5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

朝鮮ゴキブリを追放しよう

1 ::02/01/07 20:15 ID:6/C89dBL
チョウセンジンが、社会の治安を乱していることに、
何故誰も気づかないのだろう。いや、気づいていながら黙認しているのだ。
なんと嘆かわしいことだろうか。
チョーセンジンの顔はどう考えても猥褻物陳列罪だ。汚らわしい。
チョーセンジンのテレビ、映画出演は視聴者を著しく侮辱し、またテポドンの資金源にもなる。
チョーセンジンのテレビ、映画出演を全面禁止すべきだ。
チョーセンジンとの性交渉も厳罰(十年以上の実刑)にすべき。
チョーセンジンとの交友も避けるべき
青少年の健全育成にもこれほど悪影響を持つものは無い。
国会議員に働きかけチョウセンジンを絶滅に追い込もう
まずはバカチョン人頭税を成立させる、クリーンな社会を目指す動きを全国に浸透させよう
とにかく、犯罪の温床であるチョウセンジンは社会のガンである。
一切のマス媒体の出演を禁止し、全国民の目に触れないようにして欲しい

172 :1=170=B:02/05/19 21:34 ID:dznBwvFM
日本における暴力団犯罪の原因、特性とその刑事政策的検討

加藤 久雄 
慶応義塾大学法学部

はじめに

 私は、この20年間、おもにフンボルト財団とバイエルン州から財政的援助を得て、
刑事法の比較研究を行ってきた。この Wintersemester でもミュンヘン大学で国際比
較刑事政策のゼミナールを担当し、重大・凶悪犯罪の国際比較について講義をし、研究
をしてきた。また、その間に6回の講演をし、とくに本日のテーマである「日本におけ
る暴力団犯罪」について2回(GieBen 大学とMuenchen 大学)にわたり講演をした。
今日は、その時のドイツ語の原稿を中心に報告をしたいと思います。
 とくに、ここでは1992年に書きました「組織犯罪の研究―マフィア、ラ・コーザ・
ノストラ、暴力団の比較研究―」(成文堂)と1993年に書きました「暴力団」(岩波ブ
ックシットNo.323)で述べた問題意識、つまり、暴力団阪大の原因としての「暴力団と政
治家の癒着関係」の問題と「暴力団構成員と民族問題」の問題を中心にして話題提供して
いきたいと思っております。
 また、暴力団犯罪の根絶のためには、わが国の教育問題、民族問題の根本的な再検討に
加えて、具体的な刑事政策として、わたくしが、ドイツで約20年にわたり研究をして、
1984年にはドイツの連邦議会の公聴会で発言したことのある「常習的暴力犯罪者に対
する社会治療処分制度」についても言及していきたい

 日本における組織犯罪としての暴力団とは何か?
(1) YAKUZA と Boryoku-Dan の概念の相違
(略)
(2) Boryoku-dan 犯罪の原因としての少数民族問題

 戦後起こった政治家と暴力団の癒着から起こったと思われる重大犯罪、例えばリクルー
ト事件から最近のオウム真理教団員による大量殺人事件の背景にはつねに「暴力団」と
「少数民族」問題があった。
 ここで何故「暴力団」と「少数民族」「部落問題」「韓国・朝鮮人問題」かと言えば、
例えば、アメリカ人のジャーナリスト、カプランとデュブロによれば、日本の最大「広域
暴力団」山口組の構成員25,000人のうち約70%の者がいわゆる「部落」出身者で
あり、約10%の者が韓国人等の外国人であったとしているからである。 
            


173 :1=170=B:02/05/19 22:24 ID:dznBwvFM
 日本の右翼の背後にある現代超国家主義の源流は、一八八〇年代までさかのぼること
が出来る。それは最初、当時は漁業と炭坑業の貧しい地域であった九州で生まれた。九
州は体制に不満を持つ士族を沢山産み出した土地であり、しかも、その旧士族の多くが
新しい社会秩序に対する反乱に参加した経験を持っていた。これらの旧士族の不満は、
新体制の腐敗や伝統軽視を批判する政治化や愛国主義者によって利用された。特にその
影響を受けたのは、九州の中でもアジア本土に最も近い一角にある都市福岡だった。こ
の都市は反政府思想の温床となり、数年後には、日本の新しい軍国主義と愛国主義の中
心地となった。
 
 その福岡から、日本の組織犯罪勢力と政治勢力を合体し、両勢力の進路を転換させ、
今日に至らしめる事になる一人の指導者が登場した。身分の低い士族の三男として生ま
れた頭山満である。
 二十代になる頃にはすでに、彼の行動は政治的なものになっていた。政治結社である
矯志社に加わり、旧士族による反乱である萩の乱に参加しようとするが、大久保利通暗
殺計画が発覚し逮捕された。釈放されると頭山は、本格的に追従者を集める事に着手し
た。街に出て、政治などには無関心な福岡のごろつき達を組織し始めた。彼の子分達は
統制の取れた労働力と強力な戦闘力を有する集団となり、地元の炭坑労働者を抑圧する
のに用いられるようになった。彼はスラムの帝王として知られるようになり、地元の政
治家達も、彼が頻繁に暴力を用いる事を知っていてその暴力の恐怖を見くびるわけにも
いかず、逆に彼に尊敬の気持ちを寄せた。

D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋




174 :1=170=B:02/05/19 22:25 ID:dznBwvFM
  頭山が台頭して全国的な力を持つようになるのは、一八八一年に玄洋社を設立してか
らであった。玄洋社は設立して間もなく国家主義を強力に鼓舞する団体へと変貌し、近
代日本の秘密結社や愛国主義団体の先駆者となるのであった。玄洋社の憲則の条項は、
「皇室を敬載すべし」「本国を愛重すべし」「人民の権利を固守すべし」などという曖昧
なものであった。しかし野心満々の頭山には玄洋社が何の為のものなのか正確に分かっ
ていた。つまり海外に領土を拡大し、国内は権威主義的に統治すべきだと考えている旧
士族たちの、そうした心情を活用することが玄洋社のなすべきことだと頭山は承知して
いたのである。そもそもこの玄洋社という名前そのものが、頭山と彼の追随者たちにと
っては、日本を朝鮮及び中国から隔てている狭い水路を意味しており、拡張を含意して
いた。

