5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小林が日中戦争時に飛ばされたら

1 :法正 ◆C.dvTis7Tk :03/04/30 11:20 ID:6XoaI1Jq
よしりんこと小林よしのりが日中戦争の真っ只中に
飛ばされて、毛沢東や朱徳らと一緒に生活する様に
なったらどうなるか、みんなで考えましょう。

2 :名無しさん@3周年:03/04/30 11:22 ID:V/mH5+vO
流れ弾に当たって死亡

3 :名無しかましてよかですか?:03/04/30 11:23 ID:tLr/0NzP
中華帝王決定

4 :名無しかましてよかですか?:03/04/30 11:49 ID:MuNBb4F9
スパイ容疑で死刑

5 :名無しかましてよかですか?:03/04/30 12:04 ID:ap1S+mqT
足手まといになるので長征の前に粛清。

6 :百姓:03/04/30 20:13 ID:/V58+0Px
              架空小説V3
頃は1943年夏の湖北省・宜昌市。ここの町外れの空き地で、一人の男
が石の上に腰掛けながら途方に呉れていた。
「はあ、これから私はどうしたら良いのだろう。そもそも、私は永安宮で
孔明らと今わの別れをしたはず。それが何故、こんな所に・・」
男の名は劉備玄徳。『三国志』を代表する三英雄の一人で、各地を転戦の
末、今の四川省に蜀漢を築いたが、その後、義兄弟である関羽・張飛の仇
を打つ為に夷陵に赴き、そこで呉軍師・陸遜の火刑により大敗。永安宮で
宰相の諸葛孔明に後事を託して崩御した・・はずであった。
しかし、気がついてみると、彼がいたのは死後の国なんかではなく、この
二十世紀の中国だったのである。
「ふう、どうしてこのような事になったのだ。そもそも、ここはいったい
どこなのだ。荊州のようにも思えるが、私の知っているそれとは違うよう
だし・・。」すると、劉備の後の方から、聞き覚えのある声が聞こえてきた。
「も、もしかして、兄者、兄者なのか!?あ、兄者ーッ!!良かった、良かった
無事でいてくれて・・」声の方を振りかえって、声の主と、その側にいる男の
姿を見た劉備は、突然の事に驚きつつも「お、お前達は・・張飛と・・ホウ統か!?」


7 :百姓:03/04/30 20:52 ID:/V58+0Px
>>6
「ぶ、無事だったのか・・それにしてもお前達、どうしてこんな所に?」
するとホウ統が「いやね、あっしら二人とも、死んだと思って観念してたら
、気がついたら何故かここに飛ばされていたんだよ・・って、そういう劉備
どのも、ひょっとしてあっしらと同じようにして、ここに飛ばされたんじゃ
ないのかねェ?」「そ、そうだ、全くその通りなんだ。それはそうと、ここ
は一体どこか、お前達は知っているか?」「詳しい事はよう知らんけど、どう
やらここは、あっしらのいた時代よりも、遥かに後の時代のようだねぇ。」
ま、そう驚きなさんな」「そうだぜ、兄者。今更驚いてたって、そうなっち
まったもんはしょうがねぇよ。」「し、しかし・・」尚も劉備が動揺の色を
隠せないでいるとホウ統が「大丈夫、大丈夫。やがて他の者達も戻って来る
はずだから、その時に改めて考えましょうや。」「え、他の者達・・」そう
言って劉備が怪訝そうな顔をしていると、向こうの方から手勢が向かってきた。
そしてその手勢を率いている将を見た劉備は更に驚き、いや、驚きを超えて唖然
となり、目を点にしつつ、「も、もしや・・雲長と・・孔明・・か?」
するとその二人の将は馬を下りて劉備の前に進んで拝しつつ、「兄者、大変遅れて
申し訳ございません。関羽雲長、只今戻りました。」「諸葛亮でございます。
関羽殿や他の将達と、軍勢を集めに言っていた為、殿の元に伺候し遅れてしまい
ました事、お許し下さい。」



