5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

さ よ う な ら 小 林 先 生 … … 2

300 :転向したもの ◆1h2ZzvfvzY :03/04/26 01:07 ID:9h/Q9nUB
所謂ポチの国益観について、論じてみたいと思います。

親米保守は今回の戦争で日本の「国益」をいかに獲得するかを考えていた。
親米保守ほど「世界は国益で動いている」という事実を認識しているものはいないのである。
どの国も国益で動いている、これこそ国際政治のリアリズムであると。確かにそうだ。歴史を振り返る必要も
なければ、最近の事例を挙げるまでもない。だが、各国は国益で動いているというリアリズムを理解している
親米保守が、最近矛盾を露呈している。

彼等親米保守は未だに、アメリカが北朝鮮に対して、日本に有利になるような政策を取ってくれると信じている。
ここにその矛盾が現れるのである。彼等は世界は国益で動いていると最も理解しているはずである。いうまでもなく、
アメリカは国益中心主義国家の親分的存在といってもいくらである。>>11を読めば分かるが、北朝鮮の崩壊は
アメリカにとってプラスではないのである。したがって、世界の国益主義と言うリアリズムから考えれば、
彼等親米保守の期待は何の根拠にも裏打ちされていない、単なる願望に過ぎないのである。

まとめると彼等親米保守は国益で国際政治は動くというリアリズムを、イラク攻撃の時には支持理由の
裏づけとして用いたが、イラク後のアメリカによる北朝鮮攻撃に関しては、そのリアリズムを通した言説で
はないのである。まさにご都合主義である。そして、付け加えて、米中朝協議の着地点が一体何なのか?
そして拉致家族被害者救出の具体案は?等が論じられていないのは奇怪というほかない。



398 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)