 日本の政治において準軍事力として使われる事になる新しい愛国主義的社会秩序を予
知し、ほとんど独力でそれを作り上げたのはまさに頭山であった。テロやゆすり、暗殺
といった行動を手段として軍部の将校や政府の官僚に格別な影響を与え、さらに日本を
東アジアへと、そして究極的にはアメリカとの戦争へと押し流すに当たっての手段的役
割を果たすなど、玄洋社は非常に効果的な働きをすることになるのであった。


D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋





175 :ごきぶり:02/05/20 01:32 ID:wHj0anTJ
ごきぶり

176 :1=B:02/05/20 10:40 ID:Bf0ysOuW
 玄洋社の社員は、政府役人の用心棒役や、地元の政治ボスを力づくで動かしたりする
役を務めたが、合法的な仕事の分野では玄洋社やその主義を継ぐ者と提携している職能
組合で、配管工、大工、石工などの熟練労働者として働いた。こうして新しいヤクザた
ちは、自分達の事を同じ暗黒街の住人の中でもバク徒やテキヤとは正反対の立場にある、
頭山の愛国主義的政治の正義を吹き込まれた高級ヤクザと認識していた。
 
 玄洋社の手先は、遠く中国や朝鮮、満州までもスパイとして送られた。彼らはあらゆ
る年代の超国家主義者を訓練する学校を運営した。武術や外国語、スパイ技術を学んだ
玄洋社の卒業生達が、第二次世界大戦前の日本人によって作られた、優れた諜報ネット
ワークの基幹を築いたのであった。
  
 頭山は、日本にも同じような技術を持った自分の部下を配置した。彼らは大衆の不安
を煽ったり、鎮圧したり、選挙の立候補者や有権者を脅したり、反体制的労働者を抑え
こんだり、彼らの親分が非難する者は誰であれ酷い目に会わせたりした。玄洋社とその
関連組織を、炭坑業や製造業の企業は、スト破りとしてばかりでなく、政治化志望者の
進路の促進や粉砕に手を貸す政治的実行部隊としても雇い、多いに企業の為に活用した。

D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋




177 :1=B:02/05/20 10:41 ID:Bf0ysOuW
 玄洋社の次の任務は、もっと野心的なものだった。頭山は戦争担当大臣からの密命に
従い、日本軍侵入の口実を作るために、朝鮮で「口火を切る」ことになった。一八九五
年に殺人スパイとして忍術の訓練を受けた玄洋社の手先の一部隊が、朝鮮の宮廷に忍び
込み、王妃を殺害した。この行為が実は日本の朝鮮への侵略を引き起こしたともいえる。
日本はその後五〇年間、この地を離れようとはしなかったのである。

 その後、超国家主義は、政治の世界で多かれ少なかれ恒久的な定着物となった。玄洋
社は、日本の隅々から、さらに次第に東アジアの多くの地域にまで同じように浸透する
ことになる数多くの秘密結社の手本となった。そうした組織は、これみよがしに血盟団、
農民決死隊、天行会などといった派手な名前を付けていた。金持ちのパトロンがついて
いる組織もあった。バクチ、売春、用心棒代という名目のゆすり、スト破り、恐喝、人
夫集めの管理、娯楽、行商といった、今日でもヤクザの日々の糧となっているような様々
な犯罪行為などを通じて資金を得ている組織もあった。こうした秘密結社は、地元のテ
キヤやバク徒の親分達の注意を引くようになっていた。そしてここから、百年後の今日
でも日本人の心情の中で、ヤクザと右翼の区別が曖昧でありつづける事になる過程が始
まったのである。

D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋





178 :1=B:02/05/20 10:43 ID:Bf0ysOuW
 ヤクザにとって特に魅力的に見えたのは、玄洋社から生まれた黒龍会(アムール江会)
であった。黒流会は、1901年に頭山の直系である内田良平を中心として創立された。
この秘密結社の名前は、日本の権力を満州とロシアの国境である黒龍江(アムール江)
まで広げようという目的を暗示していた。しかし欧米のジャーナリストは、黒龍会を
「the Brack Doragon Party」(黒い龍の会)と呼ぶ事を好んだ。

 黒龍会の究極の目的は、アジア全土の占領と支配と言っても良いものであった。より
狂信的な空想家にとっての黒龍会は世界の四方と四隅つまり全世界を一つの屋根の下に
置くと言う「八紘一宇」の天職を全うする運命にあったのである。屋根とはもちろん、
天照大神の系統を代々受け継いできた大日本帝国天皇という屋根であった。黒龍会は、
頭山の玄洋社の追随者たち、そしてその政策と目的を引き継ぎ、玄洋社の本当の後継者
となった。頭山の支援のもと、黒龍会は日露戦争の後押しをし、政治的暗殺を行い、玄
洋社が朝鮮に対して行った事を中国に対して行い、日本の中国侵略のための条件を作り
出す手伝いをする事になるのであった。

 いわゆる大正デモクラシーの時代であった1920年代は、戦前の日本において自由
主義が最高潮に達した時代であった。しかしその背後には頭山が不気味に立ちはだかり、
その声望を伸ばし続けていた。主要な政治家達はこの愛国主義者に伺いを立て、また頭
山は皇室からカネを受け取ってさえいた。

D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋




179 :1=B:02/05/20 10:43 ID:Bf0ysOuW
 初めのうちは、伝統的ヤクザは、何ら確かなイデオロギーも持ってはおらず、玄洋社
やその後継者達からは一定の距離を置いているように見えた。しかし、伝統的ヤクザも
玄洋社系も非常によく似ていた。どちらも権力を尊重する神秘主義的世界観を持ち、外
国人や外国の思想(特に自由主義や社会主義)に対して憤りを感じており、空想化され
た過去をあがめ、神道を信仰体系の中心として遵守し、天皇を神道の現人神として神格
化していた。また、同じように重要なのは組織であった。どちらの組織も伝統的に厳格
な親分子分関係を軸として組織されており、その結び付きを強めるために、同じような
儀式を用いていた。また、今でもそうだが、超国家主義団体の多くにとって、「愛国的な」
目的は政治的というより金銭的なものである傾向が強い場合がしばしばあり、よって彼
らは単なる暴力的な凶悪漢の集まりにしか過ぎなかったのである。