8 :百姓:03/04/30 21:35 ID:/V58+0Px
>>8
劉備は顔に喜びの色を浮かべながら、「おお、やはりそうであったか!
それに、他にもまだいるのか?」劉備がそういうと諸葛亮は優しい微笑
を浮かべながら「はい、皆、殿にお会いする事を楽しみにしつつ政庁で
待っております。ともかく、ここにいるのも何ですので、我々も政庁の
方に向かいましょう」
劉備が孔明に言われるままに政庁の方に向かうと、実に多くの、懐かしい
顔ぶれが彼等を出迎えた。
「殿、お久しぶりにございます。この趙子龍、玄徳様の槍となるべく、お供
いたす所存」
「この錦馬超、玄徳殿の大義を見届けるべく、正義の槍を引っ提げて参った」
「この黄漢升、生涯現役よぉ!天下に仇茄子倭の青二才ども、ワシが相手じゃ〜!」
「殿、ご機嫌麗しゅうございます。諸葛亮の妻・月英でございます。」
「この張文遠、主君を変えることとなっても、この国の民の為、鬼神となりて
戦いとうござる。どうか、お供に加えてくだされ」
「この徐公明、武の極みを持って、国と民の禍難を救いとうござる。何卒、お供に・・」
「健全な美しさは、健全な大義に宿る者。この張[合β]は、世で最も美しい貴方にお仕え
しましょう」
「待たせたな、蜀の大人よ、この太史子義の命、好きに漬かってくれ」
「・・・周幼平・・です・・宜しく・・おながい・・します・・」
と、こうして、一同から挨拶を受けた劉備は、感激に打ち震えながら、
「皆、よく集まってくれた。これからは共に、大義の為に戦い抜こうぞ」
と言って、集まってくれた者達にねぎらいの言葉をかけた。

9 :百姓:03/04/30 22:12 ID:/V58+0Px
さて、その後、多くの人の信望を集めた劉備は、町の皆の要請を受けて
軍を起こし、やがてそれは勢力を拡大して国民党・共産党両軍をとり込み
、ついに、劉備とその一党は中国を代表する勢力へとなった。
しかし、そんな劉備軍の躍進を快く思わぬ人物がいた。倭国の大元帥・ヒロヒト
とそれの率いる軍勢であった。劉備としても、このDQNを黙って見過ごす訳
にも行かず、ついに両雄は、華北の帰趨をかけて官渡に対陣する事となった。
その兵力たるや、ヒロヒト軍七十万に対し、劉備軍七万と、実に十倍の戦力差。
それでも劉備軍は勇んで戦い、武神・関羽の活躍によって、山口・南雲の両将を
討ち取るという戦果をあげる。しかし、結局は衆寡敵せず、圧倒的な兵力によって
劉備軍の戦線は徐々に後退を余儀なくされ、やがて、劉備軍の前線における拠点で
あった白馬・延津も陥落。前線部隊も官渡城に退却せざるを得なくなった。が―。
「さあ、私達も官渡に向けて華麗に退却しますよ。いつまでもここに未練を残して
、敵の捕虜になるような醜い事をしてはいけません」と、張[合β]が兵士達に退却
を命じたその時、倭軍の中にいた一人の男が「何だ何だ?そんな恰好で戦うのか?
俺達も随分となめられた物だな」と張[合β]に向けて嘲弄の言葉を発したのである。
すると張[合β]、怒りに見を震わせながら「美しくない!美しくないですね。
むさ苦しい貴方に、戦いの美学を教えて差し上げましょう!」と言って、ただ一人
敵陣に突入していったのであった。
さて、官渡の本陣でその報に接した劉備は驚いて「いかん、今の張[合β]は
冷静さを欠いている。私にしか止められぬか・・」と言ったという。


