5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大東亜戦争が無くてもアジアは独立できた

1 :日出づる処の名無し :02/06/30 23:07 ID:u9duyGOd
日本があの戦争をやらなければ今もアジアは欧米の植民地だという言い分はとんだ無教養ぶりだ。
わらわせるな。日本がアジア独立のきっかけを作らなくても他のきっかけがあったはずだ。
日本があの戦争でやった事はアジアに迷惑をかけた事。
それだけだ。
フィリピンが良い例。
フィリピンは日本が来る前からアメリカに独立を約束されてたのに、
日本がそれを邪魔し、女はレイプされ、男は強制労働に使われたんだ。

それに、東南アジアの華僑は独立の手助けだってしたんだぜ。

2 :2:02/06/30 23:08 ID:u9duyGOd
たてたぞや。

【友邦】親日国のリストを作らないか?
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1024589406/949-955


3 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:09 ID:TwdqfHQR
「搾取の手助け」の間違いですね。

4 :くしなだ神社@月読 ◆NPN3QJ/U :02/06/30 23:11 ID:CyQ6VhJY
>それに、東南アジアの華僑は独立の手助けだってしたんだぜ。

(゚Д゚)ハァ?

5 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:11 ID:Tkvgfrcp
できれば大東亜戦争を語るスレのパート3として
だしてほしかった。

6 :シャイセッ! ◆F2A.f37k :02/06/30 23:11 ID:7szwQ0VV
三桁キボンヌ

7 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:12 ID:06T+bEsA
ムリだろ、少なくとも英仏蘭は独立を認める気などさらさら無かった。
証拠に、日本が出て行ったら何事も無かったように戻ってきたではないか。

8 :日出づる処の名無:02/06/30 23:12 ID:lffllfON
>他のきっかけがあったはずだ
具体的にどうぞ。

9 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:13 ID:/MWXGKJC
フィリピン以外は?

10 :>>1:02/06/30 23:13 ID:q+p7mJYF
独り立ちできないガキが良く言うセリフだな(藁

「自分で出来たのにぃ〜」

あはははははははははははははははははははは

11 :妲己ちゃん:02/06/30 23:13 ID:twXIGpc7
>日本がアジア独立のきっかけを作らなくても他のきっかけがあったはずだ。
おっしゃるとおりですよ。「共産主義者」というきっかけが。

あなたにとっては、ソ連などがアジアに社会主義を輸出してほしかったですか?


12 : ◆NIHONv7. :02/06/30 23:20 ID:XpLq31bW
>>1は依頼でスレ立てただけですよ

スレタイ信じてる人の早期登場きぼんぬ

13 :燃料ご苦労。:02/06/30 23:20 ID:008gBRdT
>>1
歴史に「たら」「れば」は存在しない。
今更そんなことを言ってどうなるというのか。

> 日本がそれを邪魔し、女はレイプされ、男は強制労働に使われたんだ

ソースを出してくれ。
でないと議論にならん。
(言い逃げするなら別だが)

あと、「アジアに迷惑をかけた」とは具体的にどういうことか
についても説明求む。何をどうやったことが迷惑だというのか、
ちゃんと説明してくれ。

話はそれから。


14 :ハングルでポン:02/06/30 23:23 ID:5aHCN+EX
去年かおととし、中州で取り残され、救助された子供と同じ台詞だ。
「俺っちらテメェの力で帰れたんだよぉ!」
この言葉から状況を判断できないバカだと推測できる。

15 ::02/06/30 23:24 ID:Pb0A67Mz
>>1
歴史で「た・ら・れ・ば」は全くのナンセンス。

16 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/06/30 23:24 ID:ZTe7q+wG
歴史にIFを持ち込んで威張り散らす馬鹿がいるのはこのスレですか?


17 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:24 ID:Tkvgfrcp
てか本人はやくщ( ゜ロ゜щ)コイヤ!

18 :クジラ犬:02/06/30 23:24 ID:OWN9wbqx
>>1よ
立て逃げか。

19 :さげ ◆mDUPSV/c :02/06/30 23:25 ID:80gOe8W/
 また釣り師ですか?

20 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:26 ID:yGF9wD3b
>日本がアジア独立のきっかけを作らなくても他のきっかけがあったはずだ。

ほかって何よ?詳しく教えてくれよ。繊細に。
はずだ、ってなんだ、想像か?

21 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:26 ID:Tkvgfrcp
これは依頼でたてたスレですが本人が全く来ない。
依頼して逃げるなぼけ!


22 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:27 ID:w8zxAa5e
終了でよろしいか?>all

23 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:29 ID:u9duyGOd
>>21
こっちのスレにレスしてる。

親日アジアについて語るスレ【その2】
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1007272155/957

>>956
>サンクス。
>ちなみに、例の中国人野郎ってのは下のスレの二十三の事だ。
>既に貴方が立ててくれたスレへは誘導済みだから彼にその気があれば明日の夕方あたりに来るだろう。
>http://academy.2ch.net/test/read.cgi/china/1020329256/l50
>
>俺も、↑のスレで「日本があの戦争をやらなければ今もアジアは植民地から独立できていないままだ。」
>って言ったら>949のような面白い電波レスで返してきた。
>今日は、面白いからその電波中国人野郎をみなさんにご紹介致しました。
>


24 :オール:02/06/30 23:30 ID:f4IrkS5F
「異議なーしーーー」
「本日はこれにて散会といたしまーーす」

25 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/06/30 23:31 ID:ZTe7q+wG
なんだ中国板のアレかよ。
そんなものここで長い奴は皆知ってるぜ。

26 :まじれす:02/06/30 23:32 ID:ruA85+tE
大東亜戦争が無かったら、中国は消滅してただろうな。
そして植民地になってただろう。



27 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:34 ID:ORBn6Bxy
sageでよろすこ


28 :何だ:02/06/30 23:35 ID:EgXjBii0
>>1

「日本がアジア独立のきっかけを作らなくても他のきっかけがあったはずだ。」

なら、その「きっかけ」を明確にしたらどうなの。
想像で物言うのは、厨房だよ。




29 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:35 ID:ozDtjolk
>>26
米帝国主義の傀儡中華民国じゃなくて?

30 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:36 ID:6NZjZ0BR
これほど無残に論破された1も珍しいな。
ああ、アホラシ。よって、このスレ

−−−−−−−−終 了−−−−−−−−




31 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:36 ID:yH5AkhTg
>>25
俺は長くこの板にいるけど知らんよ。誰のこと?

32 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:36 ID:SvrVk2A6
1はバカ

歴史の勉強しなおしてください。

33 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/06/30 23:39 ID:ZTe7q+wG
二十三ってのは中国板で中国は正しくて日本は悪者と言っているヤシです。
近いのはハン板の*かキャデくらいかな?

34 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:41 ID:9PacTF6V
>>7
その通り。
まず、白人に対するコンプレックスを払拭し、軍事訓練を与え、近代兵器を与えなければならない。
日本がそういったきっかけを与えなければ白人に叶わないと諦めているままだったはずだ。
第一、近代兵器を持った欧米軍に素手や農具で独立軍が立ち向かって勝てるとでも思うか?
こんなのは中学生でもわかること。それをやったのは日本軍。
日本軍が確かに悪い事もやったけど全てを否定するな。

>>11
共産主義というきっかけでも独立軍が近代兵器を入手するわけではないんだから無理だろう。
まさか素手や農具で近代兵器で武装した植民地軍に勝てるとでも?
ま、例え近代兵器を入手しても独立に立ちあがるのはほんの一部の人だけ。
ほとんどの一般民衆はのほほんとしてるよ。
なぜなら、日本が来る前はインドネシア人もマレー人も白人と戦って勝てると思わなかったからだ。
チャーチルだって日本軍が白人優越神話を崩壊させた事が植民地独立になったと述べてるし。
敵が認めてるんだから誰もが否定できない事実だろう。

>>12>>18>>21
来ました。

>>13>>15-16
それは、その通りだ。
君の言う事を否定できない。人によっては歴史のIFが嫌いな人が居るのは知ってた。
君もその部類だね。
なら、このスレはレスしないで無視した方が君の為にも僕の為にもなるよ。
歴史のIFが嫌いな人はこのスレは糞スレにしか見えないからレス付けないで下さい。
御協力を。






35 :くしなだ神社@928たん同好会 ◆NPN3QJ/U :02/06/30 23:43 ID:CyQ6VhJY
今のところ、ほぼ全ての部分について突っ込みが入っております。(w
はやくスレタイ信じてる人、持論をぶって下さい。

36 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:43 ID:2BpBl2gw
      ∧_∧                                        _   .'  , ..   ∧_∧
     _( ´_ゝ`)                             ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '    ( >>1
   /      )     ドゴォォォ _  /            , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
  / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _         /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
 / / |   ( 〈 ∵. ・(>>1 〈__ >  ゛ 、_        /   ノ                 |  /  ノ |
| !  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ \        /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
| |   `iー__=―_ ;, / / / 糞スレは     /  _,  \               / ,  ノ
!、リ   =_二__ ̄_=;, / / ,'              |  / \  `、            / / /  立てるなと
     /  /       /  /|  |            j  /  ヽ  |           / / ,'   
    /  /       !、_/ /   〉           / ノ   {  |          /  /|  |     
  / _/             |_/           / /     | (_         !、_/ /   〉
  ヽ、_ヽ     1                   `、_〉      ー‐‐`    2       |_/

    (⌒\ ∧_∧                                  ∧_∧
    \ ヽ( ´_ゝ`)           言っただろうが            ( ´_ゝ`)          ヴォケー!!
     (m   ⌒ヽ ミヽ                             /  しノ/ヽ\m
      ノ    ミヽ \\                           /   (d||゚ ヽ゚iヽ >ヽ
      (    (ミノ∧∧ )                           | ヽ、 \/ /_ > > 
   ミヘ/   // :)Д。;)/                           |   (⊇__ノ 、 ヽ/
 ミ ̄(´_/⌒\⌒ >>1 ノ                           |  | イ ヽ >>1 \                
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                       ヽ_/`  
         3                                          4


37 :くしなだ神社@928たん同好会 ◆NPN3QJ/U :02/06/30 23:45 ID:CyQ6VhJY
>>34
おお来られましたか。

38 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/06/30 23:46 ID:ZTe7q+wG
こりゃあ祭りだな。俺はロムッてるからさ(藁

39 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:46 ID:h6dfcC4n
フィリピンだって名ばかりの独立だったけどな。
恐らく日本に占領されなければ軍事顧問のマッカーサーが独立後も居座り、
ソ連の東欧傀儡国家のようなものになっていた可能性は高い。

40 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:48 ID:gjp5VYxm
[それに、東南アジアの華僑は独立の手助けだってしたんだぜ。]

日本のおかげで、という言い方はしたくない。
あくまでも祖国を愛する現地の方達が努力した結果が独立である。
その上で、1に対しては、さらに付け加えておきたい。
邪魔して長年にわたり自己の利益の為に現地を隷従状態に置いてきた華僑の方が、
圧倒的多数だった。

41 :日本抜きのアジア独立:02/06/30 23:49 ID:omTj92Ol
パターン1共産勢力が主導する「反植民地主義闘争」による独立。ソ連・中共の指導下におかれる。
パターン2「イギリス連邦」「フランス連邦」の枠内における植民地支配の緩和と存続。宗主国の影響力は維持される。



42 :名無しさん:02/06/30 23:50 ID:PJJ8v7Bp
アジアに独立をもたらしたのは3・1独立運動だ。
これはフランス革命に告ぐ人類史に残る偉業だと思う。
この独立運動が東アジアから西へ西へと広がっていった。
アジアが独立し、アフリカが独立した。
日本の戦争は単に戦いの歴史だった。3・1独立運動はまさに独立の歴史なのだ。

43 :40:02/06/30 23:50 ID:gjp5VYxm
現地の方達が地と汗と涙で勝ち取った独立の成果すらも、
我が功名として利用するのが華僑のやり方である。

44 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:51 ID:HXs2jUba
>>11
そもそも共産主義って日本語だし、イデオロギーをアジアに持ちこんだのは日本
なんだけどねぇ・・


45 :40:02/06/30 23:53 ID:gjp5VYxm
>>42
もう一回、勉強しなおせ、当初は穏健的かつ請願が主体の運動が、
組織的な官公署襲撃と共に、略奪と殺人を伴う暴動に展開した。
当初の崇高な理念を、無知なる大衆が騒擾に仕立て上げたと言っても過言ではない。


46 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:54 ID:rwm9m5XE
>>1
無理だったと思うよ


47 :妲己ちゃん:02/06/30 23:56 ID:twXIGpc7
 大東亜共栄圏構想を自国の独立に利用しようとする
独立運動家の力もアジアの独立に貢献したと思うの。

48 :その電波レスを貼りつけておく(笑えるぞ):02/06/30 23:56 ID:9PacTF6V
423 :二十三 :02/05/28 19:31
>>413
>↑なんでアメリカが日本を叩き潰した行為が正当なんだ?
>軍国日本の魔の手から中国を解放したからだとでも?

中国だけでなく、東南アジア全域もだ。

440 :二十三 :02/05/29 18:31
(439のつづき)
太平洋戦争が東南アジア諸国独立の契機を与えたのは事実だが、それは日本
が侵略しただけでなく、その後叩き潰されたからこそできたことだ。
もし日本が敗れなければ、東南アジアは全て日本の植民地にされてたよ。
日本の目的は、あくまでも欧米に代わってアジアを支配することであって、
真にアジアの独立のために戦ったわけじゃない。

中国は日本に征服されるべきだったと言いたいのか?
日本が東南アジア解放のために戦ってたから、そのために中国は日本の植民地
になるべきだったとでも?

お前の言い分は、全く本末転倒だ。
日本が東南アジアに攻め込んだのは、日中戦争開始のあとだろ。
真に東南アジア解放のために戦うつもりなら、何故中国に攻め込む?
アメリカが日本の中国侵略を妨害したから、アメリカとの戦争遂行上、重要な
東南アジアを確保しようとしたのが真相だろ。

49 : ◆NIHONv7. :02/06/30 23:56 ID:XpLq31bW
開戦前からフィリピンの独立が確定事項だったのは知ってるけど他にもあったの??
インドは何度も独立を囁かれたけど毎回反故にされてたからとりあえず除外して

フィリピンが良い例ってフィリピンしか無いでしょ??(w


50 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:56 ID:rwm9m5XE
>>1
ついでに言うと、日本の高度成長も太平洋戦争に匹敵する偉業だけどね


51 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:58 ID:h6dfcC4n
少なくとも3・1万歳運動をはじめとする朝鮮の独立闘争は、全く庶民の支持を
得ていなかった。にもかかわらず、戦後、これらの運動は「民衆運動」とされた。
李承晩の亡命政権も「何それ?」という程度のものであった。
「抗日ならば何でも良い」が支那・朝鮮の合い言葉。

52 :日出づる処の名無し:02/06/30 23:58 ID:omTj92Ol
アジアの独立は力の空白ができれば別に日本が出なくても実現した。
欧米の敗退と日本の降伏によって生じた力の空白がアジア独立のきっかけにはなったと思う。


53 :その電波レスを貼りつけておく(笑えるぞ):02/06/30 23:58 ID:9PacTF6V
441 :名無的発言者 :02/05/29 18:38
(440のつづき)
ついでに言うと、フィリピンはアメリカの植民地だったが、アメリカは既に
1934年に上院で「フィリピン独立法」が可決され、10年後の1944年7月4日に
独立させることを決定し、フィリピンでは独立国家創設に向けた活動がされ
ていた。

日本がフィリピンに攻め込んだのは、1942年だ。
フィリピン人たちにしてみれば、あと2年で独立できるという時に日本が攻め
込んできて、
 「お前たちを独立させるために戦ってやってるんだから、協力しろ。」
と言われ、フィリピンの全物資が徴発され、男は過酷な労働を強いられ、女は
レイプされたわけだ。お前の言い分、「日本は東南アジア解放のために戦った。」というのは、
全くの嘘だな。

みっともない嘘ついてまで、正当化しようとすんな。
見苦しいぞ。
488 :二十三 :02/05/30 17:21
>>456
>日本はあの戦争をやらないでハルノートを受け入れ戦わずして負けを認め、
>東南アジア諸国も永遠に白人や華僑の経済的摂取の対象であるべきだったと。

多分エラワンだと思うけど、お前の間違いは、東南アジアの独立は太平洋戦争なく
してありえなかったという思い込みだ。
確かに結果としてそうなったのは事実だが、それ以前から東南アジア全域で起きて
いた民族運動を知らんのか?
太平洋戦争など、あくまで一つのきっかけを与えたに過ぎない。
太平洋戦争が無ければ、他のきっかけが現れていただけだ。
東南アジア諸国が独立できたのは、まったく日本のおかげだというお前の説は、甚
だしい思い上がりだな。
日本がやらなきゃ、あの植民地支配が永続していたなどとは、とんだ無教養ぶりだ。

大体東南アジアの華僑たちは、むしろ独立を支持してたよ。
中国の革命を支援したように、独立運動だって影ながら応援してたことを知らんよ
うだな。
現に白人支配が終わり、立派な独立国になった今でも、華僑たちは経済界を支配し
てるじゃねーか。
もしお前の言う通り華僑たちが搾取していたなら、独立と同時に追い出されてたよ。

54 :40:02/06/30 23:59 ID:gjp5VYxm
>>41
民族資本の育成、長年にわたる収奪者である華僑に対する反発も、
ベトナムにおけるバオダイへの反発の大きな原因であった。
ホーチミンの活動を、アメリカが容認し、ベトナム、ミャンマー、
その他の東南アジア地域で日本的な計画的資本主義を導入する。
その方が、アメリカの純真な若者の生命を犠牲にせずに済んだろう。
反植民地闘争=共産主義ではない。
むしろアメリカ独立戦争に似た面もあった事が確かでしょう。
アメリカをミスリードし、己の利益を図ったのは華僑。
そして中華人民共和国を水面下で支持し続けてきたのも華僑。
アメリカは踊らされただけ。

55 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:01 ID:HT05YXqP
>>ID:9PacTF6V
すでに完全に論破された理屈ばっかり重ねても何の意味も無いよ。
フィリピンの独立は、名目的。米軍の駐留は前提だしな。
仏印の日本軍進駐とどう違う?
反日史観で何もかも見えなくなってると歴史を見誤る典型だねぇ…

56 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:02 ID:jNDR/G5R
>>1にとって、
日本が援助した独立=悪で、欧米が認めた独立=善。

ものすごい西洋偏重史観だな…

57 :その電波レスを貼りつけておく(笑えるぞ):02/07/01 00:03 ID:6EK3A/s/
495 :二十三 :02/05/30 17:51
>>493
ほかのレスへの返答をさきにしたかったんですが、リアルタイムでカキコさ
れてますので、先にお答えします。

>そういう意味で、アジアの一員だった日本に攻め込まれた中国人の屈折というのも、
>あるいはかなりあるのではとも思っています。

そうですね、中国人の感情からすれば、日本には「裏切られた」ということです。
日露戦争の勝利によって、中国でも日本を「アジア解放の旗手」と見なし、積極
的に学ぼうとしたのは事実です。
しかし日本は事実として、アジア解放ではなく、帝国主義の侵略に走りました。

もし孫文が日本で演説したように、覇道ではなく王道を進んでいれば、今頃日本
はアジアのリーダーとなり、中国は喜んでその傘下に入ったでしょう。
しかし悲しいことに日本は覇道を進みました。
「中国を征服すれば、全アジアが日本の傘下に入る」と主張した「田中上奏分」
を本気で信じ込んだんですかね?

717 :二十三 :02/06/08 15:26
>>626
残念ながら、ネット上にはファン・ボイ・チャウの1件しか無かった。
これね。
 ↓
http://www.cuu-long.com/new_page_9.htm

俺が持ってるソースは全て書物によるものだが、東南アジアの独立運動家たちと中国
の革命組織との関連が記述されてるよ。
ファン・ボイ・チャウら独立運動家たちは、まったくの徒手空拳から祖国の独立運動
を組織できたわけじゃない。
彼らの活動の拠り所は、広範なネットワークと資金力を持つ中国の革命組織だった。
その革命組織は、華僑たちの援助によって成り立っていたよ。
彼らは中国の革命運動に参加する傍ら、祖国の独立運動をも組織したが、革命組織か
らの資金や、その他の協力も得ていた。




58 :その電波レスを貼りつけておく(笑えるぞ) :02/07/01 00:04 ID:6EK3A/s/
720 :二十三 :02/06/08 15:37
(717のつづき)
まあ、確かに、東南アジアの華僑たちも一様では無かった。
お前の指摘した通り、宗主国の支配体制に寄生し、利益を貪っていた奴らも
いたよ。
だが彼らは、蓄えた財力で中国の革命組織を支援し、その資金は東南アジア
の独立運動にも流れていた。

華僑の中には、彼ら独立運動家たちを裏切り、宗主国の官憲に売り渡したフ
トドキ者もいたが、一方で独立運動家たちの救助に尽くした華僑もいたよ。

独立運動の歴史を見ればわかるが、常に華僑たちが様々な形で関わっていた。
華僑を抜きにしては、東南アジア諸国の独立を語るのは不可能だ。

59 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:04 ID:5gaZcKST
日本による満州国の「独立」とアメリカによるフィリピン「独立」の条件が酷似しているような・・・

60 :40:02/07/01 00:05 ID:QUVcoWOR
華僑が最も恐れたことは、現地住民の手によって、
会社や農園が経営され、それに伴って自分達の権益が侵食される事。
それを防ぐためにはアメリカに対して、どんなミスリーディングでもした。
民族資本を育成し、自国に根付き、自国に責任を持ち、自国を守る人間に、
政府を組織させようとしたのが辻政信。
彼が華僑にとって目の上のたんこぶであったことは確か。

61 :40:02/07/01 00:07 ID:QUVcoWOR
>>56
典型的なアンクルトムーチャイニーズの主張です。
そうやってイギリス人やオランダ人を騙して現地人から搾取してきた。

62 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:09 ID:qEOarAwr
>>55
馬鹿?

63 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:10 ID:6EK3A/s/
>>52さんに質問
白人優越感情が抜けないで諦めているのに、一部の人間だけでどうやって戦って勝てるんですか?
近代兵器を持たない独立軍が何千万人と集まって素手や農具で立ち向かって
少数とはいえ近代兵器で武装した欧米軍に勝てるんですか?
(インドネシア独立戦争時、オランダ軍は無差別爆撃や砲撃で80万人もインドネシア一般市民を虐殺した。)




64 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:10 ID:jNDR/G5R
>>62
うん、あんたが。

65 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:15 ID:9lAuVGum
>>64
ID:9PacTF6V こいつの名前とスレの流れを見ろ

66 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:15 ID:lDBpJKAg
典型的な"左翼に洗脳されたお子ちゃま"の言い分だな。

67 :>1:02/07/01 00:16 ID:lyN7zVlb
そりゃあ、独立したでしょう。
アフリカも独立しました。
アジアだって独立しますよ。
迷惑だってかけたでしょう。
迷惑をかけない関係なんてありませんから。

それで、あなたは何が言いたいのですか?
日本人に支配されるぐらいなら白人に支配されていたほうがよかったとか、
日本人はアジア人民に滅私奉公すべきだったとか、
そういう戯言を主張したいのですか?

それとも、日本人の悪い点をあげつらって喜んでいるだけですか?
なんにしても、低レベルですね。

68 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:16 ID:6EK3A/s/
>>55
だから、このレスは貼りつけたものだって。
1のレスだって奴の言い分を簡単にまとめただけなんだから。


69 :52:02/07/01 00:17 ID:E3yMrPsM
西欧も日本無力な時期が日本降伏直後。この時期に独立勢力が一斉蜂起した。

70 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:18 ID:26HtVwT5
いやはや、小中高と、こういう歴史の見方は習わなかったなぁ。
日本が自分の強さを勘違いして無謀な侵略戦争に突き進み、
東アジアの国々に多大な迷惑かけたあげく、敗戦して馬鹿を見た・・
と、全否定的な歴史観しか習わなかったように思う。
やっぱ物事は色んな面がありますな。

71 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:19 ID:6EK3A/s/
>>65
俺は「日本がアジア独立のきっかけを結果的にあたえた。」と主張しただけ。
反日的なレスは全部例の中国人野郎のレスのコピペかまとめ(=>>1)。


72 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:19 ID:9lAuVGum
痛い>>55>>64がいるスレはここですか?

73 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:20 ID:fLBpG0Ka
とりあえず、タイトルからしてくだらないスレなので、sageてよかですか?

74 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:20 ID:fLBpG0Ka
>>72
いえ、一番痛いのは>1です

75 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:26 ID:NbSPcyVZ
WW2とアジアの独立は密接な関係が有るだろう
現実問題として移民国家が存在する限り、その中での社会的な活動に
よってカラードの地位を確立する事は出来たはず。
ただ、その場合でも少なからず世界の趨勢をひっくり返す為の
流血は避けられないだろう。
1には米の黒人による公民権運動の凄惨な現実を学んで欲しい
20世紀の初めには、人種論と言う科学がWASPの間に当然の如く
根付いていた。
これは科学であるから、例えば水が0℃で凍るのと同様に
白人の至上とは、その当時は論理的に証明されていた(事になっていた)



76 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:26 ID:6EK3A/s/
>>69
西洋とアジアと一緒にするな。(w
西洋人が同じ西洋人に劣等感を持っているわけではないし、
西洋人は元々近代兵器を持ってたんだから。
一方のアジア人は白人と戦っても勝てないと思ってたんだよ。
彼らの目の前で白人が同じアジア人である日本人にやられるのを見てその劣等感が払拭されたんだ。
それに、植民地人は近代兵器なんか持ってなかったぞ。
武器になりそうなものといえば桑やシャベルといった農具や、包丁のような調理器具、
それすらも無ければ石や木製の棒や素手で戦うくらいだ。
そんなんでどうやって爆撃機や大砲や機関銃や戦車や手榴弾で武装した欧米軍に勝てる?


77 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:27 ID:Xz+BwkNV
後からじゃなんとでも言えるわな。韓国人と同じで。

78 :>70:02/07/01 00:27 ID:lyN7zVlb
学校で習った歴史も、あながち間違いとも思いませんよ。
そういう側面もあるという意味では。
ですが70さんのおっしゃる通り、物事にはいろいろな側面があり、
日本=悪との単純化された図式を奇妙に思わない稚拙な精神は、
ひとたび扇動されれば、まったく逆の思想にたやすく染まるでしょう。
1さんが日本人かどうかは知りませんが、
2年後に1さんが、2ちゃんねらーもひくほどの民族主義者になっていても
さほど不思議ではありませんね。


79 :40:02/07/01 00:30 ID:QUVcoWOR
華僑のおかげで酷い目にあってきた東南アジアの人間なら、
1の言葉を聞いて激怒すると思うぞ。
カンボジアでポルポトの悲劇を招来したのも中共だった。
上手くいっている国を潰して、本当に困っている民族を、
踏付けにする。恐ろしい民族だな。中国人。

80 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:30 ID:6EK3A/s/
近代兵器で武装した少数の欧米軍VS素手または間に合わせの武器で武装した多数の独立軍

↑こういう独立戦争は独立戦争というよりむしろ百姓一揆の弾圧と言った方が正しいのでは?




81 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:31 ID:u/N5hwfG
>>60
辻政信ってネガティブなイメージしか持ってなかったけど、
良いこともしたのかー。



82 :萌国主義者 ◆wl8kHb4M :02/07/01 00:31 ID:LTrfP/Y7
>>1
インド人、インドネシア人、ミャンマー人に同じことをいってみるとイイ。
村山首相のように誤りに逝って
「謝罪は不要」と言ってくれる国もあるんだよ。
朝日新聞ばっかり読んでると電波が前頭葉まで回るのでいろいろな
新聞を読んだ方がいいとおもいまふ。

83 :妲己ちゃん@朝日新聞:02/07/01 00:33 ID:wmbv8Jtv
>>82
先月の朝日新聞は特に電波ゆんゆんだったのーん。

84 :40:02/07/01 00:34 ID:QUVcoWOR
>>81
最後はラオスの内戦を終結させるために単身飛び込み、
中華人民共和国に交渉に行った所で、共産つながりの華僑に売られ、
殺害されたという説もある。
日本で辻政信悪逆非道説を小説で大々的に宣伝していたのも、
陳舜臣、華僑つながりというのは恐ろしいな。

85 : ◆NIHONv7. :02/07/01 00:35 ID:phnvhCid
>>81
同感

ちょっと見直したYO

86 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:35 ID:NbSPcyVZ
日本と言う国は、有史以来
世界に冠たる中華の文明を継続的に享受しながら
それを昇華させるだけの地勢的な利点を併せ持った、
まさに神がかり的にラッキーな国だと思う。
江戸250年の治世は、学問、文学、流通、経済、全てにおいて
日本を現代と同等の近代的なレベルに押し上げた
それでも日本には資源が無かった。
コークスやボーキサイトなど、近代産業に不可欠な原材料が
無かった。
それを開国によって与えられた日本の爆発的な飛躍は
歴史的な必然だと思う。

実際問題、アジアの盟主たる中国は100年経った今でも
あの調子では無いか。






87 :52:02/07/01 00:36 ID:E3yMrPsM
日本降伏直後は欧米の軍事力が存在しない状態にあった。
支配者日本は権力を放棄し、欧米は不在な時期が一時であるが存在したことで、
独立勢力が組織化できたと思う。



88 ::02/07/01 00:36 ID:6EK3A/s/
みんな、何か勘違いしとるぞ。
俺は確かに1(のレスを書いた者)だが、これは俺の意見ではない。
中国板にいるとある中国人の言い分をまとめたのが1のレスだ。
>>48>>57>>58はそいつのレスのコピペね。
明日の夕方頃に奴はこのスレに来ると思うから楽しみに待っててくれ。
(既にこのスレに誘導済み)


89 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:37 ID:Lh2q09xP
ジパングに出てたよね。>辻

90 :52:02/07/01 00:41 ID:E3yMrPsM
近代戦というのは多大な金がかかり、インドネシア独立戦争ではオランダは破産するか、独立承認かという瀬戸際にまで逝ったのでやむなく独立を承認した。
インドネシアにおけるオランダ資産の代金はちゃっかり取ったが。


91 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:41 ID:YSVUsO+5
まぁあえて歴史にIFを持ち込むとすれば、
日本が戦争をしなくても独立するきっかけはあったのかもしれませんが、
わざわざ今さらそういうことを言い出す国が
当時ろくに独立の努力をしてなかった国ばかりのような気がするのは
気のせいでしょうか?
フィリピン人がそういうことを言って反日を煽ってるというのは
聞いたことが無いですし。

92 ::02/07/01 00:43 ID:J+cwekgT
満州国の経営にアメリカも加わりたがっていた。
その時に日本がアメに譲歩して経営に加えていたら
中国・韓国は未だに植民地だったかもー。
1よ、これで良いか。

93 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:43 ID:6EK3A/s/
>>87
日本降服後って言った時点であんたの理論は破綻した。
結局、日本が東南アジアに行かなくても戦争をやるだけで軍事的空白を作り、
独立したって事だろ?
スレを良く題見てくれ。

結局、日本が戦争をやらないでおとなしくしてたら空白が生まれないから
独立できなかったって事じゃん。(藁


94 : :02/07/01 00:45 ID:xmm/Gt+t
できないとは思ってない。

ただ、数十年遅くなったとは思う。

95 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:46 ID:26HtVwT5
中国では、清王朝をクイモノにしてた(と習った)欧米列強への
反感はないんですかね?半植民地状態だったと聞いたけど。

96 :52:02/07/01 00:48 ID:E3yMrPsM
植民地支配を緩めた形での「フランス連邦」「イギリス連邦」「オランダ連邦」といった形態になった可能性はある。


97 :ミ ´Å`彡 ◆PKFwwAms :02/07/01 00:52 ID:/6Fh5KVV
 >>1に示された言い種ってのは、韓国の歴史教育そのものなんでないの?
 あの国は「日帝が手出ししなくても近代化できた」と言いながら、
金王朝ひとつ清算できないという有様なわけだが。

 まあ、後からなら何とでも言えるさねえ。

98 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:53 ID:oB+DYS1r
>>92
ハリマンを受け入れる形でアメリカの権益を受け入れていたら
大陸は列強が分割する新植民地と言った所か
ロシアは一度去っても又必ずやってくる。
それに新しく来た大国で有った日米両国、帝国主義先進国のイギリス
大陸が今のアフリカになっていない保障は何処にもないな
日本こそが一つの中国の最も熱心な支持者だと思う

三国干渉で一旦横取りされた権益を国家存亡を
掛けて手に入れたんだから、それを又横取りされれば
日比谷の暴動で日本が崩壊してただろうけどw


99 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:56 ID:2+RnMyWR
インドネシア人やマレー人やミャンマー人の何人かは
「日本があの戦争をやらなければ今も植民地のままだ。」
と言う人がいるけど、インド人(ナイル氏など)は「あの戦争が無くても独立はできた。
日本人がインドの独立は大東亜戦争のお陰と言うのは間違い。
ただ、独立の時期を30年くらい早めたのは事実。」と言う。

それは一体どういう事だろうと俺なりに考えた。
恐らく次のような事だろう。

その30年という数字は、恐らくガンジーやネルーなどの非暴力主義者が政界から完全に姿を消し、
非暴力主義という幻想に疑問を持ち始めた一般インド民衆が力で立ちあがる時期なのではないか?
インドの独立はガンジーやネルーのお陰と言うのはあくまで戦勝国イギリスとネルーやガンジーによる押しつけ。
そうすればイギリスはインドでの罪を隠す事ができるし、ネルーやガンジーだって自分たちの立場があるからだ。
実際にインドの独立のきっかけになったのはチャンドラボース率いるインド国民軍だ。
そのへんについて詳しく説明できる人は居るかな?
昔とは違い、今はガンジーやネルーよりもチャンドラボースの方が人気らしい。
要するに、非暴力主義を続ける限り、イギリスは絶対にインドの独立を認めなかったというわけ。
そりゃあ、そうだろう。
戦前のイギリスの収入の60%はインドと南アフリカからだったんだからな。

反論は?

100 :日出づる処の名無し:02/07/01 00:58 ID:oB+DYS1r
ただ、アメリカはどう出るか分からない。
日本同様、アメリカも旧態然としたやり方をしない国だから。
日本の台湾統治と米のフィリピン統治に、当時の2国の先進性が見て取れる
前者は自国民が有色で有ると言う必然から。
後者は移民国家がなせる技と言った所か



101 :名スレの予感君(ごくとう) ◆JapanK16 :02/07/01 01:00 ID:6s0iG4UI
別に日本のせいで独立できたとか、戦争なくても独立できたとか
どっちでもいい、
ただ日本に親近感を持ってくれる国には礼を持って接してくれ政府よ、
日本を憎んでいる国には距離をおいて接してくれ政府よ、

102 :日出づる処の名無し:02/07/01 01:06 ID:WUH+cOeo
ボースがインド人民に向けて訴えた演説の一節
「…大東亜戦争開始以来、歴史に較べるもののない日本軍の勝利はアジアのインド人に感銘を与え、
自由獲得の戦いに参加することを可能にした。
日本政府は単に自己防衛のために戦うだけでなく、英米帝国主義のアジアからの撲滅を期し、
さらにインドの完全な独立を援助するものである。
いまやインド国民軍は攻撃を開始し、日本軍の協力を得て、両軍は肩を並べ、共同の敵アメリカ・イギリスの連合国に対し、
共同戦線を進めている。外国の侵略の軍隊をインドから駆逐しない限り、インド民衆の自由はなく、
アジアの自由と安全もなく、英米帝国主義との戦争の終結もない。」
(1944.3.20自由インド放送より)

103 :日出づる処の名無し:02/07/01 01:06 ID:2+RnMyWR
インドは30年だとして、フィリピンは約束されてたからすぐに独立できただろうな。
マレーシアやミャンマーやインドネシアは独立したインドやフィリピンから
近代兵器をもらえれば独立戦争はできそうだけどね。
ただ、フィリピンの場合はアメリカに反対されるから武器供与は無理そうだ。
インドなら可能か?
いや、インドやフィリピンでなくとも中国やソ連から武器供与というのはどうかな?
でも、独立軍援助のための武器供与の輸送ルートの確保って可能ですかね?
軍事に詳しい人に聞きたい。

でもさ、近代兵器を入手してもほとんどの一般民衆は独立運動なんか関心ないし、
白人には勝てないと思ってて諦めてるから一部の人間だけで独立戦争しても勝利は無理じゃないか?
やはり、日本があの戦争をやらなければ少なくとも今現在は独立していないと思われ。



104 :日出づる処の名無し:02/07/01 01:08 ID:2+RnMyWR
>>102
それ、俺も奴に言ったけどこう言われたよ。
「そりゃどうも、ただチャンドラボースは日本を利用しただけだよ。」
だってさ。

105 :日出づる処の名無し:02/07/01 01:21 ID:jO9WXvXO
>>104
それが真実だよ。
強きが弱きの考えを汲み取って利益を手放すなんて事はありえない
特にインド人は第一次大戦後の世界再分割で、その現実を嫌と言うほど
見せ付けられている。
どんな方法だろうと、それを実現させたのはインド人であって
インドの歴史の主役はインドの人達でしょう
我々列強はその廻りを流れて居た川に過ぎない


106 :日出づる処の名無し:02/07/01 01:24 ID:2+RnMyWR
インドとフィリピンの独立は日本無くしてもありえたが、
それ以外は無理だったと思うのは俺だけか?

反論がある人は近代兵器を持たない独立軍が勝利する方法を教えてくれ。
近代兵器をどこかから入手して、それで戦って勝つ方法があるという人は入手するルートの確保を教えてくれ。



107 :日出づる処の名無し:02/07/01 01:28 ID:t50UTQ6Q
たしかに、冷戦というきっかけがあったから、
香港返還までには大半の国が独立したかもね。

ただ、朝鮮は消滅し今でもロシアになってることと、
中国が分割統治後独立して複数の国になってだろう
ことだけは間違いないだろうな。

108 :愛子様:02/07/01 01:34 ID:OvaP5NJp
>>1
>日本があの戦争をやらなければ今もアジアは欧米の植民地だという言い分はとんだ無教養ぶりだ。.

その主張は実は日本人からではなく東南アジアの各国要人たちが言い始めたんだけど
<a href="http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03.html">各国の国旗でもクリックしちゃってください</a>

「日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは難産して母胎をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。
こんにち東南アジア諸国民が、米・英と対等に話ができるのはいったい誰のお陰であるのか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
12月8日(日本が開戦した日)は我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して、重大決心をされた日である。
我々はこの日を忘れてはならない。」
タイ ククリット・プラモード元首相

日本人を批判するのはいいけど
アジアの人々たちを批判しないでよ〜
日本=絶対悪の教育で洗脳された君には同情するけど
真実が知りたければもう少し視野を広げてみればいいと思うよ

>日本があの戦争でやった事はアジアに迷惑をかけた事。
>それだけだ。

マレーシアのマハティール首相が大東亜戦争について日本をどのように評価しているか知ってる?
多分君をガクゼンとさせる内容だよ


109 :日出づる処の名無し:02/07/01 01:38 ID:2+RnMyWR
>>103>>106への反論は無いんですか?
無ければ、「日本があの戦争をやらなければ今でもフィリピンとインドを除くアジア諸国は植民地のままだ。」
という事で結論させていただきます。
よろしいかな?



