5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本人は無宗教ではない その2

1 :1:02/09/10 15:23 ID:BudibHCC
前スレが950に迫ってきたので「その2」を立ち上げました。

過去ログ
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1029845928/

しかし、鸚鵡の騒動以来、日本人は宗教というと胡散臭いイメージ
を持っているのでここまでスレが伸びるとは思わなかったぞ。

25 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

26 :1:02/09/10 18:49 ID:cVijBm8q
コピペ荒らしの5wB2qbuTは無視して日本人の信仰をマターリ語ろうぜ。

伊勢神宮の「式年遷宮」はユニークな宗教行事だな。
外国で似たようなものはあるかな?
山口祭から立柱祭までは諏訪の御柱と似ているな。

http://www.isesyoyu.co.jp/jinguu/senguu/

27 :一僧侶:02/09/10 19:42 ID:F+82bYVU
スレが伸びてると思ったら、何か妙な人が居りますね。
このスレは日本人の精神の根幹に迫る良スレですから、荒らし(嵐?)は無視して
マターリと行くことに賛成です。

話は伊勢神宮の遷宮ですが、地方の神社でも遷宮と言うか、新社建立と言うか、
何かあると新しい社を造りますよね。
こういう事は諸外国では余り見られないのではないでしょうか。

石造りと木造りという文化の差も有るでしょうが、神仏を粗末な処に安置出来ない
という思いが日本人には有ると思います。

28 :日出づる処の名無し:02/09/10 21:45 ID:Fevui+iI
キリスト教は、多神教を無理に一神教にしたもの。
カトリックに使徒信仰、マリア信仰、守護聖人信仰、天使信仰があるのは、
その名残り。
英国国教会はカトリックからマリア信仰をなくしたもの。
プロテスタントは、それらの信仰を無理になくしたもの。



29 :28:02/09/10 21:45 ID:Fevui+iI
カトリック、仏教→混沌を良しとする
カトリック:神は1つ、しかし、守護聖人崇拝、マリア崇拝、使徒崇拝、天使崇拝
よって、多神教的
ヨハネ・パウロ2世もいる
仏教:釈迦はいる。しかし、さまざまな像がある。よって、多神教
ダライ・ラマもいる

プロテスタント、イスラム、儒教→原理主義的
プロテスタント:神は1つ、聖書のみ
イスラム:アラーのみ、コーランのみ
儒教:孔子のみ、教えがある本のみ

聖公会、日本→いいとこ取り(w
聖公会:カトリックとプロテスタントの中間
日本:仏教と儒教の中間




30 :1:02/09/11 15:56 ID:1GshjhA8
やっと落ち着いたみたいですね。
最初にきちんと断り書きをしなかったのが荒らしを招いた様ですね。

一応、断っておきますがこのスレは我々自身無宗教と思っている人が
多いようですが、私の体験から「実は日本人は無宗教ではないのでは?」
と思った疑問から立てたスレです。
特定の新興宗教を非難するスレではありませんのでその手の話はよそで
してください。

さて、本題に戻って、
>>27
20年おきに新しい社を造るそうですが、古くなったご用材はちゃんとリサイクル
されているみたいですね。

31 :28:02/09/11 16:22 ID:xFGKPK6L
>30
前スレの1?いずれにせよ、前スレの1をコピペしておくよ。

1 :日出づる処の名無し :02/08/20 21:18 ID:z4R9URJB
よく「日本人は無宗教」と言われているが、
そうだろうか?と思う。

東南アジア旅行中の時、インドネシアで感じたが
イスラム教徒はみんな友達と思っているフシがある。
これはパキスタンや中東でも感じた。
仏教徒が多いタイやミャンマーでは日本みたいに他人との間に
距離を置く。 距離のとり方が日本人に近いというべきかもしれない。
そんなことから宗教というものは人に何らかの影響を与えていると
思うようになった。

