5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小林よしのりと「ホロコースト」

1 :クーパー田中:02/01/18 10:27 ID:Ne5C1fNP
小林よしのりと「ナチのガス室」問題について、
御意見をお聞かせ下さい。

http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

私は、「ガス室」は無かった、と言う意見ですが、
皆さんはどうお考えですか?

そして、小林氏は、どう思っているのだろう?


2 :名無しかましてよかですか?:02/01/18 11:08 ID:XrFyZAkk
┌──────────────────────―─―┐
│□ ■2ch BBS ..− Microsoft Internet Explorer    囗曰区||
├───────────────────────┬─┤
│ファイル(F) 編集(E) 表示(V) お気に入り(A) モナー(∀)   |::田|
├────────────────┬──────┴─┤
| ←     →     ×     圍    合  |   Q          》|
| 戻る   進む   中止  更新  ホーム |  検索          |
├────┬───────────┴──┬─┬───┤
│アド レス(D) | □http://www.2ch.net/2ch.html  |▼|⇒移動|
├────┴───┬┬─────────┴─┴──┬┤
│                ├┤                      ├┤
|2ちゃんねる    ||                      ||
│2chの入り口    ||                      ||
│2ch総合案内┌───────────────────────┐
│        | 2ch                                 |
│        ├───────────────────────┤
│おすすめ   | 1は不正な処理を行いました。      ┌───┐   |
│モナー    | 残念ですが1の人生を              | 終了 |   |
│        | 終了させてあげて下さい。(推奨)       └───┘   |
│        |                                  |
│        └───────────────────────┘
│特別企画        ├┤                      ├┤
├┬──────┬┼┼┬────────────┬┼┤
├┴──────┴┴┴┴──┬─┬─┬─────┴┴┤
│□ エラーが発生しました    |  |  |●インターネット |
└─────────────┴─┴─┴───────┘


3 :クーパー田中:02/01/18 12:03 ID:Tqp8yW+H
2は何だ?

http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

4 :コペルニクス:02/01/22 02:05 ID:8Z24yZUe
戦後、連合軍がドイツで押収した大量のドイツ政府文書の中に、
ヒトラーが「ユダヤ人絶滅」を命じた命令書は1枚も発見されて
いない。これは、全ての歴史家が認めている。又、当時の
ドイツ政府が「ユダヤ人絶滅」なる計画に予算を計上していなかった
事も判明している。

つまり、「ユダヤ人絶滅計画」なるものは、「従軍慰安婦の強制連行」
と同じものでしかないのですよ。

小林よしのりともあろう人物が、何故、「ホロコースト」はあった
なんて言うんだろう。

http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html


5 :名無しかましてよかですか?:02/01/22 02:08 ID:akdYHD0K
単純に小林氏の調査不足って事もあるかも知れないから
手紙でも書いてその趣旨を伝えてみれば?

6 :コペルニクス:02/01/22 02:09 ID:8Z24yZUe
それから、「ガス室」で殺された死体は一体も解剖で確認されて
いない。この事は、「ガス室」があったと主張する側の歴史家
であるラウル・ヒルバーグ教授が、1985年1月17日に
カナダの法廷で証言している。

テレビに良く出てくる死体の山の映像は、発疹チフスなどで
病死したユダヤ人の死体であって、「ガス室」の犠牲者では
ない。「南京大虐殺」のトリック写真と同じ事なのだ。

こんな事に、何故、小林先生は気付かないのだろうか。・・・

http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

7 :邪神崇拝者:02/01/22 02:10 ID:e70B0z1w
ここはネタスレか?

8 :コペルニクス:02/01/22 02:13 ID:8Z24yZUe
http://zenkoji.shinshyu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

このサイトに紹介されている本を読むと分かるが、

1)連合国は、戦後の戦犯裁判の陰で、しばしばドイツ人
  被疑者に拷問を加えて「自白調書」を作成していた。
  この事は、アメリカ議会の記録に明記されている。

2)ソ連軍がアウシュヴィッツで押収した膨大なドイツ側
  文書の中に、処刑用ガス室の設計図は、結局見つかって
  いない。今日、ポーランド当局が「ガス室」として
  観光客に公開している部屋は、病死者などの死体を
  安置する死体安置室であった事が、当時の設計図から
  明瞭に読み取れる。

9 :名無し:02/01/22 02:16 ID:/b1GZfP0
お前らアホか

10 :コペルニクス:02/01/22 02:18 ID:8Z24yZUe
http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

3)アメリカには、青酸ガスによるガス室処刑が死刑の一方法
  として行われて来た歴史が有るが、そこ(アメリカ)で
  使われて来た処刑用ガス室と、アウシュヴィッツなどで
  公開されて居る自称「ガス室」は余りにも異なって居る。
  例えば、アウシュヴィッツの自称「ガス室」には、
  ガス室に必要な気密性や、換気用の高い煙突が見られず、
  それらがガス室であったとは考えがたい。



11 :コペルニクス:02/01/22 02:20 ID:8Z24yZUe
4)そもそも、そのアメリカの経験では、ガス室は、あらゆる
  処刑法の中で、最も高価な処刑法である。そんな方法を
  「民族絶滅」の方法として選んだと言う話は、根本的に
  不合理である。

  http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

12 :邪神崇拝者:02/01/22 02:26 ID:e70B0z1w
ホロコーストがすべてユダヤのでっちあげってことか?
んなわけねーだろ!

13 :名無しかましてよかですか?:02/01/22 02:27 ID:aJXqVE2V
    三三三三ミ 〜
    |/ \ 川 〜  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ├◎─◎─|| 〜<  グロ 貼る ブレイン
 ∫ ( #)ε( # 川 〜  \___________
  -V \    /
  │ |/ ̄ ̄ \
   し/ 立  │|
    ( 花  ||


14 :コペルニクス:02/01/22 02:27 ID:8Z24yZUe
5)又、トレブリンカ収容所など、幾つかの収容所には、
  「ディーゼル・エンジンから排出される一酸化炭素」
  を利用した「ガス室」があったとされている。しかし、
  ディーゼル・エンジンは、一酸化炭素を殆ど排出しない(!)
  事であり、話があまりにも馬鹿げている。

  http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

15 :邪神崇拝者:02/01/22 02:28 ID:e70B0z1w
コペル、マルトポストはやめろ。ウザイ。

16 :コペルニクス:02/01/22 02:31 ID:8Z24yZUe
6)「ホロコースト」の内容は、戦後、二転三転している。
  例えば、今日、「定説」は、ドイツ北部にあったベルゲン・
  ベルゼン収容所には、アウシュヴィッツなどと違い、
  「ガス室」は無かったと説明している。しかし、戦争直後
  には、この収容所にも「ガス室」が有り、毎日多くの
  ユダヤ人が殺されていたと説明されていた。
  では、今日、このベルゲン・ベルゼン収容所に「ガス室」
  は無かったとされる様に成ったのは何故なのか?

 (誰か答えられますか?)

  http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

17 :コペルニクス:02/01/22 02:40 ID:8Z24yZUe
7)同様に、ドイツ西部に在ったダッハウ収容所に関する
  戦争直後の説明と現在の説明は矛盾している。戦争直後、
  ダッハウにはガス室があり、そこで毎日多数のユダヤ人が
  殺されていた、、と語られていた。そうした「目撃証言」
  が現に有り、戦犯裁判でもその様な「目撃証言」は提出
  されていた。しかし、今日、「定説」は、「ダッハウでは、
  ガス室による処刑は行われていなかった」と説明する。(!)

  では、戦後間も無い時期、そのダッハウで「ガス室による
  処刑」を目撃したと語った「証言」は一体何だったのか?

  http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

18 :コペルニクス:02/01/22 02:44 ID:8Z24yZUe
8)このダッハウの例が示す様に、戦後の「ガス室目撃証言」の
  多くが、今日、「定説」側歴史家自身によって事実上否定
  されている。(だって、そうでしょう。「ダッハウのガス室」
  に関する「目撃証言」が偽証でなかったのなら、「ダッハウ
  のガス室」の存在を疑う必要は無いではありませんか。

  http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

19 :コペルニクス:02/01/22 02:48 ID:8Z24yZUe
9)アウシュヴィッツなど、「ガス室」があったとされる
  収容所に収容されていたユダヤ人他の元被収容者の
  中には、実は、「ガス室」に否定的な証言をする人達が
  沢山居た。(「従軍慰安婦」の強制連行に否定的な
  証言をする済州島住民が沢山居るのと同じ)

  それを、欧米のマスコミと歴史家は、意図的に無視して来た。

  http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

20 :コペルニクス:02/01/22 02:51 ID:8Z24yZUe
10)「ガス室」を見たと「証言」した「目撃証人」の中には、
   後年、法廷などで自分の「証言」内容を問い正され、
   自分の「目撃証言」を事実上撤回した人物が少なからず
   居る。(吉田某のヨーロッパ版か)

  http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

21 :コペルニクス:02/01/22 02:56 ID:8Z24yZUe
11)アウシュヴィッツ(ビルケナウを含む)では、青酸ガス
   による「ガス室」処刑が行われた、と言われて居る。
   しかし、そこで「ガス室」として公開されて居る建物の
   断片(レンガなど)を化学分析した結果、そこがガス室
   であったなら検出される筈の高濃度の青酸化合物は全く
   検出されない。

  (この化学的事実をどう説明したら良いのでしょうか?)

 http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

22 :.:02/01/22 03:11 ID:oPajwoul
大量の一次資料があるので問題なし

23 :名無しかましてよかですか?:02/01/22 06:38 ID:K0wAZMGo
>>1は小林ヨシノリがホロコーストをやったと言う証拠を提出する義務があるニダ!

24 :(^0^)v :02/01/22 07:18 ID:m8yDbYmD
 >>23 小林ヨシノリが、ホロコーストの犯人だった!!??

25 :公安:02/01/22 13:43 ID:X3sGxDBI
あ〜バカが バカいってら・・旦那いい加減馬鹿さ加減に気が付いたら?

26 :小林先生大好き:02/01/22 14:44 ID:Y6ceoBGU
小林先生は、このテーマについてどんな御見解を
述べておられるのでしょうか?

どなたかお教え下さい。

27 :名無しかましてよかですか?:02/01/22 15:58 ID:VJ34Gtq8
このスレッド
南京大虐殺は無かったという小林らの強弁の
パロディとして読んだらよいということか?


28 :コペルニクス:02/01/23 00:28 ID:fZ1z/LSn
「ホロコースト」は、もう一つの南京問題なのですよ。
しかし、産経新聞も、こちらの話題は怖くて語れない、と
言うところでしょうか。
http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

29 :名無しかましてよかですか?:02/01/23 01:14 ID:rkDpbfCN
ユダヤ人はよしりんの臭いチンカスの臭いによって殺されたのです。だから科学物質は検出されない。

30 :小林先生大好き:02/01/23 16:55 ID:7fGaR6lB
この板の「ヨスィリンの過去を発掘する会」というスレッドで、
次のサイトが紹介されていました。小林先生とこの問題に関する
サイトです。
http://www.geocities.com/poli_wag2/gosenvsnishioka.htm
それからこれも。
http://www.nsjap.com/marco/
この二つのサイトをどう考えればいいのか、誰か教えて!

31 :(^0^)v:02/01/23 19:10 ID:5BWcpgjS
 >>公安
 お前、まだ生きてたのか。成仏しろよw

32 :名無しかましてよかですか?:02/01/23 21:22 ID:1cVTWyLZ
あのさあ、ネタでやってんの?とうの昔に終わってんだけど。
左右問わず、リビジョニスト相手にするやつもういないんだけど。
厨房はすぐにひっかかるからなあ。映画「ショアー」でもみたら。
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Holocaust/index.html
http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/hondana/hondana990130a.htm
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/holocaust/holocaust.htm
http://www.nizkor.org/

33 :神の幕屋:02/01/23 21:55 ID:7fGaR6lB
32で紹介されているサイトには、高橋亨という極左運動家の
サイトが含まれています。32を書いた人物は、高橋亨氏の
シンパか?

それにしても、そこにあるサイトの中に反論なんかないじゃないか。(笑)


34 :名無しかましてよかですか?:02/01/23 22:27 ID:zhhxQ9Hh
だれか、小林はマルコポーロ時代に、「ホロコーストは無かった」説を取り上げなくて良かったと、
小躍りして喜んでたと、教えてあげなさい。


35 :名無しかましてよかですか?:02/01/23 22:33 ID:8eQRqvIP
>>34
けど、それは「サヨク」時代の小林でしょ。
マジ、21世紀のコヴァ教祖は、とうぜん「ホロコーストなかった」
にいくしかない(w



36 :名無しかましてよかですか?:02/01/23 22:34 ID:1cVTWyLZ
>>33
はぁ?シンパ?そんなこといったら二番目は保守派だし。
どうせ山崎カオルも極左っていうんだろうしな、君は。
だからどうしたの。脊髄反射せず、ちゃんと読みな。終わってるだろ。
あのな、要はホロコースト否定するやつはオカルト派と同じってことさ。

37 :神の幕屋:02/01/23 22:38 ID:7fGaR6lB
「ショアー」を見たら?と言ったバカが居るから言っておくけど、
その「ショアー」を作ったランズマンと言う監督は、激烈な
シオニストだ。ほとんどシャロンと同じレベルだ。

その「ショアー」の中にアブラハム・ボンバという床屋が
出てきてトレブリンカ収容所の「ガス室」の中で自分が
殺される女達の髪を刈っていた、なんて「証言」している。
ところが、その証言によると、彼が見た「ガス室」は4平方
メートルくらいの広さなのに、その中に140人から150
人の女性が入り、その中で女達の髪を刈っていた(!)と言う
意味の「証言」をしている。こんな「証言」を信じろと言うのか?

こんな「証言」(4平方メートルのガス室の中に140人以上の
女性が入れられ、その中で、自分は女性達の髪を刈っていた、と
言う「目撃証言」)を信じる日本のサヨクって凄い。(笑)

38 :邪神崇拝者:02/01/23 22:42 ID:P9qKIoYo
普通ホロコーストがなかったなんていう奴の方が電波だろうが。

39 :神の幕屋:02/01/23 22:52 ID:7fGaR6lB
それから、君が「見たら」と言った「ショアー」に
トレブリンカ収容所周辺に住むポーランド人の老人が
出て来るよね。そして、その老人が、自分の畑から
トレブリンカ収容所のの中の様子が見えた、と映画の
中で語る場面があるが、君は、この「証言」を信じるのかい?

「ショアー」に出てくるこのポーランド人の「証言」は
驚くべき物だ。何故なら、1960年代に西ドイツで開かれた
トレブリンカ裁判の「事実認定」によれば、トレブリンカ収容所は、
二十のフェンスで囲まれ、外部から中の様子は全く見えない(!)
と言う話に成っていたからだ。この裁判が採用した「目撃証言」
が全て一致して支持したとされるこの裁判公認のトレブリンカ
収容所の見取り図はコゴンの著作にも載っているから見ると
いいが、本当にそう認定されている。
ところが、「ショアー」に登場するポーランド人の老人は、
映画の中で、自分の畑からトレブリンカ収容所の中が良く
見渡せた(!)と「証言」している。
つまり、トレブリンカ裁判と「ショアー」の「証言」は完全に
矛盾しているのだ。ならば、どちらかはウソではないのかい?(笑)


40 :神の幕屋:02/01/23 22:58 ID:7fGaR6lB
邪神崇拝者さん、じゃ、この質問に答えられるかい?

今話しているトレブリンカ収容所というのは、ワルシャワ
近郊にあった収容所だが、ここには「ガス室」が有ったと
言う事になっている。ところが、説明によると、その「ガス室」は、
「ディーゼル・エンジンで一酸化炭素を発生させるガス室」
だった、と言う話に成って居る。

はて?ディーゼル・エンジンと言うのは、一酸化炭素を殆ど排出
しない事が特徴なのですけれどね。

こんな「ガス室」は、不可能とは言わないが、余りにも不合理だ。
こんな話を信じる人こそ「オカルト」じゃないのかね?


41 :邪神崇拝者:02/01/23 23:07 ID:P9qKIoYo
>>40
お前のその話のソースがうさんくさい。

42 :神の幕屋:02/01/23 23:16 ID:7fGaR6lB
君は文科系だね。ディーゼル・エンジンは、燃焼度が高いから
大きなエネルギーを出す。そして、燃焼度が高いから、一酸化
炭素が二酸化炭素になってしまうのだよ。こんな事、ディーゼル・
エンジンに関する初歩的な本を読めば分かる事だよ。

オカルトの君には言っても無駄かも知れないが。(嘲笑)

43 :邪神崇拝者:02/01/23 23:23 ID:P9qKIoYo
>>42
うさんくさいのはディーゼル・エンジン云々の理屈ではなく
トレブリン収容所のガス室に関する説明なんだがな。


44 :神の幕屋:02/01/23 23:29 ID:7fGaR6lB
そんなの自分で調べろよ。(負け惜しみ言って恥ずかしくないのか!)
知識が無いなら、知ったかぶりして出て来るな。

(もっと恥かかせてやろうか?)

45 :神の幕屋:02/01/23 23:37 ID:7fGaR6lB
邪神崇拝者君、君に質問を集中する事にした。(笑)
君は、以下のどれか一つでも否定する事が出来るか?

1)戦後、これだけ「ドイツはユダヤ人を絶滅しようとした」と
  負われながら、連合国がドイツで押収したドイツ政府文書の
  中に、「ユダヤ人絶滅」を決定、命令した事を示す文書は
  1枚も発見されていない。
  http://www.nsjap.com/marco/

2)又、当時のドイツが、その様な「絶滅」計画に予算を計上
  していなかった事も判明している。

3)「ガス室」で殺された死体は、実は一体も確認されていない。
  これは、「ガス室」が有ったと言う側の歴史家ヒルバーグ教授が
  1985年1月17日に認めている。

4)ソ連軍が押収したアウシュヴィッツ収容所の設計図ほかの図面の
  中に処刑用ガス室の設計図は、結局1枚も無かった事を、これまた
  「ガス室」が有ったと主張する側の研究者プレサックが認めている。

5)そのソ連が押収したアウシュヴィッツ関連の図面を見ると、戦後
  ポーランドの共産主義政権が「ガス室」として公開してきた部屋や
  建物(複数)が、実は、病死者の為の死体安置室であった事が
  明瞭に読み取れる。
    
              まだまだ沢山有るよ。

46 :神の幕屋:02/01/23 23:41 ID:7fGaR6lB
6)連合国は、戦後の「戦犯裁判」の陰で、しばしばドイツ人
  被疑者に拷問を加えて「自白」を得ている。当然、この様な
  連合国による「裁判」の事実認定は信用に価しない。
  http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

47 :神の幕屋:02/01/23 23:46 ID:7fGaR6lB
7)アウシュヴィッツなどに収容されていたユダヤ人他の
  元被収容者の中には、実は、「ガス室」に否定的な
  証言をする人々が多数居た。
 (済洲島の韓国人の多くが慰安婦狩りを否定しているのと
  似ている)

  しかし、シオニスト勢力の影響下に有る欧米のマスコミ、
  歴史家などは、こうした証言を徹底的に無視して来た。

48 :名無しかましてよかですか?:02/01/23 23:46 ID:59hB1uWH

       /  ̄ ̄ ̄ ̄ \               / \
      /          \            /    /
     /λ            \        /    /
   / / \            ヽ      /    /
  / /     \            |   /    /         /\
  / /        `ー 、       |   \    \        /    \
  | .|           ー―-、   |    \    \      /       \
  |  |               |   |      \   \ /    /\   \
  |  |        l        \ |        \        /   \    \
 ,^ヽ.|  ,;;_llliiillli_iJ   ,;;iiillIIii_   |/=        \     /       \   ,`
 |i^.| |  ,彳てフ’   气.てフ'   | i | \       /      \       \/
 ヽ | |  ヽ  ̄'/   【   ̄ ,   |_//  \   /    /\   \
  | ||     ̄    ┃  ̄     |_l\   \/    /    \   \
  `-|      /  ┃       |   \       /       \   \
    |      | _,__i )     .|     \   /        /   /
     l      i| ||;|||||||i     |.      \/        /   /
    ヽ、   |||||:|||||||||ll  (  /                /   /
     |\   ̄ ̄二 ̄ ̄ |//^\             /   /
_ ,――|  \       / /   \          \  /
 /    |\  ー――一  /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\「我々ドイツ第三帝国は1の活動に  '
/     |  \ _/    /    /           対し最大限の賛美を送るとともに
     |  /  入   /    /            我らの最終的勝利を確信するものである!」



49 :名無しかましてよかですか?:02/01/23 23:46 ID:1cVTWyLZ
おいおい(笑)。君がエライのはよくわかったからさ、
とりあえず、「保守反動」を自認する人があげたページをみてどう思うのかな。
http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/nizkor/66qa_title.htm
ディーゼルエンジンについては他称「極左」の人のとこにあるが。
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/holocaust/stove191.htm
だから全部読むようにすれば?