110 :日出づる処の名無し:02/07/01 01:43 ID:/cTKUXZI
大体、毛沢東は日本軍が無ければ中国はまとまることは無かったと言ってるがね。
毛沢東はそれゆえ日本軍に感謝してたらしいな。


111 :日出づる処の名無し:02/07/01 01:52 ID:/ekbjjUr
まあまあ、そんなに簡単に結論付けないでネタを振ってくれよ
殺し合いしてるんじゃないんだからw
俺の知る限りでは、貴方の言う通り宗主国に独立を保障されて居た
比?両国以外は少なからず独立の気運を掲げる事に苦労しただろう。
ただ、大統領をして民族自決を提案させる程ええかっこしいの
アメリカの存在を忘れてはならないと思う。
「独立」と言う甘美な響きは思春期の子供がDQN親に反発するのを
酔わせるのと同様の効果が有ると考えるが、
肝心な部分はその中身だと考える。
そして、独立後の国民を勇気付け国を盛況たらしめるのは
白人至上主義国の大統領に与えられた「餌」では無く
自分達が肌で感じた「雰囲気」だと考える。
百聞は一軒にしかずとはよく言った物だ。

アジアが独立出来なかった事は無いが、
それが現在の様にアジアの人々に平穏をもたらしてくれる物であって
アフリカの様に、未成熟な国家が近代兵器で殺しあう悲惨な土地で
無いという保障は全く無い

112 :愛子様:02/07/01 01:55 ID:OvaP5NJp
現実的に考えると、、
日本がいなくてもアフリカと同様にアジアは1960年代に独立できたと思います
「国際世論」というきっかけでね
ただ1940年代に独立したのは「日本」というきっかけが必要では

独立の早い・遅いで良い・悪いを評価することはできませんが
1日でも早く独立できることは現地の人々にとっては喜ばしいんじゃないでしょうか

>>1
>フィリピンが良い例。
>フィリピンは日本が来る前からアメリカに独立を約束されてたのに、
>日本がそれを邪魔し、女はレイプされ、男は強制労働に使われたんだ。

インドが良い例
何度も大英帝国に独立を約束させたのに無視され続けた
歴史に「if」を持ち込むなら、少なくても当時の大英帝国とアメリカは
植民地支配に対する考えがまるで違うという証拠を出してもらわないと

113 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:01 ID:2+RnMyWR
>>112
無理、無理。
有色人種の独立国が少ないままの状態で国際世論を得るのは不可能。
アフリカ独立は次々に独立したアジア諸国からの国際世論があったからだろ?
日本があの戦争をやらない状態で、数少ない独立国から国際世論を得ても
まだまだ世界は白人優越の世界秩序のまま。
そもそも白人優越の世界秩序が無かったら日本はあの戦争をやる必要は無かったしな。

114 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:01 ID:UIe1Do7v

そういえば、パレスチナにイスラム国家建設って約束は
まだ果たされてないね。

いつされるの?

115 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:03 ID:2+RnMyWR
>>114
アメリカ大使館爆破テロで全てがパアになりました。
悲しい事です。


116 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:04 ID:2+RnMyWR
ま、あのテロをやったのは全てイスラエルの自作自演だろうけどな。
あのテロでオスル条約が破綻した。

117 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:04 ID:2+RnMyWR
オスル条約じゃなくてオスロ条約の間違いだった。


118 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:05 ID:CPQB43Gw
>>1
でたらめ言うな。
華僑は白人の手先と化して中間搾取してたんだよ。
華僑が日本軍に多数処刑されたのは、彼らが連合国側に付いた、
日本軍に対する国際法上違法なゲリラ戦を行ったからだ。
それに対してマレー人ら原住民は概ね日本軍の側に付いた。

119 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:08 ID:AVvG5JGg
一応1の間違いを指摘しておくけど、たしかに大西洋憲章で英米は独立を約束はしてるんだよ。
でも戦争が終わった後、米英はその約束をすべて反故にしている。だから1のいう約束はウソ。
その証拠に第二次世界大戦が終了したあと、アジアは日本が欧米諸国から解放したのにもう一度
占領されて数年だが植民地にされている。華僑は関係ないと思う。軍事能力を持たないのに役に
たったと主張できるのかはわからんが。

120 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:10 ID:6Ws/XtjG
日露と大東亜が無ければ、世界は白人の物のままだったでしょうね。

そう思わないのは大陸の盲腸にすむ変節漢民族と売国サヨクだけ。

121 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:10 ID:Le7KY5jQ
今でも華僑は東南アジアでことあるごとに数百人、数千人レベルで殺されるね。
そういうときに逃げ込むのが日本なんだが、不法滞在中国人や鮮人どもが
何も考えず日本で次々にやらかしちゃうものだから、華僑も頭を抱えている。

122 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:11 ID:/ekbjjUr
>>112
米英の植民地経営の手法は全く違うと思います。
例えば教育や、医療、インフラと言った点でアメリカは
有る意味で日本的な、かなり積極的な投資と介入をしています。
ただ、少数民族によるテロを収められない事を知ると
議会で独立を保障して、比人にかなり自由な自治を認めると同時に
それらの投資も止めてしまいました。

>>113
上にも書いたけど、世界のええかっこしいアメリカの存在が有るよ
アメリカは人種の坩堝で有るから、そう言う先進的な提案がなされ易いんです
ただ、問題なのは「独立」の中身で有って。
独立したのは良いが、旧宗主国の傀儡で国民がドロをすすって生きてる
様では話にならない。
それなら日本の2等国民の方がずっとマシです。
肝心なのはアジアの人が「独立させて貰った」では無く
「独立を勝ち取った」と思える様な歴史を辿れた事なんだと

123 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:11 ID:Q5rjbVyE
第一次大戦時にもイギリスはインドの独立を約束し、それを反故にしている。

124 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:12 ID:2+RnMyWR
>そういうときに逃げ込むのが日本なんだが

嘘だろ?
逃げるのはシンガポールだろ?
違うか?

125 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:14 ID:2+RnMyWR
>>122
>旧宗主国の傀儡で国民がドロをすすって生きてる様では話にならない。
恐らくそうなっただろうな。
それなら、満州国と同じじゃん。


126 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:15 ID:re8ZB7+J
第一次世界大戦終了後ベルサイユで戦勝国は戦後処理の会議を開催。

参加主要国はアメリカ、イギリス、フランス、イタリア、日本。
日本は、国際連盟の条文の冒頭に「全ての国は人種差別を受けないよ
う平等であるべき」の文言を入れるよう主張。
人種差別撤廃の記述に猛反対したのはイギリス。イギリスは世界各地
に植民地を所有。これを認めると一気に自国の利益を損ねることにな
りかねない。
国際連合の条文には高らかに人種差別撤廃の記述は歴史の皮肉だ。



127 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:15 ID:vFqJgces
>>1
100年前の韓国の繁華街の写真を見てから言えよ
未開の地だぞ、まるっきり

128 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:18 ID:KpbGCMyR
>122
>肝心なのはアジアの人が「独立させて貰った」では無く
>「独立を勝ち取った」と思える様な歴史を辿れた事なんだと
そう、それを強烈に後押しするのが、複雑な事に帝国軍の精強さだった。
実際東南アジアの戦史を読むと
「私達と変わらない小人のような日本人がやってきて、たちまちの内に・・・」
と言った記述を良く見かける
FIFAのランキングが16位よりも、WCで16強に残った事の方が印象には残る

129 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:18 ID:2+RnMyWR
ちなみに、みんな知ってるかい?
東チモールは独立しても、実際はオーストラリアの傀儡国家だと。
日本人のボランティアや他のアジアの国のPKOが東チモールに行って帰ってくると
必ず口をそろえて言う事がある。
「オーストラリア軍の独占的なやりかたには参った。」

東チモールでオーストラリア軍は何をしでかしたのか?

そして、アチェやイリヤンジャヤでの独立運動激化を見て欧米の喜んでいる顔が思い浮かぶのは俺だけか?



130 : :02/07/01 02:20 ID:cCCzYBQW
「もし日本なかりせば」の演説をしらんの?

131 :  :02/07/01 02:28 ID:cCCzYBQW
ほら。

もし日本なかりせば
http://www09.u-page.so-net.ne.jp/tj8/ichizawa/mahathi-ru.html

132 :日本の利益:02/07/01 02:33 ID:I7I1BYIk
自分は、1を 激しく支持します。

133 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:34 ID:CPQB43Gw
>>124
ベトナム難民も、実は華僑らしいな。
偽装難民じゃなくて、華僑が迫害されてボートピープルと化したのがベトナム難民。
だから、ベトナム政府は難民の帰還を拒否。

134 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:37 ID:LgPFMe9N
>>133
中越戦争の原因もベトナム政府の華僑迫害だったね。

135 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:39 ID:2+RnMyWR
華僑は東南アジアの経済・マスコミを操る寄生虫。


136 :世をすねる猫:02/07/01 02:39 ID:ePwWMyCp
>>1 それに、東南アジアの華僑は独立の手助けだってしたんだぜ。

馬鹿者!
華僑は、欧米の植民地政策の手助けする事により、利益を得ていたのだ。
今でも、その国の政府のトップと癒着し、その富の大部分を独占している。
それ故、今も亜細亜の大部分の人は、豊かになれず苦しんでいる。
自分達の悪徳を、少しは反省しろ!!!

137 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:40 ID:2+RnMyWR
だれか、良い虫下しを東南アジアに与える方法を考えてくれ。

138 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:40 ID:CPQB43Gw
インドネシアでは、もの凄い数、確か数十万人の華僑が殺されたらしい。
共産革命失敗が発端で。華僑の革命運動失敗。

139 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:41 ID:2+RnMyWR
1のレスを友達のマレーシア人(大学生)に見せてもいいですか?


140 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:42 ID:2+RnMyWR
>>138
もし、共産革命が成功してたら今頃どうなってたのかな?


141 :日出づる処の名無し:02/07/01 02:44 ID:2+RnMyWR
>>136さんは>>57を参照するといいよ。

142 :世をすねる猫:02/07/01 03:04 ID:ePwWMyCp
>>141

その話も知っている・・・う〜ん。
ただ、自分の言った中国人も居る事も確かなのだ。
今、華僑の人達は日本のことを、
米の走狗に落ちぶれた国として軽蔑しているのも確かだ。
やはり、アメリカから独立しない限り、
華僑の人々とは真の付き合いは、出来ないのかもしれない。
頭冷やして来る。


143 :日出づる処の名無し:02/07/01 03:09 ID:dgOdudRr
華僑っつっても何百(千?)万人もいるだろーが。
全員が同じ意志を持って同じ行動するハズが無い。
みんなまとめて欧米の手先っつーわけでもなかろう。

144 :日出づる処の名無し:02/07/01 03:20 ID:EKDisSoe
でもほとんどは悪徳華僑だぜ。
食品の標本調査で、ひとつでも腐敗してるのが見つかったら全部捨てる事があるけどあれと同じだ。
疑わしい華僑はみんなアボーンしちまえ。

145 :日出づる処の名無し:02/07/01 07:13 ID:j157THTr
>>1
前、祖父が元気だった頃言ってたんだが。
東南アジアの人々は日本兵を快く歓迎してくれて、
宿も食糧も喜んで提供してくれたそうだ。
祖父は思想がどうのとかいう人ではなかったし、
その時漏れは子供だったので、それは咨意的なものではなかった。

146 :  :02/07/01 08:25 ID:WeHtqmWC
>1
お前は朝鮮人か、中国人か


147 :日出づる処の名無し:02/07/01 08:56 ID:PrVuXuHM
>>1
昔も今も騙されて職業売春婦になったのは珍しくないらしいが。

http://kaba.2ch.net/korea/kako/1010/10107/1010774329.html
#304
日本だけじゃなくアメリカかカナダでもサラ金のせいで売られてしまう
韓国女性は多いです。
韓国国外の韓国エステとか韓国クラブで働いている女性って、
そこでも全員日本現地在住の韓国暴力団の監視から自由じゃありません。
もちろん、彼女達は自分の事について何も言えません。
現地在住の韓国暴力団に殺されるからね。
実際、アメリカか日本などの韓国国外へ売られた場合、
現地で失踪及行方不明となる場合が多いです。

以前は普通の女子大生かOLだった女性が、借金とローン地獄で悩まされ、
サラ金の返済の代わりに強制で人身売買に売られ、軟禁状態で奴隷生活を暮らして、
警察に逮捕され、検察にレイプされ、刑務所へ送られ、前科者となり、
釈放された後は更に借金返済の為に暴力団に引き込まれて再び軟禁状態で働く、
再び逮捕され、刑務所行き、こういう生活うを十数年間に何度も繰り返す、
年老いたらもう利用価値は無くなったと判断され、殺害されるわけですね。

148 :日出づる処の名無し:02/07/01 08:57 ID:PrVuXuHM
女性従業員たちが逃げだすことができないように見張った
http://korea.hanmir.com/ktj.cgi?url=http://kr.dailynews.yahoo.com/headlines/so/20020205/dongacom/do2002020517590.html

人身売買に相次ぎ、今度は女に臓器売買を強要!
http://korea.hanmir.com/ktj.cgi?url=http://kr.dailynews.yahoo.com/headlines/so/20020205/yn/yn2002020597326.html

149 :日出づる処の名無し:02/07/01 09:07 ID:INoA1QPa
釣堀出なさそうなので一言。

フィリピン人の対日感情は極めて良いよ。
寒国と違って、歴史をねじ曲げたりはしていないし。

150 :日出づる処の名無し:02/07/01 09:59 ID:cZ0BXU9G
歴史にifは無い。「大東亜戦争が無くても…」という偽命題を出した時点で
>1の負け、確定。

151 :日出づる処の名無し:02/07/01 10:13 ID:qnRBZTtp
醜屍とその眷属が増殖中

152 :日出づる処の名無し:02/07/01 10:32 ID:wIzD//LT
>>1

無理だろうね。
アジア全土が中国共産主義で統一されてる可能性はあるけどね。
ただその場合でも、戦争は起こってるよ。
欧米vs共産アジアで。

欧米が勝てば、植民地か良くても保護国。
共産主義が勝てば、全アジア真紅の帝国。
どちらを選択する?


153 :日出づる処の名無し:02/07/01 10:36 ID:COG8+m7A
今ごろアジアで独立戦争の真っ最中でしょうな。

154 :日出づる処の名無し:02/07/01 10:45 ID:26HtVwT5
こういった(日本なかりせばみたいな)歴史観が、多くの日本人にとって
馴染みのないものであるのは残念。


155 :日出づる処の名無し:02/07/01 10:59 ID:cp12JVVv
全部日本のおかげという奴は電波
同様にまったく関係ないと言うのも電波

156 :日出づる処の名無し:02/07/01 11:00 ID:wIzD//LT
>>1

既出かもしれないが、フィリピンの件だけど、
スペイン・アメリカ戦争の後、1898年、フィリピンは独立宣言をしたんだけど
それを無視し、軍事支配したのはアメリカだし、1942年の日本軍撤退どころか、
1946年の独立まで、終戦後も占領しつづけたのはアメリカだからね。


157 :日出づる処の名無し:02/07/01 11:29 ID:zSaf/9cD
>>155
ほんま、その通りやね。


158 :   :02/07/01 11:38 ID:HWakk9Sf
最近、韓国でカード破産が激増ってニュースあったけど、
益々アガシーが売られて・・・・・・・・・・ハァハァ

159 :   :02/07/01 11:45 ID:HWakk9Sf
まぁ日本が解放しなくても独立はしただろうけど、
結局アフリカの国々が独立した「アフリカの年1962年」までは
アジアの国もお預けだったろうよ。

しかしこのアジアとアフリカの独立時期の差、15年の違いは、
その後の経済発展にとっては影響が大きかったのではないか?
現実はアフリカの経済発展は絶望的だけど、東南アジアはなんとか離陸できた。
この要因に15年の差があるよ、

160 :日出づる処の名無し:02/07/01 11:49 ID:F55bfM24
>1 中国人かね。過去は史実だ。妄想は要らない。
それから華僑は現地人を搾取していた。
だから東南アジアで今でも反華僑暴動が起きるのだ。
現実を見なさい。


161 :日出づる処の名無し:02/07/01 11:58 ID:xo5DHPxM
ま、日本は自国を守るために戦争をしたわけだから、
そのための作戦がアジアの独立だったからと言って、
諸国に恩にきろとはとても言えないね。
しかし、それが一定の効果もあったのは事実なわけだから
歪曲して「悪事しかしてない」なんて言って欲しくはない、
つまり、「悪いこともしたが良いこともしてたね」という、
ごくあたりまえの歴史観を持って欲しいね。
東南アジアの諸国はその辺を理解してくれるのは、ありがたい。

日本が闘わなければ、すでに間違いなく存在していない国である
南北朝鮮人はその点で酷い。

162 :権利を勝ち取る:02/07/01 12:13 ID:m1BwFFkY
>しかしこのアジアとアフリカの独立時期の差、15年の違いは、
>その後の経済発展にとっては影響が大きかったのではないか?
>現実はアフリカの経済発展は絶望的だけど、東南アジアはなんとか離陸できた。
>この要因に15年の差があるよ、

アジアの諸国は戦って独立を勝ち取った。
ちなみに日本も治外法権を撤廃させるには日清、日露戦争を
へなければならなかった。
アジア諸国は独立するために結局、
日本の敗戦後、植民地に帰ってくる旧宗主国と勝負しなきゃならなかった。
アフリカ諸国に独立はアジアで起きたうねりが大きな波になった結果。
独立させなければ治安の維持もできなかっただろう。
つまり欧州の都合によりしょうがなく独立させたわけです。
やはり苦労して勝ち取ったものには価値があるってことですね。

163 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:20 ID:m1BwFFkY
つまり国を一つの人間に例えればわかる。
アジア諸国はばらばらではあるがやはり一つの仲間だ。
その仲の最後の一人が自分を現状に満足できなく暴れまわった。
同じ仲間であるアジア諸国までボコリながら目を覚まさせた。

164 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:21 ID:QWGYI/Bb
>>158
鬼畜

165 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:27 ID:m1BwFFkY
>ちなみに、みんな知ってるかい?
>東チモールは独立しても、実際はオーストラリアの傀儡国家だと。
>日本人のボランティアや他のアジアの国のPKOが東チモールに行って帰ってくると
>必ず口をそろえて言う事がある。
>「オーストラリア軍の独占的なやりかたには参った。」

>東チモールでオーストラリア軍は何をしでかしたのか?

>そして、アチェやイリヤンジャヤでの独立運動激化を見て欧米の喜んでいる顔が思い浮かぶのは俺だけか?

またじわじわと白人どもが侵略をはじめてんだな。
インドネシアんもっとがんばれよ。

166 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:28 ID:d5KsTDWK
一言お願いします
http://jbbs.shitaraba.com/study/123/koware.html

167 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:30 ID:at0L6+2W
>1 俺には正しい歴史というものがよく分からない。
結構真面目に考えているつもりだし、戦争を美化するつもりはまったくない。
でもいまだによく分からない。
一番分からないのは、国定教科書しか使っていない韓国人が、
なぜ正しい歴史などと嘯くのかだ。
何事も、客観性がなければ説得力を持ち得ないと思う。

「もし〜だったら」などと言うことも、
歴史から眼を背けているとしか言い様が無いと思う。
だったらどうなんだと俺は聞きたい。

   


168 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:32 ID:T8sXz5U0
日本も経済がヘボヘボになったら日本の婦女子が海外に売られてしまうのだな
(戦争花嫁って例もあるし)男がしっかり経済を立て直さないと・・・

169 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:33 ID:/y6i7jRR
チャンコロやチョンのように白人の侵略者≠ニ戦わなかった

民族がでかい面するな!!!!!

170 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:35 ID:m1BwFFkY
>それなら日本の2等国民の方がずっとマシです。
>肝心なのはアジアの人が「独立させて貰った」では無く
>「独立を勝ち取った」と思える様な歴史を辿れた事なんだと

皮肉なことに日本は「独立させて貰った」状態になっちまったことかな。
朝鮮なんか
「えっ!独立?うれしいけど、準備できてなニダ、困ったニダ、
中国様につこうか米帝さまにつこうかどうしたらいいニダか?」
なんてかんじだもんな。

171 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:38 ID:m1BwFFkY
チャンコロは戦わなかったんじゃなく戦う振りして負けまくったんです。
何しろ戦争弱いですからチャンコロは、それでもチャンコロ帝国は不滅。
チョソに関しては完全なヒッキーだったんで問題外なんですが。

172 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:38 ID:NFPm3OfG
>>155に感動しつつ書き込み

>>162
そうすね
独立すると言う事は、例えば子供が独り立ちするのと同様の事だから
その人(国民)自身に強烈な自立心が芽生えなければ上手く行く訳が無い。
そう言う意味で20世紀最大のイベントで日本がやった事は、
アジアの人一人一人に強く訴える物が有ったと思う
勿論散々っぱら悪事も働いてる訳だから、とても我々が威張れた物では無い

上にも書いてるけど間違えても、独立させられた、独立させてもらった
なんて事ではまともな大人になれるかも疑わしい。
アフリカを見てると、時々植民地の方が国民は幸せだったんじゃ無いかとさえ思ってしまう。

173 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:40 ID:m1BwFFkY
「もし〜だったら」が多いほど悲しい民族だよね。

174 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:49 ID:Ej38VuTy
>>155>>172
俺も、アジアの独立が全部日本のお陰だとは思っては無い。
そんな事を言ったらアジア人に対して大変失礼だ。
例え、日本が白人絶対神話を崩壊させ、軍事訓練を施し、武器を与えても
彼らが血や汗を流して戦わなければ独立は不可能だった。
つまり、アジアの独立=日本からのきっかけ+現地人の血や汗
だと思う。

そして、そのうちのどちらか一方が無ければ独立は不可能だった。
(現地人の努力があっても日本から与えられたきっかけが無ければ独立は不可能、
日本から与えられたきっかけがあっても現地人が何も努力しなければ独立不可能。)

反論は?




175 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:58 ID:m1BwFFkY
>アジアが独立出来なかった事は無いが、
>それが現在の様にアジアの人々に平穏をもたらしてくれる物であって
>アフリカの様に、未成熟な国家が近代兵器で殺しあう悲惨な土地で
>無いという保障は全く無い

中国の列強による分割なんかアフリカみたいに適当に線引きされてたからな。
中国に関しては日本が攻め込まなくても十分独立してたでしょうね。
中華民国のままなら資本主義が導入されて今よりずっと早く発展してたでしょう。
やっぱり中国人に恨まれてもしょうがないな。


176 :日出づる処の名無し:02/07/01 12:58 ID:0QND2Yfl
>>174
無いよ。


177 :日出づる処の名無し:02/07/01 13:00 ID:NFPm3OfG
>>174
反論は無いよ(^^;
ただ、俺的には前者の重みがより高いと思う、7:3位で。

可能性として、日本が無くても血を流す切っ掛けと強烈な覚悟が出来れば
独立は成っただろうけど
逆に、幾ら日本軍が演習をやろうが訓練をしようが、その主体である
アジアの人が変わらなければ事は絶対に成らないから

>そんな事を言ったらアジア人に対して大変失礼だ。
ここに同意する。
「日本の戦後復興は全て我々のお陰だ」
と米人に言われたら、僕は唾を飛ばして反対するよ

178 :日出づる処の名無し:02/07/01 13:00 ID:io+LmK0c
半島はいまだに反抗期の大人みたいなものですね。

潜在意識:日本ママに甘えたいニダ、中国パパに甘えたいニダ。
     パパは怖いから言いつけ守るニダ。
     ママはやさしいから何しても怒らないニダ。
行動化:「僕の人生がうまくいかないのは、ママのせいニダよ!」

179 :  :02/07/01 13:07 ID:4IBFxRuz
>>1
経済力の面で見よう

台湾>韓国>>>>>フィリピン
韓国?>台湾?>>>>>フィリピン

何故でしょう?
お馬鹿さんには解らないでしょうね。

180 :  :02/07/01 13:11 ID:4IBFxRuz
大戦後ベトナムに戻ってきたフランスなんて、えげつないしね。オランダも
日本は西洋に恨まれてるって話もあるしね。
「日本のせいで植民地を失った」って。


181 :日出づる処の名無し:02/07/01 13:14 ID:Ej38VuTy
>>177
>日本が無くても血を流す切っ掛けと強烈な覚悟が出来れば
>独立は成っただろうけど

甘い。
近代兵器を持たないで農具や素手で武装した多数の素人の民兵が
少数とは言え近代兵器で武装した欧米軍に勝てるはずが無い。
ソ連や中国などから武器の援助を受ければ可能かもしれないけど、
もしそれが可能だと言うのならその武器の輸送ルートを教えていだたきだい。
共産化の為に中国やソ連がアジアの植民地に独立援助の為の武器を輸送しようとすれば必ず反共の蘭・英・仏とアメリカとの激突があっただろう。
もちろん、日本があの戦争をやらなければ中国が共産主義になる事もなかった事も考慮に入れなければならない。



182 :日出づる処の名無し:02/07/01 13:18 ID:Tp+Njn6f

あんま詳しくないんで反論歓迎だけど・・・

日本は満州に移住した日本人の権益と、日本領としての朝鮮半島が適切に守られてい
れば、中国本土を侵略する意図はなかったんじゃないの? それが中国側が抗日・侮日
・反日運動を展開して、日本人排斥を企図したもんだから、張作霖爆殺や満州事変を起
こさざるを得ない状況になっていったのでは?



183 :日出づる処の名無し:02/07/01 13:21 ID:Ej38VuTy
(181の続き)
ま、日本があの戦争をやらなければ中国は蒋介石によって共産主義勢力が倒されただろう。
そうするとアジアの独立勢力が近代兵器を入手するルートは蒋介石からか、
独立したフィリピンか独立したインドからの武器援助くらいか。
果たしてそれらの国から武器輸送ルートを作ることが可能かどうかだ。
もし、出来ないならやはり農具(シャベル、桑、カマ、オノなど)や調理器具(包丁)や石や
木製の棒や素手で武装した独立軍が
戦車や爆撃機や機関銃などで武装した欧米軍に勝てるはずは無かったという事だ。
白人優越の世界秩序だから、世界の世論を味方につけて独立を勝ち取るなんて事もないだろう。



184 :181:02/07/01 13:26 ID:Ej38VuTy
ここまで言って、「日本があの戦争をやらなくても独立は可能だった。」
と言う人がいるならお笑いものだ。
そういう人は、近代兵器の入手ルートか、あるいは間に合わせの武器で武装した独立軍が
近代兵器で武装した欧米軍に勝つ方法を説明しなければならない。


185 :ぽっぷる:02/07/01 13:27 ID:dMhH/wkO
まあ独立できたもは本当だろうな、核の知識を誰かが盗んでヨーロッパアメリカを突如核で自爆テロ、
これをやれば大体の白人は滅ぼせるからな。

186 :日出づる処の名無し:02/07/01 13:28 ID:2+RnMyWR
>>184
1が笑われている訳ですが・・・

187 :日出づる処の名無し:02/07/01 13:58 ID:R+VB4obL
これから日本が沈んでゆく一方なら
アメリカ、ヨーロッパ諸国が侵略まがいのことを企てないとも
限らず、今後もアジアは日本なしではやっていけないのではないか。
右翼恐怖症におかされた日本人にはもう立ち上がる気力さえない
ように感じる・・・・

アジア諸国さまざまな国があれど、日本の存在というのは
日本国内における象徴としての天皇という存在に近いものがあるのではないか。
このまま日本人が変わり続けて行く一方なら
それさえもなくなってしまう。
アジアが本当に独立できるかどうかは、これからにかかっている。

188 :日出づる処の名無し:02/07/01 13:59 ID:NS3nGBdL
>178
禿藁

189 :蝿皇子:02/07/01 14:04 ID:684ILlch
フィリピンは、アメリカが独立の約束をしていたから、完全に別だね。
そのため、かの国では反日感情が強い。
あの戦争によって、残念なことにフィリピンでは多くの死者が出た。
しかし、それはマッカーサーが奪還をこだわったため。
フィリピン人の死者は、アメリカ軍の無差別的艦砲射撃、砲撃、爆撃の巻き添えになった人が最も多い。
そうした意味で、日本のフィリピン占領は、フィリピンに大きな痛手を残した。

他のアジア諸国がどうであったかは、難しいところだが、ひとつ大きな点として、
欧米諸国が、彼らの目の前でアジアの軍隊に負けた、というのを見せられたというのが大きい。
つまり、西欧の支配は絶対ではない、跳ね返せるのだ、という意識を、全アジアに行き渡らせたということだ。
大東亜戦争が無ければ、結局あらゆる地域で東西冷戦の犠牲が出ただろう。
そうした内戦は侵略戦争よりも悲惨な結果を生むのは、近代〜現代史が語っている。

日本の戦争遂行が、能力不足であり、多大な犠牲を日本植民地に強いたことをは否定しないが、これが独立の端緒となったのもまた事実である。



190 :愛子様:02/07/01 14:22 ID:TnruZddl
>>113
私の浅い考えでした
たしかにアフリカが独立できたのはアジアで独立した国の声があったからです
もしなければ?
アジアもアフリカも1980年代まで独立できなかったかもしれませんね
でもその考えからいくとアフリカが1960年代に独立できたのも日本と現地人のおかげ
ということになっちゃう
う〜ん 反日左翼の方にまた怒られそう

>>172
>勿論散々っぱら悪事も働いてる訳だから、とても我々が威張れた物では無い

私も威張るつもりはないが独立したアジア諸国にどんな悪事をしたというの?
ちょっと気になりました

>>174
>つまり、アジアの独立=日本からのきっかけ+現地人の血や汗

まさにその通りだと思います
皆さんが「日本が戦争をしたからアジアが独立した」というのは
>>1 に対して説明するための言葉であって
「アジア人の血と汗があったから」というのは誰もが大前提だと考えているのではないでしょうか

191 :日出づる処の名無し:02/07/01 16:27 ID:ewECC0za
チャンドラ・ボースの最後の地は台北、松山機場だった。
だからどうしたといわれればそれまでだけどね。
たまに思い出す台湾人もいるだろう。日本人も忘れてはいけない。
ソ連へいく途中不慮の事故でしたが、彼の死は無駄ではなく、
2年後にはインドは独立する。

192 : :02/07/01 16:31 ID:59EgV5YZ
独立を約束? は?
白人絶対主義の中で、自治権を与えられる待遇のことですか?

日本人の戦いがなければ、白人の勘違い主義とアジア人の劣勢洗脳が
解ける事などありませんでした。

大事な事は、列強プレイヤーのチーム分けの中に有色人種の国が入っていた事
です。これが一番大きい。 洗脳がとけたのもそれが大きい

1910年ころは、日本は世界の軍事五大国のひとつになりました。
世界歴史での有色人種へどれほどの意味を持っていたことか
わからないのですか


193 :日出づる処の名無し:02/07/01 16:42 ID:wIzD//LT
>>1

フィリピンを語るなら「リカルテ将軍」について勉強しなさい。
「わしは星条旗の下に帰ろうとは思わない。」と言い、彼がどんな行動を
とったのか。

>>1見たいなこと、言えなくなるとおもうよ。


194 :日出づる処の名無し:02/07/01 17:02 ID:m1BwFFkY
独立は約束によってできるものじゃない。
それにいたる闘争が絶対必要なのだ。
それがないのは本当の意味での独立ではない。
人間に思春期青年期に親や世の中、
そして自分との戦いがあるように。

195 :日出づる処の名無し:02/07/01 17:06 ID:m1BwFFkY
>フィリピンは、アメリカが独立の約束をしていたから、完全に別だね。
>そのため、かの国では反日感情が強い。
>あの戦争によって、残念なことにフィリピンでは多くの死者が出た。
>しかし、それはマッカーサーが奪還をこだわったため。

独立の約束? 白人様から与えてくださる独立ですか?
そんな独立は与えられてもすぐに奪われてしまうのでは?

196 :日出づる処の名無し:02/07/01 17:19 ID:OUY/bV5H
ところで中国板の 二十三 とやらはまだ来てないの?
今日の夕方頃に来るとか聞いてたんだけど・・・。

197 :世をすねる猫:02/07/01 17:23 ID:ePwWMyCp
>>193
嗚呼・・・かのような人を国士と言うのだろうね。
現在、日本のトップには国士なる者を見る事が出来ない。
国を失うような国難にぶつからないと、野に居るであろう国士は、
出て来ないのだろうね。

姦国が対馬を占拠する。
日本政府の政治家・役人は中国から睨まれ、相変わらずヘラヘラしている。
日本国民激昂、平成維新勃発。
そんな時かな?


198 :日出づる処の名無し:02/07/01 17:28 ID:wIzD//LT

日本人はあまり知らないことだけど、1943年、日本は軍政を撤廃し、
フィリピン共和国として独立してるんだけどね。
現在の国旗、国歌はその時制定されたもの。
その後、アメリカが反攻してきて、再びアメリカが侵略。
独立が取り消されて、1946年に再び独立する。

なぜ、1943年の独立が認められていないのか?というと
それが戦勝国史観によるものなんだけど、日本が独立させた1943年に
就任したラウレル大統領は、正式な大統領として歴代カウントされてるけどね。


199 :日出づる処の名無し:02/07/01 17:33 ID:PgCs0p7w
最近立て逃げが多いな、おい。

200 :日出づる処の名無し:02/07/01 17:38 ID:+gB4fM+b
200

201 :日出づる処の名無し:02/07/01 17:38 ID:26HtVwT5
200あげ


202 :日出づる処の名無し:02/07/01 17:39 ID:+gB4fM+b
>>201
ふふふ。

203 :日出づる処の名無し:02/07/01 17:49 ID:1FOQqszN
まあ、日本が国際連盟で出した人種差別撤廃案を拒否するような
連中の保障する独立がどの程度のものか考えてみろってこった。

204 :日出づる処の名無し:02/07/01 17:49 ID:WZ7epXyp
>>196
一応、このスレへのリンクを貼って誘導済みです。
もし、彼がこのスレの内容を見て反論するすきが無いと判断したら逃げるかもな。
逃げ足だけは早い中国人だ。

>>193>>195>>198
俺は、日本がフィリピンにやった事で一番悪かったと思うのはフィリピン人をレイプした事ではなく、
虐殺したことでもなく、フィリピン人の目の前で負け戦を見せた事だと思う。
負け戦さえ見せなければフィリピンがここまで白人マンサーの国になったとは思えない。
日本軍の負け戦を見なければフィリピンもマレーシアのようにルックイースト政策を実行し、
アジアでは日本、台湾につぐ経済大国になっていた可能性があると思う。
なにしろ教育の普及だけを見ればアジアではトップクラスだからな。


205 :日出づる処の名無し:02/07/01 18:30 ID:oJANx1dX

フィリピンが、今一つ垢抜けず、発展途上国に甘んじてる理由はなんだろね?



206 :日出づる処の名無し:02/07/01 18:42 ID:wIzD//LT
>>204

>負け戦を見せたこと、

それはあるだろうね。
それと日本が占領する前に、アメリカ主権の下で、自治的な独立は認められてたから
後から入ってきた日本に対して、抗日運動もあったし独立宣言まで時間がかかりすぎた
と言うはあるだろう。
日本が独立させた1週間後にはレイテ上陸作戦が行われてるから、日本にして見れば
「もう来たのか」という驚きと、フィリピン国民が独立の気風を味わう前に
アメリカに取り戻されたというのは大きいだろうな。


207 :日出づる処の名無し:02/07/01 18:48 ID:Z8Hso380


      ウ ヨ 男 必 死 だ ね ・ ・ ・ 。 
  
  
  

208 :日出づる処の名無し:02/07/01 18:51 ID:HPWP3Gth

    サ ヨ 必 死 だ な 

209 :928:02/07/01 18:54 ID:Px1aNBA+
日本軍のしたことは完全に彼ら自身の独断だった。つまりアジアを自分のものにしようと
してたんです。

210 :日出づる処の名無し:02/07/01 18:59 ID:wIzD//LT
>>209

一番楽で、卑怯な史観だね。
別にいいけど。


211 :日出づる処の名無し:02/07/01 18:59 ID:Z8Hso380
>>208
別に。必死にならなくてもあんたたちウヨ男が認知されることはない。
せいぜい街宣車にでものってなさい(w

212 :日出づる処の名無し:02/07/01 19:03 ID:WZ7epXyp
>>209
もしあの戦争で日本が勝ったら今頃はアジアは日本の支配下だとかほざく奴は馬鹿。
台湾や朝鮮の経営でも国費持ち出しが大変だったのに、
その上さらに広いアジア地域を植民地にしたら一体いくら金が掛かるんだよ?



213 :日出づる処の名無し:02/07/01 19:05 ID:fG9dL46x
>>211
街宣車って?

シンスゴも日本の右翼の構成員に在日が多いって認めてる
最近朝日のインタビューに答えている。記者が外国人だったので
気を許して口を滑らしたのだろう。
http://www.asahi.com/english/weekend/K2001120900069.html

Most of those who appear to be right-wingers,
she says, are just frustrated people feeling the same sense of isolation that minorities such as herself feel.
Many, in fact, are Koreans, she said.

214 :sage:02/07/01 19:35 ID:Isz0pbZR
>大東亜戦争が無くてもアジアは独立できた

考えるまでも無くその通り。

でも、ライト兄弟がいなくても、いつか誰かが飛行機を発明しただろうし、
コペルニクスがいなくても、いつか誰かが天動説を葬っただろうし、
アリストテレスがいなくても、いつか誰かが哲学に興味を持っただろう。
だからといって、彼ら偉人の功績が否定されるわけじゃない。

215 :日出づる処の名無し:02/07/01 19:42 ID:26HtVwT5
>214
そしてそうした偉人は暴力夫でもあった、みてーな?

216 :日出づる処の名無し:02/07/01 20:15 ID:pdLxDXh7
>>99
if を言っても始まらないと思うから・・・
「日本が戦争を起こしたから、インドはあの時に独立できた。」
という事は、その人も認めてるんだね。

僕が興味あるのはその点だけだから、後は何を言っても良いよ。
その人の脳内では「あと30年あれば、自分達の力だけで独立できた。」って事だろ。
脳内ソースってのはここ(2ch)では、一番笑われる行為だけどね。

217 :名無し:02/07/01 21:04 ID:IIC2QMEm
しかし西欧列強と戦ったのは日本だけだからね。
この事実は限りなく重く,偉大だ。
タラレバ妄言なんか吹っ飛んでしまう。


218 :日出づる処の名無し:02/07/01 21:09 ID:H6C93Hv6
>>211
サヨも認知されてないが。
誰か認知したか?


219 :    :02/07/01 21:36 ID:0+Wqntbc
日本のアジアの独立、近代化への寄与という問題で忘れてならない
のは、あの太平洋戦争だけでなく、明治以来の日本人の中の大アジア
主義者の活動も検証する必要があるね。

朝鮮開化派の金玉均たちへの支援、中国の孫文への支援、辛亥革命の
北伐戦への多くの日本人の参戦、ホセ・リサールへの武器支援など
結局、基本的に日本人は周辺アジア国にまず国内改革を即したうえで、
欧米からの独立を成してもらいたかったという気持ちが当初はあったと思う。
それが「太平洋戦争はアジア解放のため」の部分に繋がっていると思うよ。

220 :萌国主義者 ◆wl8kHb4M :02/07/01 21:53 ID:LTrfP/Y7
>>214
あなたの仰るとおりなんだけどね。
日本とともに戦ったアジアの人たち。
アジアの独立のために戦った日本人。
今でも日本をよく言ってくれるパラオ、台湾、インドネシア、
インド、トルコなどの親日国の人たち。
この人達のことを考えると>>1の様なことを日本人が言っていると
思うと情けなくなる。

まあ、1を依頼したヤシはかの国の人かもしれないけどね。

221 :      :02/07/01 22:00 ID:GTvVAr16
>>1言い草は日本に併合されなくても近代化できたといっている半島人と同じ、
たぶん在日じゃないのかな?

