5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

傑作■ムルデカ1月25日レンタル開始■実話

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/07 21:19 ID:l/JHInYl
『ムルデカ』を見て正しい歴史を学ぼう。
2002年1月25日DVD発売
同日ビデオレンタル開始

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=39680

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/07 21:20 ID:l/JHInYl
インドネシア独立のために、誇り高く戦った日本人兵士たち。
祖国への想いを断ち、彼らはなぜ戦ったのか。
――これは、真実の物語である。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/07 21:28 ID:5FeFyADH
この映画、映画館で見たよ。
映画の内容よりも、「こんな事実があったのか!」と・・・、まぁ、いままで
知らなかった歴史の事実を知ったことによる衝撃の方が大きかったな。
この事をいままで知らなかった自分が恥かしくなったよ。

映画館、結構こんでたよ。年配のひとや小さい子も見にきてた。

4 :名無しさん:02/01/07 21:31 ID:9cHdT7kt
嘘付け。映画館はがらがらだった。小さい子は皆無。老人がちらほらという程度だ。
制作費が低いだけじゃなくてシナリオがダサい。後半はひどいぞ。
国家歌う場面で引いたのは俺だけ?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/07 21:33 ID:OMuyFBk7
>4
お前だけ。

6 : :02/01/07 21:46 ID:ENld8iQD
>>5
オレも同じ場面で引いたが、何か?

7 : :02/01/07 22:29 ID:qOVtR+6D
戦時中の現地の方々への指導の様子はえがかれているのか?
小磯声明に沸く現地の人々に様子は描かれているのか?
技術者要請 防衛軍 奉公会 ...所詮映画一つで描けるほど
一国の独立は易しくない。
まして、シナリオの陳腐さは批評以前の問題だ
有る意味ではディズニーの真珠湾と同じレベルだ
もし同じような映画をつくるのなら、現地の古老や研究者
の意見を取り入れて作ってほしい。
東印度独立という方向性は悪くないのだから。
左翼の批判をうけないという意味で、安易な映画になったことは
残念でしかたない。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/07 23:12 ID:jmWycdz4
主人公?の人がやたらにインドネシア人をブン殴るので
さすがに引いた。

劇場はがらがらに空いていて、友達いなそうな右翼青年ばかりがわずかにいた・・・。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/07 23:30 ID:w0NbXn+o
http://www.jiyuu-shikan.org/frontline/iijima/murudeka.html

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/07 23:53 ID:l/JHInYl
バカサヨクの典型的ムルデカ批判論破

@右翼の独りよがり

残念、インドネシア国軍とインドネシア観光文化省の協力を得て作られた。

A客は馬鹿ウヨだけだった

GW中の配収成績で3位になりましたが
おそらく日本国民の大多数が右翼ということですかね?

B制作費が安いチープな映画

残念、10億円もかかってますので邦画としては
制作費が多いのです。
まあパールハーバーの1/15ですので、戦争映画としては
せこいですが、左翼の似非ドキュメンタリーよりよほどまし。

Cインドネシアから史実に対する抗議があった。

インドネシアからの抗議は史実に対するものではなくって
風習に対するものです。
実際そういった事実があったのですが、インドネシア国民感情に配慮して
修正しました。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/07 23:57 ID:1617Xhw4
そういう映画があったのか。当時1年間ぐらいTV持っていなかったので
全然知らなかった。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 00:06 ID:g9NKRXdG
この度、『ムルデカ』という映画を製作されます貴社に対し、
クリエィティブで且つ大きな取り組みについて嬉しく思い、 敬意を表したいと思います。
過去の人々の歴史には、多くの思い出や、
永遠に語り継がれていく物語がたくさん詰まっており、
それは日本人とインドネシア人の長きにわたる結びつきの一端を成すものであります。
長く困難を極めたインドネシア独立戦争の歴史を背景にして、
この『ムルデカ』というロマンス映画は、
日本とインドネシアの過去の友好関係を巧みに描写しています。
この映画に描かれている物語は、娯楽であることの他に、
過去の歴史を理解し学ぶことで、他の国民や異文化への評価と
敬意の必要性に対する現世代の関心を喚起する一助になるものと信じております。

2000年7月インドネシア共和国大使スマディ・プロトディニング・ラット

13 :  :02/01/08 00:12 ID:6KTOxWJw
サウラビの榎木孝明も出てるよ。節操ね-よナ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 00:30 ID:Ftmu0+1Q
>>10
五月の連休後に週間ランキングで公開第一週目に3位に入ったのは事実。
ただしその後ズルズル下降。

配給元の東宝にしてみれば3位に入った時でさえ
前の週にやってたくれよんしんちゃんより客の入りが悪かったので踏んだり蹴ったりだった。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 03:56 ID:ACmU24CB
インドネシア独立を担った人々が語る日本人との心の交流。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog193.html

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 04:18 ID:QyAHQthA
出たらすぐに購入してWinMXで日本中に配信しよう。

日本中の家庭にビデオをばら撒いても良いくらいだ!

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 13:50 ID:rQoq/fsG
シマザキはウリナラ発祥ニダ!!
チョッパリは謝罪と賠償を・・(以下略

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 13:55 ID:TSwu6y6I
靴にキスするシーンで抗議されたんだよな。
俺もそこは修正するべきだと思った。

19 : :02/01/08 20:03 ID:IQV4dd6a
借りる予定age

20 :七氏@通りすがり:02/01/08 20:06 ID:33eYErT1
俺も見ようage

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 20:44 ID:UkkonqoA
見ればわかるよsage

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/09 18:29 ID:/eXIZ+6C
DVDで買うぞ age

23 : :02/01/09 22:25 ID:9STzkpZ9
>4
>国家歌う場面で引いたのは俺だけ?
俺も引いた。俺はサヨからみれば極右だと思うけど、あのシーンはちょっと。
国策啓蒙映画みたいでな・・・・。

ナチスドイツの宣伝大臣ゲッベルズは、あるヒトラーユーゲントの隊員の英雄的な死を描いた
映画「クベックス」を上映禁止にした。その映画のラストシーンで主人公のクベックス少年が、
死ぬ間際に仲間の隊員達の腕に抱きかかえられながら、ヒトラーユーゲントの歌を歌いながら
息を引き取るというシーンがあって、このシーンがゲッベルズの気に障ったらしい。
彼はちょっとこのシーンを思い出してしまいました。

でも、是非次回作も作ってほしいな。日本側から見た「パールハーバー」とか大河ドラマとしての
「日露戦争」「日本海海戦」とか。安易な反戦平和物語は反吐がでるので。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/09 22:43 ID:wf4qQPE9
>>23
日本でエンターテインメント的な戦争映画を作る(社会的に許容される)には
あと50年はかかるだろうね。

25 :海外:02/01/09 22:44 ID:2SW/07gh
 海外だから見れないんだけど、インドネシアの石井さん(日本にこんにゃく輸出している)
とか出てきますか?現在は私がインドネシアにいないので音信不通なのですが。
 

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/14 11:03 ID:cFX2puV2
いい話だと思ったけど。
映画技法的には、たしかに幼稚な部分もあるけどさ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/17 20:04 ID:QNTK5Es5
戦闘シーンがチープなのは言い訳できないよね。ここら辺は日本映画の限界かなぁ、と。

28 :サルトル2世:02/01/18 16:09 ID:7x8wkI+R
私としては、樋口と杉原をやってほしい。でも、杉原だと複雑な問題が絡んでいる
からねえ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 20:20 ID:EcnTjZgy
こうした映画を許すわけにはいかない!!

http://www.netlaputa.ne.jp/~ei-en/frenet/melapp.htm

思いっきり矛盾したことしてる「映画の自由と真実を守る全国ネットワーク」

http://www.netlaputa.ne.jp/~ei-en/pride/yamada/nanking.htm

南京大屠殺記念館で目をおおう虐殺の証拠写真を展示した資料館に
立ったとき、私は立ちすくむ思いがした。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 21:20 ID:bw228CE0
主人公役の人、演技に肩の力入れすぎてちょと疲れる映画だったな。
最初の戦車がもろハリボテなのは日本映画じゃしゃあないかって感じ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 21:21 ID:pykFsjvw
>南京大屠殺記念館で目をおおう虐殺の証拠写真を展示した資料館に
>立ったとき、私は立ちすくむ思いがした。

確かに!あれだけすごい嘘はなかなかできん。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 21:51 ID:Z/D7jSk+
次回作は何だろう?インパールあたりかなあ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/19 03:08 ID:u1S1mmRX
右翼勧誘映画「ムルデカ」の欺瞞
http://members.tripod.co.jp/esashib/merdeka01.htm

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/19 16:07 ID:fUbtSJ1Y
でも、最近見た映画では一番面白かったよ。

35 :  :02/01/19 16:18 ID:Xqcp8Iem
>>33
そこのHPって凄いね、表現が凶暴だw
掲示板も何か変だし。
有名な所なの?

極右も怖いけど、此奴等にはおよばんなw

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/19 19:30 ID:jp2GhsVj
\ オレたっちゃ海の男だぜ〜! ニャー♪   /
                   \ 沈んだ奴を〜引き上げろっ! ニャー♪/
                                 ___
     ◎ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)三三(
     |\\                     ∧∧  ∧∧ |    |   ∧∧   ∧∧
     |  \\                ( ・-・) ( ・-・) |    |   (   )  (   )
     |   \\            (( | ̄ ̄UU ̄ ̄UU ̄|    | ̄c⌒ ̄ ̄c⌒ ̄| ))
     |     \\          ̄UU ̄ ̄UU ̄ ̄|    | ̄ UU ̄ ̄ UU ̄
     | age   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧∧     |
   ( ・-・)      |
  ( ̄ ̄UU ̄)   |
   ̄UU ̄ ̄     |
     ::         |
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/19 20:01 ID:rqct5bMX
>>33より。

>おまけにこの出演者
>山田純太、保坂尚輝、榎本孝明、
>ハァ??誰ねん?脱力、、
>なめとんのか、東宝!