「日本人は無宗教」ということを最初に言い出したのは戦後に
なってから宗教を否定する共産主義者ではないかと思うようになった。

詳しい方、ご教示を。

ちなみにインドネシアで無宗教というのは共産主義者
ということらしい。






32 : :02/09/11 16:23 ID:FDXBz8GD
日本の主導宗教は神道なのは間違いの無い所。
神道の上に他の宗教が結びついてます。
日本の生活習慣の殆どは、神道のスタイルなんですよ。
無意識なまで密着しているだけの話です。
人・物・空間に対する感謝の姿勢、挨拶、生死の概念等、全てが神道に根付いてます。

元々宗教と言う物は、発生した土地の生活習慣・風土・倫理観等が体系化されたもの
ですので、生活と一体化しているのが当然のスタイルなんですね。
キリスト教に代表される、新代宗教は発生した場所とは別のところで信仰されてますので
おかしな事になってますけどね。

ちなみに、仏教は、目指す場所を示す宗教。
ユダヤ教・キリスト教は、目指す場所に辿り付く道を示す宗教。
イスラム教は、目指す場所に辿り付く歩き方を示す宗教。
神道は全てを認め和を持って全員で目指す場所にたどり着こうとする宗教。

こんな関係もあり、ユダヤ教・キリスト教は他教を排斥しやすい傾向にありますし、
イスラム教も、似たような物ですが、キリスト教は同じと頃から派生してますので
意外とキリスト教には寛容です。ユダヤ教は裏切り者ですから非難してますけどね。
仏教は、目指す場所に辿り付くためなら何でも有りなんですが、個人レベルでは
多少視野狭窄気味で、たすうの宗派が生まれてます。

で、神道なんですが「和」が全ての基本で、全てを認めている為に、逆に宗教として
意識せずに済むと言う、世界的に見れば稀有な存在になる訳です。
ですから、神道では同時に他の宗教を信仰する事も、否定してないんですよ。

以上、日本で一番メジャーな仏教の宗派の僧名を持つ者からのお話でした。

33 :茶々:02/09/12 05:20 ID:FA477ua2
このスレ見てると、「日本人は何らかの共通の宗教性(でも何でもいいけど)
を持っている」という前提は共有されてるみたいだね。

で、そもそもその前提はどうなの?
「日本人」と一口に言うけれど、これだけライフスタイルに幅が
ある中で、共通のものが果たしてあるのかな?

あと昔から連綿と引き続く伝統という形で論じられることが多いけど、
変化のモメントは無いわけ?「生活習慣」なんかでいえば、近代になって
激変したのは言うまでもないわけで、「倫理」だってそうだと思うけど。

あと一神教とそうでない日本の宗教性、という形で論じられているみたいだけれど、
その場合のモデルとされている「一神教」のあり方って、かなり経典に忠実な
捉え方をされているみたいに思うんだけど、それってどうなの?
上の方でなんちゃってイスラムみたいな話が出てるけど、イスラム教徒の全てが
生活の100%をプロパーなイスラム教徒として生きているわけではないでしょう?

「「理念型」において質的な違いがある」と言うのは、
相互理解より排外につながりそうでスゴイ嫌なんだけど。
(こういう話って「ここは似てますよね」にはならないねぇ・・・)

まあ本質論でいかれてしまうと、そういうのは逸脱だ、
で反論不可能になるから話が済んじゃうんだけどね・・・

34 :茶々:02/09/12 05:27 ID:FA477ua2
まあ「日本人」とか「宗教」とか、そもそもの命題の記述に使われている
述語が曖昧にならざるを得ないものなので、厳密な議論なんか
しようがないからいいんだけどさ。

