5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【教えて】皇室の存在意義【下さい】

1 :右や左の名無し様:02/08/23 15:39 ID:SFidfegT
折れは元左翼で、活動をはなれてからもずっと心情的には
左翼でしたが(共産主義社会の実現はマルクスの誤算だっ
たと悟った後も)、最近気が付いたら転向してました。
理由はシナやチョソがあまりにも卑劣だからです。
今は
・自衛隊は国軍に
・ODAは即中止
・シナ人や鮮人は資産没収の後、強制退去
・不法入国者の一斉摘発&処刑を公安がすべし
・竹島、尖閣は武力をもってしても取り戻すべし
・拉致された国民は武力をもってしても取り戻すべし
と思ってますが、皇室の存在意義だけがよくわかりません。

国家元首は大統領ではだめですか?

思想右翼の方、その辺をわかり易く教えて下さい。


2 :右や左の名無し様:02/08/23 16:06 ID:???
大統領はダメです。
アフォが大統領に当選して日本が世界の笑い者に
なる危険性が、あまりにも高いからです。

3 :右や左の名無し様:02/08/23 16:10 ID:1L9sXrsD
コピペでスマソ

・自国文化や歴史対する謙虚さや尊重する気持ちがないと、他者への
 思いやりも生まれず、グローバル化する世界で取り残される。
・アメリカ・ソビエト的唯物論価値観の方が、歴史的に大きな災厄を及ぼす
・「共和国」には、北朝鮮、イラクを始め独裁国家が多く中央アジアでは大統領を
  神格化する動きすら出はじめている。
・立憲君主制の国では、安定して国民が幸せな国が多い。特に北欧(スウェーデン、デンマーク
 ノルウェー)は政治の清廉潔癖度、女性の社会進出度がトップで我が国の若手政治家も
 将来像として目指してる。それに引き換えフランス、アメリカは40位かそこら
・英国、オランダ、ベルギー他欧州の王国は非民主的ではなくむしろ人権先進国である
・集団が国家統一をなさないと、外部からの圧迫及び内部での財産権が脅かされ不幸に
 なるので「国民統合の象徴」は必然である(無政府主義でない限り)
・「君主」が選挙によるのは国民同士の対立があるが、血縁によるは運命論である。
・国家の在り方として、「君主」を血縁で決定するのは「民族共同体」として国家を
 規定するが、排外的ナショナリズムとは関係無い。選挙によるそれは「多民族国家」と
 規定し、建国の理念に忠誠を誓わせないと国家統一は保てない。
・天皇制を批判できない風潮があると言うがそもそも現在の皇室を批判する理由がない
・「歴史」攻撃は霊感商法と同じ論理
・集団になじめない、という人種はいつの時代もいるが、テロなど
 おこなわないかぎりいてもいなくてもかまわない

4 :右や左の日本人:02/08/23 16:29 ID:F6IbcYE3

主権は国民にあり。
天皇は国民の総意に基づく象徴。
国民は選挙により議員を選出し、議員は内閣を選出する。
内閣は最終的に国民の象徴である天皇に任命され政治を任される。
つまり、国民の選んだ内閣を国民の総意に基づく代表(象徴)が
政治を委託することで、国内唯一無二の正当性を証明する。
内奏、国会召集についても同じ。
唯一無二のものとして権威を与える。

外交においても、政治目的の外交とは別に、政治的意図を持たない
国民の代表としての外交が可能であり、政局によらない継続外交が
可能という意味で、天皇の存在は日本国の国力維持には極めて重要である。
この外交政策は共和制では実現できない非常に大きな利点といえ、
なくすと二度と戻らない尊いものである。


5 :右や左の名無し様:02/08/23 16:29 ID:F6IbcYE3

なんでも合理的に計る現在の風潮に流され、短絡的に必要・不必要を
天秤にかけるのではなく、日本が有する長き歴史と同様に、
長く続かねばならない我が国の未来において、「日本国存続=皇室維持」
というのが、日本人として常識と捉えるべきである。
これは右翼でもなんでもない。
国際社会への追従ではなく、東洋の一島国である日本国としての
国際社会における「日本の在り方」「日本人としての生き方」の問題で
世界がどうあろうと関係ないと考える。

皇室維持に異を唱えることは、大和時代より続く日本国ではなく
日本列島に新たな国を作ることになる。
それを望む者もいるかもしれないが、あまりにも寂しすぎる。
それは「神ではない」とか「人間だから」という理屈ではなく、
鎮護国家の精神から日本を維持するために皇室を守ってこられた
先人たちの苦労があり、今日まで日本国は続いたのである。


6 :右や左の日本人:02/08/23 16:30 ID:F6IbcYE3

元首と利害が直結する民選元首などより、約束された元首こそ、
民衆の過酷な争いを引き起こさない尊い存在であることは間違い。
天皇陛下や皇室の方々は「感謝して欲しい」とは決して仰らないが、
日本人であるならば、陛下とそんな国家存続に努められた先人たちに対して、
ほんの少しでも感謝の念を持っても良いのではないだろうか。

権力は行使するものが磨き、権威は利用するものが磨く。
日本の国民性、国家の維持存続、平和安泰のためにも
皇室の権威は国民が責任を持って磨き続けなければならない。


7 :右や左の日本人:02/08/23 16:34 ID:F6IbcYE3
>>6

×「尊い存在であることは間違い。 」
○「尊い存在であることは間違いない。」

失礼。

8 :右や左の名無し様:02/08/23 17:21 ID:???
廃止論者の3呪文
「差別」「不要」「先祖が」
最近めっきり減ったね
悪態ばっかで、肝心な「その理由」が無い
歪んだ事実認識の、論理的な根拠が提示出来ない
ってのがあるが、彼らの内面は、限りない自己優越の
主張と、その裏返しの権威に対する憎悪ってことだね



9 :1:02/08/23 17:48 ID:SFidfegT
>>2>>6

大変よくわかりました。
ありがとうございました。

天皇は国家元首その他の権力を超越した存在、と理解して差し支え
ないでしょうか?
例えば、共産党政権になっても存続するべき存在だと・・。
私の祖父は共産党員でしたが、皇室の一族の写真を額に飾ってました。

皇室は王室とも違い、日本人にしか理解出来ない概念だとも・・。
フランスのように国民が王を処刑した国もあるのですから。

もうひとつ。
皇室の血筋の正当性の問題ですが・・。
万世一系ってのは、150年や200年生きた天皇がいる事になり、怪しい
し、そもそも初代天皇は朝鮮半島から招かれた貴族だったと聞き及ん
でおります。先日、平成天皇もその事に触れ「(韓国に)ゆかりを感
じる」と言われておりましたが・・。
この辺はどうでしょう。

10 :右や左の名無し様:02/08/23 17:59 ID:???
大昔、嫁を朝鮮半島の王朝から迎えたのは事実
政略結婚は古今東西共通、女性はその「道具」だった

11 :右や左の名無し様:02/08/23 18:04 ID:???
>>9

天皇の正統性は、本来血統というよりは儀式を通して神となる
「神性」によるものじゃないかな。今の天皇も、即位後大嘗祭
で神になって、神として各種の宗教儀式を行っているからね。

人と神を明確に差別化しない伝統的神道の感覚で言えば(天皇
はこの伝統的神道の神であり、また最高位の神官でもある)、
実際には血統はそれほど重要ではないのかもしれない。天皇が
天皇であるためのもっとも本質的な根拠は、神器を受け継ぐ神
であること、なのだから。


12 :1(元左翼):02/08/23 18:19 ID:SFidfegT
>>11
よく分かりました。

また右翼の方々に質問ばかりで申し訳ありませんが、天皇
は象徴であるべきですか? 政治権力を持つべきですか?