恐らく「サワラビ」上映前にはここの榎本孝明の名は消えています。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 01:18 ID:SyZ1O46H
こんな歌を知っていますか?インドネシアで50年間歌い継がれてきた「祖国防衛
義勇軍(PETA=ペタ)マーチ」です。

“アジア、すでに敵に向かい、蜂起せり 己を捨てて全力を尽くす
連合国を粉砕せんと 玉散ることもいとわず
進め 進め 義勇軍 アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ
古きアジア 不幸に苦しむ 烈しき圧制に 幾世紀も忍ぶ
大日本 雄々しく立てり アジアを救い 我らを守る
進め 進め 義勇軍 アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ…”

じつは350年間の長きにわたって、オランダの植民地にされてきたインドネシア
が独立を勝ち取ったのは、昭和17年(1942)3月の日本軍進攻がきっかけで
した。350年間の過酷で計算されつくした植民地政策によって、有色人種である
アジア人は白人の支配を脱することは不可能だと思いこまされていました。しかし
そこに白人よりも小さな身体の日本人が突然やってきたかと思うと、なんとたった
9日間の戦闘でオランダ軍は全面降伏してしまったのです。自分達と肌や髪の色の
同じ小柄な日本人が、絶対にかなうはずもないと思っていた白人をあっという間に
やっつけてしまったのです。この様子を目の前で見たインドネシアの人々は、そう
だ!自分達もやればできるんだという勇気を持ったのでした。現地の人々に大歓迎
された日本軍は、オランダによって流刑されていたインドネシア独立運動の指導者
スカルノとハッタを獄中から救出し、日本軍への協力を求めました。こうして昭和
20年8月に日本が敗戦するまでの3年半、オランダ時代とはまったく違う軍政が
実施されました。詳しくは後に掲げる参考文献にあたってほしいのですが、ここで
はインドネシアの中学3年用の歴史教科書から引用してみましょう。

「日本の占領は、後に大きな影響を及ぼすような利点を残した。第一に、オランダ
語と英語が禁止されたので、インドネシア語が成長し、使用が広まった。日本軍政
の3年半に培われたインドネシア語は驚異的発展をとげた。第二に、日本は青年達
に軍事教練を課して、竹槍、木銃によるものだったとはいえ、きびしい規律を教え
込み、勇敢に戦うことや耐え忍ぶことを訓練した。第三に、職場からオランダ人が
すべていなくなり、日本はインドネシア人に高い地位を与えて、われわれに高い能
力や大きい責任を要求する、重要な仕事をまかせた。…」わたしたち日本人には
まったく教えられていませんが、インドネシアの子供達はこういうふうに、このあ
だの戦争について習っているのです。ちょっと驚きですね。


そして戦後賠償の問題でも、交渉にあたった国会議長のアルジ=カルタウイナタ氏
は日本軍が創設した祖国防衛義勇軍(PETA)の大団長だった人なので、日本軍
がインドネシア独立のためにいかに努力したかを肌身にしみて知っていました。そ
こで彼は岸信介首相に対して「独立のお祝いというつもりで賠償金をください。日
本が悪いことをしたから賠償しろというのではありません。」と言っていますし、
当時のインドネシアでは「むしろ日本に感謝使節団を送るべきだ」という声もあが
っていたといいます。さて、もうこれで冒頭の歌が半世紀にわたって歌われている
という理由は分かっていただけたと思います。今もしもあなたに、ちょっと照れく
さいような笑みが浮かんでいたら、それが「誇り」というものかもしれません。

http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03_1.html


39 : :02/01/20 01:22 ID:73ayAD2A
>>33
そのHPソースが書いてない事が、また香ばしい
正に、2ch以下だな(藁

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 01:37 ID:ONT5g97A
練り込み不足の批判もわからんではないが、あのくらい敷居が低いのも
今の段階では許せるのではないか。

あの映画は姿勢が真面目だった。
先人に対してもインドネシアの方々に対しても。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 01:39 ID:7Yvznf5i
>>33のリンクのHP
「当ホームページの無断リンク強制中!」
って書いてあるよ
無断リンクOKってことかな

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 08:06 ID:IOcnqEA0
デヴィ夫人がいいこといった                   
http://www.decaa.org/geturei_koen13_11.htm

43 : :02/01/25 09:03 ID:b93aichg
山田純大をもっと使ってやろうよ。
保坂なんかよりも男前だし背が高くて身体がでかいから見栄えもするし。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 09:21 ID:mLOi7cpg
>>43
山田純大もチョン関係の映画に出演してなかった?
水戸黄門の前シリーズが短かったのは、その映画のロケに
山田が韓国に行くため穴が空いたと聞いた気がする。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 10:19 ID:TR3XXIuM
地元の映画館に見に行ったら俺以外おばちゃんが
二人いるくらいだった。がらがらの映画館で
泣いたね。あの人らはすげーよ。
インドネシアの内戦のニュースが流れると
ちょっとブルーになる。

46 :強制あげ:02/01/26 00:34 ID:PkoWvZsT
あげ!

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 00:35 ID:+IIDixk8
WinMXで流してよ

48 :そんぐらい:02/01/26 00:36 ID:PkoWvZsT
>>47
買えよ

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 00:43 ID:+IIDixk8
ばかやろう、買ったら金が無くなるじゃねえか。

50 : :02/01/26 00:45 ID:PkoWvZsT

貧乏は精神すら貧しくするものなのだなぁ・・・と>>49のチョソをみて思った俺であった。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 00:50 ID:+IIDixk8
www。
そうなんだよw。

52 : :02/01/26 00:59 ID:CDycpbVB
>>51
認めてどうする(w

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 01:12 ID:+IIDixk8
腹が減った。何か食ってくる。
貧乏は腹が空くものだなあ。


54 :53:02/01/26 01:16 ID:UdoSCB/J
腹が減った。何か(=野良犬)食ってくる。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 01:28 ID:4b59H2wz
>>33
こういうこと書いてる人見ると思うんだが、
そんなに日本嫌いならさっさと出てけばいいのに。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 01:28 ID:YlSNE7q4
今週の小泉メルマガで安倍晋がこの話書いてな

57 :私はこれから:02/01/26 01:30 ID:yCkMp2uQ
借りた人いますか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 02:19 ID:2puYhmRh
ムルデカってインドネシアに存命中の日本人兵士や
独立戦争参加兵士の会に取材してないんだよね。
良い映画だと思うけど、どうにも首をかしげたくなる部分はある。
まぁ、演出上仕方なかったんだろうとは思うけど、
どうせなら存命中の兵士に聞き取りして欲しかったよ。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 02:30 ID:CBZELif4
DVDいくらかな? まあ店に見に行けばいいか。

>出たらすぐに購入してWinMXで日本中に配信しよう。

広く知って欲しいものではあるけど
すぐに配信ってのはやめてあげてよ。
なるべく金の回収させてあげなきゃ。
せめて三ヶ月くらいは待ってあげて。


60 :名無しさん:02/01/26 02:46 ID:+fz3CXXl
>出たらすぐに購入してWinMXで日本中に配信しよう。

チョンやチュンみたいな真似するな、ドキュソが

価値があるものに金を払うのは同然だろうが


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 03:25 ID:+IIDixk8
犬ではなくパンを食べて来たよ。

どうせなら、変な物語化ではなく証言等を主体に据えた
ドキュメンタリーにしてほしかったね。
それならリーベンクイツに真っ向からぶつけられる。
物語にしてしまっては、「作り物」的に見られて分が悪い。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 03:27 ID:k8kXQAir

  Λ_Λ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <♯`Д´> <  日本人は謝罪しる!反省しる!再賠償しる!
 (つ   つ │ 朝日新聞を定期購読しる!公明党に投票しる!
 | | |   \__________
 〈__フ__フ


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 03:30 ID:Vc19BwOS
>>62
お面ぐらい付けたほうがいいよ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 03:35 ID:2puYhmRh
良い映画だったし
内容も事実に則したものだったみたいだけど、
アサヒや左の方々に「ちゃんと調査したのか!検証したのか!」と
軽くツッコまれただけで返事に窮しちゃったのはちょっと…
なんで東京の事務所の中だけで作って現地取材を怠ったんだろうね。
現地の戦友会や日本兵も喜んで証言しただろうに。

そこが大変にもったいないと思うです。


65 :2ch知的向上委員会:02/01/26 17:06 ID:b+TePnzV
「戦争がやっと終ったのに、他国の独立戦争に身を投じたインドネシアの日本軍将兵達の姿は、
 現在の感覚からすれば奇異に思えるかもしれません。でも日本軍はインドネシアの人々に
 オランダからの独立、欧米の植民地支配からの脱却を呼びかけてきたんです。私達の年代の
 日本の若者は、いつかはアジアの人々を解放してやろうという夢があった。
 特に私が所属していた児の近衛第2師団は前大戦初期から終戦までスマトラ島に駐屯し、
 インドネシア語も覚えて住民と馴染んでいました。現地の住民達と親しく接するうちに、
 断ち難い絆を結んだ者も少なくありません。だからこそ、そこを第二の故郷と心に決め、
 終戦後も独立軍に加わる者が近衛師団にいちばん多かったのです」

<元・陸軍大尉(通信将校) 総山孝雄(ふさやま・たかお)>
終戦直後は近衛第2師団渉外部に所属し、連合国、インドネシア独立政府などと
さまざまな交渉に携わる。戦後は東洋歯科医学専門学校、東京医科歯科大学、
昭和大学教授を歴任。医学博士(歯科)として、主に虫歯治療で多くの業績を挙げる。
日本学士院会長、東京医科歯科大学名誉教授、日本インドネシア友好協議会副会長。


66 :名無しさん:02/01/26 17:47 ID:zCfUkyMA
インドネシアに残った日本兵を2000人なんてホラ吹く奴。
1000人もいない。スカルノ時代に残留日本兵80名にインドネシア国籍が与えられているが
その数字を見ても少なさがわかるだろう。英雄墓地に眠っている日本人も数名に過ぎない。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 18:21 ID:HB2D2D+4
>>66

インドネシアに残った日本軍将兵は「数個師団規模」だそうです。
墓地に記された日本人は全体の約1割。殆んどが「名も無き戦士」として亡くなった。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 18:25 ID:dSK6QUH0
>インドネシアに残った日本兵を2000人なんてホラ吹く奴。
確かにホラだな。だからって、
>1000人もいない。
あんたまでホラ吹いちゃいかんよ(w

69 :2ch知的向上委員会:02/01/26 19:20 ID:ZxGFwAY/
すでに独立宣言が出され、ジャワでは全島に紅白の独立旗が翻っている。スマトラでも昭和20年11月、
日本軍の司令部庁舎が独立政府に接収され、統治は既に日本軍の手を離れていた。また兵器を巡る独立軍、
日本軍のにらみ合いの各所に発生。それに乗じて主導権を握ろうとする共産党、オランダ系工作員の謀略が
横行した。テビンティンギではオランダの謀略により日本兵60人が殺害され、たまりかねた日本軍による
報復戦の中で、インドネシア人約2000名、日本兵約200名が死亡する惨事となった。
総山さんは連隊長を説得して報復を止めさせ、インドネシア人には独立運動を再開させた。
スマトラは親日に帰った。12月になると英軍に続き、オランダ軍も徐々にスマトラに進駐してくる。
しかし「ムルデカ(独立)」の叫びは大きくなる一方だった。離合集散する民族派、共産派などの
インドネシア民兵、静観するイギリス、再植民地化を虎視眈々と狙うオランダ。
騒然とする中、近衛4連隊がアチェ、そしてインドネシアから去る日が決まった。

70 :2ch知的向上委員会:02/01/26 19:20 ID:ZxGFwAY/
「引き揚げが迫ると、せめて独立軍に武器を残してやりたいと思う者が大勢いました。そこでマレー半島や、
スマトラ戦で捕獲した英蘭の兵器をこっそり渡しました。これは員数外ですから無難でした。
治安維持に出動して、独立派を取り締まる振りをして、弾薬を帰り道に置き去る部隊もありました。
日本軍が撤収する際に床下に隠して、後で回収させる手口もよく使われましたね。
私も通信機器をねだられ、『連合軍から指示が出ている以上、軍需物資をインドネシア軍に渡すわけには
いかない。ただし泥棒が盗むんだったら仕方無いな』と言い置いて、わざと出張してしまった。
そうすると連絡を受けた“泥棒”が持って行く。歩哨は見て見ぬ振りだし、私も『それは仕方ないな』と
とぼけるんです(笑)。
兵器を渡すだけでなく、みずから独立戦争に参加した将兵も一人や二人ではありません。翌年には
オランダ軍が弾圧を本格的に始め、傀儡国家が乱立したり、地方に共産政権が出来たりとインドネシアは
戦乱の時代を迎えます。その中で多くの元日本兵が勇敢に戦い、外国人ながら一軍の参謀長まで勤めた者も
いたほどです。私にも残留の奨めがありましたが、まず荒廃した日本の方をなんとかしなければと思い、
帰国の途につきました。日本人とインドネシア人の和合のために情熱を傾けて献身した終戦後の1年間は、
私にとって生涯忘れ得ない感激の思い出です」