日本の「和」を賞揚するのもプラクティカルに「いいこと」に
つながるといいんだけどねぇ〜

個人的には「和」とか言われると、同調圧力とかの
逸脱者を排除することによる「和」という側面、
またそういった過程を隠蔽してしまうこと、に目がいってしまうので。

ええ、こういう書き込みも「和」を乱すんだろうけど、リアルライフでは
ちゃんと「和」を心がけて生きてます。どうにもこうにも日本人だし(吐息)。

35 :茶々:02/09/12 05:30 ID:FA477ua2
盛り上がってるのに水を差してスマソ。
もうしばらく出てきません。

しかしこういう議論に学者の話がまったく出てこないのは、
「学問」と一般的な言論空間の乖離を表すようで興味深いねぇ。

36 :日出づる処の名無し:02/09/12 06:37 ID:EbCnBomW
イスラム教の親和的な態度は信仰から来てると思うけど、
だからといってそのファクターがすべからく
信仰に由来するというのはどうだろうか。
距離のとり方だけで無宗教でないと言われてもなあ。
土着の宗教なら、宗教が生活習慣を作ったのか、
生活習慣が宗教を作ったのか分からないじゃないか。
よしんば宗教が生活習慣を作ったのだとしても、
形だけ残って本人に信心がなかったら
やはりその人は無宗教なんじゃないかなあ。

ちなみに自分は法華経やってるけどね。
仏教はインドではヒンズー教に取込まれて衰退してるし、
しかも仏教の様式はヒンズー教から来てるらしい。
そりゃそうだね。ヒンズー教の環境で育った人が仏教作ったんだから。
しかもヒンズー教の人が見ると意味が違っててびっくりするらしい。
でもそんなことはどうでもいいと思う。
重要なのは信仰の内容であって形じゃないんじゃないかな。

37 :日出づる処の名無し:02/09/12 13:30 ID:opCzQ/MB
>>33-35
ライフスタイル→「生活様式」
モメント→「瞬間」
モデル→「見本」、又は「対象」
プラクティカル→「実際に」
リアルライフ→「現実生活」

38 :オマケ:02/09/12 13:34 ID:opCzQ/MB
>>36
ファクター → 要因

39 :日出づる処の名無し:02/09/12 14:20 ID:wR2UP7V7
宗教に入れよ、なんとかしてあげるぜぇ〜

40 :36:02/09/12 15:21 ID:EbCnBomW
>>38
この場合は「要素」や「因子」の方が近いです。

41 :日出づる処の名無し:02/09/12 15:29 ID:HbvVDrDW
このスレおもしろいね

42 :日出づる処の名無し:02/09/12 15:29 ID:wOqXjsFn
日本人が無宗教かどうかは、宗教の定義に因る。
西洋の宗教観からすると、経典のない神道など宗教ではないのだろ。
多神教は原初な宗教形態で一神教に最終的には進化するものとみなしているのだろう。
が、西洋的な宗教観にとらわれなければ日本人は深い宗教心をもった
民族だといえる。

43 :日出づる処の名無し:02/09/12 16:48 ID:o8HAs1mi
このスレで決とると天皇陛下は神になりそうな気がする。


44 :fusianasan:02/09/12 17:18 ID:vGGkyLd6
>>42
そう言えば、「宗教」と言う単語自体、いつ成立したものなのか?
或いは、対象として何を表現する為に出来た単語なのか?
と言うのを、よく考えてみると無関心に過ごしています。

古来、信心と言っていたわけだし、どうなんでしょうね?

45 :日出づる処の名無し:02/09/12 18:00 ID:pzNhPnjZ
明治だろう。○○宗(宗派)と○○教(仏教やキリスト教)で、宗教。
「信心する対象の総称」じゃなかろうか。

46 : :02/09/12 18:28 ID:vGGkyLd6
>>45
つことは、やはり「レリジョン」の訳語でなく、「日本の事象の総称」欲しさで、と
言うことですかね?

47 :日出づる処の名無し:02/09/13 10:35 ID:Q/rYqYbr
>>46
訳語の必要性があったかどうかは分らないが、総称は必要だったんだろう。

もともと、「やまとことば」には、抽象的概念を示すものがなかった。
というより、そういう言葉が発生する前に、漢語が入ってきてしまった。
また、漢語を日本語の中に、うまく取り込めたということも言えるだろう。
自由、信頼、宗教、権利、平等、定義、命題、やまとことばでは表現できない。