天皇が政治的な権力を超えた権威である以上、明治政府が
天皇に政治的な権限を与えたのは間違えでしょうか?

右翼としては、現在の象徴天皇制をいかがお考えですか?
左翼は天皇が象徴になったからこそ、余計に手が出せなく
なった、政治責任などを問えないから・・と言っておりま
すが。

13 :右や左の日本人:02/08/23 19:10 ID:F6IbcYE3
>>9

天皇が朝鮮半島から来ていても一向に構わないのだが、
朝鮮半島から来たということには疑問を覚える。
韓国が主張するのは百済の王室が起源ということだが、
韓国の伝説上では、百済の起源はBC18年とされるが、
実際は近肖古王のAD345年からである。
日本では第16代仁徳天皇の御世であり、日本の方が古い国なのである。

邪馬台国と大和朝廷の連続性はわからないが、「邪馬台=大和」で
あるならその頃の朝鮮半島には、中国・漢朝を引く公孫氏の政権があり
魏の楽浪郡、帯方郡が置かれた時代。
韓国の主張は明らかにおかしい。

ちなみに今上陛下がおっしゃられた「ゆかり」とは、第50代桓武天皇の
母、高野新笠が百済からの帰化人の末裔であったということに触れただけ
である。


14 :1(元左翼):02/08/23 19:23 ID:SFidfegT
>>13
ご丁寧にありがとうございました。

街宣右翼(=暴力団)に在日が多いのは、もしかして自分達の
血縁の王に日本を統治させておきたいからではないか・・
と、疑心暗鬼になっていたもので・・。
奴等の卑劣さには日本の皇室の歴史よりも永い伝統があり
ますから。

15 :右や左の名無し様:02/08/23 19:29 ID:F6IbcYE3
>>12

天皇陛下が象徴のお立場に置かれるのは、古来より続くシステムを踏襲した
現代風の方法であると考える。
古代の天皇は、この国の礎を築くために奔走された。
基礎が固まると、民衆に政治を任せ鎮護国家を祈り続けられた。
ご聖断が下るのは、民衆が取り乱れ収集がつかない状態の際である。

現在の憲法ではご聖断というのはありえないが、憲法が存在するという
のは、この国が安泰の証拠であり、国民が国を維持できている状態である。
この先、この国を奪おうとする者が現れ、憲法が反故にされる状態になると
陛下の聖断が下る。
国民は陛下ご心配かけぬよう、この国を維持しなければいけないのである。

ただ、憲法に「元首」という記載がないという理由で、陛下は「元首ではない」と叫ぶ、
愚かな人間がいる。
確かに、憲法には「元首」の表記は無い。
憲法を理由に、陛下の元首のお立場を理解できない者がいるので、
「象徴」という表現を「象徴であり元首である」と記載することを希望する。


16 :右や左の名無し様:02/08/23 19:30 ID:zmnhCZ5E
>>1
皇室は2000年前の日本が国家として機能し始めてからずっと存在し、日本の歴史や文化を考える上で無くてはならない存在である!
つまり、皇室とは日本の象徴であり、これは疑いの無いものである!
自分としては、右翼の様な『国体維持』の発想では無く、あくまで2000年も存続している皇室を今の愚民化した日本人に潰す権利があるのか?
とゆ〜のから来ている!
そ〜ゆ〜意味で、皇室と共存した立憲君主制国家としてこれからも機能していくのが望ましく、あくまで天皇陛下には政治的権力は持たせないが、象徴元首として正式に位置付けるべき!

17 :1:02/08/23 19:42 ID:SFidfegT
>>15
えっ?
国家元首って天皇でしょ?日本に大統領はいないし。
・・って言うか、外国は日本の国家元首として捉えて
るでしょ?
国が出迎える時の大砲の数。国家元首を迎える時の数
鳴らしてるでしょ、天皇に対して。


18 :右や左の日本人:02/08/23 19:55 ID:F6IbcYE3
>>17

そのとおり。
外国で陛下を日本の元首としていない国はない。
日本に赴任する各国の新任大使は、来日するとまず最初に、
皇室の馬車もしくは自動車に迎えられ宮中に上がる。
そして陛下への信任状捧呈式を行う。
帰国する際にも、陛下に挨拶をして帰るのが慣わしである。

天皇陛下が元首ではないというのは、悲しくも一部愚かな日本人のみである。


19 :シータ:02/08/23 20:11 ID:PQyMrWdg
国が滅びたのに、王だけ生きてるなんて滑稽だわ。

20 :右や左の名無し様:02/08/23 20:22 ID:???
根本的な存在意義は神話の世界まで遡るよね。

21 :1:02/08/23 20:59 ID:SFidfegT
>>9
「天皇は国家元首その他の権力を超越した存在、と理解して差し支え
ないでしょうか?(中略)皇室は王室とも違い、日本人にしか理解出来
ない概念だとも・・。」
(↑ どなたか是非ご見解をキボン)

と書きましたが、>>18 さんのはあくまでも「天皇=国家元首」と憲法
に記載すべきとお考えですか?
右翼は改憲を強く主張してますが、憲法が修正が効くものである以上
記載しない方がいいのではと思うのですが・・。


22 :アニー大田:02/08/23 21:03 ID:???
ルシータ・トゥエル・ウル・ラピュタだよ。

間違いを訂正できてしまう自分が怖い。

23 :右や左の名無し様:02/08/23 21:27 ID:4jhnJPT5

春でもないのに、アホが満開ですなあ。1の一人芝居か?

24 :右や左の名無し様:02/08/23 21:27 ID:shBHrIX9
悲しいことに、日本人の多くは右翼に洗脳されている。平気で「昭和天皇陛下は心なき軍部に・・・」とか、「今上天皇陛下は伝統に忠実であろうとなさった方々の反対を押し切ってまで美智子様と結婚なさって・・・」とかいう言葉を吐く。
そして天皇は「象徴」という憲法に記されたブラックボックス的な条文を鵜呑みにし、実際にそれに敬語を使う。そして、天皇制を批判する人間を「共産主義者」「非国民」「シナ、チョン(昔はソ連)のスパイ」というレッテルを貼られ、唾を吐きかけられるような侮蔑を受ける。
日本には共和国としての歴史はない。それは天皇制のブラックボックスが民から正常な判断力を奪っていった。
その例を挙げれば、イタリアではムッソリーニを首相に指名した国王は「共和国の敵」となり、国民の侮蔑の対象となり、永久追放された。そして、そのムッソリーニの死体は投石の対象となった。
それが日本ではどうだろう。天皇は軍の最高司令官にもかかわらず「国家と国民の象徴」となり、解釈の仕方によっては「国家、それは私である。」とも言える。そして東条英機らは神として祀られている。
彼らは「国家の敵」ではないのか!?それは天皇が日本に2000年もの間ずっと不気味に日本人の精神を侵食してきた。
そして、その一族は今も神のごとく扱われている。原始的精霊信仰の発展に過ぎない宗教の規定を未だに史実としているのだ!?
この暗黒で野蛮なシステムに今更何のメリットが・・・