10 :百姓:03/04/30 22:25 ID:/V58+0Px
そうして劉備が気を揉んでいると、ホウ統がやって来て「敵は、烏巣に兵糧庫
を設けているそうです。ここはいちかばちか、そこを襲って逆転を狙ってみては
どうでしょうかねぇ」と告げた。
これに意を決した劉備は、趙雲・徐晃ら数百人の手勢を伴って官渡を密かに出発、
途中、敵兵相手に孤軍奮闘していた張[合β]を救出して部隊に合流させると、一路
烏巣へと向かい、敵守備隊の油断を見透かして奇襲を敢行、兵糧庫を焼き払う事に
成功したのである。
さて、その時、敵総大将のヒロヒトは、幕僚達と作戦会議を開いていた。
幕僚A「今こそ、敵本陣を総攻撃すべきです」
ヒロヒト「あっそ」
幕僚B「いや待て、今総攻撃をかけたら、確かに勝てるかもしれんが味方の
損害も大きい。ここはもう暫く敵の弱体化を待て」
ヒロヒト「あっそ」
そこへ、急使がやってきて曰く、「烏巣の兵糧庫に敵襲!!」
ヒロヒト「うっそ」

11 :百姓:03/04/30 22:27 ID:/V58+0Px
オ、オラ、>>10の最後の一行が書きたい余りに、長々と糞作品を
垂れ流しちまっただよ。悪気はねぇだよぉ、ゴメンナサイゴメンナサイ。

12 :名無しかましてよかですか?:03/04/30 22:42 ID:ap1S+mqT
中国を侵略する日本兵を悪魔顔に描き、抗日運動に励む。
60年後、小林の絵は、自虐教科書に掲載され、
タイムスリップ前の小林を怒らせる。

13 :法正 ◆C.dvTis7Tk :03/05/01 00:25 ID:WlXIythc
う〜む。漏れとしてはその当時の中国人と一緒に暮らす事にでもなれば、
今、小林が中国に対して抱いている嫌悪感や憎悪などが解消されるかな?
という意味を込めて書いたんだが、そこらへんはどうなんだろうね?
どなたか賢者の方教えて下さ〜い。

14 :名無しかましてよかですか?:03/05/01 00:44 ID:+sKdcOf+
そこらへんの兵隊にリンチされておしまい

15 :名無しかましてよかですか?:03/05/01 01:31 ID:QLjWoH+x
>>13
逆で全く現地に馴染めずに余計差別意識に拍車をかけて帰ってくると思う。
曲がったエリート意識を持った人にありがちな感じ

16 :名無しかましてよかですか?:03/05/01 14:33 ID:ZCqhFFvs
日本の傀儡軍に浸透した工作員よる通州事件発生!
「その手があったか〜」

17 :法正 ◆C.dvTis7Tk :03/05/01 22:20 ID:WzssaVlp
>>15
あっ、そっか―。
小林の場合はそうかも知れんね。

18 :名無しかましてよかですか?:03/05/01 23:13 ID:2CjejKk+
>>13
昔、なんか「あっちゃえば論敵もいい人になる」みたいなこといってなかったっけ。

19 :法正 ◆C.dvTis7Tk :03/05/01 23:19 ID:WzssaVlp
>>18
えっ、小林がそんな事言っていたの?
漏れはよく知らんのだが?
まあ、いずれにしても、小林に送ってあげたい名言ではあるね。



20 :名無しかましてよかですか?:03/05/01 23:21 ID:kAbpnwKB
>>18

何度も会ってる西尾氏がどのように描かれているか(ry

21 :名無しかましてよかですか?:03/05/01 23:21 ID:2CjejKk+
>>19
かなりうろ覚えなんだけどさ。
論敵と会う機会があって必死に小林が逃げ回るんだけど
結局あっちゃって丸め込まれちゃう、みたいな話。
新ゴー宣の初期だと思う。

22 :__:03/05/01 23:24 ID:TwhUsbja
  ∧_∧   
 ( ・∀・)/< こんなの発見したっち♪ 
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku02.html
http://yamazaki.90.kg/zenkaku/index.html
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku08.html
http://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku10.html
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku07.html
http://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku03.html
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku05.html
http://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku01.html
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku06.html
http://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku04.html
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku09.html

23 :名無しかましてよかですか?:03/05/01 23:25 ID:xoIDC7m+
>>21
それはスガ秀美じゃないの?
あと本勝も「人当たりがいい」
とか書いていたな。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)