48 :sage:02/09/13 13:17 ID:jPsL5IFd
>>43
この問題って難しそうだね。

いつ?だれが?天皇陛下を現人神にしたか?だよね。

明治以降は国民国家建設の上でのプロパガンダとしてそうなったかもしれないけど。
昔は個人的には「天皇とは?」というと胡散臭いイメージだったけど、
阪神淡路大震災あたりから考えが変わってきた。
避難所に慰問にきた政治家は被災者の方々から「何しに来た!」みたいな感じで
見られていたけど、天皇皇后両陛下の慰問にはおばあちゃんたちが「遠路はるばる
よく来てくださいました。」てなかんじで歓迎されていた。
後に外相になる女性政治家なんかは避難所に土足で上がりこんだが、両陛下は
ちゃんと靴を脱いでから避難所に上がったとウチの親が言っていたぞ。

「国民の規範になる尊敬されるお方」というのは必要なのでは?と当時思った。

49 :48:02/09/13 13:18 ID:jPsL5IFd
間違って上げてしまった。
恥ずかしい(W

50 :日出づる処の名無し:02/09/13 15:30 ID:9mBCspZ8
>>48
変な人に天皇制反対って言われて、天皇陛下ご自身も、複雑な心境だろうな
天皇陛下と日本と言う国は切り離せないと私は思うんだが……

51 :塀垂媛命:02/09/13 21:25 ID:UoljENYE
>50
まあ、昔から反天皇制の人間はいなかったわけじゃないからね。
古くは奈良・平安のころのエミシ(漢字変換でけんかった)とかもいたし。

52 :日出づる処の名無し:02/09/13 21:38 ID:952zXE1G
天皇は、「やめれるもんなら、やめたい。」とか思ってないだろうか?


53 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

54 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

55 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

56 :36:02/09/14 08:10 ID:tUXAK6ja
>>42
神道はお祭りとか文化としては残ってるように感じるけども、
「『深い』宗教『心』」と言われてああそうだってどれくらいの人が思うんだろうか。
別にその違和感は経典がないから、ということじゃないと思う。
経典のない多神教やアニミズムを深く信じてる民族はいていいと思うよ。
それを見たときに「これは宗教ではない」なんてたぶん誰も言わないと思う。

57 :日出づる処の名無し:02/09/14 08:28 ID:OMRyCQdC
右翼の人は嫌がるかもしれないが、原日本人の宗教に近いものは
沖縄やアイヌにあると考え、研究する人がいる。
仏教、明治・天武時代の神道を引いていくと見えるらしい。

58 :日出づる処の名無し:02/09/14 10:15 ID:QRbKUxXk
>>57
私は、他の場所ではクソウヨまで言われたが、あなたの意見に違和感はないよ。
日本人は、さまざまな宗教の価値観を、自己の都合にあわせて採用してきた。
これは、例えば漢字の採用にも現れていますが、ベースを崩さないことは
非常に頑固な国民性のように感じる。他国も同じように頑固ではないかと思う
時もあるが、それは宗教上の具体的教義に反することは受け入れないのであって
日本人は、教義というものを持たない「特定ではないが一定の宗教観」に基づい
て様々なものを受け入れてきたと思う。

最終的におちつく、日本人の宗教的価値観は「和・・・話し合えば、何でも
解決できる。争いは怨念を生じ、穏やかな話し合いが出来ない」というところ
ではないだろうか。これに反しなければ日本人は受け入れることが出来る。

59 :日出づる処の名無し:02/09/14 17:14 ID:S4b6WYdZ


60 :日出づる処の名無し:02/09/14 17:29 ID:GrkQX8p/
日本人の宗教的価値観に
話し合いによる「和」をもってくるのはなんかちょっと引っかかるなぁ
「日本人は争いを好まないんだ」って美化し過ぎているような気がする
敗戦後の教育の影響がどうも感じてならない

61 :日出づる処の名無し:02/09/14 17:31 ID:801pmAO7
>>57
沖縄弁とか、小笠原諸島(三宅島だったかなぁ?)に残る方言は
現在の日本語かなり特殊な位置を占めるが、
実は昔の日本語をベースに独自に発展したもの、と見ることができるらしい。
中心から離れているほど変化の圧力(?)が少なく、保存状態が良い。
ということらしい。
似たようなものを感じる。

