
      (*゚ー゚)
     、ノ つC□
    (_,,う▲□□凸□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ★★
     口◇口口☆   ■            age!!
          □   ☆口口◎口     ∧ ∧
       口 ▽   ▼  ◎       (*゚ー゚)
       ○         口       /  |
      ▼          ○      ~(,_,,ノ




276 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/08 14:43 ID:fSqqc2cf
  +   *ボクモマゼテー    +                    ウリナラアイゴー  Λ_Λ  Λ_Λ
       Λ_Λ        Λ_Λ    Λ_Λ   Λ_Λ + * ∩ΛΛ*    +< `∀´∩∩`∀´>+  +
      < `∀´>   *  <, `∀´∩ <`∀´∩> <,, `∀´>     ヾ< ゚Д゚>    (つ   丿ヽ ⊂丿
   + (( ( つ  ~つ )) (( (つ   ノ  (つ  丿 (つ  つ ))   /   ⊃ )) + し'し'   し'し'   +
   +  (__フ(⌒))     (_フし'   し(_フ   (_フ_フ    0 `J   + ワチョーン  ピョーン

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 20:10 ID:LnQQrfXS
つーか、就職難だから、教師を一クラス6人くらい担任にして、
週1日勤務か、半日×2位にすれば良い。
ガキに週休二日なんぞいらん。
教師を増やせば、能力別クラス分けとかも出来そう。

あ、あと、教員資格も毎年更新免許にして、
思想チェックとかも導入してね。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 20:50 ID:Fy/rrkUt
 ゆとり教育でいいじゃない。その代わり飛び級を認める。
私学なんて15歳からバンバン大学受験させる。

279 : :02/03/09 20:58 ID:WkUaCrlg
ゆとり教育大賛成!!!
でも、最初に適用するのは、大賛成して進めている
文部省と一部マスコミの子弟にして、結果が出てか
らにしてね

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 21:08 ID:XsdlLcjN
>>278
飛び級を認めると、知能の低いDQN親が
ガキの頃から過剰な子供の意志と関係なく英才教育施そうとして
おかしな人間が大量生産されるんだろうな。

天才を生む土壌が出来るメリットは大きいが、
その影で大量の子供の可能性だったり、少年時代が
摘まれるのは可愛そうだ。

今の、一流大学〜企業を目標、幸福とする風潮のなかでは危険だと思う。
立派な人間とはなんたるか、という道徳観が広く浸透している社会の中でなければ
飛び級のような才能を伸ばすシステムが逆に毒となる気がする。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 21:09 ID:XsdlLcjN
日本語おかしかった。(;´Д‘)

訂正→
ガキの頃から子供の意志と関係のない英才教育を施そうとして

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 21:19 ID:Fy/rrkUt
 国公立の学校はゆとり教育。私立はそのどちらでも択べる
のにしたら。特に国立の付属に徹底させたい。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 22:32 ID:XXaq9sxI
>>280
本当に賢く、知能の高い子供を選抜すればいいのでは?

天才レベルの知能を持つ子供が居たとして授業が時間の無駄で
しかなかったら飛び級させてやった方が幸せだと思う。
戦前の日本では飛び級が制度として確立していたし、その害は
殆ど聞いたことがない。

優秀な子供の飛び級を認めないことによる教育費用の無駄も
無視できない。不必要な教育を施して、才能の伸びを押さえるのは
税金の無駄遣いだ。

284 :(・・:02/03/09 22:41 ID:x2yHs06+
小学生入学までの大事な時期に知能を大きく発達させることを
もっと日本は行うべきではないだろうか…


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 22:49 ID:Xi2wL6uR
日本には何故か「勉強する=人格が変になる」と思いこんでる人が多いからな。
実際は勉強しない人にこそ人格の変な人が多いんだが。

286 :  :02/03/10 17:46 ID:wFKRE728
>>272
勉強によって形成される人格もあり。
工作員が押し寄せてきたな...。

287 :日出づる処の名無し:02/03/11 14:36 ID:sEEPlmAe
最近高卒で複利計算すらできない(知らない?)子多すぎ。
こんな子達がカードローン地獄にハマったり、ねずみ講に
騙されるのかと思う。後新聞の漢字ほとんど読めなかったり。

社会生活に必要な知識は、子供が泣こうが喚こうが叩き込め。
本当に子供達のことを考える人なら、ゆとり教育なぞ主張す
るはずない。




288 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/11 14:47 ID:A4aBflPU
確かに、ゆとり教育はアカ・権利ほざき主義教師によって
なし崩し的になってしまった、憂うべき事態だ!
いっそのこと、アカ教師対象にBR法を制定してはどうか?
自ら起こしたゆとり教育の罪悪感を堪能してもらわねばならん!!

289 :棄て:02/03/11 14:48 ID:czOjJN6p
>>285
良いこと言うな。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/03/11 15:18 ID:ONrMMSla
私立文系専願補欠合格ひきこもり中退無職で昼間から2chカキコしてる
俺は何も言う資格が無い…

291 :日出づる処の名無し:02/03/11 16:21 ID:U9HXwbcJ
>>290
ネタだろうけど、

なら、カキコすんじゃねえ!


と突っ込んでおけばよろしかったでしょうか?

292 :日出づる処の名無し:02/03/11 19:21 ID:rmTXhIxL
ゆとり教育が始まっても高校は今までと同じようにやっていくそうだ。




293 :七氏@日出づる処 ◆RXcNtpf. :02/03/12 06:38 ID:sI42+xlc
教諭が成績表40人分を紛失 神奈川

 神奈川県の大和市教育委員会は11日、市立緑野小学校の女性教諭(43)が通勤
途中に、受け持ちの2年生40人分の成績表を紛失したと発表した。市教委は同日、
成績表など個人情報の扱いに注意するよう、教育長名で市内の小中学校に通知した。
 関野秀二教育総務部長は「大変申し訳ない。事態を厳粛に受け止め、再発防止に努め
たい」と謝罪。市教委と同校は12日、この教諭のクラスの臨時保護者会を開き、
事情説明する。

 市教委によると、教諭は6日夜、自宅で作業するために成績表を持って帰宅。
翌7日朝、乗用車で出勤途中の同市南林間の路上で後部ドアが開き、後部座席に置い
ていた成績表と漢字ドリルの紙袋が落ちたとみられる。

 教諭は自宅や通勤経路を探したが袋は見つからず8日朝、校長に報告した。市教
委の調査では、ドアが開いた付近の道路脇に資源ごみ置き場があり、そこに捨てられ
、回収された可能性があるという。


こんな状態でゆとり教育ですか。

294 :書けませんよ。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

112 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)