71 :2ch知的向上委員会:02/01/26 19:21 ID:ZxGFwAY/
「私達はアジアの人達と直に接し、アジア解放という使命感を持っていました。でも陸大出で大本営の
要職についたエリート参謀たちの中には、派閥争いに現を抜かし、第一線将兵の奮戦を自分の手柄のように
考え、協力したアジア人を力で支配しようと思い始めた者がいた。それでは欧米列強の侵略と同じではないか。
私たち第一線の兵は、侵略のために命をかけて戦ったのではないんです。だからこそインドネシア人も、
アジア解放の明るい夢を見て、あんなに献身的に協力してくれたんです。私達は戦勝の暁には独立した
アジア各国を後にして、また日本に帰って元の生業に戻る事を楽しみにして戦ったのです。
幸いインドネシアの場合は、政府の方針を受けて独立準備の促進が命じられていました。
それによって独立準備委員会が結成され、スカルノを大統領に、ハッタを副大統領にすることまで決定されていた。
こうした準備が出来ていたからこそ、日本の敗戦がわかると、その二日後にはインドネシアの独立が宣言されたのです」

―――総山孝雄(元陸軍大尉、終戦時は近衛第二師団渉外部勤務)



72 :2ch知的向上委員会:02/01/26 19:23 ID:ZxGFwAY/
参考文献、『歴史群像No.49』(学習研究社刊)

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 00:20 ID:XeNhACip
いま借りてきて見終わった。
よかった。

総山孝雄さんたち旧日本軍の皆さん
インドネシアの皆さん
ありがとう。


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 00:46 ID:0/OuNa6G
この人達がデビより立派なのは太陽が東から昇る以上に確かだ。

75 :極東不敗α:02/01/28 00:52 ID:+rTqT6gY
>「史実に対する正確な裏づけをとっていない」

 歴史を題材として扱うとはいえ、エンターテイメント作品である一映画ごときに、こんな
ドキュソ難癖・・・いや厳しい意見を仰るドキュサヨ・・・いや映画好きの皆さんには、是非、
韓国の「サウラビ」や中国の「日本鬼子」なんかに対しても同じ調子で非難してもらいたいものです。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 01:28 ID:2m24NGUu
http://www.geocities.co.jp/Bookend/9304/daitoua.htm

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 02:12 ID:uyNb7SQx
スカパーで放送しないんですかね?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 02:17 ID:8wbGqMdd
反対に裏付けをとっていさえすれば、連中にグウの音も言わせ
ない「真実」に仕上がったろうに。詰めの甘さが残念だ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 02:22 ID:uyNb7SQx
>>76
感動した!

80 :関係ないので:02/01/28 02:52 ID:2m24NGUu
>>77
あと1年はかかると思われる

ムルデカとは関係ないが光人社から出版されている雑誌 丸(3月号)に書いてる菊兵団山砲隊の砲声絶えて(続)の中でビルマに進軍した際ビルマ人から
”日本軍がイギリス軍を放逐してビルマをビルマ人に返してくれる戦いに感激と感謝を込めて〜歓迎してくれた”とあります

予科練の写真など大東亜戦争の話が多いのでおもろいです
http://www.kojinsha.co.jp/ (3月号のリンクはありまへん...)

81 :80:02/01/28 03:00 ID:2m24NGUu
80です

予科練の写真など大東亜戦争の話が多いのでおもろいです
”おもろいです”は不謹慎なので訂正します
                ↓
予科練の写真など大東亜戦争の話が多いの参考になります


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 04:54 ID:hsOowk4n
ムルデカの制作側って
現在生き残ってる元在インドネシア日本兵に
インタビューすらしてないんだよ。
かなりDQNな内容と聞いたが。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 05:00 ID:8wbGqMdd
極東板プロダクションというのを作って、インタビューして回ろう。


84 :84:02/01/28 07:24 ID:5N+Ihnkv
>>82
「日本鬼子」の制作側って
現在生き残っている(中国共産党により洗脳教育されていない)元在中日本兵に
インタビューすらしてないんだよ。
かなりDQNな内容と聞いたが。

85 ::02/01/28 07:44 ID:rF3Q5xFC
プライドのDVDっ発売されないのかな?

86 :安重根:02/01/28 09:19 ID:4HziLFK6
わたしのように、天皇陛下に忠誠を尽くして欲しい。



87 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 10:14 ID:w4KBp8w5
>>76
この人、こんな事言って逮捕されてないかな・・・もう亡くなってるけど

朴 鉄柱(韓国 平成二年一月逝去・六十八歳 、韓日文化研究所 昭和四十二年十月)

「ソウルから日本を眺めていると、日本が”心”という字に見える。北海道、本州、四国、九州と、心という字に並んでいるではないか。
日本は万世一系の御皇室を頂き、歴史に断絶がない。それに対して韓国は、断絶につぐ断絶の歴史で涙なくしてみることはできない。」

「現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、そもそも大東亜戦争は決して日本から仕掛けたものではなかった。
平和的外交交渉によって事態を打開しようと最後まで取り組んだ。それまで日本はアジアのホープであり、誇り高き民族であった。
最後はハル・ノートをつきつけられ、それを呑むことは屈辱を意味した。”事態ここに至る。座して死を待つよりは、戦って死すべし”というのが、開戦時の心境であった。
それは日本の武士道の発露であった。日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。
それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。日露戦争と大東亜戦争ーこの二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の独立をもたらした。
この意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。」

「大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国であった。
彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。戦争に勝った敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる、というのはクラウゼヴィッツの戦争論である。
日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、”聖なる戦争”であった。
ある人は敗戦によって日本の国土が破壊されたというが、こんなものはすぐに回復できたではないか。
二百数十万人の戦死者は確かに帰ってこないが、しかし彼らは英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて、国民尊崇対象となるのである。」

88 : :02/01/28 11:46 ID:kMw3EUyI
>>87
墓をあばかれて、死体に鞭打たれたりして…
って話がネタじゃないあの国

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 15:36 ID:NDIstw63
>>82
>ムルデカの制作側って
>現在生き残ってる元在インドネシア日本兵に
>インタビューすらしてないんだよ。
>かなりDQNな内容と聞いたが。

映画のパンフレットにはモデルになった軍曹(だったと思う)の談話まで載ってるぞ。
知ったかすんじゃねえよ。腐れ小夜が。


90 : :02/01/28 15:44 ID:M+UwiX8W
>3
極東板の人間にとっては常識のような気がする。

91 : :02/01/28 15:51 ID:M+UwiX8W
>23
パールハーバーは「とらとらとら」があるっしょ。

92 : :02/01/28 16:06 ID:M+UwiX8W
>47
>48
買えとは言わんが、レンタルくらいしとけ。

93 :名無し:02/01/28 16:48 ID:Q0sCANFz
このスレとあんま関係ないけど榎木孝明のHPにあった↓

>「サウラビ」=高句麗・新羅・百済、三国時代の「武士」を指す古代語。
>韓半島から伝わった「サウラビ」精神は、日本で再確立され「武士道」に発展した。

もしかしてこれも捏造ウリナラソースの一例ですか?


94 :名無しさん:02/01/28 18:18 ID:FR7HBd3i
>>93
俺、榎本の事務所に2ちゃんのログを印刷して郵送しておいたけど結局直さないんだね・・・


95 : :02/01/28 18:30 ID:BheL/Nyz
>>93-94
サイト教えて。

96 :名無し:02/01/28 19:16 ID:Q0sCANFz
>>95
ttp://www.officetaka.co.jp/showbiz.html#movie
ほい



97 :超級王八蛋@(;´Д`)y─┛~~~~ ◆V8JKjFUQ :02/01/28 19:25 ID:cSTlPQ6M
この映画見たくて、去年の11月くらいにビデオレンタル店回ったけどなかった。
今まで出てなかったからそりゃないわな(藁
で、みんなの周りのレンタル店に置いてる?
今から近くのTSUTAYAに逝ってみるよ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 20:49 ID:vejeZMZ1
プレスリリースだからね…直すのは難しいでしょう。>HP
韓国サイドは確信してやってるだろうし。

だからといって、この榎木とやらが、無知・コウモリ野郎扱いされても
俺はいっさい同情しないけど(w

99 :nanasi:02/01/28 21:34 ID:Tto1JMiE
キティサヨの極めて恣意的な引用をここに指摘しておきましょう

>>33  右翼勧誘映画「ムルデカ」の欺瞞
http://members.tripod.co.jp/esashib/merdeka01.htm

>>いま人気の俊英映画評論家服部弘一郎さんの言葉です。
>>「、、、この映画の最大の問題は、なんと言っても脚本そのものにある。
>>そもそも映画の冒頭で、「大東亜戦争は日本の自衛戦争であった」と大書してしまう感覚がもう既にダメ。
>>たとえ作り手がそう考えていたとしても、こんなことを声高に叫べば
>>それだけで観客の大半にそっぽを向かれること必至です。」

この部分だけを読むと、このハットリさんという方は、いかにもサヨ的な考えを持っていて、
とにかくアジアの解放などというスローガンには嫌悪を覚えてしまう
タイプのひとなんだという印象を受けてしまいます。
そして、HP管理人は虎の威を借りるごとく 「今人気で俊英の映画評論家」 がこういっているのだ、参ったか!
といわんばかりの権威主義的な恫喝でムルデカをこきおろしているというわけですが・・・・


100 :99のつづき:02/01/28 21:34 ID:Tto1JMiE
これがその全文です  ↓

http://kawara-ban.plaza.gaiax.com/01/01031603.html

上の引用に続いて、ハットリさんはこんなことを言ってます

>>インドネシア独立のために血を流した日本人がいたという事実を、
>>「太平洋戦争は侵略戦争で、日本はアジア諸国に多大な迷惑をかけた」と信じている人に
>>知ってもらわなければ意味がないと僕は思うのだ。

そう、ハットリさんは、「現代の日本人にも共感できるドラマにするためには、もっと別の工夫が必要だった」
「『太平洋戦争=侵略戦争』『旧日本軍=悪の軍団』と思っている人たちは最初からこの映画を心理的に拒否してしまう」
 という純映画評論的な批判をしているのでありまして、他にも

>>実際には戦争を生き延び、独立後のインドネシアでそれこそ粉骨砕身働いて、
>>現代のインドネシア社会で尊敬される地位を得た日本人も多いのです

などという発言をしているところからして、思想的にはキティサヨとは一線を画した位置にいる人なのです。

ただし、この人が映画としてのムルデカをワースト1に位置付けているのは本心でしょう。
また、「リーベンクイズ」 を真に受けるというイタイ認識を持ち合わせた人でもありますが、
すくなくともこのHP管理人がハットリさんを自分と同列に語るなどという行為は
おこがましいにもほどがあるというべきでしょう。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 21:43 ID:6AVgxpNd
映画はサヨ・在日の支配下にあるんだから、やつらの土俵に
のった時点で、このスレの連中はバカ

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 22:10 ID:p+nYvqTQ
>>99
>>100