222 :日出づる処の名無し:02/07/01 22:02 ID:pv8uy8EH
フィリピンの一例がアジアの適例ではないよ

223 :萌国主義者 ◆wl8kHb4M :02/07/01 22:03 ID:LTrfP/Y7
読んで欲しい。

 日本はアジアの希望の光である。大東亜戦争は欧米人にアジア人の勇敢さを示したもので、
ジンギスハーンとともに、アジア人の誇りである。我々は軍人だから、人類は絶滅する日まで
戦争は続くと考えて、日本の軍人から、ハワイ空襲戦やシンガポール攻略戦を聞こうではないか。
私はリー・クワンユー首相の『日本に学べ』運動は素晴らしい政治戦略だと思っている。
 ここで、インドネシアの日本民族の価値について見方を申し上げる。
今、忽然として日本民族がこの地球上から消えたら、アジアとアフリカは非常に困る。
その時に韓国が一番困ると思う。韓国は工業大国の日本と競争したから、
立派な工業国になれたと思う。近くに強力な競争相手がいるということは素晴らしいものだ。
世界は韓国と日本を同民族で同能力の持ち主とみている。ベトナム戦争当時に
『韓国軍は日本軍(大東亜戦争)と同じで勇猛果敢だ』と評判が立ち、
中ソ連合軍が緊張したことがある。もし、日本がシンガポールの地点にあったら、
インドネシアは少なくとも百万人は日本に住み、日本人と同等の教育を受けるから、
その人間関係から日本の技術、市場、金融、スタッフ等を活用することができる。
だから企業の成功は容易である。つまり、日本に近いところに位置していることは幸運なのだ。
経済支援を連続的に受けていると言ってもよいくらいだ。インドネシアが日本に近ければ、
今のような貧弱なインドネシアではない。
 ロッテのような韓国の大実業家は、顔は日本人と同じ、日本語も日本人と同じ、
発想法も日本人と同じ、一切が同じだから羨ましい。つまり、我々インドネシア人は
『日本は何もしてくれなくてもよい』と考えている。日本は欧米と肩を並べて進歩しているだけで
充分にアジアに尽くしている、日本は存在するだけで充分にアジア・アフリカに尽くしている。
だから、我々アジア人は外交面に弱い日本を支援したいと思っている。
日本から援助を貰うだけで応援しないのでは、運命共同体の一員とは言えないし、
対等のパートナーとも言えないのではないか」

アリ・ムルトポ

224 :日出づる処の名無し:02/07/01 22:04 ID:UdZypKvU
>>214
理論破綻してるのでこのレスは電波認定です。
何度も言う用に、間に合わせの武器や素手で独立軍が
近代兵器を持つ欧米軍と戦って勝つ方法か、
あるいは独立軍が近代兵器を入手する方法(ルートの確保)を
説明しないで「大東亜戦争が無くてもアジアは独立できた」なんて言うのは無学すぎた意見だ。


225 :日出づる処の名無し:02/07/01 22:06 ID:UdZypKvU
>>223
韓国や中国が日本から遠く離れた位置にあれば良かったのにな。
その代わりに、日本の隣国にはインドネシアやマレーシアなどの親日アジア諸国があればよかった。

とはいっても現実派血が運だよな。
スマン、ただのオナニーだった。(w



226 :日本が好き:02/07/01 22:06 ID:PpeTpngb
便所に入って、紙で尻を拭くのは当然の成り行きだ、しかし、紙という概念を
教わらなければ、縄や葉っぱで拭き、紙に行き着き、さらに進歩すればお湯で
洗う事を覚えるであろう
紙に行き着くまで、膨大な時間&試行錯誤がかかる
日本は歴史を加速しただけなのだ。
欧米列強は時間を逆戻しにしたかっただけなのだ。

227 :225の訂正:02/07/01 22:08 ID:UdZypKvU
とはいっても現実は違うんだよな。
スマン、ただのオナニーだった。(w





228 :日出づる処の名無し:02/07/01 22:10 ID:2bFsm+sL
戦争を美化すんなって

229 : :02/07/01 22:10 ID:6WES8AyQ
アジア地域では、自分で近代的な武器を大量生産できたのは日本だけだった。
第二次大戦後、独立運動で使用された武器は、日本製が多かった。
(アメリカが日本に勝つために中国に送ったものも多かったが)
したがって、日本がアジア地域の独立に大きく影響を及ぼしたのは間違いない。
ただし、その後、ゲリラ戦術(敵の武器を奪う戦いしか行わない)が発達し、兵器生産不能な民族も戦うことが可能になった。
したがって、日本がいなくても、独立は可能だったと思われる。しかし、犠牲は多大なものになっただろう。


230 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/01 22:16 ID:YU0BKzE9
つまり日本人は"きっかけ"をつくった、と。

彼らに戦えるための技術や武器を与えた。
彼らの民族意識を復活させた。
そして、彼らに有色人種でも白人に勝てるということを教えた。

日本がいなくても彼らは独立を果たしただろうとは思われる。
しかしそれは「if」であり、いつになるかはわからない。最悪の場合はそのまま植民地が続いて、
宗主国らの意識改革が起こって独立を"させてもらう"という状況になったかもしれない。
というわけで結果論としては、大東亜戦争のによって多くのアジア諸国は独立することができた。

俺なりにまとめたつもりなんだけど、訂正すべきところはありますか?

231 :日出づる処の名無し:02/07/01 22:19 ID:+0DokBAk
>>228
誰が美化してるんだ?

232 :日出づる処の名無し:02/07/01 22:20 ID:Ne6ARqTO
フィリピン「独立」の内実もちゃんと見ないとね。

233 :日本が好き:02/07/01 22:21 ID:PpeTpngb
美化委員じゃないかな?
クラスにいただろう?何だかよくわからない委員


234 : :02/07/01 22:24 ID:6WES8AyQ
>>230
そんな感じだと思います。
ただ、宗主国が意識改革をする可能性は薄いと思われます。
ベトナムなどは、日本が負けた途端、フランスが再侵略を開始しましたからね。
アメリカやイギリスはそれを批判しましたでしょうか?否、手助けをしました。
国民党政府も、ベトナムに進駐しようとしていましたしね。
つまり、そういうことです。

235 : :02/07/01 22:26 ID:yp+pE9TT
大変失礼な言い方だが

フィリピンにしろインドネシアにしろ
植民地の範囲がそのまま国になってるので独立しても
公平な政治が難しいように見えるが..誰がやっても不満が出ると

236 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/01 22:28 ID:YU0BKzE9
>>234
ベトナムに関してはアメリカの世論はかなり消極的だったらしいですよ。
「どうしてフランスの植民地を俺たちが守らなければならないんだ?」
という感じで。
そういうわけで俺としては「もしかしたら」意識改革はあったかと思っています。
ただしそのときはローマ化されたガリア人やゲルマン人のように、民族意識なんて全く残っておらず
チャーチルらのようにむしろ意識まで征服されたことを誇るようになっているでしょうけど。

237 :日出づる処の名無し:02/07/01 22:30 ID:8YZnVi9O
いいことに聞こえる=美化
悪いことをした=真実

この2つの選択肢しか判断できない奴が多いな



238 :日出づる処の名無し:02/07/01 22:30 ID:jBRvpmse
あなたは歴史をちゃんと知っていますか?

・日本は戦後補償をきちんと行なっていない?
・ドイツが戦後補償を行なった?
・日本はこの間の戦争のことでアジアに、あまりよく思われていない?
http://www.jiyuu-shikan.org/faq/top.html

239 : :02/07/01 22:35 ID:6WES8AyQ
>>236
そうですか....確かに、アメリカの良心を信じたい気もしますが、やはり私は信じられません。
フランスに対して経済制裁をしたでしょうか?ただ単に、自分たちが戦場に行きたくないだけで、反対はしなかったのが実態です。
アメリカといえば、中南米に対する武力行使を忘れてはいけないと思います。
あえていうならば、まだ、植民地主義はなくなっていないと言えます。
しかし、被植民地側にも弱者の戦術が身についているので、あからさまな侵略ができなくなっているだけでしょう。

240 :日出づる処の名無し:02/07/01 22:37 ID:26HtVwT5
戦争=悪という概念はごく最近のものなんだよね?
そうはいっても今の世界でも武力が大きな影響力を持っている事は確か。
独立国家は軍隊を持っている。
戦争は人殺しで悪だから駄目とかいう論理じゃやっていけないんだよな、悲しい事に。

241 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/01 22:42 ID:YU0BKzE9
>>239
あの、だから「もしかしたら」と付け加えているのですが…。
あと正直言って植民地支配は全く終わってないと俺も思ってますよ。
植民地っていうのは製品を安くつくらせ、そして買わせるというのが主目的ですから。
まさに今の先進国と発展途上国の関係w

>>240
戦争が悪ではなく、侵略が悪では?
戦争が悪だなんて思ってる"戦争を放棄した"日本ぐらいかと

242 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/01 22:42 ID:YU0BKzE9
>>241
訂正
×戦争が悪だなんて思ってる"戦争を放棄した"日本ぐらいかと
○戦争が悪だなんて思ってるのは、"戦争を放棄した"日本ぐらいかと

失礼しました。

243 : :02/07/01 22:46 ID:6WES8AyQ
>>241
了解です。

244 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/01 22:50 ID:YU0BKzE9
>>235
公平な政治が難しいというのは正しいけれど、自分たちで政治ができるのと他人に
支配されているのとでは全く違うと思うよ。
民主主義も力をつけたブルジョワが、自分たちも政治に参加させろということで
政治を牛耳っていた貴族連中に文句をつけたから生まれた制度なんだし。


245 :日出づる処の名無し:02/07/01 22:51 ID:UdZypKvU
>>229
ベトナム戦争やモロ民族解放戦線などはソ連や中国などからの武器援助を受けましたけど?
それがなければベトナム戦争で北ベトナムがアメリカに勝つのは不可能だったのでは?

>>230
訂正箇所は無い。
ただひとつだけコメントするなら、近代兵器を入手しなければ何十年どころか何百年かかっても独立できない可能性が高い。

246 :チョソ:02/07/01 22:55 ID:b7uSFEyV
>>240
>>241
もっと厳密に言えば、日本が戦っていた地域や国によって戦争形態が
違う。
アメリカとの戦いは日本の総力戦だったが、中国大陸での戦争は
限定戦争である。
中国の軍閥と戦争していたのであり、別に中国全体と戦争していたわけでは無い。
また限定戦争に善悪の区別など無い。単に権力者の利権争いである・・
戦後、限定戦争に参加したわけでもないのに戦勝国きどりでいる中国人
や韓国人は滑稽である。


247 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/01 22:58 ID:YU0BKzE9
>>245
>近代兵器を入手しなければ何十年どころか何百年かかっても独立できない可能性が高い。
俺もそう思う。
それで戦争での独立はできないから、宗主国の意識改革というのを独立できそうな理由にしてみたのよ。

248 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/01 23:02 ID:YU0BKzE9
>>246
中国は蒋介石がカイロ会談に参加しているなどしているから、
それを受け継いだ中共は戦勝国と名乗る資格はあると思う。
まあ、気に食わないけどUnited Nation(連合国軍=国際連合)の勝ちは勝ちだから。

韓国に関しては滑稽すぎると思う。

249 : :02/07/01 23:03 ID:6WES8AyQ
>>245
冷戦時代は、戦後すぐとはまた話しが違ってくるとは思いますが、確かに日本というファクターだけではなく、ソビエト共産主義も視野に入れる必要はあると思います。
ただし中共に関しては、日本が母体になったと言えます。残念ながら。
日中戦争という中国人民の苦難の時に、勢力を拡大し、戦後の内戦では、満州における旧日本軍の軍需品で武装したわけですから。
それにしても、ソビエト共産主義も、植民地主義のひとつだと思いますがね。

また、近代兵器の入手方法は、戦後、劇的な戦術が編み出されました。(戦中も実は個別には存在した)
そのへんはチェ・ゲバラの戦術に詳しいと思います。いわゆるゲリラ戦術です。

250 :日出づる処の名無し:02/07/01 23:06 ID:UdZypKvU
>247
そうだよな。
欲深で人種差別観念が強い欧米が話し合いくらいでアジア諸国の独立を認めるはずがない。
マレーシアやビルマの独立の場合は戦争はせず、話し合いで独立が決まったけど、
あれはインドネシア人やインド人の奮闘振りを見てもう無理だと諦めたから。
イギリスのあの時の判断は正しかったと思われ。例え、話し合いで決着せず、戦争になってもイギリスは負けたでしょうね。
それがわからないで植民地への未練を捨てきれないで最後まであがいて大火傷したのがオランダとフランス。


251 :日出づる処の名無し:02/07/01 23:11 ID:okHu/Px6
大東亜戦争無しで独立した可能性があるのはインドのみ。

252 :日出づる処の名無し:02/07/01 23:11 ID:UdZypKvU
>>251
フィリピンもだよ。

253 :チョソ:02/07/01 23:15 ID:b7uSFEyV
>>248
ウォレ的には言葉のロジックの範囲内の戦勝国だけどな・・
韓国に至っては、どう解釈したら準戦勝国になるのかさっぱり分からん?
誰か説明してくれ。

254 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/01 23:21 ID:YU0BKzE9
>>253
韓国は第二次世界大戦当時亡命政府があったらしいのよ。
そしてその亡命政府が日本に宣戦布告を一応してたとか。
それで日本が負けたから自分たちも戦勝国ニダ。ウリナラマンセーとなったわけ、らしい。

これに関しては2ちゃんの書き込みで知った情報だから嘘かもしれないっス。
亡命政府があったのは事実だけど。

255 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/01 23:24 ID:YU0BKzE9
>>247
今の世界でも欧米による世界支配は続いてるもんね・・・。
キリスト教なんていう一神教が広まらなければもう少し違った結果になったかもしれんのだが。

256 :日出づる処の名無し:02/07/01 23:24 ID:UdZypKvU
イタリアの戦勝国気取りはヘタレ丸だしだと思うのは俺だけか?


257 :日出づる処の名無し:02/07/01 23:27 ID:WAjByBHY
>>256
かなりの戦死者を「連合国」として出してるので一応顔は立つはず。
具体的な数は…誰か求む。

258 :日出づる処の名無し:02/07/01 23:28 ID:pz/5c94+
>>253

別に韓国人と日本の共産主義者およびその影響を受けた連中
(いわゆるサヨク)が勝手にそう言っただけでしょう。

>>250
話はずれるがチャーチルはインドを手放したくなかった。
インドは英国の生命線というようなことを言ったらしいがそれは
正解だったんだろう。
戦後、インドを筆頭に多くの植民地を失っていった英国は没落
してしまったことを考えると植民地あっての英国ということを
彼はよくわかっていたんだろうな。
(サッチャー政権になってから英国は再浮上したけどそれまでは
保守党と労働党が交代で政権を担ったが政策がころころ変わって
それがさらに没落に拍車をかけたらしい)

259 :日出づる処の名無し:02/07/01 23:30 ID:OmCCQ34N
>>252
独立の約束なんぞ100%反故される。

260 :日出づる処の名無し:02/07/01 23:35 ID:UdZypKvU
>>258
前にもレスしたが、戦前のイギリスの収入の60%は印度と南アフリカからだったとか。
だからこそ、イギリスはこの2ヶ国の独立をできるだけ引き伸ばしたかったらしい。

結局、日英同盟破棄は日本のみならずイギリスにとっても大失敗だったという事だ。
日本の失敗は第1次世界大戦の時に欧州に派兵してイギリスを助けなかったために日英同盟破綻の原因を作り、
第2次世界大戦で英米を敵に回して日本の歴史が始まって以来の外国による占領という事態を招いた。
イギリスは、日本が頼りにならない同盟国だと思って同盟を破棄したのは良かったが、
日本を敵に回したが為にアジア人が覚醒し、武器を持ち、アジアの全ての植民地を失った。
頼りにならない同盟関係でも、植民地のことを考えれば破棄という決断は不適切だったのでは。



261 :  :02/07/01 23:49 ID:fxGM4xJi
もしアメリカがフィリピンに対して、善行を施したと言うなら、
マッカーサーの銅像も、もう少し日当たりの良い場所に置かれていても
良さそうなものだと思います。

262 :日出づる処の名無し:02/07/01 23:51 ID:u6z/UeeP
>>256
いちおう、ムッソリーニをイタリア人自身で追放したしね。
某国の上海臨時政府の引き籠りと違ってイタリア人もドイツの傀儡政権と戦って解放したからね。

263 :日出づる処の名無し:02/07/01 23:54 ID:m1BwFFkY
歴史は繰り返すがやってみたいと分からないこともあるって事か。

264 :258:02/07/01 23:54 ID:pz/5c94+
>>260

そう言えば戦後英国はエジプトのスエズ運河の管理権も
失っているね。
フランスと一緒にエジプトへ出兵したが米ソ?の圧力でスエズ運河
を手放さざるをえなかった。

ただ、欧州はあれだけ植民地を手放し、また2度の世界大戦で荒廃
したのにEUを結成し相当な政治力と経済力を保っている。
巨大企業も多いしね。
そう考えるとアジアはまだまだなんだよな、悲しいことだが・・・。

265 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:00 ID:36ZyLbkR
>しかし西欧列強と戦ったのは日本だけだからね。
>この事実は限りなく重く,偉大だ。
>タラレバ妄言なんか吹っ飛んでしまう。

しかも世界大戦をやっても文明の破滅にならない最後のタイミング
だったわけだ。核兵器が本格的な兵器としてつかえる現代では
あんな戦争したらほとんどの文明は破滅し。
わずかにのこっと人類も自分達の破滅戦争の酷さにトラウマだけでは
すまなくなる。

266 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:01 ID:hYNqgxxi
マッカーサーはフィリピンを野蛮国扱いしていた。だから仮にフィリピンが
約束通り米国から独立したとしても(そんなことは多分無かっただろうが)
米軍が比政府の上に居座り、マッカーサー軍事顧問が事実上の君主として、
独立後ものさばっていたのは間違いない。
マ元帥は、日本も同様な野蛮国だと思って乗り込んで我が物顔で振る舞い、
無茶な改革を押しつけたが、意外に反撥は少なく、しかも日本国民が純情な
のを見て、意表をつかれた。さらに、朝鮮戦争で在日米軍を率いてソ・中共軍
と戦って初めて、戦前の日本と同じ立場に立ち、大日本帝国の行動が「侵略」
ではなく「自衛」であったことに気づき、野蛮国との認識を改めた。翌年、解任
されて合衆国上院の軍事外交委員会で尋問されたマ元帥は「日本の行動は自衛
であった」と証言するに至る。この時点で東京裁判の論理的根拠はすべて失われた。

267 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:13 ID:g7pWJJ+U
大東亜戦争が無くても1943年にフィリピンは約束通り独立したと思われ。
もし、アメリカが約束を破っただろうという仮定が正しいなら、1946年に独立を認めなかったと思われ。

反論は?


268 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:15 ID:36ZyLbkR
>日本軍のしたことは完全に彼ら自身の独断だった。つまりアジアを自分のものにしようと
>してたんです。

同じアジア人がふがいないアジアを自分のものにして何が悪い?
アヘン戦争で中国様が英国に圧勝してればこんな歴史にはならなかったでしょうね。
朝鮮にしてもロシアと勇敢に戦うことが一国で可能なら日本が植民地にする必要は
まったくなかった。
近代史を見ればすぐに分かることだが。モンゴロイドの居住地域は白人どもにどんどん
侵食されていったんだよ。南北アメリカ大陸、満州、シベリア、サハリン
これが意味するのは何かといえば後は化石でモンゴロイドという旧人が大昔にいました。
こいつらはネアンデルタール人のようにあっとゆうまに絶滅してしまった。
我々白人にはまったく関係ないなんてことになってたでしょう。


269 :蝿皇子:02/07/02 00:20 ID:0eCvM9am
>>245
その通り。
すんなり独立できなかった場合、ベトナムなどのように、冷戦の犠牲となり、人口の1/4だったかな・・・そのくらいが死傷する悲惨な内戦が待っている。
「こんなに破壊さて貧しい国が、戦争に勝ったと思うのかね?」
「私たちの貧しさを見に来たのか?」
ベトナムに観光に行った私の知り合いは、彼らにそう言われた。

歴史の if を語るのは難しいことだが、大東亜戦争が無かった場合、アジア諸国が列強から独立するには、ソ連の手を借りるしか手がなくなるのだ。
そうした独立戦争は、朝鮮戦争のような内戦となる可能性が高いわけだ。
(中共は日本が国民党と戦っていなければ勝利は手に出来ず、ソ連の干渉によって内戦が長引いたろう)

日本は韓国を独立させることさえ、ままならなかったが、それは李朝がロシアや清の干渉を排除しようという独立の自主意思に欠けていたからだ。
他国も李朝と同じとは言わないが、圧倒的な兵力差を前にして、立ち上がるのは時間がかかったに違いない。
戦争で日本が東アジアの宗主国である清に勝ち、ロシアに勝ち、イギリス、フランス、オランダをアジアから駆逐したことにより、意識改革が行われた。
ヨーロッパ戦線で疲弊し、大東亜戦争で実質上敗北した英仏蘭に、植民地を維持する力が残されていなかったのは歴史の通り。
彼らがアジアの戦力を維持していたら、独立により多くの血が流れたことは必至だ。

日本はアラブ諸国にも人を派遣し、ともに独立してイギリスの支配を跳ね返そうと政治的に動いている。
そのため日本の軍人にはイスラームが流行したほどだ。
アラブの親日はこの辺まで遡れる。
潔白な戦争などなく、日本の戦争も財閥を利するため、という側面があるものの、欧米のアジア支配を覆そう、という大きなうねりの始まりであるということだけは、確かだ。


270 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:21 ID:t2fbNWRw
http://www.city.kawasaki.jp/council/gkubetuframe.html
上の人たちにメールと電話でお願いしましょう
川崎市でいじめ自殺
http://www.city.kawasaki.jp/25/25kotyo/home/koe.htm
また、とりあえずここにメールを文面は
「市長様、川崎市の税金から2300万払わないでください
その金は私達が必死に稼いだお金です
いじめで人を殺すような人たちの尻拭いをするのになぜ使うのですか
賠償金はいじめた上司に払わせてください
私達の税金でなぜ払わなければならないのですか
彼らを解雇してください定年退職者は再懲戒免職の処分にして退職金を返させてください
お金は彼らに払わせてくださいでないと次の選挙であなたのライバル候補者の応援をします」
これで上司達にもかなりダメージが逝くはず
こころある人はガンガンコピペしてください

271 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:23 ID:36ZyLbkR
>大東亜戦争が無くても1943年にフィリピンは約束通り独立したと思われ。
>もし、アメリカが約束を破っただろうという仮定が正しいなら、1946年に独立を認めなかったと思われ。

>反論は?

形と本質は違う。
中国の独立は自分らの力で勝ち取った。=外交を独自にできる。
日本の独立はアメリカがあたえたもの。=独自外交は無理。

これぐらいの差があるの。
自分の力で一から店を構えんのと。
吸収合併された子会社ぐらいの違いがあるんです。。

272 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:26 ID:g7pWJJ+U
>>269
ベトナムは軍事的戦争ではアメリカに勝ったが経済的戦争ではアメリカにやられたと良く言われている。
大東亜戦争の目的がアジアの独立だとすれば、日本は軍事的には欧米に負けたが政治的には勝ったといえるのでは?




273 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:30 ID:36ZyLbkR
アメリカ人はベトナム戦争の戦勝国のつもりですけどね。

確かに敵国人を殺した数はアメリカ人のほうがおおい。
でもその目的は達成できなかったんだから結局負けなのにな。

274 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:30 ID:23e6ZIFV
>>267

では、1943年、日本がフィリピン共和国を独立させた直後、
なぜ、アメリカは再びフィリピンに上陸、侵略したのか?



275 : ◆lIP9DzJ2 :02/07/02 00:31 ID:pDx5VKWL
大東亜戦争なしでフィリピンが独立していたら、
フィリピンは革命前のキューバと同じ道を辿ってたでしょうな。
米国資本による奴隷国家。

276 : ◆lIP9DzJ2 :02/07/02 00:34 ID:pDx5VKWL
米国は資本による支配をあの頃から謀ってますたよ。
旧来の植民地主義をやり続けるつもりなら「民族」運動を有色人種に宣伝したり
しなかったでしょう。

277 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:44 ID:g7pWJJ+U
>>273
それはただ(負けたはずの)アメリカ人が「勝った、
勝った」と叫びながらオナニーしているだけです。(藁

>>274
マッカーサーが大統領選挙の出馬を断念することを約束に、
軍首脳だか政府主脳が提案した台湾攻略作戦をやめ、
マッカーサーが提案したフィリピン奪還作戦が認められたとどこかで聞いた事があるけどあれは嘘かな?
マッカーサーが口にパイプを加えて「フィリピンの民よ、約束通り私は帰って来た。」
と言いながらフィリピンに行きたかった理由が何かあったのでは?
あまり知らなくてスマン。




278 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:46 ID:g7pWJJ+U
ちょっと質問していいですか?
フィリピンって、何か地下資源はあるのですか?

スペインやアメリカはフィリピンでさとうきび栽培をやらせたこと以外、
あまり利益が無かったのでは?
奴隷をやったわけではないし。


279 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:48 ID:JkE/dj9S
>>271
いえ、中国は日本との戦争自体には勝っていません。
共産党と国民党の覇権争いでそれどこではありませんでした。

280 :日出づる処の名無し:02/07/02 00:52 ID:hYNqgxxi
>>278
支那大陸を狙う場合の戦略的位置が重要。
米国のフィリピン奪取がハワイ王国併合とほぼ同時期なことから明か。
「門戸開放」と称して出遅れた支那権益にすがろうとしていた。
台湾が日本に取られ、支那本土およびインドシナが英・仏らに分割されていた
ため米国としてはフィリピンを手放すと支那市場への進出拠点がなくなる。
ただし、対日封じ込め(および国民党支援)の方が戦略的に重要になったため
フィリピンに形式的独立を与え、米軍そのものは駐留させるという路線に変更。

281 : ◆lIP9DzJ2 :02/07/02 01:01 ID:pDx5VKWL
>>278
あとはタバコ(葉巻種)くらいだね。
だから旧来の植民地支配なんて考えなくてもよかった。
表向きは観光やらせるなりして資本をぶっこんどいて、実質支配。

282 :日出づる処の名無し:02/07/02 01:01 ID:g7pWJJ+U
>>280
なるほど、そうだったんですか。
俺は、フィリピンが新憲法を作成し、米軍を追い出した時こそが真の独立だったと思う。
(数年前だったか?)


ところで、中国板の二十三という電波中国人野郎は今日は中国板にも出て来なかったらしい。
もう少し待ってくれ。


283 :日出づる処の名無し:02/07/02 01:30 ID:4nRGgftv
>>282
米軍を追い出したとたんに、中国に海をおさえられたけどね。

自分の実力も知らずに、盲目的反米をやるから・・・こんなアホな事になるんだ。
(アメリカから「真の独立」を果たすのは良いけど、
 主人がアメリカから中国に移っただけなら、意味が無い。むしろ悪化している。)

284 :日出づる処の名無し:02/07/02 01:36 ID:g7pWJJ+U
>>283
最近、フィリピン海軍は日本の海上自衛隊を期待しているみたいだ。
ソースは無くしたが、検索すれば見つかるかも。
ま、いくらフィリピンが日本に泣きついても無理だろうね。
日本は中韓の批判に弱いからだ。


285 :ソースが見つかった:02/07/02 01:43 ID:g7pWJJ+U
フィリピンの本音  1999.06.06 SAPIO6/9より
中国が北朝鮮との関係強化を狙うのは、領土拡大戦略と無縁ではない。現在、その中国が戦略方向として最も重視しているのは南沙諸島である。「漁民の避難施設」と称して、この地域に続々と軍事関連施設を建設している中国は、
フィリピンをはじめとする周辺各国に恫喝をかけ、次なる領土拡大に邁進している。
 フィリピンは現在、南沙諸島に8つの島を占有しているが、中国軍が攻めてきたら黙って明け渡す以外にない。
中国が圧倒的な軍事力を背景に、ミスチーユ環礁と同様、他の島々をいつ実効支配してもおかしくないという状況が続いているのだ。
 さらに南沙紛争は、単に中国の不法な領土拡大や漁場の独占、環境破壊だけが問題なのではなく、
日本にとっても看過できない問題である。この海域は日本とインド洋とを結ぶシーレーンに近く、中東やインドネシアからの石油エネルギー資源の7割が、
この近辺を経由して日本に供給されているのだ。フィリピンのメルカド国防相は。
「我々は国際世論に訴えて、南沙諸島の領有権問題を解決したいと考えている。そのためには日本の協力が絶対必要だ。
私は、日本が今後もその持てる軍事力をさらに増強させるように努力し、アジア地域において(中国に対抗する)
もう一つ大きな軍事力として存在を誇示してくれるだろうことを確信している。」
 アジア諸国を中心に、日本の軍事増強を危ぶむ声があるのは確かだ。だが、中国が広東に司令部を置く南海艦隊が近年ロシアの潜水艦を配備した可能性が高いとの指摘もあり、
中国はますますその装備を充実させつつある。 この地域の軍事的覇権を狙う中国の一極支配に対して、
東南アジアが大いに脅威を感じているのも事実なのである。少なくとも当地フィリピンでは、それを阻止するために日本の自衛隊および米第七艦隊に期待している。

http://www.ens.ne.jp/~hidexie/yougo-tokyo.html#firipin

286 :日出づる処の名無し:02/07/02 01:51 ID:4nRGgftv
>>284
結局、日本が尻拭いかよ。中国に毎年数兆円支払って解決・・・って所か?
(既に、日本の対中国赤字は毎年2兆円に達しているはず。)

中国に対抗できる政治家って、アジアでは、
マハティールさんぐらいだよなぁ・・・
でも、そのマハティールさんも、そろそろ終りらしいし・・・

アジアは中国に飲み込まれて終わりか。残念だな。

287 :日出づる処の名無し:02/07/02 01:55 ID:g7pWJJ+U
ま、アセアン諸国が大東亜戦争の悪夢を忘れたわけではないが、
平和国家になった現在の日本よりも侵略的で共産主義の中国のほうが現実的で恐ろしいという事だろう。
インドネシアでも海上自衛隊を期待する声があると聞いた事がある。

アセアンでは、中国1ヶ国の海軍力はかなり脅威なんだろう。
軍事に詳しい人に聞きたいが、日本やアメリカ無しでアセアンだけで(タイやシンガポールも含む)中国海軍と戦ってアセアンが勝つ可能性はどれくらいですかね?

それにしてみれば、日本の近代的な海軍力は中国海軍の脅威に晒されているアセアンにとっては魅力的なのでは?
なにしろ、海上自衛隊と中国海軍が海戦をやれば海上自衛隊のワンサイドゲームで終るからな。
フィリピンが期待するのわかる。


288 :世をすねる猫:02/07/02 02:00 ID:ULtUHSCD
>>287

海上はどうか分からないけれど、
自衛隊の潜水艦は半端じゃないそうですが、
本当の所どうなんでしょう。


289 :日出づる処の名無し:02/07/02 02:01 ID:fLq+rrwc
>287
自衛隊、そんなに強いのか!!!?

290 :日出づる処の名無し:02/07/02 02:35 ID:QzdD6e9C
みんな、海上自衛隊の実力を知らないようだな。
空母を持たないから米海軍と戦っての勝利や対地攻撃は不可能だが、
それ以外では怖いもの無しだぜ。
防御主体で、アメリカ第7艦隊の補助的みたいな存在だけど、
それでもイージス艦を主体とした(船齢の若い艦艇で構成された)日本の海軍力は世界でも屈指のレベル。
外洋遠征能力や攻撃力はあまり無いけど総合的に見て世界で2番目のレベルだ。
一方の中国海軍は軍艦の数では日本を上回っているけどほとんど旧式艦で
搭載兵器の命中精度も射程距離も海上自衛隊の搭載兵器に及ばない。
つまり、射程距離に入る前に中国海軍は海上自衛隊のミサイルにピンポイントで狙われて
次々に東シナ海の中にアボーンされておしまい。

と、ここまでえらそうに言ってしまったが、この発言には間違いがある可能性がある。
なにせ俺は軍事には詳しくないからな。
ただ、日本と中国が海戦をやれば日本のワンサイドゲームで終るってところは絶対に間違ってない。
人民解放軍がコンピューターのシュミレーション上でイージス艦を主体とした海上自衛隊と戦ったけど、
何度やっても中国海軍のぼろ負けで対策が無いという結果だったとか。

291 :日出づる処の名無し:02/07/02 02:37 ID:vRXecqvW
演習で日本の潜水艦が、アメの空母を撃沈したというのは聞いたことがある。


292 :日出づる処の名無し:02/07/02 02:52 ID:PbN6trxq
日本のディーゼル潜水艦は他国の原潜並の強さ

293 :日出づる処の名無し:02/07/02 02:58 ID:0yGJUpis
アフガンで米は近代戦術として海上からのミサイル攻撃を多用し、その威力と世界に見せつけたが、
演習では日本の方が命中精度は上だと聞いている。

294 :日出づる処の名無し:02/07/02 03:06 ID:12Rj0EGf
>>292
強さってか、異常に音が静かなほうが重要。

295 :日出づる処の名無し:02/07/02 03:10 ID:MUcAudri
>>292
これからの沿岸主体に技術革新が進んでいるなかでは遅れているような。
正直ドイツの輸出用潜水艦が各国にばら撒かれているなかで、どこまで
有利を保てるか。AIP搭載も遅れているようだい。対ロシアから対中国、
韓国、北朝鮮への備えでその手薄さが心配

296 :日出づる処の名無し:02/07/02 03:32 ID:QzdD6e9C
機雷掃海作業の技術水準は日本が世界ナンバーワンだぞ。
日本って、変なとこで得意なんだな。

297 :愛子様:02/07/02 05:02 ID:/XdJ9nf1
>>289
海自オタの私に言わせてもらうと
対中国で単純に艦対艦に戦いなら間違いなく圧勝、、というか戦いにならないでしょう(中国海軍もわかっているから)
中国の旧式艦ではどう考えても日本の海自に被害は与えられません
というか中国は台湾の海軍にすらまるで勝てません(あくまで艦対艦が条件だけど)
日本海自がどの程度かというと、もちろん参考になる実戦はありませんが
4年前のハワイ沖で行われたリムパック(5カ国合同演習)では日本海自が最高の成績でした
最近では兵器の性能が向上してボタンを押せばミサイルが追尾して標的に命中すると思われがちですが
海上戦では標的が移動しまた自分も移動しながら、かつ波の揺れがあるためいくら追尾機能があるミサイルでも百発百中ではありません
ということを踏まえて考えても4年前にリムパックで日本海自が放った
シースパロー 全弾命中
ハープーンミサイル 全弾命中 は驚異的
2位のアメリカ海軍以下を引き離しての結果を出しました
別冊宝島459「今こそ知りたい!自衛隊の実力」では、このときのアメリカ海軍はかなり驚いていたらしい

>>287
>軍事に詳しい人に聞きたいが、日本やアメリカ無しでアセアンだけで(タイやシンガポールも含む)中国海軍と戦ってアセアンが勝つ可能性はどれくらいですかね?
アセアンでは無理
中国の潜水艦に対抗できる手段がないのが致命的
機雷掃海能力が低すぎるので思うように動けない、、その他もろもろ
台湾を含むと逆転するだろうけどね
ちなみに日本の機雷掃海能力は世界一との評判
機雷掃海なんて地味な作業のように思うけど実際の戦闘ではかなり重要な能力


298 :日出づる処の名無し:02/07/02 05:08 ID:XbwSjdgE
>日本の機雷掃海能力

戦後も実戦が続いてたそうですね。

299 :日出づる処の名無し:02/07/02 06:18 ID:3vulNKi9
実はニッポンはアジアではなくオセアニアという罠

300 :萌国主義者 ◆wl8kHb4M :02/07/02 07:45 ID:Zs+9ZmBA
おはようございます、ここまで読みマスタ。
海上自衛隊は強い。そして偉い。

ジエイカンエライジエイカンエライジエイカンエライジエイカンエライ・・・。

このレスは意図的に誤爆しています。(by IBM


301 :280:02/07/02 08:54 ID:YqyNHo6A
禿しくスレ違いの進行になりつつあるが…
>>283-285
そそそ。フィリピンにとっても実は米軍の存在はありがたかったことは、皮肉にも
米軍が去ったとたん中共にパラセル諸島を取られた瞬間に初めて分かった。
在日米軍を追い出せというサヨは、この辺の現実をどう考えるのだろう?
フィリピンもようやく最近米軍との共同演習を再開したけども。

302 :日出づる処の名無し:02/07/02 10:09 ID:4dRdTVW/

そういえば、以前韓国が日本の海自力を疑ってたな。
公表してる海上自衛隊の能力には海上保安庁の武力が含まれていないって。
実際は、もっと強力なはずだ・・・って。
まぁ、日本の領海面積は世界第7位だから、それなりの武力があってしかり
なんだけど。


303 :日出づる処の名無し:02/07/02 10:15 ID:CnkO2PYE
>>296
前大戦で機雷に痛い目にあってますから。
本土爆撃より機雷封鎖の方が日本にとっては痛いのです。


304 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/07/02 11:40 ID:+cMzonnM
海自には潜水艦の保有枠があるから常に最新鋭の潜水艦送り込んでいるよね。
せめて今の2倍の保有枠あれば楽になると思うんだけどな・・・。

305 :愛子様:02/07/02 13:34 ID:fzwMN3m4
ちょっとスレ違いでしたね
海自オタ、少々興奮してしまいました
皆さんスマソ
>>297


306 :日出づる処の名無し:02/07/02 14:01 ID:XM4+yVXK
いやいや、話しを脱線させたのは俺の方だ。
では、話しを元に戻しましょ。


307 :287:02/07/02 14:02 ID:XM4+yVXK
306は俺ね。

308 :日出づる処の名無し:02/07/02 14:05 ID:XM4+yVXK
とりあえず、日本があの戦争をやらなければアメリカは1943年にホントにフィリピンの独立を認めたかという論議はどうだ?
既に反論があったが、もし独立の約束を破ったという仮定が正しいなら1946年に独立を認めなかったのでは?



309 :SMクラブ入会:02/07/02 14:29 ID:B61hibwh
>308

仮定ではない。
日本が戦争をやろうとやるまいと、アメリカはフィリピンを
植民地にする計画だった。
そのためにフィリピンの宗主国スペインを追い出していたのだ。
太平洋の覇権を握る戦略がすでにあったわけだ。
フィリピンの近くサイパン、グアム、太平洋のど真ん中ハワイも同じだ。


310 :大陸浪人:02/07/02 14:35 ID:5iYoZYvQ
>309
時代の前後がよく分からん文章だが、サイパンは我が委任統治領だぜ。

311 :日出づる処の名無し:02/07/02 14:37 ID:sA1GT2ys
>>309
時系列を年表で確認してから議論に入ろう。

>>308
きちんと約束していたのであればアメリカは約束を守ったと思うよ。在比米軍の撤退はないにしてもね。


312 :亜細亜:02/07/02 15:21 ID:Juvoh8gZ
アメリカがフィリピンの独立を約束していたなんて大ウソです。
昭和16年に日本軍がフィリピンを占領してアメリカとしては
アジアにおける面子とマッカーサーの強力な要望からフィリピン
をどうしても取り戻さなければならなかった。
そのためにはフィリピンの民衆や大統領の協力が必要であり、
そのためにアメリカはフィリピンの独立を約束することにしたのです。
つまりフィリピン独立の約束はアメリカの奪取作戦の戦略から出たことであり
決してアメリカがフィリピンの独立を約束していたというような事実はありません。
また、1は華僑が独立に貢献したと言っていますが、それは日本軍の東南アジア
進出により自分たちの利権が侵されたことと反日思想から華僑ゲリラとなって
日本軍の作戦を妨害しただけのことであり、東南アジアの独立のために
華僑が戦ったということは全くの大ウソです。

313 :日出づる処の名無し:02/07/02 15:39 ID:sA1GT2ys
>>312
おいおいそれはまずいんじゃないか?
現実としてアメリカは日本によるフィリピン占領前に独立させると約束しているぞ。その約束が
信用できるかできないかという問題や、独立の形態はまた別の話だ。

>また、1は華僑が独立に貢献したと言っていますが、それは日本軍の東南アジア
>進出により自分たちの利権が侵されたことと反日思想から華僑ゲリラとなって
>日本軍の作戦を妨害しただけのことであり、東南アジアの独立のために
>華僑が戦ったということは全くの大ウソです。

これもおかしいぞ。華僑の目的が何であれ華僑の中には独立派を援助しともに戦った人たちが
いるのも事実。これをその目的のためにすべて否定するなら、日本が南方へ行った目的も東亜
の独立では無く戦争を継続するための物資を求めてのことじゃないかで議論がすんでしまうと思
わないか?