 最終的に、このような右翼とヤクザの社会的あり方は、実質的に両者の間に共通の政
治的利害を生み出した。港湾人夫を取り仕切る親分であれ、屋台を取り仕切る親分であ
れ、村政を取り仕切る親分であれ、地域のヤクザの親分達は彼らの権威の基盤時代が伝
統社会に対する左翼の攻撃で脅かされていると理解していた。二十世紀に入ると、左翼
運動と労働運動が台頭する。親分達はこうした運動の怖さを理解していたが故に、新し
い超国家主義へといとも簡単に転向したのであった。

 D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋


 




180 :1=B:02/05/20 11:32 ID:Bf0ysOuW
 頭山の暗黒街における次なる業績は、日本最初のヤクザの全国連合体である大日本国
粋会を1919年に設立した事であった。六万人以上のヤクザ、労働者、超国家主義者
たちを会員とするこの組織は、頭山と当時の内務大臣床次竹ニ郎が考案したものだった。
 この新しい連合組織は、それより四十年前の頭山の玄洋社と基本の型はほとんど同じ
であった。その綱領では、天皇と任侠、そして日本の古い価値観の尊重が漠然と語られ
ていた。しかし実際には、国粋会は巨大なストライキ破りの部隊として機能し、超国家
主義運動にかつてないレベルの暴力を持ちこんだ。床次が育成し頭山を最高顧問に据え
たこの組織は、ムッソリーニの黒シャツ隊員とよく似た機能を果たした。国粋会の多く
の活動の中には、1920年の八幡製鉄所ストに参加した二万八千人の労働者に対する
攻撃がある。国粋会員は、スト破り実行のために、警察、憲兵、消防隊員、退役軍人、
その他の超国家主義団体の実行部隊と協力し合った。

 床次の国粋会は、当時の二大政党の一つ政友会の準軍事組織に発展氏した。その例を
見て、政友会の宿敵である民政党も、1920年代末には民政党系のヤクザ団体、大和
民労会の組織化を終えており、この組織も建設関係のヤクザ組織から主に狩り出された
ヤクザが会員に多数加わっていた。こうして、それぞれ二大政党にヤクザが組み込まれ
たため、少なからぬ数の親分が国政選挙に立候補し当選することになった。国会にヤク
ザが議員として存在しているという事は、日本の将来にとって万事が縁起のいい事ばか
りでは無いという事をいささかながら示す前兆であった。


 D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋



181 :1=B:02/05/20 11:33 ID:Bf0ysOuW
 日本において民主主義がほぼ消滅した1930年代に頭山の権勢は伸び続けた。この
年老いた指導者は、今や偉大な名声と富を獲得し、暗殺だけでなく組閣も指揮するよう
になった。彼は、皇居からも超国家主義者諸団体からも晩餐に招待された。彼は愛国主
義者の集会で演説し、そこでいつも天皇のための万歳三唱を取る事を依頼された。今や
頭山の同盟者の多くが実権の座に座り、日本は「黒い谷間」と呼ばれる抑圧の時代へと
深く滑り込んでいった。

 様々なヤクザと暴力集団は、愛国的な目的の為に人員や暴力を供給し続けた。ヤクザは
軍国主義者と協力して占領地満州や中国に赴き、「開拓」計画に参加した。日本のヤクザ
にとって、資源の豊かな満州の開発は、中国人に対する「狩猟」を意味していた。ヤクザにとって魅力的な仕事の一つに、麻薬の常用を助長する事で、カネ儲けと同時に民衆
の抵抗を弱める事を狙った政府のアヘン専売を助ける仕事があった。これは、前世紀の
英国の手本であったが、日本人はそれを上手に活用したのである。日本軍がこうして獲
得した莫大なカネのうち、汚職や買収に使われないカネは占領地の産業開発に当てられた。

 伝統的ヤクザは、政治活動にも忙しかったが、国内でも財政基盤拡大にも忙しかっ
た。軍事的膨張は、日本に多くのカネを持ち込み、ヤクザはその戦利品を手にするのに
都合のいい立場にあった。日本の港湾地域においてもヤクザは労働者を組織し始めた。
港町神戸では、ヤクザは他の労働分野では雇ってもらえそうに無い男達をかき集め、
彼らの労働力を従順な未熟練労働者を必要としている沿岸部の業者に安く売った。この
商売の縄張り争いの中から勝ち残った神戸の団体が、有能な田岡一雄に率いられた山口
組だった。

 D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋

182 :1=B:02/05/20 16:36 ID:Bf0ysOuW
 占領軍警察には容易に見えなかったが、新しいタイプの親分子分組織が形成されつつ
あり、大半のヤクザ組織がすぐにこの組織をモデルとして真似るようになるのであった。
これが伝統的なバク徒やテキヤよりもはるかに残忍なヤクザ形態である愚連隊であった。
1947年の『クリスチャン・サイエンス・モニター』でG・ウォーカーは以下のように
記述した。
「組織化された悪漢グループの中で最強なのは、いわゆる愚連隊、つまり武装した不良
集団であるが、彼らはまたたくまに日本中に生まれた。復員したが職の無い若者や収入
のない引き揚げ者を使い、軍事的敗北から生じた荒廃した道徳基準を巧みに活用し、愚
連隊は脅迫、暴力、強奪を手段に組織を運営している。」

 最も有名な愚連隊の一人が安藤明であった。彼は戦時中に労働力不足となった日本で
貴重な必需品であった朝鮮人労働者を支配していた。その労働力を使って、安藤のグル
ープ、土建会社の大安組は施設の建設と、空襲が始まってからは政府の工場移転に従事
した。日本の降伏時、安藤は建設事業を占領軍から委託された。マッカーサー飛来に備
えて、厚木飛行場の改修にあたったのは安藤だった。安藤は近代ヤクザの指導者の典型
とも言えた。戦時中は国政レベルの政治家だけでなく、天皇の実弟、高松宮とも親密な
間柄だった。戦後、天皇制を存続させたい日本の政治家は安藤を使ってアメリカ高級将
校に陳情した。安藤が経営する銀座の高級クラブ(実態は売春宿)で、その陳情は行わ
れた。


D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第二章 日本の占領時代 暗黒街のヤミ市 より抜粋


183 :名無しさん@お腹いっぱい:02/05/20 21:57 ID:f1frDm3d
ごきぶり

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 06:29 ID:NvFZK/jg
名前より茶髪ってわかりやすいですね。意味がわかる人います?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 06:32 ID:i3dBuRo+
↑でも、確率50%位かな。