ハットリ君は気鋭でも俊英でもなんでもないよ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 22:26 ID:k3pI+6eD
この映画はみてないけど、もし、映画の途中で国歌を歌ったというなら、
たぶん、脚本家は昔のあのドキュメンタリーを見て作ったんだと思う。
今から12年前ぐらいかな、TBS(だったと思う)で紀行もののドキュメンタリー番組があって、
インドネシアの東の島のイリアンジャ州の特集があった。その週の題名は「時の(なんとか)イリアンジャ」だったかな。
そこには奥地では、まだ裸族がいて、狩猟と他の部族との物々交換で生計を立てていて、
世界から取り残された島という内容だった。比較的開けた海でも、まだ手作りの舟で漁村の人たちが交易していて、
最近貨幣が使い始められたというのがあったかと思う。
その漁村の村長が、昔はTシャツや腕時計なんてもってなく、みんな腰みの一つで生活してきた様子を
語っていて、素朴な牧歌的な生活をしていたという内容だった。
だけど、この村は一度だけ世界の大きな流れに関わったことがあるということで、
実はこの村の近くに、連合軍と日本軍の海戦があった(たしか上陸戦だったと思う)。
今でもその時の艦船が座礁して残っていた。そこで村長の言葉が衝撃的だった。
村長が若い頃にこんなところに日本軍がやってきて、その日本兵たちは我々に
我々の独立のために共に戦おうと訴えたので、我々も武器を持って一緒に戦ったというものだった。
そして、その村長が日本人が教えてくれた歌を一つ未だ忘れず知っているといって歌い出したのが、
君が代。日本語ができない人だと思うけど上手だった。そこで番組が終わった。
このあと、めちゃ泣けたのを覚えている。当時の日本人はこんな奥地までやってきて、
こんなスケールの大きい戦争してたんだ、「太平洋の嵐」ってあったのだけど的を得てるなあと思った。
当時高校生だったけど、君が代ってこんないい歌だったんだなと純粋に感動した。
でも、この番組、好評だったのにその後うち切られたのは残念だったと思う。

104 :h:02/01/28 22:27 ID:qBrGV2LD
●貴方に代って恨み晴らします!!!★別れ工作・特殊調査専門!!!
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・債権トラブル・不倫疑惑・証拠が
欲しい・電話番号などから住所などの詳細を調べて欲しい・等など
何でも気軽に相談下さい。確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します。

http://www.blacklist.jp 

_ 女性秘密工作員・募集中!高収入確実!!!
http://www.blacklist.jp 


105 ::02/01/28 23:34 ID:wZ5WEVqM
>>99 >>100
そのハットリちゃんに伝えるべきですね。
あのマッカーサーは、日本は自衛のために戦ったって言ってますよって。

 ダグラス・マッカーサー(アメリカ、日本占領連合軍最高司令官・元帥)

 日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万から一千二百万が失業するのではないかと恐れていた。
それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障のためであった。
(1951年5月3日米上院の軍事外交合同委員会の聴聞会における発言)


>>103
その話しも感動ですね。
わたしはウヨでもサヨでもないんですが、単純に「一日本人」として涙が出るような思いです。

106 :くしなだ神社@月読:02/01/28 23:48 ID:yHMtP1q+
>>103
こういうのがほんとだろうに、
アカは、日本兵がニューギニアで現地人を食べたとか
むちゃくちゃな捏造をやるんだから。
このように戦ったかつての日本兵をそこまでして貶めて、
何が嬉しいんだろうね。(しかもそれで善人面しやがる)
こういういい話を聞くと、とみにそう思う。

107 :安重根:02/01/28 23:50 ID:5YFdz9qA
>>99
>服部弘一郎

誰?
ハンプーの私は、聞いたことがないんだけど・・

108 : :02/01/29 02:39 ID:EauZNZxW
ベリリュー島の戦いも映画にして欲しいな。


109 : :02/01/29 05:36 ID:4QsqFKy2
>>24
>>日本でエンターテインメント的な戦争映画を作る(社会的に許容される)には
>>あと50年はかかるだろうね

岡本喜八監督の 「独立愚連隊」 (1960) なんかはバリバリのエンタテインメント。
クライマックスでは、襲いくるシナ軍兵士の大群に向かって 「やっつけろ!」 と叫んで
機関銃を乱射するシーンが出てくる。むしろ、今では絶対出来ない描写。


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 19:49 ID:bFDKE/J1
ムルデカ意外と人気で近所のレンタル屋では何所も貸し出し中。
まぁ、二〜三本しか入ってないんだけどね。

111 :名無しさん:02/01/29 20:56 ID:nV8inyvA
そんなこというならヒトラー著「我が闘争」はいつも貸し出し中。大盛況だね(藁

112 :七氏@通りすがり:02/01/29 21:02 ID:bGopMP8o
なんか地球市民とか市民団体とか良識のある云々どもの所為で映画はもとより
色んなメディアが規制くらいまくってる感があるよね。
良いアイデアがあってもDQNの所為で実現できないってのはかなり痛いよね。

113 : :02/01/31 22:32 ID:bPlv15td
age

114 :にょ:02/01/31 22:42 ID:CAta0ZdX
岡本喜八最高!!「日本のいちばん長い日」カコイイ!!
三船敏郎(阿南陸軍大臣役)カコイイ、、笠智衆(鈴木貫太郎首相役)カワイイ
何で往年「ジャズ大名」なんてつくったんかな、、、
「独立愚連隊」まだみてない(゚Д゚)
カコイイ?

115 :鉄血勤皇隊:02/02/01 03:17 ID:JJVivw25
独立愚連隊、カコイイヨ!

独立愚連隊、独立愚連隊西へは、LDになってました。
DVDには、まだなってないかな?
佐藤充の、加藤隼戦闘隊のDVDは出てたかも。。。
最近は、古い日本の戦争映画がDVDになってるね。

でも、ボクの大好きな映画は戦時中の「轟沈」だったり。
実写でモノホンの帝国陸海軍は、迫力あるよー。
さすが、太平洋を暴れまわった精鋭だと頷けるよー

116 :岡本喜八:02/02/01 03:22 ID:wMx50FLb

>>114
「沖縄決戦」、見てくれ。

117 :age:02/02/03 19:45 ID:yGRS0Y7s
あがりマース

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 20:34 ID:3ZbsZhdF
近所のTUTAYAに置いてなかった。鬱だ。

119 :映画板:02/02/03 20:37 ID:oEAAyefa
のムルデカスレを読むと、レンタル店で店員に、
「右翼映画は貸せない!」と断られた人がいる模様..

120 :WAW:02/02/03 20:58 ID:dUjxbuxo
>>119
日本鬼子なら腐るほど有ったりして(w

121 :雪男:02/02/03 21:11 ID:6GGIIUue
久々に良い日本映画見たよ。
普通は制作費云々以前に役者が下手過ぎ(特に”その他大勢”)て見てられないもんな。
メイキング見たら本物の兵士だって,納得

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 06:46 ID:DGWV4FNh
                 

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 07:54 ID:tVG4m9ZD
>>109
>クライマックスでは、襲いくるシナ軍兵士の大群に向かって 
>「やっつけろ!」と叫んで機関銃を乱射するシーンが出てくる。

わはは。「スターシップ・トゥルーパーズ」みたいな感じ、と理解してよろしいか?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 11:25 ID:OatCrmwD
つぶせ

■■■日本鬼子/リーベンクイズ■■■
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/movie/1006373659/l50

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 13:12 ID:5cEMkA1b
ようやく観た。

正直、映画としての出来はどうよ? って気はするんだけど、
(映像的にはいいんだけど、シナリオがどうにも、、、)
保坂の「俺の魂はお前達と共にある!」(だったっけ?)ってのが
たまらなくカコ(・∀・)イイ!!とオモタ。

日本軍万歳。

126 :無論AGE:02/02/11 16:15 ID:UJnFLTGu
っつーか劇場で数回見て、かつDVDも買ったYo!

127 :  :02/02/11 16:18 ID:3GAemGxX
サウラビ出演の榎本は萎え。

128 : :02/02/11 16:37 ID:fEC1XZpI
ドキュメンタリーとして見るべきなのかな。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 17:06 ID:rf2HIYWg
インドネシアに何人か友達いるけど
ほどんどの若いインドネシアの人たち
は日本兵が一緒に戦ったてこと知らない
んだよね。残念だけど。彼らにムルデカのこと
を話しても彼らのイメージはあんまりよくないみたいだね。
やっぱりインドネシアも左翼勢力の圧力かな?

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/11 17:10 ID:boOTzr30
昨日のプライベートライアンと比較しちゃうと

戦闘シーンは物足りなかったし、シナリオもちょっと・・・
この題材ではもっといてける製作の仕方があったと思う今日この頃。
>>125のいうとおり保坂の最後にはぐっときたけどね。

しかしPRを創れるHWに嫉妬がメラメラ・・・はぁ。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 17:38 ID:Hbgm4EnJ
二月十二日の中日新聞の読者投稿より
医者でも馬鹿はいつまでも馬鹿なんだな。

罪を償うため戦争資料館を
    渡辺 貞夫 医師 69
戦争を告白する映画「日本鬼子」を見た。老い先短い皇軍兵士が、数十年前の
自らのおぞましい所業を克明に語る勇気に感銘を受けた。上官の命令に逆らえば
制裁を受けるので、中国の女性や子供に対し、言語に絶する地獄絵を展開した。
平和ボケの日本人必見の映画として、誠に時宜を得た作品である。特に、元軍医
や看護婦までが笑顔で生体実験を行ったことに衝撃をうけた。今なお過去の事実
を隠し続け、南京虐殺を数ですり替え、戦争を美化する歴史歪曲勢力や有事法制
を急ぐ政府に警鐘を鳴らす映画でもある。
加害者としての贖罪を果たした十四人の元兵士は、安らかに永眠できよう。一方、
重い心の負担を抱えた元兵士も数知れない。このような方たちは、愛知県が建設
を先送りしている戦争資料館を早く造るよう働き掛けてはいかがだろう

132 : :02/02/12 17:46 ID:QwjqLW24
>>131
渡辺貞夫って・・・
一瞬ドキッとしたよ。

133 : :02/02/12 18:18 ID:VbEQ7hdN
>>127
それは紛い物の榎木孝明じゃなかったっけ?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 21:11 ID:+faMfFJp
テレビで「プライベートライアン」見た後にレンタル見た(藁
何か戦闘シーンなんか温かい目で見守っちゃった。
でも面白かったなぁ。内容は濃い。史実通りなのかは解らんが。

軍部の宣伝用救出作戦で救出隊が死んでいくだけの映画とは違うのぅ
関係ない話でsage


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 21:14 ID:2XUPbC/H
>>131
医者は馬鹿ブサヨク多いよ。ok

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/12 21:15 ID:2XUPbC/H
gomennage

137 :age:02/02/12 21:23 ID:omfDiXwG
オランダ兵に拷問されてるとこで泣いたyo・・・!