50 :神の幕屋:02/01/23 23:51 ID:7fGaR6lB
8)アウシュヴィッツなどでは、青酸ガスによる「ガス室」処刑が
  行なわれた、と言われて居る。しかし、青酸ガスによるガス室
  処刑を死刑の一方法として採用しているアメリカの経験では、
  青酸ガスによるガス室は、最も高価で煩雑な処刑法である。
  こんな方法を「民族絶滅」の手段として選んだと言う話は、
  根本的に不合理である。
  http::www.nsjap.com/marco/

(「ガス室」を信じる人間こそ、電波であり、オカルトなのだよ(笑))

51 : :02/01/23 23:53 ID:GrYNz5ws
そう言えば、テレ朝で変なオッサン(名前忘れた)が、
無邪気にユダヤ陰謀説を垂れ流してたよね?
ユダヤ人に怒られて土下座したんだったけ?(w

52 :神の幕屋:02/01/23 23:56 ID:7fGaR6lB
9)アウシュヴィッツで処刑用のガス室であったとして公開されて
  来た建物の断片を化学分析すると、そこが真実ガス室であった
  なら予想される高濃度の青酸化合物は全く検出されない
 (対照である殺虫用ガス室に比較して、極めてわずかな量の
  青酸化合物しか検出されない)
  http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

53 :神の幕屋:02/01/24 00:03 ID:ujazSRWb
10)アウシュヴィッツの「ガス室」では、青酸ガスを発生させる
   方法として、アメリカの様にKCNを希硫酸と反応させる
   方法ではなく、青酸ガス(HCN)を吸収させたパルプ片
   であるチクロンB(Zyklon B)を「ガス室」に投げ
   込む方法が採られた、とされている。しかし、チクロンBは、
   青酸ガスを遊離し終わるまでに長時間を要し、もしこの方法を
   採ったとしたら、1回の処刑時間が余りにも長時間と成る為、
   大量殺人の方法としては余りにも不合理な選択である。
  (この事に関し、「マルコポーロ」の記事「ナチ「ガス室」は
   なかった」は間違った事を書いているので注意する事)

54 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 00:09 ID:zKkFvaOX
結局、「わかってるくせに」デマゴーグを振りまくのが一次的目的になるんだよな、
なあ、君(笑)。西岡たちとおんなじパターン。
夢想者には何を言ってもムダだということだ。

55 :神の幕屋:02/01/24 00:09 ID:ujazSRWb
11)又、青酸ガス(HCN)は壁などに吸着しやすい為、
   ガス室を使った場合、換気に時間がかかる。ましてや、
   多くの人間をすし詰めにして青酸ガスを使えば、換気は
   極めて困難で、1回の処刑時間は更に長時間の物と成る。
   こんな方法を「民族絶滅」に選んだと言う話は余りにも
   不合理である。

12)アウシュヴィッツでこの様な方法を開始したとされる人物、
   ルドルフ・ヘス(Rudolf Hoess)は、戦後
   ドイツ国内でイギリス軍に捕えられた際、激しい暴行を
   受けており、イギリスが提出した彼の「自白調書」には
   信憑性が無い。

56 :神の幕屋:02/01/24 00:14 ID:ujazSRWb
もう一度言うが、戦後、これだけ「ドイツはユダヤ人を絶滅
しようとした」と言われながら、戦後連合軍がドイツで押収した
ドイツ政府の文書の中に、そんな命令書は1枚も無かった。
又、当時のドイツ政府がそんな計画に予算を計上していなかった
事も判明している。更に、「ガス室」で殺された死体が一体も
無かった事を「ガス室」が有ったと言う側の歴史家ヒルバーグが
法廷で宣誓した上、認めている。これで、どうして「ホロコースト」
を信じろと言うんだね?
http://www.nsjap.com/marco/

57 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 00:23 ID:zKkFvaOX
もう一度言うが、終わってる。年代をみたまえ。
オカルト君、痛々しいやつだな、もう誰も相手にしないぞ。

58 :神の幕屋:02/01/24 00:27 ID:ujazSRWb
それに、もう一度言うが、連合国は、戦後の「戦犯裁判」の陰で
しばしばドイツ人被疑者に拷問を加えて「自白調書」を作成して
いた。こんな「法廷」が認定した話を「歴史」と呼べと言うのか。

小林よしのりは、何故この事については沈黙するのだ?
http://www.nsjap.com/marco/

59 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 00:30 ID:5jxVrc96
「拷問をかけた」という根拠は?
「拷問して取り調べろ」という連合国の公式文書が残っているのか?

60 :神の幕屋:02/01/24 01:13 ID:ujazSRWb
59を書いたあなた、この本を読みなさい。

木村愛ニ「アウシュヴィッツの争点」(リベルタ出版・1995年)

この本に詳しく書かれてある。出典は、アメリカの議会記録で、
東京の国会図書館でも入手可能である。この本の著者は、実際、
それ(1949年2月何日かと記憶している。今、手元にこの
本も議会記録のコピーも無いので記憶でしか日付けを言えないが)を
国会図書館でコピーしている。

注目して頂きたいのは、この本を出版したリベルタ出版と言う
出版社が左翼系の出版社だと言う事だ。つまり、彼らにして、
この事実(連合国がドイツ人に拷問を加えて「自白」を得て居た事)
を否定できなかった事が、この本が出版されたという事実に
現れているのだ。
(木村氏のこの本はネット上で全文を読める。検索エンジンに
 「木村愛ニ」と入れて調べれば氏のHPが見つかります。
 infoseekがいいと思う。)

61 :神の幕屋:02/01/24 01:40 ID:ujazSRWb
アメリカ人の名誉のために言っておきますが、上に述べた米国議会の
記録を読むと、占領下のドイツでアメリカ軍関係者がドイツ人被疑者
に拷問を加えて「自白」を得ている事を察知した米国議会関係者は、
この問題を詳細に調査しています。(後の祭りではありましたが)
その調査の先頭に立ったのが、ファン・ローデンと言う法律家で、
私は、米国議会の記録に有る彼の調査報告書を自分で読みました。
ひどい話です。ダッハウ裁判だけで139名のドイツ人が拷問に
かけられた、とこの報告書は述べています。詳しくは、前出の
木村愛ニ氏の本を御参照ください。そして、一つ非常に重要な
事が有るので指摘しておきます。このファン・ローデン氏などと
並んで、もう一人この「拷問」の問題を調査した一人が、かの
マッカーシー議員だったのです。(これも米国議会に記録有り)
マッカーシー議員の変死と、彼が「赤狩り」を理由に悪魔呼ばわり
されている事は、彼がこの問題を調査していた事と無関係なのか
どうか、私は確信が持てずにいます。(分かります?この意味)

62 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 01:40 ID:tqjlPtg1
街宣車走行中。
途中でハンドル交換。
西岡さんや木村さん今ごろどうしてるのかなあ。
コヴァなら騙せるかもなあ。

63 :神の幕屋:02/01/24 01:46 ID:ujazSRWb
それから、この本にも、連合国によるドイツ人被疑者への
拷問の問題が書かれていますので、図書館などでお読みに
なる事をお勧めします。(リクエストすればただで読める)

西岡昌紀「アウシュウィッツ「ガス室」の真実」(日新報道・1997年)

しかし、拷問の問題に限って言えば、木村氏の本の方がページを
さいています。

なお、欧米でこの問題(「ホロコースト」)を研究している
研究者の一人で、名前が出て来ないのですが、日本人「戦犯」
に対する連合軍の拷問の問題に関心を持っている人がいます。
こう言う人達の私達日本人への友情に、私達は答えるべきでは
ないのでしょうか?

64 :むっちょ:02/01/24 01:49 ID:jbjjdnK6
結局政治運動じゃん。全然変わってないね。

65 :神の幕屋:02/01/24 01:56 ID:ujazSRWb
欧米における「ホロコースト」への懐疑論が、日本の
「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」問題と違うのは、以下の
諸点でしょうか。

1)日本では、「南京」や「慰安婦」に疑問を投げかける
  人々は、言わゆる「右派」に集中しているが、欧米で
  「ホロコースト」に疑いを投じる人々は、必ずしも
  「右派」ではない。左翼にも「ホロコースト」を疑う人が
  多数存在する。

2)中国人や韓国人で「南京」や「慰安婦」に疑問を投じる
  論客は殆ど居ないが、「ホロコースト」に疑いを投じる
  ユダヤ人は結構居る。

3)欧米では、こうした論議が法律で規制されており、日本の
  方が相対的に議論が自由である。

66 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 07:42 ID:DaN8gV72
くりかえしますが、「拷問して取り調べろ」という連合国の公式文書が残っているのですか?
あなたは「絶滅を指令した公式文書はない」と主張するのだから、まったく同じ論法で<
拷問を指令した公式文書がなければ、拷問などデマになるのですが、いかがですか?




67 :神の幕屋:02/01/24 08:36 ID:ujazSRWb
米国の議会記録に詳細に記述されたこの拷問は、現地ドイツで
行なわれ、それに後から気付いた議会が調査し、露呈したもの
です。記録から読む限り、ドイツにいる占領軍が本国に無断で
行なったと取れますが、これは、或いは、調査の限界を反映して
いるに過ぎないのかも知れません。いずれにせよ、数百人の
オーダーのドイツ人がアメリカ軍の手で拷問にかけられた事が
米国議会によってはっきり確認されている事をこれらの記録は
明記しています。記録のコピーが今手元に無いので日付けを
お教え出来なくて申し訳ありませんが、御紹介した木村愛二氏の
ホームページを開けば、この事実を記述した米国議会記録の
日付けとページは分かる筈です。そして、お疑いでしたら、
国会図書館でコピーを入手出来ますので、御自分であたってみては
いかがでしょうか。
http://www.nsjap.com/marco/


68 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 08:44 ID:xlWZsmNS
朝っぱらから、アンチ・ユダヤすか?幕屋。

69 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 16:51 ID:g4/tfLWW
>>67
結局、「拷問して自白を取れ」と指令した連合国の公式文書は、どこにもないんですな。
というわけで、結局連合国の拷問は完璧なデマゴギーということで。

70 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 16:55 ID:REqKDYja
中央高等学院の従業員「西部」が女子トイレに闖入し
汚物入れを物色して女子生徒の使用済みタンポン・ナプキン等を
個人的に収集しているというのは事実。

中央高等学院では
生徒及びその保護者の個人情報を名簿図書館等に売却しています。
中央高等学院 http://chs-f.com/index.html 中央高等学院福岡校
http://www.chuo-school.ac/


71 :神の幕屋:02/01/24 17:13 ID:ujazSRWb
>67

バカじゃないの?誰が首謀者であれ、数百人のドイツ人に
拷問が加えられた事が、その米国議会記録に明記されて
いる。ここで問題にして居るのは、首謀者が米国のそのレベル
だったか、ではない。そうではなくて、拷問によって作成
された調書が数百件有ったと言う事実であり、それらの
「調書」が裁判の事実認定で採用されていると言う事実だ。
誰が拷問の指揮をとったかが問題ではないではないか。

一体、何処が「デマゴギー」なのだよ。(笑)
国会図書館がかい?(笑)

72 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 17:20 ID:g4/tfLWW
おいおいきみは、
「絶滅を指令した公式文書は存在しないからホロコーストは嘘」
と主張してたんじゃないの?
で、拷問を指令した連合国の公式文書もないから、拷問もなかったんだな。
いいかげんに気付いてよ。

73 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 17:21 ID:g4/tfLWW
やっぱり私は狂信者と話をしていたんだな。

74 :神の幕屋:02/01/24 17:21 ID:ujazSRWb
>69

サヨクに特徴的な論点のすり替えですね。私は、連合軍が
拷問によって自白調書を作成していた、と指摘しただけで、
誰がそれを指示したか、などは論じていない。誰が首謀者
であれ、アメリカ軍の取り調べ官達がダッハウ裁判だけでも
数百人のドイツ人被疑者に拷問を加えて「自白調書」を作成
して居た事は、アメリカ議会の調査団が報告した事実であり、
しかも、それらの「自白調書」が連合国の「裁判」で採用
されていたのだ。(東京裁判や日本のBC級戦犯裁判でも
こう言う事が無かったかどうかに私は関心を持っている)

「拷問して自白をとれ」と言う命令書の有無と拷問が有ったか
どうかをスリかえるあなたのやり方は、「従軍慰安婦」の
強制連行有無を「強制性の有無」にスリ代えた何処かの
国のサヨクの論法にそっくりだね。(笑)

75 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 17:24 ID:g4/tfLWW
>>74
まあ、きみの「論理」は、ほかのギャラリーが判定してくれるっしょ(笑)。

76 :神の幕屋:02/01/24 17:27 ID:ujazSRWb
>72

これも問題のスリ代えの典型だ。「ユダヤ人絶滅」の
命令書の有無を論じるのは、「従軍慰安婦の強制連行」
と同様、一つの国家がその様な政策を採ったか否かを
論ずる為だ。それに対して、尋問における拷問の有無は、
国家レベルの政策の問題とは限らない。拷問は一つの
事実であって、私はアメリカが国家政策としてそんな
事をしたと言っている訳ではないんだから、君の「反論」は
議論のスリ代えだよ。

ついでにもう一度いうが、この事実を書いた木村愛ニ氏は、
バリバリの左翼だぜ。左翼のジャーナリストですら認めざるを
得なかった事実なのだ。

77 :神の幕屋:02/01/24 17:29 ID:ujazSRWb
>73

これは、負け惜しみだね。(笑)
何とでもどうぞ。君のお陰でこのスレッドは盛り上がってる
じゃないか。
http://www.nsjap.com/marco/

78 :神の幕屋:02/01/24 17:30 ID:ujazSRWb
>75

これは、全く同感。(笑)
うれしいな。サヨクの人と意見が一致して。(笑)
http://www.nsjap.com/marco/

79 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 21:52 ID:r0MvivWi
小林はしょせんレプリカ右翼でありレプリカヤンキーなんだな。
ちゃんと見分けないと憎まれ役になるのは右翼ヤンキー連中なんだな。

80 :反サヨ:02/01/24 22:37 ID:0hRNNg2C
ナチのホロコーストもサヨクみたいなやつらにでっちあげられただけな気がしてきた。
もちろん他国の非だから、日本国益のために擁護しちゃいけないんだが。


81 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 23:14 ID:IwvpT2qb
>>80
遠慮なさらずドンドンいっちゃってくださいナ

82 :名無しかましてよかですか?:02/01/24 23:21 ID:WKsk5JJg

   反サヨ先生!!御起床!!御降臨!!!(藁々


83 :コペルニクス:02/01/25 00:04 ID:p+4CcDN1
いい加減にしろサヨクども!「南京大虐殺」がネタ割れすると
「サハリン残留韓国人」、それが終わると「従軍慰安婦」と、
いつも何か「歴史問題」が無ければいけないかの様に新しい
フィクションを作り出す。

いいか、サヨクども!お前たちが崇拝する本多勝一は、
木村愛二氏に「ガス室はなかった」と言う趣旨の連載を
「週刊金曜日」でやろうとしていたんだぞ!!!
木村氏は、本多勝一からの連載依頼のファックスを
保存している。こんないい加減な奴なんだぞ、本多って。
それどころか、「マルコポーロ」に載った「ガス室はなかった」
を「週刊金曜日」に載せられないか?と画策していたんだ、
本多勝一は。

それで居て、「マルコポーロ」廃刊事件が起きると、手の平を
返して文春たたきを始めたのが、本多勝一という男だ。
こんな奴なんだぞ、お前たちの英雄は。
http://www.nsjap.com/marco/

84 :よしりん仮面は誰でしょう:02/01/25 10:30 ID:DHNsmWrz
あの本多勝一氏が、1994年の秋には「ガス室はなかった」と言う論を
週刊金曜日誌上で好意的に取り上げる積りで居た事は、有名な話です。
新潮45に、週刊金曜日の元スタッフが、その事実をはっきり書いていますし、
噂の真相にも投書の形でその事が書かれた事があります。

南京問題であれだけ大嘘を書いた本多氏にしては素晴らしい進歩を遂げた
物です。本多氏は、「ガス室はなかった」と言う立場の木村愛二氏に、その
趣旨の記事を週刊金曜日誌上で連載する様、木村氏に執拗に依頼し、原稿料の
話までしていたそうですし、更に、西岡昌紀の「ナチ「ガス室」はなかった」
のマルコポーロへの掲載が遅れている事を知ると、その原稿を週刊金曜日に
横取りできないかと考え、木村愛二氏に「それ(西岡の原稿)、うちに
もらえないかな?」としきりに言っていた、と木村愛二氏は証言しています。
(詳細は木村愛二氏のホームページ参照)
あの本多勝一がなぜ?と思う方は認識不足です。

「ガス室」が無かった事は、あの本多勝一でも分かるほど明白な事なのです。
彼(本多勝一)でもわかる程、「ガス室」はウソで固められた話なのです。
(それが分からない人が保守陣営の中にいるとは驚きですね)
もっとも、それでいて、マルコポーロ廃刊事件が起きると、とたんに
手の平を返して「ガス室はなかった」と言う論の木村や西岡を週刊金曜日
誌上でバッシングし始めると言うのは、「右」とか「左」とか言う以前の
問題で、人間として最低の振る舞いだと思います。
風見鶏と読んだら風見鶏に失礼であろう。まるで、戦争中のあの論調から
敗戦後、途端に左翼路線に乗り換え、最近はアメリカべったりに成りつつある
朝日新聞その物の様な男だな、本多って。

何か言う事が有るなら言ってみろよ、サヨクの諸君。
http://www.nsjap.com/marco/

85 :38:02/01/25 12:39 ID:vArDFZZU
>>83
へへ〜、恐れ入りました。

・・・ところで英雄ってダレだ?(藁

86 :よしりん仮面は誰でしょう:02/01/25 12:53 ID:O/C+HMWL
>85
本多勝一の事ですよ。リクルートに接待されていたあの
「ジャーナリスト」ですよ。

それから、彼の「戦場の村」には、「創作」の部分が
有るのではないか?と言う声があがっている事も
付け加えておこうか。

87 :通行人:02/01/25 13:20 ID:mPzVhD8f
>>86
知ってて聞いてる方に600万点。
(厳密にはそれ以下だが・藁)

88 :よしりん仮面は誰でしょう:02/01/25 14:07 ID:wpxdXkTf
本多勝一の取材旅行に同行していたカメラマンで、
本多があまりにもインチキなので、彼(本多)と袂を
分かった人が居ましたね。名前は忘れたけど。
朝日新聞は、恥ずかしくないんだろうか。あんな男を
自社の「看板ライター」にして居た事が。

89 :シュリ:02/01/25 17:02 ID:UhpA3Bmq
私は、ナチのガス室があった事を疑わずに育った者ですが、
ガス室は無かったのですか。・・・・・

小林よしのりさんがユダヤ人団体に狙われない事を祈ってます。

90 : :02/01/25 17:09 ID:2E2+KsIF
日本では情報が少なすぎ、反論も見ずに結論をだすな。

91 :シュリ:02/01/25 17:13 ID:UhpA3Bmq
>90

「情報が少なすぎる」と言ったおっさんよ。
ユダヤ人絶滅を命じたヒトラーの命令書が存在しない
事は、講談社の現代新書でだって読めるんだぜ。
つまり、ホロコーストがあったと言う側の物書き達ですら
認めてるんだぜ。

92 :名無しかましてよかですか?:02/01/25 17:14 ID:gGy2Ma3D
本多氏が当初、ガス室なかった論に好意的で、金曜日誌上に載せようと
したという話はすでに裁判で事実認定されていたりする

93 :シュリ:02/01/25 17:19 ID:UhpA3Bmq
>90

それからな、受け売りだけど、ガス室で殺された死体は、実は
一体も発見されていなかったそうだよ。しかも、この医学的事実を
語ったのは、ヒルバーグ教授という、これまた「ホロコースト」
肯定派の歴史家だそうだぜ。

つまり、「ユダヤ人絶滅」の命令書が無い事も、ガス室で殺された
死体が当時一体も発見されていなかった事も、「ホロコースト」
肯定派の歴史家が認めた事実自体から得られる結論だと言う事だよ。
従軍慰安婦の強制連行が無かった事をサヨクの歴史家自身がテレビで
認めてしまったあれと同じなのだよ。

よしりんて凄えな。

94 :シュリ:02/01/25 17:23 ID:UhpA3Bmq
>90

ナチのガス室が作り話だった事は明白だね。
ガス室も南京大虐殺も、戦争直後に連合国がドイツと日本を
悪魔化する過程で生み出されたプロパガンダだったという
事だろう。戦勝国が捏造したウソを子供たちに教え続けて
いいのか。日本人ならこの事を真剣に考えろ。

95 :名無しかましてよかですか?:02/01/25 17:41 ID:zx8zimdz
シュリって名前からして在日?
すんごく怪しいんだけど。

96 :名無しかましてよかですか?:02/01/25 17:55 ID:uZMq3AZP
>95
そんなことどっちでもいいことなんでは・・・?