186 :1=B:02/05/21 10:18 ID:Lm1nOf4j
日本における暴力団犯罪の原因、特性とその刑事政策的検討

加藤 久雄 
慶応義塾大学法学部

はじめに

 私は、この20年間、おもにフンボルト財団とバイエルン州から財政的援助を得て、
刑事法の比較研究を行ってきた。この Wintersemester でもミュンヘン大学で国際比
較刑事政策のゼミナールを担当し、重大・凶悪犯罪の国際比較について講義をし、研究
をしてきた。また、その間に6回の講演をし、とくに本日のテーマである「日本におけ
る暴力団犯罪」について2回(GieBen 大学とMuenchen 大学)にわたり講演をした。
今日は、その時のドイツ語の原稿を中心に報告をしたいと思います。
 とくに、ここでは1992年に書きました「組織犯罪の研究―マフィア、ラ・コーザ・
ノストラ、暴力団の比較研究―」(成文堂)と1993年に書きました「暴力団」(岩波ブ
ックシットNo.323)で述べた問題意識、つまり、暴力団阪大の原因としての「暴力団と政
治家の癒着関係」の問題と「暴力団構成員と民族問題」の問題を中心にして話題提供して
いきたいと思っております。
 また、暴力団犯罪の根絶のためには、わが国の教育問題、民族問題の根本的な再検討に
加えて、具体的な刑事政策として、わたくしが、ドイツで約20年にわたり研究をして、
1984年にはドイツの連邦議会の公聴会で発言したことのある「常習的暴力犯罪者に対
する社会治療処分制度」についても言及していきたい

 日本における組織犯罪としての暴力団とは何か?
(1) YAKUZA と Boryoku-Dan の概念の相違
(略)
(2) Boryoku-dan 犯罪の原因としての少数民族問題

 戦後起こった政治家と暴力団の癒着から起こったと思われる重大犯罪、例えばリクルー
ト事件から最近のオウム真理教団員による大量殺人事件の背景にはつねに「暴力団」と
「少数民族」問題があった。
 ここで何故「暴力団」と「少数民族」「部落問題」「韓国・朝鮮人問題」かと言えば、
例えば、アメリカ人のジャーナリスト、カプランとデュブロによれば、日本の最大「広域
暴力団」山口組の構成員25,000人のうち約70%の者がいわゆる「部落」出身者で
あり、約10%の者が韓国人等の外国人であったとしているからである。 




187 :1=B:02/05/21 10:19 ID:Lm1nOf4j
<その1 世界最大の犯罪集団 日本のヤクザ>

 スターレットは、日本警察庁から送られてきたヤクザについての資料をめくり、併せ
て当時ホノルル警察が作成していた彼らについてのデータに目を通した。それらに書か
れていた数値は驚くべきものだった。日本には十万人のヤクザが住んで活動しており、
彼らは二千五百の一家や連合にきちんと組織されている。一方、日本の二倍以上の人口
を持つ米国では、司法省が見積もる組織犯罪メンバーの数は、たった二万人だった。そ
の数は、犯罪発生率の低さでは定評のあった日本にとっては、異常な統計値に思えた。
しかも日本の警察によれば、十万人と言うヤクザの数は、二十年前の最盛期の十八万人
に比べれば少ないと言うのだった。さらに、この巨大なヤクザのシンジケートは見た目
には財政的に豊かで高度に組織化されていて、有能で調和のよく取れた日本企業の組織
犯罪版であった。

 スターレットは、米国の犯罪者一味と同様に、ヤクザも売春やポルノグラフティ、ド
ラッグ、ギャンブルなどの隠れた悪事で商売をしている事に気付いた。さらに、建設業
や映画スタジオ、ナイトクラブ、プロスポーツなど娯楽産業の大部分が彼らの支配化に
置かれていた。警察によると、ヤクザの収入はかなりの額に上り、その半分はドラッグ、
すなわち日本人が覚せい剤と呼ぶアンフェタミンの取引によるものであるという。ヤク
ザの収入源は他に、高利貸し、トラック輸送、各種の暴力、密輸、ゆすりなどである。
日本警察庁によると、ヤクザは二万六千の合法的ビジネスを経営し、加えて数え切れな
い非合法ビジネスも行っている。彼らの影響は露天から日本最大の企業にまで及んでい
る。彼らはカネをもらってストライキ破りもするし、邪魔者の口封じに力を貸す事もあ
る。ヤクザは政界に対しても力を持っており、その影響力は影の人物を通して日本政府
の最高レベルにまでも及ぶ。


D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
 プロローグ より抜粋




188 :1=B:02/05/21 10:19 ID:Lm1nOf4j
<その2 日本政治のあり方はヤクザが決める>

 それと同じくらいに欧米がヤクザを警戒しなければならない理由がもう一つある。そ
の理由とは、日本の組織犯罪は、非常に政治化されているという事である。日本がファ
シズムと軍備拡張へと登りつめていく過程の最も有害な後ろ盾となったのは、天皇崇拝
の活動家からなる奇怪な集団である日本の極右の存在であった。そしてヤクザの近代史
はこの極右の歴史とからみ合っているのである。戦前ほどの力は持っていないにせよ、
超国家主義者からなる右翼は、いまだ日本で波風を立て続けている。ヤクザとこれらの
極右集団は非常に密接に結びついているため、時にこの両者が区別し難いほどなのであ
る。米国社会ではこれに似通った事例は無い。ある点では、これはKKKがマフィアと
政治同盟を結んだようなものである。

 右翼とヤクザからなるこの連合軍は暴力的な行動に走る事がしばしばあり、日本の戦
後政治を実質的に一貫して支配してきた政権政党である自由民主党の準軍事的組織とし
て長年にわたって機能してきた。


D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
 プロローグ より抜粋





189 :1=B:02/05/21 10:21 ID:Lm1nOf4j
<その3 江戸時代〜ヤクザを生んだ身分差別>

 これらの人々は「小村落の人々」という意味の部落民たちで、インドの不可触民にも
似た隔離された階級の人々であった。部落民は恣意的に設定された階級で、皮革労働者
などの動物の死骸を扱う人々や、葬儀関係などの「不浄な」職業に就く人々により成り
立っていた。部落民に対する差別は残酷で容赦のないものだった。彼らは一般に「穢
多」とか「非人」と呼ばれていた。ちょうどサムライが平民を虐待することが許されて
いたのと同じように、平民は部落民を苦しめることが許されていた。『小作農・反乱者・
追放者』(1982年ランダムハウス社)という本の中で、歴史家のハネ・ミキソは部落
民の生活状況を次のように描いている。
 