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/13 00:52 ID:nUa+i2Vh
今日やっと見る事が出来た。
ずっと貸し出し中だった。
TUTAYAでも置いてあるところとないところがあるのかな?
ちゃんと当時の軍上層部と、現場の葛藤や暴力的に振舞う日本兵のすがたもそれなりに
のってるが、やはり地球市民にとっては日本が良い事をしたというのは是が非でも認め
たくないんだろう。
そういやこの映画に出るなと地球市民の方から圧力があったと、ムルデカに出てたある
俳優が言ってたな。

139 :支援爆撃:02/02/13 19:59 ID:B9K009V/
AGE

140 : :02/02/13 20:08 ID:bLBtUoVz
>>138
うちの近くのツタヤにゃないね。
韓国コーナーはデンとそびえているが。


141 :ななち:02/02/13 22:36 ID:tqPwSI31
>>140
うちの近所のTUTAYAにもなかったYO!
なんで「イルマーレ」は入荷するのに「ムルデカ」は入ってないのか
小一時間問いつめたい。

さすがに韓国コーナーなんてものはないが(w

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/21 17:51 ID:iNyWWn6+
すべての小中学生に見せるべきだろ

143 :11cc:02/02/21 18:52 ID:0IAK5QxE
おかしいね・・TUTAYAに4本しか入荷されてませんでした。
ちなみに「ぱーるはーばー」は、かなりの数入荷(50本)

馬鹿じゃねーの?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/21 19:58 ID:rVSB5lPD
宣伝力が足りない

145 :デジカカ:02/02/21 20:25 ID:TB9liUVe
ウリナラコーナー最近どこの店もやってるね。
なんか香港映画とかもそこにおいてあるの。
もうね、アホかと、馬鹿かと。ニダーかと。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/21 21:03 ID:EzOrfZo0
借りてきたーよ('∀')

147 :半島カルトにひっかかるヴァカはチョンの手先:02/02/22 00:13 ID:Nu3/0F/F

「ムルデカ!」の善本社(統一協会系?)について
http://ebi.2ch.net/sisou/kako/989/989602667.html

1 名前: 勝共連合逝ってよし! 投稿日: 2001/05/12(土) 02:37

「文鮮明・人と思想」とかいう本を出してるみたいですけど、善本社
って、統一協会系の出版社なんですか?

参照
http://www.google.com/search?q=cache:60d7dedc81978c3d:www.chojin.com/sando4.html+%91P%96%7B%8E%D0%81%40%95%B6%91N%96%BE&hl=ja&lr=lang_ja



148 :半島カルトにひっかかるヴァカはチョンの手先:02/02/22 01:53 ID:Nu3/0F/F
ムルデカ!インドネシア独立と日本
総山 孝雄 (著) 単行本 (1998/05/01) 善本社

文鮮明―人と思想
松下 正寿 (著) 単行本 (1984/01/01) 善本社

文鮮明・思想と統一運動
福田 信之 (編集) 単行本 (1987/02/01) 善本社

国際化時代と日本 再訂版―10年後の国家目標
世界平和教授アカデミー (編さん) 単行本 (1983/12/01) 善本社

日本は侵略国家ではない
勝田 吉太郎 (編集) 単行本 (1993/12/01) 善本社

「日教組」という名の十字架―戦後教育の源流をたどる
小林 正 (著) 単行本 (2001/10/01) 善本社

歴史教科書のここがおかしい―日清・日露・大東亜戦争を検定する
田中舘 貢橘 (著) 単行本 (2000/05/01) 善本社

南京大虐殺はなかった―『戦争の流れの中に』からの抜粋
前田 雄二 (著) 単行本 (1999/11/01) 善本社

教育基本法の問題点―教師と父母との教育問答 善本選書 6
上杉 千年 (著)

民主教育の落し穴―戦後世俗化の風土を斬る!!
勝田 吉太郎 (著) 単行本 (1989/11/01) 善本社

日教組が崩れ去る日
石川 佐智子 (著) 単行本 (1985/01/01) 善本社

日本版 収容所列島―共産党の宗教迫害
共産主義と宗教問題研究会 単行本 (1984/06/01) 善本社

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/22 02:09 ID:lOBFMq60
本じゃなくてDVDの話だよぅ>147

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/22 04:23 ID:0ISSbDex
おもしろかたーよ('∀')

151 :('∀'):02/02/22 06:55 ID:mxCHOOBg
AGE('∀')


152 :国連人:02/02/22 12:18 ID:00/eW1Ht
ムルデカの興行収入 5.5億円
ムルデカの制作費  10億円

153 : :02/02/22 12:31 ID:Zn7h0cnF
>>152
収入云々より、作った事に意義がある。と、言ってみる。

154 :デジカカ:02/02/22 12:40 ID:CI1Y1tg7
>>152は国連と日本との離別を謀(以下略)

155 :  :02/02/22 13:01 ID:ilCH9gfx
大義を信じ大義に死した好漢達の物語。よかったよ。


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/22 15:12 ID:Z9KxXstW
日本人の本質的にやっぱりお人好しなんだね。
そこまで責任感を感じて尽くさなくても良いのに…。
でも良かった。
インドネシア人の役者が生き生きしててビクーリ。
初めて南方系の女子を可愛いと感じだよ(w

157 :11cc:02/02/22 15:54 ID:m6wqOzSS
>南方系の女子を可愛いと感じだよ(w

可愛かった・・・同意


158 :【祝】東日本ハウス映画事業完全撤退【祝】:02/02/22 16:28 ID:z+mMaCz7
313 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/04/18(水) 20:07
昨日、前売り30枚買わされた。
どうすんだよ、30枚もよ。
東友会入ってるからしょうがないけどまじムカつく。
東日本氏ね!中○功氏ね!!

315 名前: >313様 投稿日: 2001/04/18(水) 20:23
>昨日、前売り30枚買わされた。
>どうすんだよ、30枚もよ。
1500X30=45000円ですか。
すごいです。
感謝します。
ただ、東友会って?教えてください。

316 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/04/18(水) 20:43
>>315
東日本ハウスの下請協力会。

331 名前: ななし虫 投稿日: 2001/04/18(水) 21:45
東友会って 洋服の青山かなんかにもあるような
社内クラブみたいなの? なんか無理やり物を買わされる
組合だってきいたけど

339 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/04/18(水) 21:53
>>331
社員じゃないって。
大工とか、土方とか、電気屋とか、左官屋とか東日本から仕事もらってる
下請けが入らされる会。
言うこと聞かなきゃ仕事もらえないからキツイっす。
選挙のときも青年自由党の応援で大変です。

http://saki.2ch.net/news/kako/987/987359413.html

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/23 17:03 ID:QPslUIVy
銀河高原ビールage

160 : :02/02/24 02:30 ID:001fk7Eh
報告、近所のレンタル店すべて貸し出し中であります。

161 :11cc:02/02/24 02:36 ID:MIMv6J9D
>>160

何本置いてありました?(少ないと思うけど)

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/24 02:37 ID:wvseHgTU
>>160

チェーンだから仕方なく入荷したけど
ほんとは嫌だってなサヨ店長の小細工ってことも…


163 : :02/02/24 02:43 ID:001fk7Eh
>>161
一軒目は三本、二軒目は一本、三件目は四本、四軒目も三本でした。
ちなみに参考としてJSAの本数を挙げると、二本、十本、五本、一本でした。
四軒目は個人経営で普段は新作も一本しか入荷しない店です。すげえ。
しかし二軒目が… >>162のパターンかも…

164 :11cc:02/02/24 02:55 ID:MIMv6J9D
2件目が「(・∀・)韓国デシタ」ってことですね。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 04:24 ID:nK3b/8iv
関連リンク
http://www.zdnet.co.jp/netlife/links/0011/12/past.html
長編ドキュメント映画「東京裁判」も傑作
http://www.rakuten.co.jp/cfc-co/419000/416869/

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 04:47 ID:AW6THqQn
http://member.nifty.ne.jp/winds/ISYO.HTM

東条英機の遺書・・・
日本人よ!覚醒せよ!


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 05:53 ID:SMXviHQi
感動age


168 : :02/03/03 18:12 ID:a7jF1SEL
感動age

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/03 19:08 ID:UXCh5pih
逃亡兵とされて、日本に帰れなかったから
インドネシア独立戦争に加わった・・200人と、
今日、再放送のお宝鑑定団で伸介が言ってたけど、
そんな話だったけ?
人数も違うんじゃない?

170 :  :02/03/03 19:23 ID:dVY43cKZ
>>169
そうですね。全然違う。
日本がインドネシアに約束した独立を反故にするわけにはいかないからと、
2,000人の日本兵が自発的に残って独立戦争に参加し、その半数が戦死したんですよね。

それが、どうして、そういういいかげんな話になっちゃうのかな・・・?
伸介さんの勝手な思い込みとは思えないけど。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/03 22:05 ID:jP4cMh3k
とりあえず「紳介」ね。


172 :169:02/03/03 22:08 ID:UXCh5pih
>>170
曰く、原作を読んだらしい。
さらに、映画の宣伝の為に主演の山田純大がゲストだったけど、
笑顔で頷いていたんだよね。
なんか変??

173 : :02/03/04 00:26 ID:3NdHVijA
紳介の天然かと…

174 :デジカカ:02/03/05 01:13 ID:9rx0fW2k
押忍! たった今見終わりました。
涙が、涙が止まらんのであります!
これほどまでに日本人に生まれて良かったと思えることは…!

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/07 15:40 ID:M4u38OlM
韓国のウリナラマンセー映画と変わらないだろ。
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1013278791/l50

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/08 00:08 ID:dO05kW6T
age

177 : :02/03/08 00:23 ID:S12hegkt
>>175それは所詮捏造によるデキソコナイファンタジー
事実をベースにした映画「ムルデカ」とは次元が違う。


178 :デジカカ:02/03/08 00:33 ID:ozUjXJz9
>>175
「ムルデカ」には勇敢な日本兵とインドネシア兵が出てくるものの、
日本マンセーな描写はありません。
強いていえばオランダ=悪みたいな描写があったけど、これこそ
この映画の最もリアルな部分だし。

しかし、近年の怪獣映画よりは完成度も高いのに、妨害工作と運動のおかげで
まともな評価が得られていない。
↓容疑者
http://www.netlaputa.ne.jp/~ei-en/frenet/news14.htm
http://www.netlaputa.ne.jp/~ei-en/frenet/news13.htm
http://www.netlaputa.ne.jp/~ei-en/frenet/17805.htm
http://www.netlaputa.ne.jp/~ei-en/frenet/jiyunet.htm
不自由と欺瞞を押し付ける映画「自由」ネット。本来なら低劣なお笑いだが…

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/08 00:35 ID:aKSsjinT
なるほど。
マンセーじゃないなら折れも観てみるよ。

180 :ムルアカ:02/03/08 01:32 ID:OzVtPKN8
ん?