97 :名無しかましてよかですか?:02/01/25 20:33 ID:YhOplfCR
 この板はコヴァというどう考えても自分より
格下な、引きこもりをばかにしてストレスを解消する
板なんですね。ほんとに小林信者ってあほだよな。学年に一人か二人こんなの
いるけど。本人は言っててかっこいいと思っているのかもしれないけど
周りからみたらただのクラスの最下層員なんだよ。だまって便所の鏡でも
みてこいよ、自分がいかに気持ち悪いかわかるから。
あーすっきりした(w

98 :どこかの高校生:02/01/26 02:24 ID:DC2sJ5w1
新顔です。

やっぱりナチの戦争犯罪も脚色されてたんですか・・・・
「当時世界中にいたユダヤ人の半分以上がナチに殺された」
なんて話を以前どこかで聞いたが、常識的に考えて無茶だよなこれは。

しかし最近のパレスチナ問題を見ても最近のユダヤ人はあからさまにつけあがってる。
やはりこれは
自分たちは危うく皆殺しされそうになった

よって自分たちは被害者。みんな同情してくれる。

よって自分たちは正しい。自分たちの国を作ったってOK。

でもよそ者がいる。ウザイからあっち行け。
自分たちは正しいんだ。
という理論がユダヤ人の頭の中でできあがってるんじゃないか?
だから自分たちの侵略行為を正当化できる。
なのにもし「ナチの大量虐殺は脚色されてる」なんて分かったら、
世界中のユダヤ人に対する同情意識が少なからず減少して、
逆に今のイスラエルの狼藉がやたら誇張されるようになり、
イスラエルは国際的に孤立してしまう。
だからこそ「大量虐殺脚色説」を認めるわけには行かない。
マルコポーロの廃刊には、そういう裏があるような気がする。

あと97さん、
ここは意見交換の場なんだからウサ晴らしに使わんでください。

99 :通りすがりの感想:02/01/26 04:43 ID:MXeYnAA5
私も新顔です。
資料を読む限り、毒ガス室のことを強く主張しているのは旧ソヴィエトやポーランドなど、共産主義勢力のようですね。自国の独裁を隠すためにナチスを強烈な悪に仕立て上げたような。中国が日本に南京大虐殺を主張しているのと全く同じ質の陰謀のように見受けられます。
そこにユダヤ勢力が自分たちを絶対の被害者とするために乗っかってきたような。
あと、青酸ガスは空気より軽いためシャワーから噴出して収容者を大量に殺すのは無理がある、というマルコポーロの記事には非常に説得力がありました。

さすがにナチスのホロコーストは事実あったと思っていたんですが冷静に資料を読んだ感想として、一次・二次資料はなく「ナチスは悪」という思い込みを利用した共産主義勢力とユダヤ勢力によるプロバガンダのように思えます。

100 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 04:56 ID:3RUb1LvS
ここで>>1に賛同している奴は、全員1の自作自演ですな。
寂しいのか?
絵に描いたようなデマゴギーですね。
まあ、あまりにも説得力がないからしょうがないけどね。

101 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 10:48 ID:SiRIxvp7
]


102 :◆ren6xD1U :02/01/26 10:49 ID:SiRIxvp7
ところで、カンボジアではすでに、
「ポルポトの虐殺はでっちあげ」
という説がある。
アホはどこにでもいる、ということだろうね。

103 :むささび:02/01/26 16:57 ID:Ua2JFTfh
>102

鵺さん、それ、本多勝一氏の事ですね?
御存知の通り、本多勝一氏は、以前、「ポルポトの虐殺」は
アメリカのプロパガンダだ、と言う意味の事を自著の中に
書いた事がありました。


104 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 17:01 ID:myyusflx
「文化大革命も、それほどひどくはなかった」という中国人も
そろそろ増えているね。
たいていは最近の開放経済についていけなくなった人が唱えているわけだが。


105 :◆ren6xD1U :02/01/26 17:09 ID:tqZGlNrc
ホンカツではない。たとえば、この人。
http://www.asiavoice.net/rickshaw/n200108.html#034a

私は、この人の講演を聞きに行きました。

106 :◆ren6xD1U :02/01/26 17:10 ID:tqZGlNrc
断っておきますが、このレポートでは、少しソフトに書いてあります。

107 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 17:11 ID:vf9d9ZzB
>>104
いつまでも過去には拘らず、か。
面白そうな話だね。どこで仕入れたの?
本だったら書名を教えて欲しい

108 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 17:16 ID:myyusflx
ポルポトだって、ヒトラーだって、毛沢東だって
もちろん天皇だって、会えばいい人だろうね。

政治家というものは、そんなに無能で悪く言われる人物でも、
直接会ってみれば、それなりに人をひきつける能力をもっているのだから
気をつけろ、
というのは、本宮ひろ志が、マンガ「やぶれかぶれ」で、
田中角栄に会いに行く前、共産党の議員だかなんかから与えられた忠告だな。



109 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 17:18 ID:myyusflx
>107

映画「太陽の少年」や「北京好日」に、それを思わせるせりふがあった。
あと、中国との貿易を仕事にしている人からも聞いた。

110 :むささび:02/01/26 17:20 ID:Ua2JFTfh
>105

その人の事は別にして、本多勝一氏が、かつて「ポルポトの大虐殺」を
自著の中で「アメリカのプロパガンダ」と呼んでいた事があったと
いうのは事実です。彼(本多勝一氏)は、それでいて、後年「ポルポトの
大虐殺」が広く語られる様になると、自著のこの部分を改竄し、かつて
自分が「ポルポトの大虐殺」を否定していた事を隠蔽しています。
これは、証拠のある事であり、否定のしようがありません。
私は、この様な人物(本多勝一氏)は、「右」とか「左」とか言う
以前に、人間として最も軽蔑すべき種類の人間であると思います。
こういう人間だからこそ、彼はリクルート・コスモスに接待
されていた事を嘘をついて隠し、週刊金曜日に木村愛ニ氏による
ホロコーストへの疑問の記事を連載しようとしていた事実を
否認したりするのです。

鵺さん、私は、あなたが彼(本多勝一氏)を擁護する理由は何も無いと
思うのですが。

111 :◆ren6xD1U :02/01/26 17:25 ID:tqZGlNrc
>>110
だれもホンカツの話などしていないが?
それがどうかしたのですか?
なにかトラウマ(笑)でもあるのですか?

112 :むささび:02/01/26 17:25 ID:Ua2JFTfh
それから、鵺さん、ホロコースト見直し論をそんなに敵視するのなら、
まず、木村愛ニ氏に「ガス室」の存在を否定する連載を書くよう
依頼し、更には「ナチ「ガス室」はなかった」をも週刊金曜日に
掲載しようと画策していた本多勝一氏をまず批判するべきでは
ないのですか?本多勝一氏は、この記事を週刊金曜日に載せようと
していたのですよ。(下のサイト)
http://www.nsjap.com/marco/



113 :むささび:02/01/26 17:27 ID:Ua2JFTfh
>111

鵺さん、あなたは、本多勝一という人をどう見ていますか?

114 :むささび:02/01/26 17:49 ID:Ua2JFTfh
>111&113

答えられないのなら答えなくても結構です。
でも、鵺さん、あなたがそうして113の問いへの
答えを回避するところに、私は、日本のリベラルの
自浄能力の無さを感じてしまうのですよ。あなたの
沈黙を見ている他の人達もそうだろうと思います。
「本多勝一は、我々日本のリベラル勢力とは無縁の人間だ」
とか、何とでも答えようがあると思うのですが。・・・

115 :鵺ではないが:02/01/26 17:50 ID:myyusflx
どうでもいいが、かつて発表した自分の文章を直すことは、
「改竄」とはいわんだろう。
「新しい情報を得て、考えが変わって、書き直した」ということは、
別に人間として問題ある行為ではないぞ。
小林の旧ゴー宣にも修正した個所はたくさんあるし、
そんなことを問題にしていたら、知識人は完全に使い捨てになるぞ。

あと、「ガス室否定論を支持しない」ということと、
「ガス室否定論を発表することを許さない」ということは、
まったく別の話だ。

116 :むささび:02/01/26 17:57 ID:Ua2JFTfh
>115

全然違います。本多氏は、その著作を書き換えた事を隠して
いました。もし、おっしゃる様な理由で著作を書き換えたなら、
何も隠す必要なんか無いじゃありませんか。(笑)


117 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 18:02 ID:myyusflx
だから、自分の著作を書き換えた場合は、
わざわざ





















自分がかつて書いた恥ずかしい文章を隠すのは、
正当な権利だと思うが。
君は昔書いたラブレターや詩をいちいち公開するのか?





118 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 18:03 ID:myyusflx
すまん。変な文を送った。

119 :むささび:02/01/26 18:03 ID:Ua2JFTfh
>115

それから、本多氏と木村愛ニ氏の関わりについては、評論家の
すが氏が、彼(すが氏)の知り合いの週刊金曜日の編集者が、
本多氏がガス室否定論に好意的だと愚痴を言っていた、と
ロフトプラスワンデ証言しています。これ、ビデオに録画して
あると思いますよ。「鵺ではないが」さんも、どうして、
あんな男(本多勝一氏)をかばうのですか?そうして、無理な
論理ばかりで本多氏をかばっていると、本当に、本多氏一人の為に
日本のリベラル勢力全体が信用を失うと思うのですけれどね。

120 :むささび:02/01/26 18:03 ID:Ua2JFTfh
>118

いいですよ。気にしないで。

121 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 18:04 ID:myyusflx
逆に、君が変な理屈でホンカツを攻撃する変なやつをつついているだけ。
君の攻撃対象が、たとえば文芸春秋だったとしても、
同じ事を書くよ。

122 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 18:07 ID:qTbfk0+U
ガス室の証拠はいまだ発見されてないが
駆り集められたユダヤ人のうち
少なくとも200万人ほどのユダヤ人が、
結局殺されたのは確か。
まあ、イスラエルが主張する600万人の三分の一とはいえ
この事実は動かせない。
シナ事変でシナが犠牲者と主張するのは3000万人
実際のシナの非戦闘員の犠牲者はせいぜい数万人から十数万人
ことの本質が違う。

123 :むささび:02/01/26 18:08 ID:Ua2JFTfh
>115

もう一つ言いますが、本多氏は、ホロコーストに関して、
ドイツで行なわれている様な言論規制を支持していませんでしたか?
確か、支持していたと思います。つまり、本多氏は、マルコポーロ
廃刊事件前は「ナチ「ガス室」はなかった」を週刊金曜日に掲載
しようとさえしていたくせに、あの事件が起きたら、そうした議論を
法律で禁じるべきだと言う論に傾いた事になります。
「右」とか「左」とか言う以前に、人間としてこんな人物を
信用づる事ができるでしょうか?

124 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 18:08 ID:myyusflx
また変な文を送ってしまった。重ね重ねすまん。

125 :むささび:02/01/26 18:11 ID:Ua2JFTfh
>122

戦後、連合軍がドイツで押収した戦時中のドイツ政府公文書の
中に、「ユダヤ人絶滅」を命じた文書は1枚も発見されていません。
又、当時のドイツ政府がそんな「絶滅計画」に予算を計上して
いなかった事も判明しています。

でも、122を書いたあなた、「ガス室」が無かったという
点には同意なさるみたいですね。

126 :むささび:02/01/26 18:17 ID:Ua2JFTfh
そもそも、「リベラル」を自称する人達が、何についてであれ、
言論規制に賛成するとはどういう事なのでしょうか。
歴史の真実は、完全な言論の自由が保証された社会においてで
なければ解明される事は有り得ません。「右」とか「左」とか
いうくだらない区別を超えて、この事だけは、鵺さんにも、
「鵺ではないが」さんにも同意して頂ける筈だと信じています。
http://www.nsjap.com/marco/

127 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 18:18 ID:myyusflx
サヨとコヴァの共同戦線みたいになったな。

ホンカツのことだが、別に彼を信用しているわけじゃないから、
問題ない。
ドイツの言論規制を支持するかどうかの点については、
私は支持しないが、
「原爆はなかった」という発言をする人間には法的制裁を加えるべきではないか、
という考えもあるので、
言論規制を支持する人間を非難する気にはならないな。

128 :◆ren6xD1U :02/01/26 18:53 ID:tqZGlNrc
お、クリコムでアダルトを見ていると、こんなにレスが……
で、あなたが勝手に設定した設問(「ホンカツをどうおもうか」)に、どうして私が答える義務があるのですか?
「あなたの住所と氏名を教えてくれ」と聞けば、教えてくれるのですか?
正直言ってあなた、社会生活に困っていませんか?

129 :◆ren6xD1U :02/01/26 18:57 ID:tqZGlNrc
私はこれから難民についてのレクチャーを聞きに行きますので、これにて失礼。

130 :名無し:02/01/26 19:17 ID:OXI4nqUJ
脳無しコヴァども、
ちくま新書の「ユダヤ陰謀説の正体」を読め。
近年稀に見る名著だぞ。
上智大学は松浦をすぐに教授に昇進させろ。これだけ切れ味鋭いロジックを
展開できる人間を何で日本の大学は教授にしないんだ?





131 :名無しかましてよかですか?:02/01/26 19:51 ID:7I0mmFdH
>>130
その本では、小林が旧ゴー宣で自分のもとに送りつけられた西岡のマルコポーロ
廃刊の原因になった原稿を取り上げてツッコミを入れたことをほめているが、
『教科書が教えない小林よしのり』という本で西岡本人が語っているところによれば、
実情は相当違うらしい。

132 :むささび:02/01/26 22:35 ID:Ua2JFTfh
>131

そう。130を書いた人は何も知らない人ですね。そして、あの松浦さん
ていう大学教授はバカ丸出し。だって、松浦さんは、マルコ廃刊について、
小林よしのりがウソを書いている事に気ずいてないんだから。(笑)

知らない人の為にいっておきましょう。小林さんは、問題の原稿が自分にも
送られていたと書いていますよね。ところが、あれは、実は、小林さんの
創作なんですよ。冒頭のあの逸話は完全な捏造。それなのに、松浦さんは、
その事を知らずに、小林よしのりが書いた話を本当の事だと信じてあの本を
書いている。(笑)大学の先生なんてあんなものなのかな。くわしい事は、
「教科書が教えない小林よしのり」(ロフト出版)を読むとわかります。


133 :むささび:02/01/26 22:44 ID:Ua2JFTfh
>127

聞くところによると、加藤周一氏は、数年前、「南京大虐殺を否定する
ような者は法律で処罰するべきだ」と言う意味の発言をしているそうです。
又、筑紫哲也氏も、こうした立法を支持する発言をしていた、と知人
から聞いた事があります。127を書いた方は、加藤さんや筑紫さんと
同意見なのですね?
http://www.nsjap.com/marco/

134 :名無しかましてよかですか?:02/01/27 00:49 ID:ox7UbajJ
            ⊆ニ(二(ニニ⊇   ⊆ニ(二(ニニ⊇
        ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       / ____/_________________ヽ
      ,/ ̄ ̄ ┏━, / ̄ ̄ ̄|| ||. ̄ ̄ ̄ ̄ |||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...| |
     ,/ ∧ ∧. i┸i //. ∧ ∧ || / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    _.,/. (・Д・ ) | :::|// (゚Д゚ ) < 木村信者をむかえにきました.
   |/,,,,,へ⊂ ヽ  .//  ,/  ノ/ ||\
  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|_/ ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |~ ゜ ̄゜ ̄ ̄ ̄~~| ̄ ̄   =。|┃       |━━━━━...............|
  |______: |,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,,゜,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,ユダヤ精神病院,,,,,[|
 ._|]0::∴:::0::[二二il:]    ,-―-、 ,,|         |       .     [|
 |====== ;...........|  /,  ̄ヽ |~~|.        |  /,  ̄ヽ |     {|
 ヽニ[_]ヾニニヽ''''''|―-|.(※)|':|''''|.''''''''''''''''''''''|''''''''|.(※)|:|'''''''''''''''''/
     ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ


135 :名無しかましてよかですか?:02/01/27 03:33 ID:YlKOC/RR
だからHN変えてんじゃねえよ。くくっ。

136 :大和:02/01/27 08:14 ID:Iv2EhEXf
意見があるなら、言えばいいじゃないか。

137 :大和:02/01/27 08:49 ID:DSrWo3Yr
誰か、「教科書が教えない小林よしのり」と言う本を読んだ人は
いないか?
http://www.nsjap.com/marco/

138 :名無しかましてよかですか?:02/01/27 09:33 ID:IO7HQmy2
その上、オウムに暗殺されそうになったなんて英雄気取りだしな。

 裁判での証言では尾行した信者が「女のしりばかりなぜてる奴」と報告したので
ほっとけと教組は指示したって記録されてる。おいおい。

 馬鹿丸出し。この大嘘つきのええかっこしいが表現者として命をかけてる?
どんな夢をみてるんだ?