 「彼らは住める場所や家屋の質、部落からの出入り、衣類、髪型、履物までも制限さ
れていた。ある地域では、黄色などの特別に部落民だと分かるものを身に付けるように
要求された。彼らは穢多にあらざる人々の地域の寺社に入る事を禁じられ、他階級の人
々との結婚は厳しく禁止されていた。」
 
 徳川幕府のもとでは、法や慣習を破った者は、非人の地位に落とされる事もあった。
そのため、テキヤの中にはすでに人間に非ずと烙印を押されている者もいた。また部落
民の家族に生まれた者には、みじめな貧困と恥辱から抜け出す道を供給してくれるテキ
ヤに加わる者もいた。テキヤになって物を売り歩くということは、部落民にとって、そ
こにいれば永遠に追放者であるとの烙印を押される生誕地から離れる事の出来る数少な
いチャンスだった。ちなみに1967年の徳川時代の終わりの時点で、部落民は日本の
総人口3300万人のうち40万人もいたのである。


D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第二章 名誉ある無頼 テキヤ より抜粋



190 :1=B:02/05/21 10:21 ID:Lm1nOf4j
<その4 暗黒都市福岡 スラムの帝王・頭山満>

 日本の右翼の背後にある現代超国家主義の源流は、一八八〇年代までさかのぼること
が出来る。それは最初、当時は漁業と炭坑業の貧しい地域であった九州で生まれた。九
州は体制に不満を持つ士族を沢山産み出した土地であり、しかも、その旧士族の多くが
新しい社会秩序に対する反乱に参加した経験を持っていた。これらの旧士族の不満は、
新体制の腐敗や伝統軽視を批判する政治化や愛国主義者によって利用された。特にその
影響を受けたのは、九州の中でもアジア本土に最も近い一角にある都市福岡だった。こ
の都市は反政府思想の温床となり、数年後には、日本の新しい軍国主義と愛国主義の中
心地となった。
 
 その福岡から、日本の組織犯罪勢力と政治勢力を合体し、両勢力の進路を転換させ、
今日に至らしめる事になる一人の指導者が登場した。身分の低い士族の三男として生ま
れた頭山満である。
 二十代になる頃にはすでに、彼の行動は政治的なものになっていた。政治結社である
矯志社に加わり、旧士族による反乱である萩の乱に参加しようとするが、大久保利通暗
殺計画が発覚し逮捕された。釈放されると頭山は、本格的に追従者を集める事に着手し
た。街に出て、政治などには無関心な福岡のごろつき達を組織し始めた。彼の子分達は
統制の取れた労働力と強力な戦闘力を有する集団となり、地元の炭坑労働者を抑圧する
のに用いられるようになった。彼はスラムの帝王として知られるようになり、地元の政
治家達も、彼が頻繁に暴力を用いる事を知っていてその暴力の恐怖を見くびるわけにも
いかず、逆に彼に尊敬の気持ちを寄せた。

D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋



191 :1=B:02/05/21 10:22 ID:Lm1nOf4j
<その5 玄洋社〜ヤクザ右翼の登場>  

  頭山が台頭して全国的な力を持つようになるのは、一八八一年に玄洋社を設立してか
らであった。玄洋社は設立して間もなく国家主義を強力に鼓舞する団体へと変貌し、近
代日本の秘密結社や愛国主義団体の先駆者となるのであった。玄洋社の憲則の条項は、
「皇室を敬載すべし」「本国を愛重すべし」「人民の権利を固守すべし」などという曖昧
なものであった。しかし野心満々の頭山には玄洋社が何の為のものなのか正確に分かっ
ていた。つまり海外に領土を拡大し、国内は権威主義的に統治すべきだと考えている旧
士族たちの、そうした心情を活用することが玄洋社のなすべきことだと頭山は承知して
いたのである。そもそもこの玄洋社という名前そのものが、頭山と彼の追随者たちにと
っては、日本を朝鮮及び中国から隔てている狭い水路を意味しており、拡張を含意して
いた。

 日本の政治において準軍事力として使われる事になる新しい愛国主義的社会秩序を予
知し、ほとんど独力でそれを作り上げたのはまさに頭山であった。テロやゆすり、暗殺
といった行動を手段として軍部の将校や政府の官僚に格別な影響を与え、さらに日本を
東アジアへと、そして究極的にはアメリカとの戦争へと押し流すに当たっての手段的役
割を果たすなど、玄洋社は非常に効果的な働きをすることになるのであった。


D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋




192 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 11:08 ID:i3dBuRo+
加藤 久雄さん、あなたの言われている事は事実でしょう。しかし、事実なだけにもう破滅的です。加藤さんの様にはっきりと真実を述べられる方は、なんらかの圧力があるのではないでしょうか。


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 11:14 ID:i3dBuRo+
あまりにもはっきりとこの国のシステムを暴露してしまうと最悪の場合消されますよ。
X-ファイルではありませんが(笑




194 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 11:21 ID:sdpuLQEU
全ての事があまりにもリンクしており、諸外国に比べその姿がみえにくいだけで、この国もまたマフィアのが治めている国といっても過言ではないでしょう。


195 :コピペを貼り付けている者:02/05/21 11:24 ID:Lm1nOf4j
>>192
当たり前ですが、私は加藤久雄教授本人ではありませんよ。
私は、裏社会に関する書籍や論文をたくさん入手したので、
糞スレを使って紹介している者です。

>>193
知性も論理もないような差別発言は消されないのに、
こういった意見が消されたとしたら、
2ちゃんねるの名折れですね

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 11:42 ID:Q4IIPwZJ
[192]さん、そうだったんですか。私は、学歴も知性もない人間ですが、わかるんです。なぜかというと私自身が現在盗聴、ストーカー行為をされているから。



197 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 11:46 ID:i3dBuRo+
私の場合人生あきらめてますから別にもういいんです。名のない人間でも、目をつけたら徹底的に潰すんですよ。この国のシステムは。