314 :日出づる処の名無し:02/07/02 15:52 ID:p4e/Zp+C
>>1
そんなこといわれても、いまさら歴史は変えられない。
まあ、捏造はできるけど。


315 :世をすねる猫:02/07/02 16:09 ID:ULtUHSCD
>>290〜297

回答頂いてましたか。 どうも有り難うございました。 海自ハァハァ・・・

やり方・結果がどうあれ旧日本軍の進攻が、
各植民地の独立に火を付けた事は、間違いなさそうです。
死んだ旧日本軍の方々の死は、決して無駄ではなかった。
改めて、英霊達に感謝!

でも、現在の華僑の人達も、身の振り方を改めないと、
貧富の極端な差による怨嗟・迫害は、続くでしょうね。

316 :    :02/07/02 16:14 ID:pi5/V3mQ
日本人め・・。

原爆が落ち、東京・大阪空襲が大都市を廃墟にしたからこそ、
その後の復興がスムーズに行ったということも考えられる。
丁度良く朝鮮戦争があって、そのおかげでお前らは経済大国
への足がかりを掴んだのだ。わかるか?

テメェラは人の血をすすってのし上がっていたと言うことだよ。
吸血鬼めが!氏ね!

何か申し開きしてみろよ(怒
逃げんなよ。

317 :亜細亜:02/07/02 16:17 ID:LDE94mVj
313>
歴史の事実はそうなのですから仕方がないでしょう。
アメリカが独立を約束したのはそういう経緯があったからなのです。
また、私は華僑全てとは言っていません。しかし、大半の華僑は利権を守るための
ゲリラ活動をやったのは事実です。



318 :日出づる処の名無し:02/07/02 16:21 ID:sA1GT2ys
>>317
だからさ、
>昭和16年に日本軍がフィリピンを占領してアメリカとしては
>アジアにおける面子とマッカーサーの強力な要望からフィリピン
>をどうしても取り戻さなければならなかった。
この歴史的事実が起きる以前にアメリカは独立を約束しているでしょ。

>>316
どれだけ金を持たせても使い方を知らないアフォ民族なら日本の近隣にいますけど何か?


319 :亜細亜:02/07/02 16:26 ID:LDE94mVj
318>
>この歴史的事実が起きる以前にアメリカは独立を約束しているでしょ。

いつ?そんな事実あんの??

320 :日出づる処の名無し:02/07/02 16:28 ID:sA1GT2ys
>>319
わかったもういい(w

321 : :02/07/02 16:29 ID:OrL74iU1
>>316
馬鹿ですか?

勝手に殺し合いを始めておいて、そのおかげで日本が・・・。
貴方の国の教科書は楽しいですね〜。
もう少し歴史の「事実」を学びましょう(解釈だけじゃ駄目YO)

322 :日出づる処の名無し:02/07/02 16:32 ID:p4e/Zp+C
まあ、少なくとも朝鮮は独立していないだろうということは言える。
消滅してたな。

323 :日出づる処の名無し:02/07/02 16:34 ID:IJqDabhc
>>316
>テメェラは人の血をすすってのし上がっていたと言うことだよ。
それが事実であれどうあれ、国家とはそう言う性質のものだ。
自国民の生命財産の安全を含む国益保護の為には、
その時代に存在する全ての手段が許容される。
アンタの祖国が何処かは知らんが、少しは歴史を学べ。
恐らく人様の国を偉そうに罵れる様な歴史ではないぞ(w

324 :日出づる処の名無し:02/07/02 16:34 ID:GW925mrD
カンフル剤は一時は効果あるが、継続には努力が必要なんだよ。

乞食民族はなるようにしてIMFの厄介になったんだ。
ハンガンの奇跡と呼ばれた時代があった。それを生かせなかった、
継続できなかった。

努力が足りんよ。



325 :亜細亜:02/07/02 16:35 ID:LDE94mVj
320>
わかんねえなら最初からつっこむなよ!

326 :    :02/07/02 16:45 ID:pi5/V3mQ
>>勝手に殺し合いを始めておいて
氏ね!クソが!

その殺し合いをネタにしてテメェラはのし上がってきたんだろ??
ちがうのかコラ!え?
そのときの恨みの精神は、今も忘れちゃいねぇぞ。

覚悟しておけよテメェラ。
WCもそうだが、意地でもお前らにへばりつき、我々に貢がせて
やる。在日韓国人への参政権もいずれ貰えるようになるだろう。
われわれは日本国内で、大きな力を持っている。

外に内にジワジワと日本人を追い詰めてやる。それは既に始まっている。
それはもう、感じてるだろ?覚悟しな・・追いつき追い抜いたその時こ
そ・・・!!

327 :日出づる処の名無し:02/07/02 16:48 ID:IJqDabhc
>覚悟しな・・追いつき追い抜いたその時こそ・・・!!
この十年間、その台詞はそろそろ聞き飽きたぞ、
半万年隷属根性の劣等民族よ(w



328 :日出づる処の名無し:02/07/02 16:52 ID:NTJGPB3v
>>326












329 :日出づる処の名無し:02/07/02 16:57 ID:IJqDabhc
>その殺し合いをネタにしてテメェラはのし上がってきたんだろ??
>ちがうのかコラ!え?
>そのときの恨みの精神は、今も忘れちゃいねぇぞ。
更に言えば犬猫にも劣る糞畜生の殺し合いを飯の種にした所で、
何の罪悪感を感じる必要性も覚えんのでね(w



330 :日出づる処の名無し:02/07/02 16:58 ID:OrL74iU1
>>326
日本を攻める為に釜山に軍を集結させ、その隙に攻撃されたんだぞ!
何故、日本が恥じる必要がある?
日本が求めたのではなく、韓国が物資を欲しがった。
それを何故日本の所為にする?
責任があるなら、当時の韓国軍だろーが!
理解出来てるか?

331 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:00 ID:xuMcBCnd
>>326
引きこもってないで学校行って来なさい。

332 :チョョン:02/07/02 17:02 ID:X+GIp+jC
東南アジアの華僑=日本の手助けもしてたが

333 :アメリカ人:02/07/02 17:03 ID:0xBiOsK1
ここで「フィリピンの独立の約束は嘘」だとかほざくジャップの行為はただのオナニーだ。
いいか、お前らは所詮、敗戦国の黄色い猿なんだよ。
黄色い猿がこんな生意気なことを言うのは500年早いわ。

ワッハッハッハッハー、ワッハッハッハッハー、ワッハッハッハッハー
ワッハッハッハッハー、ワッハッハッハッハー、ワッハッハッハッハー

334 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:03 ID:o07RkZu3
>>326
自 業 自 得

335 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:03 ID:o07RkZu3
>>333
引きこもってないで学校行って来なさい

336 :チョョン :02/07/02 17:07 ID:X+GIp+jC
しかし1の言うことももっとも、アジアなんかほっときゃよかったんだよ

337 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:11 ID:/zRSVfgH
>>1
わはははははは(^o^)
きみはホンモノの馬鹿か?
久しぶりに腹の底から笑わせてもらったよ〜。
もうちっと勉強してからスレ立てな。

338 :    :02/07/02 17:12 ID:pi5/V3mQ
>>この十年間、その台詞はそろそろ聞き飽きたぞ
おお、それでいい(笑
そうやって、気づかぬうちに我々に色々と有利な条件を
貴様らに飲ませているのだ。今のうちせいぜい大国面してるんだな。

日本人は所詮、我々よりも下の存在。いつぞやの考古学者と
同じく、捏造が好きらしいしな(笑
マヌケなお前らの国の政治家を手玉に取り、日本国内の世論を
上手く誘導して、常に有利に事を運ばせている。着々とそれは
進んでいるのに、飽きたなどとは・・。


この程度の策で、洗脳や誘導される日本人よ、哀れ・・(嘲笑

339 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:14 ID:lZrXuTAF
>>338
引きこもってないで学校行って来なさい

340 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:17 ID:XDvhTsXR
>>333
元偽タイ人よ。今度は、偽アメリカ人か?

341 :928:02/07/02 17:17 ID:l7fVyofh
ん、わしの発言が勝手に載ってる。
たく勝手なレスばかりあほかおまいら

342 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:18 ID:0xBiOsK1
>>340
劣等民族であり、黄色い猿であるジャップのくせに生意気だぞ。

343 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:18 ID:+w4dGBhq
>>341
英語を初めとする全世界語は事実上、
韓国語から始まったことが明らかだ。
現在、西洋の言語学界では英語の語源を
ギリシャ・ラテン語を越えてインド・ヨーロッパ起源語
まで推定しているのに、その状態でこれ以上進展がない状態にある。
だが、もっと遡れば英語の最終語源は必ずや韓国語に至ることになる。
英語の最終語源は韓国語であり、韓国語は全世界語の母胎である。


344 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:23 ID:C2yrnof7
>>342
煽りにしても捻りが足りない。
もう少し楽しい電波をおながいします。

345 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:26 ID:Xtpoa0Ba
>>343
ソースは?


346 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:28 ID:Xtpoa0Ba
>>345
そんな常識もシランのかお前は。アホか?
http://www.hanja.com/
http://www.geocities.co.jp:80/Athlete-Crete/2013/kakorogu/022.html

347 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:29 ID:3G8ymSXx
>>345
http://www.otafuku.co.jp/skatei/skatei115.asp?bunID=01&SType=2

348 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:31 ID:OrL74iU1
>>345
>>346
ID:Xtpoa0Ba

349 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:33 ID:C2yrnof7
スゲエ、この手の馬鹿久々に見た。
>Xtpoa0Ba




350 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:33 ID:2PlWn43z
>>343
>英語の最終語源は韓国語であり、韓国語は全世界語の母胎である。
韓国語は全宇宙語の母胎であるじゃないかと言って見る。

351 :日出づる処の名無し:02/07/02 17:43 ID:fLq+rrwc
荒れ気味!!?
>326
てゆうか、スレタイ見ましょう。
激しく論点違うし。
感情的にしか話せない人は来ないで下さい。
ここは論理的に、歴史的事実からその意味を検証する場所だと思う。
もちろんここの解釈もたくさんの解釈の中の一つに過ぎない。
自己満足の為だけの歴史を語りたいなら、もっと違う場所があるでしょう。


352 :日出づる処の名無し:02/07/02 18:06 ID:4dRdTVW/

まぁ、韓国語の文法を整え、標準語を作ったのは日本なんだけどね。


353 :世をすねる猫:02/07/02 18:18 ID:ULtUHSCD
なあ、朝賎賊の皆さんや、
日本は、あんた達を両班制度から開放したんだよ。
毎朝、東を向いて感謝を込めて拝まないとバチが当たるよ。

354 :日出づる処の名無し:02/07/02 18:35 ID:4dRdTVW/
話を戻そう。
>>318

フィリピンとアメリカが交わした約束を、言わば日本が肩代わりし、
日本は、1943年に軍統治をといて、ラウレル大統領を立てて、
フィリピンを独立させているよ。
現在の国旗、国歌はその時制定されたもの。

独立が実現したとたんに、再上陸し再び侵略したのがアメリカ。
親日政権が出来るのがいやで、つぶしちゃったんだね。
アメリカの約束なんて、所詮アメリカ向きの政府を作ること以外にない。



355 :日出づる処の名無し:02/07/02 18:46 ID:y3RMUDWa
ブータン(・∀・)イイ!!

356 :   :02/07/02 18:55 ID:VxoFBsJi
亀レスだけど
もし太平洋戦争が無かったなら、アメリカのフイリッピン独立に関する扱いは
どうだったかというレスがあったけど、

多分、ミクロネシアのアメリカ信託統治領のような「コモンウェルス」的支配
が長引いていたと思うよ。 つまり経済的に支援をする見返りに外交、防衛権を
押さえ、冷戦期間中、恐らく1970年くらいまではアメリカの信託統治領みた
いな感じだったろうよ。

357 :日出づる処の名無し:02/07/02 18:57 ID:CnkO2PYE
フィリピン独立の条件は「親米政権を作ること」だったような?

358 :abc:02/07/02 19:05 ID:w8cqBLYH
えらく漠然とした話だな。ただ文字を知らず総督府が
ハングル文字を普及(日本で言うカナ文字)させて、
やっと読み書きを覚えた朝鮮人は半万年立っても独立とは
無縁なことだろうな。


359 : :02/07/02 19:22 ID:OHfmAUac
>1
>はとんだ無教養ぶりだ

以下を読んでいくとお前が無教養なのがわかる。
ネタなら少しは突っ込みにくいようにしろよ。

>フィリピンは日本が来る前からアメリカに独立を約束されてたのに、

世間では「傀儡政権」という。
南米諸国に対して今でもアメリカは裏から操ってるね。
この前、反米の大統領がいる国でクーデターを起こそうとしたよね。失敗したけど。

実は日本でもあったんだよ。
田中角栄って人をある会社を使ってトップから引き摺り下ろしたよね。

>女はレイプされ、男は強制労働に使われたんだ。

あぁ、元慰安婦とやらが駐留軍より多かったり、終戦当時赤ん坊の「元慰安婦」のことね。

360 :日出づる処の名無し:02/07/02 19:51 ID:fLq+rrwc
ほんと、しみじみ過去は変えられるものなんだなぁ。
国が主張する歴史なんて信じてはいけないな。
何処の国でも。

361 :大陸打通太郎:02/07/02 19:57 ID:1A4jRq6A
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/history/1008223787/98
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/history/1008223787/219
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/history/1008223787/211
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/history/1008223787/256

中国のならずものごろつきちんぴら集団を徹底撃滅したのがよかった。

362 :日本人は反省しろ:02/07/02 20:25 ID:McE4v46q
●自分たちさえよければ、それでいい――この日本の卑しさは、変わってないですよ。経
済だって、アジアの犠牲の上の成功です。

●日本人が忘れても、アジアの人達は忘れない。「日本軍の虐殺」を忘れない。
それは、日本の「国家主義教育」の戦慄すべき結果であった。

●「自分たちさえよければ、それでいい」――そんな野蛮な人間たちが起こした戦争だった。
日本軍の参謀は「人種戦争だ」と豪語していた。「世界で最も秀でた日本人」に他民族は
従えというのである。狂った思想だった。狂った教育だった。

●たかり構造の日本社会

●韓国人・フィリピン人をはじめ『外国人労働者』への差別も世界中が知っています。対等の
人間として見ていない。『勝手に来たんだから、勝手に死ね』という態度です。その
なかには『外国人』じゃなく、代々、日本生まれで日本育ちの『在日』の人たちもい
ます。残酷な国です。

正直に言え。日本の戦争目的はアジアを支配するのが目的だったと。
日本が負けたから良かったものの、もし勝ってたら今頃全アジアは日本の過酷な植民地支配を受けていただろう。
日本があの戦争でやったのはアジアに迷惑を掛け、支配することを企んだ事。





363 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/07/02 20:27 ID:QKUzlM0w
電波さんはやはり半島人でしょうか?
たまには自国の教科書以外の教科書読んでね。ついでに本をたくさん読みましょうね。
日本語が読めればの話ですけど(藁

364 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:32 ID:4dRdTVW/
>>362

韓国人ってかわいそうだね。
「歴史を研究する」「歴史を楽しむ」ということを知らない。
けど、この箇条書きの下3つは、現在の韓国人の行動に、
ピッタリ当てはまるのは面白いなぁ。
「歴史を学ばない人」ってこうなるのかなぁ。


365 :シャイセッ! ◆F2A.f37k :02/07/02 20:33 ID:JUK0FisJ
>>362
華僑だって、カナーリえげつないことをやりまくりなんだけどね。
そりゃもう、日本人のやったことなど、足元にも及びませんよ。ええ。

366 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:36 ID:gVMGEZ3N
韓国人に差し替えたほうがすっきり収まるのは何故?

367 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:39 ID:4dRdTVW/
>>362
>その なかには『外国人』じゃなく、代々、日本生まれで日本育ちの
>『在日』の人たちもい ます。残酷な国です。

何を勘違いしてるのか知らないけど、日本国籍を持ってない以上「外国人」ね。
国民国家の概念に含まれない人たちなの。
パスポートとビザを持たずに日本に永住できるんだから日本国に感謝しないと。
俺は特別永住権なんてとっとと廃止して欲しいけどね。


368 :日本人は反省しろ:02/07/02 20:39 ID:McE4v46q
>>364-365
ただの罵倒、話しにならん。

ま、反論がなかったからやはり日本が勝てば占領した全アジアを植民地支配したという
私の指摘はずぼしだったという事か。
ならこれ以上の論議は無用だな、自分で(無言で)認めたんだから。

369 :aa:02/07/02 20:40 ID:mCNGcc96
まあ、誰かも書いていたけど、
日本がアメ公と戦わなくても確かにアジアは独立したろう・・
しかし、少なくとも100年はかかったろう
ということだな>>1

370 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:41 ID:gVMGEZ3N
異物であることを望むものが
異物であるということに言及されたくらいで切れるな。


371 :日本人は反省しろ:02/07/02 20:43 ID:McE4v46q
>>369
アジアにして見れば日本がアメリカに叩き潰されてホントによかった。
もし勝ってたら今頃マレーシアもフィリピンも日本の植民地や。
アメリカが世界の警察だというのは正しい。

372 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:44 ID:4dRdTVW/
>>368


(´・∀・`)へー ヨカタネ!


373 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/07/02 20:45 ID:QKUzlM0w
あのさあ「図星」くらい漢字で書けよ。

所でアジアってどこからどこまでなんでしょうか?
「全アジア」征服って妄想が素晴らしいですね。

374 :名無しさん:02/07/02 20:45 ID:AKg0UvSB
TBSラジオ「アクセス」を聴け!

http://www.tbs.co.jp/ac/bt/index.htm
2002年7月2日(火)のテーマ

W杯閉幕で考える。
あなたは、熱狂的な応援をみて、
日本がひとつになることに
喜びを感じましたか?
違和感を感じましたか?

A 喜び

B 違和感

375 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:46 ID:3hREu/br
>日本人は反省しろ

それでキミの考える「反省」の具体例を挙げてくれる?

376 :日本人は反省しろ:02/07/02 20:47 ID:McE4v46q
>>373
日本がどこまで占領地を広げたかによって違ってくる。
占領したところ全てだ。
ま、少なくとも最大進出領域であったパプアニューギニア、ブルネイ、
ビルマまでは確実だ。

377 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:48 ID:gVMGEZ3N
>>373
ひらがなでの表記自体は間違っていないので
IMEの連文節変換ミスでしょ。

378 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:48 ID:fLq+rrwc
>371
あのさ、ほんとに唯の正義感で動いている国なんて有り得ないよ。
自国に利益のために戦争する、それはアメリカも同じ。
そんな良い子ちゃん国家があったら、たちまち他国に侵略されておじゃん。
まずは自分を疑おうね。


379 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:49 ID:3hREu/br
>ま、少なくとも最大進出領域であったパプアニューギニア、ブルネイ、
>ビルマまでは確実だ。

なぜ「最大進出地域」にブルネイが?地図を見ろよ。

380 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/07/02 20:49 ID:QKUzlM0w
ブルネイの位置分かってますか?
地理も知らないようで(藁

381 :日本人は反省しろ:02/07/02 20:50 ID:McE4v46q
>>375
大東亜戦争でアジアを虐げ、その戦争を正当化し、
全アジアを植民地支配しようとした事だ。

382 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:51 ID:4dRdTVW/
>>371

アメリカに支配されたアジアがいいと言ってるだけか。
好みの問題だ。



383 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:51 ID:3hREu/br
>>381
いやだからね。具体的にキミの考える「反省」をした実例を挙げてくれ
と言ってるの。

384 :日本人は反省しろ:02/07/02 20:52 ID:McE4v46q
ま、これ以上の論議は無駄だ。
結局、貴様ら日本人はもしあの戦争で勝ったら今頃、
朝鮮や台湾同様、マレーシアもフィリピンも植民地にしてるんだろう。


385 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:52 ID:4dRdTVW/
>>381

白人に支配されたアジアのままでよかったと主張してるんだろ。


386 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/07/02 20:53 ID:QKUzlM0w
そうそう、朝鮮半島は北海道と同じくらいの大きさだからね。
で、ブルネイってどの辺りなのか分かったのかな?
逃げないでよ〜〜。

387 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:53 ID:gVMGEZ3N
二度目の勝利宣言です。

388 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:55 ID:gVMGEZ3N
まあ、日本ほど植民地経営が下手な国はないわけだが。

389 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:55 ID:Kg2mmdTc
>>1

無茶言うな。だったら誰が軍事教練と武器援助してくれたんだ?
コミンテルンなんか当時の東南アジア各国の共産ゲリラ組織の
独立援助を無償じゃ出来ないって断ってたんだぞ。
ソ連が支援しだしたのはWW2後、米国が日本に代わって
アジア地域での支配権を得たから対抗措置で援助しただけの話。


390 :日本人は反省しろ:02/07/02 20:55 ID:McE4v46q
>>386
ブルネイはとんだ誤爆だったと素直に認めるよ。
すまなかった、私の勘違いだった。
だが、フィリピンやインドネシアやマレーシアは植民地支配しただろう。

391 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:58 ID:fLq+rrwc
冷静な議論求む。皆様。

392 :「歴史群像」より:02/07/02 20:58 ID:Kg2mmdTc
>>390 それは無い。 珍想は辞めれ。


「戦争がやっと終ったのに、他国の独立戦争に身を投じたインドネシアの日本軍将兵達の姿は、
現在の感覚からすれば奇異に思えるかもしれません。でも日本軍はインドネシアの人々に
オランダからの独立、欧米の植民地支配からの脱却を呼びかけてきたんです。私達の年代の
日本の若者は、いつかはアジアの人々を解放してやろうという夢があった。
特に私が所属していた児の近衛第2師団は前大戦初期から終戦までスマトラ島に駐屯し、
インドネシア語も覚えて住民と馴染んでいました。現地の住民達と親しく接するうちに、
断ち難い絆を結んだ者も少なくありません。だからこそ、そこを第二の故郷と心に決め、
終戦後も独立軍に加わる者が近衛師団にいちばん多かったのです」


393 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/07/02 20:58 ID:QKUzlM0w
>植民地支配しただろう。
植民地って言っていいのだろうか・・・・。
議論は無駄とか言っているのに出てくるのが香ばしい(藁

394 :「歴史群像」より:02/07/02 20:58 ID:Kg2mmdTc
「私達はアジアの人達と直に接し、アジア解放という使命感を持っていました。でも陸大出で大本営の
要職についたエリート参謀たちの中には、派閥争いに現を抜かし、第一線将兵の奮戦を自分の手柄のように
考え、協力したアジア人を力で支配しようと思い始めた者がいた。それでは欧米列強の侵略と同じではないか。
私たち第一線の兵は、侵略のために命をかけて戦ったのではないんです。だからこそインドネシア人も、
アジア解放の明るい夢を見て、あんなに献身的に協力してくれたんです。私達は戦勝の暁には独立した
アジア各国を後にして、また日本に帰って元の生業に戻る事を楽しみにして戦ったのです。
幸いインドネシアの場合は、政府の方針を受けて独立準備の促進が命じられていました。
それによって独立準備委員会が結成され、スカルノを大統領に、ハッタを副大統領にすることまで決定されていた。
こうした準備が出来ていたからこそ、日本の敗戦がわかると、その二日後にはインドネシアの独立が宣言されたのです」

395 :「歴史群像」より:02/07/02 20:58 ID:Kg2mmdTc
すでに独立宣言が出され、ジャワでは全島に紅白の独立旗が翻っている。スマトラでも昭和20年11月、
日本軍の司令部庁舎が独立政府に接収され、統治は既に日本軍の手を離れていた。また兵器を巡る独立軍、
日本軍のにらみ合いの各所に発生。それに乗じて主導権を握ろうとする共産党、オランダ系工作員の謀略が
横行した。テビンティンギではオランダの謀略により日本兵60人が殺害され、たまりかねた日本軍による
報復戦の中で、インドネシア人約2000名、日本兵約200名が死亡する惨事となった。
総山さんは連隊長を説得して報復を止めさせ、インドネシア人には独立運動を再開させた。
スマトラは親日に帰った。12月になると英軍に続き、オランダ軍も徐々にスマトラに進駐してくる。
しかし「ムルデカ(独立)」の叫びは大きくなる一方だった。離合集散する民族派、共産派などの
インドネシア民兵、静観するイギリス、再植民地化を虎視眈々と狙うオランダ。
騒然とする中、近衛4連隊がアチェ、そしてインドネシアから去る日が決まった。

396 :日出づる処の名無し:02/07/02 20:59 ID:4dRdTVW/

「朝鮮人は日本と共に、アジアから白人を追い出した」と言えば
もっと誇りある民族になれると思うんだが、反日に出た以上、
白人の史観に迎合して、自虐するしかないんだよね。韓国って。

もし、大戦評価の日本の主張がある程度認められれば、
一気に手のひら変えすんだろうな。韓国人って。


397 :「歴史群像」より:02/07/02 20:59 ID:Kg2mmdTc
「引き揚げが迫ると、せめて独立軍に武器を残してやりたいと思う者が大勢いました。そこでマレー半島や、
スマトラ戦で捕獲した英蘭の兵器をこっそり渡しました。これは員数外ですから無難でした。
治安維持に出動して、独立派を取り締まる振りをして、弾薬を帰り道に置き去る部隊もありました。
日本軍が撤収する際に床下に隠して、後で回収させる手口もよく使われましたね。
私も通信機器をねだられ、『連合軍から指示が出ている以上、軍需物資をインドネシア軍に渡すわけには
いかない。ただし泥棒が盗むんだったら仕方無いな』と言い置いて、わざと出張してしまった。
そうすると連絡を受けた“泥棒”が持って行く。歩哨は見て見ぬ振りだし、私も『それは仕方ないな』と
とぼけるんです(笑)。
兵器を渡すだけでなく、みずから独立戦争に参加した将兵も一人や二人ではありません。翌年には
オランダ軍が弾圧を本格的に始め、傀儡国家が乱立したり、地方に共産政権が出来たりとインドネシアは
戦乱の時代を迎えます。その中で多くの元日本兵が勇敢に戦い、外国人ながら一軍の参謀長まで勤めた者も
いたほどです。私にも残留の奨めがありましたが、まず荒廃した日本の方をなんとかしなければと思い、
帰国の途につきました。日本人とインドネシア人の和合のために情熱を傾けて献身した終戦後の1年間は、
私にとって生涯忘れ得ない感激の思い出です」

―――総山孝雄(元陸軍大尉、終戦時は近衛第二師団渉外部勤務)

<元・陸軍大尉(通信将校) 総山孝雄(ふさやま・たかお)>
終戦直後は近衛第2師団渉外部に所属し、連合国、インドネシア独立政府などと
さまざまな交渉に携わる。戦後は東洋歯科医学専門学校、東京医科歯科大学、
昭和大学教授を歴任。医学博士(歯科)として、主に虫歯治療で多くの業績を挙げる。
日本学士院会長、東京医科歯科大学名誉教授、日本インドネシア友好協議会副会長。


398 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/07/02 21:00 ID:QKUzlM0w
その記事載っていた歴史群像持ってます。
インドネシア軍に武器を横流ししていたあの方の話ですな。

399 :萌国主義者 ◆wl8kHb4M :02/07/02 21:01 ID:Zs+9ZmBA
日本が支配した台湾、朝鮮は植民地なんだろうか。。。
植民地なら収奪するから赤字になったりしないよね。
タダで東洋一のダムを10年もかけてつくったりしないし。

400 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:04 ID:Oc3s2iCS
フィリピンの誰だったか知らないがこんな事言ってたぞ。
「フィリピンは日本の植民地になってた方が良かった。日本の植民地だった
台湾や韓国は発展したが、アメリカの植民地だったわが国は発展しなかった。」
まんざらデマでもなかろう。
台湾と中国海南島は大きさも人口もほぼいっしょ。
しかし日本の植民地だった台湾の方が数段発展した。発展の要素は海南島の方が大きいのに。

401 :日本人は反省しろ:02/07/02 21:07 ID:McE4v46q
>「歴史群像」より
お前、ホントの馬鹿。
日本が敗戦後、インドネシアやベトナムで元日本兵が一緒に戦ったのは
あくまで敗戦という結果になってしまったから。
元日本兵にしてみれば現地で女や子供を作り、
敗戦でこれからどうなるかわからない日本に帰るよりか
現地に残ってそこの独立に協力しようと思ったから。
負けたから一緒に独立戦争を戦ったのであって、勝っていたら植民地支配して
現地人を虐げ、石油や金属などを盗んで行ったよ。
この場におよんで、嘘吐きは見苦しいぞ。


402 :「歴史群像」より:02/07/02 21:08 ID:Kg2mmdTc
昔、アチェの方に仕事で行った時に偶然、元・日本軍兵士の方に会いました。
その人は親戚からの報せで家族が空襲で亡くなったと教えられインドネシアを
第二の故郷とし、スカルノとハッタのインドネシア独立政府軍に加わったそうです。



403 :「歴史群像」より:02/07/02 21:10 ID:Kg2mmdTc
>>401

はいはい、学校教科書と朝日謹製の書籍しか読まない低脳さんはレスしない(w
己の無知無学を晒して笑われるだけだからね。レスの内容が朝日のコラムと同じレベルだし(w


404 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:12 ID:fLq+rrwc
「勝っていたら」
の妄想も面白いかもね。
まずはどうすれば勝てたか、という議論から始めなきゃいけないような
気もするが。
てか、それなら別スレ立てて下さい。

405 :日本人は反省しろ:02/07/02 21:13 ID:McE4v46q
>>400
台湾が発展したのは国民党の政策がすばらしかったから。
それだけではない。
国民党が大陸から撤退する時、多額な資金を持ってきたから。
そのお金で台湾は発展したんだ。
日帝支配の時代は最悪だった。

結局、その貴様の話しはただの捏造か、
あるいは頭のおかしいフィリピン人が寝言を言っただけ。

406 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:14 ID:gVMGEZ3N
>>405
( ´,_ゝ`)プッ

407 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:14 ID:9Iv4UMeA
>>398
ブブ−ッ イエローカード
「横流し」ではまるで金銭がからんでいるみたいだ
「非公式供与」と言おう

408 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:14 ID:IJqDabhc
>頭のおかしいフィリピン人
お前らは本当にそう言う単語を簡単に使うねえ・・・・
自分の考えにそぐわない物は全てキチガイ扱いかい(w



409 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:14 ID:5JhL/J5D
>>396
>一気に手のひら変えすんだろうな。韓国人って。
真珠湾を攻撃した山本五十六は朝鮮人と言い出すに捏造半万年。

410 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:15 ID:4dRdTVW/
>>401
>この場におよんで、嘘吐きは見苦しいぞ。

「植民地にしてた」と証明もできない癖に、「嘘吐き」は無いだろう。
そこまで言うなら、明確な証拠を示してよ。


411 : :02/07/02 21:16 ID:7AJJQ5iL
>>401
はいはい。おめでと〜。うらやましい性格だな。
本に書かれてる意見をそのまま信じることが出来るなんて
いい性格してるよ。
勝ってたらどうなってた
どーでも良いんだよ。負けたわけだからね。
「勝っていたら植民地支配して
 現地人を虐げ、石油や金属などを盗んで行ったよ。 」
お前がそうするからって他人にもさせようとするなよ。

412 :「歴史群像」より:02/07/02 21:16 ID:Kg2mmdTc
>>401

日本軍はボルネオ等の石油産油地帯を空挺で強襲、破壊することなく占領したが、
現地から内地に原油を運ぶタンカーが圧倒的に不足し、ほとんど内地に運べなかったって知ってる?
タンカーも輸送船も回線後しばらくしてから全国の造船所に建造命令だしたって事、知ってた?


413 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:17 ID:4dRdTVW/

誇るべき歴史が無い韓国はやはり悲しい。


414 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:18 ID:gVMGEZ3N
先日の極左君といい今日の日本人は反省しる君といい
なんで思考パターンがこんなに似通ってるんだろ。

415 :海上護衛総隊:02/07/02 21:18 ID:IJqDabhc
>現地から内地に原油を運ぶタンカーが圧倒的に不足し
国を挙げての戦争に、何が水上部隊の栄光だ、
何が帝國海軍の伝統だ、大莫迦野郎!(w

416 :日本人は反省しろ:02/07/02 21:19 ID:McE4v46q
>>402
ほらみろ、日本が勝ってたらその元日本兵は戦わなかった。
そして、植民地支配しただろう。
植民地支配すればインドネシアには石油があるから資源の少ない日本はそれを盗んだだろう。

>>404
アホ。
それはただの仮定だろ。
日本がアジアを支配するのがあの戦争の目的だったという事を証明する為に仮定しただけ。
未熟な日本がアメリカに勝てたはずが無かろう。




417 :「歴史群像」より:02/07/02 21:19 ID:Kg2mmdTc
>>405
ここまで来ればネタだな(w
国民党が台湾で現地人、何万人弾圧して虐殺したか知ってるか(w

418 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:21 ID:gVMGEZ3N
日本の勝敗とその日本兵さんの家族が亡くなったことは何の関係もないなあ。

419 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:22 ID:fLq+rrwc
「日本人は反省しる」君の主張は、
日本軍は欧米列強と同じく、アジアを搾取の対象としてしか見ていなかった、
という事でしょうか。

420 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:22 ID:4dRdTVW/
>>402

インドネシアとは独立の約束はできてたし、準備もできてたんだけどね。


421 :大陸打通太郎:02/07/02 21:23 ID:1A4jRq6A
大陸打通作戦の発動で在支米空軍基地もろとも3000キロの快進撃、
中国軍は自分の国の国土と住民を見棄てて金だけ奪って山奥へトンズラ、
中国抗日戦争神話は音を立てて粉々に崩れ去った。当然ながら1945年
2月11日のヤルタ協定で米英ソは中国を完全に無視して密約取引。

中国の強欲で動物的な対日要求が通っていたら、靖国神社は無くされ
ていたことは疑いない。大陸打通作戦で中国の国際的発言権を失墜
させたこと、米中離間を決定的にせしめたことは大きい。

422 :「歴史群像」より:02/07/02 21:23 ID:Kg2mmdTc
>>416
おまえ、日本人じゃないだろ? 日本語理解出来てる?

>>415
「帝国の存続無くして、何が“海軍の伝統”かっ!!」って、元ネタなんだったっけ?

423 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:25 ID:m0xtHk/6

釣れた♪o(^-^o)o(^-^)o(o^-^)o♪

釣れた♪:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*

(^o^)//"""チョソ魚が釣れた(#⌒〇⌒#)



(=`´=)でも雑魚はイラネーや(=`´=)ノ ポイッ

424 :海上護衛総隊:02/07/02 21:25 ID:IJqDabhc
>>415
第二艦隊の沖縄特攻に際し、我々から護衛艦艇用燃料を奪った
GF司令部を大井参謀が罵倒した台詞です(w

425 :海上護衛総隊:02/07/02 21:26 ID:IJqDabhc
424は422へのレスでありました(汗



426 :日本人は反省しろ:02/07/02 21:27 ID:McE4v46q
>>410
証拠は大量にある。
ここに書くと大変な量になる。
自分で戦史を調べればいくらでも出てくる。

>>417
言い逃れか。
まともな反論できない負け犬が何をほざく。





427 :「歴史群像」より:02/07/02 21:27 ID:Kg2mmdTc
サンクス>>424-425


428 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:28 ID:4dRdTVW/
>>420>>416へのレス
>>402さん失礼。

429 :シャイセッ! ◆F2A.f37k :02/07/02 21:28 ID:JUK0FisJ
>>405
あのー
「白色テロ」って、ご存知ですか?

430 :「歴史群像」より:02/07/02 21:30 ID:Kg2mmdTc
ヲイヲイ、皆さんどーするよ。>>426はホンモノの阿呆か? 日教組の中学教師並だぞ(w

だったら証拠とやらを早くレスしてくれ(w

431 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:32 ID:9Iv4UMeA
1よ なかなかイイぞ、
WCも終わった今、最近沈滞ぎみの極東板をこのタイミングで加油するとは
なかなかの手並み、オレは断固1を支持する!
みんなマジレスで1に答えようゼ。

432 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:32 ID:4dRdTVW/
>>426

その膨大にある証拠の書名と著者を一部紹介してくれや。
「植民地にしたはず」という証拠を示したものを。


433 :日本人は反省しろ:02/07/02 21:35 ID:McE4v46q
>>420
そんな誰もが知ってる事を言ってどうする?
傀儡国家として形式的な独立を与え、実際は植民地支配しようとしただけだろーが。
実際、戦時中日本はビルマの独立を認めたけどあれはただの形式的な独立。
実際はビルマの独立分子を利用して大東亜戦争勝利に導こうとしただけ。
敗戦後、オンサンが日本軍に銃口を向けたのはそういった日本軍の欺瞞に立ち向かったから。



434 : :02/07/02 21:38 ID:x3RXiRU5
証拠はたくさんあるといって、たった一つの証拠も示さない罠。

435 :日本人は反省しろ:02/07/02 21:39 ID:McE4v46q
今日はここまで。
続きはまた今度。
まともな反論をできないで根拠無き戯言を言って大東亜戦争を正当化する日本人は糞。
それと、フィリピンの独立にはかなり華僑の支援があった事は事実なんだから華僑を悪く言うな。
日本があの戦争をやらなくてもアジアは独立してるはずだから大東亜戦争の正当化は見苦しいぞ。



436 :おまえこそ反省しろ:02/07/02 21:41 ID:UsvI0d0y
ここで頑張っている人はどちらの方ですか?
日本人に反省させて金でも巻き上げるつもりですか?

友好を考えているようでもないですね・・・

たかり?

437 : :02/07/02 21:41 ID:x3RXiRU5
>>435
おれ、フィリピンに住んでいたから分かるが、>>1がいってるいることって
あんまり信憑性ないよ。

438 :雲國斎先生 ◆KDGDPXI2 :02/07/02 21:42 ID:0yE4Jmnm
>フィリピンの独立にはかなり華僑の支援があった事は事実なんだから華僑を悪く言うな。
論理破綻してるね(w

439 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:42 ID:fLq+rrwc
>435
このスレ全部読んだ?

440 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:42 ID:4dRdTVW/
>>433

ビルマと来たか(w
オンサンが、日本軍に銃を向ける前に、相棒バー・モウに手紙を書いたのを知ってるか?
イギリスと独立交渉を有利に働かすために、銃を向けたと言うのを。

バー・モウは『ビルマの夜明け』という本をロンドンで出版し、
日本が第二次世界大戦で果たした役割を評価してるよ。
現在でも、ミャンマーの独立記念日のパレードで最初に流れるのは、
軍艦マーチなんだよ。



441 :「歴史群像」より:02/07/02 21:46 ID:Kg2mmdTc
>>435
こいつ、レス内容から極度の朝日信者だな。朝日の「歴史教科書」と同じコと言ってら(w
台湾の「白色テロ」のこと突っ込まれたら話し逸らすし(w

ちなみにフィリピンを「マトモ」な国にするのに年間1000億円の予算で50年かかるそーです。

442 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:48 ID:gVMGEZ3N
3度目の勝利宣言を吐きつつ泣いて退散。
McE4v46qは反省しる。

443 :大陸打通太郎:02/07/02 21:49 ID:1A4jRq6A
明治以来、日本の宿敵はまず第一に中国そしてその支援グループだった。
ソ連でさえも中立条約で満州国を承認したのに、中国は何の理解も示さ
なかった。諸悪の根源は中国だった。大陸打通作戦で中国ならずもの
ごろつきちんぴら集団とその支援グループを一網打尽にして、日本の
中国に対する圧倒的優越を証明したからこそ今の日米同盟体制がある。

444 :   :02/07/02 21:50 ID:x3RXiRU5
>それに、東南アジアの華僑は独立の手助けだってしたんだぜ。
今のフィリピンは華僑の植民地じゃない。どこが手助けなんだ?