139 :大和:02/01/27 09:53 ID:RS6+nzlK
>138

俺は小林さんがどんな問題についてどんな意見を言おうと、
それはそれでいいと思う。しかし、意見と事実は別で、
ありもしなかった事をあったかの様に書いちゃいけない筈だ。
小林さんは、「マルコポーロ」廃刊事件に関して、廃刊事件の
切っ掛けとなった記事の原稿が自分の手元にも送られてきたいた、
と書いて居るが、これは捏造だろう?小林さんともあろう者が、
どうしてこんなウソを書いたんだろう。やってはいけない事の
筈だ。こういう捏造は。
http://www.nsjap.com/marco/

140 :名無しかましてよかですか?:02/01/27 17:00 ID:eQW5h1NX
あ、どーも。リッペンドロップです。第三帝国外務大臣してました。

日本の友人の皆さん!!よく解ってらっしゃる!!
ユダヤ人の組織的殺人なんて聞いたことないですよ。戦後にヤンキーから
初めてきいたんですもん。
そりゃ、「もしかして・・・」なんて思ったこともありましたけどね。
ヴァンゼーでの会議の内容だって門外漢でしたしね。
総統の指令書も見つかってないんですよね?ない以上、やっぱ
なかったんでしょ。
国防軍の連中がSSの特務隊が総統直属をいいことにユダヤ人やらスラブ人
を殺しまくってるとか、ヒムラーがラトビアでSSの行った現地人の
「犯罪者」の処刑に立ち会った際、銃殺された「犯罪者」の飛び散った脳みそ
が顔面に付着して、そくとうしたとかゆーのも、きっとデマですね。

私は今まで「関与してないし、噂にしか聞いたことないからユダヤ人虐殺に
関しては無罪」だと主張してきましたが、これからは「組織的なユダヤ人
虐殺なんてなかったから、無罪!!!」と主張することにします。
はじめからそう主張しとけばよかった!ていうか直接関与してなくて
よかった!ラッキー!

141 :大和:02/01/28 00:31 ID:cKkQcMz+
>140

馬鹿丸出しだね。
http://www.nsjap.com/marco/

142 :大和:02/01/28 00:45 ID:cKkQcMz+
>140

南京事件もそうだが、論点をぼかそうとする奴に限って
「虐殺」という言葉を多用する。これを書いた奴もそうだ。

143 :名無しかましてよかですか?:02/01/28 00:48 ID:TE9IPRfg
>130
名著云々と言う以前に、松浦の文章・文体はヘタクソだ。
彼が訳した「イヨネスコによるマクシミリアン・コルベ」も訳文が最悪で、
誰かまともな人に再訳して欲しい思ったよ。

松浦寛:1956年生まれ。上智大学文学部フランス文学科卒業。
同大学院文学研究科博士課程修了。現在、上智大学一般外国語講師。
文学修士(フランス文学)。

144 :大和:02/01/28 01:00 ID:XdPEps/t
>143

仏文科なんて所から、まともな学者は生まれないと言う
事のいい例だね。この男(松浦寛)。

145 :大和:02/01/30 02:34 ID:iIG8LbwH
野上外務事務次官が更迭された。

この男は、「マルコポーロ」廃刊事件の時、中東担当の部署に居た筈だが、
その野上が、「マルコポーロ」廃刊の日(1月30日)に更迭されたと
言うのは、何だか因縁めいてるな。(笑)
http://www.nsjap.com/marco/

146 :神の幕屋:02/02/02 11:36 ID:E0DYrHfq
>>145

ムネオは、イスラエルとどうなんだろう?


147 :大和:02/02/04 06:45 ID:viFIja/Q
>>146
面白い視点だな。


148 :神の幕屋:02/02/04 11:55 ID:fUjUJBtT
>>145

これは良くわからない。それより、ムネオと言えば、何と言っても
中川一郎の秘書だった事が思い出される。あれは、本当に自殺だった
のだろうか?

149 :名無しかましてよかですか?:02/02/06 19:23 ID:gf7XQAdc
今日発売の週刊新潮にムネオに関する記事が出てるぞ。

150 :雲如:02/02/06 21:23 ID:VIqNXh87
ここは、精神錯乱末期患者の巣窟ですか?


151 :雲如:02/02/06 21:23 ID:VIqNXh87
>>150

よくわかった、その通り。

152 :名無しかましてよかですか?:02/02/06 21:24 ID:/JuYXc8b
>>150
そうですが、何か?

153 :名無しかましてよかですか?:02/02/06 21:25 ID:/JuYXc8b
>>150&151
すみません、貴方だけでした。

>>1~>>149
の皆様、お騒がせしました。

154 :名無しかましてよかですか?:02/02/06 21:26 ID:lMT5f3FV
>>150
自作自演・人格分裂者の巣窟です。
といっても、正体はたったの「一人」です。

155 :帝國海軍兵学校生徒:02/02/06 22:07 ID:bIlnQDdt
ホロコースト否定論者です。自分のいいたいことはすでに出尽くして
ゐるやうです。話をもとに戻しませんか?


156 :名無しかましてよかですか?:02/02/06 22:11 ID:lMT5f3FV
>>155
はいはい自作自演ご苦労様。

157 :帝國海軍兵学校生徒:02/02/06 23:16 ID:bIlnQDdt
コペルニクス氏や神の幕屋氏はいらっしゃいませんか。
人口統計によってもホロコーストと呼ばれる規模の殺害は行われてないとい
ふ話を聞いたことがあります。当方史料がまだ少ないので、お持ちでしたら
史料を提示していただけませんか。

158 :名無しかましてよかですか?:02/02/06 23:45 ID:lMT5f3FV
>コペルニクス氏や神の幕屋氏はいらっしゃいませんか。

いますよ。
きみでしょ?(笑)


159 :大和:02/02/07 06:41 ID:GojBzGtg
梅が咲いとるな。

160 :名無しかましてよかですか?:02/02/07 08:34 ID:rcs8+Yhn
>>157
南京とにているな。「マルコポーロ」に載ったあの記事
(「ナチ「ガス室」はなかった」)は間違いも多く、特に
サイクロンBの物性や毒性については非常に間違った
事を書いて居るが、あの中に、ドイツが最も占領地域を
広げた時でも、その中に居たユダヤ人の数は400万に
到らなかった、と言う意味の記述が有る。これは間違って
いないんじゃないか。それから、その人口の問題については、
木村愛ニの「アウシュヴィッツの争点」(リベルタ出版)に
記述があったと思う。


161 :帝國海軍兵学校生徒:02/02/08 00:24 ID:rDZmXC7P
160氏へ
御教授ありがとうございました。ところでその書籍はいまだ書店においてあ
りますか。


162 :名無しかましてよかですか?:02/02/08 00:45 ID:PtQxv5Wh
自作自演があまりに寒いので、病院に帰ってください。

163 :大和:02/02/08 01:22 ID:cWs5iOgT
>>160
「ナチ「ガス室」はなかった」は確かに間違いが多い。
その点で、「アウシュヴィッツの争点」の方が、良い。(実に深い本だ)
この本は、今は次のサイトで読める筈だ。(下のHPのリンクで見つかる)
http://www.jca.apc.org/~altmedka/gas.html
ただし、写真は見れないので、やはり本を買う方がいい。



164 :大和:02/02/08 01:27 ID:cWs5iOgT
>>160
今見たが、以下のサイトで「アウシュヴィッツの争点」(リベルタ出版)
の全文が読める。
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus.html
それから、「600万人」と言う数字のデタラメについては
次のサイトがいい。
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-9.html


165 :帝國海軍兵学校生徒:02/02/08 01:31 ID:rDZmXC7P
大和氏へ
情報の提供及び御教授ありがとうございました

166 :名無しかましてよかですか?:02/02/08 16:23 ID:JGeY3rWm
>>165
自衛官?

167 :名無しかましてよかですか?:02/02/08 21:27 ID:88JUACNY
>>166
全部一人の自作自演です(藁

168 :帝國海軍兵学校生徒:02/02/08 22:41 ID:rDZmXC7P
166氏へ
いいえただの高校生です。

169 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 00:53 ID:BG4c0dhG
 小林よしのりが好きな人って単なる勉強不足だよね!
 歴史学だけでこの問題を考えるには限界がある!政治学、心理学、経済学など
いろいろな分野から考察しないと無理だよ。
>>168
大学へ行ったら考え方が変わるよ

170 :帝國海軍兵学校生徒:02/02/09 01:12 ID:NTvOR9dg
169氏へ
どういう意味でしょうか


171 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 01:13 ID:DhfOx3uK
>>170
おまえが大和の自作自演ということだよ(笑)。

172 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 07:09 ID:ux55cNHp
日本はいい、恵まれてるよ。
こんな話ドイツ語とか英語とかフランス語、その他欧米の人間が簡単に
読める言語でやってれば、今のドイツ人がまじでつっこめばあぼーんど
ころか、2chさえ管理責任問われたら防戦が厳しいよな。例のマルコ
ポーロ復刊してるURLなんて人事ながら背筋が寒くなっちゃう。

島の中だけで、ぬくぬくと歴史修正主義にせいぜい励んでください。


173 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 08:28 ID:l5nE73uu
>>172
そういうヨーロッパの言論状況がいいとでも言うのかい?


174 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 10:26 ID:Ol/h3uVE
ショアってビデオ化されてるの?9時間の作品だろアレ。
どうにか見れる方法は無いでしょうか?

南京大虐殺はあったかどうか非常に疑わしいがガス室はあったと思う。
被害者であるユダヤ人は多くを語らなかった。ホロコーストは風化して行ってる気がする。
それに比べて中国人は毎年虐殺について新しいことを思い出してる(苦藁

175 :茶々:02/02/09 10:28 ID:FBRmkQKJ
南京事件もホロコーストも「思う」ですか・・・

176 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 11:01 ID:l5nE73uu
>>174
「ショアー」の中にあるのは「証言」だけで、物証は何も無い。
これは、この映画を作ったランズマン監督自身が認めている。

「ガス室」については

(1)ガス室で殺された死体は当時一体も解剖で確認された例は無かった。
(2)「ガス室」として戦後、ソ連支配下のポーランドで公開されて
   来た建物は、気密性の無さや換気装置の欠如ほかの理由から
   見て、本物とは到底考えられない。
(3)また、それらポーランド当局が「ガス室」と主張し、観光客に
   公開している建物の断片からは、それらがガス室だったなら
   検出される事が予想される高濃度の青酸化合物は出ない。
(4)ソ連軍がアウシュヴィッツで押収したドイツ側文書の中に
   処刑用ガス室の設計図は1枚も無い。
(5)そもそもガス室は、極めて高価な処刑法であり、「民族絶滅」
   などと言う目的には最も向かない処刑法である。
(6)戦後連合軍がドイツで押収した戦争中のドイツ政府公文書
   の中にヒトラーや他のドイツ政府指導者が「ユダヤ人絶滅」
   を命じた命令書は1枚も発見されていない。
(7)又、その様な「絶滅計画」に当時のドイツ政府が予算を
   計上していなかった事が既に判明している。
   
   などの点をどう説明したらいい?
   http://www.nsjap.com/marco/

177 :茶々:02/02/09 12:23 ID:IrrLNTXJ
>>176
山崎カヲル氏のページがそういう主張に対して日本語で本論している
サイトとしては一番わかりやすいと思うのでどうぞ。
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Holocaust/index.html

くだらないことを書かないでください。

178 :茶々:02/02/09 12:24 ID:IrrLNTXJ
タイプミス訂正
本論→反論
です

179 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 12:36 ID:l5nE73uu
>>177
では、聞くが、その山アカヲル氏が、amlで西岡と論争した時、
次の2点を認めたことを知っているか?

(1)アウシュヴィッツの「ガス室」(クレマ1)は、不誠実な
   方法で公開されて来た。
(2)アウシュヴィッツ収容所の所長ルドルフ・ホエスは、
   ドイツでイギリス軍に取調べを受け、調書を作成された際、
   イギリスの取調べ官から拷問を受けていた。
  
   これは、山ア先生自身がaml上で認めた点だ。だから、
君は、この2点については同意するのだろうな?
http://www.nsjap.com/marco/

180 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 12:41 ID:l5nE73uu
>>177
西岡昌紀や木村愛ニは、山アカヲルの事を笑ってるぞ。

181 :茶々:02/02/09 12:44 ID:IrrLNTXJ
>>179
君が愚かなのは、

>これは、山ア先生自身がaml上で認めた点だ。だから、
>君は、この2点については同意するのだろうな?

などと言ったところで、なんら君の主張が認められるわけでは
ないのを理解していないところ。

だからどうなのです?



182 :茶々:02/02/09 12:45 ID:IrrLNTXJ
>>180
笑うのは誰でもできますが?
で、それは何かの反論ですか?

183 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:06 ID:l5nE73uu
>>181
では先ず、アウシュヴィッツで「ガス室処刑」を始めた
張本人とされるホエスの「自白調書」が任意性に欠け、
信用出来る証言ではなかった事に君は同意するかね?

181には答えが無い。まず、質問に答えてよ。

184 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:10 ID:l5nE73uu
>>182
無駄口はいい。それより、「ガス室」で殺された死体が
あったのか、無かったのか、ただそれだけ答えてみろ。
山アカヲルのHPにこの問いに対する答えは無いんだぞ。
(ラウル・ヒルバーグは無かったと認ている。)

答えられないだろ。

185 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:19 ID:l5nE73uu
>>182
もし、ガス室でユダヤ人が殺されたと言うなら、そのガス室で
殺された死体こそは最大の物証じゃないか。ところが、その
ガス室で殺された死体は一体も発見されていないんだよ。
テレビの資料映像なんかに出て来る死体の山は、発疹チフス
などで死亡した不幸な病死者の死体であって、ガス室で殺された
したいではない。(その理由は知ってるだろう?それとも
知らないのかな?(藁))
では、肝心の「ガス室で殺された死体」は有ったのかと質問
された時、「ガス室肯定派」の長老格の歴史家、ラウル・
ヒルバーグ教授は、1985年1月17日、「無かった」と
はっきり認めているんだよ。これについては、山崎カヲルも
反論していない。

さて、君は何と答えるのかな?

186 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:22 ID:l5nE73uu
>>182
それから、戦後連合軍がドイツで押収した戦時中のドイツ政府
公文書の中に、「ユダヤ人絶滅」を命令した命令書は1枚も
発見されていない。それに、「ユダヤ人絶滅計画」への予算も
全く計上されていない。この事についても、山崎カヲルは反論
していないじゃないか。

君はどうなんだ?

187 :茶々:02/02/09 13:28 ID:z3ktjwV5
>>183
あなたは基本的に歴史検証を行う上で、100%信用できる史料など
ありえないということを理解していないこと。

信用性にかけるという証拠は他の史料との整合性で補われる、あるいは
反証されるべきものであり、それ自体だけで、あった・なかったなどと
言ってみるのはナンセンスの極地。

そもそも、ガス室での処刑を命じた文書や記録はそれだけではないのを
あなたはまさか知るわけでもあるまい。

>>184
ガス室により多くのユダヤ人が殺害されたことはこれまでの
研究により明らかです。

私はあまり英語が得意ではありませんが、
そういう史料なら下のサイトにいくらでもあります。
どうぞご随意に反論をしたください。
http://www.holocaust-history.org/

188 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:34 ID:l5nE73uu
>>187
「ガス室」で殺された死体は、ただの一体でも発見されていたのか?
質問はそれだけだ。その単純な質問に君は答えられない。
答えられない事を君のこの書き込み(187)が証明している。


189 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:39 ID:l5nE73uu
>>187
「これまでの研究により明らかです」とは笑わせるね。(笑)
俺は、その「これまでの研究」を良く知っているから、
「ガス室」には物証が何も無い事を知っているんだよ。
君は、その「これまでの研究」の実態がいかに内容が無いかを
知らないから、「ガス室」が実在したと信じている。
その「これまでの研究」で最大の権威とされている歴史家
ラウル・ヒルバーグ自身が、裁判で追及されて、「ガス室で
殺された死体」が、実は一体も無かった事を認めてしまった
事はどう思うの?
それが、「これまでの研究」の結論じゃん。(笑)
http://www,nsjap.com/marco/

190 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:40 ID:PE7bwvQ9
>>187
まったく議論になってないな。具体的な問いを突きつけられると、
概念の議論に逃げたり、争点をずらしたり・・・。そういう態度自体が
立場の苦しさを如実に表している。


191 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:42 ID:l5nE73uu
>>187
それから、連合国が、戦後の戦犯裁判において、
しばしばドイツ人被疑者に拷問を加えて自白を得ていた
事は知っているよね?こういう自白って信用する?


192 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:44 ID:l5nE73uu
念のために言っておくけど、連合国がしばしばドイツ人に拷問を
加えて自白を得ていた事は山崎カヲルも認めている。
山崎カヲルのサイトを紹介する君の事だから、こんな事は
もちろん知っていると思うけど。

193 :茶々:02/02/09 13:45 ID:z3ktjwV5
>>189
何を根拠に「最大の権威」などと言っているのかわかりませんし、
また、そもそも権威がいったことが、すべての結論であると考えるのは
まったくもって浅はかすぎます。

とりあえず、そのラウル・ヒルバーグのアルファベットのつづりと
主著、および、その箇所が載っているページを教えてください。


194 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:46 ID:l5nE73uu
>>193
ヒルバーグを知らないの?????(!)

(絶句)

195 :茶々:02/02/09 13:46 ID:z3ktjwV5
>>192
何度も言いますが、それは何かの反論なのでしょうか?