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 12:02 ID:sdpuLQEU
それが多分、この国を実際には支配しているマフィア、つまり、被差別の方々や在日の方々です。もちろん全てがそうではありませんが。


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 12:12 ID:Q4IIPwZJ
私は同和問題もこれに繋がっていると思います。確実にターゲットを仕留めたい時には自分の配下の者を使うでしょうし、そうではない場合にはいわゆる同和
を使う。


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 12:16 ID:Ac8+WI8r
やんわりと真綿で首を締める様に合法的に殺す、とでも言いましょうか。ただですよ、それとは関係なく差別はいけませんよね。


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 12:28 ID:8sruuahD
だから、このスレを立てた人は何もわかっていない。あなたが糞なになにと言っている人達が、この国を治めているのですよ。それに刃向かう者はシステムに潰されます。


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 12:38 ID:NvFZK/jg
もう彼等と、それに群がった人達によってこの国は治められている。人間お金には弱いですから。SFなんですけど、ゼイリブって映画をみると面白いかもしれません。まるでこの国みたい。



203 :怪しい水:02/05/21 12:42 ID:XtVjtKi+
           | ハイハイ!どいてどいてぇ!!
           \_ _______
              `(
      >>1      「 ̄ ̄了
      ↓       l h「¬h
       / ̄ ̄\__,ト、Д/____
     /   / ̄Yi. /  jテ、      f ̄ヨ
    /   ./:::' / /  /.i l iー――‐u' ̄
   ./   /ー'' / /  / / l l
   i'  /   l ヽ../  レ'  l l
.  /  _/ \  !、 lヽ____」 l
.  !、/ \. \ \l      ト./
   ト、__\/ト、/ト、  y   l   
   l    ̄(  )y )  /l   i
   l   l   Y''/ー'  / .l   l
   !、  l  l./   /  l   l
   /  /  l/   ,/  i'    l
  /_  ./l   l`ー‐〈   ト.__」
  L_``^yト._」、ー"   `ヽ_」


204 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 12:54 ID:Ac8+WI8r
それにしてもこのカプラン、デュプロという人達は見事にこの国を調べ上げた様です。
もうこの国は駄目ですね。ゼイリブの様になってしまった。


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 13:04 ID:Q4IIPwZJ
だから、2ちゃんねるでいくら過激なスレッドをたてても意味がないです。例えとして映画のゼイリブをみて下さい。なるほどこういう事か、とわかると思います。



206 :コピペを貼り付けている者:02/05/21 13:04 ID:Lm1nOf4j
私がカプラン、デュプロの意見を紹介したのは、
いたずらに少数派への差別を煽るためではありません。

我々一人一人がこの国の現実を直視する事が、
日本社会の向上につながると考え、こうした意見を紹介したまでです。

現在の日本社会の衰退や疲弊に、ヤクザが大きく貢献しているのは間違いありませんが、
私の意見では、日本人は過去何代にも渡り行ってきた冷酷な差別の代償を
払わされているのではないでしょうか?

ついでですが、昨日発覚したミスタードーナツの食品添加物をめぐる事件は、
裏社会と関係しているので注目されます

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 13:43 ID:Ac8+WI8r
[206]さんもマフィア容認ですね。結果としては私と同意見です。過酷な差別云々というお話からいうとそういう事ですよね。私の場合はもうシステムになってしまったので容認です。


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 14:30 ID:Ac8+WI8r
社会の不安を煽っているどころか、侵略してます。
ゼイリブ。
彼等はあなたの傍にいるのです。



209 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 15:40 ID:Q4IIPwZJ
東大にシンさんって教授いない?
あの人、いつも冷静でかなり言っている事もまともです。実は隠れファンです。



210 :やられた@:02/05/21 15:58 ID:u/yxCSrw
ちょんこー氏ね市ね市ね誌ね師ね史ね

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 18:25 ID:Lm1nOf4j
<その6 巨大化する玄洋社>

 玄洋社の社員は、政府役人の用心棒役や、地元の政治ボスを力づくで動かしたりする
役を務めたが、合法的な仕事の分野では玄洋社やその主義を継ぐ者と提携している職能
組合で、配管工、大工、石工などの熟練労働者として働いた。こうして新しいヤクザた
ちは、自分達の事を同じ暗黒街の住人の中でもバク徒やテキヤとは正反対の立場にある、
頭山の愛国主義的政治の正義を吹き込まれた高級ヤクザと認識していた。
 
 玄洋社の手先は、遠く中国や朝鮮、満州までもスパイとして送られた。彼らはあらゆ
る年代の超国家主義者を訓練する学校を運営した。武術や外国語、スパイ技術を学んだ
玄洋社の卒業生達が、第二次世界大戦前の日本人によって作られた、優れた諜報ネット
ワークの基幹を築いたのであった。
  
 頭山は、日本にも同じような技術を持った自分の部下を配置した。彼らは大衆の不安
を煽ったり、鎮圧したり、選挙の立候補者や有権者を脅したり、反体制的労働者を抑え
こんだり、彼らの親分が非難する者は誰であれ酷い目に会わせたりした。玄洋社とその
関連組織を、炭坑業や製造業の企業は、スト破りとしてばかりでなく、政治化志望者の
進路の促進や粉砕に手を貸す政治的実行部隊としても雇い、多いに企業の為に活用した。

D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋




212 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 18:26 ID:Lm1nOf4j
<その7 ヤクザに暗殺された朝鮮王妃>

 玄洋社の次の任務は、もっと野心的なものだった。頭山は戦争担当大臣からの密命に
従い、日本軍侵入の口実を作るために、朝鮮で「口火を切る」ことになった。一八九五
年に殺人スパイとして忍術の訓練を受けた玄洋社の手先の一部隊が、朝鮮の宮廷に忍び
込み、王妃を殺害した。この行為が実は日本の朝鮮への侵略を引き起こしたともいえる。
日本はその後五〇年間、この地を離れようとはしなかったのである。