25 :右や左の日本人:02/08/23 21:47 ID:F6IbcYE3
>>21

天皇は本来、天下万物を照らす太陽の神の子孫であり、
天下の各所各物を治めるあらゆる神々の声を聞き鎮め、
天下に住まう民衆を安寧に導き、家族のごとく束ねるお方。
本来、キリスト教世界で言う法王の立場であり、日本天下の
中心に位置するお方である。
日本天下が国家と規定された現在、日本国家の中心に天皇が元首として位置
するのは当然であるが、他国の民選や領主の元首とは意味合いが異なり、
観念的に超越した存在だと言えるだろう。

私は憲法に記載などせずとも、日本国民は天皇陛下が元首であると解すべきだと
考えているが、法を振りかざし文化抹殺を望む物がいるのも事実。
法を神のように崇める愚かな民衆を導くためにも、記載するのが良いだろう。
法は文化を制限できても、文化を超越してはいけないはず。
改憲しても、天皇は国民の総意による統合の象徴もしくは元首であると
記載されない憲法は、日本国の憲法ではない。
そんな憲法がこの国で認められたら時は、日本文化、日本文明の敗北であり
世界から、常識を持った文明が一つ葬り去れらることになる。


26 :大日本報靖会:02/08/23 23:00 ID:???
天皇は、日本の心であり、文化であり、要するに日本そのものなのだ。
天皇のいない日本など考えられない。
立憲君主制とか元首とか、西洋の概念をあてはめようとするのは間違っている。

27 :右や左の名無し様:02/08/24 00:40 ID:???
天皇制廃止とか言ってるヤシの存在が信じられん
反権威反体制だけで、国家像の理論がないサルなのか?
「差別」とか「戦争」とかが刷り込まれてる子ガモなのか?
国会の全会一致で、内親王ご誕生祝いの祝賀が決議されたという
ことは「革新」も含め日本人は皇室と共に歩むという決意表明だ
「共同体」を否定するなら、自らの出国を検討するしかあるまい


28 :1:02/08/24 01:17 ID:piCGfe03
>>25
>他国の民選や領主の元首とは意味合いが異なり、
>観念的に超越した存在だと言えるだろう。

私(の頭の中が)左翼(マッカーサーが昭和天皇を処刑すべきだった・・などと
考えていた)時も、日本の首相がいくら馬鹿にされても平気だったが、チョソなど
の天皇に対する無礼には何となく腹が立ったのは、日本人の集団的無意識と
言うか存在の根底に「帝を中心とした民族」というものがあったからだろうか?
(ユングなら説明できたかな?)

確かに >>2 さんの言う事を読むと(>アフォが大統領に当選して日本が世界
の笑い者になる)、国家元首は陛下しかないな・・と思います。


29 :右や左の名無し様:02/08/24 01:23 ID:VDCIFdHq
皆さんは愛子のことかわいいと思いますか??

30 :大日本報靖会:02/08/24 01:48 ID:???
畏れおおいが、昭和天皇の「人間宣言」は間違いであられた。
もっと、「文化としての天皇」をご認識していただきたかった。

31 :右や左の名無し様:02/08/24 02:08 ID:v9ghPdQD
>>30
生物学者にそれ言っても無駄。
思えば理学をやったのも、ある意味彼なりの
現実への反抗だったのかもね。

しかしあの家系から繁殖能力が損なわれ始めたのは
いつからなんだろう?

32 :大日本報靖会:02/08/24 02:12 ID:???
>>31
側室が必要だ。
俺だって愛人いるし。

33 :右や左の名無し様:02/08/24 03:08 ID:S19Ns6Xg
愛子様は天皇陛下に御即位されるのだろうか?
それとも愛子様の結婚相手が天皇陛下に御即位するのだろうか?
それとも皇太子殿下と雅子皇太子妃殿下との間に男の子を新に儲けなさり、その親王様が天皇陛下に御即位されるのか?

34 :右や左の日本人:02/08/24 05:57 ID:EwrC+3Mr
>>28

欧米でstatesは「state」の集合体。
つまり「州」という「地域の集まり」という概念である。
しかし日本で「国家」は、文字通り「家」という概念である。

「国」を「家」と考える日本人の思考は、天皇陛下が父親であり大黒柱と思い、
皇后陛下を母親として慕うことで盤石な国家を形成してきた。
それが日本の文化であり、2000年以上ひとつの「国家」として維持繁栄してきた
文明の源である。
いくら普段父親と仲が悪くても、その父親を他人に無神経に馬鹿にされれば腹が立つ。
あなたは日本人として、ごく普通のことを感じたまでのこと。

欧米のような他人の集合体は、親友になることはできても肉親にはなれない。
喧嘩をすれば簡単に関係を断ち切れる。
だから契約を重んじる。
しかし日本の家族の集合体は、親友以上の繋がりを持つ。
だから契約などという自らを縛るのではなく、「信頼」と「尊重」が可能になる。
この観念の共有が、寛容で親切な国民性を形成したのである。

戦後、天皇陛下の存在意義を教育することなく、欧米に則り、信頼や尊重よりも
「契約」による他人の繋がりを優先させて来た。
その結果が、親が子供を殺したり、子供は簡単に他人を傷つけたり、
公共よりも個人を優先し、自由と放縦をはき違え、労働意欲のない若者が
増えている状況を生みだしている。

ここで改めて日本国民は天皇陛下中心の家族の集合体であるということを
再認識するべきである。



35 :右や左の名無し様:02/08/24 07:59 ID:???
>>34
>この観念の共有が、寛容で親切な国民性を形成したのである。

違うな。一つの家という観念がもたらしたものは、寛容なんか
じゃないよ。寛容とは対極にある、ちょっと違う人をいじめた
り排除しようとする陰湿な雰囲気。「一つの家」というのは、
同時に「天皇・構造を親と思わない人は国家の一員(家族)と
は認めない」ということでもあるわけだからね。

日本人といっても、「天皇陛下が父親であり大黒柱と思い、 皇后
陛下を母親として慕う」人ばかりではないのだよ。人には、それ
ぞれの感覚、それぞれの生き方や思いというものがあるのだから。
もし「日本人なら天皇陛下が父親であり大黒柱と思い、皇后陛下を
母親として慕う」のが当然、などと言うのであれば、それは日本人
であってもそれぞれの人で異なる国家観・天皇観の多様性を認めな
い無神経な主張と言わざるを得ない。そしてその種の主張は自分と
は異なる国家観・人間観を持つ人を尊重しない「寛容」さに欠けた
主張でもある。


36 :35:02/08/24 08:01 ID:???
>>35

天皇・構造→天皇・皇后
 

37 :右や左の名無し様:02/08/24 09:31 ID:iI1A7pV4
>>1
はっきりいって、キミが元左翼とはどーしてもおもえない。

左翼だったら、少なくともnew leftだったら、もともと「北」も「中国」も認めちゃいなかった。
共産党系だって、全面支持はしていない。

そもそも、国家観からして、「北」や「中」の対応が卑劣だから…というのもねぇ。
マルクス史観では、「国家は消滅する」ものだし、理由にはならない。

キミ、どんなセクトで、どんな活動をしたの?

>>2
アフォを装って、戦争責任を逃れた昭和天皇は、笑いものにならなかったかねぇ?

>>4
>天皇は国民の総意に基づく象徴。
「総意」とは、憲法の記載とはいえ、根拠に乏しく検証もされていない。

>政治的意図を持たない国民の代表としての外交が可能であり、
そもそも、外交とは高度に政治的なものである、国家と言う単位が存在する以上…
政治的でない外交のもたらすメリットとはいったい、ナニ???