196 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:47 ID:l5nE73uu
>>193
そうか、あなたは、ラウル・ヒルバーグの名前すら知らずに
「ホロコースト」を論じている訳だ。・・・・・(くすくす)

197 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:49 ID:l5nE73uu
>>193
ヒルバーグのつずりをお教え致しましょう。(笑)

Raul Hilberg



198 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:52 ID:l5nE73uu
>>193

「ヒルバーグ」でも「Hilberg]でもいいから
検索エンジンに入れて調べてみろよ。自分の無知がいかに
ほどいか分かる筈だ。この歴史家は、君の立場の歴史家だぜ。
論争相手の俺に自分の側の歴史家のスペルまで教えられて
良く恥ずかしくないな。(笑)


199 :茶々:02/02/09 13:57 ID:z3ktjwV5
>>197
残念ながら私は近代ドイツ史にうといので知りませんでした。
で、ラウル・ヒルバーグは彼の文献でナチスによるホロコーストが
なかったと言っているのですか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4760116931/qid=1013230438/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-5463618-0598616

それとあなたのような主張はこのように反論されてますね。
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/holocaust/stove183.htm

200 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 13:59 ID:l5nE73uu
>>193
ヒルバーグ(Hilberg)の主著は、
The Destruction of the European
Jewsと言うぶ厚い本だ。
ただし、「ガス室」で殺された死体が、当時実は一体も確認されて
いなかったと言う医学的事実をヒルバーグが認めたのは、この本の
中でではなく、先ほども言った通り、裁判の法廷においてだ。
つまり、宣誓証言の中でそう答えたのだから、ウソをついた訳が
無いだろう。1985年1月17日の事だが、ヒルバーグのこの
驚くべき証言は、1985年1月18日のカナダの新聞に大きく
載っている。The Sault Starと言う新聞かな。
この位、議論の常識だよ。

201 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 14:05 ID:l5nE73uu
>>199
話をするかえるなよ!ヒルバーグの名前すら知らなかったくせに。(笑)
ヒルバーグが「ホロコーストは無かった」と言う訳が無いだろう。
ヒルバーグは、「ホロコースト」が有ったと言う側の歴史家なんだから。
わかってやってるんだろうけど、そのヒルバーグが、「ガス室で殺された
死体は無かった」と認めているんだよ。だから彼のこの証言は重要
なんじゃないか。「ホロコースト」が有ったと主張する歴史家ですら、
一番肝心な物証である「ガス室で殺された死体」が無い事は、認めて
いる。それを指摘してるんじゃないか。
これが、論争の現状なのだが、それでもあなたは、「ガス室で殺された
死体」が有ったと主張するのか?と俺は聞いて居るんだよ。
答えてみろよ。「ガス室で殺された死体」が有ったか無かったかに
ついてのあなた自身の答えを。
http://www.nsjap.com/marco/

202 :茶々:02/02/09 14:07 ID:z3ktjwV5
>>200

私はウェブ上でネタを集めてくるのは好きではありませんが、
上にあげたリンク先でまったく同じような議論があったことを
かんがみ、その反論をそののまま宛名だけ変えて、掲載させて
もらいましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>>ID:l5nE73uuさんがこれに反論したいのであれば、ガス殺死体の存在が、
彼ら否定派の言う「ホロコースト神話」の成立に必要不可欠な要素で
あること、また私が示した、マイダネクにおけるガス殺死体の確認を
報告する一次史料がデタ ラメまたは捏造物であることを立証しなければ
なりません。

ところがそのどちらもできない>>ID:l5nE73uuさんは、ガス殺死体の有無の
問題を、ガス殺死体の有無に関して一人の歴史家が述べた一片の発言の問題
にすり替えてしまいます。彼はこれで何らかの「反論」ができたつもりで
いるようですが、否定論者特有の自己欺瞞的論理の典型と言うべきでしょう。



203 :茶々:02/02/09 14:33 ID:z3ktjwV5
>>201
マイダネクの報告とはこれのことのようですね。
http://www.nizkor.org/ftp.cgi/camps/maidanek/ftp.py?camps/maidanek//maidanek.004

マイダネク収容所に関して、その他にもいろいろ史料があります。
http://www.nizkor.org/hweb/camps/maidanek/

もちろんガス室におけるユダヤ人の殺害の史料もあります。
どうぞ、ご随意に反論してください。

204 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 14:36 ID:l5nE73uu
>>203
先ず、はっきりさせて欲しいのだが、茶々さん、
あなた自身の意見は何なのだ?

あなたは、「ガス室で殺された死体」は有ると言う立場なのか、
無いと言う立場なのか?

別にどっちでもいいんですよ。あなた自身はどちらの立場なのか、
それをこれだけ聞いて居るのに何故答えようとしないのかな?(笑)

205 :茶々:02/02/09 14:38 ID:z3ktjwV5
>>201
上にあげた史料のなかから、高橋氏が述べているのは特に次の箇所ですね。
どうぞ、ご随意に反論してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Within the precincts of the "Extermination Camp" and in the
Krembecki Woods a large number of places was found where the burning
of corpses had taken place. In one of the trenches within the camp
the chassis of an automobile on which corpses had been burnt was
discovered after excavation.

After the exposure of the atrocities perpetrated by the
Germans in the Katyn Woods, the Hitlerites set to work with increased
energy to disinter the corpses from the pits and trenches, and burn
them. The Committee of Medical Experts opened twenty pits of this
kind; eighteen within the precincts of the Majdanek Camp and two in
the Krembecki Woods. In some of the pits a large number of corpses
were found which the Germans had not managed to burn.

Thus, as the result of excavations made in pit No. 1 near the
crematorium, forty two corpses were discovered; in pit No. 19 in the
Krembecki Woods three hundred and sixty-eight bodies of men, women and
children were found.


206 :茶々:02/02/09 14:41 ID:z3ktjwV5
>>204
何をいまさら聞いているのわかりませんし、あえて言うのも
茶番につきあうようでバカらしいのですが、言いましょう。
「はい、ガス室で殺された死体は確認されています」。

満足ですか?



207 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 14:47 ID:l5nE73uu
>>204
じゃ、ヒルバーグは間違っている訳ですね?

208 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 14:48 ID:l5nE73uu
>>206
じゃ、ヒルバーグは間違っている、と言う訳ですね?

209 :茶々:02/02/09 14:50 ID:z3ktjwV5
>>207
ヒルバーグがどのような文脈でそのようなことを言ったのか
わかりませんので、判断につきかねます。

もっともあなたがその裁判証言の記録を出してくれたら、
あるいは、それが掲載されている文献とページ数を示してくれたら、
読んで後ほど回答しましょう。

できますか?

210 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 14:51 ID:l5nE73uu
>>206
もし有ったなら、その解剖の記録は必ず有る筈だが、
先に言うと、高橋亨氏のHPにも山崎カヲル氏のHPにも
そんな解剖記録(医学論文)は紹介されていない。
そりゃそうだろう。ヒルバーグがそんな物は無かったと
言っているんだから。(笑)
それなのに凄いな。茶々さんは何処かでそう言う新資料を
発見して来た訳だ。

211 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 14:52 ID:l5nE73uu
>>209
新聞に載ってるってば!その新聞のコピーなら持ってるし、
あなただって手に入るよ。

212 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 14:54 ID:l5nE73uu
>>209
これは忠告だけど、あんたは何も知らないんだろ?
ヒルバーグのスペルを俺に聞くくらいなんだから。(笑)
書くのは勝手だしこちらは楽しいけど、その場の流れで
衝動的に変な事を書くと、あなたの陣営の人たちが迷惑
するんじゃないの?まあ、俺はどうでもいいんだけど。

213 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 15:01 ID:l5nE73uu
ところで、高橋亨氏は、「ガス室で殺された死体」は
確認されていたと言う、ヒルバーグも言っていない事を
この人はamlで言ってしまった訳だ。(笑)
と、すると、全ての死体は焼却された、と言っていた
人たちの説明は間違いだった訳だな。
それと、高橋亨氏は、マイダネックで、「一酸化炭素で殺された
死体」が発見された、と言っている。しかし、これは医学的に
難しい問題を提起している。一酸化炭素で殺された死体が
どう言う方法で確認されたと言うのだ?青酸の場合と違い、
これは難しいのだぞ。そして、高橋亨氏は、そんな事を言う
くせに、その解剖を報告した医学論文を挙げる事が出来ない(!)
のだ。amlを読むとそれがわかるぞ。

これじゃ、宇宙人の解剖と同じじゃないか。(笑)
やっぱり、ヒルバーグの方がプロの歴史家だけあって、
高橋亨氏の様にデマカセは言えなかったと言う事か。

214 :茶々:02/02/09 15:04 ID:z3ktjwV5
>>210
あなたはチクロンBの痕跡が検出されたという医学的根拠「だけ」しか、
ガス室で大量にユダヤ人が殺害された、ということを歴史的に
裏付けることができないと思っているのでしょうか?

そうであったら、あなたは歴史検証というものをまったく
理解できていません。

それから聞きますが、チクロンBのようなガスの使用が、焼却された死体、あるいは
白骨化した死体などから、検出できるでしょうか?

私は医学的知識がないのでわかりませんが、当時、すでに出来ると言う
のであればその根拠を示してください。

215 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 15:10 ID:l5nE73uu
>>214
話をそらすなよ。あなたが高橋亨のサイトを引用するから
それに丁寧に答えていたら、旗色が悪いと思ったのか、もう
話題を代えるなんてひどいじゃないか。(笑)
話を整理しろよ。先ず、マイダネックの話じゃなかったのかい?

216 :茶々:02/02/09 15:11 ID:z3ktjwV5
>>213
私もそれと同じような疑問を持ちましたが、今、見たところ高橋氏は
次のような参考文献を明確にあげて、そのようなことを言っています。

[1] "COMMUNIQUE OF THE POLISH-SOVIET EXTRAORDINARY COMMISSION FOR
INVESTIGATING THE CRIMES COMMITTED BY THE GERMANS IN THE MAJDANEK
EXTERMINATION CAMP IN LUBLIN", (MOSCOW 1944) pg 17

>その解剖を報告した医学論文を挙げる事が出来ない(!)

いったいあなたはどこを読んでいるのでしょうか?

もし、あなたが一方で、死体に一酸化炭素やチクロンBで殺されたという
明確な医学的証拠がなければガス室による処刑の証明にはならないと主張し、
また、一方で、そんなことは医学的にできないと主張するのであれば、それは
論理的に破綻しており、それは歴史検証でもなんでもありません。


217 :茶々:02/02/09 15:15 ID:z3ktjwV5
>>215
だから、あなたはこの後におよんで何を言いたいのかわからない。
そもそも何を反論しているのか?

君はエライ歴史家の名前に関しては熟知しているようだが、
史料を読み、反論するということに関しては、極めてお粗末。



218 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 15:23 ID:l5nE73uu
>>216
バカ、それは医学論文じゃないよ。
しかも、スターリン時代のソ連で出されたコミュニケじゃないか。


219 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 15:26 ID:l5nE73uu
>>215
スターリン時代のソ連で出されたコミュニケを医学論文と
呼ぶのか。(笑)それでね、茶々さん、高橋亨は、その内容を
全く示していないだろ?(知ってるんだよ。そのHP)
高橋亨は、そのコミュニケの中に医学的報告が有るかの様に
書きながら、その原文を一行も引用していない。
おかしいね。一行も読まないで内容が分かるのかね?その人は。

220 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 15:27 ID:l5nE73uu
高橋亨の書いて居る事はそれくらいデタラメなのだけれど、
一つ重要な事が有る。何だと思う?茶々さん?

221 :茶々:02/02/09 15:31 ID:z3ktjwV5
>>218

あれが上記に私がリンクした報告と同一のものでしたね。
しかし、あなたが愚かなのは、第一に、その史料を読んでもいないこと。
その史料のなかには、医学の専門家による証言や実験報告もあるのに、

>その解剖を報告した医学論文を挙げる事が出来ない(!)

とは知的怠慢といわずにおれません。

それとも、私もあの時は気づかずにすぐにレスしてしまいましたが、
あなたも、その参考文献が私がリンクした史料と同一のもので
あるということに今なお気づいていないのでしょうか?


222 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 15:31 ID:l5nE73uu
>>220
分からないか?

223 :茶々:02/02/09 15:34 ID:z3ktjwV5
>>219
高橋氏が参考にしたその箇所がこれのようですね。
「Medical Experts」と書いてあります。
ご随意に反論をどうぞ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The aforementioned Committee of Medical Experts expressed the
opinion that:

"The extermination of prisoners in the concentration camp was
accomplished by different methods. In the initial period of the
camp's existence the Hitlerites mainly resorted to wholesale shooting.
Later, they also resorted to the wholesale poisoning of people in
specially built gas chambers by means of powerful poisonous substances
such as prussic acid (the substance known as 'Cyklon') and carbon
monoxide."


224 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 15:36 ID:l5nE73uu
>>221
茶々さん、高橋亨は、マイダネックでは、ガス室で殺された死体が
有ったと、根拠も無く言っている訳だけれど、アウシュヴィッツに
ついては何も言っていないだろ。

つぃまりね。この高橋亨ですら、アウシュヴィッツに関しては、
ガス室で殺された死体が有ったと強弁できないのだ。

君は驚かないのか?あの殺戮の中心とされているアウシュヴィッツで
一体も「ガス室で殺された死体」が無かったとしたら?この高橋亨で
すら、アウシュヴィッツに関してはこうなんだぜ。


225 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 15:38 ID:l5nE73uu
>>223
だから、これは一酸化炭素(Carbon monoxide)
による殺人が行なわれたとする「主張」に過ぎないのであって、
どう言う死体が何体有った、と言う事が一言も書かれてない(!)
じゃないか。本当に読んだのか?

226 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 15:42 ID:l5nE73uu
>>223
あなたの引用した英文の何処が医学なんだ?
解剖の内容なんか一言も書いてないじゃないか!
こうして考えると、ヒルバーグは伊達にアメリカの
歴史学会で威張っている訳ではないな。彼(ヒルバーグ)は
正直だよ。「ガス室」で殺されて死体が解剖で確認された
事例は一例も無かった事をはっきりと法廷で認めている。
ヒルバーグの証言を裏ずける内容じゃないか。あなたの引用
した英文は。

227 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 15:45 ID:l5nE73uu
>>226
まだ分からないか?「ガス室」で人間が殺されたと言う話は、
あなたが囲繞したコミュニケがいい例で、連合国側の「主張」
でしかないのだよ。このコミュニケがその好例だ。
「主張」は証拠ではない。南京や慰安婦で繰り返されてきた
のと全く同じパターンじゃないか。

228 :茶々:02/02/09 15:56 ID:z3ktjwV5
>>226
あなたが依然として愚かなのは、明確に史料をあげている「メディカル・
エキスパート」による「報告」にケチをつける一方で、どのような文脈で
言ったのかもわからない偉い歴史家の発言の断片を金科玉条のごとく
繰り返して、ガス室殺害の否定の根拠とするところ。

「報告」とはどういうものか知っていますか?

また、君は私があげた史料に対してなんら反論していないし、高橋氏の
反論に対しても、うかつで知的怠慢以外の何者でもないような主張を
おこなうところ。

さらにはいまさらのように、

>茶々さん、高橋亨は、マイダネックでは、ガス室で殺された死体が
>有ったと、根拠も無く言っている訳だけれど、アウシュヴィッツに
>ついては何も言っていないだろ。

などというところ。

>>176では、

>「ガス室」については
>(1)ガス室で殺された死体は当時一体も解剖で確認された例は無かった。

などとさも普遍的にそうであるかのように書きながら、いまさらマイダネクだけ
とは驚きを通り越してあきれます。

229 :茶々:02/02/09 16:03 ID:YxChcMst
>>227
>あなたが囲繞したコミュニケがいい例で、連合国側の「主張」
>でしかないのだよ。このコミュニケがその好例だ。

いったいどこが「主張」なのでしょうか?

そもそもあなたは、自説の根拠となるような史料を一回でも
あげたり、手に入れることが可能なように文献名やページ数を
示しましたか?

史料も示している専門家もまじえた調査報告を「連合国側の主張」と断じる一方で、
1985年当時の文脈から切り離された一歴史家の発言の断片をもって、
ガス室殺害を否定する「証拠」とするあなたの歴史検証の方法論とは
いったいいかなるものなのか?


230 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 16:14 ID:ChwTta5I
このスレ全部読めばわかる。自作自演なので相手にしない方がいいよ。
これは左右関係なく事実の問題。
木村だか西岡だか知らないけど、そうしたリビジョニストは
都合の悪いニツカとかは無視して、全部反論されてること承知で
宣伝を繰り返すだけだからw。
http://www.nizkor.org/
http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/nizkor/66qa_title.htm
http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/hondana/hondana990130a.htm
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/holocaust/holocaust.htm
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Holocaust/index.html

231 :ひろゆきと愉快な信者達:02/02/09 16:18 ID:ygnRVAEH
115 :参加するカモさん :01/12/21 19:46
http://gotonext.cool.ne.jp/gazou/hiroyuki02.jpg
ひろゆき、歯まっ黄色!!
歯糞だらけ!!びっくり!!(・∀・)キタナイ!!ビークリ!!

ひろゆきへ

歯みがきしましょうね・・・・

156 :参加するカモさん :02/01/08 14:08
>>115
死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死
死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死
死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死
死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死
死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死
死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死

157 :参加するカモさん :02/01/08 14:11
>>115
呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪
呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪
呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪
呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪
呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪
呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪

232 :G:02/02/09 16:20 ID:vjeRlggT
ログ全部読むのもバカバカしいスレだな。
ホロコースト無かった派の主張を真に受けるなら、
広島・長崎の原爆だって命令書(公文書?)が出ない限り否定されるわけか。
オウムサリンテロも、麻原の公文書が出てこなけりゃ否定されるわけか。
なんでこんなスレにこんなにレスがついてるのか全然分からんわ。

慰安婦や南京の件でウヨが否定してるのは、
明確な証拠が無いから「状況」で判断してるんだろ。
で、それらの行為についての必要性が見つからないから無かったと判断してるので、
それを覆すなら強制連行なり南京虐殺なりについての必要性について論じるべきで、
それすらできないんならとっとと明確な証拠(公文書なり何なり)を持ってこい、って話だろ。
確かに順序としては証拠が先だ。だが証拠が無いならそれ以外で判断するしか無い。
「証拠が無いから判断できません」と言ってるに過ぎねぇんだよ、お前ら。
まぁ「たかが漫画」のゴー宣すら読解できない奴じゃしょうがないか(笑)。

233 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 16:35 ID:PE7bwvQ9
まあ、証拠がなければ、不十分なら、「有った」と言うことはできんわな。

234 :ポカQ:02/02/09 19:31 ID:s0ZeplDN
>>232
広島、長崎の原爆投下には命令書が有った筈だし、飛行記録もあれば、
多くの死体の臓器標本が今も保存されている。解剖の記録ももちろん
沢山ある。
オウムと全然違う点は、原爆を投下したアメリカも、今ここで
「ユダヤ人絶滅」を計画したかどうかが議論されているドイツも国家
だったという事。
近代国家はカルト集団とは全然違う。政策の決定にはそれぞれの
国家のプロセスがあるし、予算がなければ官僚組織は動けない。
だから、オウムを引き合いにするのはナンセンスだし、話からすると、
ヒトラーの命令書も絶滅計画への予算も計上されていなかったという
指摘が本当なら、やはり、ドイツはユダヤ人絶滅など計画していなかった
と考えるのが合理的。
ただし、それでも、ドイツの罪が消える事はない。ナチスはやはり憎む
べき存在だ。

235 :ポカQ:02/02/09 19:46 ID:s0ZeplDN
>>233
その通り。従軍慰安婦論争でもそうだったが、左翼の論法に
特徴的なのは、挙証責任を相手に押し付ける事だ。以前、
藤岡さんがテレビで指摘していたが、「慰安婦」の強制連行が
あったと指摘する者たちは、皆、挙証責任を論争相手に転嫁
している。もし「慰安婦」の強制連行が行われたと言うなら、
その証拠を示す責任は、当然、強制連行があったと主張する
人間たちにある。ところが、左翼たちはそれをせず、「証言が
ある」と言い、「強制連行が無かったと言うならその証拠を
示せ」などどばかな事を言う。この問題もそうで、証拠が
無いなら、「ユダヤ人絶滅」が計画、実行された、などと言う
べきではない。ガス室で殺された死体について言えば、茶々氏が
提示した英文文書には、その様な死体が何体発見され、それらを
どの様な科学的理由で一酸化炭素中毒と断定したかの説明が一言も
書かれていない。やはり、カチンの森に関して捏造をやったソ連軍
の文書だけの事はある。


236 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 19:48 ID:UqxueRjp
慰安婦が自分の意志で働いていたことを証明する義務は
慰安婦(売春婦)を雇った側にある。
それが証明できないのなら、不当な手段で慰安婦にした、といわれても文句言えない。

237 :ポカQ:02/02/09 19:52 ID:s0ZeplDN
>>235
何バカな事を言ってるの?いかなる出来事も、挙証責任は
それが起きたと主張する側にあるんだよ。

238 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 19:53 ID:UqxueRjp
犯罪の被害者は、自分で証拠を集めなくてはならんのか?
それじゃ、警察は要らないな。

239 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 19:55 ID:UqxueRjp
たとえるなら、無免許運転の車にはねられたとして、
相手が無免許だった、ということを証明する義務は、
被害者にあるのか?
そういうことだ。

240 :ポカQ:02/02/09 19:57 ID:s0ZeplDN
>>238
君はバカか?私は、237で、「いかなる出来事も挙証責任はそれが
起きたと主張する側にある」とはっきり書いているだろ?
裁判で、容疑事実が起きたと主張するのは誰だよ?検事じゃないか!!!
だから、俺は、挙証責任は検事にあると主張しているのであって、
あなたが言った様な論法は全く採っていない。
左翼って、どうしていつもこうして人の主張を捻じ曲げて語るのかね。

241 :ポカQ:02/02/09 19:59 ID:s0ZeplDN
>>239
その場合の挙証責任は警察にあるんじゃないの?