ムルデカ?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/08 02:07 ID:W68oAzod
>>4 >>6
早く日狂疽の洗脳が溶けるといいね。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 13:11 ID:mCOutv2Q
どうでもいいけど、
次はもう少し見栄えのする映画を作ってくれ。
チープなんだよ。
制作費がすべてとは思わないけど、パルハバーの15分の1じゃ勝負にならんよ。
制作費が少ない割にはがんばった!なんて言い訳は聞きたくないぜ。
パールハバーの出来栄えとの落差をみると、昔アメリカの物量作戦にやられたのを思い出すYO。


183 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 13:19 ID:/6D34ak/
パールハーバーなんてCGだけじゃん。
中身も歴史的信用度もゴミ。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 13:47 ID:ZT6Hx1Zt
age

185 :デジカカ:02/03/09 14:05 ID:7eW7b4v0
真珠湾より平均して完成度が高かった気がする。
「見所」がないので気がつかないけど。
西洋の戦闘中心の戦争映画と比べるのがおかしい。

ただ総制作費50億ぐらいのムルデカも見てみたい気がする。

186 :再度あげ:02/03/09 14:30 ID:UngYXlaG
「戦争がやっと終ったのに、他国の独立戦争に身を投じたインドネシアの日本軍将兵達の姿は、
現在の感覚からすれば奇異に思えるかもしれません。でも日本軍はインドネシアの人々に
オランダからの独立、欧米の植民地支配からの脱却を呼びかけてきたんです。私達の年代の
日本の若者は、いつかはアジアの人々を解放してやろうという夢があった。
特に私が所属していた児の近衛第2師団は前大戦初期から終戦までスマトラ島に駐屯し、
インドネシア語も覚えて住民と馴染んでいました。現地の住民達と親しく接するうちに、
断ち難い絆を結んだ者も少なくありません。だからこそ、そこを第二の故郷と心に決め、
終戦後も独立軍に加わる者が近衛師団にいちばん多かったのです」

「私達はアジアの人達と直に接し、アジア解放という使命感を持っていました。でも陸大出で大本営の
要職についたエリート参謀たちの中には、派閥争いに現を抜かし、第一線将兵の奮戦を自分の手柄のように
考え、協力したアジア人を力で支配しようと思い始めた者がいた。それでは欧米列強の侵略と同じではないか。
私たち第一線の兵は、侵略のために命をかけて戦ったのではないんです。だからこそインドネシア人も、
アジア解放の明るい夢を見て、あんなに献身的に協力してくれたんです。私達は戦勝の暁には独立した
アジア各国を後にして、また日本に帰って元の生業に戻る事を楽しみにして戦ったのです。
幸いインドネシアの場合は、政府の方針を受けて独立準備の促進が命じられていました。
それによって独立準備委員会が結成され、スカルノを大統領に、ハッタを副大統領にすることまで決定されていた。
こうした準備が出来ていたからこそ、日本の敗戦がわかると、その二日後にはインドネシアの独立が宣言されたのです」


187 :再度あげ:02/03/09 14:31 ID:UngYXlaG
すでに独立宣言が出され、ジャワでは全島に紅白の独立旗が翻っている。スマトラでも昭和20年11月、
日本軍の司令部庁舎が独立政府に接収され、統治は既に日本軍の手を離れていた。また兵器を巡る独立軍、
日本軍のにらみ合いの各所に発生。それに乗じて主導権を握ろうとする共産党、オランダ系工作員の謀略が
横行した。テビンティンギではオランダの謀略により日本兵60人が殺害され、たまりかねた日本軍による
報復戦の中で、インドネシア人約2000名、日本兵約200名が死亡する惨事となった。
総山さんは連隊長を説得して報復を止めさせ、インドネシア人には独立運動を再開させた。
スマトラは親日に帰った。12月になると英軍に続き、オランダ軍も徐々にスマトラに進駐してくる。
しかし「ムルデカ(独立)」の叫びは大きくなる一方だった。離合集散する民族派、共産派などの
インドネシア民兵、静観するイギリス、再植民地化を虎視眈々と狙うオランダ。
騒然とする中、近衛4連隊がアチェ、そしてインドネシアから去る日が決まった。

「引き揚げが迫ると、せめて独立軍に武器を残してやりたいと思う者が大勢いました。そこでマレー半島や、
スマトラ戦で捕獲した英蘭の兵器をこっそり渡しました。これは員数外ですから無難でした。
治安維持に出動して、独立派を取り締まる振りをして、弾薬を帰り道に置き去る部隊もありました。
日本軍が撤収する際に床下に隠して、後で回収させる手口もよく使われましたね。
私も通信機器をねだられ、『連合軍から指示が出ている以上、軍需物資をインドネシア軍に渡すわけには
いかない。ただし泥棒が盗むんだったら仕方無いな』と言い置いて、わざと出張してしまった。
そうすると連絡を受けた“泥棒”が持って行く。歩哨は見て見ぬ振りだし、私も『それは仕方ないな』と
とぼけるんです(笑)。
兵器を渡すだけでなく、みずから独立戦争に参加した将兵も一人や二人ではありません。翌年には
オランダ軍が弾圧を本格的に始め、傀儡国家が乱立したり、地方に共産政権が出来たりとインドネシアは
戦乱の時代を迎えます。その中で多くの元日本兵が勇敢に戦い、外国人ながら一軍の参謀長まで勤めた者も
いたほどです。私にも残留の奨めがありましたが、まず荒廃した日本の方をなんとかしなければと思い、
帰国の途につきました。日本人とインドネシア人の和合のために情熱を傾けて献身した終戦後の1年間は、
私にとって生涯忘れ得ない感激の思い出です」

―――総山孝雄(ふさやま・たかお)元陸軍大尉(通信将校)
終戦直後は近衛第2師団渉外部に所属し、連合国、インドネシア独立政府などと
さまざまな交渉に携わる。戦後は東洋歯科医学専門学校、東京医科歯科大学、
昭和大学教授を歴任。医学博士(歯科)として、主に虫歯治療で多くの業績を挙げる。
日本学士院会長、東京医科歯科大学名誉教授、日本インドネシア友好協議会副会長。



188 :七氏@通りすがり ◆RXcNtpf. :02/03/09 15:12 ID:qtP7Fo26
>>186-187 某スレ928はこう言う証言は信じられないんだろうな。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 15:58 ID:UngYXlaG
某スレ928=ネットカフェからカキコする学生。


190 :   :02/03/09 16:05 ID:lwIGAm34
なんか凄そうな映画ですね..
独立戦争に身を投じた日本兵がメインのようですが、それ以前の
現地人青少年への集団訓練、軍事訓練 あるいは小磯声明に湧き立つ市民
の描写もあるのでしょうか?
小磯声明後の町にはムルデカと書かれたアドバルーンがあがり
横断幕をもって旗行列を行ったそうですが....まさか日本兵ばっかりとか?

191 : :02/03/09 16:11 ID:k/FvskYX
>>190
インドネシア国軍の全面協力で
>現地人青少年への集団訓練、軍事訓練 あるいは小磯声明に湧き立つ市民
の描写
はたくさんある、っつーか半分以上はソレ


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 16:33 ID:K6KYSl2V
日本映画って金とかそういうことの前に
親方制度みたいなふるい体制が残ってるんで
いつまでたっても技術をしっかり導入しないで。
場当たり的に使ってるから糞なんだろうね。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 16:45 ID:UngYXlaG
ムルデカに関してはインドネシアの富裕層がほぼ華僑なので、かなり反対運動があったが
政府、軍関係者はインドネシア人なのでゴリ押ししたが予算不足や妨害運動であのレヴェルの作品に。


194 :七資産 ◆IB6Dn.jk :02/03/09 16:54 ID:6+zzwJG7
<ムルデカ>
アニメでは出来ないのか?

予算さえたっぷり出せば、妨害なんて出来ないだろ?

本当に、日本政府は、せっかくの対外プロパガンダの道具を
捨てようとしてるよ・・・

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 16:59 ID:WrG92Hu3
>>193
そうなんだよ。
東南アジアでは華僑がうざいんだよ。
日本の功績をせめて日本人だけでも
知っておかないとたいへんだよ。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/09 17:01 ID:UngYXlaG
>>194

30年ぐらい前に戦争物のTVアニメ番組あったって話だよ。


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/10 00:31 ID:uYaIlGJl
今日DVD買ってきて見たよ。面白かった。感動した。泣けた。

つか、これ、インドネシアマンセー映画だよね、どう見ても。インドネシアの
人達がどんな万難排して独立を勝ち取れたか、って。

確かに旧日本軍が独立のタネを蒔いたイントロだけど、日本軍にもどーにもならん
軍人も居た事もちゃんと映画のワンシーンにあったし。それに大日本帝国の
方針の変化もしっかり映画のストーリーの流れに描かれていたし。

まあ、これ見てむかつくのは、>>178も書いてるようにオランダ人だろうね。オランダ人は
極悪非道に描かれてるから。でもインドネシア国軍や政府機関の協力を
受けてこの映画が作られたところ見ても、それがインドネシアの素朴な気持ち
なんだろうね。

122分とハリウッドサイズより長かったけど、あっと言う間に見られたよ。
日本の大本営にはむかついたけど、当時の日本人の毅然とした気骨ある
振る舞いには、改めて感動した。そして、インドネシアの人々が、血も汗も
流し、あらゆる苦難を乗り越え今の独立を勝ち取った、すばらしき、インドネシア。
そういう映画にしか、見えなかったけどなあ。

#見終わった後、ジャカルタの戦没者墓地に俺も行きたくなった。
#独立戦争で命を落とした、インドネシアと日本人すべてを見舞いに。

所で、この映画はインドネシアでは公開されたの?見て欲しいけどなあ。


198 : :02/03/10 00:33 ID:ivOvHyGI
この映画も良かった。
『プライド・運命の瞬間(とき)』も名作。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/10 00:38 ID:3dl7pd6v
ま、自分達の国を持ち上げた映画を観れば
気分が良くなるのは解るけど、その真偽は
また別問題だよ。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/10 00:39 ID:IABxelMw
ヒデキには感激しない。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/10 00:48 ID:7JCfsEtW
まあ日本鬼子見るならこっちも見ましょうよ(笑

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/10 00:53 ID:IABxelMw
ツルッパゲ裁判映画やるぐらいなら大西中将メインで神風やれ!

203 :デジカカ:02/03/10 01:04 ID:DNIjoS6a
>>199
同意。「南京1937」みたいなマンセー映画最低だよね。
あと「ユリョン」とか。

204 : :02/03/10 01:20 ID:mCE4zmvC
>>199
真偽って?
『プライド』の裁判シーンは全部史実だったと思いますけど。
違うの?

205 :197:02/03/10 01:21 ID:uYaIlGJl
>>198

それも今度見てみるね。

>>199

だから、俺はこの映画インドネシアマンセーな映画だと見て感じたんだけど。
それとも俺をインドネシア人と言いたいの?
ま、その方が論破するのは簡単だから楽は楽だけど。


206 :名スレの予感君@w@;:02/03/10 01:25 ID:MZgMIpg8
>>199

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧η∧   <   南鮮が従軍慰安婦の映画を作るらしいが、やはりマンセーと思うのか?コゾウ!
  (,,・Д・)     \__________
 ミ__ノ




207 :ウヨが必死だな(プ@男塾:02/03/10 01:32 ID:kM+YHI9O
>>203
プチワロタ

208 :197:02/03/10 02:05 ID:uYaIlGJl
あ、ちなみに俺は秋葉のソフマップで買ったんだけど、まだ初回特典
ピクチャーディスクだったよ。余り、売れては居ないみたいだ。


209 :日本鬼子:02/03/10 02:28 ID:aPAmJb9k
>>206
マジでえ?
恥を知らない連中だね。
最近エロモノが解禁になったので
一石二鳥を狙ったんだろう。

それにしても朝日新聞社の罪は万死に値するね

210 :日出づる処の名無し:02/03/10 21:56 ID:GojOwUnH
すげえ感動して泣いたけど、
現在のインドネシアの実情考えるとフクザツ・・・

211 :( ´∀`)さん:02/03/11 19:28 ID:LI3CX2vs
「ムルデカ」観ました。良かった、感動しました。
特にラストの墓地でのシーン、良かったなー。泣けた。

212 :七資産 ◆IB6Dn.jk :02/03/14 06:44 ID:qb4lnA5f
残った日本人って、17805人じゃなかったけ?
ムルデカ17805っていう小説があった気がする。

小説『ムルデカ 17805』
加瀬英明 [著]

自由社
2001年5月5日発売
ISBN: 4-915237-28-1
価格: 1600円(税別)

213 :サヨクシネー ◆uWlY5obU :02/03/14 06:52 ID:hjJ5O5/W
>>199
お前がこれを本当に日本マンセーだと思ってるのならお前の頭を疑うよ(w

>>209
朝日またなんか言ったの?