 その後、超国家主義は、政治の世界で多かれ少なかれ恒久的な定着物となった。玄洋
社は、日本の隅々から、さらに次第に東アジアの多くの地域にまで同じように浸透する
ことになる数多くの秘密結社の手本となった。そうした組織は、これみよがしに血盟団、
農民決死隊、天行会などといった派手な名前を付けていた。金持ちのパトロンがついて
いる組織もあった。バクチ、売春、用心棒代という名目のゆすり、スト破り、恐喝、人
夫集めの管理、娯楽、行商といった、今日でもヤクザの日々の糧となっているような様々
な犯罪行為などを通じて資金を得ている組織もあった。こうした秘密結社は、地元のテ
キヤやバク徒の親分達の注意を引くようになっていた。そしてここから、百年後の今日
でも日本人の心情の中で、ヤクザと右翼の区別が曖昧でありつづける事になる過程が始
まったのである。

D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋



213 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 18:26 ID:Lm1nOf4j
<その8 ヤクザと右翼の合体>

 初めのうちは、伝統的ヤクザは、何ら確かなイデオロギーも持ってはおらず、玄洋社
やその後継者達からは一定の距離を置いているように見えた。しかし、伝統的ヤクザも
玄洋社系も非常によく似ていた。どちらも権力を尊重する神秘主義的世界観を持ち、外
国人や外国の思想(特に自由主義や社会主義)に対して憤りを感じており、空想化され
た過去をあがめ、神道を信仰体系の中心として遵守し、天皇を神道の現人神として神格
化していた。また、同じように重要なのは組織であった。どちらの組織も伝統的に厳格
な親分子分関係を軸として組織されており、その結び付きを強めるために、同じような
儀式を用いていた。また、今でもそうだが、超国家主義団体の多くにとって、「愛国的な」
目的は政治的というより金銭的なものである傾向が強い場合がしばしばあり、よって彼
らは単なる暴力的な凶悪漢の集まりにしか過ぎなかったのである。

 最終的に、このような右翼とヤクザの社会的あり方は、実質的に両者の間に共通の政
治的利害を生み出した。港湾人夫を取り仕切る親分であれ、屋台を取り仕切る親分であ
れ、村政を取り仕切る親分であれ、地域のヤクザの親分達は彼らの権威の基盤時代が伝
統社会に対する左翼の攻撃で脅かされていると理解していた。二十世紀に入ると、左翼
運動と労働運動が台頭する。親分達はこうした運動の怖さを理解していたが故に、新し
い超国家主義へといとも簡単に転向したのであった。

 D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋




214 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 18:28 ID:Lm1nOf4j
<その9 黒龍会の登場>

 ヤクザにとって特に魅力的に見えたのは、玄洋社から生まれた黒龍会(アムール江会)
であった。黒流会は、1901年に頭山の直系である内田良平を中心として創立された。
この秘密結社の名前は、日本の権力を満州とロシアの国境である黒龍江(アムール江)
まで広げようという目的を暗示していた。しかし欧米のジャーナリストは、黒龍会を
「the Brack Doragon Party」(黒い龍の会)と呼ぶ事を好んだ。

 黒龍会の究極の目的は、アジア全土の占領と支配と言っても良いものであった。より
狂信的な空想家にとっての黒龍会は世界の四方と四隅つまり全世界を一つの屋根の下に
置くと言う「八紘一宇」の天職を全うする運命にあったのである。屋根とはもちろん、
天照大神の系統を代々受け継いできた大日本帝国天皇という屋根であった。黒龍会は、
頭山の玄洋社の追随者たち、そしてその政策と目的を引き継ぎ、玄洋社の本当の後継者
となった。頭山の支援のもと、黒龍会は日露戦争の後押しをし、政治的暗殺を行い、玄
洋社が朝鮮に対して行った事を中国に対して行い、日本の中国侵略のための条件を作り
出す手伝いをする事になるのであった。

 いわゆる大正デモクラシーの時代であった1920年代は、戦前の日本において自由
主義が最高潮に達した時代であった。しかしその背後には頭山が不気味に立ちはだかり、
その声望を伸ばし続けていた。主要な政治家達はこの愛国主義者に伺いを立て、また頭
山は皇室からカネを受け取ってさえいた。

D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋




215 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 18:28 ID:Lm1nOf4j
<その10 ヤクザ集団 国政に進出>

 頭山の暗黒街における次なる業績は、日本最初のヤクザの全国連合体である大日本国
粋会を1919年に設立した事であった。六万人以上のヤクザ、労働者、超国家主義者
たちを会員とするこの組織は、頭山と当時の内務大臣床次竹ニ郎が考案したものだった。
 この新しい連合組織は、それより四十年前の頭山の玄洋社と基本の型はほとんど同じ
であった。その綱領では、天皇と任侠、そして日本の古い価値観の尊重が漠然と語られ
ていた。しかし実際には、国粋会は巨大なストライキ破りの部隊として機能し、超国家
主義運動にかつてないレベルの暴力を持ちこんだ。床次が育成し頭山を最高顧問に据え
たこの組織は、ムッソリーニの黒シャツ隊員とよく似た機能を果たした。国粋会の多く
の活動の中には、1920年の八幡製鉄所ストに参加した二万八千人の労働者に対する
攻撃がある。国粋会員は、スト破り実行のために、警察、憲兵、消防隊員、退役軍人、
その他の超国家主義団体の実行部隊と協力し合った。

 床次の国粋会は、当時の二大政党の一つ政友会の準軍事組織に発展氏した。その例を
見て、政友会の宿敵である民政党も、1920年代末には民政党系のヤクザ団体、大和
民労会の組織化を終えており、この組織も建設関係のヤクザ組織から主に狩り出された
ヤクザが会員に多数加わっていた。こうして、それぞれ二大政党にヤクザが組み込まれ
たため、少なからぬ数の親分が国政選挙に立候補し当選することになった。国会にヤク
ザが議員として存在しているという事は、日本の将来にとって万事が縁起のいい事ばか
りでは無いという事をいささかながら示す前兆であった。


 D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋




216 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 18:29 ID:Lm1nOf4j
<その11 ヤクザの狩猟場と化した満州>

 日本において民主主義がほぼ消滅した1930年代に頭山の権勢は伸び続けた。この
年老いた指導者は、今や偉大な名声と富を獲得し、暗殺だけでなく組閣も指揮するよう
になった。彼は、皇居からも超国家主義者諸団体からも晩餐に招待された。彼は愛国主
義者の集会で演説し、そこでいつも天皇のための万歳三唱を取る事を依頼された。今や
頭山の同盟者の多くが実権の座に座り、日本は「黒い谷間」と呼ばれる抑圧の時代へと
深く滑り込んでいった。