445 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:53 ID:9Iv4UMeA
取りあえず日本が想定してた「日本の勝利」ってのは
どう言う状況かだけど、知っての通り「なるべく有利な講和」
東南アジアを植民地支配なんて、とてもとても エエ無理です ハイ
独立支援して親日政権つくって影響力保つのが関の山

446 :日出づる処の名無し:02/07/02 21:54 ID:4dRdTVW/
>>435

その華僑はアメリカから、莫大な権利をもらってた人なんだけどね。
フィリピンのためではなく、自分の利益のためだよ。
日本は、華僑より現地人を登用したから、勝手なことを言ってるだけだよ。


447 :大陸打通太郎:02/07/02 22:02 ID:1A4jRq6A
>その華僑はアメリカから、莫大な権利をもらってた人なんだけどね。

中国の悪は、いくら強調してもしすぎることはない。満州は日本の
生命線であって、ソ連でさえも一時は承認してる。中国は何の理解も
示さなかった。あれだけODAたかりと靖国攻撃に事欠かない中国が、
敗戦当時に限って日本に何も要求できなかったのは、支那派遣軍百万
の精鋭が健在で、中国に対して圧倒的優位を保っていたからだ。

正義の鉄槌が振り下ろされ、抗日戦争神話は音を立てて崩れ去った。

448 :日出づる処の名無し:02/07/02 22:03 ID:Kg2mmdTc
>>435は東南アジア各国の華僑がどれだけ嫌われてるか知らないのかな?
インドネシアやフィリピンで、なんかあると何時も焼き討ち掠奪食らうのは華僑の店舗。



449 :日出づる処の名無し:02/07/02 22:05 ID:9Iv4UMeA
>>447
少なくとも正義を口にするのはよそうゼ

450 :さまよえる亡国人 ◆B9h8vgq2 :02/07/02 22:08 ID:dvjSIGOB
>>433
敗戦後ではなく、日本軍の配色が濃厚になった1945年代始めから抵抗活動を
はじめてますよ。日本が負けて、英軍に再度占領されたら独立の事実がふい
になってしまうのを恐れて、既成事実を作ろうとしたのですが。
もっとも、そうした裏切り行為に悩んで、内部には自殺した人もいるようです
なあ。
結局、日本が負けた後、英軍に再占領されて、アウンサンも暗殺され、真の
独立は1948年まで留保されたわけではあります。


451 :日出づる処の名無し:02/07/02 22:14 ID:xapSvzqC
>>449
糞チョン死ね。
おまえ日本語変。
とっとと国へ帰れ。

452 :日出づる処の名無し:02/07/02 22:18 ID:Kg2mmdTc
>>450
つか、現地の将兵も中央のやり口に辟易して独立派に加担したんだけどね。
アジアを植民地支配云々は軍上層部の考えで、ほとんどの将兵は純粋に
欧米列強の植民地支配からの解放のために命かけてたから。(参考>>394


453 :日出づる処の名無し:02/07/02 22:30 ID:kN00auqS
わっ、俺がいない間にみんな激論してたみたいだね。

>日本人は反省しろ
だから、過去レス読めよ。
農具や調理器具や石や素手で武装した独立軍が近代兵器(戦車、爆弾、機関銃など)
で武装した欧米軍に勝つ方法か、
あるいは近代兵器を入手するルートの確保を説明しないでどうして「日本があの戦争をやらなくても独立できた。」
なんて言う事ができるんだよ?

ただの電波だからか?



454 :日出づる処の名無し:02/07/02 23:03 ID:vIF+wMN3
>>1
出来ただろうが、独立する時期は間違いなく後退したはずだ。
まぁ、東南アジア地域にとってどちらが幸福だったかは人による。

結果が出てから>>1のようなことを述べても意味は全く無いが・・・

455 :日出づる処の名無し:02/07/02 23:25 ID:KxFiVd2X
結局、グダグダ言ってるのは華人と鮮人“だけ”なんだよ。

456 :453:02/07/02 23:26 ID:gkCLzmGb
>>454
俺も、近代兵器さえ入手すれば独立はできた可能性があると思うが、
入手できないのであればいつになっても独立できないと思っている。
欧米の方から譲歩して独立を認めることはありえない。
そういう意味では日本が有史以来、世界にやった偉業は白人優越の世界秩序を打ち壊した事だろう。
コンピューターや飛行機などは誰かが必ず開発する。
しかし、白人優越の世界秩序は有色人種の誰かがリーダーになって立ち向かい、崩壊させなければ何百年も何千年も続く。
白人の方から譲歩する事はありえない。その血からを持った国は世界でたったひとつ、それが日本だった。
日本よ、誇りを持とう。

近代兵器を持たない独立軍が、多数とは言え農具や素手などで近代兵器で武装した少数の欧米軍に勝てるというのもありえない。




457 :日出づる処の名無し:02/07/02 23:27 ID:zqyHuW+y
近代兵器があっても運用がわかんなきゃどうしようもないだろ

458 : :02/07/02 23:28 ID:WGncqcoA
ハワイって未だにアメリカの植民地だね。

459 :日出づる処の名無し:02/07/02 23:33 ID:7BSlB2pP
済州島も韓国の植民地じゃないかな。

460 :日出づる処の名無し:02/07/02 23:34 ID:KxFiVd2X
>>458

しかも未だにアラスカ・ハワイは「準州」。
プエルトリコ・マリアナ諸島なんか、それ以下。

461 :::02/07/02 23:34 ID:ie3WI7UX
独立はできただろうけど、たぶん戦って独立することはなかったと
思うから経済等支配は続いていただろう
もし日本がいなかったら白人と戦うということも考えつかないだろう
>405国民党が大陸から多額の資金をもってきた
文化遺産みたいのもったきたのは事実だけど、国民党の主な資金は
日本から接収した金だろう

462 :日本が出なけりゃ:02/07/02 23:46 ID:oID7PiYP
ソ連や中共あたりが「反植民地主義」を煽ってアジア各地で暴動を扇動し共産化を画策したと想像。


463 :日出づる処の名無し:02/07/02 23:49 ID:BzhUzc8F
>>462

日本が戦争しなければ中共政権自体成立したかわからんけど・・・。

464 : :02/07/02 23:53 ID:OHfmAUac
>362
>●自分たちさえよければ、それでいい――この日本の卑しさは、変わってないですよ。経
済だって、アジアの犠牲の上の成功です。

日本政府&企業のやってる対外投資や資産を引き上げたらアジアの失業率は倍以上に跳ね上がるよ。
1ドル130円以上になっただけでアジアじゅうがが悲鳴を上げたよな。アジアは日本がなければ今の経済力をを維持できない。
韓国のIMF介入の中身は日本が回収見込みの少ない韓国国債を大量に買ってあげたこと。

>●日本人が忘れても、アジアの人達は忘れない。「日本軍の虐殺」を忘れない。

いや、日本人が一番詳しいんだけどね。捏造も含めて。
「被害者ヅラ」することで日本にあっさり負けて外国の手によって独立させてもらえた現実から目を背けている心理も日本人はよく知ってるし(笑)

>●「自分たちさえよければ、それでいい」――そんな野蛮な人間たちが起こした戦争だった。
日本軍の参謀は「人種戦争だ」と豪語していた。「世界で最も秀でた日本人」に他民族は

で、その人の名前は?
「日本の生存をかけた戦争だった」ってマッカーサーのセリフ知ってる?


>●たかり構造の日本社会

ODA額10年間世界トップ。
GDP比でいえばもっと多い。
様々な貧しい国(南米諸国、アジア、アフリカ諸国等)へ貸した金(国債)を帳消しにした。


>●韓国人・フィリピン人をはじめ『外国人労働者』への差別も世界中が知っています。対等の
人間として見ていない。『勝手に来たんだから、勝手に死ね』という態度です。

日本人でも、能力のない人間はクズ扱い。外国人でも優秀な人間はVIP待遇。
資本主義国家の常識。
自分の能力のなさをやれ人種差別だなんだと叫ぶ様の浅ましさを自覚してください。


とりあえず事実を持ち出して全部否定してみたよ。

465 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:01 ID:GwKwMqYy
>>462
おいおい、日本があの戦争をやらなければ中共は国民党にやられて消滅してたと思うぜ。
と、思ったら>>463で同じような意見が・・・。

>>464
>●日本人が忘れても、アジアの人達は忘れない。「日本軍の虐殺」を忘れない。
アジア諸国は日本だけを非難するけど欧米は非難しないんだから、
日本の贖罪意識を利用した金目当ての発言だと言ってしまえばそれで終り。

466 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:12 ID:qiEC0DQR
>>465

ソ連があった以上、日本が戦争しなければ、
欧米の帝国主義に対抗する源は、共産主義だったと思うよ。
中国、国民党も、日本が戦争しなければ、欧米からの援助は
得られていないはずだから、ソ連を後ろ盾とする共産党には
勝てないはず。



467 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:14 ID:2/+gRjzi
>>462
それは一面の事実ではあるが、全面的に正しいとは言い難い。
政治経済的に宗主国あるいは中間搾取層から独立しようとした民族が、
支援を求めた結果それに応じたのがソヴィエトしか無かったというのが、
事実に近いケースも特に東南アジアでは多かったと思われる。
こうしたケースでは、独立と自由の希求が動機の民族運動であるだけに、
草の根レベルの戦争遂行が可能となり攻撃側は大量の出血を強いられる。
例えばベトナムでは華僑に対する反発と独立の希求が革命の実態であり、
アメリカの強硬策は逆にベトナムをソヴィエト寄りにさせる結果を招き、
中国人はアメリカとベトナムが延々と死闘を繰り広げ出血させた後に、
ベトナムに出兵しているがベトナムはこれを斥けている。
シンガポールの発展もベトナム戦争とも無関係ではあるまい。
そのようなケースではなく、純粋にソ連の工作が展開された結果として、
独立したような国は、往々にして政治的に不安定となり、
内紛が絶えない無法国家化もしくは極端な統制国家化の道を辿った。
アフガニスタンやアフリカ諸国は前者で、北朝鮮は後者。

468 :朝まで名無しさん:02/07/03 00:16 ID:oSoK32GG
>>466

共産主義があれば敵対勢力に対して援助したに決まっている
じゃないか( ゚д゚)ポカーン

君の頭のどこの国のシャブでキマッテイルのかね?
地上の楽園のシャブではないかと小一時間ほど問い詰めたい。

469 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:21 ID:2/+gRjzi
>>466
国民党もソヴィエトとのパイプを持っており、蒋介石の子息である、
蒋経国はソ連に留学しており、奥さんもロシア人。
日本が戦争しなければ、国民党が共産党を排除していた事は確実。
共産党は国民党が日本と戦っている間中、自己の拠点を増やす事に努め、
言わば裏切り好意を続けて力を貯えていた。
国民党が内戦で共産党に敗れたのは、浸透された結果であり、
当初は国民党が圧倒的に軍事力で共産党に勝っていた。

470 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:23 ID:2/+gRjzi
>>469
○裏切り行為

471 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:24 ID:qiEC0DQR
>>468

君の後半の言葉は何語かよく分からないんだが、国民党を最初に援助したのは
日本であって、分裂後、日本に対抗するため欧米が蒋介石を支援して強くなった。
それを言うなら、日本は戦争せずに、国民党を支援したかどうかが鍵だ。

どうせ想像なら、国民党が共産党と同化してたかもしれない。
敵は欧米と国民党が思えば共産党と手を組んでいた可能性だってある。

民族自立思想は、日本がアジアに持ち込んだ思想。
日本がたたければ、民族自立なんて考えず共産主義に流れてる可能性の方が高い。


472 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:24 ID:yZPUeCrL
>アジア諸国は日本だけを非難するけど
アジア諸国でもごく一部がね・・・

473 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:25 ID:eKMpPZDz
>>362
>>●自分たちさえよければ、それでいい――この日本の卑しさは、変わってないですよ。経
>済だって、アジアの犠牲の上の成功です。

そう言えば島田とかいう小説家も同じことを言っていたな。
日本は戦後、アジアから搾取して発展した。
日本はこれを反省すべきだとか・・・。

サヨクは同朋である日本人がどれだけ苦労してここまで国を発展させたのか
ということを知ろうとしないし、逆にその努力・苦労を全否定しようとする。
「人間性のかけらも無い輩」とはこういう連中のことを指すのではなかろうか?


474 :欧米は共産勢力のアジア浸透を軽く見ていた:02/07/03 00:26 ID:RH88Elys
共産勢力に対抗する為に欧米が植民地を放棄するかは疑問だが、
ある程度の自治は認めたかもしれない。しかしその程度の対策では
インドシナ戦争の結果を参考にすると、共産勢力には対抗できない。
共産主義か植民地主義かという選択肢では共産勢力に分がある。



475 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:28 ID:2/+gRjzi
ついでに言えば、かって日本にボートピープルが大挙して来た時、
あるいは難民を受入れた時にベトナム人やカンボジア人を自称する、
数多くの華僑が存在し、今でも上手く潜り込めた人間もいるだろうけど、
それらの華僑とベトナム人やカンボジア人が極めて仲が悪い事が、
問題になったが、事実は祖国の荒廃に手を貸したと見られた華僑への、
ベトナム人やカンボジア人の反発であったと思われる。

476 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:32 ID:2/+gRjzi
>>474
共産主義か植民地主義かという選択肢ではない。
現に中国人はベトナムに食指を伸ばしている。
民族主義か植民地主義かという選択肢であったのが事実であろう。
それを共産主義に近づかせたのは明らかに失策であった。
現にブミプトラ政策が実行されているマレーシアでは、
共産化は起こらなかったのも事実です。
逆に言えば、如何に経済を握る中国人が嫌われているかの現れでもある。

477 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:32 ID:GwKwMqYy
あの毛沢東ですら、日本が日中戦争で国民党と戦わなければ政権を奪取できなかったと言ったくらいだからホントだろう。
日中戦争で一番儲かったのは中共だ。


478 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:33 ID:GwKwMqYy
(訂正)大東亜戦争で一番儲かったのは中共だ。
逆に、一番損をしたのはイギリスか。




479 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:36 ID:RH88Elys
民族主義は植民地各国にとっては理想主義であり、実際に国際的パワーとしては無力であった。
民族主義は力を得る為には残念ながら欧米植民地主義との協調かソビエト共産勢力の援助か
日本軍国主義との協力を選ばざるを得ない状況だったと思う。

480 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:36 ID:2/+gRjzi
当時はソヴィエトと中国共産党の仲が悪化しており、
コミンテルンも勝ち目が無い共産党への支援は停止する寸前だった。
共産党が負ければゲリラ化させて陰で支援する事はあったろうが、
表面上は何事も無かったかのように国民党政府を公認したであろう。
寧ろ、国民党を満州奪回の為に利用しよう都市なのではないだろうか。

481 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:40 ID:2/+gRjzi
>>479
もし本当にそうであればポーランドは今でも存在しないだろう。
民族主義の力を見くびってはいけない。
それが恐いから中共は実質的な民族撲滅政策を取っている。
ベトナムも国境紛争で弱体化している事が分かり中共に占領されれば、
ウイグルやチベットや満州と同じ道を歩んだ可能性が強い。

482 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:41 ID:2/+gRjzi
>>481
×可能性が強い。
○可能性が究めて高い。

483 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:44 ID:RH88Elys
植民地として支配されている状況に甘んじるより、ソビエトの教義を一応は受け入れ、
その支援において植民地から脱しようとしたのがベトナムのホーチミンだったと思う。


484 :世をすねる猫:02/07/03 00:45 ID:/Uo2BjHa
>>478
どこかの本で、チャーチルが嘆いていたのを読だこと有り。
日英同盟は堅持するべきだったってね。
米・ソを利用するつもりで、逆に利用されてしまった。
そして、植民地を殆ど失った。
チャーチルは、晩年どんな思いだったのでしょう。

485 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:49 ID:qiEC0DQR
>>481

それは現在の話であって、20世紀初頭は違うだろう。
白人の植民地主義がアジアを支配する中、
アジア人が民族自立を実現させるためには、
外部勢力の協力がないと実現不可能だったのは間違いないだろう。


486 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:50 ID:2/+gRjzi
アメリカが独立以来民族主義を支援し結果としてヨーロッパと中近東、
それに中南米で民族の恩人としての名誉を勝取ったのは有名な話だが、
アジアでは日本の一部識者の助言を容れずに逆に民族主義を敵に回し、
諸民族をソヴィエトへ走らせて共産化させて冷戦に影を落としている。
ソヴィエトにしても地理的に遠く離れた地域で戦略的にも重要でなく、
支援するにも困難な地域で無いよりはましであるが熱烈に望んでいた、
とは言い難いであろう。
結局こうしたアメリカの政策で利益を得たのは華僑だけだと思われる。

487 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:52 ID:2/+gRjzi
>>485
ポーランドは何回も独立運動を起こしているが?
19世紀ナポレオン時代にも独立を達成しているが?


488 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:55 ID:RH88Elys
独力での民族自立は残念ながら困難だったというのが、アジア各国の現実だったと思う。


489 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:55 ID:qiEC0DQR
>>487

それは白人社会での民族運動であり、黄色アジア人対白人の戦いを
同格と見てはいけない。


490 :日出づる処の名無し:02/07/03 00:57 ID:2/+gRjzi
外部勢力も既存の独立勢力が無ければ協力すらも出来ないだろう。
そういう意味では民族運動を撲滅するために漢民族を大量に入植させ、
文化を奪う中共の政策は効率的な政策だといえる。
当時のオーストリア帝国はもちろんドイツ帝国やロシア帝国でさえ、
そのような残酷な事はとても出来なかった。

491 :日出づる処の名無し:02/07/03 01:00 ID:2/+gRjzi
>>486
付け加えます。
このようなアメリカの民族主義排斥、中共取り込みの政策は、
二股掛けていた華僑の利益になっただけである。

492 :1930年代で:02/07/03 01:02 ID:RH88Elys
あの時点では日本かソビエトしか植民地支配を揺さぶれる要因か思いつかない。
「日本が行動しなくてもアジアは独立できた」というのはその通りだと思う。
「日本が行動しなければ植民地支配はどれだけ続いたか」という仮定も考たい。


493 :&*:02/07/03 01:07 ID:1d+fchOe
大東亜戦争には孫文の「大東亜」の思想がふんだんに含まれ
彼はアジア独立を日本をパートナーに中日提携して行おうと
考えていたのだが、結局中国は今も昔も大陸内の勢力争い
ばかりの伏魔殿。孫文は失脚した。

そのあたりの経緯を無視すると、「大東亜」戦争がわからなくなり
1のように「太平洋」戦争の史観を語ってしまう。


494 : :02/07/03 01:32 ID:/ovwNJjs
ここ読むニダ!

付き合いにくい隣人の虚栄と懊悩
韓国という名の「整形美人」
http://plaza12.mbn.or.jp/~SatoshiSasaki/y2002/plastb.html

495 :日出づる処の名無し:02/07/03 01:58 ID:P2kh3xwQ
>>
まあ御苦労なこった。そういう指示が出ているからだろうけど。

496 :鳩山逝き夫:02/07/03 02:36 ID:mwlAqHE7
第2次世界大戦後にアジア・アフリカの独立が実現したのは、
2度の対戦により英仏蘭が疲弊して植民地の維持が困難となったためです。
では質問。
2度の対戦で英仏蘭を向こうにまわして獅子奮迅の活躍をした国は?

そうです、ドイツ様です。

アジア・アフリカ独立の、第一の功はドイツ様にあります。
日本に功がなかったとは申しません。
ですが、日本は第一次世界大戦では英仏蘭の尻馬に乗ってドイツ様と戦いました。
第2次世界大戦で正道に立ち返ったとはいえ、
「アジアの独立は日本のおかげ」などと声高に主張するのは、日本人の美徳に反します。
日本はアジア人と共闘して植民地を開放しましたが、
結局のところ、本国が健在であれば開放は一時的なものとしかなりません。
インドはイギリスの支配に激しく抵抗しましたが、
大英帝国健在のころは、反乱はことごとく鎮圧されました。
英仏蘭の本土を蹂躙したドイツ様を世界チャンピオンだとすれば、
日本は田舎の喧嘩自慢に過ぎません。
功少なくして声ばかり大きいものは軽蔑されます。
韓国人を見ていれば、よくわかるでしょう?
謙虚にドイツ様を褒めたたえ、わずかばかりの功を誇る愚公はつつしみましょう。

497 :日出づる処の名無し:02/07/03 02:51 ID:PWuKm1V6
アフリカが宗主国に依存して経済的に自立できないのに対して
東〜東南アジア諸国が経済発展著しいのは、結果的に
太平洋戦争の敗戦後の国家賠償、円借款、没収された日本の財産が
あったお蔭ではないでしょうか。宗主国の影響が第二次大戦後も続いた
フィリピンでは貧富の差が拡大して、逆に日本より貧しくなった。
アフリカの独立後と日本国占領下にあったアジア諸国の独立後に
これほどまでの経済格差がついた事実を無視する人は、科学的論拠待たずに
史実に対して相当な悪意織り混ぜて偏狭な自国史観を脳内合成する朝鮮人か
中国人か職業市民ぐらいなものです。

498 :BB:02/07/03 03:09 ID:ahEDll1z
強国の植民地支配を運命だと受け入れるしかなかった中
有色人である日本人が白人に立ち向かい、勇敢に戦った事が
どれだけ有色人に勇気を与えたか分からないのかい?
アジアから白人を追い出した後の日本の統治がどうであったのか
関係ないと思うがね。
日本が戦争しなかったら、永遠にアジアが独立は出来なかった
なんて思わないよ、だけど闘った事により独立は随分早くなった
事は確か。
それと、特殊な例を上げて日本を馬鹿にするのは止めてもらいたいね。
白人がどれだけ多くの国を長年に渡って支配し、搾取し、差別し、
殺したのか勉強してもらいたいものだ。





499 :a:02/07/03 03:12 ID:RljKvs+p
オセロゲーム

参加権なかったからって後から駒代払えってうるせーんだよ!

キムチだから食われて当然。


500 :BB:02/07/03 03:14 ID:ssQecWN9
ドイツ人を褒め称えるなんて馬鹿らしい
戦争相手でもない、ユダヤ人を大虐殺した奴等だろ
戦争云々以前の問題。


501 :日出づる処の名無し:02/07/03 03:25 ID:PWuKm1V6
 太平洋戦争突入後は、最初は独裁者を守る為という名目で、市民も戦闘訓練を余儀なく
されてきましたが、戦争最期は軍隊を守る為だけに臨戦体制を持続させたのだから、
特に悪いのは(戦前社会の日本人の美徳観をも全てぶち壊したのは)盲目的・特権的な
軍人階級でしょう。それに大政翼賛会体制(政党政治の終焉)以前の内閣、官僚、外交官は
アメリカとの交戦は絶対に避けたい、という空気が支配的でした。
 その当時の日本人の多くは、戦争を欲していたのではなく、物心両面で財閥(政商)と
結び付くようになった、当時の腐敗しきった政党政治の打破を軍事力に結びつけて夢見て
いたに過ぎないのではと思います。その世相を利用して軍備費増大を目論んだ、当時の
特権軍人は万死に値するとは思いますが、その罪を現在の日本人に全て結びつけようと
画策する勢力からの再三の要求は、毅然ある態度で挑まなければならないように思います。

502 :日出づる処の名無し:02/07/03 03:29 ID:6QNoUZwW
>>500
まあ、>>498はネタでしょ。
ドイツ人がアジア解放を意図してたことなんてないしね。
ナチスが政権を取ったころのベルリンには、日本人を
排斥する動きすらあって、日本の公使がドイツ政府に
抗議している。

日本ってドイツから多くの技術や知識を輸入したけど、
全般的にはドイツの民族差別意識ってどんな感じなん
だろう?

503 :日出づる処の名無し:02/07/03 05:24 ID:5VHlwNvl
>>497
何で華僑から日本が無条件に憎まれていると思う?
植民地時代は宗主国支配層を利用し食い込んで権益を得ていた彼らが、
戦争に伴う旧植民地の実質的自立によって独占を崩されたからだよ。
フィリピンでは戦後も経済の民族的自立が為されずに支配が続いたため、
購買層も育たずに国民全体の総生産上昇は大きな伸びを示さなかった。
だからといって皆が貧乏だった訳ではなく財閥などの関係者は大金持。
そして財閥関係は大体において華僑出身者が多かった。
アロヨ大統領も財閥大金持一族の出身だったはず。
旧アメリカ植民地だったフィリピンが東南アジア諸国ほどの発展を、
実現していない事が余りにも顕著になったのでアメリカからの圧力から、
所得の偏りを是正する方向で経済運営をしつつあるようだけれど。


504 :日出づる処の名無し:02/07/03 05:32 ID:5VHlwNvl
要するに毛沢東が強硬的手段を用いて生産手段を農民や労働者に分配し、
その結果として以後の生産性上昇の切っ掛けを作ったように、
あの当時では華僑から資本と資産を取上げる所までは行かなくとも、
税制上の優遇や融資や技術の援助を通して民族資本を育成した方が、
はるかに経済成長には近道だったのだろう。
実際に日本が残したインフラや資産を元にして満州や韓国や台湾は、
それ以後に目覚しい発展を実現している。

505 :日出づる処の名無し:02/07/03 05:43 ID:5VHlwNvl
しつこいようだけれども、実際にアメリカが取った政策は、
華僑側の意図的なミスリーディングもあったのかもしれないし、
同盟国である旧植民地宗主国に対する気兼ねもあったのかもしれないが、
これとは全く逆で愛国主義的な自立を求める勢力(普通誰でもそうだ)を、
悉く敵に回して必然的に対立する側であるソヴィエト側に付かせている。
リークワンユーなどはシンガポールは共産主義に対する堤防だと言うが、
事実は全く逆で華僑は旧宗主国に変わる存在としてアメリカを利用して、
それがためにアメリカは戦わなくてよい戦いを戦い多くの若者を死なせ、
買わなくてよい恨みを華僑に変わって買う事になったとは思われないか?


506 :日出づる処の名無し:02/07/03 05:44 ID:5VHlwNvl
>>505
×変わる存在としてアメリカを利用して、
○替わる存在としてアメリカを利用して、

507 :日出づる処の名無し:02/07/03 09:23 ID:WWqwVWlt
昨晩はずいぶんおもろい展開になってたんだね。
例の偽タイ人(在日工作員)のコピペを貼ってるってことは奴か…
ま、相変わらず中身のない反日中傷だけども

508 :日出づる処の名無し:02/07/03 11:40 ID:Z6v3Utc6
>>400
ホントか?
思い出して誰だか言ってくれるとありがたい。

509 :日出づる処の名無し:02/07/03 12:18 ID:aNbMvC5q
アジアの犠牲だの
労働者の犠牲だの
バカなこといってるから、経済がこんな破綻をしちまうんだよ
日本はアカが多いから
どうしようもないとこまできちまったよ

510 :日出づる処の名無し:02/07/03 12:25 ID:UhPyG3wf
大東亜戦争とかいてる時点で>>1は単なる火付けやさん。

511 :日出づる処の名無し:02/07/03 12:28 ID:KUBQxAHT
>>496
その論法なら、ソ連が西欧の大国ドイツの首都ベルリンを陥落させた
からアジアが独立できたともいえる。白人同士でいくら内輪もめで
血を流したとて、アジア植民地はその戦費の埋め合わせに搾取されるだけ。

512 :日出づる処の名無し:02/07/03 12:43 ID:uB9QSdfF
>>312
戦後、アメリカは日本(特に沖縄)という、フィリピンよりも良い軍事基地建設場所を手に入れたから
アメリカは1946年にフィリピンの独立を認めたのであって、
あの戦争が無ければアメリカはフィリピンの独立を認めなかったと考える事もできるかも?
アメリカがフィリピンから撤退したのは沖縄や三沢といったフィリピンよりも良い軍事基地がアジアにあったからであって、
もしあの戦争が無ければ今の日本に米軍基地がないはずだから、
日本への睨みや中国大陸への野望の為にフィリピンに米軍基地があるのではないか?(そうなれば、約束した独立は破られた可能性が高い。)
また、例えアメリカが1943年に独立を認めてもただの親米傀儡国家だっただろう。
それと、日本はフィリピン占領中、フィリピン固有の文化や言語を学ばせ、普及させるような努力もしたらしいけど詳しくは知らない。

513 :日出づる処の名無し:02/07/03 13:59 ID:KUBQxAHT
>>405
台湾の繁栄が蒋介石国民党政権の富のおかげだとしたら、それをみすみす大陸
から追い出してしまった、中華人民共和国建国の意義は何だったのかという
ことになる。ここが歴史の面白いところだね。
でもやっぱ毛沢東は中国天下統一を果たした、偉大な人物だったと思うよ。

514 :日本人は反省しろ:02/07/03 14:09 ID:F2VgEL6E
「アジアを欧米の支配から解放」するのが日本の戦争目的だったというのは、ただの口実。
戦争開始直前に大本営政府連絡会議において、重要国防資源の確保などが東南アジア占領の目的だと決定し、
さらに1943年には天皇も出席した御前会議でインドネシア、マレーシア、シンガポールにあたる地域は「帝国領土」にすることを密かに決定しました。
つまり本音は領土拡大だったのです。「地域の人々の日本に寄せる期待にこたえるため」にビルマとフィリピンを独立させたと書いていますが、
イギリスはすでにビルマをカナダやオーストラリアと同等の自治領にすることを約束していましたし、アメリカはフィリピン独立を認め、
憲法も政府もできていました。ですから日本はこの二つに形だけでも「独立」の体裁を与えざるを得なかったにすぎません。
いったん領土にすると決めたインドネシアに、政策を変更して独立を与えることを表明したのは、サイパンも陥落して本土防衛にあたふたしはじめた44年9月のことで、
しかも日本の敗戦まで独立は実現しませんでした。また朝鮮や台湾の植民地を独立させることなどまったく考えていませんでした。
要するに東南アジアを日本のものにして石油など資源を確保し、中国との戦争を継続することが目的だったのです。
東南アジアの人々は欧米と日本の両方の帝国主義と戦って独立を獲得したのが実態でした。
そうした人々の主体的な努力を無視して、日本が解放したのだというのは、東南アジアの人々を見下した傲慢さの表れでしかないでしょう。
素直に認めろ。東亜解放は口実だったと。
ホントはアジアを支配するのが目的だったと。




515 :日出づる処の名無し:02/07/03 14:23 ID:jwE3NWQL
まあ日本が「一時的には白人どもを追い払える程度に強力だった」から独立したのだろうな。

516 :      :02/07/03 14:32 ID:fjA68ktL
>514 のコピペにあるとうり
旧蘭印は独立決定が遅かったのは事実だが
行政への抜擢やら政治参与や教員や技術者養成を考えると
ただ資源をパクるつもりではなかったんじゃないの?

もっとも...旧秩序のもとで日本がそれなりの立場で繁栄できたらなら
植民地住人がどうされようと己の繁栄だけを喜び、欧州やアメリカと
いかに仲良しさんでいるかを考えているだろう。



517 :日出づる処の名無し:02/07/03 15:21 ID:SuhpZO+w
そもそも解放したからには一時的にでも支配しなければならない。
欧米を追い払うだけで何もせずに帰ってしまったら
また欧米が支配しに来るだけだろう。
撤収するのは現地の人達が力をつけてからでないと意味がない。

518 :日出づる処の名無し:02/07/03 15:59 ID:L2qP5tDG
資源確保のために南方を占領したのは事実。
日本敗戦後、南方アジア諸国が独立したのは事実。

戦争が無くても独立できたというのは空想。
日本が勝っても南方を占領し続けたというのは空想。


519 :日出づる処の名無し:02/07/03 16:12 ID:yZPUeCrL

   日本人ってアジアのためにがんばったんだな〜

   日本人に生まれたことを誇りに思うよ。


520 :日出づる処の名無し:02/07/03 16:20 ID:7raz9i8i
>資源確保のために南方を占領したのは事実。

後世になってからのこじつけだけどね。
日本は元々、短期決戦で米英蘭に大打撃を与えて日本側に有利な講和に持ち込むつもりだったから。
しかし、相手が徹底抗戦するもんだから開戦後に慌ててタンカー・輸送船を建造し始めたぐらい。
しかも、それらは戦中ほとんど間に合わず逆に軍艦を現地に派遣して給油する始末(w


521 :開戦に至る経緯:02/07/03 16:22 ID:7raz9i8i
天皇自ら「米国との外交的和解に全力をつくせ」と政府に注文。
天皇に絶対的忠誠心を持つ東条首相はこれまでの交渉を全面的に見直し
日本が米国に譲歩出来るギリギリの条件の詰めを行なった。
10月30日に外務省に届いた野村大使からの電報内容は以下の文面だった。
「三国問題と通商問題は米国の了解が取れたので、後は仏印と支那からの撤退のみ」
そして東郷外相によって下記の内容に纏められた。
「国民政府との和平協定を結び、2年以内に支那から撤兵する。仏印からは共同防衛の
 必要が消滅した時点で撤兵する」
このままだと昭和17年6、7月頃には民需用も含めた石油の備蓄がゼロになり、
戦争しようにも海軍は石油無しには戦えないので交渉決裂の時は戦争しか選択が無かった。
12月4日、東郷外相は野村大使宛てに「本交渉は最後の試みにて、わが対案は名実ともに最終案なり」と
電報を打ったが、この電報は米国に傍受されていた。
しかも日本の意図を悪く解釈した誤訳となった。後にハル国務長官は回想録に
「これの意味する事は明白だった。日本はすでに戦争の車輪を回しており、12月5日までに
我々が日本の要求に応じない場合はアメリカとの戦争も辞さない事に決めているのだ」と書いている。
米国側は通信傍受から日本が25、29日に期限を決め、それを越えたら
戦争に踏み切る事は解っていた。だが軍幹部はハルに「抵抗の準備をするために
もっと時間が必要である」と訴え、交渉を引き伸ばす必要があった。
ハルは21日に政府関係者と各国大使と会談したが中国の胡適大使が強く反対。
ルーズヴェルト大統領も和解する気はなく、日本に先に攻撃させ、アメリカが
参戦する口実を得る事にしか関心がなかった。
26日、ハルは日本との和解を諦め、スチムソン陸軍長官に、
「私の仕事は終わった。後は君達の仕事だ」と語った。
その数時間後、ハルは野村に最後通牒の別名「ハル・ノート」を手渡した。
これを受け取った日本は米国の強い戦争の意思を読み取り、一気に戦争を決断した。

522 :開戦に至る経緯:02/07/03 16:22 ID:7raz9i8i
【幻の日米首脳会談】
1941年7月28日、日本軍は南部仏印に進駐。米国は在米の日本資産を凍結し、日本への
輸出制限措置に踏み切った。米国との和解はいっそう遠退き、戦争は時間の問題だった。
8月初め、内閣書記官長の富田健治は近衛文麿首相に「もう電報のやりとりでは埒があきません。
公爵、ひとつ米国に乗り込んで、ルーズヴェルトとさしで話し合いましょう」と提案。
この時、近衛首相は迷ったが8月1日、木戸幸一内大臣から「陛下は日米関係にたいへん
御心痛あそばされており、何とか打開の方策はないのか、とお尋ねになされた」と伝えられた。
これは前日の7月31日に、永野修身軍令部総長が天皇に謁見したさいに、天皇から、
「日米戦争になった場合、海軍は米国に勝てる見込みはあるのか?」と聞かれ、
「日本海海戦の如き大勝はもちろん、勝ち得るかどうかもおぼつきません」と答えた。
天皇は大変驚き、木戸に、「海軍は米国に勝てぬと言っておる。かくなればいかなる譲歩をしても
和解の道を探らねばだめだ」と仰せになった。そこで木戸は近衛と会い、中断している
交渉を進め、米国と和解するように促した。
そして近衛首相は会談を決意し、4日の朝、富田に、「僕はルーズヴェルトと会談する事に決めたぞ。
会談場所はホノルルがいいだろう」と伝えた。
近衛は東条英機陸相と及川古志郎海相を招き、ルーズヴェルトとの会談を伝えた。
及川は賛成したが、東条は条件をつけた。
1.ルーズヴェルトではなく、ハル国務長官が会談の相手をするのでは困る。
2.会談が失敗しても内閣を投げ出さない。対米戦争を先頭にたってやるぐらいの
  気構えを持つ事。
いっぽう近衛は会談の事が世間に知れればテロや暴動が起こるかも知れないから、
伏せておくようにと述べた。
近衛はこれまでに何か思いついては、難しいと解ると引っ込めてしまう、悪い性癖があった。
そのことに東条は釘をさしたのだが、こんどは体を張ってやると断言した。
彼は内大臣の木戸幸一と連絡を取り、「どんな譲歩をしても必ず交渉を纏める。
米国から電報を打ちますから、陛下に上奏し、陛下がこれで良いとおっしゃれば
陛下の御命令で支那から軍隊を撤兵致します」と伝えた。



523 :開戦に至る経緯:02/07/03 16:23 ID:7raz9i8i
8月6日早朝、近衛は政府・大本営会議を開き、ルーズヴェルトとの会談の
決意を披露した。この後、彼は参内して天皇に拝謁し、やはり自分の決意を披露した。
7日、米国国務省から在日大使館への外交暗号電報を傍受した海軍は、米国政府が
対日石油輸出禁止を準備している事を知った。永野軍令部総長から、これを報告された
天皇は、近衛を宮中に呼び、「ルーズヴェルト大統領との会談は速やかに行なった方が
よろしいと思うが」と伝えた。そこで近衛は閣議を開き、米国政府に会談を申し込む事に決めた。
これに基づいて豊田外相は野村大使にあてて次のような訓令を送った。
「近衛首相自らホノルルへ出張、ルーズヴェルト大統領と親しく会談いたしたきに、
ついては貴大使は右の我が方の太平洋平和保持のためにする真摯なる希望に基づくものなることを
強調し、先方の意嚮を直ちにサウンドせられたし」。
野村は8日にハル国務長官に面談し、訓令に従って首脳会談を提案した。これに対しハルは、
「私がホワイトサルファで静養している時、日本がインドシナに武力侵攻することを決定した
という報告を受けたが、それがそのとうりに実行されている。これは貴殿がこれまで述べてきた
ことと矛盾するではないか。日本の政策が変更されるのでなければ、話し合いをする必要はない」と
答えた。会見に同席したバレンタイン参事官も「武力を行使することと、太平洋の平和を維持する事
とは両立しない。日本は米国の包囲政策を云々しているが、それは見当違いも甚だしい」と言った。
野村は「米国政府の主張は日本において武力行使を止めるならば、初めて話し合いをするというにある。
その点、米国政府において決して後退するとは思われないから、我が政策に変更なき限りはもはや
話を進める余地なしという印象を得た」と言った。


524 :開戦に至る経緯:02/07/03 16:24 ID:7raz9i8i
ルーズヴェルトはイギリスのチャーチル首相と大西洋上で会談する為にワシントンを離れていた。
有名な「大西洋憲章」が発表された会談だが、ルーズヴェルトはチャーチルに日本側の提案を見せて、
「日本の提案はどれも受け入れがたい」と述べ、「これ以上、日本に好き勝手なことを
させないために、日本に厳重な警告を与える必要がある」と言った。
またルーズヴェルトは米国政府が日本に送った逆提案を見せ、「これで日本が次の戦争を起こすのを
30日間は引き伸ばす事が出来るだろう」と漏らした。
「30日ですって?そんなに早く戦争が始まっては困る」とチャーチルが言った。
「いいや。3ヶ月間は日本をあやしておけると思うね」と、ルーズヴェルトは言い直した。
彼は日本との戦争は避けられないと考えていた。日本政府をまったく信用せず、野蛮な全体主義国家で
嘘で塗り固めていると思い込んでいた。
特に彼は少女時代を支那で過ごした母親から、支那や支那人の素晴らしさを聞いて育ち、
その支那に侵略した日本人は絶対に許さないと考えていた。
なおこの会談では、米英軍部の最高指導者達が日独伊に対する共同防衛の作戦を検討した。
彼が日本と外交交渉を続けているのは、ドイツと戦っているイギリスに対するてこ入れが
完全になるまでの時間稼ぎであった。

―――「歴史群像」太平洋戦史シリーズ@ 奇襲ハワイ作戦(学研)

525 : :02/07/03 16:54 ID:dHBZQMhz
>514
>イギリスはすでにビルマをカナダやオーストラリアと同等の自治領にすることを約束していましたし

「イギリスの約束」・・・爆笑
歴史をもう一度一から勉強しなおしたほうが良いな。おまえ。
ユダヤ人とパレスチナ人が今も殺し合いをし続けているのはイギリスの言う約束とやらが原因だ。
あと、戦争中は協力を前提にインドの独立も約束したけど、戦争が終わったら無視ってのを2度ほどやった。

526 :日出づる処の名無し:02/07/03 16:55 ID:HmTytT5l
アジアが独立出来たのは大東亜戦争がきっかけになつたのは事実では?