38 :右や左の名無し様:02/08/24 09:47 ID:wJlg0hp6
もーいっそのことさぁ
天皇も日本も全部やめちゃえよ
そんで新しく共和制国家を建国すりゃいいじゃん

39 :右や左の名無し様:02/08/24 09:51 ID:???
>>37
>政治的でない外交のもたらすメリットとはいったい、ナニ???
 友好関係の構築だろう。意外と軽視されがちだが長期的な意義はでかい
 例えばテロや戦争の敵対国には国民感情が悪化し、その市場でのビジネス
 が出来なくなるように、逆に親近感をもたれるとスムーズに進んだりする。
 一般的には、首相や大統領のように権力を失ったら糾弾されかねない存在
 より、歴史的に慕われてる皇室(王室)の訪問を歓迎する傾向が強い。
 我が国でも大衆の歓迎度は、エリザベス女王>皇太子夫妻>ブレア首相
 っていうのが、実態だろう

>>1が元左翼ってのは、確かに怪しい(藁




40 :右や左の名無し様:02/08/24 10:01 ID:???
>>35
>寛容とは対極にある、ちょっと違う人をいじめた
>り排除しようとする陰湿な雰囲気。
それはこじつけだと思う。皇室が直接の原因で「陰湿な
いじめ」があったなんて聞いたことないし、逆にセクトの陰惨な
内ゲバ事件が今だに起こって驚いたことはある。
スターリンやポルポトを引き合いに出して、左翼の危険性を
喧伝するのと変わらないと思う


41 :右や左の名無し様:02/08/24 10:02 ID:MJxRrVjJ
>>3
>自国文化や歴史対する謙虚さや尊重する気持ちがないと、
天皇制を否定することは、むしろ歴史を謙虚に反省し、自国文化を尊重することにつながる。

>アメリカ・ソビエト的唯物論価値観の方が、歴史的に大きな災厄を及ぼす
WWUは、ナチや旧天皇制国家の侵略という災厄のほうがはるかに大きい、
いったい何を比較しているのやら(W
それに、現在の紛争のほとんどが宗教・民族問題で、唯物史観とはほとんど縁がない(W

>「共和国」には、北朝鮮、イラクを始め独裁国家が多く中央アジアでは大統領を
>  神格化する動きすら出はじめている。
>立憲君主制の国では、安定して国民が幸せな国が多い。
むしろ、クウェート、サウジなど、国内資産の大半を王族が独占するといわれる、
目も当てられない王制国家もまた存在している。
最悪の専制だったイランやエチオピアの王制が倒れたのも戦後だ。

君主制が激減した結果、共和制が多数を占めている現代で、
ごくまれな独裁国家の要因を「共和制」に求めるのはナンセンス以前。
逆に、北欧の安定の要因を、もともと母集団の少ない「王制」に依拠するのは
さらに、さら〜に愚劣(W

42 :右や左の名無し様:02/08/24 10:03 ID:MJxRrVjJ
>集団が国家統一をなさないと、
おいおい、そりゃグローバル化に逆行しないか?
利害の異なる集団を国家としてまとめることの限界が、グローバル化をもたらす一つの要因だ。
国家の垣根を越えて、市民が連携する、真の意味でのグローバリズムをめざそう。
そんななかで、国家が君主を中心に一つにまとまる?まるで春秋・戦国時代だ(W
それこそ「古代」妄想(W 、君主の存在は時代遅れ、有害無益。

>天皇制を批判できない風潮があると言うがそもそも現在の皇室を批判する理由がない
おいおい、だったらこんなスレたてるひつようないだろーに(W

>「歴史」攻撃は霊感商法と同じ論理
「歴史」攻撃ってナニ?、天皇制を歴史の流れにさからって維持しようとすることかい?
なるほど、アラヒトガミ?、それぁ霊感商法だねぇ(W

43 :右や左の名無し様:02/08/24 10:04 ID:MJxRrVjJ
>>5
>なんでも合理的に計る現在の風潮に流され、
とりあえずキミも天皇制が不合理だとは認めるわけね?

>「日本国存続=皇室維持」というのが、日本人として常識と捉えるべきである。
キミが不合理と認める天皇制を維持することを「常識」ととらえるべき、
ということは論説による支持を放棄したということかな?

>皇室維持に異を唱えることは、大和時代より続く日本国ではなく
>日本列島に新たな国を作ることになる。
なるほど、ゾウガメがいなくなったら、ガラパゴスらしくないのといっしょだね(W
皇室でも徳川家でもどーぞ維持してください、お好きな方どーしで。
憲法で、頭ごなしに「総意」だと決めつけられ、押し付けられることに抵抗を感じるだけなのだよ。

>>6
>民衆の過酷な争いを引き起こさない尊い存在であることは間違い。
米国の大統領選など、当人どーしは過酷かもしれないが、民衆は楽しんでないかい?

>ほんの少しでも感謝の念を持っても良いのではないだろうか。
で、先の大戦で戦死したヒト、虐殺されたヒトも感謝するかねぇ

>日本の国民性、国家の維持存続、平和安泰のためにも
皇室の権威?とどうかかわりがあるの?

44 :右や左の名無し様:02/08/24 10:05 ID:MJxRrVjJ
>>8
>「差別」「不要」「先祖が」最近めっきり減ったね
そりゃ、そんなものにばかり頼る必要がないからだよ(W

ぎゃくに、長く続いたから、日本人なら常識だから…という問答無用型以外に天皇制擁護論の根拠はないのでは?
不合理性を彼ら自身が認めているのだから…>>5
そーゆーのを「念仏」というんじゃないの?

>歪んだ事実認識の、論理的な根拠が提示出来ないってのがあるが、
おいおい、それってキミたちのことかい?
不合理なんだろ?天皇制って…

>彼らの内面は、限りない自己優越の主張と、その裏返しの権威に対する憎悪ってことだね
ごじょーだんを!
ほっといてもなくなるものを、憎悪するなんて(W

そもそも自己優越の思想こそ、貴種論、すなわち天皇制につながるんじゃないの?

45 :35:02/08/24 10:36 ID:???
>>40
>それはこじつけだと思う。皇室が直接の原因で「陰湿な
>いじめ」があったなんて聞いたことないし

34は「天皇陛下が父親であり大黒柱と思い、皇后陛下を母親と
して慕う」という観念的な「国家」像の共有を、これは共同体
内での天皇に対する価値観の画一化でもあるわけだが、そう
いった「国=家」という観念の共有を寛容を生み出すものと
した。私はそれはむしろ逆で、そのような観念の共有(という
幻想、さらには暗黙の強要)が「日本人ならば天皇を親と思い
敬って当然」という意識を生み、それが「天皇を敬わない人は
非国民」という類の陰湿な雰囲気を作り出す背景にもなって
しまった、と言っているわけ。

現実には、人間の観念というものは人によって全く違ってくる
わけで、人間社会において、そのような「観念の共有」(天皇
に対する価値観の画一化)など不可能だからね。

もし、そういった無理な「観念の共有」を実現しようと思えば、
排他的で陰湿な「非国民いじめ」が起こることになる。


46 :右や左の名無し様:02/08/24 11:38 ID:LiGtzY8o
ま〜皇室を廃止しよ〜とする奴は歴史が不得意な奴って事
歴史を勉強すると、皇室の存在意義がわかる

47 :右や左の名無し様:02/08/24 12:01 ID:???
>>35以降、反対意見がつらつらと書いてあるけど、>>35までの流れと比較して
「なるほど」と思う意見は特にないし、こじつけが並んでいるようにしか
感じない。
天皇制反対の人は、そもそも皇室に興味がないから、とって付けたような
反対論しか述べられないんだろう。
集約すれば「強制するな」ということだけ。
食わず嫌いより、興味を持って歴史をふりかえるくらいのことしてから
賛否を判断しないと、2000年の伝統にば勝てないと思う。