242 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 20:01 ID:UqxueRjp
「挙証責任云々」は君が勝手に言っているだけ。

当時、慰安婦を働かせるには免許が必要であり、
その条件としての慰安婦自筆の売春従事に同意する承諾書がなかった場合は、
不当な行為ということになるんだよ。



243 :ポカQ:02/02/09 20:01 ID:s0ZeplDN
それから、連合国は、戦後の戦犯裁判の幾つかにおいて、
ドイツ人被疑者に拷問を加えて自白を得ていた事をあなたは
どう思うの?ドイツ人なら拷問してもいい、と言う訳?

怖いなあ。左翼って。

244 :ポカQ:02/02/09 20:03 ID:s0ZeplDN
>>242
それがどうしたの?
強制連行の有無とどう言う関係があると言うの?

245 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 20:04 ID:UqxueRjp
論破されて論点ずらし。コヴァのお約束。
俺はドイツ人じゃないから、ノーコメントだ。

246 :ポカQ:02/02/09 20:07 ID:s0ZeplDN
>>242
本気でこんな事言ってるの?
それじゃ、冤罪(えんざい)の大量生産に成るね。

挙証責任は検察側に有る、と言う鉄則が破られたら、
例えば君だって、死体も凶器も存在しないのに「殺人」で
起訴されて有罪に成るかも知れないんだぜ。その時、
誰かが「お前が殺人を犯していないのなら、殺人を犯していない
証拠を見せろ。無ければやはりお前が犯人だ」と言ったとして、
あなた納得できるか?

247 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 20:07 ID:UqxueRjp
説明するなら
慰安婦の承諾書を保存してなければ、間接的な強制連行があった、ということにされても
反論できない、ということだ。

248 :ポカQ:02/02/09 20:08 ID:s0ZeplDN
>>247
おい、本気か?

249 :ポカQ:02/02/09 20:10 ID:s0ZeplDN
>>247
それから、この「間接的な強制連行」ってどういう意味だよ?

250 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 20:11 ID:UqxueRjp
おかしいか?
いくら戦前とはいえ、売春宿経営がそう簡単にできたと思うか?


251 :ポカQ:02/02/09 20:13 ID:s0ZeplDN
>>245
それから、「ドイツ人じゃないから」ドイツ人が拷問された
事にはノーコメントなら、
「韓国人じゃないから慰安婦問題にはノーコメント」
「中国人じゃないから南京大虐殺にはノーコメント」
「ユダヤ人じゃないからホロコーストにはノーコメント」
「黒人じゃないからアパルトヘイトにはノーコメント」
でもいい訳じゃない?

252 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 20:14 ID:UqxueRjp
「間接的な強制連行」とは、従来、「広義の強制連行」と呼ばれていたものだ。
軍が直接連行するのではなく、委託された業者に強制連行されてきた女性たちを
女性本人の意思を公式に確認せず、またその意思に反して軍や公共機関が
自分たち専用の売春婦として従事させることだ。

253 :ポカQ:02/02/09 20:15 ID:s0ZeplDN
>>245
本多勝一は、ドイツ人でもユダヤ人でもないのに、
ガス室否定論の記事を週刊金曜日に掲載しようと
頑張ってたそうじゃない。
これはどうなの?(笑)

254 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 20:15 ID:UqxueRjp
>251

慰安婦と南京虐殺は、日本が一方の当事者。
ホロコーストとアパルトヘイトは、基本的に部外者。
その程度の区別くらいできないかなあ。

255 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 20:17 ID:UqxueRjp
ひろゆきだって、コヴァかサヨクかよくわからないが、
あらゆる意見を発表させているじゃないか。
それが何か問題なのか?

256 :ポカQ:02/02/09 20:18 ID:s0ZeplDN
>>253
本多勝一は、あの「ナチ「ガス室」はなかった」を週刊金曜日に
掲載しようとしてたんだぜ。

257 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 20:18 ID:PE7bwvQ9
だめだよ、247には挙証責任の意味が分かっていない。
というか彼の言っていることは何かの冗談としか思えないのだが。

258 :ポカQ:02/02/09 20:19 ID:s0ZeplDN
>>255
いや、本多勝一は確信犯でガス室否定論を支持していた。

259 :ポカQ:02/02/09 20:20 ID:s0ZeplDN
>>257
そうか。(笑)

260 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 20:21 ID:UqxueRjp
そりゃ、当事者じゃなくて、第三者だからこそ、
ガス室記事をのせようとしたんだろう。
実際、ウヨのはずの文春も同じ事をした。


261 :ポカQ:02/02/09 20:24 ID:s0ZeplDN
この辺で寝るわ。左翼の思考形態が良くわかってよかった。
何の事はない。左翼こそ、反人権の冤罪(えんざい)放任主義
なんじゃないか。ドイツ人が連合国に拷問されて自白調書
取られた事にはノーコメントなんて、ダブルスタンダード
その物じゃない。偽善だね、左翼って。

262 :名無しかましてよかですか?:02/02/09 20:29 ID:UqxueRjp
すまんな。病院の消灯時間か。


263 :茶々:02/02/09 22:57 ID:ha0FzwGQ
>>235
>ガス室で殺された死体について言えば、茶々氏が
>提示した英文文書には、その様な死体が何体発見され、それらを
>どの様な科学的理由で一酸化炭素中毒と断定したかの説明が一言も
>書かれていない。やはり、カチンの森に関して捏造をやったソ連軍
>の文書だけの事はある。

「報告書」というものがどういうものかわかっていますか?
あなたは専門家による「報告」が、詳細にわたっていないことを
あげつらい、「捏造」と断じていますが、その根拠はなんでしょうか?

自分はなんら史料をあげることなく、ただ憶測のみで
「なかった」だと言っているのでしたら、挙証責任などとたいそうな
ことは言うべきではないですね。

そもそも、私が示したリンク先では、他にも場所や発見された遺体数などが
明記されています。
読んでから言うべきですね。


264 :大和:02/02/10 00:57 ID:7AQzERgC
>>263
茶々氏にお尋ねする。では、ヒルバーグは、何故、ガス室で殺された
死体は全く確認されていなかった、と証言したのだ?
これは法廷証言だぞ。当然、ヒルバーグは宣誓していた筈だが、
アメリカの歴史学会の長老とも呼ぶべき人物が宣誓の上、こう
証言しているのだぞ。
(このヒルバーグ証言を報じたカナダの新聞記事は、東京の新宿の
ロフトプラスワンというライブハウスで西岡か木村が大量に配布した
パンフレットにコピーが載っている。この店に行けばまだあるかも
知れない。)

265 :大和:02/02/10 01:09 ID:7AQzERgC
>>171
これは、どう言う意味だね?俺が170氏とグルになってるとでも
言うのかな?それとも俺と170氏が同一人物だとでも言う気かね?
一水会の鈴木氏じゃないが、妄想の自由はあって当然だから、あなたの
妄想の邪魔はしない事にする。(笑)


266 :帝國海軍兵学校生徒:02/02/10 01:20 ID:Ju0Jl+Io
大和氏へ
御迷惑をおかけしました


267 :大和:02/02/10 01:24 ID:7AQzERgC
>>266
どうして?全然迷惑なんかしてないよ。面白いじゃない。この人の妄想。
香山リカに見てもらったらいいんじゃない?(笑)

268 :大和:02/02/10 01:25 ID:7AQzERgC
>>266
それより、あなたのHN気に入ったよ。

269 :茶々:02/02/10 02:28 ID:Uk4mGCKx
>>264

君は昼間のID:l5nE73uuを同じ人ですか?
何度も言うようにどういう文脈でいったのかもわからない発言の断片を
持ち出して、ガス室殺害の否定の根拠に用いようとするその思考に
あきれます。

あなたこそ、パンフレットなどではなく、裁判記録の原資料を見せるか、
それができなくともそれが載っている文献とページを示すべきです。
新聞なら何月何日のどこそこの新聞と明記しなさい。




270 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 02:38 ID:Wv5fJLm2
妄想宣伝スレ下げてやって下さいね。ったく。
正体割れてんだからいい加減にしたら。かまって君はしょうがないなあ。
都合悪くなるとHN変えては別方向から、ですか。つまんねえ人。

271 :大和:02/02/10 02:47 ID:Y+byVyda
>>269
俺が誰かと同一人物かと想像するのはあなたの自由だから
邪魔しない。掲示板なんてそんな世界だしね。ただ、そう言う
事を書いて現に一人笑い者になっている人がいる様な気がする、
とだけは言っておこう。(笑)

272 :大和:02/02/10 02:59 ID:Y+byVyda
>>269
俺がそのパンフレットの事を教えてやったのは、あなたに
その新聞記事の入手法を教えてやろうと思ったからじゃないか。
親切で教えてやったのに失礼だな。
いいかい、そのパンフレットには、当該の新聞記事の実物が
コピーで全文掲載されているのだよ。だから、この英文記事は、
相当色々な所に広がっていると思うな。後で原文の一部を書いて
やるが、The Sault Starと言うカナダの新聞の
1985年1月18日号に載っているScientific
Evidence of Holocaust Missing
と言う記事がそれだ。繰り返すが、そのパンフレットをあなたが
入手すれば、記事の実物が見れるよ。

273 :大和:02/02/10 03:14 ID:Y+byVyda
>>269
長文なので全文は書かないが、その記事のタイトルとさわりの
部分を書く。(The Sault Star--Friday, January 15, 1985 A11)

Scientific Evidence of Holocaust Missing

TORONTO(CP)--No Scientific reports prove Jews were extermi-
nated in Nazi gas chambers, a Holocaust
scholar cinceded Thursday at the trial of
Ernst Zundel. But numerous historical documen-
ts show that Jews were killed during the
Second World War, said Raul Hilberg, a
University of Vermont political science
Professor.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・(余りにも長いので中略)・・・・・・
       Hilberg agreed with Christie there are no
autopsy reports indicating even a single
person died from exposure to poisonous
gas in chambers.(後略)

       この裁判の背景とヒルバーグの釈明はこの後で書く。       





274 :大和:02/02/10 03:17 ID:Y+byVyda
>>273

273でJanuary 15, 1985と書いたのは、January 18, 1985が正しい。
打ち間違えたので、訂正する。

275 :大和:02/02/10 03:24 ID:Y+byVyda
>>273
今ここで論じているのヒルバーグ証言は、この様にカナダの新聞で
大きく取り上げられたのだが、これは、ツンデル裁判という裁判
で語られた証言である。ツンデル裁判と言うのは、1980年代に、
カナダ在住のグラフィック・デザイナーでドイツ人のツンデルと言う
男が、カナダに来て、ホロコーストに疑問を投じる歴史家が居る
事を初めて知って驚き、そうした見解を要約した印刷物である
「Did Six Million Really Die?」
(600万人は本当に死んだか?)を郵便で配布した事から起きた
裁判だ。ツンデル自身は、若い頃は左翼的な人物だったが、この
頃から右傾化して行った人物で変わり者である。しかし、彼は
右翼ではあるが全くの非暴力運動家だから、ここではそう言う事は
問題にしない。問題は、彼が配布した出版物の内容だ。(続く)

276 :大和:02/02/10 03:34 ID:Y+byVyda
(続き)
ツンデル(Zundel)が郵便でカナダ国内及びドイツの人々に
配布した印刷物は、ハーウッドと言うペンネームのイギリスの歴史家が
書いた物で、今読んでもなかなか面白い物だが、とにかく、「ホロコー
スト」を否定はしないものの、強く疑う内容に成っている。これを
カナダに来て読んだツンデルは驚き、この小冊子の配布を始めた訳だが、
これを知って怒った一部のユダヤ人が、この冊子の配布は当時カナダの
刑法で禁じられていた「虚偽情報の流布」に当たるとしてツンデルを
告発して始まったのが、このツンデル裁判だ。結論を言うと、ツンデル
は1992年、カナダの最高裁で無罪を勝ち取り、カナダ刑法の
「虚偽情報の流布」を禁じた条項もこの判決で憲法違反とされたの
だから、最終的にはツンデルの勝利なのだが、この裁判が特筆される
のは、ツンデルが配布した印刷物の内容が「虚偽」かどうかが争点に
成ったと言う点に在る。(続く)

277 :大和:02/02/10 03:48 ID:Y+byVyda
(続き)
即ち、「ホロコースト」に正面から疑問を投じた印刷物の内容が、当時
カナダの刑法で禁じられていた「虚偽情報」なのかどうかが争点に
成った結果、一体「ホロコースト」は何処まで本当なのかが法廷で
争われると言う。前代未聞の裁判と成ったのだ。当然、マスコミは
これを大々的に報道した。そして、この様な成り行きから、ツンデルを
告発した原告のユダヤ人グループと被告ツンデルの側とが、法廷で双方の
立場を支持する歴史家、ア化学者、火葬業者、航空写真専門家、それに
ウシュヴィッツ収容所の元被収容者からガス室設計のコンサルタント、
火葬業者、等を証人として立てて、「ガス室」や「ユダヤ人絶滅計画」
の真偽が論戦する事と成ったのである。これをツンデル裁判と言うが、
この前代未聞の裁判が重要なのは、法廷という、双方が宣誓して証言
する場で「ガス室」や「絶滅計画」の真偽が論戦されたと言う点にある。
その中でヒルバーグのこの証言も為されたのだが、彼(ヒルバーグ)は、
上に引用した通り、1985年1月17日の法廷で、ツンデルの弁護士
クリスティーに「ガス室で殺された死体が医学的に確認された事例は
有ったのですか?」と問われて、「無かった」と認めてしまったのである。
だから、彼のこの証言は、上の様な大ニュースに成った。
(この裁判については、以下のサイトに記述が有る。)
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus.html


278 :大和:02/02/10 03:59 ID:Y+byVyda
(ああ疲れた)
これが、今論じているヒルバーグ証言の背景だ。
その法律的側面も面白いが、ツンデル裁判は、この様に、
「ホロコースト」の通説側と懐疑派が、お互いに歴史家や化学者や
火葬業者、収容所の生存者などを証人として立てあい、双方の
論拠を宣誓証言によって検証し合う物と成った為、双方の論拠を
検証する宣誓証言の宝庫なのだ。そして、この裁判を境にして、
「ホロコースト」論争の形勢が逆転したと見る人々は、皮肉を
込めて、この裁判を「ホロコースト論争のスターリングラード」
と呼んでいる。つまり、ヒルバーグをはじめとする通説側の
歴史家たちが、この裁判を切っ掛けに、まるでスターリングラード
のドイツ軍の様に退却を始めた、と言う意味である。
http://www.jca.apc.org/~altmedka/gas.html

279 :大和:02/02/10 04:04 ID:Y+byVyda
茶々さんが基礎知識が無いので、俺はこんなに書かなければ
ならなかった。もう寝る。おやすみ。
http://www.jca.apc.org/~altmedka/nise.html

280 :茶々:02/02/10 13:47 ID:3vvd2tH4
>>279

あなたはID:l5nE73uuと同じ人ですね。
まずあなたが愚かなのは、ヒルバーグの発言の断片、それも
彼が言った文脈をまるで無視して、ガス室殺害の証拠が
ないと彼が認めたというように主張している点です。

ツンデル裁判に関して裁判記録が以下のサイトに載っています。
http://www.abbc.com/aaargh/engl/ancestors/RH85toronto1.html

ポイントとなっているヒルバーグの証言は次のようなところです。

"Well, I am not going to extend the definition of 'empiricism'
to include experiments as a matter of necessary consequence.
There are all kinds of manipulations, some of which is simulation,
some of which are experiments, and some of which are not either...
my description of what I am doing, is the procedure of looking at
facts as they are contained in documents, and then coming to a
larger picture, going from the small to the big, and that I call
the empirical approach to the subject. There are, and could be,
other approaches, but that happens to be mine. 'Experiment',
[39] to me, suggests a repetitive element that can be manipulated
in a laboratory. This I don't do." (5-967)

281 :茶々:02/02/10 13:49 ID:3vvd2tH4
May I suggest, said Christie, that experiments can mean going to
the scene of an event and conducting scientific tests?

"One may conduct scientific tests. I don't exclude that."

Have you done it?, asked Christie.

"I do not. I have repeatedly said that I am not a chemist.
I am not a geologist. I am not a photo interpreter. I do not
do these things."

I am asking you, said Christie, if you have done any physical
experiments in respect to the research we are dealing with here.

"No. No."

Do you know of one scientific report that substantiates that any
single place was used as a gas chamber? If so, please name it,
said Christie.

"What do you mean by a scientific report?," asked Hilberg.

282 :茶々:02/02/10 13:50 ID:3vvd2tH4
I don't usually have to define simple words, said Christie,
but by "scientific report" I mean a report conducted by anyone
who purported to be a scientist and who examined physical
evidence. Name one report of such a kind that showed the
existence of gas chambers anywhere in Nazi-occupied territory. (5-968)

"I still don't quite understand the import of your question,"
said Hilberg. "Are you referring to a German, or a post-war -"

I don't care who - German, post-war, Allied, Soviet - any source
at all. Name one, said Christie.

"To prove what?," asked Hilberg.

To conclude that they have physically seen a gas chamber. One
scientific report, repeated Christie.

"I am really at a loss. I am very seldom at such a loss, but...
Again, I can only state that there have been aerial photographs
that were analysed. Perhaps that is not in your definition of
science. There have been contemporaneous documents about the
lethality of the gas that was employed. Perhaps this is not
important to you. There are documents - " (5-969)


283 :茶々:02/02/10 13:53 ID:3vvd2tH4
Excuse me, said Christie, I want to understand clearly. You say
the second thing is evidence about what?

"The lethality, the toxicity of the gas, the nature of the poison
and what it does... Signed by scientific personnel within the German
chemical industry."

Hilberg agreed that the cans of Zyklon B were labelled as poison:
"That's correct. None of these examples will satisfy you because
you want the proverbial connection to be made so close...
The additional, how shall I say, scientific evidence is contained
in such subject matter as filters for gas masks and the like, again
indicating the caution with which one must approach this gas. Now,
these are all connected with gas chambers."

Is that the end of your answer?, asked Christie.

"Well, for the moment, it's a couple of examples that at the spur of
the moment I can bring up. If you want me to reflect on the matter,
I can certainly conjure up from my recollection other examples, but
I am still at a loss to really understand your question." (5-970)

In your book, The Destruction of the European Jews, if you had a
scientific report proving the existence of only one gas chamber,
wouldn't you have used it?, asked Christie.

284 :茶々:02/02/10 14:02 ID:3vvd2tH4

"Oh, well, there is no single report, as you say, proving
scientifically the existence of a gas chamber, unless you mean by
this the chamber. Now, if you mean a scientific report as to what
happened to people inside a gas chamber after they have inhaled gas,
that's a separate matter..."

I didn't ask you that, said Christie.

"Well, that's the reason I am saying I am not quite sure as to
the nature of your question. What scientist would make a report about
a couple of hundred people squeezed into a gas chamber, and what
exactly happens physiologically to them all, when you've got,
from German sources, the exact description of what this gas will
do once it is inhaled by human beings?" (5-979)

I suggest to you, said Christie, that it is quite possible to
determine if hydrocyanic acid in gas has come in contact with
stone or brick or mortar on walls. Do you know of a single scientific
examination of any of those objects to determine, in 1945, the
existence of hydrocyanic acid inside the walls of any buildings in
Europe?