62 :日出づる処の名無し:02/09/14 17:32 ID:801pmAO7
>>61
二行目→現在の日本語においてはかなり特殊な位置を占めるが、
に訂正。

63 :日出づる処の名無し:02/09/14 17:59 ID:801pmAO7
>>60
従来「文明」と呼ばれている、四大文明に代表されるタイプの文明を「家畜の文明」
と位置づけ、これまで「文明」と認められてこなかった長江文明、アンデス文明
古ヨーロッパ文明、縄文文明(日本文明)を「森の文明」と呼ぶことを提唱してる学者がいる。

「環境と文明の世界史」(洋泉社新書)石弘之・安田喜憲・湯浅赳男

これ読んでみて。お勧め。「和」とは何も関係ないかも知らんけど
「日本人の宗教的価値観」ってのを考えるには参考になると思う。

ちなみに「和」ってのは
井沢元彦(w曰く「みなで決めたことは絶対に正しいという宗教」なんだって。

64 :日出づる処の名無し:02/09/14 22:35 ID:tUXAK6ja
どっちかというと「和」を持ち出す人って話し合い苦手だよね。
こっくりさん式に誰ともなくたまたま向いた方向で動くって感じ。
はっきり意見を言ったり疑問を投げかけると「和」を乱すことになる。

妬みの文化ってよく言われるけど、個人の手柄を認めない文化なんだよね。
だから俺にもマイクよこせってんでカラオケが生まれたという説を聞いたことがある。

65 :日出づる処の名無し:02/09/14 22:38 ID:oSyBiu+N
>>64
「和」は「争いを静めるため」であって、「和」は「和」を保つ物じゃない。
個人の手柄を認めないのは和じゃなくて、嫉妬か、あるいは恐ろしく判断能力の無い人。

66 :日出づる処の名無し:02/09/14 23:22 ID:801pmAO7
>>64
学校教育で「議論すること」を教えないからだと思う。
国民総議論下手。国会議員だってあのザマだし。

67 :日出づる処の名無し:02/09/14 23:52 ID:oSyBiu+N
>>66
議論上手な人と話した事あるのかと小一時(略

68 :日出づる処の名無し:02/09/16 06:39 ID:nPHMy5Hv
   

69 :日出づる処の名無し:02/09/16 11:19 ID:py07Oa9Z
>>36
>イスラム教の親和的な態度は信仰から来てると思うけど、
>だからといってそのファクターがすべからく
>信仰に由来するというのはどうだろうか。
イスラム教徒が外国人に親切というのは外国人を
「メッカの巡礼者」ととらえていること、「人類(イスラエルを除く)皆兄弟」
ととらえていることからだろう。

四国(特に高知県)の人もよそ者には親切だが、
「お遍路さんを粗末にしたらバチが当たる。」ということだそうだ。
これも信仰が影響していると思うがいかがだろうか?

四国以外の地域でもお墓に拝むというのも信仰からだと思う。

70 :日出づる処の名無し:02/09/16 13:15 ID:7IeGu793
安田良憲氏の名前が挙がってたので嬉しくてカキコ。

キリスト教がヨーロッパで布教していく過程で、様々な詐術を使ったのはみなさんも
ご存知の通りですが、そのなかでも最大の問題行為はヨーロッパの森林を伐採して、
その跡地に教会を作ったことです。
森林が伐採されると同時にゲルマンたちはあっという間にキリスト教に改宗していきました。
これはゲルマンの精霊信仰が森とともにあったことの何よりの証です。
そして伐採によってヨーロッパの本来の生態系が破壊された結果、ネズミが大量に発生し、
そのネズミを媒介にして「ペスト」がヨーロッパで猛威を振るい始めたのです。
大地母神の復讐と言ってもいいでしょう。

71 :消えつつあるねこのスレ:02/09/17 20:50 ID:s9SIj9mb
44-47
「宗教」という言葉は religion の翻訳語として、
明治十年代に使用が一般化した言葉にょ。

72 :日出づる処の名無し:02/09/18 06:37 ID:lrvcLoUR
               

73 :さまよえる亡国人:02/09/18 23:16 ID:XrvLzvDX
残るか

74 :日出づる処の名無し:02/09/19 01:50 ID:bHwYeaTF
あげておこう

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)