48 :右や左の名無し様:02/08/24 12:27 ID:???
>>46,47

この種の何の具体的な指摘もなく「こじつけ」だの「食わず嫌い」
だの「歴史が不得意」って言うのは「自分は反論できないから、
相手のイメージを貶めようとすることしかできないバカです」と
言っているようなものだよ。自分の気に入らない意見も一つの
意見として尊重したり議論しようとする姿勢もなく、こじつけ
だとか、理解不足だとかと意味不明な罵倒を連呼するだけ。
「自分の意見に反対するのは、相手が無知だからだ」と言わん
ばかりの独善的な身勝手さにも呆れるが、「天皇制反対の人」
はみんな「歴史が不得意」だったり「興味を持って歴史をふり
かえるくらいのことしてから賛否を判断」していないとでも
思っているのだろうか。自分で勝手にでっち上げた「天皇制
反対の人」のイメージを一人で罵倒するむなしい独り相撲を
しているだけということにすら気づいていないようだ。

最近、この板でこういった情けない反反対派をよく見かけるけど、
何を考えているんだか。


49 :右や左の名無し様:02/08/24 12:36 ID:???
>>48
反対派の意見を読んで、「歴史をしらないな」と感じるのも
正直な感覚だろうし、そのように主張するのも意見だし、
尊重せよという割に、君の意見こそ尊重してないんじゃないの。


50 :右や左の名無し様:02/08/24 16:29 ID:oAi2P1hE
天皇制廃止を押しつけるのはやめてください

51 :2チャンねるで超有名サイト:02/08/24 16:32 ID:RNmEU9DL
http://s1p.net/xxgqw


 携帯対応

男性より女性の書き込み多し
女性性65%男性35%割合です
穴場的サイトです。
幼い中高生直アポ直電
OL〜熟女迄の出会い
 聞ける穴場サイトです
 

52 :右や左の名無し様:02/08/24 16:53 ID:G2MUbQyG
公式の場で、皇族に敬意を払わなければならない場面など、
殆どの人間には存在しないのではないでしょうか。

>>43
>憲法で、頭ごなしに「総意」だと決めつけられ、押し付けられることに抵抗を感じるだけなのだよ。
日本国憲法は改正できます
世の中全ての人間が合意できる秩序など存在しないわけで、
多数の賛成を以って、ある取り決めが存在するは当然ではないですか。

その一方で、少数意見者の権利を守るために、
皇族に敬意を払わない権利も侵されるべきではないと思います。
ですけど、皇室が存在すること自体や、テレビで放映されたりすることに、
一左翼が嫌悪することにまで配慮する必要はないでしょう。

このスレで天皇制廃止を唱える人が知らないのは「歴史」だけでなく、
「法」も「議論するときの論理展開」も知らない人々のように感じますが。


53 :41〜44:02/08/24 17:10 ID:???
おいおい、キミ電波スキャンダルこそ2ちゃんの祭り(W
マスコミが自主規制してて皆知らないかな(W
ボクの頭には直接聞こえてくるんだゾ(W
退職皇宮警察官と皇宮女官が聞かせてくれるんだゾ(W
「個人」いわく、火のないところに煙立たず(W


ソースは?って?じょーだんじゃないゾ(W
血は争えないからだよ、血・は・争・え・な・い
天皇支持の差別主義者にはわからないだろうが(W

ボクの血筋は?って?地・球・市・民なんてね(W

以上の根拠により、天皇制は消え去るのみ
このスレの皆さん、ご理解いただけましたかな(W


54 :右や左の名無し様:02/08/24 17:15 ID:???
>>52
>このスレで天皇制廃止を唱える人が知らないのは「歴史」だけでなく、
>「法」も「議論するときの論理展開」も知らない人々のように感じますが。

どのあたりでそう感じるの? 今決まっている法律に対して抵抗を
感じる、変えるべきだ、と言うのは別におかしなことではない。
またこのスレでは「皇族に敬意を払わない権利」を否定するような
発言、まるで日本人なら天皇・皇族に敬意を払うのが当然であるか
のような発言も目立つ以上、天皇制反対派がそれらの発言に対して
「皇族に敬意を払わなければならない」ような状況を作り出しては
いけない、と言うものもごく当然の「論理展開」じゃないかな。


55 :右や左の名無し様:02/08/24 17:44 ID:???
>>54
引用しないと反論できない香具師はアホー掲示板にでも逝けよ
どうしても引用したいんだったらトリップつけろ
ウザったくて読む気失せる
お前のレスだけ飛ばして読むからさぁ

56 :右や左の名無し様:02/08/24 17:46 ID:???
>>54
漏れ宛てではないが…
>「皇族に敬意を払わなければならない」ような状況を作り出しては
>いけない
まず第一に「皇族に敬意を払わなければならない」なんて誰も言って
ないと思うが(強制されてるってのは被害妄想)
それに、そんなこと言ってたら自由に議論する意味がない
反対の為の反対なのか、何故「抵抗を感じ」「変えるべきだ」と
思うのか、その理由が肝心なのでは?

57 :52:02/08/24 17:53 ID:G2MUbQyG
>>54
このスレ再読したのですが、
どの部分で皇族に敬意を払わない権利を否定する発言があったのでしょうか?
指摘していただければ幸いです

今存在する制度を変えるように提起することは重要ですが、
少なくとも現憲法第1章を変えようという声は、
改憲論議の中でも起きていないと思います。
あなたの主張は、極少数派の意見に見えますが。

58 :右や左の名無し様:02/08/24 17:58 ID:???
>>54はたぶん戦時中を想像してると思われ
PKO(国連平和維持活動)法案成立の時も、
「軍国主義がやってくる」と早とちりしたクチでは?

59 :右や左の名無し様:02/08/24 17:59 ID:UDIN7LYB
1はネタだろ明らかに

60 :52:02/08/24 18:00 ID:G2MUbQyG
権利を否定×
権利を侵害○
間違いに連れられてしまった^^;

61 :右や左の名無し様:02/08/24 19:10 ID:S19Ns6Xg
左翼=支那右翼ってオチ。
皇室廃止論者は日本を混乱させ、求心力を低下させようと目論む、支那軍国主義的右翼の代弁者にすぎん。

62 :1:02/08/24 20:36 ID:37Y16vXS
折れが本当に元左翼かどうかなんてのは、
このスレの本題とは何も関係ないわけです
が・・。
まあ、教えを乞う以上、仁義を切っただけでして・・。

元左翼なんてのは思想版におけるステイタスにも
何もならないから、信じてもらえなくても一向に構わんのですが、
どのセクトでどんな活動してたか言えなんてのは、激バカな
発言ですな。泥棒に電話番号訊いてるようなもの。

左翼のゲリラってのは、本当に被害を出そうなんて考えて
いなくて、集会の動因人数を増やす為の情宣(セクトによっては
街宣という)の打ち上げ花火みたいなもの。
それと革マル(社青同以外はカクマルというところが多いが)以外
は組織造りよりも実践を重んじているのが建前なので、内輪にそれ
を示す目的が大きいです。
本当に深刻な被害を与えたら、訴訟費用や損害賠償で組織が傾いて
しまう。