285 :茶々:02/02/10 14:03 ID:3vvd2tH4
"Well, we have numerous structures described in German documents for
utilization of gas for a variety of purposes. The particular gas to
which you refer was delivered in various strength, and some of the
structures were sealed off more securely, others less so, depending
upon the purpose. Obviously, to me, from the existence of the industry,
the reported quantities of gas used in the majority for fumigation
purposes... Of buildings, of ships... Not necessarily lice. It could
be cockroaches."

Bugs were disinfected with Zyklon B, right?, asked Christie.

"The bugs were disinfected? The building was disinfected. The bugs
were killed," said Hilberg, "... Pardon me for giving you a long
answer again, but that 'B' stands for the strength of the gas.
There was Zyklon C and B at the beginning, at least, and depending
upon the purpose, these particular strengths were used in the
strengths indicated for the purpose." (5-980)

I want you to tell me, repeated Christie, if you know of one
scientific report of the analysis of gas chambers that was used in
conjunction with Zyklon B (hydrocyanic acid) for the killing of people?

"No, I don't know of any such report unless it is, you know, somewhere
in the records of the Soviet Polish Investigation Commission of Lublin,
Majdanek, because you have to remember that aside from the Lublin
chambers, otherwise known as Majdanek, and the one Auschwitz chamber
still in existence, there wouldn't be any -"

286 :茶々:02/02/10 14:04 ID:3vvd2tH4
Judge Locke interrupted: "Doctor... do you know of such a report?"

"No," replied Hilberg.

Isn't it true, sir, asked Christie, that Professor Rene Fabre,
toxicologist, was asked in 1945 to examine the [40] corpses of
people allegedly gassed at Struthof-Natzweiler, 5 kilometres from
Strasbourg in Alsace and scraped things from the van and the alleged
chambers where Kramer was supposed to have gassed people, and that
the results of that report were that there was no poison evident
in his analysis?

"I am not at all familiar with this report," said Hilberg. (5-981)

Was there, in your knowledge, the existence of a single autopsy
report to indicate that the cause of death of one person was from
the ingestion of hydrocyanic acid or Zyklon B?, asked Christie.

"Unless you are referring to the report of Professor August Hirt,
who caused Jews to be gassed in a chamber at Natzweiler for the
purpose of investigating their skulls in an anatomical investigation,
that would be it... I do believe that I've seen that in a document,
but it does not give a detailed medical description of what
transpired in the course of gassing, since that was not his purpose...
He caused them to be gassed in order to sever their heads for
anatomical studies... You will find it in the Nuremberg documents.
I regret I can't give you the number."


287 :茶々:02/02/10 14:04 ID:3vvd2tH4
Your evidence, said Christie, is that that report exists and that
it does say that people died from prussic acid, hydrocyanic acid or
Zyklon B?

"I am saying," said Hilberg, "that this man caused several individuals
to be gassed for the purpose of conducting an anatomical study of
their heads. He caused them to be gassed first and then he severed
their heads in order to conduct anatomical studies. He made sure
that they would die with the proper dosage of Zyklon in a gas chamber."
(5-982)

You say, asked Christie, there was some sort of command to perform
gassings?

"There was correspondence there. There was a request for the delivery
of the individuals."

Ahh, said Christie, this is what we have, then, a correspondence,
that is, a request for the delivery of the individuals.

"Perhaps I should simply state that -"

No such report exists, suggested Christie. That would be the simple
answer.

"I would not go so far as to say that no such report exists,
but what you want -"

288 :茶々:02/02/10 14:05 ID:3vvd2tH4
I want the report, said Christie.

"All right," said Hilberg. "If you want a detailed medical study
of what happens to an individual after he has been gassed,
I have not seen that, and that's it."

I don't want a detailed study of what happens to a person after
having been gassed, said Christie. I want reports after the war,
before the war or during the war to show that between 1939 and 1945
someone was killed by the use of those substances.

"Well, there are plenty of such reports, but you want a scientific
report by a physician," said Hilberg.

An autopsy, said Christie.

"No, no. Unless we are talking about this August Hirt document
series, which I would not exclude the possibility here of something
autopsal in his report, but I cannot now testify to that." (5-983)




289 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 14:44 ID:hZGC+F+Z
勘弁してくれ、引用文で埋め尽くす気か?

290 :茶々:02/02/10 14:45 ID:3vvd2tH4
まず、最初におさえておかなれけばならないのは、ヒルバーグは
決して、「ガス室により殺害された証拠がない」などとは言ってもいないし、
認めてもいないこと。

最終的に彼は弁護側が極めて狭く限定して定義した「科学的証拠」、つまり
医者による「検死解剖報告」のようなものは「見ていない」が、「August Hirt」
による毒ガスの実験記録などはそれにあたる、と述べています。

ヒルバーグは「科学的証拠」がまったくないと認めたわけではないし、
毒ガスによる大量殺戮は、多くの記録や証言などから明白に確認できうると
述べています。

>>279、あなたはヒルバーグが歴史家として極めて誠実に、弁護側の言うような
「検死解剖報告」は「見ていない」と認めたのを誇張してとりあげ、さも
一般的に意味での「科学的根拠」までも彼がないと認めたように述べている。

それこそが彼の証言の全体的趣旨を無視した、極めて不誠実なおこないである。

あなたがこれまで繰り返し、彼の発言の断片だけをとりあげ、ことさら
ヒルバーグの歴史家としての権威を借りてガス室殺害の否定の根拠に用いたが、
正当に彼の研究趣旨を理解し、彼の発言を尊重するならば、「ナチスによる
ガス室殺害はなかった」などとは、とうてい言えない。



291 :女子マネ:02/02/10 15:20 ID:nyJq8C0d
>>60 木村愛二の名前をだした時点で「あ、電波なのか、この人」
   って思っちゃうぞ。
    今度は、彼の名前を出さないようにがんばってね

292 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 17:07 ID:RXrkgfO8
>>290
全文を読んだが、肝心の個所が無い。そう言う解剖の報告
(an autopsy case)があったのか、無かったのか、
に関するヒルバーグの答えの部分だ。
なぜ、その一番肝心な部分を引用しないのだね?


293 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 17:14 ID:RXrkgfO8
>>290
茶々さん、話をスリかえているじゃないか。
今ここで議論しているのは、ガス室で殺された死体、だろ?
もしガス室による殺害が本当に行なわれたいたとしれば最大の
物証となる筈の「ガス室で殺された死体」は一体、本当に
発見されていたのかどうかを論じているんだろ?
それを君は、290において、「ガス室により殺害された証拠」
にスリ代えている。

  「ガス室で殺された死体」−−>「ガス室により殺害された証拠」

 このスリ代えに一致して、君がUPした英文の中に、肝心の死体解剖
の有無に関するヒルバーグの最終的な答えは見事に省かれている。

294 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 17:22 ID:RXrkgfO8
>>290
慰安婦問題では
 
 「強制連行」−−−>「強制性の有無」

ここでは

  「ガス室で殺された死体」−−−>「ガス室により殺害された証拠」

と言う訳だね。こうやって論点をあいまいにし、慰安婦問題では強制連行が
証明出来ないと論点を「強制性」に、ガス室問題では「ガス室で殺された
死体」の証明が出来ないと論点wp「ガス室により殺害された証拠」に
拡大解釈する。英語なら見破られないとでも思ったのかね?(笑)


295 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 17:33 ID:RXrkgfO8
>>290
言うまでも無く、ヒルバーグ教授は「ガス室」肯定派だ。いや、その
親玉と呼ぶべき歴史家だ。だから、仮に死体の証明が出来なくても、彼が
死体以外に「ガス室」の「科学的証拠」が有る、と主張する事は驚きに
値しない。彼(ヒルバーグ)が死体以外の科学的証拠と呼ぶ物が本当に
その名に値する物かどうかはもちろん論じなければならないが、今
ここで論じてるのは死体だろ?まず、その点に答えろよ。もう一度
言うが、280から288に引用されたやりとりには、その肝心の点
(ガス室で殺された死体の解剖報告(an autopsy case))
が有ったのか無かったのかに関するヒルバーグの明快な答えが無く、
それどころか、ヒルバーグがその質問から逃げ回っている事が明瞭に
読み取れる。これがどうして、ガス室で殺された死体の存在に関する
答えになると言うのだね?

296 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 17:58 ID:RXrkgfO8
茶々君、君はこれを誰かに相談しながら書いたんじゃないのか?
死体の証明に関する議論の中で、なぜ上の280から288の部分を
取り出して書いたのだ?−−ここには、一番肝心なやり取りが含まれて
いない−−仮りに、もし、誰かが「ここをUPするといい」と言って
この個所をUPしろと言ったなら、気をつけろ、そいつは相当ずるい
奴だぞ。(君を騙してるぞ、そいつ)
それとも、君は、確信犯でこんなにズルい議論のすり替え
(「ガス室で殺された死体」−−>「ガス室により殺害された証拠」)
をやる人間なのかね?

297 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 18:50 ID:RXrkgfO8
>>290
ツンデル裁判の裁判記録から、一番肝心な個所を引用する。

  An autopsy case, said Christie.

"No.no.Unless we are talking about this August Hirt
document, which I would not exclude the possibility
here of something autopsal in his report, but I
cannot now testify to that."

  これが、今ここで論じている、ガス室で殺された死体が当時
確認されていたかどうかに関するヒルバーグの答えであり、この
答えに到るまでのやりとりは、死体の有無に関する限り、ヒルバーグ
が法廷で逃げ回っている姿を記録しているに過ぎない。本質は、ここ
にある。ここで、ヒルバーグははっきりとNoと答えている。
彼(ヒルバーグ)は、もちろん、それでもガス室はあったと主張すしている
訳だし、そこで彼が死体以外の何を根拠にしているかは、別に検証される
べき課題だが、今、ここで論じている事は、ガス室で殺された死体が
当時本当に確認されていたかどうかなのだから、それに対する答えは、
ヒルバーグの明快なNoに集約されている。
(高橋亨氏が引き合いにしたあのコミュニケをヒルバーグが死体の
 証明と見なしていない事に注意(笑))
られるべき


298 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 18:53 ID:W9vhR5vO
http://honey.js88.com/HR_AC.asp?SKey=1165375368

299 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 19:22 ID:RXrkgfO8
>>298
これ何?

300 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 20:19 ID:rEXBj7oj
>茶々氏
あなたが見た、裁判記録が(一部)掲載されているのは、Zundel一派の
サイトよ。Zundel側の弁護士ChritieがHilbergをひっかけようとして
いるところだけを都合よく出してある。それでもここに出てくる電波の
主張にぼろが出てるほど事実が透けて見えてるってこと。

>電波氏
結局Hilbergが証人として出た1985年の裁判の結果はどうだったかな?
あなたなら答えられるでしょう。

1992年の判決は、Zundel側が戦略を変えた結果、Zundelの主張して
いることの中身に入らずに、一般的に「虚偽情報流布禁止」の条項と
その適用が、憲法上の表現の自由の保証から見て行き過ぎと判断した
ことの帰結でしょ。(これ自体も問題が多いが)。

とにかく一言でいえば「ホロコーストがない」と中身の本をZundelが
出版するのも、「UFOが実在する」という本を彼が出しているのと同
じようにカナダではおとがめなし言ったにすぎないのがあなたがスタ
ーリングラードと称してる92年の判決の本質。


301 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 20:33 ID:RXrkgfO8
>>300
法廷証言とはそんな物だよ。それに耐えてこそ証言には信憑性が
備わるのであって、法廷で、敵対的な質問に耐えられない様な証言は
何についてもだが、価値は乏しい。

余談だが、俺は、従軍慰安婦問題や南京問題についてもこう言う
場が生まれることを願っている。つまり、裁判の場で慰安婦の強制連行や
「南京大虐殺」について、それらの出来事があったと主張する側と
疑う側が証人を出し合い、法廷と言う最も厳しい場で証言と質問のやり取りを
する場が生まれればいいと思っている。つまり、ツンデル裁判の日本版だ。
そういう機会が生まれれば、例えば本多勝一を法廷に喚問して、「中国の旅」
の内容について、法廷という、逃げも隠れも出来ない場で、宣誓証言による
答えを述べさせ、それらを記録に残せるのだからな。

302 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 20:38 ID:RXrkgfO8
>>301
そう言う日本版ツンデル裁判を例えば慰安婦問題について
起こしたとする。そうしたら、「強制連行された」と主張する
自称元慰安婦たちに対して、法廷と言う、ウソをつけば偽証罪
と成る場で、いつ何処でどの様に強制連行されたかを一人ずつ
問い正し、ウソをついた者は偽装で告発する事も出来る。
もちろん、「慰安婦」たちが真実を語っているなら、何も恐れる
必要は無い筈だ。(違うかな?)

303 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 20:44 ID:rEXBj7oj
>>301,302

その結果、Hilberg以下の証言の正しさが認められ、それに引き換え、
Zundelの出した証拠や証人のぼろが多くて「裁判の場に耐えられな
かったので」Zundel側が完全敗訴したんでしょうが(藁)。


304 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:01 ID:RXrkgfO8
>>303
歴史の真実は裁判によって決められるものではないが、
裁判それ自体について言えば、判決理由はともかくとひて、
ツンデルは勝っている。最高裁まで言って原告(ユダヤ側)
の訴えは退けられ、ツンデルの無罪は確定している。
だから、君が書いた「Zundel側の完全敗訴」と言う
くだりは、「太平洋戦争でアメリカが降伏した」と言うのと
同じレベルのウソ。

あまりにも事実と違うことを書くと恥をかくよ。(笑)

305 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:03 ID:RXrkgfO8
ところで、本多勝一が、ツンデルと同じく、ガス室見直し論の
支持者だった事は君たち(サヨク)知ってるんだろうな?

306 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:08 ID:RXrkgfO8
ガス室見直し論者の木村愛ニ氏は、1994年の秋に、当時
週刊金曜日の編集長だった本多勝一から、ガス室は存在しなかった、
という趣旨の連載を週刊金曜日に連載する様依頼され、原稿料の
話までしていた。その証拠である本多勝一から木村氏への連載依頼
のファックスが、コピーで出回ってるの見た事が有るぞ。


307 :茶々:02/02/10 21:21 ID:SPFFm+yh
>>ID:RXrkgfO8

>今、ここで論じている事は、ガス室で殺された死体が
>当時本当に確認されていたかどうかなのだから、それに対する答えは、
>ヒルバーグの明快なNoに集約されている。

何度も言うように「ガス室で殺された死体が確認されていない」のではなく、
「ガス室で殺された遺体の検死解剖報告に関しては見ていない」と述べて
いるのです。

ガス室で多くの人間が殺されたということの証明は、検死解剖報告を
待たずとも、多くの記録や証言から可能であり、それをヒルバーグが
なしてきたということをあなたは理解できないのでしょうか?

改めて言うが、あなたは、ヒルバーグの権威を借りて、彼の発言の断片
を歪曲するかたちで、否定の根拠として用いている。

恥を知るべきです。

308 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:21 ID:RXrkgfO8
そう言えば、日本でも、ツンデル裁判ほどの物ではないが、南京事件
に関して、何か裁判が有ったな。郵便袋に人間を入れて殺した、とか
言う話の真偽が争点の一つになった裁判があったと記憶するが。

309 :茶々:02/02/10 21:24 ID:SPFFm+yh
>>300
そうでしたか。あのサイトも、修正主義者関係によるものですか。。。

検索でやったので、サイトのトップページをみなかったものですから。。。


310 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:27 ID:RXrkgfO8
>>307
いや、ヒルバーグは、an autopsy reportについて
Noと言っている。

百歩譲ってあなたの論法で行ったとして、要するに解剖記録はあるの
かね、無いのかね?ヒルバーグが駄目ならあなたでもいい。一人でも
ガス室で殺された人間が居た事を示す医学記録はあるのかね?


311 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:28 ID:RXrkgfO8
>>309
知らなかったの???(絶句)

312 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:29 ID:rEXBj7oj
>電波

あのね、知ってるくせに。
Hilberg が出てきてZundelの主張の真偽について議論があった裁判
は1985年の裁判なの。そこでZundelは敗訴した。その上級審でも。

1992年の判決の裁判は中身とは関係なく検閲の違憲性について争った
結果なの。Hiblergが出てくるまでもない。

それをごっちゃにして裁判でZundelのホロコースト否定論の中身が
認められたというな印象を与えるようなトリックを弄しているのは
この手の否定論者の常套手段だが。恥を知らない人間は恥をかくと
いう意識がないのが困ったものだ。



313 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:31 ID:RXrkgfO8
>>309
茶々君、君は、まさか、あの英文を読めずないで
UPしたんじゃないだろうね・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

314 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:31 ID:RXrkgfO8
>>313
その「まさか」だったの?・・・・(絶句)

315 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:34 ID:RXrkgfO8
>>312
お前、303で何て書いたんだよ?(くすくす)

316 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:36 ID:RXrkgfO8
>>312
ごまかしたって、駄目だよ。

317 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:39 ID:RXrkgfO8
>>312
お前、303で、「太平洋戦争でアメリカが敗北した」、
じゃなかった、「Zundel側が全面敗訴した」って
書いてるじゃないか。

318 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:40 ID:RXrkgfO8
>>312
知ったかぶりすると恥かく事のいい例だ。お前の303は。

319 :茶々:02/02/10 21:40 ID:SPFFm+yh
>>310
ヒルバーグは、歴史家としてのせいっぱいの誠実さでもって、
弁護側が求めるような「検死解剖記録」などは見ていないと述べている。

私が今、問題にしたいのは、これまであなたがヒルバーグの発言の断片をもって、
一般的な「科学的」証拠までも彼がないと認めたような主張をしたこと。

さらに、それをして、あなたがナチスによる毒ガスを使用した大量殺戮を
否定しようとしたこと。

そして、あなたは、ヒルバーグの権威を借りながら、彼の趣旨を捻じ曲げる
引用の仕方をしているところです。

私はドイツ史家ではないから、検死解剖記録が存否について、
断言することはできない。しかし、先日、私が示したマイダネク収容所の
報告にも、専門家の言及がある。



320 :茶々:02/02/10 21:41 ID:SPFFm+yh
>>310

>一人でもガス室で殺された人間が居た事を示す医学記録はあるのかね?

ヒルバーグと同様、私は今、歴史を扱う上で、「ガス室で殺された人間が
いたということを示す」証拠は、検死解剖記録だけをもってしかなされない
と考えない。

あなたがあくまでも「検死解剖記録」にこだわるのであれば、ご随意に
しなさい。

もし、私がここで、「それはない」と言ったところで、事態がなんら
変わることがないのだから。

それはあくまでも、毒ガスを使用した大量殺戮を示す傍証の「ひとつ」が
ないということであって、それが唯一の証拠ではないということが
あなたには理解できるのか私にはわかりませんが。



321 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:49 ID:RXrkgfO8
>>319&320
俺は、ガス室で殺された死体の有無だけでガス室があったか
無かったかを結論ずける積もりは無い。これは誤解するなよな。
しかし、死体が、重要な論点である事は君も認めるだろう。
だからこの事を論じているんだよ。他の論点は後でゆっくり論じるから、
先ずは死体と言う最大の法医学的証拠の有無をはっきりさせようと
しているだけだ。

あなたの言う事が微妙に変わって来たのが面白いな。(笑)

322 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:50 ID:rEXBj7oj
>茶々さん
この電波の手合いはしだいに巧妙になってきているので、用心にこした
ことはない。使っている知的トリックはあなたが簡単に見破ったように
稚拙なんだが。

UFO、オカルト論者にどんなに理をつくして説明しても果てしなく論点
がずれていく。むなしいモグラたたきにまともに付き合ってもしょうが
ないが、ほっとくと厨房の無知に付込んで増殖していきかねないので、
誰かが時々嘘を暴いておくのも必要なんだ。のでメゲる必要はない。


323 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:51 ID:RXrkgfO8
ところで、茶々クン。
君は、あの英語を本当に読んだのかね?(爆笑)

324 :茶々:02/02/10 21:53 ID:SPFFm+yh
>>321
>俺は、ガス室で殺された死体の有無だけでガス室があったか
>無かったかを結論ずける積もりは無い。

当たり前です。

検死解剖報告の存否に関しては、どうぞ好きなだけやってください。
重要ではありますが、本質的に毒ガスによる大量殺戮がおこなわれた
という歴史的事実そのものが変わるわけではないのですから。

もうこれでいいですか?