その証拠に大東亜戦争以後アジアが急速に変化してますよね。

もちろんな日本の馬鹿な軍人は他の国民を利用する事が出来ずに単に嫌われ
ものになったのも事実だが。

527 :日出づる処の名無し:02/07/03 17:18 ID:7raz9i8i
つーか、>>514は時間的に見て只の厨房だろ(w

孫文やチャンドラ・ボース、チャーチル、コーデル・ハルなんかの回顧録・回想録なんて見たことも無いんだろな(w

528 :日出づる処の名無し:02/07/03 17:18 ID:kUs0sNh9
>>524
戦前は「日米両国が対中政策で協力可能であった」

現在の米国は中国脅威論が優勢でありそれを踏まえて、
ウォルドロン氏は「我々は1920年代から1930年代の極東情勢の教訓を学ぶべきである」と唱えた。
この時期の米国外交が「弱い中国」に直面し、中国大陸の分裂と混乱に直面した日本の苦境を理解せず、
結局、日本を武力行使に走らせてしまった歴史を重視する。
この「日米双方の失敗」の原因を分析して、「日米両国が対中政策で協力可能であった」と考える。

ウォルドロン編著『平和はいかに失われたか 大戦前の日米中もう一つの選択枠』

現在の中国が軍備増強を謳歌している事から米国では歴史からの分析から現状打破を目指す動きもあるが、
その一方、裏で米中が親密化している動きもある。

529 :日出づる処の名無し:02/07/03 17:25 ID:7raz9i8i
>>528
でも米国が日本に要求していたのは大陸(満州)における利権なんだよな・・・。
日露戦争後に満州における利権を得た日本に対し米国が共同経営
(つまり利権を半分寄越せって事)を持ちかけたのは有名な話。


530 : :02/07/03 17:43 ID:JTNfd9SI
当時の庶民はアジアの解放が行なわれてると妄信してたんだろうな..
特に昭和18〜19年はインド国民軍の記事ばっかり。
まるでインド-ビルマ戦線の主役はインド国民軍かと。
日本軍は空からの応援かと、陸ではあくまで脇役かと。
これで大東亜戦争は必勝確実だなと。 牟田口氏ね!

531 :日本人は反省しろ:02/07/03 17:51 ID:okAWmQT9
反省しる。

532 :日出づる処の名無し:02/07/03 17:56 ID:1y1PUrzt
今回の、銃撃戦や、北朝鮮人の駆け込み事件でもわかるように、
中国や、朝鮮系の人たちの事実認識には世界の常識からかけ離れている。

533 :日出づる処の名無し:02/07/03 18:10 ID:DaaucSnY
>>530

インパール作戦の評価か。
牟田口中将の作戦は確かに甘かったし、意地っ張りだったとは思うが、
インド国民軍とともに、5万人を超える日本兵の犠牲を出しながらも、
イギリスと戦った玉砕戦は、インドでは高く評価されているね。
無茶だったし失敗したけど、現在の日印関係にはいい影響を
与えているんじゃない。


534 :日出づる処の名無し:02/07/03 18:15 ID:4BZoWw/b
インドネシアへの侵略...恐ろしい日本軍...反省しる
http://members22.cool.ne.jp/~syasinsyuu/b55.htm

535 :asahi.com:02/07/03 18:21 ID:7gxxvbSo
>>534
これは、酷い!今村均中将が、自爆テロ集団に囲まれて・・・。

536 :日出づる処の名無し:02/07/03 18:21 ID:nYv3pYZR
教科書に南京大虐殺と慰安婦の話がばっちし載っている・・・・鬱。

537 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/07/03 18:23 ID:9erp0B32
三桁が見たら「これはわざと喜んでいるようにみせているんだよ・・。」と言うに1元!!


538 :日出づる処の名無し:02/07/03 18:24 ID:4BZoWw/b
ネタはともかくと、

こっちはビルマ防衛軍幹部候補生の行進
終盤で離反されたのは..ビルマの戦後を考えるとしかたないかと
http://members22.cool.ne.jp/~syasinsyuu/j84.htm



539 :大陸打通太郎:02/07/03 19:01 ID:I+ATYWEA
513>中華人民共和国建国の意義は何だったのか

国民党政権が為しえなかった支那統一政権樹立・租界回収であったろう。
国共内戦も朝鮮戦争もそのプロセスであったわけで、毛沢東も日中戦争そして
日本降伏が国民党政権転覆のきっかけとなったことをはっきり認めている。
ヤルタ協定とそれに伴うソ連参戦は、国民党政権と日本軍の両方を駆逐した。
毛沢東は決していまの中共のような日本の戦争責任追及などしなかった。
さすが名実ともに建国の父、それだけ器が大きいのだろう。

540 :日出づる処の名無し:02/07/03 19:22 ID:q8BOcCra
大東亜戦争が、東南アジアのみでなく、インド、アフリカまで、
諸民族の独立を促したのは事実である。
行き過ぎて、韓国のように独立する能力もないのに独立させられた
国まである始末だ。


541 :日出づる処の名無し:02/07/03 19:28 ID:DeYAJ48I
キリスト教の布教を認めなかった豊臣秀吉がアジア解放真の英雄


542 :日出づる処の名無し:02/07/03 19:43 ID:bpQZA1X4
>>354
亀レススマソ。

>フィリピンとアメリカが交わした約束を、言わば日本が肩代わりし、
>日本は、1943年に軍統治をといて、ラウレル大統領を立てて、
>フィリピンを独立させているよ。
>現在の国旗、国歌はその時制定されたもの。
肩代わりしたは無理がないかい?

>独立が実現したとたんに、再上陸し再び侵略したのがアメリカ。
>親日政権が出来るのがいやで、つぶしちゃったんだね。
>アメリカの約束なんて、所詮アメリカ向きの政府を作ること以外にない。
他の人も書いていたが、事実上コモンウェルス的な自治政府が今に至る
まで続いていただろう。ただし現状と実は何も変わらない(w
植民地支配は現代ではソフィスティケイトされているので一般民衆は気づ
かないだけだ。ちょうど日米安保と地位協定で事実上日本国内に「アメリカ
租界」があるのと同じだ。フィリピンの政治経済のエリートはアメリカとつるん
でるだけだよ。だからマルコスやインドネシアのスカルノのように都合が悪くな
れば消される。

大東亜戦争の結果としてアジアは独立したのだとか東亜の解放こそが日本の
戦争目的ならば(事実帝国政府は戦争の途中からこれを明確に打ち出した)日
本の戦争目的は達成されたのだというのは易しいし日本人として心地よい。
だが、事実は違う、そう思って戦った人もいたがそうでない人もいたというのが事
実だろう。東南アジアに残って現地の独立のために戦った一部の英霊達を持ち
出して、そのために日本は戦ったのだという言い方は好きになれない。

それだったら素直に日本は自衛の為に戦ったと堂々と言うべきだ。それが言えな
い人間こそ戦後のアメリカのプロパガンダにかかってるだけだ。徹底的に己の頭
であの戦争が何であったのかを考えるべきだ。長文スマソ

まあそうはいってもムルデカは後半をのぞけば漏れの好きな映画であったりするわけだ(w

543 :日出づる処の名無し:02/07/03 21:15 ID:kFeL8/Z6
>>541
そのかなーり前から回教は東南アジアまできてたってw


544 :蝿皇子:02/07/03 21:20 ID:oE2yxKcG
>>466
その場合、当然アメリカとイギリスが国民党を支援して、長期の内乱になるでしょう。
歴史の if は一面だけでは語れません。



545 :蝿皇子:02/07/03 21:54 ID:oE2yxKcG
>>542
日本の戦争目的が、アジアの解放!
という能天気な話でないのは誰でも理解しているだろう。
日帝の支配が、それを大義として利用したもの事実だ。

しかし、朝鮮併合の例を見れば判るように、もし日本がもっと長く東南アジアを支配していれば
現地に多くの利益をもたらしたことは想像に難くない。

これは、 if の話だが、現実の話としては、アジア人が西洋人を圧倒することもできる、という事実は、当時、欧米にとってもアジアにとっても全世界を震撼させる出来事なのだ。
インド、中国というアジア最大の帝国が、西欧列強に侵食されている20世紀に、小さな島国が白人にカウンターパンチを食らわした、というのは驚くべきことだった。
現代の日本を考えれば、それも不思議ではないが、当時の人々にとって日本は極東の不思議な国でしか過ぎない。

白人絶対の権威は失墜したのだ。
自分たちも出来るかも知れない、と思うのは自然ではないだろうか?



546 :反論あるか?:02/07/03 22:07 ID:4mhikci3
日下公人『21世紀、世界は日本化する−−超先端国・日本の実力』
92−94Pより引用
二十世紀は日本の時代であった。
 二十世紀で一番大きな事件は、有色人種である日本が百年かかって、人種平等を実現し、そして自分もナンバー2にまで上がったことである。
 白人はそう思っている。しかし悔しいから口に出さないし、日本人がこの大事件に気がつかないように「日本は軍国主義でけしからん国だ」とさかんに宣伝している
(彼らはインドやインドネシアやベトナムなどの植民地を失って、貧乏国になったからその怨みがある。確かに「けしからん国」である。)

 しかし中国人やインド人やアジア人など、世界の有色人種は知っている。自分たちは十九世紀までは植民地支配の下で奴隷同然だった、永久に白人には勝てないと思っていた。
ところが日本人が白人との戦いに勝って、世界の強国の一角に入ってくれた。それを見て、自分たちも立ち上がろうと考えたのであると、
インドのネール首相その他は伝記にその感動を書いている。

 これこそが二十世紀、百年間の一番の大事件だと私は考えている。
 アメリカへ留学した人などは、こういう事実が見えなくなって帰ってくる。先方に都合のいい説明を鵜呑みにして、アメリカはいま人種平等の実現に努力していると誉めるが、
その元祖は日本だということを忘れている。ましてや靖国神社にまつられている人たちの血で人種平等が世界の潮流になったことを忘れ、
逆に日本の軍国主義を批判しているようでは困ったものである。

 順を追って述べればこうなる。
 日本は一八五四年に日米和親条約で開国して国際社会の仲間に入った。それからが恐ろしい活躍である。新入幕なのに先輩がやったことをすぐに真似し、すぐに追い越していった。
そのうえ、倒されてもまたカムバックした。

 しかもその間、人種平等を言い続けた。白人に対して、決して諦めなかった。
 これは画期的なことである。その前の二百年間は白人圧勝の時代で、有色人種はグウの音も出ないほど支配されていた。白人も有色人種が噛みついてくるなどは(ママ)絶対に未来永劫ないと思っていた。

 それが日本が開国し、世界史に登場してからわずか百五十年で今日の人種平等まできた。
 あとから述べるようにかつて一九一九年、国際連盟を設立するとき日本は「人種平等宣言」を提案し、アメリカのウィルソン大統領に潰されたが、今やそのあとを継いだ国際連合は人種平等を認め、
アメリカも認めたのだから画期的である。


547 :反論あるか?:02/07/03 22:12 ID:4mhikci3
さらに続きます。
日下公人『21世紀、世界は日本化する−−超先端国・日本の実力』
94−96Pより引用
--------------------------------------------------------------------------------
●日本は単独で白人絶対時代を終わらせた

 もちろん人種平等は現実面においては、まだ完全な実現はしていないが、しかしさすがに白人絶対はもう言えなくなった。
 そのようにし二十世紀は、日本が白人絶対の時代を終わらせた世紀である。

 そして十分自覚しておいてほしいのは、これはすべて日本単独の力だということである。

 白人は悔しいからそういう事実を認めずに、日本は侵略主義だ、軍国主義だ、真似ばかりの国だ。
頭の中は空っぽで、手先だけ器用だ。とありとあらゆる悪口を言ってきた。“リトル・イエロー・モンキー”というのも普通に使われた表現である。
しかしそれを本気にしてはいけない。むしろ「悔しさがにじみ出ているではないか」と聞くのが本当の国際感覚というものである。

 日本人もそういうことを言えばいいと思うが、言わないのには三つほどの理由が考えられる。

 一つは致命的な相手の悪口は言わないという東洋的道徳、あるいは日本的思いやりで、あまりにも明白な相手の悪口は言わないで、自ら気がつくのを待つというのが日本式である。
 また面白いことに二番目は、もうここまで成功すると日本人自身が何も気にしていない。自分は有色人種ではなく、むしろ白人のつもりである。実際にお金をたっぷり持っているから、
「この店から出ていけ」と言われることもない。金の力は人種よりも強いことを実感している。また、ヨーロッパ社会でも人種や階級よりお金と教養のほうが通用するということを、日本人は十分実感している。
 三番目は、もともと日本人は人種意識や差別意識が薄い。人を奴隷にする制度を国家としてもったことがないからである。その点、たいていの国にはなんらかの理由をつけて人を区別して見る習慣が残っている。
一番下の人は奴隷にしてもよいという理由探しの歴史があるからである。「国家として奴隷制度をもったことがないのは、日本とユダヤだけだ」とは山本七平氏の説である。

 このように二十世紀回顧と言われたら、人種平等が最大の事件である。原爆の発明よりこちらの方が大きい。科学技術やパソコンや原爆はどうせいつかは誰かがつくる。しかし白人絶対時代は、有色人種の誰かが立ち上がって、
実力で打ち破らないかぎり終わらない。白人の方から譲歩することはない。

 それを日本は単独でやって成功した。日本があのとき立ち上がらなければ、白人絶対時代があと何百年続いたかわからない。
その意味ではこれは二十世紀といわず、ここ三百年の大事件だと考えている。

548 :この部分は誇れる:02/07/03 22:15 ID:4mhikci3
科学技術やパソコンや原爆はどうせいつかは誰かがつくる。しかし白人絶対時代は、有色人種の誰かが立ち上がって、
実力で打ち破らないかぎり終わらない。白人の方から譲歩することはない。

 それを日本は単独でやって成功した。日本があのとき立ち上がらなければ、白人絶対時代があと何百年続いたかわからない。


549 :この部分は疑問:02/07/03 22:23 ID:nYv3pYZR
国家として奴隷制度をもったことがないのは、日本とユダヤだけだ  

奴婢って、いたよな??

550 :打通さん:02/07/03 22:23 ID:I+ATYWEA
比島戦線などは現地住民も巻き込んでさんざんだった、それもこれ
も海軍がヘタレすぎたから。それゆえおれさまは「東亜の解放」と
は言いたくない。しかし、中国との戦争は大陸打通作戦で完全勝利、
百万の精鋭健在であったからこそ、靖国は立派に守られた。国連憲章
なぞ全くの無意味、ポツダム会談ではトルーマンでさえドイツ人追放
政策に合意してた。日本がそうならなかったのは、名将岡村寧次大将
と大陸打通作戦と支那派遣軍百万の精鋭たちのおかげ。

http://www.hk.airnet.ne.jp/shung/shusen.htm
朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し
遺憾の意を表せざるを得ず

551 :日出づる処の名無し:02/07/03 23:17 ID:qls9mbEb
>>549
他国で言われる“奴隷”と少し違うからなぁ・・・。

552 :日出づる処の名無し:02/07/03 23:22 ID:KuELfn0a
>>549
多民族をぶちのめして奴隷にしたってことだろ。


553 :世をすねる猫:02/07/03 23:39 ID:/Uo2BjHa
>>550
自分も厨の時、旧日本海軍は陸軍より優れていると思っていた。
しかし、色々な戦記もの、死んだジイサンの話など聞いている内に、
陸軍も結構やるもんだと思う様になった。

ただ、残念な事に陸海の縄張り争いにより、意思の貫徹がなされなかった事です。
其の為、陸海の競争により、必要の無い兵器も造り、
バックアップする産業・学者・民間人の活用を疎かにし、
必要の無い戦い【真珠湾攻撃は其の最たるもの】までしてしまっては、勝てる戦いも勝てない。

ようは戦争も已む無しと腹をくくったら、天皇の御裁可のもと征夷大将軍を設け、
委任独裁制を一時的にひき、陸海統合を持って諸外国と当たるべきだったのでしょう。
それが叶えば無条件降伏などと言う、屈辱的な終わり方をしなかったと信じています。

今の国会の混迷を見て、つくづくそう思う様になりました。
日本の首相の権限は、余りにも弱すぎます。
問題も有りますが、委任独裁制のアメリカが羨ましいです。

554 :日出づる処の名無し:02/07/04 00:42 ID:GuCD7wQH
>>542

戦争を始めた理由は自衛だっただろう。
しかし、インドやインドネシア、ビルマなどで取った行動は、
明らかに自衛の範疇を越えている。
左翼はこれを侵略というのだが、義勇兵を育てたり、国民軍を形成したりと
侵略するなら不利になると思われる現地人の武力組織を育てている。
初期目的は自衛でも、その延長線上の「アジア解放」を望んで戦ったのは
間違いないだろう。
実際の兵士自身がどう考えていたのかはわからないが、祖国を守るために
インドや南洋で犠牲になることをよしとする精神の根本には、アジア解放を
信じて戦っていたと見るのが妥当ではないか。

東条英機は、東京裁判で確かに「自衛」と明言したが、前線の兵士が
戦闘の目的を「自衛」と考えていたとは思えない。



555 :日出づる処の名無し:02/07/04 00:49 ID:VEVbl4DF
>>550は軍事板では有名な電波なので、みなさんお手を触れないように・・・。

556 :日出づる処の名無し:02/07/04 00:50 ID:SvQcsXuT
>>553

日本は独裁制というものがうまくいかない国と言われる。
歴史を見ても独裁的な行動(その区分けは難しいけど)を取った
人物というのは悲惨な結末を迎えた人が多い。
平清盛、後醍醐天皇、織田信長、大久保利通あたりが有名。

557 :日出づる処の名無し:02/07/04 00:59 ID:TKA3LSoA
マレーシア、インドネシア、インド、ミャンマーの人達の何人かは日本の戦争が独立に貢献したと言う識者もいるけど
シンガポールやフィリピンでは反日ゲリラと日本軍との対立や、それによって生じた一般市民へのとばっちりが多かった為に日本罵倒が多い。

一方、ベトナムやラオスやカンボジアやパプアニューギニアやソロモン諸島なんかはどうなのかな?


558 :日出づる処の名無し:02/07/04 01:02 ID:TKA3LSoA
ある本を読んだけど、ベトナムの共産党が流した「日本軍による200万人のベトナム人虐殺」
はデマだった可能せりがあるとか。
で、もう一つの本では、仏領インドシナでの日本軍の規律の正しさはカンボジアの国王が言う通り、すばらしかったらしい。
どっちが正しいんですか?

559 :鳩山逝き夫:02/07/04 01:15 ID:XLj/R+0V
日本がアジア独立のために戦った?
勘弁してくださいよ。
日本は、日本人ものです。
中国人のための日本、朝鮮人のための日本、アジアのための日本など存在していいはずがありません。
日本がアジアの独立を支持するのは、日本の権益を保持するためです。
そんなあたり前のことを声高に主張して、
あるいは躍起になって否定して、何か意味があるんですか?
東京大空襲で、広島・長崎で生きながらに焼かれた人はアジアのために死んだのですか?
いまの中国、いまの韓国、いまの北朝鮮が、日本人の死に値するような国ですか?
阿呆らしい。
日本人は日本のために戦った。
それでいいじゃないですか。
韓国人が日本のために戦いましたか?
中国人が日本のために戦いましたか?
日本人が日本のために戦ったとしても、エゴイストとして非難される謂れはありません。





560 :日出づる処の名無し:02/07/04 01:53 ID:GuCD7wQH
>>559

あなたが勘弁してください(w

日本がアジアのために戦ったのなら、アジアも日本のために
戦ったと見るのはただの馬鹿。
それこそあほらしい。

日本がアジアでの権益を保持するために戦ったことをきっかけとして、
結果、アジアの民族が欧米の植民地から解放され、念願かなって
独立したのなら、それはそれで正解。
権益のために戦ったのだから、ダメだという理由はない。




561 :ミ ´Å`彡 ◆PKFwwAms :02/07/04 01:57 ID:RnIK2ahx
>韓国人が日本のために戦いましたか?

 「韓国人」は日本人のために戦ったわけだが。

562 :落語者:02/07/04 02:39 ID:IFN9legd
陸軍再評価は必要だろうな。
暗号盗まれて責任問題をごまかそうとしたのは海軍。
「護送船団方式」とやらで、歴史に学ばず墓穴を掘ったのは
日本海軍厨房。

日本海軍の欠点を直視しなかったことが、現在の敗因では内科。


563 :日出づる処の名無し:02/07/04 02:40 ID:0/4U3RHF
>>561
当時は韓国がなかったからなあ。

564 :  :02/07/04 02:56 ID:e0wA51L7
くだらんスレだな。
戦争がなかったことを前提にSF小説でも書いとけ!お前ら。
まあ、売れんだろうが・・・


565 ::02/07/04 03:18 ID:r91YMVka
>SF小説

すでに歴史SF界における最高峰、韓国の国定教科書があります。
イルボンの貧弱な想像力と、奔放な捏造に耐えられない良心では、あの作品は書けません。

566 :日出づる処の名無し:02/07/04 10:23 ID:e1NJ8sUa
>>545

>自分たちも出来るかも知れない、と思うのは自然ではないだろうか?
もちろんそう思ったろう。それは否定できない。ただね白人の権威を失墜させるために戦争を始めたわけ
では無いよ。
これは独立の定義論になるわけだが、漏れはアジア(日本も含めて)は未だに独立できていないと思うよ。
東チモールの例を見ればわかるだろ。石油の利権がオーストラリアに移転しただけだよ。

後ね朝鮮半島を例示して東南アジアも日本の支配を受けた方がよりよかったというのは独りよがりだよ。
日本がどれだけよいことをしたと主張しても朝鮮人がいやだったという以上(いろいろな理由が存在するが)
日本による朝鮮半島の併合は失敗だったんだよ。より利益があったのはどちらの支配かという問題とどのよ
うな状況下であれ他社の支配を受けるのはいやだというのは別な問題だ。西洋の植民地支配を引き合いに
出してそれに比べて日本はって言うのも漏れは好きになれないんだ。日本には日本の理念があってやった
ことだし、その理念は当然西洋の理念とは異なるだろう。その差異を比べてどちらがよりましかという議論は
ばかげていると考える。


567 :日出づる処の名無し:02/07/04 10:27 ID:e1NJ8sUa
>>554

>戦争を始めた理由は自衛だっただろう。
>しかし、インドやインドネシア、ビルマなどで取った行動は、
>明らかに自衛の範疇を越えている。
禿銅

>左翼はこれを侵略というのだが、義勇兵を育てたり、国民軍を形成したりと
>侵略するなら不利になると思われる現地人の武力組織を育てている。
>初期目的は自衛でも、その延長線上の「アジア解放」を望んで戦ったのは
>間違いないだろう。
これも国家の意思としてそれを明確にしている。

>実際の兵士自身がどう考えていたのかはわからないが、祖国を守るために
>インドや南洋で犠牲になることをよしとする精神の根本には、アジア解放を
>信じて戦っていたと見るのが妥当ではないか。
個々の兵士について述べるのであればそう考えていた人もいたしそうでない人もいた。

>東条英機は、東京裁判で確かに「自衛」と明言したが、前線の兵士が
>戦闘の目的を「自衛」と考えていたとは思えない。
これは自衛の概念によると思う。英米を倒すことによって得られる祖国の栄光の為と言っ
てもよいかもしれない。

568 :世をすねる猫:02/07/04 12:29 ID:6rcIABTi
>>559

よくぞ言ってくれました。

他人の為の戦争なんぞ、人類歴史上一度だって有りはしません。

孫子先生も草葉の陰で怒っております。

569 :パプア・ニューギニアでは・・・:02/07/04 15:10 ID:MSXZiGZ1
>>557

土人部落には行ってはいけない」と命令が出ていたが、水木さんは兵舎である壕を抜け出して、
トペトロたちの暮らす部落へ通った。トペトロをはじめ土人たちは水木さんに親切で、芋やパンの木の実、
果物などをわけてくれたという。敗戦によって水木さんが帰国することになると、土人たちは別れを悲しみ、
部落に残ることを勧めた。水木さん自身も一時は現地除隊を真剣に考えたほど、彼らとの生活に馴染み、
親しくなっていた。終戦後から30年経って水木さんは思い出の部落を訪問し、トペトロたちとの再会を果たした。

――― Interview 水木しげる 『歴史群像No.41』(学習研究社刊)より抜粋

570 :劣等民族は永遠に葬り去られろ!:02/07/04 16:10 ID:xTONtCaK
ここにいるジャップは黄色い猿のくせに生意気。
敗戦国のくせにそんな事を言える分際か?
ま、そうやって自慰してろ。

ワッハッハー、ワッハッハー、ワッハッハー
ワッハッハー、ワッハッハー、ワッハッハー


571 :日出づる処の名無し:02/07/04 16:14 ID:kCxLJp9T
>>570
メリケン人の靴のそこでもなめてろ。
メリケン人ならマリアナ海溝にでも鎮め。

572 :日出づる処の名無し:02/07/04 16:14 ID:egFTkw45
>>570

自分の力で独立を勝ち取ったことのない弱国の人は、
黙っていなさい。


573 :日出づる処の名無し:02/07/04 16:14 ID:aW7rmjyl
「NO」と言えるアジア(光文社)  マハティール首相の発言
「さてそれはそれとして、太平洋戦争に関する最も重要なポイントの一つはヨー
ロッパも無敵ではないということを日本人が証明した事実にあるのではないかと
我々は考えています。ヨーロッパ人は非常に優れていて誰も彼らにかなわないと
従前のわれわれは思っていた。が、しかし彼らにしても負けるんだ、という事実
を見せつけてくれた。この意義は大きい。日本人にできたことを我々ができない
はずはないという気持ちにさせたのです。戦争だけでなく、戦後の日本の経済発展
においても日本が達成したのなら我々にも同じように可能ではないか、どうやって
達成したか学び取ろうではないかとなって、我々に大変な自信を植え付けた。
  日本人は西側との戦争のなかで確かに残虐なことをしたかもしれない。しかし
同時に西側だって無敵ではない、負けることもあることを我々にも示してくれた。
この事実が我々に与えた影響は大きかったと思います。いつまでも過去のことを問う、
そんなことではいけない、あくまでも現在にベースを置いた関係であるべきだ、
と我々は思っています。両国間の関係が現在うまくいっているのなら、どうして
いつまでも過去のことをほじくり返す必要があるのか。(p170、171)」

574 :928:02/07/04 16:16 ID:OJMZiJdd
日本がアジアを植民地にしようとしてたわけだろ・・

575 :くしなだ神社@928たん同好会 ◆NPN3QJ/U :02/07/04 16:20 ID:0m80Z8ow
>>574
出た!
928たん (;´Д`) ハアハア

576 :日出づる処の名無し:02/07/04 16:22 ID:LD7s69yD
>574
日本とタイ以外のアジアは、すでに植民地だった。

577 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:34 ID:xTONtCaK
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」破壊。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

578 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:36 ID:xTONtCaK
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。




579 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:36 ID:xTONtCaK
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。






580 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:37 ID:xTONtCaK
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。








581 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:37 ID:xTONtCaK
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。










582 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:37 ID:xTONtCaK
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。












583 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:39 ID:Vt+X/jy2
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。


584 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:40 ID:Vt+X/jy2
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。




585 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:40 ID:Vt+X/jy2
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。






586 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:40 ID:Vt+X/jy2
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。









587 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:41 ID:Vt+X/jy2
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。











588 :新説でっちage自慰のジャップ:02/07/04 16:41 ID:Vt+X/jy2
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。













589 :世をすねる猫:02/07/04 16:45 ID:6rcIABTi
ID:Vt+X/jy2タン、狂ってしまった・・・

590 :日出づる処の名無し:02/07/04 16:45 ID:OThHlMjm
基地外がいるな。

591 :日出づる処の名無し:02/07/04 16:47 ID:CmG50dnh
つなぎなおしてまで…

592 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/07/04 17:07 ID:0tQaFj5c
こいつはつらい事があったんだよ・・・。

593 :日出づる処の名無し:02/07/04 17:07 ID:pcD/Tq3B
>>588
そろそろ国際情勢板に戻れば。

594 :日出づる処の名無し:02/07/04 17:37 ID:49UPBbPM
国際情勢板といえば…

香ばしいまでに枢機郷と同じ文体(w

595 :日出づる処の名無し:02/07/04 18:18 ID:pro/hy5r
ヒサンなVt+X/jy2がいるスレはココですか?

596 :日出づる処の名無し:02/07/04 20:19 ID:7JZQocVj
日本陸軍が東南アジアで現地政権を作らせたまま降伏したことは日本自身の
ためになった。東京裁判で日本を断罪する側の国が、独立戦争で四苦八苦
させられるのはとてもよいことだった。中国も内戦で国内が戦場になって、
日本に対し何の要求もできなくなった。

597 :シャイセッ! ◆F2A.f37k :02/07/04 21:13 ID:BPRy2S3+
自爆した人がいたのですか?

598 :名無し:02/07/04 21:22 ID:lqFLV8gm
大東亜戦争は自衛戦争であった。
シナでは中国軍が日本人市民を上海,通州各地で襲った。
米国は開戦前から戦闘機やパイロットを中国軍に送り、日本軍人を殺していた。
真珠湾前からだ。

東南アジアやインドなど植民地に独立の動きを与えたのは,日本人が白人を
追い出し現地人が自信を取り戻したからだ。
さらに軍事教練を行い,武器も与えたから日本の敗戦後舞い戻った西欧を
独立戦争で追い返した。
みな日本のおかげである。日本人は大いに誇って良い。
シナ人はアジアでは白人の番頭として現地人を搾取した。
だから反華僑暴動で殺される。


599 :日出づる処の名無し:02/07/04 21:25 ID:KcxVNhNr
元はと言えば満州事変が原因では・・・??

600 :日出づる処の名無し:02/07/04 21:39 ID:ZxsqtZqP
>日本が支配した台湾、朝鮮は植民地なんだろうか。。。
>植民地なら収奪するから赤字になったりしないよね。
>タダで東洋一のダムを10年もかけてつくったりしないし。

奴隷のように扱うか我が子のように扱うかの違いだろ。
我が子なら投資して教育もするが。
奴隷なら働かすだけ働かせて奪いつづける。

601 :日出づる処の名無し:02/07/04 21:45 ID:NYSNCtJY
朝鮮経営36年間で黒字になったのはたったの1年だけ。

602 :日出づる処の名無し:02/07/04 22:07 ID:ZxsqtZqP
>それが日本が開国し、世界史に登場してからわずか百五十年で今日の人種平等まできた。
> あとから述べるようにかつて一九一九年、国際連盟を設立するとき日本は「人種平等宣言」を提案し、アメリカのウィルソン大統領に潰されたが、今やそのあとを継いだ国際連合は人種平等を認め、
>アメリカも認めたのだから画期的である。

このことが示すのは第一次大戦までは人種平等など糞だったので。
人種差別OKだったんだよ。第二次大戦で人類の力は人種にかかわらず平等だと
しった。それは人類の中でも外見の冴えない。チビで貧弱な日本人がやったからこそ
意味があるんだと思います。

603 :日出づる処の名無し:02/07/04 22:31 ID:ZxsqtZqP
>アホ。
>それはただの仮定だろ。
>日本がアジアを支配するのがあの戦争の目的だったという事を証明する為に仮定しただけ。
>未熟な日本がアメリカに勝てたはずが無かろう。

ありえないことを仮定してもしょうがないだろ。

604 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:47 ID:LhoEttFO
◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

605 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:49 ID:LhoEttFO
◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。



606 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:49 ID:LhoEttFO
◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。





607 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:49 ID:LhoEttFO
◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。







608 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:50 ID:LhoEttFO
◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。









609 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:50 ID:LhoEttFO
◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

610 :日本(・∀・)イイ! ◆JapAniI. :02/07/04 22:51 ID:u+1JJUd8
またコピペか。
極左スレの極左のほうが知能があるな…

611 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:52 ID:p39YFT2o
◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。




612 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:52 ID:p39YFT2o
◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。






613 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:53 ID:p39YFT2o
◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。








614 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:54 ID:p39YFT2o
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」破壊。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

615 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:54 ID:p39YFT2o
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」破壊。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。




616 :死ね、黄色い猿め ◆cQWhttmU :02/07/04 22:55 ID:p39YFT2o
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」破壊。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。






617 :日出づる処の名無し:02/07/04 22:56 ID:BrfdqMKE

枢ちゃん?

618 :日出づる処の名無し:02/07/04 22:57 ID:wzBgrx4L
昔イエモンのファンだたよ。思い出した。
吉井さんカクイイ★

619 :日出づる処の名無し:02/07/04 22:57 ID:p39YFT2o
復活か?

620 :蝿皇子:02/07/04 23:13 ID:X//UcZJk
資源の供給がABCD包囲網により閉鎖されて
日本は東南アジアに打って出るしかなくなったわけですから
自衛の戦争ですね。
帝国主義の時代では常識です。


621 :日出づる処の名無し:02/07/05 01:55 ID:3kOmHTO2
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」破壊。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。








622 :日出づる処の名無し:02/07/05 01:55 ID:3kOmHTO2
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」破壊。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。




623 :日出づる処の名無し:02/07/05 01:56 ID:3kOmHTO2
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」破壊。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

◆このスレの人間 = 大東亜戦争正当化で自慰◆

    ■ 日本が韓国や中国に謝罪と賠償を要求されているのを逃れる為 ■

◆ 敗戦国の黄色い猿の分際で歴史を捏造して無駄な抵抗を続ける。
◆ 無教養な日本人、低脳日本人の自慰。
◆ 戦争責任を逃れようと必死「ニヤニヤ笑いの黄色い猿」

■ こんな低脳イエローモンキーはバカにしてやりましょう ■ 

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

624 :どうでもいいけど:02/07/05 02:59 ID:V6ZVpltY
偽者さ・・・

625 :超賤叛徒ー ◆feiqU4NQ :02/07/05 03:05 ID:/c+0oeJV
928すら逃げだすコピペ嵐・・・

626 :日本人は反省しろ:02/07/05 15:38 ID:9FmedPCH
このスレの日本人は中国の侵略をなんと心得る。
「対華二十一か条要求」は何だ?
明らかに、侵略の意図ミエミエだろうが。
大体、その蒋介石との和平交渉だって、日本に有利な内容だろうが。
日中戦争は、そうした侵略行為の延長だ。
別に今更それを謝罪せよとは言わんが、侵略の事実を曲げるな。

627 :日出づる処の名無し:02/07/05 16:02 ID:kKmgEogw
>>626
スレ違い。
ここは大東亜戦争がなくてもアジアは独立できたか否かを論じるスレです。

628 : :02/07/05 16:21 ID:WQjXZoK8
>>626
そして更に板違い、スレごと”電波・お花畑”にどうぞ。

629 :日出づる処の名無し:02/07/05 18:31 ID:3D2s1xgg
荒らしは無視して、
話しを元に戻すぞ。

結局、日本がやらなければアジアは独立できなかったという結論でよろしいかな?
反論が無ければ本スレは終了とさせて頂きます。



630 :日出づる処の名無し:02/07/05 18:34 ID:eqOYGSKl
>629
賛成

631 :世をすねる猫:02/07/05 18:44 ID:/WBQ/PWz
>>629

意義無し〜〜〜!!!

遠くない未来、
戦勝国【米中露英仏】のクビキから世界を開放するのは、日本だけです。

632 :629:02/07/05 20:12 ID:9YA3sBvt
終了!

633 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/05 20:26 ID:qCsBRsew
>>629
>日本がやらなければアジアは独立できなかった
俺はこれに関してはあまり賛成できない。
今現在アジアが独立を果たしたのは日本の活躍によるところが大きいのは事実。
だからといって日本がやらなかったらアジアが独立できなかった言うのはどうかと。

基本的に歴史は盛者必衰。
だからいつかは欧米の力が衰えてアジアが独立できる日が、まあおそらく
実際の歴史より数十年から数百年は遅れたにしても訪れたと思う。
だから日本によってアジアは独立できたけど、日本がやらなかったら無理だった
という考え方はちと間違ってるのではないでしょうか?

634 :日出づる処の名無し:02/07/05 20:33 ID:9YA3sBvt
>>633
では、「近代兵器を持たないで素手や農具で武装した独立軍」が近代兵器で武装した欧米軍に勝つ方法を説明してください。
か、または独立軍が近代兵器を手に入れるというのならそのルートを教えて下さい。
話しはそれからです。

私は、独立軍が近代兵器を手に入れなければ永遠に独立できなかったと思う。
欧米の方から譲歩して、話し合いで決めることはありえない。

635 :日出づる処の名無し:02/07/05 20:42 ID:fBOsDaaN
>>634
ソ連から調達する。

つーかそもそも日本が残した兵器だけで戦ったわけでは無い罠

636 :日出づる処の名無し:02/07/05 20:44 ID:ox8G6g6O
>>634
永遠に無理と言うのはどうかと。


637 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/05 20:44 ID:qCsBRsew
>>634
>欧米の方から譲歩して、話し合いで決めることはありえない。
こうやって決め付けられてもね…。
俺としては>>230にすでに書いたが、宗主国の意識改革もしくは現代日本の売国サヨのように
自国批判して悦に入ってるやつらが大量発生しない限りは独立は難しいと思ってる。
もしくは欧米列強同士が戦争しあうことになって、そのために植民地の人たちを徴兵して訓練する。
そうして植民地側の人間にも近代兵器の使い方を学べるチャンスが来たかもしれない。

正直言って、「永遠に」支配者と被支配者の関係が変わらないなんて想像つかない…。

638 :日出づる処の名無し:02/07/05 20:55 ID:V6ZVpltY
キューバは日本の力を頼りにすることなく独立し、独立を一応維持している。

植民地を支配していたのは西側国。
それから独立しようとする集団は、東側を頼りにするでしょう。
西側国の支配地域に入り込むため、独立派に東側が援助するのは冷戦当時は普通。

冷戦下ではソ連製の武器が革命軍とか反乱軍に流れてたってことだね。
ベトナムにもカンボジアにもAK47が大量使用されてたしね。

639 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/05 21:05 ID:qCsBRsew
>>638
確かに東西冷戦によって西か東の陣営につくことは強制させられただろうけど独立はできたかも。
冷戦のことすっかり失念してましたよ。

640 :日出づる処の名無し:02/07/05 21:07 ID:9YA3sBvt
>>635
ソ連から東南アジアまでどうやって輸送ルートを確保する?