対内ゲバ用で、アジトの見回りなんかでは、武器を持って歩くと
凶器準備集合罪でアゲられちゃうので、スパナなどを持って巡回
してました。

三里塚に来る機動隊なんかは、街中のデモを取り締まる時
と違って、一般市民の目が無いので、えらく柄が悪かったです。
マイクで「うら〜!テメーらあ、今年も苛めてやっからなあ!!」
「こらあ、そこの女あ!お○んこ腐ってんだろう!」とかね。

63 :1:02/08/24 20:54 ID:Jd8/vbgd
皇室の賛否とは関係なく、天皇は精神的な国土だったのでは? と考えます。
国家は国民と国土によって成り立つ訳ですが、物理的な国土が日本列島だとすると・・。

それは「日の本の国」と言う国名です。日本にいる日本人がつける名前では絶対にない。
「日の本」って極東って事でしょう?欧州から見た位置ですよね。

大学の頃、ある教授が日本人の「ルーツはハンガリーの下の方のヨーロッパにいて、
それが北欧へ行ったものと現在の日本列島に行ったものとに別れたって教えてました
(勿論、学者によって他説もある)が、それと言い、日本の神話と言い、日本列島に
たどり着くまでの日本人はかつてのユダヤ人のように国土を持っていない時期があっ
たのでは・・と考えることがあります。
そうした時に民族が(国家?ふるさと? として)拠り所にしたのが、帝だったのでは・・と。


64 :右や左の名無し様:02/08/25 02:04 ID:T+qzeNyK
このスレのまとめ
皇室支持→理由、根拠多数
不支持→???

後は、感情論なので、水掛け論(時間のムダ)

65 :右や左の名無し様:02/08/25 04:20 ID:T+qzeNyK
このスレずっと読んだけど、皇室不支持は確固たる理由がなく
感情論で、被害妄想をぶってる気がしてならない




66 :右や左の名無し様:02/08/25 06:42 ID:yBYVhwZn
>>15
>ご聖断が下るのは、民衆が取り乱れ収集がつかない状態の際である。
ご聖断はけっこうだが、最近では’45年8月15日ということになろう。
原爆二発を投下され、首都を焼き尽くされ、市民を地獄の戦場に駆り立てた後の、実にありがたいご聖断だ。
むしろ、開戦を抑える方向でのご聖断をいただきたかったが。
かように、一般市民のための「ご聖断」など、有史来一度もない。

>憲法が存在するというのは、この国が安泰の証拠であり、
大日本帝国憲法というのもあったが、安泰とは程遠かった。

>「象徴」という表現を「象徴であり元首である」と記載することを希望する。
希望するのはけっこうだが、これまた憲法上、天皇の国政機能は否定されている。
天皇を元首とするには、それを記載するだけですむ問題ではない。
どちらかというと、キミも愚かだぞ(W


67 :右や左の名無し様:02/08/25 07:35 ID:hKnmBMBj
>>16
大海に守られ、鎖国に守られ2000年近く続いている、それは確かだが、それだけのこと。
長く続くことに価値があるなら、ガラパゴスのゾウガメはもっと価値があることになる(W

>政治的権力は持たせないが、象徴元首として正式に位置付けるべき!
元首は政治的に国を代表することになるから国政機能を有することになる。
国政機能は、まぎれもなく政治権力であり、キミの言説は明らかに矛盾する。

>>18
>日本に赴任する各国の新任大使は、…
>そして陛下への信任状捧呈式を行う。
これを接受権というが、国事機能に分類されている。
これだけで元首と見なすにはムリがある。
これをもって、天皇が元首であるというのは、悲しくも一部愚かな日本人のみである。

68 :右や左の名無し様:02/08/25 07:35 ID:hKnmBMBj
>>25
>天皇は本来、天下万物を照らす太陽の神の子孫であり、
キミのために、天皇制が民営化され「宗教団体」となれることを祈ってあげよう。

>>26
>天皇は、日本の心であり、文化であり、要するに日本そのものなのだ。
キミのため、天皇制が民営化され、任意団体、いわゆる「右翼」になれることを祈ってあげよう。

ボクたちは、キミ達に天皇と一緒に国を出ろ、などとはいわない。
いてもいいけど、キミ達だけでたてまつってね、というだけ。

>>28
>の天皇に対する無礼には何となく腹が立ったのは、日本人の集団的無意識と
>言うか存在の根底に「帝を中心とした民族」というものがあったからだろうか?
集団無意識には違いないが、「日本人の」ではなく、「一部右翼の」とするべきだろう。

その無意識のありようからして、やはりキミは左翼だったことはないな(W

69 :右や左の名無し様:02/08/25 07:36 ID:hKnmBMBj
>>34
>「国」を「家」と考える日本人の思考は、天皇陛下が父親であり大黒柱と思い、
>皇后陛下を母親として慕うことで盤石な国家を形成してきた。
それが排他的国民性を形成し、関東大震災での外国人を虐殺し、国際的に孤立して大戦に突入する要因にもなった。
政治的には、談合やら汚職など公私のけじめのなさを生んだ。

ボクは、天皇の赤子たるより、自立した普通の市民でありたい。

>>39
>友好関係の構築だろう。
たしかに、友好関係は大事だが、現代ではスポーツの親善試合のほうが効果的だろう。
ちなみに、
>我が国でも大衆の歓迎度は、エリザベス女王>皇太子夫妻>ブレア首相
>っていうのが、実態だろう
大衆の一員であるボクの場合は全く逆、女王も皇太子もいらない。
他の大衆だって女王よりベッカムのほうがいいだろう(W

70 :右や左の名無し様:02/08/25 07:37 ID:hKnmBMBj
>>52
>日本国憲法は改正できます
それを当初から申し上げているのだがねぇ(W
ただ、いずれは消え行く制度だから、改憲の機運が生じたときに「総意」の検証を行い廃止できれば、としている。

>「法」も「議論するときの論理展開」も知らない人々のように感じますが。
どちらかというと、キミもそのように見えるが、自分のことはわからないものだよ(W


71 :右や左の名無し様:02/08/25 07:44 ID:/+h2ekAi
>>62
>折れが本当に元左翼かどうかなんてのは、
>このスレの本題とは何も関係ないわけですが・・。
そんなことはない、キミが元左翼でなければ、元左翼が問いかけるというスタイル自体が成立しなくなる。
すなわち、キミが中立を装うことが虚構になるのだよ。

まぁ、すでに、わざとらしさをかんじているひともいるけどね(W

そもそも、「ルポ雑誌にあふれているような体験談」を長々と書いても意味はない。
肝心の、「どのセクトでいかなる活動をしたか」に即答せず、
長々と体験談をのべるキミはニセモノの疑いはきわめて濃厚。

元左翼が「転向」などと恥ずかしげもなくいう、自分たちがなしたことを反省もなく、「内ゲバ」などとのたまうことがきわめて不自然なのだよ(W

72 :右や左の名無し様:02/08/25 10:39 ID:Jdi9IOTW
>>66
>大日本帝国憲法というのもあったが、安泰とは程遠かった。

明治維新以来、たった数十年で国際舞台に登場し、欧米と肩を並べる国となり
国際連盟の常任理事国となった日本を安泰からほど遠いというなら、
アジアのどこの国が同時代の考えうる安泰を得ていたのか?