 様々なヤクザと暴力集団は、愛国的な目的の為に人員や暴力を供給し続けた。ヤクザは
軍国主義者と協力して占領地満州や中国に赴き、「開拓」計画に参加した。日本のヤクザ
にとって、資源の豊かな満州の開発は、中国人に対する「狩猟」を意味していた。ヤクザにとって魅力的な仕事の一つに、麻薬の常用を助長する事で、カネ儲けと同時に民衆
の抵抗を弱める事を狙った政府のアヘン専売を助ける仕事があった。これは、前世紀の
英国の手本であったが、日本人はそれを上手に活用したのである。日本軍がこうして獲
得した莫大なカネのうち、汚職や買収に使われないカネは占領地の産業開発に当てられた。

 伝統的ヤクザは、政治活動にも忙しかったが、国内でも財政基盤拡大にも忙しかっ
た。軍事的膨張は、日本に多くのカネを持ち込み、ヤクザはその戦利品を手にするのに
都合のいい立場にあった。日本の港湾地域においてもヤクザは労働者を組織し始めた。
港町神戸では、ヤクザは他の労働分野では雇ってもらえそうに無い男達をかき集め、
彼らの労働力を従順な未熟練労働者を必要としている沿岸部の業者に安く売った。この
商売の縄張り争いの中から勝ち残った神戸の団体が、有能な田岡一雄に率いられた山口
組だった。

 D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第一章 名誉ある無頼 愛国的ヤクザ より抜粋




217 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 20:04 ID:Lm1nOf4j
<その12 売春宿で天皇制存続を陳情 土建ヤクザ安藤明>

 占領軍警察には容易に見えなかったが、新しいタイプの親分子分組織が形成されつつ
あり、大半のヤクザ組織がすぐにこの組織をモデルとして真似るようになるのであった。
これが伝統的なバク徒やテキヤよりもはるかに残忍なヤクザ形態である愚連隊であった。
1947年の『クリスチャン・サイエンス・モニター』でG・ウォーカーは以下のように
記述した。
「組織化された悪漢グループの中で最強なのは、いわゆる愚連隊、つまり武装した不良
集団であるが、彼らはまたたくまに日本中に生まれた。復員したが職の無い若者や収入
のない引き揚げ者を使い、軍事的敗北から生じた荒廃した道徳基準を巧みに活用し、愚
連隊は脅迫、暴力、強奪を手段に組織を運営している。」

 最も有名な愚連隊の一人が安藤明であった。彼は戦時中に労働力不足となった日本で
貴重な必需品であった朝鮮人労働者を支配していた。その労働力を使って、安藤のグル
ープ、土建会社の大安組は施設の建設と、空襲が始まってからは政府の工場移転に従事
した。日本の降伏時、安藤は建設事業を占領軍から委託された。マッカーサー飛来に備
えて、厚木飛行場の改修にあたったのは安藤だった。安藤は近代ヤクザの指導者の典型
とも言えた。戦時中は国政レベルの政治家だけでなく、天皇の実弟、高松宮とも親密な
間柄だった。戦後、天皇制を存続させたい日本の政治家は安藤を使ってアメリカ高級将
校に陳情させた。安藤は自らが経営する銀座の高級クラブ(実態は売春宿)で、その陳
情を行った。


D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第二章 日本の占領時代 暗黒街のヤミ市 より抜粋




218 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 20:04 ID:Lm1nOf4j
<その13 建設会社・ヤクザ・政治家>

 建設会社は、ヤクザと区別できないことがよくある。それほど伝統的にヤクザと似通
っていた。両者とも、組織を表現するのに「組」(一味あるいは会を意味する)という同
じ言葉を採用した。建設会社は、さらに、自分の持てる力を用いて政治的影響力をたび
たび行使した。例えば、北海道では、ある国会議員の選挙の折、組の親分でもあり公共
事業の請負建設業者でもある地崎宇三郎という人物は自由党に資金を提供し、自らが発
行する新聞には共産党支持を命じ、自らも無所属で立候補した。こうすれば、誰が当選
しようとも、宇三郎の影響力は残る事になり、おそらく儲けの多い公共事業を継続して
請け負える事になるのであった。

 もちろん、政治家がヤクザと手を結びたがらない場合や、企業が賄賂を拒む場合も時
にはあったりした。しかし、このような拒否が原因で夜に火事が起こったり、乱暴な襲撃
が起こる事もよくあった。このような実力行使がすっかり定着し、広い範囲にわたって
行われていたので、
「日本の全国民が、ヤクザとヤクザの親分に貢ぎ物をするのを辞めるよう促さなければ
ならない」
とSCAP(連合国軍最高司令部)が命じたものの、それは無駄な要求に終わった。


D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第二章 日本の占領時代 暗黒街のヤミ市 より抜粋



      

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 20:06 ID:Lm1nOf4j
<その14 戦後経済を支配し始めたヤクザ>

 その報告によると、日本の千四百万人の労働者のうち、三百万人が親分子分関係にあ
った。その三百万のうち三分のニはヤクザ関係の建設会社に、それ以外の大半は日雇い
労働者の間に見られるものであった。北海道の炭坑では、約二万人の労働者が年季契約
苦役と奴隷身分の中間のような条件で監禁され続けていることが判明した。炭坑の親分
達は、ヤミ米を人質に取る事で労働者を抑えこんでいた。

 総括として、この報告書の分析は、
「親分子分の制度は、政治の世界にまで広がっていて、日用品の価格を統制し、正規の
ルートの商品流通をも管理し、許可証の発行や税の徴収と言った面では、地方政府の役割
も果たしている。このような役割に加えて、愚連隊は、飲食業や他の公共の娯楽施設に
従事する大都市の多くの人々を威嚇している」
 と結論づけている。

 小委員会は愚連隊が予想以上に強力なものになっている事を発見した。公安課のこの
報告では、愚連隊の勢力の中心は、181人の親分のもとに子分が7400人いる東京と、
82人の親分のもとに6400人の子分が働いている神戸であると算定している。


D・E・カプラン、A・デュプロ著
『ヤクザ ニッポン的犯罪地下帝国と右翼』(第三書館)
第二章 日本の占領時代 暗黒街のヤミ市 より抜粋


 

220 : :02/05/23 20:23 ID:yn+97uco


221 : :02/05/24 00:24 ID:jnovqacY




.

156 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)