>>637
決め付けることは容易に可能。
もし、譲歩するというのなら日本が国際連盟で提出した人種差別撤廃論が例え一部であっても可決されたはずだ。


641 :a:02/07/05 21:11 ID:/1H70m1k
>>635
ソ連から輸送できても結局ベトナムみたいにくぐつ政権になるだけだろう
大体武器を持たなければ反乱なんて簡単につぶせるってインドとか
中国とかの歴史をみればわかるだろう。


642 :日出づる処の名無し:02/07/05 21:12 ID:tEqqPNGb
>>635
ソ連が武器を売ったのはソ連はアジアに植民地を特に持ってなかったから、
アジアの植民地が独立しても、ライバルの欧米だけが打撃を受けるからだろ?
日本がいなければソ連は満州や朝鮮半島を確実に手に入れ、そこに自分たち
が住み、アジア人は変わりにシベリアの厳しい土地で奴隷として働かされること
になるだろう。
そうなったらアジアの独立何ぞに手を貸す可能性は極端に低くなると思うがどうだろう?

ただ、個人的には永遠に独立できないことはないと思う。
アメリカの南北戦争のように白人社会の中からも有色人種の人権を多少でも
考える機会が出てくれば、独立運動の足しになり、また、武器商人の中には
自分が儲ける為に独立側に武器を供給する物も出てくると思う。例え独立戦争
が何度も失敗しても少しずつでも有色人種側に欧米の兵器が流れて行き、
最終的には独立もかなうのではないかと思う。
ただ、そこに行き着くには何十年、何百年と気の遠くなるような時間がかかり、
さらに独立後も結局欧米の強い影響を受け続けることになるだろうけどね。

643 :日出づる処の名無し:02/07/05 21:13 ID:9YA3sBvt
>そうして植民地の人間にも近代兵器の使い方を・・・
インドはそうだった。だからこそ、英印軍の中の印度兵の暴動で印度の独立が決まった。
しかし、仏領インドシナやインドネシアは現地兵ではなくセネガル兵やアンボン兵が多かった。
彼らが異民族の為にわざわざ戦うとでも?

>>638
キューバの独立もアフリカの独立も戦後、独立したアジア諸国からの世論があったから。
白人優越の世界秩序の中では無理。



644 :日出づる処の名無し:02/07/05 21:32 ID:V6ZVpltY
>>642
アフガンではソ連は侵略者だったしね。
ソ連もご都合主義ですよ。

>日本がいなければソ連は満州や朝鮮半島を確実に手に入れ
IFを言うのなら、日本が満州と朝鮮半島を保持し続けてる可能性だって言えるのでは?

>>643
>白人優越の世界秩序の中では無理。

しかし、どっちにせよ東西冷戦は起こっていただろうから、わかんないと思うよ。
軍事顧問なんか、いくらでも派遣しそうだし。

645 :発表:02/07/05 21:33 ID:9YA3sBvt
中国板にいる二十三という中国人(=>>1のようなことを言う奴)
はここには来ないようです。
変わりに世界史板に奴を誘き出す為のスレを作った。
奴の本拠地は世界史板だから恐らく、来るだろう。

http://academy.2ch.net/test/read.cgi/whis/1025871958/l50

646 :日出づる処の名無し:02/07/05 21:39 ID:ox8G6g6O
>>645
いきなりAA荒らしに遭ってるな・・・・・

647 :中国板にいる二十三:02/07/05 21:42 ID:DSe+TL3l
>>645
渇望に答えて来てやりました(w

残念ながら世界史板は、”SAPIO”に毒された奴らがいられるところじゃないよ。


648 :日出づる処の名無し:02/07/05 21:47 ID:nPUFU0tr
世界史板は「朝鮮なんてアウトオブ眼中」
が基本。

それぐらい理解してね。

あ、あと、日本は先進国だからと言って、哀れな後進国韓国の
悪口をあえて言わなかった彼らを
ことごとく嫌韓にしてくださった
コリ天さんには感謝します。


649 :日出づる処の名無し:02/07/05 21:48 ID:9YA3sBvt
>>647
ありがとうございます。
では、下記の質問にお答えを。

1.日本があの戦争をやらなくても独立できたというのなら、
具体的にそのシナリオを教えて下さい。

2.東南アジア独立と華僑の関係

3.日本がやらなくてもフィリピンはホントに1943年に独立したか?

お願いします。

650 :中国板にいる二十三:02/07/05 21:50 ID:DSe+TL3l
あ、そうそう今気づいたけど、>>1は中国板で俺が言ったことをほぼそのまま言って
るだけだね(w


651 : :02/07/05 21:55 ID:aPpKjI+c
>638
はぁ?

>キューバは日本の力を頼りにすることなく独立し、独立を一応維持している。

日本の力じゃなくてソ連のを頼りにしたけどな

652 :日出づる処の名無し:02/07/05 22:00 ID:7BJuv1WU
列強が世界各地に植民地を持つことは実はリスクが大きいと悟ったんだと思ってた。

653 :日出づる処の名無し:02/07/05 22:04 ID:9YA3sBvt
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/china/1025554171/l50

654 :日出づる処の名無し:02/07/05 22:10 ID:w0SPAdhy
>>652

欧米がアジアに植民地を持つのはリスクが大きいのは確かだが、
そのリスク以上に欲しいものがあった。
それが中国大陸。
アジアの国々は、中国大陸の魅力の犠牲になって100年、200年と
欧米の植民地になってた。

日本が戦争をしなかったら、中国大陸の覇権を争って、欧米露の3極で
世界大戦をやってたと思うな。
この大戦では、どんな結果が出ててもアジア諸国には主権のある独立はない。


655 :日出づる処の名無し:02/07/05 22:14 ID:V6ZVpltY
>>640
ベトナム戦争では、ソ連は海上輸送をかなりしていたはずだよ。
アメリカは全面戦争が怖くて潰したいけど潰せなかったの。

>>641
独立後のベトナムを傀儡政権というのは酷じゃない?
ソ連の強い影響下とはいえ、独立は独立だよ。
東西冷戦下では、どちらかにつくしかなかったしね。

656 :日出づる処の名無し:02/07/05 22:17 ID:V6ZVpltY
>>651
極東板って・・・w
スレタイ読もうね。

できれば、>>638の下の文章も読んで、何を言いたいかくみ取ってくらさいね。

657 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/05 22:37 ID:qCsBRsew
>>640
>決め付けることは容易に可能。
黒人だって元々は「インディアンを奴隷とするのは人として恥ずかしい行為だ。だからアフリカから
言葉をしゃべる動物を連れてこよう」とかいうとんでもない考え方されてたのが南北宣言での
奴隷解放宣言(中身はないが)で一応は奴隷という身分から解放されたりしている。
二十世紀初頭のときに人種差別撤廃を受け入れなかったからといって、永遠に受け入れない
なんていうことは論理の飛躍だと思われ。

658 :日出づる処の名無し:02/07/05 23:04 ID:w0SPAdhy
>>657

永遠を語る方が飛躍してると思われ。
このスレは大東亜戦争を基準にしてるので、短くて1940年から1950年くらい、
長くとも20世紀の間に独立できたのか?
を議論するのが妥当だろう。

旧国際連盟が人種差別撤廃条項採用を否決してしまった事実がある。
大東亜戦争が無ければ、旧国連体制がいつまで続いたかわからないが、
この旧国連が続く間は、人種差別はやはり存在しつづけただろう。


659 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/05 23:10 ID:qCsBRsew
>>658
いや、永遠に植民地支配が続くと>>634で言われてるからそれに対して反論してるんだよ。
あと俺も日本が大東亜戦争起こしてなければ二十世紀中での独立も怪しいと思ってる。

660 :日出づる処の名無し:02/07/05 23:14 ID:9YA3sBvt
ま、俺は大東亜戦争はその気になれば避けられたと思う。
日本の外交が上手ければ戦争回避はできた。
しかし、白人優越の世界秩序が続く限り、必ず日本(他の有色人種)VS欧米
の戦争はあった。大東亜戦争があの時、無くてもいつか必ず有色人種と白人と戦争はあった。
日本の戦争目的はアジア解放ではなく自衛の為。
それは敵である白人も認めたんだから事実だ。

国際連盟で人種差別法案が通らなかった時、オーストラリアの政府高官は次のような予言をしている。

 白人が自発的に有色人種を対等の者として受け入れることは
決してないのだから、人種的劣等という憎むべき汚名を除去す
るためには力によるほかはない。(中略)潜在的な世界的混乱
が予想されるし、やがて欧米世界に重大な結果を招来するおそ
れがある。

白人にとって、大東亜戦争だけでなく、日本との戦争を回避する方法はひとつだけ。
日本を差別しないでその立場を認めること。

反論は?

661 :634:02/07/05 23:18 ID:9YA3sBvt
>>659
近代兵器なしで、(戦争無しで)欧米諸国の世論の変化で有色人種を解放したというのはありえるかもしれないが、
ありえたとしてもそれは形式的な独立だけ。
傀儡政権国家としての独立で、しかも地下資源及び経済的支配は欧米と華僑に握られたままだろう。
こういうのは真の独立とは言えないだろう。
俺が言ってたのは独立戦争で勝利して勝ち取った、真の独立の事だったんだけど・・・。

反論は?

662 :日出づる処の名無し:02/07/05 23:25 ID:w0SPAdhy
>>659

なるほど。
大東亜戦争がなければ「平等」という概念の成長にどれだけ時間がかかったか?
ということだね。
考えられるのは、民族・人種を否定した共産主義の台頭だけどね。
しかしこの戦争が「人道」という概念の成長を速めたのは間違いないだろうな。

>>660

後は、日本が白人に屈することだね。
悔しいことだが。


663 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/05 23:32 ID:qCsBRsew
>>660
反論は特になし。
肌の色とかで差別(もしくは区別)をするのは人間にはどうしてもやってしまうことだしね。
俺だって黒人さんとかを見るとドキッとしたりするし。

>>661
反論って言われてもね…。
俺も形式的な独立しか最初はできないと思ってるよ。
それに先進国に経済援助をうけ、企業を誘致しているという現状ではやはり真の意味での独立はしてないと思う。

664 :日出づる処の名無し:02/07/05 23:37 ID:V6ZVpltY
>>660
太平洋戦争・・・。
というか第二次世界大戦は人種間戦争ってわけではないでしょう。

二次大戦にせよ、冷戦にせよ、アフガンにせよ、人種や宗教、思想の違いが
その争いの原因のように言われたり、解釈されたりするけれども、どっちかというと、
利権や覇権をめぐっての争いという面が一番濃いんじゃないの?

結局、あれは日本とアメリカの覇権争いだと、当方は思う。

それと当時の歴史背景として一番影響があったのは、世界大恐慌。
これが無ければ戦争を回避できたか、あるいは開戦は後になっただろうね。

665 :日出づる処の名無し:02/07/05 23:41 ID:V6ZVpltY
>>661
では質問。

日本は独立国でしょうか?

当方は独立国だと思うよ。
冷戦があってホントよかった、よかった。

666 :日出づる処の名無し:02/07/05 23:42 ID:tES+mwWr
>>663
ドキっとか。
あんま黒人さん見かけないよな。
てか、「黒人さん」ていう呼び方、微妙だよね(w
「白人さん」とは言わないし。
いや、いやがらせで言ってるんではないです。

667 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/05 23:46 ID:qCsBRsew
>>666
ごめんなさい。俺、「白人さん」って言います…。

668 :日出づる処の名無し:02/07/05 23:49 ID:9YA3sBvt
>>665
現在の日本のこと言ってるの?
もしそうなら、形式的には独立国だ。
しかし、現実はアメリカの属国。
国連の侵略の定義に照らし合わせてみれば、
現在の日本はアメリカ軍に占領されている国だからです。




669 :日出づる処の名無し:02/07/05 23:54 ID:V6ZVpltY
>>668
ふむ。
当方は、「四分の一属国」ぐらいが妥当だと思う。
まあ、その辺の解釈は置いておくとして・・・。

では日本国民は”大東亜戦争”によって独立を勝ち得た東南アジア諸国民より不幸かな?

670 :666@ゾロ目☆:02/07/05 23:56 ID:tES+mwWr
>>667
・・・・・なんだ。
私だけかい・・・・・・。

671 :世をすねる猫:02/07/05 23:57 ID:/WBQ/PWz
>>668

うん!
だから、核を持って自立宣言せにゃいけないと思う。
在日米軍基地は、全て返還してもらう。
そうすると、米国から干されて贅沢できなくなるけど、致し方なし。

672 :日韓友好 ◆lIEDfMbo :02/07/05 23:59 ID:qCsBRsew
>>670
いや、ただ俺がおかしいだけかと…

673 :アジア人対白人の「人種戦争」より:02/07/05 23:59 ID:GxINZcF4
独ソ戦が「史上最も凄惨な人種戦争」となったのは皮肉といえる。

674 :日出づる処の名無し:02/07/06 00:07 ID:K6gJlIap
まあ、なんだね。

アメリカの公民権運動が成功したのも、
「二次大戦で前線で黒人兵が奮闘したから」
とも言えるし、

インドが独立できたのも、
「一次・二次大戦でイギリスの尖兵として働いたから」
とも言えるしねえ。

そう言う意味では、英霊の死も決して無駄ではなかった、とはさすがに言えないか。

675 : :02/07/06 00:15 ID:qAtzHDr6
>>1
ttp://www7.big.or.jp/~mb2/bbs/up/img-box/img20020705235346.jpg

676 :日出づる処の名無し:02/07/06 00:22 ID:+5hkyewt
>>669
戦前よりも生活水準が上がり、世界第2の経済大国になり、
独立したアジア諸国などから天然資源が手に入るようになったという点では良い。
(戦前よりも人権や自由が認められたという事でもだ。)
しかし、属国になり、戦争犯罪を植え付けられたという点では不幸。
戦争犯罪意識で日本は中国や韓国の言う事(歴史教科書問題、靖国神社参拝問題などの内政干渉でも)
を聞かなければならなくなったというとこまで落ちた。







677 :チョソ:02/07/06 00:29 ID:iGNrYbZi
知ってるか?
戦争時より通常時の方が全体主義下では人が死ぬんだぞ・・
それも桁が違うんだぞ・・


678 :日出づる処の名無し:02/07/06 00:33 ID:SBKakv0m
ハングル板より

第3国の協力を仰ごう
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/korea/1025522499/l50

679 :元街宣右翼:02/07/06 00:44 ID:j4hAPCEc
戦争時より通常時の方が”共産主義”下では人が死ぬんだぞ・・の間違いじゃないか?


680 :日出づる処の名無し:02/07/06 00:50 ID:K6gJlIap
飢えに苦しむ必要がない。
これは何よりですよ。
独立できたとしても、それが良いとは一概に言えないんじゃないかと思うのよ。
東南アジアにしても、ひょっとしたらイギリス統治下の香港のようになったかもしれないし・・・。
(って、よく考えてたらこの話しはスレの主題から脱線してるな)

二次大戦時の日本に対しての罪悪感に関しては、まあしかたないね。
負けたんだし。
しかし、冷戦が終わり、日本の軍事力にアメリカが期待している以上、
軍事に対する捉え方も変化するのではないかと思う。

ただ、中国・韓国の要求を受け入れていたのは、極短期間だけだったんじゃないかな?
最近の歴史教科書も靖国参拝も、中・韓の言いなりにはならなかったよ。

681 :?@:02/07/06 00:52 ID:4W7VYpSy
>>679
たいした差ではないと思われ。
共産主義(正確にはここに至るための社会主義)は全体主義の1種。

682 : :02/07/06 01:07 ID:qAtzHDr6
犬韓民国マンセー

683 :日出づる処の名無し:02/07/06 03:09 ID:xJK0+CJf
>>679
中共じゃ麻薬所持してただけでも公開処刑。首からプラカード下げられて。
「思想犯」は内モンゴルの砂漠地帯の「矯正収容所」に送られる。
支那国内で海外旅行者が自由に移動出来ないのは、そういう所が多いため(党の許可と監視が付く)。

684 :日出づる処の名無し:02/07/06 19:17 ID:twO33jE0
インドが独立できたのはガンジーの不暴力運動のおかげだという
人がいますが本当でしょうか?

685 :景雲 ◆EMgbhZg2 :02/07/06 19:19 ID:eowSiz2e
ガンジーは不暴力ではなく非暴力だぞ。

686 :日出づる処の名無し:02/07/06 19:36 ID:0OJhRiDE
>>684
過去レスを見てくれ。
解答が出てる。

687 :日出づる処の名無し:02/07/06 20:29 ID:LAh8RoyY
明治維新以来日本は富国強兵と欧米技術の吸収に努めてきてそれなりの成果を得た。
白人以外で近代化に成功したのは日本人だけだ。これには誰も依存はあるまい。
歴史にIFは無いがもし日本が近代化できなく、どこかの植民地になっていたら
今でも世界は白人の植民地ばかりだろう。これだけは確実に言える。

第二次大戦が終了したときインドの誰か忘れたが「これでインドの独立が30年早まった」
と言った。日本の戦争は歴史の歯車を一歩進めたことに間違いない。

688 :ときどきおもうのは:02/07/07 07:12 ID:9zze7PW1
大東亜戦争って ナポレオンの戦いに似てないかしら?
ナポレオンやフランス政府がどう思ってたたかは別にしても
「三色旗の理念」と「アンシャンレジームを打倒したという軍事的なインパクト」
と「国民国家の姿」が欧州のその後の歴史に与えた影響は疑えない。。。。

689 :日出づる処の名無し:02/07/07 07:20 ID:Xyx97QVC
入江隆則『敗者の戦後』を読んでみよう

690 :ojin:02/07/07 07:31 ID:qw0F/kvv
日露戦争というのはすごかったそうですね。
白人支配の牙城を崩したのは日本人でした。
もちろん「日帝の侵略」などではありません。自らの独立を守るため
であり、その姿がアジアの他の国々(中国やインド)に大きな影響を
与え、後の独立に力を与えたのでしょう?

691 :抜刀隊:02/07/07 09:31 ID:3sV1bRfK
支配とかじゃなく「精神的」に独立させたんだよ日本は。

692 :日出づる処の名無し:02/07/07 10:46 ID:97w0Muja
>>1
朝鮮乞食氏ね!

693 :日出づる処の名無し:02/07/07 11:01 ID:qNsP8M4R
>>692
そうだそうだ。
では、>>1に告ぐ! 貴様なら欧米相手に何が出来たとでもいうのか?
日本でさえ欧米相手にあそこまでやれりゃ立派だ!!
まして貴様ごときなぞ白人の前では蟷螂の斧でしか無い!!

694 :日出づる処の名無し:02/07/07 12:07 ID:Azecix9d
所謂立て逃げスレな訳だが、
1もここまで伸びるとは思わなかっただろうな。

695 :日出づる処の名無し:02/07/07 12:49 ID:I6VDCtTv
名目上の独立と本当の独立は違うことをお忘れなく。

本当の独立が達成できたのは一瞬でもアジアがヨーロッパの支配から解放されたから。


696 :日出づる処の名無し:02/07/07 12:51 ID:I6VDCtTv
名目上の独立しか達成してない国々はアフリカにたくさんあります。
しかしアジアの国境線は闘いを重ねた上に出来上がったものであり。
誇りに思っていい。

697 :日出づる処の名無し:02/07/07 13:03 ID:I6VDCtTv
人種ってまさに犬や猫の血統の違いといっしょで
かなり根の深いものでしょうね。

698 :日出づる処の名無し:02/07/07 14:08 ID:NSe4wFkP
>>688
似てると思う。でも決定的に違うのは、日本にはナポレオンのような
理念を語る分かりやすいキャラクターがいないこと。
外国人には当時の日本人の心情に対しての感情移入が難しいと思う。

699 :from d:02/07/07 22:04 ID:N0RR/jh/
自分に誇れるものがない連中が唯一すがるのが、人種の優越感。
南アフリカでも、アパルトヘイトを積極的に支持したのは、プアーホワイト。
ドイツで、外国人労働者を排撃しているのも、失業者。
エリートは、人種で優越感を持つのを、沽券にかかわると思っている。

700 :日出づる処の名無し:02/07/07 22:22 ID:DmR8jEaA
>自分に誇れるものがない連中が唯一すがるのが、人種の優越感

そんな簡単な問題ではないと思うが

701 :日出づる処の名無し:02/07/07 22:26 ID:rIG2rvIu
>>1
無理。

702 :日出づる処の名無し:02/07/07 22:55 ID:g0qaAcxY
◇ 極東板の日本の2チャンネラー諸君 ◇

     ◆ 「歴史捏造ジャップ」告発状 ◆ 

◆ 劣等民族 = 歴史捏造、自慰大好き「戦争の正当化」◆

 理 由
@ 歴史を捏造し、戦争を正当化。
A 東亜の解放という嘘。
B 嘘「あの戦争が無ければ独立できなかった」で、アジアを侮辱。

■ 低脳イエローモンキー「ジャップ」がバカ丸出しで、「偉大な大日本帝国の偉業を賛美」。■
■ 低脳イエローモンキー、ジャップ「自分が嘘をついて自慰してる」のが、気がつかないボケ。     ■

◇ 劣等民族ジャップ「てめえへの攻撃は絶対に止めない、永遠に戦勝国の歴史観に従え」

ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。















703 :日出づる処の名無し:02/07/07 23:18 ID:nw+vIwf8
>>702
また、偽者か・・・
詰めが甘いからバレバレだよ


しかし、東南アジアで日本がイギリスやらオランダに圧勝できたのは、
彼らがヨーロッパでナチスに散々に叩かれ、アジアにまわす余力がなかったからなんだよな。
戦後、宗主国が植民地を維持しつづける事ができなくなったのも、それで国力をなくしたからだし。

もしヒトラーが欧州で暴れていなかったら、日本は手を出せたかどうかわからないし、
独立できたかどうか・・・。
その意味では人種差別主義者のナチがアジア開放の立役者とも言え、るかな?

704 :私は論議に勝った:02/07/08 02:43 ID:D884K6UB
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。
ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー、ワッハッハッハー。

















705 :シャイセッ! ◆F2A.f37k :02/07/08 07:57 ID:LEG/rUSg
可笑しい人がいますね?

706 :7 of 9:02/07/08 09:50 ID:IdvriuHB
>>1
歴史のifは無意味だ。

707 :フィリピン人:02/07/08 12:43 ID:oHkideLP
ここに居る日本人は反省をしないで戦争を正当化する悪党です。
何が東亜の解放だァ?
ふざけるなよ。
1943年に独立を約束されてたのにそれを邪魔したのは日本じゃないか。
お陰で私のおばあさんは日本兵に126回もレイプされたのさ。
そのばあさんは言った「スペイン、アメリカ、日本の中では日本が一番悪質だった。
スペインはキリスト教を普及させ、アメリカは教育を普及させたのに日本だけはレイプや虐殺や破壊だけだった」ってさ。



708 :日出づる処の名無し:02/07/08 12:53 ID:oHkideLP
ま、そうはいっても今更謝罪だとか賠償しろとは言わない。
サンフランシスコ平和条約でその問題は決着済みだから。
でも、反省しなかったり戦争を正当化するのだけはやめれ。
ただそれだけだ。

709 :さまよえる亡国人 ◆B9h8vgq2 :02/07/08 12:55 ID:M17+0pv5
ん?ニンニク・モンスターか?


710 :ななし:02/07/08 12:56 ID:q1lNf6S3
>>707 キリスト教を布教したスペインはもっとも悪質だね。

711 :日出づる処の名無し:02/07/08 13:01 ID:ivqXteNz
>アメリカは教育を普及させたのに

低学年から英語で教育を行うためかなり早い段階で落ちこぼれが発生。
ろくに読み書きもできない人が多くなった。

712 :日出づる処の名無し:02/07/08 13:06 ID:mmiyjnYl
>>708

正当化してなぜ悪い。
日本には戦わねばならない正当な理由があったのだ。
戦争の反省とは「なぜ負けたのか?」ということだけ。
日本が勝っていたら「反省しろ」なんて誰も言わないはずだから。


713 :日出づる処の名無し:02/07/08 13:16 ID:gjy99sq7
アジアで現地人にひどい仕打ちをした日本兵というのはほとんどが朝鮮人の日本兵だったらしいよね


714 :蝿皇子:02/07/08 15:03 ID:x6PDMDQi
>>703
あまり意味の無い論の展開だと思われ。

そんなことを言っていると、たとえば日露戦争に勝てたのは、
イギリスの軍艦とアメリカの仲介。
ゆえに、アジア独立の気運を作り、最終的にアジア独立を導いたのは
英米という、ナンセンスなお話も作れる。


715 :日出づる処の名無し:02/07/08 17:05 ID:WYhdy23j
ちょっと遅れて独立は出来たんだろうけど
アフリカ並に悲惨なことになってたんじゃないかな。

716 : :02/07/08 17:18 ID:ZE4MbKt3
>>710
禿同。
漏れの高校の世界史のセンセの口癖が
「キリスト教の宣教師の後に必ず軍隊が来た」だったよ。

717 :チョソ:02/07/08 17:20 ID:3Y6xX19A
>>707
嘘付くな、数えてたのかヨ( ´,_ゝ`)プッ

718 :日出づる処の名無し:02/07/08 17:28 ID:L4r820pQ
アメリカ大陸に何で白人が居るんだ。オーストラリアにも。
こんなのおかしいと思わないか。
結局暴力で国を取ったわけだろう。

719 :    :02/07/08 17:52 ID:+bXJxh9a
ハワイでさえ、カメハメハ大王がアメリカの侵略を恐れ、
日本の明治天皇に救いを求めたが、白人植民者たちが顔に
墨を塗ってハワイ人に変装し、原住民によるクーデターの
形をとって、併合したんだろ。

720 :928:02/07/08 17:55 ID:HB0yRfhf
日本人は他のアジア人を差別してきた。虐殺があったのもそのせいだし、
何をしてもいいと感じてたんだよね。

721 :景雲 ◆/ce7l12M :02/07/08 17:56 ID:5O9qUd5T
久々に三桁が来ました!!


722 :    :02/07/08 17:57 ID:+bXJxh9a
グアムはスペインの宣教師が、天然痘に感染した船員を
ます上陸させ、免疫力の無い原住民、チャムロ族を絶滅させた
あとに、カロリン諸島のカナカ続を移住させて支配したんだよ。

日本信託統治領時代の調査で、マリアナの伝承では当時10万人いたと
推定されるチャムロ続が、僅か5年後には6000人に激減したと
伝えられているとか。

そのスペインの上前をアメリカが刎ねたわけね。

723 :日出づる処の名無し:02/07/08 18:00 ID:iI2hEyey
フィリピンという名前からして原住民のことなんてなんも考えてないことが判るな
>スペイン


724 :チョソ:02/07/08 18:02 ID:3Y6xX19A
>>720
では朝鮮人や中国人は他の民族を差別しないのか?
同族でですら虐殺したやつらだぞ

725 :日出づる処の名無し:02/07/08 18:04 ID:iI2hEyey
>>724
なんか中国やら韓国に蛮族扱いされてたような・・・

726 :928:02/07/08 18:05 ID:HB0yRfhf
少なくとも日本が(そういうこと)してきたことは事実。

727 :景雲 ◆/ce7l12M :02/07/08 18:05 ID:5O9qUd5T
三桁の十八番すり替えが来ました。

728 :    :02/07/08 18:09 ID:+bXJxh9a
旧信託統治領南洋群島では、日本の投資によって対日貿易は大幅な
黒字。サイパン、パラオ、ヤップ、ポナペには大きな繁華街が
できていた。 製糖、ココヤシ、鰹節、漁業、南洋果物栽培など
で栄えた。
しかし日本が敗れると、アメリカはこの地域の戦略的重要性を認識し、
これらの地域がアメリカから自立・独立できないようにするために
援助漬け政策をとった。食糧、日用品他まるごと無償提供。遊んで暮らせる
政策をとった。
戦後直ぐに島々の農地、山々に成長が早いが、利用価値の無いタガンタガンの
木の種を空中散布し、二度と自力で開発できないようにした。
そして今、日本時代の世代以降のアメリカ世代は、完全に援助漬けの
生活に慣らされ、働くことを忘れてしまった。 アメリカから離れられなく
なった。

日本の植民地政策は朝鮮でも台湾でも、そして旧南洋群島でも
真面目に開発に取り組んできたこと、欧米の植民地主義とは
まるで異質の政策であったことは誇るべきだぞ。

729 :大東亜戦争開戦の証書(現代語訳)1:02/07/08 18:09 ID:mmiyjnYl

天の神々のご助力を保有し、万世一系の皇位を継ぐ大日本帝国天皇は、
はっきりと忠誠にして武勇ある汝ら国民に示す。

 余はここに、米国及び英国に対して宣戦を布告する。余の陸海軍の
将兵は、全力を奮って交戦に従事し、余の政府関係者・官僚・役人の
すべては、つとめ励んで職務に身をささげ、余の国民は、おのおの
その本分をつくし、億兆の心をひとつにして、国家の総力を挙げ、
攻め戦う目的を達成するために、手ちがいのないように心がけよ。

 そもそも、東アジアの安定を確保し、それをもって世界の平和に
寄与する事は、大いなる明治天皇と、その大いさを受け継がれた
大正天皇が構想されたことで、遠大なはかりごととして、余も日頃、
かたときも忘れずに心がけている事である。

 そういう理由であるから、各国との交流を篤くおこない、万国の
共栄の喜びをともにすることは、帝国の外交の要諦とするところである。
今や、不幸にして、米英両国との争いを開始するにいたった。
まことに、やむをえない事態である。どうして、これが余の本意で
あろうか(このような事態は、余の本意ではない。)


730 :大東亜戦争開戦の証書(現代語訳)2:02/07/08 18:11 ID:mmiyjnYl

 中華民国政府は、以前より帝国の真意を理解せず、みだりに闘争を
起こし、東アジアの平和を攪乱(かくらん)し、遂(つい)に帝国に
武器をとらせる事態(慮溝橋事件)にいたり、現在まで四年が過ぎた。
さいわいに、国民政府は、汪清衛・南京政府に新たに変わった。
帝国はこの政府と、善隣の誼(よしみ)を結び、ともに提携するに
至ったが、重慶に残存する蒋介石政権は、米英の庇護を当てにし、
兄弟であるはずの南京政府と、いまだに相互の境をはさんでせめぎ
あう姿勢を改めない。

 米英両国は、蒋介石政権を支援し、東アジアの戦禍と混乱を助長し、
平和の美名に匿(かく)れて、東洋を征服する非道なる野望をたくま
しくしている。
あまつさえ、くみする国々を誘い、帝国の周辺において、軍備を増強し、
わが国に挑戦し、更に帝国の平和的通商にあらゆる妨害を与へ、
ついには禁輸措置を意図的におこなって、帝国の生存に重大なる脅威
を加えている。


731 :日出づる処の名無し:02/07/08 18:11 ID:0q1PkqMr
3ケタキタ―――――――――――――――――――――――!!!!!

732 :大東亜戦争開戦の証書(現代語訳)3:02/07/08 18:11 ID:mmiyjnYl
 余は、政府をして、そのような事態を平和の裡(うち)に解決させ
ようと、長い間、隠忍(いんにん)したのだが、米英は、寸毫も譲り
合いの精神を持たず、むやみに事態の解決を遅らせ先延ばしにし、
その間にもますます、英米による経済上・軍事上の脅威は増大し
続け、それによって我が国を屈服させようとしている。

 このような事態が、そのまま推移したならば、東アジアの安定に
関して、帝国がはらってきた積年の努力は、ことごとく水の泡となり、
帝国の存立も、文字通り危機に瀕することになる。
ことここに至っては、帝国は今や、自存と自衛の為に、決然と立上がり、
英米による一切の障礙(しょうがい)を破砕する以外に道はない。

 皇祖皇宗の神霊は、天にましまし、余は、汝ら国民の忠誠と武勇を
信頼し、祖先の遺業を押し広め、すみやかに英米による禍根をとり
除き、東アジアに永遠の平和を確立し、それによって帝国の光栄の
保全を期すものである。

(御名御璽)


733 :928:02/07/08 18:14 ID:HB0yRfhf
アジア開放ならアジア人を虐殺せずに白人を虐殺すべきなのでは・・・。
白人を虐殺しろとは言ってないけどね。

734 :日出づる処の名無し:02/07/08 18:17 ID:ZbCEZ+Kq
さっき、中国板で1の発言らしき中国人を見かけた。

735 :日出づる処の名無し:02/07/08 18:21 ID:mmiyjnYl

蒋介石はアジアの売国奴。
米英の庇護の元、南京側の中国人を虐殺してた。


736 :日出づる処の名無し:02/07/08 18:30 ID:R+MeqTOo
>>734
このスレの二十三だろ?
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/china/1025554171/l50
面白いぞ。
中国に対して都合の悪い事を言うと必ずいいわけするから。
ここが変だよ日本人に出てくる中国人みたいだ。
みんな、面白いから何かレスしてみな。
特に、154のレスには笑えた。
日本があの戦争をやらなくても国民党は共産党に負けてただろうだってね。
すごい電波だ。毛沢東が言った事(日本の戦争無しで我々共産党は政権を奪取できなかった。)
とは正反対だね。

737 : :02/07/08 19:12 ID:ykO2uFNH
軍歌・戦時歌謡スレでも書いたけど

大東亜会議と大東亜結集国民大会における
各国代表の演説を収録したレコードがあったそうです。
復刻キボンヌ! 

あ、もし復刻されてるのならCDの情報お願いします。


738 :アメリカ人:02/07/09 21:52 ID:7e4O5Khr
(劣等民族のジャップが大東亜戦争の正当化で自慰して何が面白い)
白人崇拝の日本人達。身体を売ってまでもブランド物に飛び付くバカ女子高生、白人の言う事はいつも正しいと疑わないニセ知識人、
アメリカの言う事をなんでも”ハイ、ハイ”と聞くアホ政治家など。 日本人女は俺達の肉便器さ。
ブランド崇拝のバカ共で日本の未来が見えました。別に言う事は有りません。身体を売ってシャネルでも買ってろ。
お前らの身体はバッグより安くて当然だ!

劣等民族は永遠に贖罪意識を持ちつづけ、
白人たちに従え。

ワッハッハー、ワッハッハー、ワッハッハー、ワッハッハー



739 :日出づる処の名無し:02/07/09 21:53 ID:60kdME8I
>>733
だから、アジア人を虐殺なんてしてねって。

740 :朝人:02/07/09 21:55 ID:DOz/5FNn
>>1
自分で書いててむなしくなったろ。馬鹿ウヨ。

741 :朝人:02/07/09 21:56 ID:DOz/5FNn
>>738
お前も自分で書いててむなしくなったろ。馬鹿ウヨ。

742 :日出づる処の名無し:02/07/09 22:02 ID:y6hQt1bp
http://plaza18.mbn.or.jp/~modernH/paper41.htm

これに書いてあることってマジなんかな?かなりサヨっぽいんだけど。

743 : :02/07/09 22:04 ID:J8uNwr1T
738は精神病院から脱走してきたきちがいか
朝鮮人か中国人です


744 :日出づる処の名無し:02/07/09 22:32 ID:hy6VrDwa
枢機卿は(つ・∀・)つミI10エンヤルカラカエレ!!

745 :シャイセッ! ◆F2A.f37k :02/07/09 23:26 ID:Gs4DXApF
>>741
いや、>>738はウヨでもサヨでも無く、
只の厨房だと思われまする。

746 :日出づる処の名無し:02/07/10 00:00 ID:yn1lmoLr
>>714
日本も、アジアを独立へと導いた要因の一つであるだけではないでしょうか?
一次大戦で宗主国は軒並み国力を失ってしまったわけで、その流れから、
日本が動かなかったとしても、アジア独立はいずれ達成されたと思うわけです。
大東亜戦争がアジア開放にとって重要なであった事は否定しませんが、
アジア解放の歴史的な要因としては一次大戦のほうが、より重要であるのではないでしょうか?

>>738
詰めが甘いってば・・・。
まねっこするなら、もっと上手くやりなよ。

747 : :02/07/11 17:09 ID:fnj2Q8SD
>>14
去年中洲で踵落としとおもいますた。

748 :アメリカ人:02/07/12 20:29 ID:vEWnr3k1
くそ、ジャップめ!

749 :何だ:02/07/12 20:59 ID:W7nyaVE2
>>748

おいおい、本当にアメリカ人なら、
流暢に日本語で書くなよ。
バレバレだぞ。馬鹿在日。

750 :日出づる処の名無し:02/07/12 21:44 ID:XG1s4y7U
>>703
西洋人同士でいくら内輪もめをやったところで、アジアの奴隷たちはその
尻拭いをさせられるだけ、これは第一次大戦で自明なこと。それに第二次
大戦でのドイツは国土さえ維持できず首都ベルリンさえロシア人に奪われた。
そういう意味では、ソ連邦こそがアジアも含めた人類解放に貢献したとも
いえそうだが、東欧諸国はソ連邦衛星国になって解放されたとはいえまい。

751 :日出づる処の名無し:02/07/12 22:12 ID:PsCSURl9
748=zap

752 :日出づる処の名無し:02/07/12 22:23 ID:dzOS3rHh
>大東亜戦争が無くてもアジアは独立できた

っていうか
大陸中国と朝鮮半島が無ければ
大東亜戦争が無くてもアジアは独立できた
だろう。

753 :日出づる処の名無し:02/07/12 22:44 ID:XG1s4y7U
毛沢東がもっと長生きして、文化大革命が完遂されたなら中国が丸ごと
崩壊して、それこそ全世界の解放に繋がったであろう。

754 :日出づる処の名無し:02/07/12 22:46 ID:mXrRJmhP
1には呆れますた…

755 :日出づる処の名無し:02/07/13 00:01 ID:wQE5QGQU
>>738
そういう日本人中傷書き込み見かけるけど。
劣等感がにじみ出ていてなんだかキムチ臭いです。





756 :日出づる処の名無し:02/07/13 02:07 ID:/GsobouD
多国籍な会話が楽しめるスレはここですか?

757 :日出づる処の名無し:02/07/13 05:24 ID:uE+IjDnf
JAP!

758 :日出づる処の名無し:02/07/13 05:25 ID:uE+IjDnf
黄色いニヤニヤ笑いの猿のくせに生意気だぞ。

759 :日出づる処の名無し:02/07/13 08:16 ID:Uho4vg6s
>738は、5月ごろ「タイ人」と名乗って、あたかも日本がタイに憎まれているかの
ような法螺を吹き、日タイ関係を阻害しようとした在日工作員。
「ワッハッハー、ワッハッハー、ワッハッハー、ワッハッハー」という口調でもろバレ。

760 :日出づる処の名無し:02/07/13 21:29 ID:TlbruVqc
金完燮age

761 :日出づる処の名無し:02/07/13 22:26 ID:SvAJhL8E
>>757‐758
(・∀・)ニヤニヤ

762 :日出づる処の名無し:02/07/13 23:35 ID:IJFmxg05
ヨウスルニ
在日は日本征服を企む
悪の組織ってことだろ




763 :日出づる処の名無し:02/07/13 23:43 ID:A9op+O3K
JAPってアメリカでJewish American Princessの略にもなるらしいよ

764 :日出づる処の名無し:02/07/13 23:56 ID:mOprIliS
>>1は在日、それとも糞さよ?


765 :白人:02/07/15 14:32 ID:9WI5Vozx
Oh,黄色イ猿ガ、ナーマイキネー!