73 :右や左の名無し様:02/08/25 10:40 ID:Jdi9IOTW
>>67
>大海に守られ、鎖国に守られ2000年近く続いている、それは確かだが、それだけのこと。
>長く続くことに価値があるなら、ガラパゴスのゾウガメはもっと価値があることになる(W

なぜ、外敵しか考えないのか?
「歴史を知らない」と言われても仕方がないと思うぞ。
ゾウガメは、自らを守るために、働いたり交渉したり戦争したりしてるのか?(w

>元首は政治的に国を代表することになるから国政機能を有することになる。

元首を一元論で捕らえすぎていないか?
外国で元首は、head of statesと、head of governmentの2種類ある。
英国は、前者は女王、後者は首相。
ドイツは、前者は大統領、後者は首相、
日本でも、前者は天皇、後者は総理大臣とされる。
別に問題はない。

>これを接受権というが、国事機能に分類されている。
>これだけで元首と見なすにはムリがある。

接受権は元首に課せられた役割。
国の元首でもない人間になぜ信任状を奉呈するのか?


74 :右や左の名無し様:02/08/25 10:42 ID:Jdi9IOTW
>>69
>ボクは、天皇の赤子たるより、自立した普通の市民でありたい。

それは自由だが、排他、虐殺、戦争を理由にそう思うなら、
大衆烏合の普通の市民も危険だと思うぞ。


75 :右や左の名無し様:02/08/25 10:48 ID:HJMThwVa
そもそも別に天皇制があったからって、父親と思う必要もなければ自分を赤子と思う必要もねぇしな。

76 :右や左の名無し様:02/08/25 13:05 ID:MARp/zRc
>>67
ガラパゴスはゾウガメさんの国だったんだ・・・
エクアドルは侵略してるんだな。
ゾウガメさんに国連でエクアドルの非道を訴えていただかないと(藁

77 :右や左の名無し様:02/08/25 13:49 ID:???
大体「自立した市民」って、都合のいい観念論に過ぎないだろ
共和国になれば、とたんに「自立」するのか?
ずいぶん「共和制」って便利なものだな(w
折れの「自立」の概念から言えば全然説得力ないけど

78 :52:02/08/25 14:51 ID:2jFiubGj
>日本国憲法は改正できます
それを当初から申し上げているのだがねぇ(W
ただ、いずれは消え行く制度だから、改憲の機運が生じたときに「総意」の検証を行い廃止できれば、としている。


79 :52:02/08/25 14:58 ID:2jFiubGj
>>日本国憲法は改正できます
>それを当初から申し上げているのだがねぇ(W
>ただ、いずれは消え行く制度だから、改憲の機運が生じたときに「総意」の検証を行い廃止できれば、としている。
憲法改正が出来ることと、国民の多くが天皇の条項を改正しようとしていないという点から、
改正するほどの多数の支持は得られていないと言っているのですが。

あと、権利が侵害されている部分の指摘をお願いします。

聖断は、大臣による輔弼機能が麻痺している時のみ可能であると、
何度も指摘されてあるのを読んでいないのですか?
開戦を聖断で中止すれば、
それは大日本帝国憲法の否定であり、
明治以降の日本が培ってきた法体系の全否定になるんですけど。

実際に海外で元首待遇を受けているのは、
日本では首相ではなく天皇ですね。
弔問等の際の席次を見ればわかります。

80 :右や左の名無し様:02/08/25 16:03 ID:???
皇室民営化なんて本気で言っているとは思えんが…
もはや、感情的な反論しかできないのであれば、
「天皇制廃止教」の信者、と呼ばれても仕方あるまい
無論、今まで信じていたことを、否定されるのに
必死で抵抗するのはわかる。しかし、それでは
オウムや連合赤軍と同じではないか?


81 :2チャンねるで超有名サイト:02/08/25 16:10 ID:912IBRty
http://s1p.net/xxgqw


 携帯対応

男性より女性の書き込み多し
女性性65%男性35%割合です
穴場的サイトです。
幼い中高生直アポ直電
OL〜熟女迄の出会い
 聞ける穴場サイトです
 


82 :右や左の名無し様:02/08/25 16:47 ID:???
>>80
皇室の民営化というのは、皇室の伝統的な文化や宗教性の
維持という点では、かなり現実的なものだと思うよ。

民営化されれば、現在国の制度に取り込まれることで皇室に
課されている制約が原則的になくなる上に、天皇・皇族(特
に天皇)も国政に関する各種の負担(国事行為や外交儀礼)
から解放されてより余裕を持って活動できるようになる。
また、現在は政治的な配慮で大きな制約を受けざるを得ない
宗教的活動も自由に行えるようになるしね。

皇室は、現在のように中途半端に政治の世界に取り込まれて
いるよりは、伝統的な文化や宗教を受け継ぐ存在として民間
で活動して行く形の方が良いのかもしれない。


83 :右や左の名無し様:02/08/25 17:17 ID:P4wI4qzM
>>82
天皇家は、宗教のために存在するのではなく、国家のために存在する。
天皇家が宗教を主催しているのではなく、神道や仏教が天皇家を
利用している。
天皇家の持つ宗教性は、天皇家の伝統的風習ためにあるのであって、
布教のためにあるのではない。

誤解なきよう。


84 :右や左の名無し様:02/08/25 20:48 ID:wdieS7PU
皇室民営化をホザくブサヨは低能丸出しだな。

85 :右や左の名無し様:02/08/25 20:59 ID:???
国民が、国民統合の象徴として、国家元首として、
天皇陛下を必要としているのではないか?
各種世論調査はそれを物語っている


86 :右や左の名無し様:02/08/25 21:42 ID:???
>>83
>天皇家が宗教を主催しているのではなく、神道や仏教が天皇家を
>利用している。

違うよ。利用とか言う話ではなく、伝統的な神道祭祀を中心とする
皇室の宗教は神である天皇を中心とした宗教なのだから、天皇自身
が一つの宗教の主催者(というか、中心的存在)になっている。
天皇が神として各種の祭祀を行うのが皇室の宗教であって、天皇が
持つとされる神性、天皇の宗教性こそが天皇の本質であったわけだ
から。この点は、今も変わらない。
天皇にとって最も重要な役割は神(同時に人としての最高位の神官)
として各種の祭祀を行うことであり、受け継いだ神器を守ること。

ついでに言えば、天皇の宗教性(天皇を神とする宗教原理)は
「伝統的風習」といったレベルの話ではなく、天皇が天皇である
ための最も根源的な根拠であり、天皇の本質だね。これが否定さ
れれば、本質的に宗教的文脈で成立してきた天皇の伝統は意味を
失ってしまう。


87 :右や左の名無し様:02/08/25 23:42 ID:???
宗教的な意味合いではなく、政治的な意味合いで、
「天皇陛下=国民統合の象徴」がおられることに
対するアレルギーの根拠って何ですか?
やっぱ階級闘争とかアレ系ですか?