325 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:56 ID:RXrkgfO8
>>322
茶々君にそんな偉そうな事を言うほど君はこの問題の知識が
あるのかね?自分が303に書いたことを読んでみろ。(笑)


326 :茶々:02/02/10 21:56 ID:SPFFm+yh
>>323
よかったですね。で?

327 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 21:57 ID:RXrkgfO8
>>324
あの英語は本当に読めたの?それ、答えてよ。(笑)

328 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 22:02 ID:rEXBj7oj
>電波
300で俺が、1985年の判決と1992年の判決の区別をはっきりさせる
までほうっかむりしてたのはあんたじゃないかい。それともそれも
知らずに知ったかぶりでいかにもZudelの否定論が勝ったように思
っていたのかい。


329 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 22:04 ID:RXrkgfO8
>>326
で?と言ったね。じゃ、議論を続けるよ。
まず、ヒルバーグ教授は、高橋亨が「死体発見の報告」(笑)だと
言って引用した例のコミュニケを死体解剖の記録と見なしていない
よね。これは、君が自分で(!)UPしたツンデル裁判のやりとり
から完全に明らかだ。

この点を君はどう思っているの?

330 :茶々:02/02/10 22:05 ID:SPFFm+yh
>>327
どうぞ、ご自由に憶測してもらってかまいませんよ。
あなたが、どこぞに書いているように誰かに教わったなどと
思われてもいっこうにかまいませんよ。

ところであなたの今後の活動に役にたつサイトを教えてあげましょう。
あなたが、苦労してタイプしたものと思えるあの新聞記事
(ただしconcedeがcincedeとタイプミスされておりましたが)
のもとがこのリンク先にあります。

http://www.fpp.co.uk/Auschwitz/docs/controversies/liars/Hilberg3.html

よかったですね。これからのあなたの活動に役に立つと思います。
ただし、サイトはあなたのネタ元のひとりと思われる「修正主義活動」を
続けているデヴィッド・アーヴィングですが。

331 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 22:10 ID:RXrkgfO8
>>328
間違いは素直に認めろよ。それに話のスリ替えをするなよ。
俺はツンデルの見解が勝ったか、負けたかの話をしてるんじゃない。
裁判の判決の話をしてるんだ。歴史観の問題じゃなくて判決。
判決は、ツンデルが無罪になったんだから、原告の負けでツンデルの
勝ちじゃないか。ただそれだけの、新聞のニュースのレベルの
事実関係の話だよ。ところが、その新聞のニュースのレベルの事実関係
についてあんたは全然間違った事を得意になって書いたんじゃないか。
だからそれを指摘したのに、判決の話を「否定論」の話にスリ替えてる。
・・・・・「強制連行」を「強制性」にスリ替えるこの国のサヨクの
パターンだね。(藁)

332 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 22:10 ID:rEXBj7oj
>電波
ついでに教祖も。
www.zundelsite.org

これを読めば他人はみな知ったかぶりと言えるのだそうな。


333 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 22:12 ID:RXrkgfO8
ところで、本多勝一が、ガス室についてはツンデルと同じ側に
居た事については反論は無いようで。(笑)

334 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 22:15 ID:rEXBj7oj
>電波
俺はサヨクじゃない。保守。

あんた、最初のカキコで1992の最高裁判決の結果を説明しているのは
俺じゃないか。
あんたがHilberg対Zudelの話にすり替えようとしているからその裁判
ではZudelが全面敗訴といっているんだろうが。
それとも一審全面勝訴とか敗訴とかいう表現は日本語にはないのかい。

335 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 22:16 ID:yYdO0Ts0
>>333
だれもそんなこと問題にしていない。
アホか。

336 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 22:19 ID:rEXBj7oj
>電波
あんたの頭の中じゃ否定論に反論する人間はサヨク、本多勝一信者という
ふうに勝手にできあがっているようだが、世間しらずもいいとこ。仮想的
創って一人でにたにたしてるのはほんとの厨房だぜ。
俺は本多のものは読んだことないし関心もないから反論は誰かにまかせる。


337 :名無しかましてよかですか?:02/02/10 22:21 ID:RXrkgfO8
>>334
ツンデルは、最高裁で無罪に成った。だから、歴史観の決着は
ともかく、司法的にはツンデルの勝利だ。ただ、それだけの事。
サヨクだと間違えたのは失礼した。

338 :名無しかましてよかですか?:02/02/11 00:32 ID:toybWUcx
木村とかいう人はドイツ語読めずに恥を書いたそうだが、
くすくす、って笑ったほうがいいのかな。

当時本多が原稿依頼したのは事実のようだが、あとで本多も慌てたのか
そういう意味ではなかったと必死に否定した経緯がある。勇み足である。
西岡、木村サイドは約束を反故にされたことをそうとう恨んでぐちぐちいった。
しかし本多もリクルート接待問題で過去の栄光が地に落ち既に見限られている
人間だ。今どき左翼を本多に代表させたり、たいした話でもないのに、
粘着質にも当時の件を持ち出す人たちって何者なんだろう(笑)。

トンデモ本シリーズで有名になったオカルトナチオタク、ツンデルが好きなら
すっかり騙された落合信彦でも修正主義者の仲間にすればいいのになあ(笑)。

339 :無しかましてよかですか?:02/02/11 00:52 ID:2QeHw0Em
とりあえず「ガス室で殺された死体」は確認されていない(検死解剖記録は無い)、
ということで良いのですか?

340 :名無しかましてよかですか?:02/02/11 00:56 ID:59Cfneih
>>338
おたく、週刊金曜日という雑誌はどう思う?

341 :名無しかましてよかですか?:02/02/11 01:58 ID:59Cfneih
>>339
もしかして、週刊金曜日の方?(笑)

342 :無しかましてよかですか?:02/02/11 02:07 ID:5E8t6nzA
>>341
違います(笑)結局この話題はどういう決着を見たのか知りたいだけ。
想像力のたくましいあなたはどう思う?

343 :名無しかましてよかですか?:02/02/11 02:12 ID:59Cfneih
>>343
失礼しました。考えてみれば、話題は「小林よしのりとホロコースト」
なんだよね。そっちにフォーカスをあてましょうか。


344 :名無しかましてよかですか?:02/02/11 02:19 ID:59Cfneih
色々意見はあると思うけれど、俺は、まず、従軍慰安婦の強制連行は
虚構だと思って居る。そして、その点については小林よしのりはいい
事を描いた、と思って居る。まあ、この点について意見が分かれてるのは
分かってるが、解せないのは、小林氏の「ホロコースト」に対する
スタンスだ。従軍慰安婦の強制連行は、それを裏付ける文書が無いし、
証言は信頼性に欠ける、済洲島の住民自身が吉田証言を否定しているとか、
色々ある訳だが、従軍慰安婦の問題について言える事は、おおよそ
「ホロコースト」についてもいえる。「ユダヤ人絶滅」を命じた文書が
1枚も発見されていないとか、アウシュヴィッツに居たユダヤ人の中には
実は「ガス室」に否定的な証言をする人が少なくないとか、ね。
しかし、小林よしのりは、「ホロコースト」に関しては、全くサヨクだ。
ダブルスタンダードじゃないのか。歴史的事実に関する議論とは別に、
彼のこうしたダブルスタンダードはもう一つの問題なんじゃないのか?

345 :名無しかましてよかですか?:02/02/11 02:29 ID:59Cfneih
それから、凄く面白い事を指摘しておく。小林よしのりは、「アリバイ
作り」なんだろう。(笑)機会有るごとに「ホロコースト」について
書き、サイモン・ヴィーゼンタール・センターに対する「忠誠」を
述べているが、面白い事に、彼は、或る時期から、「ガス室」があった
とは言わなくなっている。又、彼が「ホロコースト」について描く時、
ガス室の絵は描かれていない。これは、一体どうしてなのだろうな。

(この書き込み読んでガス室のカット描き出したりして(笑))


346 :名無しかましてよかですか?:02/02/11 02:32 ID:59Cfneih
俺は、小林よしのりは、このスレッドを読んでると思うな。
じゃ、おやすみ。

347 :無しかましてよかですか? :02/02/11 03:03 ID:5E8t6nzA
流行作家としての本能が、「ホロコースト」の問題を避けているのかも
しれませんね。従軍慰安婦問題と違って援軍も少なそうですし。出版社
全体が、やはりこの問題をタブー視しているのでしょうか?

348 :ばかじゃねーの?:02/02/11 03:15 ID:rNYgcruL
また自作自演かよ……。ホントにしょうがねえなあ。

349 :名無しかましてよかですか?:02/02/11 04:32 ID:W8B4qUZo
ほんとしょうがないよね。同じスレ乱立させてさ。よっぽど妄想宣伝したいんだろ。
それしかアイデンティティがないつーか、まだこれで稼げると思ってるのか。
つかひっかかるバカいるのかね。

350 :名無しかましてよかですか?:02/02/11 06:46 ID:59Cfneih
>>347
文春の二の舞は怖い、という訳か。

351 :名無しかましてよかですか?:02/02/12 13:40 ID:wpC5UZEa
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1003377609/150

352 : :02/02/12 16:19 ID:aFwCcnQU
>>344

 案外そのことが、某ドイツ人ジャーナリストの敵意を買ったのかもしれん!

353 :名無しかましてよかですか?:02/02/12 17:20 ID:wpC5UZEa
>>352
何て言ったけ、そのドイツ人?

354 :名無しかましてよかですか?:02/02/14 19:03 ID:A8g2dneK
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/whis/1013577336/150

355 :名無しかましてよかですか?:02/02/15 22:56 ID:gsOE70GD
よしりんは、ガス室についてはどういう立場なのだろう?
よしりんは、ホロコーストについては、「あった」という
立場のようだ。しかし、ガス室についてははっきりしない。
みんな、この点に気ずいていたかい?

356 :名無しかましてよかですか?:02/02/17 08:16 ID:cb7+7m4F
ひろしがマルコポーロ廃刊事件について発言しています。
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1012327146/150

357 :名無しかましてよかですか?:02/02/17 20:12 ID:JrH2TuBQ
世界史板に「ホロコースト・リヴィジョ二ズムを論破する!」という
スレッドができたぞ。覚悟しろ、リヴィジョニストたち!

358 :名無しかましてよかですか?:02/02/17 20:49 ID:l0Zwb2WS
どこ?

359 :名無しかましてよかですか?:02/02/18 01:11 ID:isLp8OZ/
自演

360 :名無しかましてよかですか?:02/02/18 14:49 ID:gX4L4eK3
>>359
幕屋?

361 :名無しかましてよかですか?:02/02/20 02:10 ID:fZ6G/xs9
と学会は、西岡や木村の本を「トンデモ」に入れていない様ですね。
何故だろう。・・・


362 :茶々丸:02/02/21 22:12 ID:GMC2h05a
俺とそっくりな名前の人がいるな、どうでも良いけど。
君たち、本質的なことは何も知らないんだな。
本多勝一さんは、ムスリムなんだよ。イスラーム教を信じてるの。
嘘だと思うのなら芝浦にある日本アラブ友好協会に聞いてごらん。
多分、本多さんはユダヤ人の国イスラエルで迫害されているパレスチナ人に同情しているんじゃないかな。
イスラエル建国とともにパレスチナ人は戦車で家を潰され、亡国の民となり、レバノンに避難。
キリスト教徒のレバノン人に蛇蠍のごとく忌み嫌われ大勢の女性が強姦され売春婦に身を落とし、食料がないときは同胞の死体すら食べたという。
1982年のシャロン率いるイスラエル軍の侵攻では、難民キャンプが襲われ、大量虐殺が起きた。
本多さんはこの苦難の民族を苦しめるユダヤ人が嫌いなんじゃないか。
俺自身は、よしりん支持者でガス室虐殺はあったと思うが。
ちなみに、エジプト考古学の吉村作治もムスリムで、若いころはパレスチナ解放の本出してたよ。
彼のホームページ・えじぷとぴあでは、この本は著書リストから抹殺されてるがね。

363 :名無しかましてよかですか?:02/02/22 07:46 ID:yNU9qD+F
>>362
ここに書かれた事、本当ですか???・・・

364 ::02/02/22 09:28 ID:frzCy1Bw
>>362
あたた『歴真』のちゃちゃまるさん?

365 :名無しかましてよかですか?:02/02/22 10:28 ID:c2thSL3k
自作自演のクソスレで発言するときは、
E-mail欄をsageにすることを忘れずに。


366 :デイズ:02/02/22 17:13 ID:2jSeu964
「つくる会」のメンバーの中に「キリストの幕屋」という宗教団体に
属する人々が結構いると言ふ。
この「キリストの幕屋」は、保守の中でも非常にイスラエル寄りの
団体で、東京のイスラエル大使館に勤務する日本人職員には、
この宗教団体の信者が多いとも言ふ。
彼ら幕屋の信者がホロコースト見直し論を嫌う事は想像に難くない。
ホロコースト見直し論の話をするとすぐに出てきて話をやめさせようと
する者の中には、この団体の信者がいるのではないか?

367 :茶々丸:02/02/22 21:07 ID:ZG4eM2XF
何でイスラエルシンパのキリスト教団体が、日本の歴史教科書に関わるの。
キリストの幕屋って聞いたことない団体だが。


368 :帝國海軍兵学校生徒:02/02/24 01:41 ID:9MDraZQB
茶々丸氏へ
南京事件や慰安婦問題を否定的にし、その結果支那や韓国が騒ぎ立てたので、
ホロコーストも否定的な見解が書かれてあると早合点したのではないかと思わ
れます。

369 :名無しかましてよかですか?:02/02/24 02:57 ID:necRNSTU
基本的に左翼はユダヤが嫌いだからねえ。
ユダヤやアメリカの陰謀論は左翼が出しているからね。
左翼なら当然何じゃないかな?
右翼は基本的にソ連の悪行をいうのと同じ事だよ。


370 :名無しかましてよかですか?:02/02/28 08:44 ID:cMAbbEgz
>>369
キリストの幕屋はどうなんですか?

371 :名無しかましてよかですか?:02/03/04 12:07 ID:QeD1Yjcz
>>369
「右」とか「左」とかいうの、くだらないね。

372 :名無しかましてよかですか?:02/03/13 08:32 ID:pna1M453
今日(3月13日)発売のサピオ読んだ?
今回の「新・ゴーマニズム宣言」、なかなか面白い。

373 :名無しかましてよかですか?:02/03/13 14:23 ID:+Cq+y9VI
小林よしのりはホロコースト否定派なんか相手にしてないじゃないか。
無理矢理結び付けるのは悪質だよ。

374 :名無しかましてよかですか?:02/03/16 12:01 ID:VbhQwEpn
>>373
マルコポーロ廃刊事件の事は大きく取り上げている。
それに「ホロコースト」については「戦争論」でも
論じているじゃないか。
http://nsjap.com/marco/

375 :名無しかましてよかですか?:02/03/25 16:24 ID:OkFZWUkM
マンセー。北朝鮮の族議員、辻元清美が議員辞職に追い込まれるぞ。

376 :名無しかましてよかですか?:02/03/25 21:19 ID:cmzUHg+1
なんでもいいけどナチが日本民族を下等に見ていたのは間違いない。

377 :名無しかましてよかですか?:02/04/02 14:45 ID:OoZiS/cc
>>376
そう単純に言えるかな?

378 :名無しかましてよかですか?:02/04/02 15:46 ID:8xW3aj3Y
日本も、ドイツを「第一次世界大戦のときやっつけた相手」として
見下していたフシはあるよ。

379 :名無しかましてよかですか?:02/04/04 08:33 ID:qw9nu0r6
>>378
たとえば?

380 :名無しかましてよかですか?:02/04/04 12:35 ID:44zgnwzl
白人のティンポって、でけえわりにフニャチンでたいしたことねーな・・とかさ。

381 :名無しかましてよかですか?:02/04/05 05:51 ID:vRbwE00p
辻元、土井、加藤、真紀子、と、この処、
中国・北朝鮮に近い議員が狙い撃ちされている
感じがする。

382 :名無しかましてよかですか?:02/04/24 15:58 ID:9A75aUvI
わしズムって季刊ですか?

383 :名無しかましてよかですか?:02/04/25 08:30 ID:5EEzYGfi
きのうから国会で「人権擁護法案」の審議が始まった。
この法律は、ズバリ言うが、ドイツなどで歴史見直しの
言論を規制する為に作られた法律の日本版だ。きのうの
TBSのニュースに出ていた国連人権規約委員会の
シャネと言う人物がいみじくも言っていたが、目的は
「差別」を押さえる事で、例えば、「従軍慰安婦の強制連行」
や「南京大虐殺」、「ホロコースト」などについて疑問を
投げかけると、それが特定の民族への「差別」を見なして、
出版物の規制や、場合によってはドイツで行なわれている
様な取り締まりさえやれる状況を作り出そうと言うもの
だろう。
この法案の背後にある物は、そう言う動機だと思う。

384 :名無しかましてよかですか?:02/04/25 19:17 ID:sUtfytti
石田を殺せ!!
TEL:047-306-1180

385 :名無しかましてよかですか?:02/04/25 19:18 ID:5EEzYGfi
「人権保護法案」は、「つくる会」に打撃を与える筈です。
わかってるのかな。

386 :名無しかましてよかですか?:02/04/30 08:34 ID:ToJIei2r
通るかな。

387 :名無しかましてよかですか?:02/04/30 15:15 ID:XfohPkKS
ガス室と慰安婦は全く違う問題なのに、意図的に結びつけようと
している所が不自然だな。

尤も、俺もガス室に関しては無かったと思うよ。

388 :名無しかましてよかですか?:02/04/30 15:47 ID:nNoJs2m4
>尤も、俺もガス室に関しては無かったと思うよ。
>ガス室と慰安婦は全く違う問題なのに

んんん〜?
ホントにそうかなあ〜?
クスクス・・。



389 :名無しかましてよかですか?:02/04/30 15:56 ID:XfohPkKS
>>388

おかしな事を書いていたら済みません。
笑われると言う事は、同じ問題なんでしょうか?。

390 :名無しかましてよかですか?:02/04/30 18:01 ID:ToJIei2r
>>389
「ナチのガス室」と「慰安婦の強制連行」に共通しているのは、

 1.証言以外に証拠が無い。

 2.その「証言」に一貫性が無いものが多い。

 3.反証となる文書が存在する。

 4.日本とドイツの悪魔化に利用されている。

 5.賠償の話に直結している。

 6.最近、旗色が悪い。

 7.疑う者に刑事罰を加えよと主張する勢力が存在する。

 
   などでしょうか。

391 :名無しかましてよかですか?:02/04/30 20:16 ID:nYG9tmvw
いや、もう学術というものを知らない人にはため息が出るだけだよ。
まあ永遠に好き勝手を言ってなさいというだけだが>390

156 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)