766 :日出づる処の名無し:02/07/15 14:33 ID:5mg4yHPr
そういや、キリストも黄色いサルだよな

767 :日出づる処の名無し:02/07/15 14:35 ID:HL1ZW/8k
>>761
ニヤニヤするな(゚Д゚)ゴルァ!!

768 :しな無名の処るづ出日:02/07/15 14:36 ID:uNs3Mh/a
>>766
どっちかっていうと黒いんじゃないの?
アラブ系でしょ?確か?亜剌比亜半島で生まれたんだから。

769 : :02/07/15 14:39 ID:/ld2bjVb
>>763
JAPでは区切らん。
"Jappy"と呼ぶ。

裕福なユダヤ系アメリカ人の家庭で育った
手に負えないわがまま娘のこと。

770 :日出づる処の名無し:02/07/15 14:51 ID:9WI5Vozx
黄色い猿は白人様に従え。
所詮、お前らはただの負け組だ。

771 :しな無名の処るづ出日:02/07/15 14:58 ID:uNs3Mh/a
白人の起源は韓黒人ニダ

772 :マルコメ×:02/07/15 22:10 ID:IP++jgHl
白人は悪魔だ。

773 :たしか・・・:02/07/15 22:26 ID:dqxtVC0v
アダムとイヴも韓国人♪

774 :日出づる処の名無し:02/07/15 22:43 ID:I5koquis
♪カインの国とアベルの国ニダ♪

775 :日出づる処の名無し:02/07/15 22:45 ID:8V/X9lnP
正直な話し、日本があの戦争をやらなくても独立はできてたと思う。
でも、傀儡国家としての独立か共産主義国家としての独立のどちらかになると思う。
だとしたらやはり日本があの戦争をやっておいたほうがアジアにとっては(歴史のスパンを長くして見れば)
幸せだったと思われ。(戦時中だけは苦痛を受けたけど。)


776 :名無し:02/07/15 22:55 ID:eu3bnPaB
>1 重要なのは時間だよ。まあ200年くらいはかかったろうな。



777 :775:02/07/16 03:25 ID:iKeuuTmw
な?

778 :蝿皇子:02/07/16 05:17 ID:xSwVVjfv
>>766
薔薇十字団の連中は、実はキリストは白人系だったと主張している。
ナザレには、白人ばかり住んでいた、とのこと。
ユダヤにとってナザレは半外国であったとする。

大東亜戦争がなくても独立はしたろうが、今とはまったく違った世界
になるだろうね。それが遅れるのはもちろんだ。
朝鮮はもしかしたら日本のままだったかも知れないし・・・・・



779 :朝まで名無しさん:02/07/16 06:39 ID:xmkVRWn0
>1
東南アジアの華僑は白人の手先で現地人を抑圧。
日本軍に解放された現地人にリンチをくらっていた
ように記憶していますが何か?

マレーシアにおけるマレー人と華僑の対立。

おえらい白人に媚びを売って甘い汁を吸っていた華僑の
信頼度はゼロ。



780 : 800:02/07/16 06:50 ID:PZQvTQNF
2-779
釣れた!

大漁大漁

781 :age:02/07/16 08:09 ID:hkHzd/3o
age

782 :日出づる処の名無し:02/07/16 10:33 ID:Q4bflEmT
大東亜戦争が無くてもアジアは独立できたかどうかは置いとくとして
(まあ、インド以外は無理だろうけど)日露戦争と明治維新がなければ、
絶対ありえないね。


783 :日出づる処の名無し:02/07/16 11:13 ID:/BLqSACn
>日露戦争と明治維新

そうだな。しかも未来永劫に白人の天下
さらに下手すればアジア全土白人の入植
により。黄色人種は全滅してたかもしれない。

784 : :02/07/16 11:29 ID:tdsVPopZ
独立できていたかもしれんが

実際に独立への道を開いたのは日本


785 :ばふぅ:02/07/16 11:43 ID:SxES0+9H
>>1ほんまもんの馬鹿がでてきた

786 :日出づる処の名無し:02/07/16 12:16 ID:Dl1pXC+N
>1
たしかにフィリピンは自治領になったでしょう。
でも、インドネシアや、インドシナは?
中国人主導で第二次大戦後の植民地解放ができなくて、さぞくやしかろうが、
(当時、中国は半植民地状態で自国のことでせいいっぱい)歴史の改竄は
やめてね。

787 : :02/07/16 12:35 ID:WhYIYAt5
>>786
中国主導で「アジア解放」をやったらそこらはみんな紂国領になっている罠

788 :日出づる処の名無し:02/07/16 12:51 ID:3OQY5G0m

\|/
/⌒ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ゜Θ゜)< >>787そうでもないかもよ?
| ∵ つ \___________
| ∵ |
\_/
 


789 :蝿皇子:02/07/16 14:15 ID:7gWY6WNx
>>788
中華連邦とか生まれるかも・・・
あ・・・・これから生まれるかも


790 :日出づる処の名無し:02/07/16 15:12 ID:ihLMU0/e
そろそろ、前向きに大東亜戦争を評価しろよな。
植民地政策で近代化しようが、他国によって解放されようが、
現実に、独立して発展しているんだから、歴史に IF なんか
もちこんで、くだらないオナニーかいているんじゃねえよ。

>>1 = 韓国政府のお抱え研究者。

791 :日出づる処の名無し:02/07/16 15:46 ID:d2dfo7zV
1は煽りでは?

   大東亜戦争が無くてもアジアは独立できた

   1 :日出づる処の名無し :02/06/30 23:07   >>ID:u9duyGOd
   日本があの戦争をやらなければ・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   それに、東南アジアの華僑は独立の手助けだってしたんだぜ。
 

    :日出づる処の名無し :02/06/30 22:43   >>ID:u9duyGOd
    >>429
    オーストラリアは親日とみなさないほうが良いとおもわれ。
    あの国は、つい最近まで反日毒電波を発信していたぞ。
   (以前、NHKでオーストラリア放送局作成の反日特集番組を放映していた)


792 :日出づる処の名無し:02/07/16 15:52 ID:I5iaaq9O
日本や韓国が
「旧ソビエト連邦○○自治区」とか、
「中国○○省」とか
「朝鮮社会主義人民共和国」
と呼ばれずにすんでいることが、
どれほどすばらしい事が理解してない奴が多すぎる。


793 :Fing:02/07/16 18:09 ID:vEJHHBAD
とりあえづ、朝鮮ゴキブリは早いとこ自滅してくれい。
現在着々と朝鮮ゴキブリの数は減っている。北で祝餓死!!

794 :日出づる処の名無し:02/07/16 18:23 ID:NXfqBHEk
華僑さえ皆殺しにしておけば、完全に独立できたのに・・・

東南アジアの人たちには申し訳ない気持ちでいっぱいです。反省します。

795 :日出づる処の名無し:02/07/16 18:25 ID:viZHapWu
日中戦争の収拾を付けられなかったのが
アメリカ主導の経済封鎖包囲網に引っかかった原因だが、
日本政府は満州国のインフラを整備した上、
満蒙開拓団付きで中国に返還する青写真を描いていたのに
共産党の党略と蒋介石の保身とで、無駄な戦争を日本に仕掛けやがって。
日本が罠にはまったんじゃなくて、中国人が国益に反するのに
特定集団と個人の存亡利益のため、わざわざ窮乏の道を辿ったんだぜ。
それで祖国を救った「抗日戦争」なんだから笑わせるよな。



796 :名無し:02/07/16 18:25 ID:vQUnMKLp
>792 北朝鮮は中共に吸収されるかもしれない。
そのとき北が核を北京、上海に打ちこんで散るというシナリオがある。
中国は死者一億にたえる国だから,屁とも思わないけれどね。


797 :中国人:02/07/16 21:43 ID:e1yLFqL/
やはり、アメリカと中国を中心とした連合国が日本軍国主義の魔の手からアジアを解放したんだ。
中国とアメリカこそ、日本軍国主義からアジアを救った解放者だ。

太平洋戦争(第二次世界大戦)のことを、当時日本では大東亜戦争と呼んでいました。
「君が代と日の丸」の法制化が国会で大きな問題を残しながら決ったいま、昭和17年〜20年頃を思い出しています。
皇軍(天皇の軍隊日本軍の美称)占領下の元連合国支配地であった、マレー、ヒリッピン、インドネシア等で皇軍により軍政が布かれました。
現地の人達、特に学校の子供達に毎日のように「君が代」を唱わせ、宮城(皇居、旧江戸城)の遙拝をさせ、「日の丸」の掲揚式をしてるのを当時のニュース映画で見たのを思い出します。
(偶然最近NHKのテレビ番組でも見ました。)

「君が代と日の丸」は大日本帝国の国歌国旗とされ、天皇と並ぶ大日本帝国の象徴・シンボルであります。
植民地化しよう又は植民地的な勢力圏にしようと想う地域で、
この「君が代と日の丸」が先頭に立って活躍するのは当然の結果です。
即ち「君が代と日の丸」は大日本帝国の先兵であります。

当時の大日本帝国に石油、鉄、アルミ、食料、ゴム、繊維などが豊富にあって、連合軍と対等の物量戦が出来て、
大日本帝国が勝利して中国、東南アジア、南太平洋、アメリカ合衆国を占領し軍政を布いたと大きな大きな仮定をして見ましょう。

まず皇軍の憲兵隊は占領地の反日分子と思われる者を一斉に大量に検挙するでしょう。占領地は広く皇軍はそれに比し人数が少ないですから、
ゲリラや暴動を防ぎ治安を維持するためには過酷な程の措置しなければならなかったでしょう。満州や中国での皇軍憲兵隊の活動を書いた本を最近読みました。
反日分子と思われる者は検挙し白状させる、白状の情報で芋ずる式に反日分子を検挙するのです。白状するまで水攻め、逆さ吊りなど残忍な拷問をします。拷問で死んでしまう人もありますが、
白状しても大体スパイとして処刑してしまうのですから結果は何れにしても死であります。即ち大量虐殺同然の結果となります。

以上のことは占領地のアメリカ合衆国でも皇軍の憲兵隊により殆ど同じことが行われるでしょう。占領地は広く、それに比較して皇軍兵士は少ないですから、
ゲリラや反乱暴動などを防ぐには憲兵隊による過酷な反日分子狩りが國の上下を問わず広範囲で行われることは疑い有りません。
大日本帝国の皇軍には「人権の尊重」という思想は殆どありません。外国生活を永くしたごく少数の日本人と、
大学などで欧米の知識を学んだ極一部の日本人が人権思想を知るだけで、一般には通用しません。
皇恩に比較して兵士や帝国臣民の命などは鴻毛より軽いのだと当時繰り返し指導者達が兵隊や帝国臣民に教えていました。私も天皇陛下の為に、死んでも任務を果たすよう色々教えられました。
自国の皇軍兵士に対しても「戦陣訓」(皇軍兵士の戦場での心得)に示すように、「弾尽き矢が折れて」も降伏せずに死になさいと命ずる軍隊です。皇軍では重傷を負うて居ようが、降伏は絶対に認めていません、死ねと言うだけです。
皇軍の戦争は國と國の外交の特殊形でなくて、唯の殺し合いなのです。ですから負けたら死ぬほかはないのです。弾尽き矢折れて武運つたなく捕虜になって、何年か後に戦争が終わったら、日本に生還するという考え方は絶対にないわけです。
欧米の捕虜は、捕虜になった時は認識票番号と官姓名以外はしゃべるなと教えられています。そんなことは皇軍兵士は教えられていませんから、捕虜に関する戦時国際法など知らず、日本人捕虜ほど機密をよくしゃべる捕虜は居なかったそうです。
皇軍兵士は皆な普段の教育通りに戦死や自殺で死んで、捕虜になる者は居ないはずですから、捕虜の心得を教える教育はなかったわけです。

798 :h:02/07/16 21:47 ID:yiR0+j9/
>>797
なげーよ

799 :中国人:02/07/16 21:47 ID:e1yLFqL/
(続き)
占領地の反日分子は以上のように処分するでしょう、しかし皇軍のもう一つのねらいは外国の食料始め戦略物資・資源や最新鋭工業が欲しいのです。
それが両方あるのはアメリカ合衆国だけですから、
これを収奪して日本に全力で運び去るでしょう。
アメリカに置いては、ゲリラなどに破壊される恐れがあります。
皇軍が戦争に勝ったら、皇軍の兵隊さんも2〜5年は非常識な帝国軍人精神に凝り固まった職業軍人に使われてただ働きをさせられ、
凱旋できずに外地勤務で苦労します。凱旋しても又召集されるでしょう。
何しろ皇軍の占領地は広いですから、兵隊さんは沢山必要なのです。占領地の住民は物資を収奪され、皇軍の軍票で経済は混乱し低迷し悲惨な生活となるでしょう。
中国での皇軍の軍票問題等について最近本を読みましたが、中国大陸戦線で、日中戦争の始めから日本軍の軍票は信用度が低く流通がはかどらず、
日本軍勢力圏内でも蒋介石国民党側の「法幣」が幅を利かしてよく流通する始末で、
戦争末期には戦費調達のため乱発した皇軍の軍票類は紙屑同然で殆ど流通しなくなったそうです。

皇軍は天皇の統帥権で動くのであり、皇軍兵士は故国に帰っても生まれたときから「帝国臣民」でありますから、
天皇の「臣下、家来」でありまして、矢張り天皇の命令に背くことは絶対に出来ません。
占領地の住民も「帝国臣民」に準ずるわけですから、天皇の命令に背くことは絶対に許されませんので、
こんにち我々が考える「人権」など有るはずがありません。もちろん「自由」はなくて、天皇の指示に従って活きる外はありません。
大日本帝国では、共産主義は勿論、自由主義とか民主主義とかを広めたり、支持するようなことをしたら、天皇制を批判したり、
反対する者と見なされて、憲兵か特高警察に思想犯として逮捕拘束されることは必定です。私が県立中学の生徒の頃(昭和12年頃)、教わった二人の先生が噂では思想犯で逮捕されたようでした。
二人は突然何の挨拶もなく県立中学から消えました。転向して天皇制支持者に成らない限りは日の目を見ることはなかったでしょう。

大日本帝国が勝ってアメリカ合衆国と普通の講和会議をしたでしょうか。アメリカ合衆国に傀儡政権を立てようとしたのではないでしょうか。
又は、アメリカに天皇の統治権と軍の統帥権を要求したと思います。また厖大な賠償金を要求をしたと思います。大日本帝国はアメリカが再び立てないようにしたと思います。
日本を占領した連合国とは大変な違いです。
大日本帝国は大体そんな国でした。

800 :中国人:02/07/16 21:49 ID:e1yLFqL/
こんな大日本帝国がもし太平洋戦争に勝っていたら、アメリカ人などを残忍に扱い世界は不幸になっていたでしょう。
職業軍人や官僚や政商などを除く多くの日本人も人権を尊重されず、召集で「奉公」をさせられ、
ただ働きをさせられ、貧しく不幸になったでしょう。
私は民主主義や民主主義国が100%完璧なものであるとは全く思っていませんが、しかし大日本帝国と比較したら、
個人を尊重するなど何倍も良い点があると思っています。

私たちの老人クラブで旅行に行くと、戦場に行ったことのある人達が必ず戦争体験談をします。そんな体験談を十年位の間に何十回と聞きました。
そして話が終わり頃になると、
誰言うと無く「戦争に負けて良かった。」と言い、多くが「そうだね。」と同意します。
日本が勝ったら職業軍人や役人に威張られて・・・・、と考えると言論でも何でも自由で、人権の尊重される今がいいと思うのではないでしょうか。

天皇と同等に大日本帝国の象徴である「君が代や日の丸」を珍重し、新しい新生日本国の国歌国旗に流用しようとし、
大日本帝国を懐かしがる野中官房長官や小渕総理や与党の代議士連中の頭の中身はなんじゃもんじゃ脳味噌が詰まっているようです。
そのうち日本国憲法を廃止して、大日本帝国憲法を新生日本国の憲法として流用しようと言い出しそうな連中であり、
早くあの世へ行ってもらいたいような連中であります。

大日本帝国はポツダム宣言を受諾し降伏して、世界に向かって「日本国民を欺瞞し、世界征服の挙に出させた権力および勢力の永久除去」や
「民主主義的傾向の復活強化の障碍の除去」等を承認したのです。
国際法上から見ても民主主義国になる義務と大日本帝国の勢力や権力を永久に除去する義務が日本国政府と日本国民にはあることを忘れてはなりません。
此を破れば国際信義にもどり、国際法上理論的には日本國は潰されても文句は言えないのだと私は考えています。

今や日本国は民主主義世界の反動国となりつつあります。
敗戦後の日本は、過酷な賠償も要求されず、報復も受けず、あの敗戦後にしみじみ味わった民主主義世界の人々の日本への人間味ある理解、
処遇、食糧援助などのありがたさを忘れ、恩を忘れて独りで育ったように振る舞う子供のように、恩を忘れた日本国は経済大国と増長し、いま反動化しています。
皆さん、自由陣営諸国から受けた恩を忘れて、恩知らずの外道になってはいけません。
民主主義国である日本国に巣喰う反動的なんじゃもんじゃ政治家を監視し、落選させて、
日本と世界の自由と人権を守り抜きましょう。

http://www2.ocn.ne.jp/~ikubaku/mosimo.html

801 :日出づる処の名無し:02/07/16 21:57 ID:N5tG+Xfm
そういう中国は世界に誇る人権弾圧国だが、何か。

802 :さまよえる亡国人 ◆B9h8vgq2 :02/07/16 22:46 ID:yunCUbsy
>>797-800
先頭二文にある『中国』を削除すれば、まあ、受け入れられない内容でもないよ。

>やはり、『中国を除く』アメリカを中心とした連合国が日本軍国主義の魔の手からアジアを解放したんだ。
>アメリカこそ、日本軍国主義からアジアを救った解放者だ。

国旗国歌だの、自由と人権だのも、長年ひねくれた根性で過ごして来たのだ
ろうから、そうした被害妄想に陥ってしまうのも仕方が無い。同情こそすれ
難詰するほど、無慈悲な人間では無いつもりだ。


803 :アメリカ人:02/07/18 21:40 ID:HUI6G030
>先頭二文にある『中国』を削除すれば、まあ、受け入れられない内容でもないよ。
劣等民族のジャップはやっと自慰するのをやめたか?
それならいいだろう。
永遠に贖罪意識を持ち続け、白人に従えばいいんだ。

ワッハッハー、ワッハッハー、ワッハッハー、ワッハッハー




804 :シャイセッ! ◆F2A.f37k :02/07/18 21:45 ID:l+UihyAw
>>800
あの戦争、日本が勝てる要素は少ないと思われ・・・


805 :日出づる処の名無し:02/07/21 01:45 ID:XsdQX6y4
日本もアメリカも互いに戦争をしたかったわけではありませんよね?
強いて言えばルーズヴェルトが開戦を望んだと。

でもそれも、ヨーロッパ戦線でイギリスを助けたかったからで。
しかし、そのヒットラーも対英戦争を望んでいなかったわけですよね?

なら、ありようではアメリカの参加しない日中戦争のみので終わった場合もあるのでは?


806 :日出づる処の名無し:02/07/21 01:49 ID:2Y1ebIa3
>>797
お国の教科書ではそう教えているのか。
勉強になったよ。

807 :蝿皇子 ◆X/At3sMc :02/07/21 05:25 ID:UOIf9/c7
「戦場のメリークリスマス」は下らない映画だったが、
その冒頭のシーン、東南アジアの森で坂本龍一のあの
曲が流れ、柱にヤモリが走るまでのシーン。
わしはあの曲がレクイエムに聞こえ、涙した。
あの森に無数の命が眠っているように感じた。
自意識で膨れ上がった無能な参謀たちのために、
多くの兵があそこで無駄に死んだのだ。

しかし歴史が見直され、戦争には負けたが
流された血はアジア独立のためになったのだと
人々が認めてくれれば、あの森や海に眠る魂も
少しは安らげることだろう。

日本人はただ独り欧米の世界支配に戦いを挑
んだのだと。
それはアジア解放の魁になり、世界に広がって
いった。

808 :名無し:02/07/21 07:57 ID:jytVmXQF
>1 馬鹿だな。歴史にif (もし)はないのが世界の常識だ。
というのは他の条件も皆変わるからである。
妄言に過ぎない。歴史は再現性のない現象で,科学ではない。


809 :abc:02/07/21 11:16 ID:/qW3ZRSO
>>1の戯言は泣けてくる。どんな小説家がどの様なストーリで描けるのだろうか。
結果論でしかないが「大東亜戦争は東洋文明の西洋文明から独立を推進しました」
です。「大東亜戦争が無ければ…」は無意味です。

810 :日出づる処の名無し:02/07/21 11:43 ID:NdJDTeZ7
こういう馬鹿を見る度に思うんだが
『だったら、今の白人国からの経済支配、科学技術支配を
 日本無しではねのけてみろよ』。
中国だって日本の援助がなけりゃ速攻潰れるし
韓国なんて、全部日本の技術協力で生き長らえてるようなもんだろ?
だいたい、何十年援助してると思ってんだ?いつまでたっても白人国以下でしかないくせによ。
日本が実力でアジアの評判を上げても、中韓が引きずり落とす、この繰り返し。
中国人、朝鮮人のせいでどれだけ日本人が被害被ってるか考えたこともないんだろう?

東南アジア諸国や台湾は、日本と一緒にやらなきゃどうしようもないことを
歴史から学んでるのに、中国人朝鮮人は学ぶ力もない。
黙って捏造歴史でオナニーしてろ。世界に出てくるな。迷惑だ。

811 :日出づる処の名無し:02/07/21 11:50 ID:opmQHAgn
アジアは世界の売春国なのか?
http://news.2ch.net/test/read.cgi/news/1027215452/l50

812 :イルボンサラム:02/07/22 23:50 ID:SCH8kXQ5
>>803さんへ。
 本国でパンチョッパリと呼ばれて腹が立っているのかどうかは知りませんが、
あいむぽわいとは止めた方がいいですぞ、コウモリアン君。ていうか、一度ロシア
の植民地でも何でもなって下さいな。邪魔ですから。

813 :日出づる処の名無し:02/07/23 00:39 ID:kn4eZOys
797=799=800は、極左か在日か変人かバカか病的非国民化のどれか。
文章が長ければいいってもんじゃねーぞ。
俺は全文読んでないけど、何を言いたいかは分かった。
けちをつけたいだけだな。
おまえのようなのがいるから、いつまでも日本が元気になれないんだよ。
(おまえが日本人なら…)
おまえがチョンやシナの在日なら、嫌なら出てけと言いたい。
散々たかっておいて、まだ何か?
いいかげんにしろ!

814 :日出づる処の名無し:02/07/23 00:53 ID:6Qut0O8D
>>1の妄想大チョンボ
結果ロン

815 :日出づる処の名無し:02/07/23 00:56 ID:zqXhTq1J
>>810
ほんとにな・・・禿同。

816 :シャイセッ! ◆F2A.f37k :02/07/23 06:50 ID:+rcrN3mT
>>810
自分達こそが一番で当然だと、固く信じて疑わない人たちですから・・・

817 :日出づる処の名無し:02/07/25 13:55 ID:4HROdCUt
黄色い猿のくせに生意気だぞ。

818 :日出づる処の名無し:02/07/25 15:07 ID:2RJwhaRu
軍国主義と民主主義は必ずしも相反しないんだよ。
ナチスを見ろあんな民主的な国でも時代の流れには
かなわないんだよ。戦前の日本は民主主義国家じゃ
なかったって?他の大多数の国や植民地に比べれば
ずっと民主的だったんだよ。

819 :しな無名の処るづ出日:02/07/25 15:35 ID:PpLiSmKB
よく1だけを見てレスする奴って・・・
馬鹿にされてるのがわからないのかねw
800以上のレスもあるのに、

820 : :02/07/25 15:43 ID:1o2w9p04
大東亜戦争が無かったら日本は独立できなかった
よってあの戦争が無ければアジアは独立できなかったと言える

821 :日出づる処の名無し:02/07/28 17:06 ID:pU7fpvJU
>>820
>大東亜戦争が無かったら日本は独立できなかった

???

822 :日出づる処の名無し:02/07/28 17:10 ID:i8Ns3c/x
>>818
そうでもないよ。

823 : :02/07/28 17:18 ID:Lb9z27XL
まだやってんだ。好きだね。

824 :日出づる処の名無し:02/07/30 00:51 ID:bSx2jmB+
良くもageたな!

ほっとけば沈んでいったものを!

825 :日出づる処の名無し:02/07/30 02:21 ID:1g5mEDeV
>>1はもっとフィリピンの歴史を勉強した方がいいね。
大戦中に日本の後ろだてで成し遂げたフィリピンの独立をアメリカは武力で
潰し(独立国家の侵略)、大統領を投獄し、その後で改めてアメリカのもとで
「独立」させてみせるということをやっている。アメリカに約束された
「独立」なるものは所詮アメリカの手のうちのものでしかなかったってこと。

こういう問題を考えるときは、日本が良かった悪かったでなく、独立に
対するフィリピン側の思惑と動向に注目するように。

826 :   :02/07/30 03:20 ID:8dyOzF/W
>1
おもしろい・・・独立してみせろ。


827 :日出づる処の名無し:02/07/30 05:48 ID:Jvzp4xH+

みんな、1をいじめるなよ。

日本に文明化してもらわなければもっと発展していたというチョソをいじめるなよ。

オツムの弱い人をいじめちゃだめだって教わったろ?


828 :日出づる処の名無し:02/07/30 22:03 ID:aDvuqU0K
ばーか


829 :日出づる処の名無し:02/07/30 22:05 ID:AvU/Zs8m
>>1
日本が戦争を起こさないことは、欧米に対して、アジア、阿弗利加の
植民地政策を認めてしまうことではないのか?

830 :日出づる処の名無し:02/07/30 22:44 ID:pY3Of882
カートゥーンネットワークでやっている『サムライ ジャック』知ってる?
(ジャックはジャップのひっかけ)
原作者のタータコフスキーはロシア系だけど凄い日本オタ。
『デクスターズ・ラボ』の時から日本アニメの影響を受けていたけど
日本の歴史も随分(ディープに)勉強したらしく、ある話ではインドネシア
あたりを彷佛とさせる国でサムライの主人公が家畜同然の奴隷にされている
先住民(ゾウの姿に描かれている)を人間に戻し、蜂起させる話があった。 
ちなみに原住民を永きに渡り圧制して来た支配層はヒゲの形といい性格行動といい
中国人そっくり。

北欧人、スコットランド人などいろいろな国の人間がモデルのキャラクターが
出てきて面白いよ。

831 :日出づる処の名無し:02/07/30 23:01 ID:g7FGNxlj
ミュージシャンの角松敏生氏が熱く語ってます。
mms://dca-sp.pod.tv/showtime/special/music/mc11/mcs0000001702.asf

最近ハマっている事と言えば、日本人の民族性やアイデンティティー。
ま、元々古代史に興味があったという事もあるんでしょうけど。

〜中略〜

学校で教えている歴史が、いかにイイカゲンな事なのかが分かってきて。
公に出来ない歴史があるという事に気づいた。

〜中略〜

日本は戦争に負けてアイデンティティーが分断された。
ある意味、当時はあまり良くなかった時代なので、戦争に負けて
良かったかも知れないが、その分失った部分も大きかった。


832 :日出づる処の名無し:02/07/30 23:14 ID:ToO6My/E
           ∫
   ∧,,∧    ∬  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ミ,,゚Д゚彡っ━~  < >>1 ソースを示せ!!こっちのソースはこれだ、おめーら!
 と~,,  ~,,,ノ_.  ∀  \_________________
   ミ,,,,/~),│   ┷┳━   
 ̄ ̄ ̄じ J ̄ ̄| ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻
http://ime.nu/ime.nu/pinktower.com/ime.nu/www.grn.mmtr.or.jp/~ichikawa/pantira/cgi-bin/img-box/img20020625195339.jpg


833 :日出づる処の名無し:02/08/03 05:08 ID:a2ansg6A

私は、在日3世です。
生まれ育った日本よりも、一度しか訪れたことのない祖国への関心の方が強かったです。
「なぜだろう?」と思いましたが、答えはすぐに出ました。
日本に気持ちよく受け入れてもらっていないし、同じに思えないことが多いからです。
幸いにも私は、差別を受けずに育ってきたように思います。
だが、社会人になって、不合理な現状を感じました。
 W杯で日本よりも遥かに上のアジア初の4強で、先に負けた日本人たちが心にもなく
韓国を応援しているのを見て、一時のお祭り騒ぎのようで、空々しさを感じました。
 これをきっかけにして、差別や参政権の問題などに目を向け、
私たちと同様に疑問を感じてくれる日本人が増えてくれれば良いのですが…。
 私は人として、今当然与えられるべき権利を侵害され、また今まで歴史的に日本が
我々に虐待を続けてきた事実・・・・があります。
それらに疑問を投げかけられる側に生まれたことを、本当に良かったと思っています。
侵略侵害する側の人間でなかったことを感謝します。
謝罪して反省して、然るべき誠意を見せるべきなのは日本の方です。

834 :日出づる処の名無し:02/08/03 05:13 ID:HWHmeE8l
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

835 :日出づる処の名無し:02/08/03 05:13 ID:bDJRVahF
>>833
良かったね。

836 :日出づる処の名無し:02/08/03 05:22 ID:HWHmeE8l
>>834
一応マジレス。

んじゃ、あなたの好きな祖国へお帰りください。
あなたを「虐待」している国に居座る理由なんかありません。
居候にメシを食わせて生活環境を整えながら文句をたれる
恩知らずを盲目的に養うほど日本は裕福じゃありません。

何故、在日台湾人問題が無いのですか?
(おっと、わしは台湾人の血も流れておりますぞ)
詰まるところは自分たちが至らなかった買ったのを棚に上げているだけです。
自称「礼節の国」の民は最強ですね(ゲラゲラ

つーか、どこを縦読みor斜め読みするんだ?

837 :836:02/08/03 05:24 ID:HWHmeE8l
おっと、834じゃなくて833ですた。

838 :日出づる処の名無し:02/08/03 05:31 ID:HWHmeE8l
>>833
つーか、マルポか。

839 :日出づる処の名無し:02/08/03 06:11 ID:7TD0GbyM
>>833
これってコピペだよな?
以前見たこと有る気が・・・

840 :日出づる処の名無し:02/08/03 06:27 ID:EaWKsCDn
>>1

すっごい古臭のコンセプトで、失禁してしまいそうな反日が立てたスレは、
ここですか?

841 :日出づる処の名無し:02/08/03 08:22 ID:Xn+hr+z4
>>833
もう一度歴史の勉強してください
それとも厨房以下ですか?
捏造国家の言い分はあきました
嫌なら半島帰って良いのですよ?
むしろ反日が減って嬉しいよ
親日在日だけ残ればこの国安泰なので

842 :日出づる処の名無し:02/08/03 09:19 ID:lmDe1UEb
>>833
チョンは死んだほうがいい。

843 :日出づる処の名無し:02/08/03 09:23 ID:feiW/34r
833は確か朝日新聞の投書だったはず。マスコミ板で見かけたよ。

844 :日出づる処の名無し:02/08/03 09:26 ID:puwIlRxL
833 コピペの加工です。

845 :日出づる処の名無し:02/08/03 09:42 ID:ntpdD7fw
>>842
チョンなんて生きながら死んでるようなもんだろ
腐臭を放つのが困りもんなんだが…


846 :日出づる処の名無し:02/08/03 11:05 ID:OAG8XPUp
腐臭ではなく、ニンニク臭です。
韓国の1人あたりの年間ニンニク消費量…9kg(世界1位)

847 :日出づる処の名無し:02/08/04 13:53 ID:/O/VU3Lx
まあ半島人は俘囚のようなもんだったからな。
半島で半万年飼い殺しだったわけで。




848 :日出づる処の名無し:02/08/05 01:06 ID:6c6XaweL
日本占領前にアメリカがフィリピン独立を打診していたのは事実ですが、
それは、経済悪化によって後進地域が足手まといになったからで、
「独立という名目」でフィリピンを見捨てたに過ぎない。

植民地といえば全部悪で、独立は全部善ってのは浅はか過ぎる。

849 :日出づる処の名無し:02/08/05 13:18 ID:riZ/baK2
>>1
あの戦争をやらなければ、君の祖国は…

850 : :02/08/05 13:39 ID:ONDAvKU0
大本営の無能さが一番出たのがあの戦争だな。
どれだけ強い軍隊を持とうと、絶対的に軍を過信しすぎた。
精神論だけで勝てると戦略を誤った大本営は非国民。

851 :日出づる処の名無し:02/08/05 22:13 ID:hrGc2341
>>850
そんじゃ、あの戦争を回避するシナリオを教えてくれ。
戦争やりたがってたのは日本じゃないのを知らないお前よりか、
大本営は優秀だったと思うよ。
結局、今の日本が有るのは相手に恐怖を与えるほどにダメージを与えたから。
簡単にコウサンしてたら今頃は分割統治で悲惨なことになってたな。

852 :日出づる処の名無し:02/08/08 19:23 ID:uhsd16Uh
あついあげ


853 :日出づる処の名無し:02/08/09 01:49 ID:puHjEFpG
>>851
上が中国を共産主義に誘導して、米ー中ソの対立を見越して、米国寄りになる。
中が中国からサッサと手を引き、スペインみたく中立を保って耐える。
下がハルノートを呑んで、満州からも手を引いて、米国の警戒を解く。

今の日本があるのは、大本営は優秀だったからでなく、
敗戦によってもたらされたいくつもの幸運が重なっただけ。

854 :BB:02/08/09 02:29 ID:JYWNr9hp
大本営が優秀だったかどうかは別として日本兵は良く戦ったよ
敗戦によってもたらされた幾つもの幸運って何?
物質的な物は別として失ったものの方が多いと思うけどね

今も昔もUSAに敵とされた国は、徹底的に政治的・軍事的攻撃を受ける
これ常識、説得力無いな〜>>853

855 :日出づる処の名無し:02/08/11 18:11 ID:RGOOEOA/
>>853
満州から手を引くなんて「無茶」を日本全体が許したか、甚だ疑問だね。
それに、戦わずして降伏してたら今頃平仮名も漢字も日本には無い。
植民地への道を選ぶのが優秀というならそれでも結構だが。


856 :日出づる処の名無し:02/08/12 01:41 ID:rcZPpJ4l
 昭和16年12月8日、日本は米英に対し宣戦布告し、大東亜戦争に
突入した。
 開戰初期、日本はハワイ真珠湾、マレー、シンガポール作戦等で
戦果を挙げたが、昭和17年6月ミッドウェー海戦において航空母艦の
大半を失い、その後戦況は逆転の様相を呈してきた。
 その時、インド独立の活動を続けていたチャンドラ・ボースが日本
への支援を要請してきた。日本はその要請に呼応し、インド国内の
要衝インパールを奪取して、インド国内の反英独立勢力の支援と、
昏迷する戦局の打開を計るべく、インパール作戦の実施に踏み切った
のである。ビルマ方面軍第15軍傘下の7万8千、そしてインド人の
志願兵によるインド国民軍(INA)2万もチャンドラ・ボースの統率下
に参加した。

857 :日出づる処の名無し:02/08/12 01:42 ID:rcZPpJ4l
 昭和19年3月8日先づ第33師団「弓」はインパールを南方より攻撃
すべく行動を起し、主力は3月15日払暁を期し、一斉にチンドウィン
河を奇襲渡河し、アラカンの峻険を越えて進撃を開始した。
 3月28日第15師団「祭」の挺身隊はミッションを占領、インパール
-コヒマ道を遮断、次いで、4月5日第31師団「烈」はコヒマを占領、
「祭」の主力はインパール北および東北インパールを指呼の間に見る地
区に進出した。
 「弓」兵団もインパール南方に進出、英軍団をコヒマ、インパール
付近に補足する態勢を確立したかに見えた。
 インド国民軍も「烈」と「弓」の両兵団と行動を共にして、遂に念願
のインド国領土(コヒマ及びモイラン)に進出、インドの三色旗をひる
がえしたのである。

858 :日出づる処の名無し:02/08/12 01:43 ID:9U0sH/Hm
>853
北支はともかく、満州は日露戦争以降の歴史があるからまず国民は納得
しないと思われ。
満蒙は日本の生命線という言葉がすんなりと受け入れられたのもそのせ
いだろうし。

859 :日出づる処の名無し:02/08/12 01:44 ID:rcZPpJ4l
 しかし英軍の抵抗は極めて頑強で、戦線は膠着、更に空輸により潤沢
な補給を行い、反攻を加えてきた。日本軍はこれに対し死鬪を繰り返し
たが、食料弾薬共に杜絶し、戦力の消耗は極限に達し、6月遂に撤退を
開始した。
 その時アラカンは雨期の最盛期に入り、連日の大豪雨に河川は氾濫、
路なきジャングルの中、英軍の急迫を受け慘憺たる結果となった。

860 :日出づる処の名無し:02/08/12 01:45 ID:rcZPpJ4l
 戦後、昭和20年11月インドを支配していたイギリス当局は「イン
パール作戦に参加したインド国民軍は、イギリス皇帝に対する叛逆者
である」として、3名の将校を極刑に処そうとした。インドの民衆の
意向に背いて、軍事裁判を強行した英当局に対する大衆の怒りは爆発
した。
 抗議運動はインド全土に広がり、いたるところで官憲と衝突、流血の
惨事となった。更に英国本土にショックを与えたのは、英海軍のインド
人乗組員の一斉反乱であった。

861 :日出づる処の名無し:02/08/12 01:45 ID:rcZPpJ4l
 英国も遂に事態収拾困難と考え統治権を譲渡、昭和22年8月15日イン
ドはパキスタンとともに独立したのである。
 インパール作戦に参加した日本軍7万8千名、インド国民軍2万余名
 戦没者 日本軍4万9千名、インド国民軍も3千名
 しかしこの作戦が直接の契機となり、今後相当の年月がかかるであろ
うと言われていたインド独立が、戦後わずか2年で達成されたのである。
 それぞれの国と家族を思う純粋な心と信念をもって戦った、日本軍と
インド国民軍(INA)の英霊を私達は忘れることはできない。

862 : :02/08/12 01:51 ID:0q87f5o8
「自分達の国が滅びるかもしれない」「自分達が列強諸国の奴隷とされるかもしれない」という危機感が、その時代、この国の国民全体にあった事を
「サヨク」の方々は知らないんですか?(w

863 :851:02/08/12 12:21 ID:sInQlsEA
>>853 俺は>>850よか大本営のが優秀だと書いたつもりなのだが。
まあ、先の戦争じゃミスも有ったと思うが、最大限に頑張ったんじゃないかな。

ただ、偉そうに語った853よ。
貴殿の夢物語が実現不可能だという現実くらいは大本営は知っていたはず。
これまた相対的な評価だが、853よりも大本営は優秀だったと思われる。

864 :日出づる処の名無し:02/08/12 12:26 ID:sInQlsEA
>>862
知らないんだろうねえ・・・
無知な批判とは恐ろしきことかな。

865 :日出づる処の名無し:02/08/13 22:11 ID:9r1Bj2xH
これも維持しておこう

866 :日出づる処の名無し:02/08/13 23:07 ID:7c1pPraR
ja-ageroyo!


867 :日出づる処の名無し:02/08/15 05:27 ID:1Xz4j44X
age

868 :日出づる処の名無し:02/08/15 06:37 ID:ZQL+7S7C
今だって十分植民地だけど。

326 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

    !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}   ̄ `>- .. ___   _... -r┘
   ',::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    /  |    ̄   /
    ):::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::l.   /   l         / @                        
      \ \ \           /  /、 }    − _− __ −―_                                  
        '、\ \          |  ,/  !、 ヽ、 ̄         i/gamespo/1250706463/55" target="_blank">>>55
>>56>>57>>58>>59★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)