88 :右や左の名無し様:02/08/26 00:30 ID:1EGhGi/N
ま〜テレビとかで、皇太子殿下と雅子様と愛子様が駅などで、日章旗を振った一般市民に温かい声援を送られている姿を見る限り、皇室の支持率は良くわかるな。
やっぱ愛子様がお生まれになられてから、皇室支持が増えたのではないかと思う。
実に良い事だ。
皇室と共存した国家こそ最適である。

89 :◆48Vfouj. :02/08/26 01:10 ID:???
かれこれ私も思想板歴二年を越えているが、その間、天皇制が必要という説得力ある論拠は聞かれなかった。
まあ、ここではそれはいい(笑 少し違った視点から考えてみよう。

以下では、普段の私は必ずしも受け入れるわけではない原理を受け入れてみよう。
その原理とは
1伝統は尊重されるべきだ
2天皇は日本の伝統だ
この二つである。即ち、以下では私は、「ある種の」保守主義者として振る舞う。

天皇は伝統である、即ちこれはいかなることかといえば、天皇は身分制秩序の一種の頂点であると言うことであり、
また、日本という倫理的共同体の頂点である。
倫理的・宗教的共同体の頂点である、と言うことはいかなる事かと言えば、それは人為的に作られる「制度」を
越えていると言うことである。
アメリカの犬である多くの似非保守主義者ではなく、中世欧羅巴を一つの範とする真性保守主義者であれば、
少し考えてみればわかるが、中世は社会全体に倫理が充満した時代であった。
それもそのはず、中世において主体とは個人、大衆などと言う、近代主義、合理主義、個人主義が
生んだ目にも見えず、能力もない愚かなものどもではなく、対外的・対内的に現代よりも遙かに大きな責任を持つ
家長であったのである。彼らは、知的能力的にも倫理的にも、非家長とは比べ足られないほど高い要求をされるべき存在である。

さて、倫理的・宗教的色彩が濃厚な中世的社会にあって、宗教的なるもの、倫理的なるものは法制度かされていたか?
賢明なる保守主義同胞なら即座に理解されるよう。否である。
そもそも倫理的・宗教的色彩が強い社会に国家が介入するなどもってのほかである。
家長は−勿論、共同体的秩序に多くの影響を受けるが、しかし国家に強制されるわけでは
ないと言う点で−自らの判断に基づいて自律的に倫理的・宗教的生活を送っていたのである。

90 :◆48Vfouj. :02/08/26 01:11 ID:???
それに比べて、如何に現代の大衆社会の進んだ事よ。
現代の大衆社会状況では、天皇は愚かな大衆大多数の指示を受けねば存続できないただのペットであるほかなく、>>85 
世論調査などと言ういつ変化するかわからないようなものを頼りにしている。
それだけではなく、寧ろ重要なのは、天皇「制」なる奇怪な言葉である。
親愛なる保守主義同胞ならば、天皇制なる言葉が、誰によってどのような経緯で作られた語であるか
ご存じであろうからここではふれない。
重要なのは、天皇という、日本共同体の倫理的・宗教的秩序の頂点を「法制度」なる、実に近代的枠組みに
取り込んだことによって、その倫理的・宗教的機能を大きくそいでしまうということである。
現代の日本には政教分離なるものがある、これによって天皇の倫理的・宗教的機能がそがれてしまうことが
あるのは自明であるが、このような問題はたいしたことがない。
より重要な問題は「天皇制」があたかも法−あるいは国家−によって作り出されたかのような外観をとることである。
そして、私が−多くの同胞もまた私と意を同じくしてくれることを願うが−恐れるように、多くの憲法学者もまた、
このような実証主義的見解をとる。これによって、天皇という存在が持つ倫理的・宗教的意義が大きくそがれる。
唯一、とは限らないが、石川健治なる憲法学者が、天皇制を制度体保障として理解することを通じて、
天皇の倫理的・宗教的意義が保全されることを認識しようとしているが、しかし、それでも
制度体保障概念は憲法それ自体と必ずしも適合的ではないし、存続を「許された」というニュアンスが残ってしまう。
民主主義に毒され、アメリカの犬と化した愚かな保守主義どもは天皇を国民の総意に基づかせようとし、
それによって天皇制を存続させようとするが、そのような天皇制にどのような意義があるのか。
現状の国家体制が民主主義であるのは仕方ない、それは私も肯定はできないが認めよう。
しかし、なぜ民主主義なる、すばらしき中世的伝統とは大きく異なった制度下においても
天皇を「天皇制」としてまで存続させねばならないのか。

91 :◆48Vfouj. :02/08/26 01:13 ID:???
また、倫理的・宗教的心象を失った愚かな近代人どもは、天皇制が国家の統合に役立つ、などという。
あまつさえ、日本国民は天皇の赤子であるなどという。
そして彼らが、保守、反動などといわれているのが現代日本の現状である。
嗚呼、保守主義ここ墜つ。
すでに述べたように、中世社会は、強い倫理的・宗教的使命感を有した家長達による共同体である。
中世は、彼らが、一定の共同体(家のみならず様々なゲマインシャフト)を統括するという分散的社会であった。
ここにおいては国家の統合などという家長の強い使命感を喪失せしめるような発想は全く必要ない。
寧ろ、そのような統合において、一定のゲマインシャフトを統括する家長の存在を無にしてしまうのだ。
このような封建的・身分的体制を破壊した先に近代社会が存在するのは自明であろう。
誇りある保守主義がなぜ近代主義の形成に与しなければならないのか。馬鹿か、あほかと。
おっと、真の保守主義者たる私が下品な言葉を用いてしまった。失敬。
次に日本国民が天皇の赤子である、という見解が如何に愚かであるかを論証しよう。
まず、この表現には国民なる言葉が使われている。まず、この時点で愚かである。
この国民には、家長のみならず、女、子供、無産社会階層まで含まれているのである。
ここでは、家長の存在意義がなくなるではないか。
国民を天皇の赤子と呼ぶことで、身分的・封建的秩序は崩壊し、家長と非家長の区別も溶解する。
このような主張が受け入れられないことは、親愛なる保守主義同胞には自明であろう。
しかし、愚かな似非保守主義者が跋扈する2ちゃんねるの愚かな論客−というのも馬鹿馬鹿しいが−の
目を覚まさせるためにあえて筆を執った次第である。

>>89 4段落目
×倫理的なるものは法制度かされていたか?
○倫理的なるものは法制度化されていたか?


92 :右や左の名無し様:02/08/26 01:30 ID:fNSOOrqu

誰も国民は天皇の赤子であるべきなんて言ってないし・・・

93 :右や左の名無し様:02/08/26 01:40 ID:WVEeox9R
>>89-91
>世論調査などと言ういつ変化するかわからないようなものを頼りにしている。
じゃあ変化させてみてください。

94 :大日本報靖会:02/08/26 02:01 ID:???
俺は世論の逆風の中でも、天皇親政を主張する。

95 :右や左の名無し様:02/08/26 02:03 ID:4wYzVyZF
皇室と共存した国家こそ最適である

96 :たろう:02/08/26 02:07 ID:iqmQkqYX
一度正月にでも皇居で天皇陛下を実際に見てみて下さいなんともいえないオーラが伝わってきますほんとうにありがたいと心のそこから思えると思います

97 :右や左の名無し様:02/08/26 02:21 ID:gN1GcdjR
>>89-91
歴史を超越してますなぁ。
しかも、中世、現代、近代がどの期間を指すのかが不明。
特に西欧における中世と、日本における中世を混同している箇所も見られる。
もう少し、文章と時期概念を整理してくださいませ。


98 :【^▲^】ヤマト@”管直”入kyoto-u.ac.jp ◆24s4VnXw :02/08/26 02:31 ID:???
>97 名前:右や左の名無し様 :02/08/26 02:21 ID:gN1GcdjR
>>89-91
>歴史を超越してますなぁ。
★皇国史観スレッドのアズマ原人ちゃ〜んの書き込みによく似た【文体・文章】なのでは娯じゃらぬかダニ???

99 :右や左の名無し様:02/08/26 02:39 ID:FPM1pQY1
皇室の存在意義は特に無いと思われ。
なくなったら憲法の改正がめんどくさい。

100 :52:02/08/26 04:12 ID:gN1GcdjR
>>98
俺はその様な人物は知らん。
アズマ原人とは何ぞや!?
しかもダニとは人を侮辱するにもほどがある。

442 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)