214 :日出づる処の名無し:02/03/14 07:06 ID:x6HrbwIQ
文藝春秋「紙面批評」私が潰した
つー日垣隆の記事はおもしろかったけど。

215 :日出づる処の名無し:02/03/14 07:55 ID:6EuHdeNh
それわちがう >>212

17805ってのは皇紀で表した彼らの独立の日付けなんすよ。


216 : :02/03/14 16:08 ID:QW3ZRgGe
弐千六百五年八月拾七日

217 :1:02/03/14 20:12 ID:CwDkb1IE
うわっ
久しぶりに来てみたら200以上もレスがついてる。
立てたときは、反応が無いんでもうとっくに脱兎落ちしたかと思ってたけど

218 :日出づる処の名無し:02/03/19 22:31 ID:fhnuYmr3


219 :名無しさん:02/03/19 22:45 ID:rfn8YPy/
インドネシアに友人がいるんだがみな口をそろえて言うのは「日本はインドネシアの独立になにも貢献していない」
ってことだな。俺としては結構ショックだったね。「ムルデカ」見た後だったし、好意的な反応を期待していたんだけど。
彼らにとって「ムルデカ」は結構屈辱的な映画だったみたい。靴に膝まついてひれ伏す老婆とか、みんなが輪になって
歌うシーンとか。日本の軍政はインドネシア経済を滅茶苦茶にしたからね。ものすごいインフレだし。軍票刷りまくり。
そんで彼らは経済が疲弊してインドネシアは独立戦争の遂行が難しくなったなんていうんだな。そりゃ金ないのに
戦えっていっても無理だよ。それでもインドネシア人は戦って勝ったんだけどね。それは凄い。でも俺、なんか
泣けてきてさ。2ちゃんで言われてることと現実はやっぱ違うんだよ。

220 :日出づる処の名無し:02/03/19 22:47 ID:j+8u7shi
>>219
そいつらは奴隷の方がいいんだろ

221 :日出づる処の名無し:02/03/19 23:22 ID:ZaHCs1e3
インドネシアの初代国防大臣って
日本軍の過酷な軍政にキレて反乱おこした人なんだって。
あっという間に鎮圧されて行方不明になったけど、
民族的英雄として行方不明のまま国防大臣に任命されたんだってさ。

222 :日出づる処の名無し:02/03/20 03:31 ID:VFfu1krX
>>219

  Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <=( ´∀`) < 2ちゃんでいわれてることと現実はやっぱ違うんだよ。
 (    )  │ちなみに俺は生粋の日本人だけど
 | | |   \__________
 〈_フ__フ


223 :日出づる処の名無し:02/03/20 03:33 ID:VFfu1krX
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Λ_Λ  < ふぅー、チョパリーのふりはつかれるぜ
  <丶`∀´>   \____________
  ( ̄ ⊃・∀・))
  | | ̄| ̄
  〈_フ__フ
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Λ_Λ  < 何見てるニダ。
 < `∀´ >   \____________
 ( ̄ ⊃・∀・))
 | | ̄| ̄
 〈_フ__フ

224 :日出づる処の名無し:02/03/20 03:35 ID:VFfu1krX
この度、『ムルデカ』という映画を製作されます貴社に対し、
クリエィティブで且つ大きな取り組みについて嬉しく思い、 敬意を表したいと思います。
過去の人々の歴史には、多くの思い出や、
永遠に語り継がれていく物語がたくさん詰まっており、
それは日本人とインドネシア人の長きにわたる結びつきの一端を成すものであります。
長く困難を極めたインドネシア独立戦争の歴史を背景にして、
この『ムルデカ』というロマンス映画は、
日本とインドネシアの過去の友好関係を巧みに描写しています。
この映画に描かれている物語は、娯楽であることの他に、
過去の歴史を理解し学ぶことで、他の国民や異文化への評価と
敬意の必要性に対する現世代の関心を喚起する一助になるものと信じております。

2000年7月インドネシア共和国大使スマディ・プロトディニング・ラット

225 :日出づる処の名無し:02/03/20 03:47 ID:T881wslj
>>219

こまめに改行しようぜ、
マレーシアスレの方も読みにくいぞ。

226 :日出づる処の名無し:02/03/24 19:36 ID:dcxJ3fwd
            

227 :日出づる処の名無し:02/03/31 12:38 ID:YG4PD3c+
定期上げ

228 :日出づる処の名無し:02/03/31 12:50 ID:Ewxf4hR6
>>219
インドネシアでの日本軍はマレー系住民には好意的
でしたが、オランダ領時代に厚遇されていた中国系住民は抵抗運動
を展開したため、鎮圧を繰り返しました。

今のインドネシアは中国系住民が40%を占めるようになり、
日本との友好、という世論も家や教師によってまちまちです。


229 : :02/03/31 12:58 ID:5zvOK5Dn
>>219
>「日本はインドネシアの独立になにも貢献していない」

華僑じゃないの?
あるいは日本に来て日本左翼に洗脳された外国人はよくいるけど、その類とか。
インドネシアの政府レベルは日本の貢献を認めてるし、一般世論に関してもネットで検索してもその点は一致してるが、貴方の複数の友人はみんな例外なわけ?
それから、貴方の友人の論理は左翼のムルデカ批判と酷似してるんだがどうだろ?

230 :228:02/03/31 13:07 ID:Ewxf4hR6
現地人のマレー系住民としては、オランダと中国系の小役人による
支配が嫌だったので、日本軍には比較的好意的でしたが、
今では華僑との混血が進み、
(浅黒い肌で、濃い顔立ち、なのに「李」さんとか・・)

若年層の意見はまちまちです。



231 :228:02/03/31 13:16 ID:Ewxf4hR6
昔、バイト仲間だった「李」さん
(230で引用・当時18か19でオレも高校生だった)は
つたない日本語で「日本軍強い!」と笑顔で腕を振り上げ、
半ば自慢げに言い放ち、反日教育を受けていたオレのほうが
面食らいました。


232 :日出づる処の名無し:02/03/31 13:56 ID:dl+UGI4O
「戦争がやっと終ったのに、他国の独立戦争に身を投じたインドネシアの日本軍将兵達の姿は、
現在の感覚からすれば奇異に思えるかもしれません。でも日本軍はインドネシアの人々に
オランダからの独立、欧米の植民地支配からの脱却を呼びかけてきたんです。私達の年代の
日本の若者は、いつかはアジアの人々を解放してやろうという夢があった。
特に私が所属していた児の近衛第2師団は前大戦初期から終戦までスマトラ島に駐屯し、
インドネシア語も覚えて住民と馴染んでいました。現地の住民達と親しく接するうちに、
断ち難い絆を結んだ者も少なくありません。だからこそ、そこを第二の故郷と心に決め、
終戦後も独立軍に加わる者が近衛師団にいちばん多かったのです」

「私達はアジアの人達と直に接し、アジア解放という使命感を持っていました。でも陸大出で大本営の
要職についたエリート参謀たちの中には、派閥争いに現を抜かし、第一線将兵の奮戦を自分の手柄のように
考え、協力したアジア人を力で支配しようと思い始めた者がいた。それでは欧米列強の侵略と同じではないか。
私たち第一線の兵は、侵略のために命をかけて戦ったのではないんです。だからこそインドネシア人も、
アジア解放の明るい夢を見て、あんなに献身的に協力してくれたんです。私達は戦勝の暁には独立した
アジア各国を後にして、また日本に帰って元の生業に戻る事を楽しみにして戦ったのです。
幸いインドネシアの場合は、政府の方針を受けて独立準備の促進が命じられていました。
それによって独立準備委員会が結成され、スカルノを大統領に、ハッタを副大統領にすることまで決定されていた。
こうした準備が出来ていたからこそ、日本の敗戦がわかると、その二日後にはインドネシアの独立が宣言されたのです」


233 :日出づる処の名無し:02/03/31 13:56 ID:dl+UGI4O
すでに独立宣言が出され、ジャワでは全島に紅白の独立旗が翻っている。スマトラでも昭和20年11月、
日本軍の司令部庁舎が独立政府に接収され、統治は既に日本軍の手を離れていた。また兵器を巡る独立軍、
日本軍のにらみ合いの各所に発生。それに乗じて主導権を握ろうとする共産党、オランダ系工作員の謀略が
横行した。テビンティンギではオランダの謀略により日本兵60人が殺害され、たまりかねた日本軍による
報復戦の中で、インドネシア人約2000名、日本兵約200名が死亡する惨事となった。
総山さんは連隊長を説得して報復を止めさせ、インドネシア人には独立運動を再開させた。
スマトラは親日に帰った。12月になると英軍に続き、オランダ軍も徐々にスマトラに進駐してくる。
しかし「ムルデカ(独立)」の叫びは大きくなる一方だった。離合集散する民族派、共産派などの
インドネシア民兵、静観するイギリス、再植民地化を虎視眈々と狙うオランダ。
騒然とする中、近衛4連隊がアチェ、そしてインドネシアから去る日が決まった。

「引き揚げが迫ると、せめて独立軍に武器を残してやりたいと思う者が大勢いました。そこでマレー半島や、
スマトラ戦で捕獲した英蘭の兵器をこっそり渡しました。これは員数外ですから無難でした。
治安維持に出動して、独立派を取り締まる振りをして、弾薬を帰り道に置き去る部隊もありました。
日本軍が撤収する際に床下に隠して、後で回収させる手口もよく使われましたね。
私も通信機器をねだられ、『連合軍から指示が出ている以上、軍需物資をインドネシア軍に渡すわけには
いかない。ただし泥棒が盗むんだったら仕方無いな』と言い置いて、わざと出張してしまった。
そうすると連絡を受けた“泥棒”が持って行く。歩哨は見て見ぬ振りだし、私も『それは仕方ないな』と
とぼけるんです(笑)。
兵器を渡すだけでなく、みずから独立戦争に参加した将兵も一人や二人ではありません。翌年には
オランダ軍が弾圧を本格的に始め、傀儡国家が乱立したり、地方に共産政権が出来たりとインドネシアは
戦乱の時代を迎えます。その中で多くの元日本兵が勇敢に戦い、外国人ながら一軍の参謀長まで勤めた者も
いたほどです。私にも残留の奨めがありましたが、まず荒廃した日本の方をなんとかしなければと思い、
帰国の途につきました。日本人とインドネシア人の和合のために情熱を傾けて献身した終戦後の1年間は、
私にとって生涯忘れ得ない感激の思い出です」

―――元・陸軍大尉(通信将校) 総山孝雄(ふさやま・たかお)
終戦直後は近衛第2師団渉外部に所属し、連合国、インドネシア独立政府などと
さまざまな交渉に携わる。戦後は東洋歯科医学専門学校、東京医科歯科大学、
昭和大学教授を歴任。医学博士(歯科)として、主に虫歯治療で多くの業績を挙げる。
日本学士院会長、東京医科歯科大学名誉教授、日本インドネシア友好協議会副会長。


234 : :02/03/31 14:32 ID:Fsqyyp6u
たとえば日本軍が悪者のレッテルを貼られても
結果として、アジアの開放がもたらされたことに
満足している英霊も多いのではないかと最近は思うのです。
いろんな資料を見るにつけ、今では想像し得ない
心の大きさを感じるのです。

235 :日出づる処の名無し:02/04/05 23:10 ID:AGSI5NKn
  

236 :ウヨが必死だな(プ@男塾:02/04/06 00:48 ID:cA2ri0sr
これとあわせて観賞すれ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005RGRU/ref=ed_ec_d_cs_14_7/

大東亜戦争のスケールの大きさを感じよう。

237 :日出づる処の名無し:02/04/06 01:05 ID:ZQywmWT7
>>228
>今のインドネシアは中国系住民が40%を占めるようになり

インドネシアの華人はそんなに多くないですよ、全人口の3〜5%程度。
(それでも600万〜700万人位居るからすごいけど…シンガポールの
倍は居るわけだ)
華人は都市部に集中しているから多く感じたのでは?

その数パーセントの華人(しかもその内の200家族程度の富豪)が
インドネシアの富の80%を独占しているから…(後は省略

238 : :02/04/06 01:19 ID:TUPPHZeQ
何だ、違うのか。 鈴木宗男の秘書の話かと思ったよ。

239 :ウヨが必死だな(プ@男塾:02/04/07 01:22 ID:pwWYs04Z
>>238
http://www.drill-king.com/cgi-bin/lime/lime.cgi?down=http://www.drill-king.com/muneo/1st/murucore.mp3&name=Muru-CORE
聴いたか?

240 :日出づる処の名無し:02/04/11 05:49 ID:C8/Nxzys
 

241 :日出づる処の名無し:02/04/15 17:11 ID:mrZKfBNh
   

242 : :02/04/16 14:04 ID:0geJATDQ
プライドのDVDって出てないの?


243 :日出づる処の名無し:02/04/20 14:13 ID:RFDR52qM
        

244 :日出づる処の名無し:02/04/23 15:34 ID:xRX5tgUx
                          

245 :日出づる処の名無し:02/04/23 15:45 ID:ldyTF0wA
映画としては見るに耐えない

246 :デジタルカカト落とし:02/04/23 23:16 ID:F6ngFK32
ムルデカって、○゛○ヨ○を怒らせるいい撒き餌ですね。
以下感想。ネタばれありですが参考にならなそうなので観てください。

序盤。日本軍はインドネシアに上陸し、オランダ軍を駆逐。
気迫の勝負を演じる山田純大も蘭軍将校役もいい芝居です。
そして現地での青年道場運営。そしてこういった場に付き物の横暴士官。
この映画が綺麗事と妄想で塗り固められたプロパガンダではないと
思い知らされます。ただその昔南方の島国で起こった事件を
描いているだけなのだと。
大東亜戦争はあっけなく終結。即座に(一応の)政権が樹立されるのですが、
少々物足りない感あり。当時のインドネシア首脳のエピソードなど盛り込めば
もっと入り込めたことでしょう。


247 : :02/04/23 23:24 ID:nUx18eCE
DVDカタヨ
後は後半間延びしすぎ、前半カコイイ

248 :デジタルカカト落とし:02/04/23 23:25 ID:F6ngFK32
そして襲い来るオランダ軍。彼らの指揮元インドネシア独立義勇軍を監視
するのはなんと日本兵たち。どちらに味方するか、葛藤が起こります。
青年道場出身の若者たちは決起しようと、日本軍に協力を乞うのですが、
なにぶん敗戦国でありこの戦いに参加することは犯罪。迷いから抜け切れず。
ある日日本軍の士官を呼び出し、去りし日の恨みを晴らさんと幽閉する蘭軍将校。
そこへランボー張りに救出に来たのが青年道場の若者たち。
この場面、作りは安っぽいものの、時代劇的な演出で描写がわりと綺麗です。
迷いも吹き飛び、義勇軍とともに立ち上がる日本兵たち。主人公格の兵隊が
ボンボン死ぬので驚きます。
一歩一歩、首都奪還へと迫る義勇軍。
首都陥落を目の前に、主人公の日本軍士官は命を落とすのですが、この場面
上の方で
>国家歌う場面で引いたのは俺だけ?
とかいわれてるその場面です。もちろん、どこも違和感はありません。
そしてついに完全な独立を果たすインドネシア。
時は過ぎて現代。戦いを振り返り、兵士たちを偲ぶ当時の義勇軍兵と、日本軍士官の
娘という美しい場面で幕を閉じます。
この辺は文句のない構成です。プライベート・ライアンを気取ったのかも知れませんが、
ある意味お約束な場面なので…

249 :デジタルカカト落とし:02/04/23 23:26 ID:F6ngFK32
とりあえず、レンタル屋においてあったら手にとってレジに急ぎなさいってこった。
「損したー!」という気にはならないから。
映画が嫌いな人と日本が嫌いな人には別でしょうけどね。

250 : :02/04/23 23:30 ID:nUx18eCE
日本の軍人の描き方のバランスは良いよね。決して日本マンセーな映画
では無い。テーマに興味がある人は見て損は無い。家の嫁さんはこんな
映画見る人いないといってたが、結局中の下という評価を下しました。


251 :日出づる処の名無し:02/04/23 23:35 ID:i0J6M8Cm
レンタル屋3件回ってやっと発見。
でも、でかい店なのに1本しか置いてなかった。
そしてすぐ横には『GO』が10本くらいずら〜っと(涙



252 : :02/04/23 23:48 ID:dTUpXjdT
>>251
致し方なし。決して一般受けするてーまではない(w

253 :日出づる処の名無し:02/04/25 03:07 ID:6BFve1Q1
スポンサーがウヨクじゃね。描き方も酷いし。
「GO」と比べると「ムルテガ」なんて糞。

254 :日出づる処の名無し:02/04/28 10:55 ID:Ke3JWSBy
age

255 :日出づる処の名無し:02/04/28 11:08 ID:No4TK5yb
山田純大は高校の先輩(ハワイのね)。
頑張れ!

256 :日出づる処の名無し:02/05/01 18:45 ID:DiEUhIQd


257 :日出づる処の名無し:02/05/04 04:57 ID:8hL8v32j
                   

258 :日出づる処の名無し:02/05/04 05:53 ID:4FrPR7jU
>>253
GOなんぞ実話じゃないし、あんなん朝鮮人のオナニーじゃん。

259 :顔も名前も出さずに毎月100万円:02/05/04 06:08 ID:mtvmAkcf
Future-Web(フューチャーウェブ)登場
なんと10,000円単位の収入    

●10,000円単位の高収入
 1件につき最大10、000円の高額収入。月収100万円以上も可能。
●画期的なビジネス!
 インターネットを利用したこれまでにない斬新で画期的なビジネスです。
●誰でも出来ます!
 インターネットが出来る環境の方なら誰でも参加可能です。
●専門的な知識は一切不要!
 ビジネスに必要なツールはすべて当社で用意いたします。また、サポ
 ートも万全です。
●詳細は今すぐHPをご覧ください。
  http://www.future-web.tv/7823/

260 :日出づる処の名無し:02/05/04 08:15 ID:12jskSMx
GOの窪塚は、最近石原慎太郎の本などを読んで、今までどんなに間違った歴史を
教えられてきたかを知り、衝撃を受け、逆に正しい歴史の本を読み始め、日本人で
あることの幸せを悟ったそうです。
(日本アカデミー賞インタビューより)

261 :日出づる処の名無し:02/05/04 10:50 ID:3g02SMdO
俺は映画館の公開2日目に行った
席は2割弱くらい埋まってた
じじいとウヨっぽい団体さん
内容はちょと引いたわ
俺には日本マンセーに見えたんだけど
でも、もっと引いたのは
終った後にウヨの団体さんが立ち上がって拍手しだしたこと
15・6人くらいの団体さん
勧誘されやしないかと思って拍手始まってすぐ出たよ

262 :日出づる処の名無し :02/05/04 11:09 ID:fCtmkr3T
ttp://www6.ocn.ne.jp/~only1/tv-rupo-2001-2.html
>窪塚くん 「そう、本をいっぱい読んだり、歴史の本とか政治の本とか読んだりして。」
>クロさん 「具体的に、歴史の本政治の本って?」
>窪塚くん 「石原慎太郎さんの本とか、西尾幹二さんの本とか。ウーンそういう本ですか。」


263 :名無しさん:02/05/04 11:13 ID:xcDvFjn5
こんな映画見に行く奴の気が知れない。金の無駄。

264 :nanasi:02/05/04 11:39 ID:t1KtY82V
 見るかどうかは人それぞれ
 無駄と思えばみなければいいし、みたければ見ればいい

265 :日出づる処の名無し:02/05/04 12:55 ID:427ujx6n
窪塚、転向したのか?

266 :日出づる処の名無し:02/05/04 14:27 ID:iqjfnOu2
インドネシアでは華僑は嫌われものなんだよ。
数年前までは漢字・漢文の書籍は持ち込み禁止だったくらい(但し、日本語の書籍はOK)

267 :ムルデカ見たよ:02/05/04 22:39 ID:W+Jc/zV2
青年道場の訓練見て高校時代を思い出した。
体操するシーンが出てきたが同じ事してた
20年後程前の話だけどね
辞めると言い出した奴を説得するやり方も同じ
私?高校生活は今思えば充実してた

268 :日出づる処の名無し:02/05/04 22:44 ID:x/O2oMm9
なんでこの映画、敵視するかね?
映像作品としては確かにしょぼい部分もあるけど、決してつまらん映画では
ないよ。特に前半はいい!!
当時のことに興味がある人は見てみる価値があると思うよ。漏れはDVD買って
三回見たよ。次ぎ見るのは年末かな。

269 :日出づる処の名無し:02/05/04 22:45 ID:ucwQUpDP
俺は初日に見に行ったけど、話としてはあんまり面白くなかったな、確かに。
後半の間延びもその通り。
…ただ、最後の墓地のシーンでは自然に涙が出てきたが。

270 :日出づる処の名無し:02/05/04 23:25 ID:AgSciTvO
>>265
つか、日教組の洗脳が解けただけと思われ。

271 :日出づる処の名無し:02/05/07 10:52 ID:S1/Vvh3m
    

272 :日出づる処の名無し :02/05/07 19:56 ID:yEbPog7u
>>270
それだけでも充分めでたいことだと思われ

273 :日出づる処の名無し:02/05/07 20:53 ID:4VhH8VCL
後半、間延びするのは「最後の決戦」的な
ものが無いからでしょう。
史実に忠実になると、ああなっちゃうんでしょ。

274 :日出づる処の名無し:02/05/07 23:20 ID:GzF862TV
さんぱいまてぃな感じでageてみる。
黄金週間に観賞させていただきました。
保坂尚輝カコイイ…(ぽわわん)

275 :日出づる処の名無し:02/05/07 23:37 ID:BgoPX95V
保坂への拷問シーンは見ていて痛かった。

276 :石原莞爾@勉強中:02/05/07 23:39 ID:kCZumCyg
俺も見たよ。

277 :日出づる処の名無し:02/05/09 15:46 ID:aRccO5iT
インドネシア赴任中、独立軍に身を投じた元日本兵の方と親しくなりました。
その方は酔うといつも
『日本に帰りたい』
と寂しげにつぶやいていた。

278 :日出づる処の名無し:02/05/11 00:17 ID:dThu+BL1
質問だけど、一番最初にオランダ陸軍基地と海岸沿いにある
要塞みたいな所を砲撃するシーンがあるけど、
あの砲撃って、何による砲撃ですか?
私には陸軍基地への砲撃は海軍の艦砲射撃、
海岸沿いの要塞へは重砲による砲撃に見えましたけど?

279 :くしなだ神社@月読 ◆NPN3QJ/U :02/05/14 05:15 ID:EnQZ8B0R
支援物資保全。

85 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)